Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Remembrance’


[Steve Jobs and Jim Gianopulos by Jochen Siegle | photo

Steve Jobs の思い出を書いた Fox トップの個人的な文章が興味深い。

iTunes の映画配信をめぐって Jobs と激しく争ったことがあるだけに尚更だ。

The Hollywood Reporter: “A Studio Chief Pens Revealing First-Person Steve Jobs Remembrance” by Jim Gianopulos: 13 October 2011

     *     *     *

譲らない Steve

2006 年の春から夏にかけて、Steve Jobs は音楽やテレビ番組だけでなく長編映画も iTunes で販売すべく、Fox はじめ他の映画会社と交渉を行なっていた。Steve を数年来知っているが、彼はいつものように断固として自らの考えを譲らなかった。この場合の考えとは、iTunes で映画をいくらの価格で売り、マーケティングすべきか、彼の忠実な信奉者にどうやって提供すべきかというものだった。

During the spring and summer of 2006, Steve Jobs was negotiating with Fox and other studios to expand iTunes from selling digital music and TV shows to selling feature films. I had known Steve for several years, and as usual, he had very strong views — in this instance, about how movies on iTunes should be priced, marketed and presented to his growing base of devoted followers.

     *     *     *

バカとまではいわないが

残念ながら彼の考えの多くはこれまでの映画会社のものとは一致しなかった。彼はほかの場合と同様、映画会社の連中はバカとはいわないまでも、ラダイト[Luddite:19世紀初頭のイギリスで機械化に反対した熟練労働者たち、技術革新反対者]だと考えていた。私もそのひとりに含まれていた。

Unfortunately, many of those views were inconsistent with existing media, and as was often the case, he thought the studio guys were Luddites (if not idiots). I was one of them.

新しい試みに対するわれわれの懸念になんとか妥協の道はないかと、電話したり、直接会ったりしてとことん何時間も話し合った。我々も熱心だったが、Steve ほどではなかった。9月に予定された発表で、すべての映画会社がひとつになって Steve の大胆でエキサイティングな発表をしてほしいと彼は考えていた。我々も物事を変えたいと思ってはいたが、しかし Steve はすぐに変えたいと望んでいたのだ。

We spent many hours on the phone and in person hashing out ways to reconcile the new offering with our concerns about it. We were very eager to make it work — but nowhere near as eager as Steve, who wanted to corral all the studios and make one of his bold and exciting announcements, which he’d scheduled for September. We wanted to change things; he wanted to change them now.

     *     *     *

避暑地へ逃げ出した

ああでもない、こうでもないと議論しているうちに、夏になった。情け容赦ない Steve[Relentless Steve]から一息つくため、毎年夏に訪れているギリシャ Paros 島の近くの小さな島 Antiparos 島へ逃げ出すことにした。

We argued and debated back and forth into the summer, and as August arrived, we remained a fair distance apart. So, as a respite from Relentless Steve, I sneaked off to my annual retreat on the tiny island of Antiparos, near Paros in Greece.

もうこれで安心だと思った。しかし Steve から逃げ出すなんてことはできなかった。ストーカーのように彼は次のようなメールを送ってきたのだ。

I thought I was safe. But not from Steve. He stalked me, eventually sending this e-mail:

     *     *     *

追いかけてきたメール

Steve Jobs から Jim Gianopulos 宛
2006 年8月26日付

件名:Paros 島まで行くぞ

Jim へ

我々は話を継続する必要がある。電話やメールがダメだというのなら、Paros 島まで行って、海岸を散歩しながら、この件を片付ける必要がある。今はまさにオンライン配信を始めるべき時なのだ。そしてアップルこそそれをなすべき会社だ。キミの助けがいる。

Paros 島の空港に着いたら、キミのところまではどう行けばいいのだろうか?

敬具
スティーブ

From: Steve Jobs
Date: Sat, 26 Aug 2006 16:51:12 -0700
To: Jim Gianopulos
Cc: Steve Jobs

Subject: I’m coming to Paros

Jim,
We need to talk and if that’s not possible over the phone or via e-mail, then I need to come to Paros and go for a walk on the beach with you and resolve this. The time is now to begin creating a new online distribution vehicle for movies, and Apple is the company to do it. I need your help.

How do I find you once I get to the airport on Paros?

Thanks,
Steve

     *     *     *

結局は来なかった

結局このときは Paros 島まで彼はやってこなかった。その後交渉は成立し、我々はすばらしい友人となった。いまでも大切に思っている。

He never made it to Paros, but we eventually made a deal, and it evolved into a great friendship, one that I will always cherish.

     *     *     *

Jobs のタフ・ネゴシエイターぶりを彷彿とさせる。

それにしてもこのメールは強烈だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »