Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Retina Display’

Retina MacBook Pro の残像問題をチェックするウェブ版残像テストを考案した Marco Arment が、出たばかりの Retina iPad mini に残像問題があるといっている

Marco.org: “Image Retention on Retina iPad Mini” by Marco Arment: 14 November 2013

     *     *     *

Retina iPad Mini の残像問題

シャープが製造した Retina iPad Mini の液晶パネルで多くの残像問題[image retention:残像、バーンイン、焼きつき]が生じるというウワサが先週浮上した。

Last week, a rumor came out that many Retina iPad Mini LCD panels manufactured by Sharp were suffering from image retention.

     *     *     *

残像テスト

この問題は第一世代の 15 インチ Retina MacBook Pro でも多く見られた。自分の Pro でも起きたが、見つけたのはテストページを作っているときで、最初に次のような大きな白黒の格子模様を数分間表示するものだった。

checkerboard

This problem was also present in many first-generation 15” Retina MacBook Pros, including mine, which I discovered by making a test page that first shows a large black-and-white checkerboard pattern for a few minutes, like this:

その後ベタのグレー画面にスイッチする。

checkerboard-gray

Then it switches to a solid gray:

もし液晶パネルに残像問題があれば、グレー画面に薄い格子模様が残り、通常はその後数分で消える。

If the LCD panel has an image retention issue, a faint impression of the checkerboard will still be visible on the solid gray image, usually fading over the next few minutes.

     *     *     *

Retina Mini で残像が残った

それを今夜、自分の Retina iPad mini で試してみた。Mini は残像テストをパスできなかった。

Well, I picked up my Retina iPad Mini tonight, and it failed:

retina-ipad-mini-image-retention

これがテストに失敗した Retina iPad mini の残像。グレー画面に薄い格子模様が残って見えることに注意。写真では分かりにくいが、じかに見ればよく分かる。

A failed image-retention test on my Retina iPad Mini: note the faint checkerboard pattern in the solid gray area. It’s pretty hard to see in photos — it’s easier to see in person.

     *     *     *

気づきにくい問題ではあるが

普通の使用状態で気づくという類いの問題ではない。自分の Retina MacBook Pro では一度も気づかなかったが、テストしてみるとこの iPad よりひどい残像結果が出た。

It’s not the sort of problem that I’m likely to notice in actual use — I’ve never noticed it on my Retina MacBook Pro, and it has worse image retention than this iPad on my test page.

     *     *     *

交換しようかどうか

アップルは複数のパネルメーカーを使っているから、交換すればよくなる可能性はある。しかし店頭に出回っている数量が非常に限られていることを考えると、ここ数週間で交換しても同じ問題を抱えた当初出荷分のものになる可能性はある。

Since Apple’s using multiple panel manufacturers, I could exchange it and hope for a better one. But it’s also possible that, given the extremely low volume that’s trickling into stores, any replacement I get in the next couple of weeks could be from the same batch with the same issue.

複数の友人が同じテストを Retina iPad mini で行なったが、いずれも残像はなくみんなパスした。だから自分は交換してみようと思う。

I had some friends run the same test on their new Retina iPad Minis, and they all passed — no image retention. So I’ll try an exchange.

     *     *     *

Air や iPhone 5S は問題なかった

(ついでにウチの奥さんの iPad Air や自分の iPhone 5S についてもテストをしてみたが、どちらも残像はゼロだった。)

(For whatever it’s worth, I also ran it on my wife’s new iPad Air and my iPhone 5S. Both passed with zero retention.)

     *     *     *

残像テストを考案した Marco Arment のいうことだけに気がかりだ。

最初にこの問題を報じたのは日経で、その後韓国の ETNews が詳しいフォローをした。

その後に出た GruberAnand Lal Shimpi の詳しい Retina iPad mini レビューでもこの問題を取り上げている。

     *     *     *

問題なかったと John Gruber

Daring Fireball: “The Retina iPad Mini” by John Gruber: 15 November 2013

新しい Mini の供給不足が生じてたのはシャープのディスプレイに残像(焼きつき)問題が生じた結果だという報道がある。自分はこの問題について一般的に論じることはできないが、しかし自分が試したモデルではそんな問題は生じなかった。使ったのは Marco Arment の残像テスト。Marco Arment は同じテストで問題が生じたという。

There are reports that the production shortages Apple is facing with the new Mini are the result of image retention (a.k.a. burn-in) problems with displays from Sharp. I can’t speak to this issue in the large, but the model in my hands has no such problem. I tested it using Marco Arment’s image retention test. Marco himself tested his own new iPad Mini the same way, however, and his device failed.

新しい Mini についてはホワイトバランスや黄ばみの問題もあるという報道もある。自分が見た限り、Mini も Air も iPhone 5S もどれもカラーは同じに見えた。

I’ve also seen reports of white-balance issue, or yellow-ish tinting, with the new Mini. To my eyes, colors are nearly identical between the Mini, the Air, and my iPhone 5S.

     *     *     *

Anand Lal Shimpi も問題無し

AnandTech: “Apple iPad mini with Retina Display: Reviewed” by Anand Lal Shimpi: 16 November 2013

Marco Arment の残像テストを Retina iPad mini で行なってみたがこれっぽちも残像はなかった。一方自分の古い Retina でない iPad mini では残像が残った。アップルは複数ソースのディスプレイを使用しており、そのために異なる結果が出たのではないかと思う。少なくとも自分が持っている2つの Mini では残像問題はなかった。

I ran Marco Arment’s image retention test on the Retina mini and didn’t see even the slightest degree of image retention. My old, non-Retina iPad mini on the other hand exhibited image retention. I suspect Apple is multi-sourcing its displays here, which could obviously contribute to varied behavior. At least on the two minis I have, image retention isn’t an issue.

     *     *     *

新機種にあり勝ちな初期不良なのか、それとも特定のメーカーのディスプレイと関係があるのか — Retina iPad mini に対する期待が大きいだけに気になる話ではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Mac Pro や iMac はどうなる?]

Retina MacBook Pro もさりながら、WWDC で発表されなかったマシンが気に懸かる。

いつものように Marco Arment が大胆な予想をしている。「Mac のデスクトップマシンはどうなるのか。」

Marco.org: “Predicting the next Mac desktops” by Marco Arment: 22 June 2012

     *     *     *

手つかずの Mac Pro と iMac

新しい Mac の予想にはインテルのロードマップが重要なヒントになる。しかし WWDC でアップルのラップトップラインアップが完全に一新されたのに、Mac Pro と iMac は手つかずのままだ。インテルの一連の新しいプロセッサが使えるというのに・・・

Intel’s roadmap is generally a very strong predictor of when new corresponding Macs will be released. But after the complete update of Apple’s laptop lineup at WWDC, the Mac Pro and iMac were untouched, despite suitable new Intel CPU families being available for both.

     *     *     *

次なるデスクトップ

そして Tim Cook が「来年後半」に新しい Mac Pro が出ることを認め、アップル広報も今年後半には新 iMac が出ることを強くにおわせている。

Then an email from Tim Cook confirmed that new Mac Pros are coming “later next year”, and Apple PR strongly implied that new iMacs were coming later this year.

     *     *     *

なぜラップトップだけだったのか

どうしてアップルは MacBook Air、MacBook Pro、Retina MacBook Pro を発表しただけで、iMac や Mac Pro は発表しなかったのだろうか。また iMac は今年アップデートされるのに、Mac Pro は1年後ないし1年半後までアップデートされないのはなぜだろうか?

Why did Apple just release new MacBook Airs, MacBook Pros, and a Retina MacBook Pro, but no new iMacs or Mac Pros? And why are the iMacs probably being updated this year while the Mac Pro update won’t happen for 12–18 months?

     *     *     *

Retina しかない

いつものように想像をめぐらせてみよう。

As usual, I have some guesses.

私の基本的考え方はこうだ。アップルが未来は Retina ディスプレイしかないと信じていること、それぞれのマシンファミリーが Retina を搭載できるようになるまではアップグレードを行なわないだろうということ。

My core theory: Apple believes that Retina displays are the only way to go from this point forward, and they’re waiting to update each family until it can be Retina-equipped.

     *     *     *

Retina でないラップトップ

となるとすぐ湧く疑問。 MacBook Air と Pro はなぜ Retina ディスプレイを伴わないアップデートだったのか。私が思いつく理由はこうだ。

Now, an obvious question: why were the MacBook Airs and Pros just updated without Retina displays? My best guesses:

・今やアップルが売るコンピュータの大部分はラップトップで、夏は新学期を控えたもっとも儲かる時期なので、新鮮味のなくなったハードのままで座して待つワケにはいかなかった

– The vast majority of computers Apple sells today are laptops, and summer is a very lucrative, competitive back-to-school buying season that they couldn’t afford to sit out with stale hardware.

・Air および13インチ Pro はどちらも廉価なモデルなので値上げをしないと Retina 化できない。かかる主要モデルの値上げはアップルはやらない

– The Airs and 13” Pro are too inexpensive and can’t yet support Retina displays without raising prices, which Apple won’t do for such important products.

・ラップトップの売れ行きがよすぎて、ハイエンドの単一モデルでしか Mac サイズの Retina スクリーンは大量確保できない

– The laptops sell too well, and Mac-sized Retina screens simply aren’t available yet in high enough volume to be used in anything but a single, high-end model.

     *     *     *

iMac 発表は10月ないしは11月

一方 iMac はハイマージンだが売れる数量がずっと少ない。ライバルからのプレシャーがあまりないので積極的にアップデートしようとしない。などなどから Retina iMac の発売までなお数か月かかってもおかしくない。また iMac が家族共用マシンとして購入されることが多いので、クリスマスシーズン向けの商品として最適だ。

But the iMac has higher margins, sells in far lower quantities, and is under less competitive pressure to keep an aggressive update schedule. It’s plausible that Apple can start selling Retina iMacs in a few more months. And since the iMac is often bought for shared family use, it’s a great product to release right before the holiday shopping season.

だから、Ivy Bridge CPU および Retina ディスプレイ搭載の新 iMac は10月ないしは11月に登場すると予想する。

I’m guessing, therefore, that we’ll see new iMacs with Ivy Bridge CPUs, and probably with Retina displays, in October or early November.

     *     *     *

Mac Pro はまったく別のマシン

しかし Mac Pro はまったく別のマシンだ。ディスプレイは別売りだし、プロのユーザーはアップルが望む値段を払う。メインストリームユーザーを対象としないのでいつでもアップルが望むときにアップグレードできる。それならなぜ Xeon E5 のような最適の CPU がある今ではなく「来年後半」まで延期されるのか?

But the Mac Pro is very different. It’s sold separately from its display, its customers will pay whatever Apple wants to charge for it, and it can be updated whenever Apple feels like it because it’s not targeted at mainstream consumers. So why is it delayed until “later next year” despite perfectly good Xeon E5 CPUs being available today?

     *     *     *

どのプロセッサ

興味深いことに、多分これは将来 Xeon E5 を完全にスキップして Haswell Xeon を使うためではないのか。しかし発表が今年か来年かという単位ではなく何月になるかという状態だと敢えて予想したい追記:読者から次のような指摘があった。Xeon は通常一世代限りの CPU が主流で、E5 シリーズは Sandy Bridge ベースなので、来年の Xeon は Ivy Bridge ベースとなり、Haswell Xeon は 2013 年には登場しないと。

Interestingly, that’s probably far enough in the future to skip the Xeon E5 entirely and use Haswell Xeons. But I bet that just decides which month they get released in, not which year. UPDATE: Responders have pointed out that the Xeons usually trail the mainstream CPUs by one process generation, and since the E5 series is Sandy Bridge-based, next year’s Xeons are likely to be Ivy Bridge-based, with Haswell Xeons probably not appearing in 2013.

     *     *     *

Mac Pro のアップデート

私は次のように予想したい。Mac Pro は「来年後半」までアップデートがなく、それまでスタンドアローンの Retina ディスプレイ(多分27インチ)も出ない。その両方を同時に出すことでプロマーケットの話題と利益を攫うことをアップルは望むだろうと。

I bet the Mac Pro update is being held up until “later next year” because a standalone (27-inch?) Retina Display can’t be released until then, and Apple wants to release them simultaneously to capture a lot of buzz and profit in the pro market.

     *     *     *

スタンドアローンの Retina ディスプレイが遅れる理由

スタンドアローンの Retina ディスプレイはなぜそれまで出ないのか? 私の理屈は基本的な考え方の線に一致する。

Why a standalone Retina Display can’t be released until then is also worth asking. My guesses help solidify the theory:

・大型 Retina パネルは当分の間需要に追いつけず、また iMac の方をまず先にしたいとアップルは考えるだろう。同一サイズのパネルを使用する27インチ Cinema Display と27インチ iMac についても同様の遅れが生じるだろう

– Large Retina panels will be in short supply for a while, and Apple needs them for the iMac first. They had a similar delay, probably for the same reason, between the release of the 27” iMac and the 27” Cinema Display using the same panel.

・もしも27インチ Retina が現行パネル(5120×2880)の倍バージョンになるなら、60 Hz で動かすためには現在の Thunderbolt が提供するもの(最大 10 Gbps 2チャンネル)より大きな処理能力(24-bit カラーで 21 Gbps 以上)を必要とするだろう

– If a 27” Retina Display is a “2X” version of the current panel, that’s a 5120×2880 panel — running that at 60 Hz requires more bandwidth (over 21 Gbps for 24-bit color) than Thunderbolt offers today (up to two 10 Gbps channels).

     *     *     *

2013 年後半というタイミング

Thunderbolt のスピードのアプグレードは「2013 年後半」になると思われるが、これは他ともうまくタイミングが合う。

Thunderbolt is probably going to get its first speed upgrade “in late 2013”. That’s pretty convenient timing.

     *     *     *

したがって Mac Pro は

ということで、新 Mac Pro は 2013年後半に、Haswell Ivy Bridge Xeon プロセッサ、高速 Thunderbolt を搭載して、スタンドアローン Retina ディスプレイと同時に出るだろう。

So I’m guessing we’ll see a new Mac Pro in late 2013 with Haswell Ivy Bridge Xeons, faster Thunderbolt, and available standalone Retina Displays.

     *     *     *

iMac の新情報(追記)

追記2:複数のソースから、確かに今秋 iMac のアップデートが行なわれるけれど Retina ディスプレイではないという情報が入ってきた。おやおや、両方ともうまくいくというわけではなさそうだ。

UPDATE 2: I’ve now heard from multiple sources that while an iMac update is indeed coming this fall, it will not have Retina displays. Oops. Can’t win ‘em all.

     *     *     *

デベロッパの第一線に立つ身でありながら、臆せずこんな大胆な予想をする Marco Arment が好きだ・・・

[via parislemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[MacBook Pro — Retina ディスプレイモデル]

過去最高の呼び声高い MacBook Pro — Retina ディスプレイモデルだが、今回の WWDC で Mac ラインアップの一新を期待したひとから見れば、微妙な問題がありそうだ。

アップルギーク MG Siegler が悩んでいる。

massive greatness: “The Mac’s Mid-Life Crisis” by MG Siegler: 12 June 2012

     *     *     *

宙ぶらりん

で、Mac のラインアップは、私と同じように奇妙な宙ぶらりん状態にある。Air は好きだが、新しい Pro も欲しい。一方、手持ちの iMac をアップグレードする必要もある。ウワサでは今日それが出来るハズだった。・・・しかし、そうはいかなかった。

So the Mac line, like myself, is in this awkward in-between stage. I love my Air, but I want this new Pro. Meanwhile, I need to replace my iMac, and based on the rumors, I thought I was going to be able to do that today. But, well, nope.

iMac はヤメにして新しい MacBook Pro を買うべきか。それもいいが、大きなモニターは心残りだ。Cinema Display も考えたが、いかんせん Pro に比べて解像度が低すぎる。どう考えたらいいものか?(いずれラインアップが更新されるのは分かっているし・・・)

Maybe I ditch my iMac in favor of this new MacBook Pro. I like the idea, but I will miss the larger monitor. I could buy a Cinema Display but — incredibly — it’s actually lower resolution than this new Pro screen. What would be the point of that? (And you know that upgrade is coming down the line as well.)

     *     *     *

もうひとりのアップルギーク John Gruber も同じ気持ちらしい。

Daring Fireball: “The Mac’s Mid-Life Crisis” by John Gruber: 12 June 2012

う〜ん、むずかしい!

まったくそのとおりだ。11インチ Air がメチャ持ち運び便利なのですっかりスポイルされてしまった。でもこの新しい MacBook Pro は間違いなくこれまでで最高のモデルだし・・・。う〜ん、むずかしい!

Couldn’t agree more. I’m spoiled by the extreme portability of an 11-inch Air, but this new MacBook Pro is clearly the nicest Mac ever made. It’s a hard decision.

     *     *     *

確かに手持ちの Mac を見渡すと、Retina モデルを買うかどうかはなかなか悩ましい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Old and new iPad, through @olloclip. | Dom Sagolla

ついに iPad が世界中で発売された。

実際に目にしないと分からないといわれる Retina ディスプレイ — みんなの反応はどうだろうか?

見ないと分からないものをどうやって説明する?

まず気づいたものの中から・・・

     *     *     *

マクロレンズの手を借りる — Dom Sagolla

iPad 新旧ディスプレイの違いを Olloclip のマクロレンズで写す。[冒頭画像]

Old and new iPad, through @olloclip.
— Dom Sagolla

     *     *     *

コンタクトレンズ — iPhone女史

iPhoneよりも大きい分、変化の実感は一目瞭然です。コンタクトレンズをつける前と後くらいの違いがあります。

     *     *     *

みんなの反応がたのしみ・・・

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1M9
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

     *     *     *

追記:何やら違うぞ(3月19日)

何やら違うぞ — 西川和久氏

セットアップ画面の時から「何やら違うぞ……」と感じていたが、ロック画面そしてホーム画面へ切り替わった時に、画面の綺麗さがはっきり分かる。まるでiPad 2とは別次元。ジャギーやドットが全く見えず、そして色も濃い。まさにRetina Displayそのものだ。これはiPhone 3GSからiPhone 4へ乗り換えた時と同じ印象だが、画面が大きいため想像以上のインパクトがある。

Appleの新型「iPad」 ~驚愕の9.7型2,048×1,536ドットの液晶パネル | 【西川和久の不定期コラム】

Read Full Post »


[新 iPad Retina ディスプレイ(上)と iPad 2 のディスプレイ:photo

アップルの解禁を受けて、新しい iPad のレビューが一斉に登場している。

アップルからデモ機を貸与されて書くレビューといえば、以前なら大手紙に限られていたが、いまや個人的なブログも含め多くの技術ライターたちが書くようになった。

新 iPad の最大のウリである Retina ディスプレイ — 実際に目にしないと分からないといわれるそのすばらしさをいかに説明できるかがそれぞれの技術ライターの腕の見せ所だ。

     *     *     *

選り取りみどりのライターたち

・Walt Mossberg[WSJ]

新しい iPad は HDTV より 100 万ピクセルも多い
New iPad: A Million More Pixels Than HDTV | AllThingsD[1,321 語]

・David Pogue[NY タイムズ]

新しい iPad はほどんど同じ、ただしもっとずっといい
The New iPad Is Much the Same, Only Better | NYTimes.com[1,371 語]

・Ed Baig[USATODAY]

新しい iPad のすばらしいスクリーンは心地よい
Review: New Apple iPad, with amazing screen, is a delight | USATODAY.com[1,368 語]

・Jason Snell[Macworld]

Review: The third-generation iPad Review | Macworld[4,917 語]

アップルが iPad に加えた変更は、より薄く、より軽く、より速くすることではなかった。どの点をとっても、第3世代 iPad は前のモデルよりはるかに良くなった。
But the changes Apple has wrought with this iPad aren’t about making it thinner or lighter or faster, but about making it better. And on nearly every front, the third-generation iPad is markedly better than its predecessor.

・John Gruber[Daring Fireball]

iPad (3) | Daring Fireball[1,795 語]

ピクセル、ピクセル、ピクセル。バッテリー、バッテリー、バッテリー。スピード、スピード、スピード。
Pixels pixels pixels. Battery battery battery. Speed speed speed.

・MG Siegler[TechCrunch]

The New iPad Makes Apple’s Tablet Domination Clearer Than Ever | TechCrunch[2,691 語]

いったん新しい iPad を見てしまうと、もう元には戻れない。
Once you see and use the new iPad, there will be no going back.

・Joshua Topolsky[The Verge]

iPad review (2012) | The Verge[2,322 語]

息をのむようなディスプレイとハードウェアの大幅アップグレードでタブレットの王者は王冠を保持できるか?
With a breathtaking display and big hardware upgrades, does the tablet king retain its crown?

     *     *     *

筆者の大好きな Jim Dalrymple は、つぎのように書いている。

・Jim Dalrymple[The Loop]

Review: iPad third generation | The Loop[1,006 語]

デモ機の貸与

先週アップルの iPad イベントが終わったあと、私は会場を離れ、Phil Schiller と数分会話を交わし、アップル幹部のいる会議室に向かった。そこで新しい iPad と Apple TV を貸与されたのだ。

When Apple’s iPad event ended last week, I walked out of the venue, spoke to Phil Schiller for a couple of minutes and went into a meeting with Apple executives. That’s where I picked up my new iPad and Apple TV.

     *     *     *

ライフスタイルが私の視点

他のみんなはプロセッサやグラフィックチップのスピードテストをやるだろうから、私は異なる視点から — 実際に私が iPad どう使うかという点について書きたい。私のテストラボは私の生活そのものだ。新製品が私のライフスタイルに合うかどうかでそれを使うかどうか決めるのだ。

I know everyone will be speed testing the processors and graphics chips, but I’d like to take a different approach and give you some information on how I actually use the iPad. My testing lab is my life, and how a device fits into that determines if I continue to use it or not.

     *     *     *

実際に見なきゃ分からない

新しい iPad を使い始めて1週間になるが、とても感心している。最初にスイッチを入れて Retina ディスプレイを目にしたとき以来、そのすばらしさに畏敬の念すら覚えている。アップルの解説ビデオを見るだけじゃ、このディスプレイのすばらしさは決して分からない。自分の目で確かめて初めて分かるのだ。

I’ve been using the iPad for a week now and I’m so impressed. From the first time I turned it on and saw the Retina display, I was in awe of how good it was. Trust me, even if you watched the introduction video, you still have no idea how good this display is. You really do have to see it to believe it.

     *     *     *

アップルお気に入りのライターたちがデモマシンを貸与される様子まで触れられていて興味深い。

先日の Mountain Lion 以来、影響力のあるライターなら、大手紙かどうかを問わずレビューのチャンスが与えられるようになった。要はライター個人の影響力次第というわけだ。

定番のガジェットサイト Engadget や Gizmodo の姿はどこにも見えない。

     *     *     *

これだけたくさんのアップルお気に入りライターたちが一度に書くと、どれから読んでいいのか分からなくなる。書く側にしても、読者に読んでもらえるよう腕を競うのは大変だろう。

長文のレビューにいたっては、一読で全部を読んでくれるひとがどれだけいるか。[各レビューの語数参照]

技術ライターが腕を競わされている様子を見ると、Retina ディスプレイの供給をサムスンや LG、シャープに競わせたのが思い起こされる。

新しい Tim Cook 体制の元では、技術ライターといえどもかなかなか大変だ・・・

★ →[原文を見る:The Loop

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1LC
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »


[Retina ディスプレイ:image

新しい iPad の Retina ディスプレイに関する Ryan Block の感想。「なぜ新しい iPad の Retina ディスプレイが重要か。」

gdgt: “Why the new iPad’s Retina Display matters” by Ryan Block: 11 March 2012

     *     *     *

スペックは所詮スペック

スペックは所詮スペックだ。新しいデバイスが発表されるたびにスペックは少しずつ改良されると誰もが考える。だから誰もが — 特に技術の専門家と称する連中は、アップグレードサイクルそのものに懐疑的になる。多少のインクリメンタルなアップグレードはユーザー体験そのものにはほとんど影響を及ぼさないからだ。

Specs are specs, and every time a new device is announced we expect the numbers to ratchet a little higher. This is the stuff that makes people (especially tech pundits) so cynical of upgrade cycles: the typical incremental updates don’t tend to have a meaningful effect on the overall experience of a product.

     *     *     *

時たま起きる劇的変化

それでもなお劇的変化が起きることがある。滅多にないことだが。初めてダサイ 3G カードをラップトップに装着したとき、ラップトップは突如どこでも使えるようになった。ポータビリティの概念がまったく変わってしまったのだ。初めて HDTV をこれまでのテレビと比べたとき、ゲームそのものが変わってしまったことは明らかだった。スペックが格段に向上する。定義そのものが再定義される。先週の iPad イベントはいくつかのスペックが向上したなどという類いのものではなかった。

Occasionally something does fundamentally change, though. It doesn’t happen very often. The first time I plugged an early, clunky 3G card into my laptop and was suddenly able to work from anywhere, I saw portability in a completely different light. The first time I saw HDTV contrasted with standard-def television, it was clear that the game had changed. There are spec bumps, and then there are redefinitions, and last week’s iPad event was definitely not about bumping some specs.

     *     *     *

ディスプレイそのもの

iPad の中核となる体験 — すべてのタブレットに通じるものでもあるのだが — それがスクリーンだ。あまりに基本的すぎてまったく気づかないほどだ。もはやポスト PC デバイスには隠すべきものが何もない。スペック、フォームファクタ、それらすべてが渾然一体となってつかみ所のないものに姿を変えてしまう。ソフトウェアのメタファーによって、タブレットはディスプレイそのものとなり、ディスプレイ上に表示されたものに変化する。

The core experience of the iPad, and every tablet for that matter, is the screen. It’s so fundamental that it’s almost completely forgettable. Post-PC devices have absolutely nothing to hide behind. Specs, form-factors, all that stuff melts away in favor of something else that’s much more intangible. When the software provides the metaphor for the device, every tablet lives and dies by the display and what’s on that display.

     *     *     *

ユーザーとアプリが直接相対する

他の製品ではとても考えられないピュアで普遍的な体験だ。抽象的なものや外面的なものがすべてタブレットから剥ぎ取られ、ユーザーとアプリが間にまったく何もない状態で向き合うこととなる。それはまた、すばらしく、よく考え抜かれた、人間的なソフトウェアがタブレットではよりすばらしく見え、ひどく、十分に詰められていないソフトウェアがより不快な印象を与える理由でもあるのだ。(それはまたアップルが Lion にフルスクリーンモードを持ち込んだ理由とも関係していると私は確信する。)

This makes for a pure and egalitarian experience in a way most products can’t. Tablets strip away the abstractions or externalities, it’s just you and an app with absolutely nothing in-between. This is part of the reason why great, thoughtfully designed, humane software seems even more amazing on a tablet, while bad, poorly conceived software seems even more offensive. (I’m sure all that also had something to do with why Apple created full-screen mode in Lion.)

     *     *     *

iPad の新しいスクリーン

したがって iPad のようなデバイスが登場すると、単にアプリケーションが表示されるのではなく、アプリケーションそのものに変化する。スクリーンを根本的に変更することは、体験そのものを根本的に変えてしまうのだ。新しい iPad のようにスクリーンが劇的に変化すると、デバイスそのものが完全に変化してしまう。

So when a device comes along like the iPad that doesn’t just display the application, but actually becomes the application, radically improving its screen radically improves the experience. And when a device’s screen is as radically improved as the display in the new iPad, the device itself is fundamentally changed.

     *     *     *

もう元には戻れない

新しい iPad を触ってみて分かったいちばん興味深かいこと — それは Retina ディスプレイのもたらす違いだ。10 インチタブレットでは 3.5 インチフォンとは比べものにならないほど大げさに誇張されて感じる。もちろんその他諸々もあるけれど。それはもはや直線的改良などではない。ピクセルの総体などはるかに超えるものだ。このスクリーンはタブレットの有り様(よう)をすっかり変えてしまった。はっきりいうが、もう元には戻れない!

One of the things I found most interesting playing with the new iPad is that, as it turns out, the difference a Retina Display makes is even more exaggerated on a 10-inch tablet than it is on a 3.5-inch phone — and that’s in addition to everything else. It’s not just a linear improvement, it’s actually greater than the sum of its pixels. This screen has changed what a tablet should be, and trust me, you won’t want to go back.

     *     *     *

Retina ディスプレイを実際に自分の目で確かめてみた Ryan Block の興奮が伝わってくるようだ。

gdgt は Engadget の創業者 Peter Rojas と前編集長 Ryan Block が共同で立ち上げた新しいガジェットサイト。ガジェット通の Block のこの記事は新しい iPad の核心を衝いているのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


iFixit’s First Look at the “iPad 3 Retina Display” | YouTube]

iPad 3 についてその後確たるウワサもないまま3月直前になった。

3月7日ならもうイベントへの招待状が出てもいい頃だ。

それを受けて大手紙が書き始めればそれで決まりだろう。

サプライヤー筋の情報を別にすれば iFixit の解説がオモシロい。MacRumors から提供されたという iPad 3 のものらしい LCD ディスプレイを解析している。

A Tale of Two Displays | iFixit Blog
iFixit’s First Look at the “iPad 3 Retina Display” | YouTube

その結果は冒頭の iFixit の看板娘 MJ の解説ビデオでご覧ください。

どうやらこれで、iFixit が以前から予想していた Retina ディスプレイが確認されたことになるのだろう。

     *     *     *

それにしても、複数モデルや価格設定の話が今になっても何も聞こえてこないのが不思議だ。

iPad 3 の記事ならただちに反応を示す John Gruber や Jim Dalrymple、MG Siegler も、iFixit の記事に対して何も反応を示していない。

ひょっとして Mountain Lion の時と同じように、大手紙だけでなく、これら特定のライターにも新 iPad 3 のデモ機が事前提供されていたりして・・・

アップル解禁までは一切ニュースが出てこないのか、どんな形で誰が最初にニュースを漏らすのか、今後の展開が気に懸かる。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »