Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Release Date’

やっぱり決算発表が Tim Cook の晴れ舞台のようだ。

The Loop: “Tim Cook: Mountain Lion is coming tomorrow, Wednesday, July 25” by Peter Cohen: 24 July 2012

     *     *     *

Mountain Lion のリリースは7月25日

アップルの第3四半期決算発表から:

From Apple’s third-quarter results statement:

「iPad が6月の四半期に 1700 万台という記録的売り上げだったことに興奮しています。MacBook の全ラインアップをアップデートしたばかりですし、Mountain Lion は明日、iOS 6 は今秋リリースします。また準備中の驚くべき新製品(複数)にもご期待ください」と Tim Cook は語った。

“We’re thrilled with record sales of 17 million iPads in the June quarter,” said Tim Cook, Apple’s CEO. “We’ve also just updated the entire MacBook line, will release Mountain Lion tomorrow and will be launching iOS 6 this Fall. We are also really looking forward to the amazing new products we’ve got in the pipeline.”

     *     *     *

前回と同じスケジュール

さあ、これで分かっただろう。Mountain Lion の発売は明7月25日だ。去年の Lion のときも同じようなスケジュール(決算発表の翌日)だった。

So there you have it, folks. Mountain Lion is due tomorrow, July 25th. Apple staged a similar release schedule last year with Lion (the day after Apple’s third-quarter earnings announcement).

     *     *     *

「驚くべき新製品(複数)」に期待したい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update 2:お気に入りライターの変遷》
Update:ジャーナリストに一対一で説明するアップル》


[Mountain Lion:image

今回の「Mac OS X Mountain Lion」の発表はその時期が意表をついただけでなく、発表の仕方がこれまでとは異なっていた。

Daniel Eran Dilger が興味深い記事を書いている。マイクロソフトのやり方に近づいている、と・・・

AppleInsider: “Mac OS X Mountain Lion release signals shift in secrecy at Apple” by Daniel Eran Dilger: 16 February 2012

     *     *     *

1週間早くジャーナリストへ

Mac OS X の歴史上初めてのことだが、アップルは開発者に対するリリースより1週間早く、ジャーナリストに対して OS の製品ブリーフィングとプレリリースコピーの提供を行なった。これまでアップルは NDA[Non-Disclosure Agreement:守秘義務契約]に署名した開発者にのみプレリリースソフトウェアのアクセスを限定してきた。

For the first time in Mac OS X’s history, Apple has presented journalists with a product briefing and prerelease copy of the operating system one week before making it available to developers. The company has historically reserved access to its prerelease software exclusively for developers who have signed a Non Disclosure Agreement.

     *     *     *

アップルの秘密主義

長年 Windows に対してマイノリティだったアップルは、様々な秘密主義のベールの下に会社を運営することを強いられてきた。製品発表をドラマチックに盛り上げ、他社がすぐには追随できないようにするためだ。しかしモバイル機器については iOS のおかげで他社より5年先を行くことができるようになり、また PC 売り上げの成長も相まって、製品発表戦略においてもアップルは明らかにリーダーの地位を確保するに至っている。

For years, Apple remained a minority alternative to Windows, forcing the company to operate under shrouds of secrecy in order to pull off dramatic product unveilings that its competitors couldn’t immediately copy. However, with the five year head start in mobile devices afforded by iOS, as well as its commanding lead in PC sales growth, Apple is now in a clear leadership position for unveiling product strategies.

     *     *     *

Lion でも

昨年の Mac OS X Lion は Steve Jobs が 2010 年10月に行なったプレビューで公開されたが、新しい OS にメディアが事前にアクセスすることは出来なかった。

Last year’s release of Mac OS X Lion was first publicly unveiled in a preview delivered by Steve Jobs in October 2010, but the media wasn’t given an advanced look at the new software.

新 OS リリースは NDA(守秘義務契約)の下におかれたが、開発者の多くがビルドのリークを行い、それがファイルシェアリングネットワークを通じて広がるのでほとんど実効性がなかった。その結果、Lion についての広報をコントロールできず、新機能の多くがリークされ、Lion リリース時点ではもはやサプライズではなくなったことにアップルは気づかされた。

Instead, Apple kept the release under NDA, a strategy that was largely ineffectual as many developers continued to leak builds that were widely disseminated through file sharing networks. As a result, rather than being able to manage the messaging of Lion, Apple found that many of its new features were leaked out to the point where they weren’t surprises anymore when Lion was actually released.

     *     *     *

NDA(守秘義務契約)の欠陥

Mac OS X Lion の NDA(守秘義務契約)は、ジャーナリストがコメントすることを妨げただけでなく、一般大衆(多くの場合アップル批判者に率いられる)が変更の意味を十分に理解しないまま批判的に検討する結果となった。アップルの NDA は開発者がリリース前にコメントすることも妨げた。

Apple’s NDA policies for Mac OS X Lion were largely just preventing journalists from commenting on the product while allowing the public (often led by Apple’s detractors) to critically examine it, without a full understanding of what the changes meant. Apple’s NDA also prevented developers from commenting on the new software until it was released.

     *     *     *

今回は異なる

Mountain Lion についてアップルはこれまでの伝説的な秘密主義を少し改め、プロモーションの方法を変えて、iPhone 以降のハードウェアと同じやり方のプロモーション — すなわち事前にジャーナリストに見せて、その機能のいくつかを事前に説明するという方法をとった。

For Mountain Lion, Apple has turned down its legendary secrecy and has instead started promoting its software the same way it has promoted hardware since the iPhone, offering journalists an early and curated demonstration of its features.

     *     *     *

これまでも前例はある

未発表のアップル新製品のプレビューが行なわれたのは Apple TV が最初で、その数か月後の 2007 年初めに iPhone でも同じことが行なわれた。どちらの製品も発売の数か月前に Jobs 自身が詳細な説明を行なった。アップルとしては珍しいことだった。

Apple’s first major preview of an unannounced product in recent years was Apple TV, followed by the iPhone a few months later at the beginning of 2007. Both products were detailed by Jobs several months before they were available for sale, an uncommon event for Apple.

他のアップル製品については、新型マックも、iPhone の後継機も、iPad や iPad 2 についても、これまでと同じく発売直前に発表するという典型的なやり方がとられた。

Other products, including most new Macs, successive iPhones, the iPad and its iPad 2 successor, have all typically been unveiled to the public just before they were available for purchase.

     *     *     *

iOS デバイスではすでに

最近の iOS デバイスやマックについては Jobs は新しい試みをしている。いろいろなジャーナリストにプレリリース機を渡して、事前のレビューをさせたのだ。今やアップルは Mountain Lion のソフトウェアについても同じ戦術を試みている。すべてを秘密主義のベールで包む代わりに、間もなく公開される機能についてはちゃんとしたチャンネルで期待を高めようと希望しているのだ。

With the release of recent iOS devices and Macs, Jobs tried something new: he issued prerelease units to a variety of journalists to review in advance. Apple is now trying the same tactic in software with Mountain Lion, hoping to build anticipation for upcoming features through legitimate channels rather than trying to keep everything a secret.

     *     *     *

マイクロソフトと同じやり方

マイクロソフトはその歴史を通じて終始このやり方をとってきた。しかし発表時期がどんどん遡り、2年以上も前にソフトのプロモーションを行なうようになったので、この戦略は「ベイパーウェア」と貶されるようになった。Mountain Lion はこれに対して4か月後にはリリースされるものと期待されている。

Microsoft has done this throughout its history, although it has typically worked to unveil its plans far further out, often starting to promote its software plans two years in advance, a strategy denigrated with the term “vaporware.” In contrast, Mountain Lion is expected to ship less than four months from now.

     *     *     *

このあと Dilger は、20年目に入った Mac OS X プラットフォームが18か月サイクルの開発目標をとるようになったことについても詳しく述べている。

アップルの成功と成熟、トップの交代は秘密主義の壁にも穴をあけそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ジャーナリストに一対一で説明するアップル

技術各紙やブログが、アップルの解禁を受けて一斉に Mountain Lion について報じる様は壮観だ。

Daring Fireball [John Gruber]
The Loop [Jim Dalrymple]
Macworld [Jason Snell]
The Verge [Nilay Patel]
Engadget [Brian Heater]
AllThingsD [Arik Hesseldahl]
TechCrunch [MG Siegler]
CNET [Josh Lowensohn]
The Wall Street Journal [Jessica E. Vascellaro]

アップルの作戦が図に当たったということだろう。

どの技術メディアの誰をアップルが念頭においているのかも垣間見えてはなはだ興味深い。

なかでもバツグンにオモシロいのが John Gruber だ。

アップルの説明会の雰囲気がどうだったのか、まるで映画の一場面を見るように描写している。

Daring Fireball: “Mountain Lion” by John Gruber: 16 February 2012

     *     *     *

John Gruber の体験

「これまでとはちょっと違ったやり方をしています」と Phil Schiller は私にいった。

“We’re starting to do some things differently,” Phil Schiller said to me.

一週間ほど前、快適なマンハッタンのホテルのスイートに座っていた。数日前にアップル広報から私的な「製品ブリーフィング」を行なうからといって呼び出されたのだ。何の会合なのか、何についてなのか見当もつかなかった。どんな流れになるかさえさっぱり分からなかった。自分にとってまったく初めてのことだったが、アップルにとってもそうだと思う。

We were sitting in a comfortable hotel suite in Manhattan just over a week ago. I’d been summoned a few days earlier by Apple PR with the offer of a private “product briefing”. I had no idea heading into the meeting what it was about. I had no idea how it would be conducted. This was new territory for me, and I think, for Apple.

iPad 3 がらみの話でないことは分かっていた。それならカリフォルニアでの全力投球のイベントになるはずだ。もしかして MacBook の Retina ディスプレイかとも考えたが、まったく当てずっぽうだったし、間違っていた。それは Mac OS X — いまやアップルが OS X と呼んでいるものだった。その会合自体はアップルの製品発表イベントと同じように進められた。ただし劇場スタイルの講堂とステージの代わりに、ソファと、イスと、iMac と、それにソニーの HDTV に繋がれた Apple TV だけだった。部屋を埋めるライターやジャーナリスト、アナリストの代わりに、私と Schiller とあとアップルから2人だけ(製品マーケティングの Brian Croll と広報の Bill Evans)。(少なくとも私の経験では、よく連携をとった製品マーケティングと広報の連中の区別は外見からは分からない。)

I knew it wasn’t about the iPad 3 — that would get a full-force press event in California. Perhaps new retina display MacBooks, I thought. But that was just a wild guess, and it was wrong. It was about Mac OS X — or, as Apple now calls it almost everywhere, OS X. The meeting was structured and conducted very much like an Apple product announcement event. But instead of an auditorium with a stage and theater seating, it was simply with a couch, a chair, an iMac, and an Apple TV hooked up to a Sony HDTV. And instead of a room full of writers, journalists, and analysts, it was just me, Schiller, and two others from Apple — Brian Croll from product marketing and Bill Evans from PR. (From the outside, at least in my own experience, Apple’s product marketing and PR people are so well-coordinated that it’s hard to discern the difference between the two.)

握手と社交辞令、おいしいコーヒー・・・そしてたったひとりのためのアップルイベントが始まった。Moscone West や Yerba Buena Center のステージで映してもおかしくないキーノートスライドが私たちの前におかれた大きな iMac に映し出される。本日のテーマ(「今日は OS X についてお見せしたいのです」)のプレゼンテーションが始まった。過去数年にわたる Mac の成功(直近の四半期で 520 万台売れた)、PC 産業全体を凌駕する過去 23 四半期の売上高、Mac ユーザーと Mac App Store のすばらしい伸び、Lion への急速な移行など。

Handshakes, a few pleasantries, good hot coffee, and then, well, then I got an Apple press event for one. Keynote slides that would have looked perfect had they been projected on stage at Moscone West or the Yerba Buena Center, but instead were shown on a big iMac on a coffee table in front of us. A presentation that started with the day’s focus (“We wanted you here today to talk about OS X”) and a review of the Mac’s success over the past few years (5.2 million Macs sold last quarter; 23 (soon to be 24) consecutive quarters of sales growth exceeding the overall PC industry; tremendous uptake among Mac users of the Mac App Store and the rapid adoption of Lion).

そして本番の Mac OS X — じゃなかった、OS X だった — が 年に一度のメジャーアップデートで iOS 風になる。今年の夏アップデートの予定で、いよいよ開発者向けプレビューのリリースがの準備が整ったというわけ。名前は「Mountain Lion」だ。 

And then the reveal: Mac OS X — sorry, OS X — is going on an iOS-esque one-major-update-per-year development schedule. This year’s update is scheduled for release in the summer, and is ready now for a developer preview release. Its name is Mountain Lion.1

たくさんの新機能のうち、今日は10だけを紹介するといわれた。これってまるで本物のアップルイベントのようじゃないかと心中考えていた。Lion のときと同じように Mountain Lion も iPad の方向へ進化している。しかし昨年の Lion がそうだったように、iOS とアイデアやコンセプトを共有することがポイントで、具体的プロセスのデザインやコードそのものを共有するのではないのだ。「Windows」や「マイクロソフト」ということばは一度も出なかったが状況は明らかだ。アップルはキーボード/マウス/ポインターのための Mac ソフトと、タッチスクリーンのための iPad ソフトをハッキリ区別している。Mountain Lion は Mac と iPad を統合する OS に向けたステップではない。むしろ、根本的にはっきりと区別される2つの OS の間で、コンセプトやスタイル、原則を共有しようとする方向に向けた別のステップなのだ。

There are many new features, I’m told, but today they’re going to focus on telling me about ten of them. This is just like an Apple event, I keep thinking. Just like with Lion, Mountain Lion is evolving in the direction of the iPad. But, just as with Lion last year, it’s about sharing ideas and concepts with iOS, not sharing the exact same interaction design or code. The words “Windows” and “Microsoft” are never mentioned, but the insinuation is clear: Apple sees a fundamental difference between software for the keyboard-and-mouse-pointer Mac and that for the touchscreen iPad. Mountain Lion is not a step towards a single OS that powers both the Mac and iPad, but rather another in a series of steps toward defining a set of shared concepts, styles, and principles between two fundamentally distinct OSes.

     *     *     *

こんな感じで記事は続くのだが、アップルギークの Gruber にとってもこれが異例のことだという興奮が伝わってくる。

こんなプレゼンテーションをやってもらえたラッキーなギークが Gruber の他にどれほどいたのか興味のあるところだ。

少なくともアップルのやり方が変わってきていることは間違いなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》お気に入りライターの変遷(2月18日)


David Pogue のツィート

Mountain Lion が一斉に報じられる中で NY タイムズの遅れが今回は突出していた。

Foxconn 叩きの記事のせいでアップルと NY タイムズとの間に溝が生じたからだとワシントン・ポストは指摘している。

しかし David Pogue は自分のツィートで1週間前から使っていると書いており、Mountain Lion の詳細なフォローもしている。

NYTimes.com: “Apple’s Mountain Lion Makes the Mac More Like the iPad” by David Pogue: 16 February 2012

     *     *     *

David Pogue のイントロ

アップルはマックのことを後回しにしているというのがもっぱらのウワサだったが、木曜日の発表を見る限りそんなことはなさそうだ。今後アップルは毎年1回 Mac OS X のアップデートを行なうのだそうだ。

There had been rumors swirling that Apple was back-burnering the Mac, but that’s hard to believe after Thursday’s announcement: from now on, Apple will update Mac OS X once a year.

今年の夏に「Mountain Lion」というコード名の Mac OS X 10.8 を出すのが始まりだ。ほんの1年前に Lion バージョンを出したばかりなのに。

It will start this summer with Mac OS X 10.8, code-named Mountain Lion, only a year after the Lion version was released.

これから消費者は毎年1回キビシい決断を迫られることになる。最新状態を維持するという特典のために毎年 30 ドル(あるいはアップルが課する料金を)支払うかどうかという決断だ。

Now you’ll have to decide once a year whether or not to succumb to paying annually the $30 (or whatever Apple winds up charging) for the privilege of remaining current.

しかし一番のショックは、Mountain Lion の初期の初期のバージョンを、アップルとしては初めて技術ライターに提供することしたことだ。それも一般公開の数か月前というだけでない。開発コミュニティ(プログラマ)にリリースされるのよりさらに早くなのだ。

The real shocker, though, is that for the first time, Apple decided to give tech reviewers an early, early version of Mountain Lion — not just months before its release to the public, but even before its release to its developer (programmer) community.

     *     *     *

後書きでもうひとこと

混乱をもたらすことなしに毎年夏に一度というペースで、どうやってアップルが Mac OS X に変更を加えることができるのか疑問だ。

You have to wonder how Apple intends to keep up this pace of change to Mac OS X every summer without gunking it up.

また Mac OS X のバージョン番号どうなるのだろうか。すでにバージョン 10.8 になっている。(実際のところアップルの連中はこういっている。Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11、Mac OS X 10.12 と少数点以下2桁になってもなんら問題ないと。)

You also have to wonder how Apple will keep numbering Mac OS X, since it’s already at version 10.8. (Actually, Apple’s people told me: They have no problem with double-digit decimal points, like Mac OS X 10.10, Mac OS X 10.11, and Mac OS X 10.12.)

もっと大きい疑問は、ネコ科の名前をずっと見つけられるかどうかだ。Mac OS X Bobcat や Mac OS X Cougar、Mac OS X Really Fat Tabby なんてことになるのだろうか?

The bigger question is how long it can keep coming up with big cat names. Mac OS X Bobcat? Mac OS X Cougar? Mac OS X Really Fat Tabby?

【編集後記】David Pogue は技術関係の書籍を執筆している。Mac OS のハウツーガイドもそれに含まれる。これらのプロジェクトは当該製品メーカーからの協力を得て書かれたものではない。そのためのコミッションももらってはいない。

Editors’ Note: David Pogue writes books about technology, including how-to guides, among them titles covering the Mac operating system. These projects are neither commissioned by nor written in cooperation with the product manufacturers.

     *     *     *

一読して David Pogue の穏やかならぬ心中がにじみ出ているようだ。

本文の Mountain Lion の紹介の部分はいつもの Pogue らしくとても分かりやすくていい説明になっているだけに対照的だ。

編集後記に至っては、Pogue はアップルとは関係ありませんと NY タイムズがケンカを売っているような感じ。

「一番のショック」云々が、これまで与えられていた(みんなもそう信じていた)アップルの特別待遇から自分が外され、他の技術ライターにその特典が与えられたことに対するホンネが出たわけでもあるまいが・・・

     *     *     *

Steve Jobs の草創期の頃からアップルに関するニュースの御三家といえば NY タイムズ(John Markoff)、WSJ(Walt Mossberg)、ニューズウィーク(Steven Levy)と決まっていた。

Jobs のアップル復帰後も、多少の変動はあってもそれは続いていた。(John Markoff が David Pogue に変わり、Ed Baig が加わったが。)

そんなひとりの Pogue が外されたことをどう捉えていいのか。[注:そうではなかった? こちら参照

Foxconn 報道の影響だけでなく、トップの交代とともにアップルお気に入りのライターにも変化の波が押し寄せたのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPhone 5 ?:image

Update:iPad 3 はどうなる?》

今年の WWDC ではお預けとなった iPhone 5 だが、発表は9月になると Bloomberg がいっている。

Bloomberg: “Apple Preparing Faster IPhone for September” by By Tim Culpan, Peter Burrows and Adam Satariano: 22 June 2011

     *     *     *

iPhone 5 は9月に登場

事情に詳しい2人のソースによれば、アップルはより強力なチップと高性能カメラを搭載した新 iPhone を9月に出す計画だという。

Apple Inc. (AAPL) plans to introduce a new iPhone in September that boasts a stronger chip for processing data and a more advanced camera, according to two people familiar with the plans.

     *     *     *

A5 プロセッサ、8メガピクセルカメラ

匿名希望の2人のソースによれば、新しい iPhone は、強力な A5 プロセッサ(iPad 2 が使っているものと同じ)および8メガピクセルカメラ(iPhone 4 は5メガピクセル)を搭載することになるという。またソースのひとりは、iPhone 4 と同じ高解像度のスクリーンを使用した iPad の新モデルをアップルがテスト中だという。

The device will include the A5 processor, the more powerful chip that Apple added to the iPad 2 earlier this year, along with an 8-megapixel camera, up from the 5-megapixel model in the iPhone 4, said the people, who asked not to be identified because the details aren’t public. Apple is also testing a new version of the iPad that has a higher resolution screen, similar to the one now used in the iPhone 4, one of the people said.

     *     *     *

収入の半分を稼ぐ iPhone

アップルのベストセラーである iPhone は、前四半期の収入のほぼ半分にも達する。高速のチップを搭載することでデータのダウンロードの速度も速くなり、グーグル Android を搭載したサムスンなど他社の端末機への対抗にもなる。

The iPhone is Apple’s top seller, accounting for half of revenue last quarter. A faster chip will enable speedier data downloads and help the device vie with handsets being introduced by rivals such as Samsung Electronics Co. that are powered by Google Inc. (GOOG)’s Android software. […]

     *     *     *

コード名 Telluride

新しい iPhone は今月 WWDC で発表された iOS 5 を搭載することになる。ソースのひとりによれば、「Telluride」というコード名で呼ばれるこの OS は、すでに発表済みのメッセージやフォトシェアリングの進化機能を備え、すべてのモバイルデバイスで動くという。iPad、iPhone、iPod touch は昨年末まではそれぞれ異なるバージョンの iOS を使っていた。

The new phone will run the iOS 5 operating system Apple previewed at a developer’s conference this month. Codenamed “Telluride,” it will feature already-announced features such as improved messaging and photo-sharing, one person said. It’s also designed to run on all of Apple’s mobile devices, this person said. Until late last year, iPads, iPhones and iPod touches used slightly different versions of iOS.

     *     *     *

iOS 5 発売までずらした

アップルは次世代 iPhone 5 の発表を iOS 5 発売と同じ時期まで延期したのだと、このソースはいう。

Apple pushed back the release of the next iPhone — its fifth — to coincide with the release of the new iOS 5, the people said.

     *     *     *

廉価版 iPhone も

アップルはまた開発途上国向けに廉価版の iPhone を開発中であり、現在の iPhone 4 と同じようなチップとディスプレイを使ったものだ、とこのソースはいう。アップルが小型の廉価版を開発中であることは2月に話題になっている。

Apple is also working to finish a cheaper version of the iPhone aimed at attracting customers in developing countries, the people said. This device would use chips and displays of similar quality to today’s iPhone 4, the people said. Apple’s work on a smaller, lower-priced version of the device was discussed by people familiar with the matter in February.

     *     *     *

解像度が増す新 iPad

新しい iPad は、いまの iPad 2 より3割増のスクリーンの解像度を持ち、タッチスクリーンの反応もよくなると、ソースのひとりはいう。

The screen resolution on Apple’s new iPad would be about one-third higher than that of the iPad 2 and will boast a more responsive touchscreen, one of the people said.

     *     *     *

フォームファクタは現行モデルと同じ

新 iPhone の形状は iPhone 4 に非常によく似ているそうだ。

The new iPhone will closely resemble the iPhone 4, the people said.

     *     *     *

まったく新しいデザインになるというウワサ(ここここ)とは違って、現行モデルとあまり代わり映えのしないデザインのようだ。

Bloomberg が9月といっているところがミソか・・・

iPhone 5 についてはこれまでも様々な画像や情報がリークされているが、Know Your Mobile がこれまでのリーク画像を集めていておもしろい。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》iPad 3 はどうなる?(6月23日)


[iPad 3 – Retina Display:image

大手の Bloomberg まで iPhone 5 のウワサを載せるようになった。

記事のライターの中に Peter Burrows の名前があることに注目した。Burrows が書いていた BusinessWeek[後に Bloomberg に吸収された]は、いつもウラ取りをした記事を載せていた。iPhone 5 もいよいよウワサの域を出たかと感じたわけ。

この記事については John Gruber も反応を示している。iPad に関する部分についてだが、次のように述べている。

Daring Fireball: “Bloomberg Apple Rumor Dump” by John Gruber: 22 June 2011

ハイレゾの部分は納得だが、3割増の部分は頂けない

Higher-res makes sense to me. “One-third higher” makes no sense to me.

Gruber がリンクしているのは彼が2月に書いた iPad 3 の予測記事だ。入院中のベッドで読んで強い印象を受けた記憶がある。9月という話を聞くたびにこの記事を思い出す。

長文の記事だが Gruber の基本的考え方に触れているので、この機会にサワリのところだけでも紹介しておきたい。

Daring Fireball: “The Next Six Months” by John Gruber: 09 February 2011

     *     *     *

パーソナル・コンピューティングの未来は今後の6か月で決まると Gruber はいう。「ポスト PC の時代」はすでに始まっている、iPad がその道をひたはしっているからだ。アップルに続くのは、グーグル、RIM、モトローラ、デル、サムスン、HP などだ。(マイクロソフトはない。)これから6か月後には、4つのタブレットのプラットフォームが競い合うことになる。iOS、 Android、WebOS、Playbook の4つというわけだ。

そこにアップルの新製品投入サイクル(クリスマス商戦を控えた9月に新 iPod ラインナップ、6月の WWDC で新 iPhone 発表するのがこれまでの常)を重ねるとどうなるか。

2011 年に出荷される iPad に関する Gruber の推測はつぎのように大胆なものだった。iPad 2 発表の1か月前ということを考えてもそのインパクトは大きい。

     *     *     *

2011 年の iPad 投入サイクル

2011 年の iPad 出荷計画に関する私の推測はつぎのとおり。

So, here’s my guess at Apple’s iPad plans for 2011:

iPad 2:もうすぐ。3月発表、4月第1週出荷か。より速く(RAM も、多分ストレージも増える)、より薄く、より軽く。カメラは前面に1台。iOS 4.3 搭載。

▪An iPad 2, fairly soon. Say, a March announcement, shipping in the first week of April. Faster, more RAM, maybe more storage, thinner and lighter, a front-facing camera.1 Running iOS 4.3.

iOS 5:3月のデベロッパ向けイベントで発表、出荷は6月。

iOS 5, announced at a developer event in March, shipping in June.

iPad 3:9月出荷、iPod イベントで発表。次世代 iPod Touch と同じく iOS 5.1 を搭載。

iPad 3, shipping in September, announced at the annual iPod event. Running iOS 5.1, same as the next-generation iPod Touch.

     *     *     *

ハイエンドモデル?

第2世代の iPad を投入して半年しか経たないのにどうしてアップルは第3世代の iPad を投入したりできるだろうか。それは次世代モデルというよりは iPad 2.5 ないしは iPad 2 Pro みたいなものかもしれない。iPad 2 モデル(現時点ではまだ発表されてはいないけれども)の次世代代替機(replacement)ではなく、むしろ iPad ファミリーのハイエンドモデルともいうべきものかもしれない。

How could Apple release a third-generation iPad just six months or so after the second one? Maybe it won’t be an actual next generation model. Maybe it’s more like an iPad 2.5, or iPad 2 Pro — a new higher-end model that sits atop the iPad product family, not a replacement for the iPad 2 models (which, of course, haven’t even been released yet).

     *     *     *

2倍の解像度?

それとも iPad 2 HD か? 次世代 iPad のディスプレイについて錯綜し、相矛盾したウワサがあるのもそのせいではないか。自分としては iPad 2 が現行モデルと同じサイズで同じ解像度のディスプレイになることは絶対間違いないと思っている。しかしその倍の解像度 2048 × 1536 の iPad が 2011年中に出るかどうかとなると自信はない。これは技術的に見て意欲的な出荷スケジュールだろうか? もちろんだ。しかしアップルは将来の部品(詳細不明)について40億ドルの投資をしている。Tim Cook が先期の決算報告で明らかにした。[iPad が Retina ディスプレイを搭載するのは意外と早いのではないか・・・]

Or: an iPad 2 HD. What if that’s the source of the conflicting reports of a retina display next-gen iPad? I am nearly dead certain the iPad 2 is going to have the same display resolution and size as the current iPad. I am not so sure at all, though, that there won’t be a double-resolution 2048 × 1536 iPad in 2011. Is that a technically aggressive release schedule? Absolutely. But Apple has invested $4 billion on some sort of unspecified components for future products. Tim Cook, during last month’s quarterly analyst call: […]

     *     *     *

マーケットポテンシャル

こういうと大言壮語に聞こえてしまうかもしれないが、マーケットにおける iPad と iPhone の潜在的可能性(market potential)は、これまでアップルが発表したいかなる製品よりも大きいと思う。二つともパーソナル・コンピューティングにおける次世代のマイクロソフトとインテルになるチャンスがある。ソフトウェアプラットフォームのベンダーとしても、ハードウェアメーカーとしても、大きく利益をあげる可能性がある。私の推論は非現実的で、現実より希望的観測に傾いているかもしれない。しかしアップルが同じ可能性を見て、大きく賭けていることは間違いない。アップルは可能な限り iPad のハードウェアスペックを高めるべくガソリンの最後の一滴まで使い切る覚悟だろう。

I don’t know how to say this without sounding hyperbolic, but the iPad and iPhone have more market potential than any products Apple has ever released. They have the chance to be both the Microsoft and the Intel of the next generation of personal computing — profiting, wildly, both as the software platform vendor and hardware seller. Maybe my guesswork here is unrealistic, and driven more by what I’d like to see than what I should actually expect. But I’m certain that Apple sees the potential and the high stakes. They’re not going to leave any gas in the tank pushing the iPad hardware specs forward as fast as they can.

     *     *     *

まだ iPad 2 すら発表されていないときだったが、この記事がきっかけで一気に iPad 3 のウワサが吹き出した。(こちらこちら

Retina Display についての彼の考え方も注目されるが、こちらは次の記事ををお読みください。

Daring Fireball: “Cold Water on the iPad 2 Retina Display Hype” by John Gruber: 18 January 2011

     *     *     *

その後大地震・大津波・原発事故が日本を襲った。

世界のサプライチェーンとして、日本でしか製造できない Retina ディスプレイなどの部品供給がどうなるか大きな注目を浴びた。

Gruber の思い描いたアップルの製品発表サイクルとてその影響を受けずにはおれない。

iPhone 5 の9月発表を Bloomberg まで口にするようになったところをみると、大震災前に Gruber が思い描いた方向へ動き出しているのかもしれない。

Read Full Post »