Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Robert X. Cringely’


How Steve Jobs Stole the GUI from Xerox | YouTube]

アップルファンなら誰でも知っているビデオがある。例のマイクロソフトを散々こき下ろすビデオだ。

それは失われたと思われていたインタビュービデオの一部だった・・・

Wired.com: “Steve Jobs: The Lost Interview Heads for Theaters” by Hugh Hart: 04 November 2011

     *     *     *

紛失したと思われてきたビデオ

元アップル社員だった Robert Cringely が PBS のために 1995 年に行なったインタビューで、Steve Jobs はマイクロソフトのことをこき下ろす。放映されたのはたった10分足らずで、「Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires」の中で使われた。残りは輸送の途中で紛失したと長い間信じられてきた。それが11月16・17日の劇場放映に向けて準備中だ。

Steve Jobs ripped Microsoft a new one back in 1995, when former Apple employee Robert Cringely interviewed his old boss for a PBS special. Fewer than 10 minutes of that crucial videotaped conversation made it into Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires, but the rest — believed to be lost in shipping — is now heading for movie theaters Nov. 16 and 17.

     *     *     *

自宅ガレージで発見

そのタイトルは「Steve Jobs: The Lost Interview」(スティーブ・ジョブズ:失われたインタビュー)。インタビューの全体を含む、70分の再映ものだ。Jobs の死後、「Triumph of the Nerds」を監督した Paul Sen がロンドン自宅のガレージでテープ発見した。

Billed as Steve Jobs: The Lost Interview, the 70-minute feature repurposes a copy of the full interview, which Triumph of the Nerds director Paul Sen discovered in his London garage last month when he went searching for the tape after Jobs’ death.

     *     *     *

ビデオを修復

「テープは PAL-VHS 方式で、D1 マスターからプロの機材でダビングされた。とはいっても VHS は所詮 VHS なのでひどいものだ」と Cringely は発見後自分のブログで述べている。「それでも 1995 年以降ビデオ技術の発展はすばらしいので、テープに解像度を上げる秘術を施したわけだ。」

“The tape is PAL-VHS, dubbed on professional equipment from a D1 master, but VHS is still VHS, which is to say crappy,” Cringely said on his blog in a post about the discovery. “Yet video technology has come a long way since 1995, so we’ve been throwing resolution-enhancement voodoo at that tape.”

     *     *     *

歯に衣着せぬライバル評

これはすばらしい再発見だった。ビデオソースは確かに10年以上積もった埃でひどい状態になっていたけれど。10年前のこのインタビューで Jobs は、アップル在職中に会った当時のテクノロジー世界のリーダーたちに対する歯に衣着せぬ思いを語っている。冒頭のクリップは、当初放映されたオリジナルからの抜粋だが、ゼロックス PARC を訪れてグラフィカルユーザーインターフェイスを初めて見たときの素晴しい瞬間を語っている。

lt’s a remarkable rediscovery, even though the quality of the source material, which gathered dust for more than a decade, leaves a little to be desired. The content of the decade-old interview offers a candid look at the tech world’s most successful leader, as caught between Jobs’ stints at Apple. In the clip above, an excerpt from the original PBS broadcast, Jobs describes the Eureka moment when he saw his first graphical user interface during a visit to Xerox PARC.

     *     *     *

マイクロソフトもこき下ろす

修復されたインタビューには同じような場面がいくつも含まれている。その中で「Jobs はマイクロソフトの製品がいかにいい加減であるかひたすらこき下ろしている」と Landmark Theatres のプレスリリースは述べている。

There are many such moments in the newly restored interview, in which Jobs “sorely criticized Microsoft for making bad products,” according to a Landmark Theatres press release.

「これは基本的には編集を加える前のインタビューだ。普通ならデレビでは見られない代物だ」と Cringely はいう。「Steve にそんなすばらしいパフォーマンスをさせたのは自分だ」とも。

“[This is] essentially an unedited interview — definitely not the sort of thing you’d normally see on TV,” Cringely said. “It’s me coaxing Steve into a great performance.”

     *     *     *

一般劇場で公開

レイティングなしの70分もの「Steve Jobs: The Lost Interview」は、カリフォルニア州パロアルトを含む17の都市の Landmark Theatres で二晩ずつ放映される。

Steve Jobs: The Lost Interview, unrated and running 70 minutes, will play the two-night run at Landmark Theatres in 17 cities including Palo Alto, Calif.

     *     *     *

一般劇場での公開に適しているかどうかはともかく、とても興味のあるビデオだ。

一段落したところで YouTube にも投稿されると思われるので楽しみ・・・

例のこき下ろしビデオは長い間ナゾだった。Jobs がどんな場面で話したのかさっぱり分からなかったからだ。

Cringely のインタビューだと知ってなるほどと思った。

もうひとつのナゾも解けた。Cringely の辛辣な Jobs 評だ。

アップルを追われた Jobs が失意のどん底にあったことを踏まえた心理分析で、多分これまで書かれたものの中でいちばん辛辣ではないかと思う。

そんな分析ができたのも、このインタビューを含め当時の Jobs を直接知っていたからだった(?)・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Mac Pro:photo

Mac Pro についての議論が喧(かまびす)しい。製造中止になるかもしれないというのだ。

Mac Pro の将来については、Robert Cringely の物議をかもした議論がおもしろかった。

みんなとは異なった視点から Marco Arment が興味深い考察をしている。

Marco.org: “Scaling down the Mac Pro” by Marco Arment: 02 November 2011

     *     *     *

Mac Pro のどこを変えればいいか?

Mac Pro は野獣だ。

The Mac Pro is a beast.

Mac Pro はとても筐体がでかい。2003 年以来(2006 年に大幅な内部のデザイン変更はあったものの)外観は変わっていない。オプションを全部装着すると 50 ポンド[23 キロ弱]近くにもなる。インテルの Xeon CPU が世代交代するときにアップデートされるだけだ。だから 18 か月毎ということになる。このため時としてひどく時代遅れに見える結果となる。例えば現行の Mac Pro は未だ Thunderbolt を搭載していない。Thunderbolt ポートが導入されて9か月も経つというのに。ベース価格 2499 ドルでは 15 インチ MacBook Pro よりスピードが遅く、RAM はたった 3GB、ハードドライブは 1TB しかない。

The case is huge. It hasn’t seen an external redesign since 2003 or a major internal redesign since 2006. It’s nearly 50 pounds loaded. It’s only updated whenever there’s a new generation of Xeon CPUs from Intel, which only happens about every 18 months. This can sometimes make it seem painfully out of date: for instance, today’s Mac Pro still doesn’t have Thunderbolt, 9 months after the port’s introduction, and the base $2499 configuration, which is slower than every 15” MacBook Pro today, ships with only 3 GB of RAM and a 1 TB hard drive.

それにとても高価だ。インテルが Xeon の価格を引き上げ、アップルが当初よりマージンを増やしたことから、Mac Pro は割の合わない機種となった。使い物になるコンフィギュレーションだと通常 3500 ドル以上(だいたい 5000 ドル前後)もする。それもモニターは別だし、サードパーティ製の RAM やハードドライブを気にしなければの話だ。

And it’s very expensive. As Intel has raised Xeon prices and Apple has widened their margins since the line’s introduction in 2006, Mac Pros have become worse deals. A worthwhile configuration usually costs over $3500, often even $5000, and that’s assuming you already have a monitor and you don’t mind buying third-party RAM and hard drives.

Mac Pro が売れる数は多くはない。今売られているマックの 26% がデスクトップだが、それも iMac や Mac Min を含む数字だ。これまでアップルは製品ライン毎の数字を出したことはないと思うが、Mac Pro の販売台数はマック全体の 5% 以下だと思う。それを考えればいずれ Mac Pro が製造中止になってもおかしくはない。

Apple doesn’t sell a lot of Mac Pros. Only 26% of Macs sold today are desktops, and that includes the very popular iMac and the Mac Mini. I don’t think Apple ever breaks out the numbers by product line, but I’d guess that fewer than 5% of Macs sold are Mac Pros. So it’s not very surprising that the Mac Pro may be discontinued soon.

Mac Pro をもっと魅力的にするにはどこを変えればいいだろうか

What could Apple change about the Mac Pro to make it attract more buyers?

     *     *     *

縮小できるか?

Smaller?

あまり効果はないだろう。

Probably not significantly.

筐体の上段(上三分の一)は光学式ドライブベイと電源だ。光学式ドライブベイをひとつに絞るか、あるいはラップトップの薄いドライブにする(あるいは完全になくする)ことも可能だ。しかし巨大な電源はどこかに収納しなければならない。電源を大幅に縮小することはできない。アップルはどの Mac Pro でも同じ電源を用いるが、最高速の CPU やすべての RAM、ディスク、拡張スロットを最高のオプションで全部充たしたときでも対応できなければならないからだ。

The top third is optical drive bays and the power supply. They can drop down to just one optical bay, and could even use a slim laptop drive (or omit optical drives entirely), but the huge power supply still needs to go somewhere. The power supply can’t be meaningfully downsized: since Apple uses the same power supply in every Mac Pro, it needs enough capacity to power the fastest CPUs with all RAM, disk, and expansion slots filled with the highest-draw options.

ハードドライブは非常に効率的に配置されている。筐体には 3.5 インチハードドライブをさらに4基収納しなければならないため倹約できるスペースはあまりない。光学式ドライブベイを省略することにすれば、そのスペースにハードドライブが収納できる。しかしそれでは全体的にみて大幅な縮小にはつながらない。

The hard drives are arranged very efficiently. There’s not a lot of savings to be had if the case still needs to hold four 3.5” hard drives. If they got rid of the optical bays, they could put the hard drives in their space, but it wouldn’t be a big reduction overall.

筐体の中段は、主として最も大きい PCI-Express カードを挿入できるように開けておかなければならない。

The midsection must be left mostly open so full-length PCI-Express cards can fit.

下段には巨大な Xeon のヒートシンクと RAM スロット8基(デューアル CPU モデルの場合)を収納する必要がある。

The bottom third needs to hold the huge Xeon heatsinks and the 8 RAM slots (in dual-CPU models).

もし筐体を少しでも薄くすれば、ファンも小さくしなければならず、そうなればファンの回転数もノイズも大きくなる。

If the case is made any narrower, the fans need to be made smaller as well, which would require them to spin faster and produce more noise.

したがって、それなりに縮小しようとすると、実際に Mac Pro を買い求めるユーザーが望む重要な点を省略せねばならず、その分 Mac Pro はより望ましくないものになる。

So any meaningful size reduction will make the Mac Pro less desirable to a significant portion of people who actually do buy it.

     *     *     *

安くすればいいか?

Cheaper?

Mac Pro がハイエンドの Xeon ワークステーションであることを考えると、実際のところ同様な構成の PC モデルに対しては十分な価格競争力があると考えられる。

Given what the Mac Pro is — a high-end Xeon workstation — it’s actually priced competitively with PC equivalents most of the time.

試しにデルのサイトにいって、デューアル 2.66 GHz Mac Pro(AppleCare 付) に近い能力を持ったワークステーションをカスタマイズしてみた。

I just went to Dell’s website and configured a workstation as close as I could get to the dual-2.66 GHz Mac Pro with AppleCare:

・Mac Pro:5,248 ドル
・デル:4,814ドル

– Mac Pro: $5,248
– Dell: $4,814

このクラスになると、比較はほとんど参考的なものに過ぎず(完全に同じようなカスタマイズは不可能)、その違いは無視しうる。Mac Pro の価格が高い点が問題なのではない。カネを払って得られるタワー PC の拡張スペックより、ほとんどの場合 Mac Pro のスペックの方がはるかに高いのだ。

At this level, and considering that the comparison is only approximate (since it’s impossible to configure exactly matching systems), that difference is negligible. The problem isn’t that Apple’s overcharging for the Mac Pro. The Mac Pro’s specs are just far above what most people want to pay for an expandable tower PC.

相当に価格を引き下げる唯一の方法は、ここでもまたユーザーの多くがが求めるものを省略することだ。

The only way to significantly reduce its cost is, again, to remove the reasons why many of its customers buy it:

     *     *     *

コンシューマレベルの CPU に格下げするか?

Consumer-class CPUs?

アップルとしてはインテルの Xeon CPU をやめてインテルの主流のデスクトップ CPU、例えばクワッドコア 3.4 GHz Core i7-2600K を使うことも出来る。すでに iMac ではそうしている。しかし求めるものが Mac Pro ということなら、ユーザーは iMac より大きな内部拡張性を求めるのではないだろうか。

Apple could make a smaller, much cheaper desktop Mac by abandoning the Xeon CPUs and just using Intel’s mainstream desktop CPUs, such as the quad-core 3.4 GHz Core i7-2600K. They already offer this with the iMac. But if you’re reading about the Mac Pro, you probably want more internal expansion than the iMac will accomodate.

デスクトップクラスの CPU に格下げすることは Mac Pro ユーザーにとって2つの大きなマイナスがある。

Going to desktop-class CPUs has two big downsides for Mac Pro buyers:

・デューアルソケットを備えたモデルがない。ということは使える CPU パワーの半分と、RAM スロットの半分(したがって RAM の能力の半分)しか使えないということだ。

・No dual-socket models. That means only half of the available CPU power at the high end, and only half of the RAM slots (and therefore, only half of the RAM capacity).

・ECC 機能のない RAM であること。ということはカーネルパニックやアプリケーションクラッシュが時折起きる可能性が増えるということだ。それにスロット当たりの RAM の能力限界は低くなるのが普通。

・No ECC RAM, which means that occasional kernel panics and application crashes are slightly more likely, and per-slot RAM capacity limits will usually be lower.

したがって Mac Pro ユーザーの多くは、最大の CPU パワーを求めるか、それとも最大の RAM 能力を求めるかのどちらかしかない。多くのユーザーにとって、このトレードオフは受け入れ難い。

Since so many Mac Pro buyers choose it specifically to have the most CPU power or the highest RAM capacities available, this might not be an acceptable tradeoff to many of them.

参考のためにいうと、今日のデスクトップクラスのマザーボードはほとんどどれも 16–24 GB RAM およびハイエンド 3.4 GHz Core i7 CPU(iMac ではすでに入手可)が限界で、64-bit GeekBench のスコアは 12,575 点だ。発表されて1年以上たつ Mac Pro は手ごろな価格でこれに対抗でき、ハイエンドのデューアル 2.93 GHz Xeon では GeekBench スコアは 24,159 点だ。多分数か月のうちにより高速な CPU にアップデートされることになると思う。

As a point of comparison, almost all desktop-class motherboards today are limited to 16–24 GB of RAM, and the top-end 3.4 GHz Core i7 CPU (available already in the iMac) gets a 64-bit GeekBench score of 12,575. The Mac Pro released more than a year ago maxes out fairly affordably at 48–96 GB, and the top-end dual-2.93 GHz Xeons score a 24,159 in Geekbench. And it’s probably going to be updated to even faster CPUs in a few months.

もし 16 GB RAM というシーリングおよび Geekbench の 12,000 点で足りるということであれば、そのようなニーズはすでに iMac や MacBook Pro で十分充たされていることになる。Mac Mini ですら現在でも 10,000 をやや少し下回る点数をたたき出す。

If a 16 GB RAM ceiling and about 12,000 Geekbench points are enough for someone, Apple probably already serves their needs with an iMac or MacBook Pro. Even the Mac Mini maxes out at 16 GB and just under a score of 10,000 today.

もしユーザーがそれ以上のパワーないしは RAM 能力を必要とするのであれば、それを満たすのは Xeon プラットフォームしかない。

And if they need more power or RAM capacity, only the Xeon platform can deliver it.

     *     *     *

拡張性を犠牲にするか?

Less expansion?

Thunderbolt とは要すればケーブルに接続された PCI-Express のことだ。ドライブが内蔵されたものなら十分高速に走らせることができる。一部の外付け GPU にとっても十分高速だ。Mac Pro の PCI-Express スロットの役目の多くは Thunderbolt 周辺機器で置き換えることが可能だ。

Thunderbolt is, essentially, PCI-Express over a cable. It’s fast enough for hard-drive enclosures that let their drives run as fast as if they were internal. It’s even fast enough for some external GPUs. Many roles of the Mac Pro’s PCI-Express slots could be replaced with Thunderbolt peripherals.

4つのハードドライブベイすべてを利用している Mac Pro ユーザーがどのくらいいるのか知らない。しかし、個別のハードドライブの容量が増え、SSD が高速になれば、間違いなくその数は減ると思う。

I wonder how many Mac Pro owners use all four hard-drive bays. I bet the number has decreased over time as individual hard drives have grown so large and SSDs have become so fast.

もしカードスロットや内部ドライブベイがこれまでほど必要でなくなれば、Mac Mini や iMac、場合によっては MacBook Pro で Mac Pro ユーザーの必要性は十分安価に充たされることになるだろう。

If card slots and internal drive bays aren’t as necessary as they used to be for a Mac Pro customer, it’s much more likely that a Mac Mini, iMac, or even a MacBook Pro might solve their needs sufficiently for less money.

しかしながら、どうしてもカードスロットや 3.5 インチの内蔵ドライブベイが必要なユーザー、あるいは複数のモニターを動かさなければならない例外的ケースの場合は、Mac Pro に代わり得るマックはない。そういうユーザーは結局 Mac Pro を買い続けることとなる。拡張性を犠牲にする案ではどれも窮することとなるからだ。

But for the buyers who do need card slots, internal 3.5” drive bays, or some edge-case Mac Pro capabilities such as the ability to drive lots of monitors, no other Mac can fill the Mac Pro’s role. They’re the ones still buying them, after all — any reduction in expansion potential would leave them stranded.

     *     *     *

時が経てば・・・

A matter of time

Mac Pro が存在している理由をほぼ否定しない限り、Mac Pro に重要な変更を加えることは不可能だ

It’s impossible to significantly change the Mac Pro without removing most of its need to exist.

しかしまた同時に、とくに最近の Thunderbolt の開発状況を見れば、Mac Pro の必要性とは逆の方向へアップルが移行しつつあることは明らかだ。

But I think it’s clear, especially looking at Thunderbolt’s development recently, that Apple is in the middle of a transition away from needing the Mac Pro.

時が経つにつれて Mac Pro を選択するユーザーは少なくなるだろう。その数がアップルが考えるより少なくなれば、Mac Pro ラインは製造中止になるだろう。

Fewer customers will choose Mac Pros as time goes on. Once that level drops below Apple’s threshold for viability or needing to care, the line will be discontinued.

その時期は2年後に来ると賭けたい。その間 2012 年には、Thunderbolt および Sandy Bridge をベースとする Xeon E5 CPU モデルを出し、Mac Pro がそのライフサイクルを十分全うして、販売戦線から姿を消しても大丈夫な状況になると思われるからだ。

I bet that time will be about two years from now: enough time for Apple to release one more generation with Thunderbolt and the new Sandy Bridge-based Xeon E5 CPUs in early 2012, giving the Mac Pro a full lifecycle to become even more irrelevant before they’re quietly removed from sale.

限られたパワーユーザーは文句をいうかもしれないが、ほとんどのユーザーにとってはどうでもよくなる。その頃までには、かつての Mac Pro ユーザーはとっくに他へ乗り換えているだろうから・・・

A few power users will complain, but most won’t care: by that time, most former Mac Pro customers will have already switched away.

     *     *     *

Robert Cringely とは違った意味でなかなか説得力があるように思えるが如何が?

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[これが Semi Pro なら・・・:image

「MACお宝鑑定団」発のウワサが世界的に話題になっている

その中で Robert Cringely の反応が注目を引いた。

I, Cringely: “Is the Mac Pro dead?” by Robert X. Cringely: 23 August 2011

     *     *     *

Mac Pro ラインは死んだ

日本発のウワサが昨日浮上した。アップルが今年末までにガラリと変わった新しい Macintosh コンピュータを出すというのだ。そうだ、新種の Mac、まったくタイプの異なる Mac だ。このホントかどうか分からないウワサを1ダースをこえるサイトが取り上げた。アップルの話題ならホットだし、ひょっとしたらホントかもしれないというわけ。同じ思いで私の想像するところをいえば、アップルの Macintosh Pro ラインアップは死んだと考えるべきだと思う。

A rumor surfaced yesterday in Japan that Apple would by the end of the year introduce a radical new kind of Macintosh computer. That was it — new Mac, radical — yet dozens of sites ran with this non-information simply because Apple is a hot company and, who knows, it might be correct. In that same spirit, then, here’s my guess about what might be correct: I think Apple’s Macintosh Pro line of computers is dead.

     *     *     *

Mac Pro のアップグレードはない

Mac Pro はアップルのビッグボックス PC だ。昨年夏以来更新されていない。新 Mac Mini と一緒に今月新しいモデルが出るはずだったが、どういうわけか新 Mac Pro の発表はなかった。アップルからは何も話がないというか、そもそもアップルは何もいわないので、私のような予想屋が勝手に本当かどうか分からない話(この話も含めて)を書くわけ。一方 Mac 評論家たちは新 Mac Pro の登場を待ちかねているようだ。しかし決してそれは登場しないだろう。その代わりアップルは高性能コンピュータへのアプローチをまったく変えてしまうだろう。ひょっとしたら日本のライターが取り上げようとしたのはそういうことだったのかもしれない。

Mac Pro’s are Apple’s big box PCs. They haven’t been refreshed since last summer and new models were expected this month with the new Minis, but for some reason the new Mac Pro’s failed to appear. Apple said nothing because, well, because Apple never says anything, instead relying on dopes like me to write non-stories like this one. But while the Mac pundits are generally still waiting for new Mac Pro’s to appear, I don’t think they are coming at all and will be replaced with a whole new approach toward high performance computing from Apple. Maybe this is what the Japanese writers are picking up on.

     *     *     *

シンプルな製品ラインアップ

Mac Pro はアップル最強のコンピュータだ。もっとも新 Mac Mini I7 サーバーはかなりそれに近いが。そのことから次のように予測するわけだ。アップルはシンプルな製品ラインアップを好む。だから昨年 xServe ラインを廃止したように Mac Pro もやめてしまえばラインアップは確かにシンプルになる。

Mac Pro’s were Apple’s most powerful computers, though the new Mac Mini I7 servers get pretty darned close, and that’s part of my point in making this prediction. Apple likes a simple product line and eliminating the Mac Pro’s, just as Apple last year dropped its xServe line, would certainly simplify things.

     *     *     *

ストレージはクラウドへ

Mac Pro はいろんな点で恐竜に似ている。よく考えられた空気ダクトを備えた大きくて美しいアルミの筐体は8年を経た代物だ。たいていの PC と比べてもデカイ。未だに存在し続けるのは、ユーザーがドライブを追加し、ハイエンドゲームのためサードパーティ製グラフィックスカードを搭載するためだ。しかしアップルはストレージに関するアプローチをまったく変えようとしている。可能な限りノースカロライナの巨大データセンターに移行しようと考えているのだ。アップルは純正でないカード(いやカードそのもの)をアップル製マシンに搭載するのを嫌う。そこへ新しく毎秒10GB、デュアルチャンネルの Thunderbolt ポートの登場だ。それをどう取り入れるのか?

Mac Pro’s are dinosaurs in many respects. That big beautiful aluminum case with its clever air ducting is eight years old and enormous compared to most PCs. It exists primarily to allow users to pack their Macs with extra drives and third-party graphics cards for high-end gaming. But Apple is changing its whole approach to storage, presumably moving as much of it as possible to that big North Carolina data center. Apple hates foreign cards (or indeed cards at all) installed in its machines. And then there’s those new 10 gigabit-per-second dual-channel Thunderbolt ports; where do they come in?

     *     *     *

モジュラーなアーキテクチャ

アップルはモジュラーなアーキテクチャに移行すると私は考える。高性能コンピュータの基本単位は Mac Mini になる。新 Mac Mini ないしは Thunderbolt iMac がスタートだ。ストレージと処理能力は Thunderbolt でつながれた Mini を最大5台まで積み上げることによって解決する。最大システムは 24 コアの I7 プロセッサが6個、24 GB の DDR RAM(最大 96 GB!)、ストレージは最大 6 TB だ。Mac Pro を同じようにド派手に拡張したものに比べても、このシステムなら半値の 6000ドルだ。

I expect Apple to move to a modular architecture where the building blocks for high performance computers are generally Mac Minis. Start with a new Mini or with a Thunderbolt iMac and expand both storage and processing by adding a stack of up to five more Thunderbolt-connected Minis. A maxed-out system would have six I7 processors with 24 cores, 24 gigabytes of DDR RAM (expandable to 96 GB!) and at least six terabytes of storage. And at $6000, it would be half the price of an equivalently tricked-out Mac Pro.

     *     *     *

GPU は?

それじゃ、GPU[Graphics Processing Unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]はどうする? プロのゲーマーが Mac Mini ラインのいささか非力なインテル製統合グラフィックスで満足するだろうか? そこでディスプレイの登場となる。

Yeah, but what about the Graphics Processing Units (GPUs)? What real gamer wants to be limited to the somewhat lame integrated Intel graphics found in the Mac Mini line? That’s where the displays come in.

     *     *     *

次期 Thunderbolt ディスプレイ

アップルの Cinema Display はいまだ魅力的だが、プライスパフォーマンス的には割高だ。パフォーマンスに比べて価格が高すぎるのだ。しかしアップルが PC メーカーであるためにはディスプレイが必要だ。価格競争に太刀打ちできるものを出すか、それともまったく新種のものが必要だ。それが次期 Thunderbolt ディスプレイだと思う。

Apple’s Cinema Displays, while still lovely, have fallen way down the price-performance curve. They are too darned expensive for what you get. But Apple can hardly be a PC company without displays. They need to either (shudder) start to compete on price or more likely find us a new flavor of Kool-Aid, which I think we’ll see in upcoming Apple Thunderbolt displays.

     *     *     *

Light Peak ディスプレイ

目下マーケットにはたった2種類の Light Peak ディスプレイしかない。Light Peak ということばを使ったのは、Thunderbolt はアップルの外の世界ではそう呼ばれるからだ。ひとつはアップル製でもうひとつはソニー製。それぞれ異なるコネクタを使う。ソニーのディスプレイがアップルにヒントを与えたのだと思う。ソニー製は統合 GPU を搭載している。アップルの新しい Thunderbolt ディスプレイも GPU を搭載するかもしれない。まだ誰も知らないようだが・・・

There are only two Light Peak displays on the market right now. I use the term Light Peak, which is what Thunderbolt is called in the non-Apple world, because while one display comes from Apple the other is from Sony and uses a different connector. I think that Sony display gives us a hint to Apple’s plan, because the Sony screen features an integrated GPU. The new Apple Thunderbolt display may include a GPU, too, but nobody seems to know.

     *     *     *

GPU 内蔵ディスプレイ

ディスプレイに GPU 搭載するもっともな理由がある。膨大な計算もつまるところディスプレイを駆動するために必要なのだ。GPU をスクリーンに内蔵すれば、ビデオメモリーとディスプレイピクセルの間を最大情報量で処理できる。GPU をスクリーンにうまく内蔵できれば、高性能ディスプレイの製造コストが安くなる可能性もある。正しいかどうか分からないが、いずれアップルからそんな発表を聞くのは間違いないと思う。

There are good reasons to put the GPU in the display. All those zillions of calculations, after all, are being performed specifically to drive the display. And putting the the GPU inside the screen allows the highest possible bandwidth connection between video memory and display pixels. In some ways putting the GPU in the screen may actually make the screen cheaper to build at such a high performance level. Whether that is true or not, I am sure it is what Apple will tell us.

アップルが 27 インチや 30 インチ Retina ディスプレイを発表する段になったら、統合 GPU が搭載されていることを賭けてもいい。

When Apple announces a 27-inch or 30-inch Retina Display, you can bet it will have an integrated GPU.

     *     *     *

ボーイング 737

ドッカーン!アップルは 3000 ドルディスプレイの販売ビジネスに復帰する。ハリウッドも、ニューヨークもサンフランシスコもみな買い求める。Mac Mini は高性能コンピュータのボーイング 737 になる。その時点になれば、サードパーティの Thunderbolt アクセサリーのマーケットも大きく動き出すだろう。

POW! Apple will be back in the business of selling $3000 displays and Hollywood, New York, and San Francisco will be back in the business of buying them. Mac Minis will become the Boeing 737 of performance computers. And Apple can at that point probably drive enough connections on its own to create a vibrant market for third-party Thunderbolt accessories.

     *     *     *

当たるも八卦

私は間違っているかもしれない。

Or I’m wrong.

日本人なら知っているかもしれない。

Maybe the Japanese will know.

     *     *     *

この線に沿った日本発ウワサの続きが出ればオモシロいのに・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


iDataCenter の内部写真

Steve Jobs が WWDC でアップルの巨大データセンターの内部写真を公開したことから、そこで使われている機材や技術について様々な観測がなされている

それでもなお、その全体像はなかなか明らかにならない。

とうとう業を煮やした Robert X. Cringely が彼一流の皮肉を一発かました。

アップルの iDataCenter はこけおどしのフェイクだと宣ったのだ。

I, Cringely: “Have you heard the one about Apple’s data center?” by Robert X. Cringely: 28 June 2011

     *     *     *


Security gate from Startown Rd.

巨大ビルはカラッポだ

[身内の不幸でカロライナを訪れた後]町を去るにあたって、ノースカロライナ州 Maiden にあるアップルの10億ドルデータセンターをよく見ていくことにした。車を運転して、写真も何枚か撮り、近くのコンビニの店員とも話をした。そんな非科学的調査の結果私が得た結論は、巨大なアップルの施設は大部分カラッポに違いないということだ。巨大なビルは事実上カラッポだ。どうしてアップルがそんな施設を建てたのか正直私には分からない。多分サウスカロライナ州にあるグーグルの 6.5 億ドルデータセンターに威嚇射撃を試みただけかもしれない。

But before leaving town I was determined to scope out that $1 billion Apple data center in Maiden, NC. So I drove over, took some pictures, and talked to folks at the convenience store down the road. My conclusions from this unscientific research is that the giant Apple facility is mainly empty. It’s a huge building filled more or less with nothing and why Apple built it that way frankly escapes me. Maybe it’s just a shot across the bow of Google and its $650 million data center in South Carolina.

     *     *     *

オリンピック対応の IBM 特別データセンターですら iDataCenter の 500 分の1で済んだという話のあと、Cringely はグーグルとも次のように比較する。

グーグルよりも桁外れ

グーグルはアップルとは違う。グーグルは絶えずインターネットのすべてにインデックスを付け、最大のEメールサービスを運営し、広告を含めた多くのサービスを行なっている。だからグーグルが膨大なデータを保存し、その処理のため多数のサーバーを必要とするのは明らかだ。今やグーグルは 100 万台を超えるサーバーと優れた管理技術を有しているに違いない。しかしグーグルの 100 万台のサーバーでもアップルデータセンターの容量の 13.9% しか必要としないのだ。

Now Google isn’t Apple. Google is continually indexing the whole darned Internet, runs the biggest e-mail service, and many other services, not to mention all those ads. You can see how Google would require lots of data storage and servers to handle it. By now Google must have over a million servers and a very elegant way to manage them. But even Google’s million servers would require only 13.9 percent of Apple’s data center capacity.

いったいそんな巨大な建造物でアップルは何をするつもりなのか? その10分の1を充たす作業量すら考えつかない。

So what is Apple doing with such a big building? I can’t imagine a workload that would need even a tenth of that data center.

     *     *     *

ジョークだ

だから私の推測はこうだ。これはジョークだ。建物は大部分カラッポで、アップルのライバルたちを脅す目的で建てられたのだ。今のところそれはうまくいっているようだ。

So here’s my guess: I think it’s a joke. The building is a near-empty facility built primarily to intimidate Apple competitors. And so far it seems to be working.

     *     *     *

これぞ Cringely 一流のジョークだろう。

しかしデータセンターの専門家としては見逃すわけにはいかない。そこで Rich Miller が反論に出た。

Data Center Knowledge: “Cringley on Apple: The Math Needs Some Work” by Rich Miller: 29 June 2011

     *     *     *

データセンターのニセモノ

ワオ。著名な技術コラムニストがアップルが建てたのはニセモノのデータセンターだといっている。Steve Jobs が最近の WWDC で機器満載のサーバールームの写真を見せたというのに、Jobs がデータセンターのベイパーウェア(vaporware)モデルを作ったと非難している。

Wow. Did a well-known tech columnist just allege that Apple built an enormous fake data center? And, in essence, accuse Steve Jobs of modeling data center vaporware when he showed off pictures of server rooms filled with gear at the recent WWDC?

     *     *     *

かつてグーグルのデータセンターについてスクープをものにしたことのある Cringely が、アップルの巨大データセンターについては前提で計算間違いをしていると Miller は指摘する。結論として iDataCenter が過大かどうか知るにはまだ時間がかかるという。

一方、もともと Cringely があまり好きでない John Gruber はさらに手厳しい。

Daring Firebal: “Joke” by John Gruber: 29 June 2011

     *     *     *

完全なアホだ

そのとおりだ。

Yes.

長い間 Cringely は半分おかしいのじゃないかと思っていたが、今や完全なアホだと思う。

Cringely’s been half-nuts for years. Now I think he’s full-nuts.

     *     *     *

Cringely の意表を衝く視点にはときどきハッとさせられる。(ここここ) 筆者としてはキライではないのだが、技術ブログの世界では必ずしも歓迎されぬようだ。

真面目に議論しているのに冗談めかしていうとはなんだということなのだろう。

そういえばジェームズ・ボンドのジョークも受けはよくなかった・・・

★ →[原文を見る:Robert X. Cringely
★ →[原文を見る:Rich Miller
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »


White Verizon iPhone

アメリカ人にとっていつ Verizon から iPhone が出るのか大変気にかかるところのようだ。Bob Cringely がひとひねりしている。

Verizon から出る iPhone がホワイト iPhone だとしたら、というのだ。

I, Cringely: “2011 Prediction #2: The white iPhone IS the Verizon iPhone” by Robert X. Cringely: 04 January 2011

     *     *     *

うん、これ以外には考えられない。

No other explanation makes any sense.

アップルがホワイト iPhone を出したところで部品供給の問題は生じない。もしアメリカではホワイト iPhone が Verizon 限定だとしたらどうか? そうなれば AT&T ブランドの足下が幾分かすくわれ、 AT&T サービスを使っていた iPhone ユーザーもいささかなりと他のキャリアに乗り換える魅力を感じるのではないか。

Certainly there is no supply problem that could keep Apple from introducing a white iPhone.  But what if white is a Verizon exclusive in the USA?  That would to a certain extent pull the branding rug out from under AT&T and even put a bit more oomph behind those iPhone users who might choose to jump carriers.

もちろんバカげた想像であることは分かっている。ウチのカミさんいわく、「ダンナのいうことなんてコロコロ変わるのだから・・・」

It’s silly, I know, but as Mrs. Cringely always says, “Husbands die every day.”

     *     *     *

たったこれだけのことだが、余人ならぬ Cringely なので・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »