Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Ryan Block’


[Retina ディスプレイ:image

新しい iPad の Retina ディスプレイに関する Ryan Block の感想。「なぜ新しい iPad の Retina ディスプレイが重要か。」

gdgt: “Why the new iPad’s Retina Display matters” by Ryan Block: 11 March 2012

     *     *     *

スペックは所詮スペック

スペックは所詮スペックだ。新しいデバイスが発表されるたびにスペックは少しずつ改良されると誰もが考える。だから誰もが — 特に技術の専門家と称する連中は、アップグレードサイクルそのものに懐疑的になる。多少のインクリメンタルなアップグレードはユーザー体験そのものにはほとんど影響を及ぼさないからだ。

Specs are specs, and every time a new device is announced we expect the numbers to ratchet a little higher. This is the stuff that makes people (especially tech pundits) so cynical of upgrade cycles: the typical incremental updates don’t tend to have a meaningful effect on the overall experience of a product.

     *     *     *

時たま起きる劇的変化

それでもなお劇的変化が起きることがある。滅多にないことだが。初めてダサイ 3G カードをラップトップに装着したとき、ラップトップは突如どこでも使えるようになった。ポータビリティの概念がまったく変わってしまったのだ。初めて HDTV をこれまでのテレビと比べたとき、ゲームそのものが変わってしまったことは明らかだった。スペックが格段に向上する。定義そのものが再定義される。先週の iPad イベントはいくつかのスペックが向上したなどという類いのものではなかった。

Occasionally something does fundamentally change, though. It doesn’t happen very often. The first time I plugged an early, clunky 3G card into my laptop and was suddenly able to work from anywhere, I saw portability in a completely different light. The first time I saw HDTV contrasted with standard-def television, it was clear that the game had changed. There are spec bumps, and then there are redefinitions, and last week’s iPad event was definitely not about bumping some specs.

     *     *     *

ディスプレイそのもの

iPad の中核となる体験 — すべてのタブレットに通じるものでもあるのだが — それがスクリーンだ。あまりに基本的すぎてまったく気づかないほどだ。もはやポスト PC デバイスには隠すべきものが何もない。スペック、フォームファクタ、それらすべてが渾然一体となってつかみ所のないものに姿を変えてしまう。ソフトウェアのメタファーによって、タブレットはディスプレイそのものとなり、ディスプレイ上に表示されたものに変化する。

The core experience of the iPad, and every tablet for that matter, is the screen. It’s so fundamental that it’s almost completely forgettable. Post-PC devices have absolutely nothing to hide behind. Specs, form-factors, all that stuff melts away in favor of something else that’s much more intangible. When the software provides the metaphor for the device, every tablet lives and dies by the display and what’s on that display.

     *     *     *

ユーザーとアプリが直接相対する

他の製品ではとても考えられないピュアで普遍的な体験だ。抽象的なものや外面的なものがすべてタブレットから剥ぎ取られ、ユーザーとアプリが間にまったく何もない状態で向き合うこととなる。それはまた、すばらしく、よく考え抜かれた、人間的なソフトウェアがタブレットではよりすばらしく見え、ひどく、十分に詰められていないソフトウェアがより不快な印象を与える理由でもあるのだ。(それはまたアップルが Lion にフルスクリーンモードを持ち込んだ理由とも関係していると私は確信する。)

This makes for a pure and egalitarian experience in a way most products can’t. Tablets strip away the abstractions or externalities, it’s just you and an app with absolutely nothing in-between. This is part of the reason why great, thoughtfully designed, humane software seems even more amazing on a tablet, while bad, poorly conceived software seems even more offensive. (I’m sure all that also had something to do with why Apple created full-screen mode in Lion.)

     *     *     *

iPad の新しいスクリーン

したがって iPad のようなデバイスが登場すると、単にアプリケーションが表示されるのではなく、アプリケーションそのものに変化する。スクリーンを根本的に変更することは、体験そのものを根本的に変えてしまうのだ。新しい iPad のようにスクリーンが劇的に変化すると、デバイスそのものが完全に変化してしまう。

So when a device comes along like the iPad that doesn’t just display the application, but actually becomes the application, radically improving its screen radically improves the experience. And when a device’s screen is as radically improved as the display in the new iPad, the device itself is fundamentally changed.

     *     *     *

もう元には戻れない

新しい iPad を触ってみて分かったいちばん興味深かいこと — それは Retina ディスプレイのもたらす違いだ。10 インチタブレットでは 3.5 インチフォンとは比べものにならないほど大げさに誇張されて感じる。もちろんその他諸々もあるけれど。それはもはや直線的改良などではない。ピクセルの総体などはるかに超えるものだ。このスクリーンはタブレットの有り様(よう)をすっかり変えてしまった。はっきりいうが、もう元には戻れない!

One of the things I found most interesting playing with the new iPad is that, as it turns out, the difference a Retina Display makes is even more exaggerated on a 10-inch tablet than it is on a 3.5-inch phone — and that’s in addition to everything else. It’s not just a linear improvement, it’s actually greater than the sum of its pixels. This screen has changed what a tablet should be, and trust me, you won’t want to go back.

     *     *     *

Retina ディスプレイを実際に自分の目で確かめてみた Ryan Block の興奮が伝わってくるようだ。

gdgt は Engadget の創業者 Peter Rojas と前編集長 Ryan Block が共同で立ち上げた新しいガジェットサイト。ガジェット通の Block のこの記事は新しい iPad の核心を衝いているのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:次世代 Kindle Fire のウワサ》
Update:そんなにヒドいのか》


[アマゾンの Kindle Fire:image

アマゾンの Kindle Fire のレビューがどっと登場している。

批判的なものが多いような気がするが、Instapaper の開発者 Marco Arment の強烈なレビューが話題になっている。

Marco.org: “A human review of the Kindle Fire” by Marco Arment: 17 November 2011

     *     *     *

使う気にならない

Kindle Fire は本や雑誌、新聞を読んだり、ビデオを見たり、アプリやゲームをするのには適しているだろうと期待した。

I expected the Kindle Fire to be good for books, great for magazines and newspapers, great for video, and good for apps and games.

実際はそうではなかった。自分が2日間しか使っていないことは認める。だから長期間使ってみた印象ではない。しかし正直いって、いい印象は持てそうにない。これ以上使ってみたいという気にならないからだ。これは致命的だ。

In practice, it’s none of these. Granted, I’ve only spent two days with it, so I can’t share any long-term impressions. But I’m honestly unlikely to have any, because this isn’t a device that makes me want to use it more. And that’s fatal.

     *     *     *

いろいろ試してみた

Kindle Fire で本の一部を読んだ。3冊の雑誌を読み、新聞を読んでみた。ゲームを2つやり、異なる2つのソースのテレビ番組を4本見た。Eメールのセットアップをしたら思わぬ時間がかかった。いい RSS リーダーは見つからなかった。うっかりして繰ったページが何ページも飛んでしまった。タップを繰り返しても始めはなにも起きなかったのに、アプリがいくつかクラッシュしたり、Fire 自体がクラッシュしてしまった。

I’ve read part of a book, three magazines, and a newspaper. I’ve played two games and watched four TV shows from two sources. I’ve also taken far too long to set up my email, failed to find a good RSS reader, turned a lot of pages accidentally, repeated taps that did nothing the first time, and crashed a few apps and the Fire itself.

     *     *     *

Android の iPod touch

Fire はいわば Android 版の iPod touch といったところで、キャリア契約の縛りなしでも使える初めての手頃な価格の Android デバイスだ。

The Fire is an Android version, sort of, of the iPod Touch. It’s the first device available that’s inexpensive and offers Android in a somewhat reasonable package without a cellular contract.

     *     *     *

どれにも使えない

でも私が言えるのはせいぜいそこまで。ゲームプレーヤとしてはダメ。アプリのプラットフォームとしてもダメだ。ウェブブラウザとしても、ビデオプレーヤとしても、そしてとてもガッカリしたことに Kindle としてもダメだ。

But that’s just about all I can say for it. It’s a bad game player, a bad app platform, a bad web browser, a bad video player, and, most disappointingly, a bad Kindle.

Instapaper のテストに必要なければ、突っ返してしまいたいところだ。

If I didn’t need the Fire for Instapaper testing, I’d return it.

     *     *     *

いつもは控え目な Marco Arment がこれほど強烈な一撃をくらわすのは見たことがない・・・

追記:Kindle Fire を真剣に検討している方は、本稿だけでなく原文もお読みください。本稿では結論の部分しか紹介していないが、原文では Interface、Hardware、Reading、Watching、Listening、Playing、App…ing と、開発者の視点からダメな理由を詳しく列挙しています。

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》そんなにヒドいのか(11月20日)

安価な7インチ版タブレットということで期待が大きかったので、Kindle Fire につていはいろいろ気になることがある。

まずひとつは、Marco Arment がいうようにそんなにヒドいのかという点だ。

業界定番のモスバーグおじさんのレビューはどういっているだろうか。

WSJ.com: “Walt Mossberg Reviews Kindle Fire, Amazon’s Color Tablet” by Walt Mossberg: 16 November 2011[日本語

     *     *     *

モスバーグおじさんのレビュー

ハッキリさせておきたいのは、499 ドルのエントリーレベル iPad 2 と比べると Kindle Fire は能力も性能も劣るということだ。アプリは少ないし、スクリーンは小さい。バッテリーの持ちも悪い。ウェブブラウザは遅く、内部ストレージは半分、カメラもマイクもついていない。ユーザーインターフェイスもアップルのなめらかさに比べると融通が利かず、イライラさせられることもある。

To be clear, the Kindle Fire is much less capable and versatile than the entry-level $499 iPad 2. It has a fraction of the apps, a smaller screen, much weaker battery life, a slower Web browser, half the internal storage and no cameras or microphone. It also has a rigid and somewhat frustrating user interface far less fluid than Apple’s.

しかし Fire にはいくつかの利点がある。まず第1は 199 ドルという価格だ。Fire の7インチスクリーンは iPad のスクリーン面積の半分以下だとしても。第2はアマゾンと Kindle というブランドだ。電子書籍として確立し、愛されている。第3は、アップルを除けば、唯一大規模で有名、使いやすいコンテンツのエコシステム(音楽、ビデオ、書籍、定期刊行物)を持っているタブレットメーカーであることだ。Fire はあらゆるクラウドコンテンツのハードウェアのフロントエンドになり得るのだ。

But the Fire has some big things going for it. First, the $199 price, though the Fire’s seven-inch screen is less than half the surface area of the iPad’s display. Second, the Amazon and Kindle brands, already known and loved for e-readers and more. Third, Amazon is the only major tablet maker other than Apple with a large, famous, easy-to-use content ecosystem that sells music, video, books and periodicals. The Fire can be thought of as a hardware front end to all that cloud content.

最後に、Fire はグーグルの Android OS をベースとしているという点では他のタブレットと同じでも、アマゾンは Android を見えなくしまうという大胆なやり方をした。ユーザーインターフェイスも、グーグルのアプリやサービスのほとんどを(グーグル app store も含め)退けた。Fire のソフトウェアは、すべてがアマゾンが販売するコンテンツとアプリのためのものであり、その購入を容易にするという点に絞られているのだ。

Finally, while the Fire, like many other tablets, is based on Google’s Android operating system, Amazon has taken the bold step of hiding Android. It shuns its user interface and nearly all of Google’s apps and services, including Google’s app store. The Fire’s software is all about the content and apps Amazon has sold you and the easy purchase of more.

     *     *     *

Kindle Fire の登場をスクープした MG Siegler はもっと端的だ。

parislemon: “Marco Arment Rips The Kindle Fire” by MG Siegler: 19 November 2011

     *     *     *

安物買いの銭失い

さあ、目を閉じて。200 ドルしかしないテクノガジェット — 200 ドルだよ — それがどんなものか想像するんだ。ハイ、目を開けて。ホラ、これが Kindle Fire だ・・・

Close your eyes. Imagine a world where a $200 tablet behaves like a piece of technology that costs… $200. Open your eyes. Say hello to the Kindle Fire.

アップルのタブレットなら 1000 ドルはするだろうとみんなが考えたのを覚えているかい? たった1年半前のことだ。みんなスポイルされちゃったんだよ。要すれば iPad のように動くガジェットなら 500 ドル以上するってことだ。参入のハードルはとても高いんだ。

Remember when everyone was sure that Apple’s tablet was going to cost around $1,000? That was 18 months ago. We’re spoiled. The fact of the matter is that the iPad behaves like a piece of technology that should cost more than $500. Apple set the bar very high.

ライバルが追いつくにはしばらくかかるだろう。世の中すべて「安物買いの銭失い」さ。

It’s going to take the competition a while to catch up. With most things in life, you get what you pay for.

     *     *     *

いずれにせよ審判を下すのは顧客でありユーザーだ。

クリスマス商戦の結果がどうでるか楽しみだ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》次世代 Kindle Fire のウワサ(11月20日)

Kindle Fire についてもうひとつ気になること。次世代 Fire が出るというウワサだ。しかもそっちの方がホンモノだと・・・

この話は当初からあった。

今回の Fire はアマゾン内部の開発チームが作ったものではなく、外部にアウトソースしたものだという話をスクープをした Ryan Block がつぎのように述べている。

gadget: “Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

開発の遅れ

あ、それからもうひとつ・・・次世代のもっといいアマゾンタブレットが間もなく出そうだ。

Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon

Kindle チームはカラーのEリーダーを間に合わせるため、RIM の PlayBook を利用したという話を昨日投稿した。急場しのぎに間に合わせるためだったといいかけたのだが、その後私が聞いた話はすべて開発が遅れていたことを裏付けている。(アマゾンが Kindle タブレットを今年始めに出そうとした話はもはや秘密ではなさそうだ。)

Yesterday I posted about how the Kindle teams used the RIM PlayBook to get a color e-reader product out the door (gdgt.com­/discuss­/the­-amazon­-tablet­-will­-look­-like­-…). I stopped short of saying they’re rushing it out the door, but by all accounts I’ve heard that it was indeed delayed. (It doesn’t seem like much of a secret now that Amazon seems to have been trying to get a Kindle tablet out a little earlier this year.)

     *     *     *

ホンモノの第2世代が来春にも

ともかく、「当座しのぎのために」Kindle タブレットをクリスマス商戦に間に合わせるということをした結果、アーリーアダプターやクリスマスの買い物客は深刻な影響を受けることになりそうだ。私のソース(複数)によれば、Kindle タブレット(現在 Kindle Fire と呼ばれている)の第2世代は早ければ来年第1四半期に出るという。そうだ、それほどすぐに。もちろんこれは計画の話だ。第1世代製品の遅れが製品開発サイクルを狂わせてしまった。

Well, this delay to get the “stopgap” Kindle tablet out in time for the holiday season this year may have pretty serious consequences for early adopters and holiday shoppers: my sources tell me the second-gen Kindle tablet (or Kindle Fire, as it’s now been dubbed) will be out in Q1 of 2012 — yes, that soon. That was always the plan, but the delays of the v1 product have messed up Amazon’s release cycle.

もっと悪いことに、Quanta のものを利用しただけの第1世代と違い、第2世代タブレットこそアマゾンが本気で開発しているデバイスらしいのだ。

And what’s worse, the second tablet — which Amazon didn’t just take more or less off the shelf from ODM manufacturer Quanta — seems to be the device Amazon really believes in.

     *     *     *

予定は未定だが

確かにハードウェアの世界には遅れがつきものだ。予定は遅れ、戦略も変わる。発表の見直しはいつものことだ。だからこの第2世代 Kindle タブレットも遅れるかもしれない。しかし予定どおりなら、初代タブレットの包装を解くいとまもおかず第2世代が登場することになりそうだ。自腹を切って買うのなら、しばらく買うのを待つんだけど・・・

Granted, in the hardware world there are often delays; timelines shift and cascade, strategies change, and launches get rejiggered all the time — so this true 2nd-gen Kindle tablet may be pushed back, too. One can rarely say with certainty that a product will get out on schedule. But if all goes according to plan, it looks like you’ll be seeing the second Kindle tablet not too long after you take the plastic off your first. If it was my money, I’d hold out a bit.

     *     *     *

来年早々第2世代が出るとのウワサはその後も後を絶たない。Quanta に代わって Foxconn が受注したという話もある。

Kindle 自体もアップデートを重ねて今日の人気と信用を獲得したように、Kindle Fire の未来も侮れなさそうだ。

Read Full Post »


[アマゾンタブレット?:mockup

以前アマゾンタブレットについてスクープした MG Siegler が、米国時間明日発表予定の Kindle タブレットについて早速スクープしている。

TechCrunch: “On Wednesday, Amazon Will Unveil The ‘Kindle Fire‘” by MG Siegler: 26 September 2011

     *     *     *

「Kindle Fire」

アマゾンは水曜日午前にニューヨーク市で「Kindle Fire」を発表する。そうだ、それがアマゾンが決めた新しい名前だ。まだ十分使われ、売れているこれまでの E-Ink の Kindle と区別するためにつけた名前だ。アマゾンの CEO Jeff Bezos がステージで Fire をお披露目する。ただし11月第2週まで出荷はされないそうだ。

On Wednesday morning in New York City, Amazon will unveil the Kindle Fire. Yes, this is the name Amazon has settled on, to help differentiate the product from the e-ink Kindles, which will still be very much alive and for sale. And while Amazon CEO Jeff Bezos will show off the Fire on stage, it won’t be ready to ship until the second week of November, we’ve learned.

ハードウェアは以前報告したものと同じだ。7インチのバックライトディスプレイタブレットで BlackBerry の PlayBook によく似ている。

Everything we’ve previously reported on the hardware remains the same. It will be a 7-inch backlit display tablet that looks similar to the BlackBerry PlayBook. […]

     *     *     *

新しいアマゾンタブレットが PlayBook の血を引くものであることを Ryan Block も詳細に触れている。

gadget: “The Amazon tablet will look like a PlayBook — because it basically is.” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

PlayBook の Quanta がデザイン・製造

私のソース(複数)によれば、当初 RIM は PlayBook のデザインと製造を巨大 ODM[original design manufacture]の Quanta にアウトソースした。Quanta はブランドメーカー向けのハードウェアを製造する会社だが、ときにはデザインもする。アマゾンが Android タブレットを作る段になったとき — それは直近の iPad の成功というよりはダークホース的 Nook Color に触発されたものだが — アマゾンの Kindle グループ(別名 Lab 126)はそのプロジェクトに参加せず、E-Ink ベースモデルの開発に専念する方を選んだ。

My sources tell me that RIM originally outsourced much of the hardware design and production of the PlayBook (gdgt.com­/rim­/blackberry­/playbook/) to mega-ODM Quanta — a company that builds, and sometimes helps design, hardware for name brands. The time eventually came that Amazon’s executives decided to do an Android tablet — far likelier to respond to the dark-horse success of the Nook Color (AKA “NOOKcolor”: gdgt.com­/barnes­-noble­/nookcolor/) than to the adjacent success of the iPad — Amazon’s own Kindle group (called Lab 126) apparently opted not to take on the project, in favor of continuing to work solely on next-gen E-Ink-based devices.

その後、アマゾン経営陣は Lab 126 の経験と助けを借りなくてもタブレットは作れると考え、Quanta の助けを借りて、ハードウェアのベースに PlayBook を使い、開発プロセスを省略することにした。もちろん事はそんなに簡単だったわけではないし、アマゾンは問題にも遭遇した。しかし結局のところ遅いプロセッサを採用するなどの犠牲を払ったのだ。

From there, Amazon’s team determined they could build a tablet without the help and experience of Lab 126, so they turned to Quanta, which helped them “shortcut” the development process by using the PlayBook as their hardware template. Of course, it’s never quite that simple, and as I’m told Amazon ran into trouble, and eventually sacrifices were made (like using a slower processor).

     *     *     *

ということは、アマゾンのタブレットはスピードの遅い PlayBook ということか?

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Ryan Block

Read Full Post »

 Marco_Arment_fig1.png

既存のマックソフトと未来の Mac App Store アプリ

Mac App Store についてはいろいろ論議を呼んでいる。Instapaper の Marco Arment がデベロッパの立場から注目すべき意見を述べている。

Mac App Store は既存のマックデベロッパのためのものではないというのだ。

Marco.org: “The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers” by Marco Arment: 29 October 2010

     *     *     *

こういうことだろう

冒頭の図が(Mac App Store について)アップルが考えていることを示していると思う。少なくとも私はこうなると考えている。

I’m guessing this is what Apple has in mind. If not, this is at least what I think is likely to happen:

もっとも縮尺は正しく反映していない。

Actually, the scale’s off.

それを考慮するとこうなるだろう。

This is the much more likely outcome:

 Marco_Arment_fig2.png

もっと正確に図示すれば・・・

これにはいくつか理由があるのだ・・・

…for a few reasons.

     *     *     *

Marco Arment は Mac App Store がなぜ既存のマックデベロッパのものでないのかを説明していく。[以下日本語は流暢な市村佐登美訳を引用させていただく。]

Long Tail World: “Macアプリストアは既存Macデベロッパーのものじゃない:The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers – Marco.org” by 市村佐登美: 29 October 2010

アプリはエンターテインメントだ

iOS App Storeがここまで成功したのも、アプリ購入がiPhone&iPadオーナーの気軽なルーティーンの娯楽になったお陰だ。当座「必要」なものなんてなくても、みんなイソイソとApp Storeはブラウズする。行ってなんか新しくていいのがあったら何ドルか遣おうかな、という気持ちで。[市村佐登美訳]

One of the reasons the iOS App Store is so successful is that app-buying has become a form of casual, routine entertainment for iPhone and iPad owners. We gladly go and browse the App Store even when we don’t “need” anything at the moment, with the intention of going and spending a few bucks on whatever’s new that looks good.

これが理想的に運ぶには、いくつかの条件が揃わないといけない。が、iOSのApp Storeにはそのすべてが揃っているのだ。

・新アプリは定期的に大量に投入しなくてはならない。しかもそのアプリは簡単に検索・閲覧できなきゃいけない。

・アプリが低リスクであること。つまり;

  - 安価

  - 気味悪いこと、破壊的な悪さはしないと信頼できる

  - 簡単&迅速に購入&インストールできる

  - 簡単&迅速に削除できる

・良いアプリは充分な数、揃ってなくてはだめ。みんな悪いものは忘れ、良いものだけ覚えていていてくれるように。[市村佐登美訳]

This requires a few conditions to be ideal, all of which are true on the iOS App Store:

• There must be a large number of new apps being regularly added, and they must be easy to find and browse.

• Apps must be low-risk. That means:

– Inexpensive.

– Trustworthy that they won’t do anything creepy or destructive.

– Easy and quick to purchase and install.

– Easy and quick to delete.

• Enough apps should be good that people will remember the good ones and forget the bad.

今のMacには、この(ほぼ)どれひとつとして条件が揃っていない。Mac App Storeが今のMac対応ソフトウェアの部分集団だけ取扱うなら、やはり以上のキーポイント(“安価”など)のいくつかは抜けたままで終わってしまう。だからこそ僕は、Mac App Storeを独占し(その看板商品になるのは)今まだMacに存在しないアプリだと思うのだ。[市村佐登美訳]

Today, on the Mac, almost none of these are true. And if the Mac App Store is only populated by a subset of today’s Mac software, a few key points (such as “Inexpensive”) still won’t be true. This is why I believe that the Mac App Store will be dominated by (and become known for) apps that don’t exist on the Mac today.

     *     *     *

iOS デベロッパにとっての魅力

Mac App Storeの登場により、デベロッパーを惹きつけたApp Storeの魅力の多くは、そっくりそのままMac対応ソフトウェアに適用されていくだろう。;

・ほとんどのMacオーナーは、Macのマシンの目立つ場所からアプリ購入を推奨される立場となる。潜在オーディエンスは巨大だ。そして見込み客にリーチするのも今よりずっと簡単になる。

・決済プロセスもかなりシンプルになる。

・ソフトウェア専用サイトも今ほど沢山の機能は要らなくなる。

・デスクトップ専用ソフトウェアベンダーにとって最もよくあるサポート問題はインストールのサポートとシリアルナンバー問題だが、このふたつはほぼ完全に消える。[市村佐登美訳]

Much of what made the App Store so compelling to developers will begin to apply to Mac software with the Mac App Store:

• Most Mac owners will be encouraged from prominent places on their Macs to buy apps. The potential audience is huge, and will be much easier to reach.

• Payment processing will be much simpler.

• Software websites won’t need nearly as much functionality.

• Two of the most common support issues for desktop software vendors — installation support and serial-number issues — will almost completely disappear.

というわけで、僕はiOSデベロッパーが大挙してMacアプリを作り始めると思うんだ。特に個人、とても小さなチームね。[市村佐登美訳]

So I expect a lot of iOS developers to start making Mac apps, especially individuals and very small teams.

要は、iPadアプリみたいな価格帯なのだけど若干高い方にシフトする、ということ。今あるMac対応ソフトウェアより低い値段でも、Appleに30%中引きされても、ほとんどの秀逸なアプリにとっては露出価値の方がそれを上回るので、デベロッパーは大儲けできそうだ。[市村佐登美訳]

In other words, a lot like iPad-app pricing, but shifted slightly higher. And even considering the lower prices than current Mac software, and Apple’s 30% cut, the value in exposure will overcome those for most good apps, and developers will be able to make a lot of money.

     *     *     *

マックデベロッパはどうなる?

彼らは大丈夫。[市村佐登美訳]

They’ll be fine.

今あるMacソフトウェア市場がどっかに消えるわけじゃないからね。みんな昔からあるアプリは昔ながらの方法で探し(or探せず)、店舗やベンダーのサイトで大体同じレートで買う(or買わない)。逆に、Macの市場シェア拡大につれ、そっちの市場も拡大し続けるだろう。[市村佐登美訳]

Today’s market for Mac software isn’t going anywhere. People will continue to find (or not find) traditional apps in the traditional ways, and will continue to buy (or not buy) them in retail stores and from the vendors’ websites at about the same rates. In fact, as the Mac’s marketshare grows, this market will continue to grow with it.

が、今まさに巨大な新市場がすぐ隣に開こうとしている。まあ、たぶんAngry Birdsとか安アプリに占拠されるだろうし、その多くはどうでもいいアプリだろうけどね。そうなれば大勢の既存のMacデベロッパーは見下すだろう。でも、ちょっとした余暇で安アプリ作れるデベロッパーは売上げの数字を見て、それとは全く異なる認識を持つかもしれない。[市村佐登美訳]

But a huge new market is about to open next door. And yes, it’ll probably be dominated by Angry Birds and other inexpensive, often trivial apps. When this happens, a lot of traditional Mac developers are going to look down on it. But those with a bit of free time to develop their own inexpensive, often trivial apps might have a different viewpoint entirely when they see their sales numbers.

MacユーザーでありiOSデベロッパーでもある僕にとって、この市場のポテンシャルはほんと信じられないぐらい楽しみだよ。[市村佐登美訳]

As both a Mac user and an iOS developer, I’m incredibly excited for the potential of this market.

     *     *     *

結びの文句がデベロッパとしての Marco Arment の気持ちをよく表しているように思える。添えられた図表も一目瞭然だ。[市村佐登美氏の流暢な訳でぜひ全文をお読みください。]

しかしみんながみな Mac App Store の将来性を高く評価しているわけではない。

批判の急先鋒は gdgt の Ryan Block だろう。

gdgt: “Will the Mac App Store have enough to sell? ” by Ryan Block: 22 October 2010

     *     *     *

アップルにカネを払ってまで

CS5 Master Collection のフルセットがひとつ売れる度にアドビがアップルに 800 ドルずつよこすなんてほんとにそんなことを考えているのか。とてもそうは思えない。

Can you really imagine Adobe letting Apple take almost $800 off the top of each sale of its full CS5 Master Collection set? I can’t.

     *     *     *

コンピュータソフトは売れなくなっている

デスクトップソフトのマーケットの本当の問題は、ソフト(業務用ソフトは別だが)をこれ以上買う必要があると考えるユーザーがいなくなっていることなのだ。箱入りビジネスソフトが死んだのは App Store のせいではない。無料、オープン、あるいは奨励金付きの優れたプログラムがいろいろなウェブサービスからカンタンに入手できるから死んだのだ。別な言い方をしてみよう。最近あなたのご両親は何か新しいコンピュータソフト(Microsoft Office 以外のもの)を買ったことがあるだろうか?

The real issue with the desktop software market is that (unless you’re talking about productivity software) there just isn’t all that much consumers need to buy anymore. The boxed software business didn’t die because of app stores, it died because of an overabundance of great programs that are free, open, or otherwise subsidized that are available through other web or internet services. To put it another way: lately, how often have your parents bought software for their computer (that wasn’t Microsoft Office)?

     *     *     *

反論のポイントはアドビやマイクロソフトがアップルにカネを納めてまでおめおめと Mac App Store でソフトを売るわけがないだろうという点にある。

これに対して、いちはやく「マイクロアプリ」(Micro-Apps)という新しいジャンルに着目したのが MG Siegler だった。

TechCrunch: “Might The Mac App Store Lead To A New Class Of Micro-Apps?” by MG Siegler: 24 October 2010

TechCrunch Japan: “Mac用アプリストアが、マイクロアプリという新ジャンルを生む“: 25 October 2010[Nob Takahashi 訳]

     *     *     *

デスクトップ用マイクロアプリ

この週末、Ryan BlockがgdgtにMacアプリストアには十分な商品があるのか?という興味深い記事を載せた。彼は、なぜAppleが現在のApp Storeの成功を新しいデスクトップストアで再現できないか、についていくつか鋭い理由を挙げている。しかし私は、このストアが新しい種類のアプリを生みだすのではないかと考えている。デスクトップ用マイクロアプリのようなものだ。[Nob Takahashi 訳]

This weekend, Ryan Block put up an interesting post on gdgt entitled: Will the Mac App Store have enough to sell? He raises a number of good points for why Apple may not be able to replicate their current App Store success with this new desktop store. But I’m left wondering if the store won’t lead to a new class of app: a sort of micro-app for the desktop.

     *     *     *

Pandora のような

私の考えはこうだ。iPhone App Storeがスタートして以来最も人気のあるアプリのひとつがPandoraだ。もちろんPandoraはウェブブラウザー経由でも使えるが、多くのユーザーが、デスクトップのどこかに置いてバックグラウンドで走る小さなアプリを使っている。なぜわかるのかって? Pandoraがすでにそのようなアプリを作っているからだ ― ただし、AIR上で動作し、使うにはPandora Oneのプレミアムアカウントが必要だ。では、もしPandoraが無料の広告収入型Pandora Macを作ったらどうなるだろうか。あるいは、追加機能のある有償バージョン($5または$10程度)はどうだろう。多くの人たちがそんなアプリを欲しがるのではないだろうか。[Nob Takahashi 訳]

Here’s what I’m thinking: one of the most popular apps since the inception of the iPhone App Store has been Pandora. Pandora obviously works through the web browser, but plenty of people would be into a small app that sits somewhere on your desktop running in the background. How do I know? Because Pandora actually already makes such an app — but it runs on AIR and you need a Pandora One premium account to use it. What if Pandora made a free ad-supported Pandora Mac app? Or a paid version (maybe $5 or $10) that gives you premium features? A lot of people would want such an app.

     *     *     *

スモールアプリに新しい流通経路

しかし、スモールアプリにとって考えられる本当のチャンスは、人気ウェブアプリをただ真似るのではなく、それを拡張することにある。例えば、すばらしい写真アップロードと閲覧機能のあるFacebookアプリを想像してみてほしい。これは、当初Appleがデスクトップウィジェットで考えていたアイディアのようだが、じっさいには実現しなかった。ひとつの理由はまちがいなく、流通経路がなかったこと、そしてデベロッパーが稼ぐ手段がなかったからだ。Mac App Storeはどちらの問題も解決する。[Nob Takahashi 訳]

But a real opportunity may exist in small apps that don’t just fully mimic popular web apps, but instead extend upon them. Imagine a Facebook app, for example, that offered a great photo upload and viewing experience? Again, this is sort of the idea Apple seemed to originally have with their Desktop Widgets, but those never really took off. One reason, undoubtedly, is that distribution was lacking, and developers had no way to make money from them. The Mac App Store solves both of those issues.

     *     *     *

こうしてみると、これまでのマックソフトの延長上に Mac App Store を考えたのが Ryan Block であり、それに対して新しいジャンルのマックソフトが生まれる可能性に着目したのが MG Siegler や Marco Arment だということではないだろうか。

Marco Arment の指摘はマックと iOS デバイスの両方を熟知したデベロッパの立場から述べられたものだけに説得力が大きいのではないかと思う。

つくづく考えてしまう — 視点をどこにおくかで物事の見え方がまるで違ってくるのではないかと。過去の延長上に今を見るか、それとも未来から振り返って今を見るのか・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment

★ →[原文を見る:市村佐登美訳

     *     *     *

追記:聞き逃せないポッドキャスト

今週のポッドキャスト「The Talk Show」がオモシロい。

口の重い John Gruber と聞き上手の Dan Benjamin の組み合わせで人気上昇中のポッドキャストだが、今週はトップデベロッパを招いて Mac App Store についてたっぷり語っている。

上に紹介した Marco Arment に加えて Craig Hockenberry がスペシャルゲストだ。

第一線のデベロッパやギークが Mac App Store をどう考えているのか知るうえで聞き逃せない。

John Gruber が新しいジャンルのソフトのことを「バブルガムアプリ」(Bubble Gum Apps)と呼んでいるのがオモシロい。

★→[ポッドキャストを聞く:The Talk Show

Read Full Post »