Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Product Line’


[Apple vs. HTC:image

なぜ次からつぎへとスマートフォンを出す必要があるのかと Chris Ziegler がいっている。

The Verge: “A good smartphone comes but once a year” by Chris Ziegler: 23 December 2011

     *     *     *

アップル対 HTC

図で示すと私のいいたいことがよく分かってもらえると思う。アップルと HTC が出した電話を 2010 年から時系列で並べてみた。[冒頭画像]

I think the best way to demonstrate what I’m talking about is with a graphic. Here, we’re taking a look at Apple’s phone releases versus HTC’s since the start of 2010, plotted over time:

これで HTC の電話すべてではない。Windows Phone、Brew MP 製品、それに地域やキャリア限定モデルのいくつかは除いてある。もちろん特段目新しいことをいっているわけではない。アップルが年に一度しか電話をリリースしないことは誰でも知っている。他のメーカーが倦むことなく何ダースもの電話をせっせとリリースしていることも知っている。— しかし図示してみて如何にすごいことか合点が行った。

And this isn’t even every HTC, I’ve left out the Windows Phone and Brew MP products plus a few regional and carrier-specific variants. Clearly, I’m not revealing anything new here — we all know that Apple releases one phone a year while other manufacturers tirelessly pump out dozens — but it really hit home for me just how wild this difference was once I could visualize it.

     *     *     *

顧客を疎外する

誤解してほしくないのだが、これだけたくさんのものをこれだけのペースでリリースしサポートするのに要するエンジニアリングやマーケィングの量は容易ならざるものだ。HTC にしろ、サムスンあるいは他のメーカーにしろ、どうやって現在のようなペースで持続的に技術革新を継続できるのか私には分からない。気の遠くなりそうな話だ。テクノロジーナードやビジネスナードにとってはスゴいことかもしれないが、一般消費者にとっては混乱するだけの話だ。

Don’t get me wrong, the amount of continuous engineering and marketing required to release and support devices at this kind of pace is humbling. I don’t know how HTC, Samsung, or anyone else in this business is able to sustain the pace of iterative innovation that we’re seeing right now — it boggles the mind. But as impressive as it might be to technology and business process nerds, it’s just as upsetting to the average consumer.

なぜか?

Why?

一番いい顧客が敬遠してしまうからだ。

You alienate your best customers. […]

     *     *     *

Chris Ziegler は最後をつぎのように結んでいる。

アップデートは年に一度でいい

簡単なことだ。作るのは大きなハイエンドデバイス、小さなバリューデバイス、それに QWERTY デバイスだけ。あとフォームファクタが特別なものをひとつないし二つ加えてもいい。それだけだ。アップデートは年に一度にして、名前は変えないで同じままにする。

It’s simple: make a large high-end device, a smaller value device, and a QWERTY device. Maybe one or two other specialty form factors, tops. That’s it. Update them once a year, and keep the names the same.

どうせ名前の数は底をついてしまうのだから・・・

Goodness knows you’re running out of names, anyway.

     *     *     *

たしかに図で見ると大きなインパクトがある。

HTC だけでなく他の Android フォンメーカーも全部並べたらスゴいことになりそうだ。

そこに投入されるエネルギーは膨大なものだろう。もはやフラグメンテーションだけが問題ではない。

これだけ選択肢の多いことが果たして消費者にとっていいことなのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update 2:数打ちゃ当たる?》
Update:「選択のパラドックス」》

Android フォンの方が出荷台数において iPhone に勝るのに、収益という意味ではアップルに敵わない理由。

Andrew Kim の説明はこうだ。百聞は一見に如かず・・・

minimally minimal: “Coffee Time: Market Share vs Profit” by Andrew Kim: 16 November 2011

     *     *     *


[iPhone の品揃え]

これがアップルの製品ラインアップ。スリムでシンプルだ。

This is how I like to illustrate this whole scenario. Above is Apple’s product line. Lean and simple.

     *     *     *



[サムスンの品揃え]

これが現在米国で販売されているサムスンの電話だ。判断は読者におまかせするが、サムスンは数多(あまた)ある Android フォンメーカーの1社に過ぎない。他の Android フォンメーカーの品揃えもこんなに複雑なものだ。確かにこの中には Android フォン以外も含まれている。しかしポイントは、アップルの稼ぎのほんの一部に食い込むために他社がどれほどたくさんの電話を作っているかという点だ。

These are the phones Samsung currently sells in the US. You be the judge. Samsung is only one of the many manufacturers selling Android phones and has this complex of a product lineup. And yes, there are non-Android phones in the mix but it shows how many phones other companies make only to make a fraction of what Apple does.

製品ラインアップがシンプルで、絞られて、強力なものであることは、メーカーにとってだけでなく、消費者にとってもいいことなのだ。まじめな話。だって、もしサムスンの電話を買うとしたらいったいどれを選べばいいのだろうか?

I truly feel that a simple, focused and powerful product line is what’s not only better for the company but also consumers. Seriously, if you had to buy a Samsung phone, which would you buy?

     *     *     *

これに Android OS のフラグメンテーションを重ね合わせるとどういうことになるのか?

恐ろしいというか、不毛な努力と言うか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》「選択のパラドックス」(11月19日)

西欧社会の価値観の根底にある「選択肢の多いことが自由を生み、幸せにつながる」という考え方は正しいのか。

心理学者 Barry Schwartz の古典的反論『選択のパラドックス』(The Paradox of Choice – Why More Is Less)がある。このすばらしい TED 講演をぜひとも聞くべきだ。

Barry Schwartz: The paradox of choice | maclalala:annex

なお、この TED 講演にはインタラクティブな Transcript[講演原稿]がついていて、ビデオと文章が一対一で対応できる。

ぜひとも一度ご覧あれ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》数打ちゃ当たる?(11月19日)

MG Siegler のコメントがオモシロい。

parislemon: “digithoughts: Apple vs Samsung Pictures…” by MG Siegler: 18 November 2011

     *     *     *

minimally minimal の画像が意味するところは、アップルならこういうことだ。

Put another way:

グッド[iPhone 3GS] — ベター[iPhone 4] — ベスト[iPhone 4S]

Good (iPhone 3GS) — Better (iPhone 4) — Best (iPhone 4S).

一方サムスンなら、

Vs.

これがおススメです。スクリーンがこちらよりすてきですよ。でも待って、これって遅いな。こっちにしようかな。でもキーボードがついているな。キーボードって好きじゃない。じゃあこれにしたら? Windows フォンですし。でも Android の方がいいかな? それならこれですね。うん、でもクラムシェル型かな。それじゃこれがおススメ。でも色が嫌いだな。OK、それじゃこれですね。う〜ん、これもいいかな。でも Android の古いバージョンだよね。それじゃこれで決まりですね。スクリーンがデカすぎるなあ。チクショー、それじゃ目をつぶって、どれでもいいから手に触ったヤツを持ってけ・・・

You should get this one, it has a nicer screen than this one. But wait, it’s slower. Maybe get this other one. But this one has a keyboard. But I hate keyboards. So get this one, it runs Windows Phone. But maybe I should go Android. Oh, so get this one. Well, but I sort of like the clamshell. Then this is the one you want. But I hate the color. Okay, then this one. Well, I also kind of like this one, but it’s running an older version of Android. So then this is the one you want. The screen is too damn big. Okay, just close your eyes and pick one goddamnit.

選択という響きはすばらしいが、それも実際に選ぶまでの話だ。

Choice sounds great until you have to choose.

Read Full Post »