Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Quanta’


[アマゾンタブレット?:mockup

以前アマゾンタブレットについてスクープした MG Siegler が、米国時間明日発表予定の Kindle タブレットについて早速スクープしている。

TechCrunch: “On Wednesday, Amazon Will Unveil The ‘Kindle Fire‘” by MG Siegler: 26 September 2011

     *     *     *

「Kindle Fire」

アマゾンは水曜日午前にニューヨーク市で「Kindle Fire」を発表する。そうだ、それがアマゾンが決めた新しい名前だ。まだ十分使われ、売れているこれまでの E-Ink の Kindle と区別するためにつけた名前だ。アマゾンの CEO Jeff Bezos がステージで Fire をお披露目する。ただし11月第2週まで出荷はされないそうだ。

On Wednesday morning in New York City, Amazon will unveil the Kindle Fire. Yes, this is the name Amazon has settled on, to help differentiate the product from the e-ink Kindles, which will still be very much alive and for sale. And while Amazon CEO Jeff Bezos will show off the Fire on stage, it won’t be ready to ship until the second week of November, we’ve learned.

ハードウェアは以前報告したものと同じだ。7インチのバックライトディスプレイタブレットで BlackBerry の PlayBook によく似ている。

Everything we’ve previously reported on the hardware remains the same. It will be a 7-inch backlit display tablet that looks similar to the BlackBerry PlayBook. […]

     *     *     *

新しいアマゾンタブレットが PlayBook の血を引くものであることを Ryan Block も詳細に触れている。

gadget: “The Amazon tablet will look like a PlayBook — because it basically is.” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

PlayBook の Quanta がデザイン・製造

私のソース(複数)によれば、当初 RIM は PlayBook のデザインと製造を巨大 ODM[original design manufacture]の Quanta にアウトソースした。Quanta はブランドメーカー向けのハードウェアを製造する会社だが、ときにはデザインもする。アマゾンが Android タブレットを作る段になったとき — それは直近の iPad の成功というよりはダークホース的 Nook Color に触発されたものだが — アマゾンの Kindle グループ(別名 Lab 126)はそのプロジェクトに参加せず、E-Ink ベースモデルの開発に専念する方を選んだ。

My sources tell me that RIM originally outsourced much of the hardware design and production of the PlayBook (gdgt.com­/rim­/blackberry­/playbook/) to mega-ODM Quanta — a company that builds, and sometimes helps design, hardware for name brands. The time eventually came that Amazon’s executives decided to do an Android tablet — far likelier to respond to the dark-horse success of the Nook Color (AKA “NOOKcolor”: gdgt.com­/barnes­-noble­/nookcolor/) than to the adjacent success of the iPad — Amazon’s own Kindle group (called Lab 126) apparently opted not to take on the project, in favor of continuing to work solely on next-gen E-Ink-based devices.

その後、アマゾン経営陣は Lab 126 の経験と助けを借りなくてもタブレットは作れると考え、Quanta の助けを借りて、ハードウェアのベースに PlayBook を使い、開発プロセスを省略することにした。もちろん事はそんなに簡単だったわけではないし、アマゾンは問題にも遭遇した。しかし結局のところ遅いプロセッサを採用するなどの犠牲を払ったのだ。

From there, Amazon’s team determined they could build a tablet without the help and experience of Lab 126, so they turned to Quanta, which helped them “shortcut” the development process by using the PlayBook as their hardware template. Of course, it’s never quite that simple, and as I’m told Amazon ran into trouble, and eventually sacrifices were made (like using a slower processor).

     *     *     *

ということは、アマゾンのタブレットはスピードの遅い PlayBook ということか?

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Ryan Block

Read Full Post »