Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Re/Code’

Update:渦中の2人のインタビュー》

iovine-master675

[ジョン・レノンと一緒の Jimmy Iovine:photo

30億ドルという巨額なのに、これまでのシリコンバレーの常識とは違う買収話にみんなが戸惑っている。

NY タイムズの記事が興味深い。

NYTimes.com: “Jimmy Iovine, a Master of Beats, Lends Apple a Skilled Ear” by Ben Sisario: 28 May 2014

     *     *     *

ジョン・レノンのお茶汲み

アップルの新しい音楽の大立て者 Jimmy Iovine[ジミー・アイオヴィーン]の経歴、はこれまでのシリコンバレーの大物たちと違ってプログラミングやコンピュータエンジニアリングの背景ではない。ニューヨーク市のレコードスタジオの床拭きやジョン・レノンのお茶汲みから始まっている。

CUPERTINO, Calif. — Apple’s new music impresario, Jimmy Iovine, didn’t start out writing code or studying computer engineering, the usual path of a Silicon Valley mogul. Instead, his career began sweeping floors at New York City recording studios and fetching tea for John Lennon.

     *     *     *

大きな賭け

しかしアップルは Iovine 氏の40年にわたるレコード業界での隠れた働き、流行を見つける才能、アーチストたちの信頼が、ジョブズの死後3年近くたったアップルの音楽ビジネスを活性化してくれることに大きく賭けたのだ。

But Apple is betting that Mr. Iovine’s four decades in the trenches of the recording industry, his knack for trend-spotting and his credibility with artists will help the company rejuvenate its music business nearly three years after the death of its co-founder, Steven P. Jobs.

     *     *     *

[How Beats Helps Apple | YouTube

     *     *     *

名前の読み方に注をつけるところにも、Iovine がシリコンバレーのテクノロジーの世界から異質な存在だったことが見て取れる。

ジョン・レノンの付き人的な仕事から始まって、レコード業界やタレントを熟知した Iovine の様子が語られる。

Bruce Springsteen、U2、Eminem を手がけ、いち早くラップの未来を見抜き、レディー・ガガに賭けた。

大衆マーケットの好みを察知する鋭い才能も持ち合わせる彼にアップルが大きく期待している様子も触れられている。

アップルに注入される新しい血はどのような途をたどるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》渦中の2人のインタビュー(5月31日)

Eddy Cue, Jimmy Iovine, Apple, Beats Music, Code Conference

[Eddy Cue and Jimmy Iovine at the Code Conference – Full Session Video

アップルの Beats 買収発表の数時間後に行なわれた Re/Code のインタビュー。

渦中の2人、Eddy Cue と Jimmy Iovine がたっぷり語る。

Eddy Cue の雄弁は予想外だが、それにも増して Jimmy Iovine が雄弁だ。

何がアップルをこの買収話に突き動かしたか — このフルセッションは見応えがある。

・すべては音楽

・音楽はサウンドだ

・キュレーションがとても大切

 アルバム作りそのものがキュレーション
 つぎに何を聴くか — それがプレイリストであり、キュレーションだ

ビデオを見ながらいつも追いかけているアップル系ニュースのことを考えていた。

John Gruber や Jim Dalrymple といった目利きが数多のニュースの中から掬い上げてくる記事の数々。これぞまさにキュレーションだ。

世界中のニュース一覧がグーグルニュースやヤフーニュースで見れることで事足りるのではない。

限られた時間の中で読むに値する記事を見つけてくることに意味がある。

それを可能にしてくれるのが優れたキュレーターでありキュレーションだ。

どうやら同じことを音楽でやっているのが Jimmy Iovine らしい。

長時間のインタビューだが、(WWDC 直前の時間を割いて)このフルセッションを見る価値は十分にある。

アップルが目指しているものを知るうえでも・・・

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:Re/Code

     *     *     *

追記:Marco Arment の感想

Re/Code のインタビュービデオを見た Marco Arment が次のようにコメントしている。

Marco.org: “Full video of Eddy Cue and Jimmy Iovine at Re/code” by Marco Arment: 30 May 2014

     *     *     *

カリスマ

自分は Jimmy Iovine のことをこれまでよく知らなかった。しかしアップルにとって彼を獲得することがカネにかえられないことがよく分かった。

I wasn’t familiar with Jimmy Iovine before, but I’m convinced that getting him to Apple was worth any price.

これを見て 2011 年以来アップルの公式の顔やイベントに欠けていたものが確信できた。それはカリスマだ。

Seeing this has made me realize what Apple’s public face and events have been sorely lacking since 2011: charisma.

     *     *     *

同感するところが大きい・・・

Read Full Post »