Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Product Development’


[Iris 9000:image

とうとう Siri 人気でガジェットまで出た(出る)。Siri を使うための音声リモコンだ。

The Loop: “Siri-compatible remote voice control module looks like 2001′s HAL” by Peter Cohen: 25 October 2011

     *     *     *

HAL そっくり

Siri のリモート音声コントロールは「2001 年宇宙の旅」の HAL そっくりだ。

Siri-compatible remote voice control module looks like 2001′s HAL

Siri は iPhone 4S に搭載された音声応答システム。どうしても「2001 年宇宙の旅」の宇宙船ディスカバリー号に搭載された人工知能 HAL と比べてしまう。Iris 9000 は HAL のような形をした音声リモコンだ。この ThinkGeek 社製品によって HAL との距離がまたひとつ縮まった。

Siri, the voice response system built into the iPhone 4S, has inevitably drawn comparisons to HAL, the artificial intelligence on board the spaceship in 2001: A Space Odyssey. ThinkGeek is blurring that line by introducing the Iris 9000, a remote voice control module that looks like HAL.

     *     *     *

離れたところから音声でコントロール

IRIS 9000 の出荷は来年春まで待たなければならないが、この 59.99 ドルのガジェットを使えば、部屋の隅から iPhone 4S をコントロールすることが可能になる。クレードルには iPhone 4S を収納し、マイクロリモコンのボタンを押すことで Siri を起動する。内蔵マイクで 50 フィート[約 15 メートル]離れた声も拾うことができる。

IRIS 9000 won’t ship until next spring, but when it does, the $59.99 gadget will let you control your iPhone 4S from across the room. A cradle holds your iPhone 4S, and a “micro remote” triggers Siri with a button press. A built-in mic picks up your voice and triggers Siri up to 50 feet away.

内蔵スピーカーによって Siri の回答音声を拡大できるほか、Siri の声にあわせて赤いランプが瞬く。

A speaker embedded on the Iris unit amplifies Siri’s spoken responses, and the glowing eye even flickers along with Siri’s voice.

     *     *     *

ポッドベイドアが開くのも

SF ファンの夢がまたひとつ実現した。ポッドベイドア[注]が開くのももう少しだ。

Yes, it’s every sci-fi fan’s dream come true. One step closer to opening the pod bay doors.

[注]人工知能 HAL が初めて人間に反逆するときのやりとりから。そのハイライトシーンはこちら
Dave Bowman: Open the pod bay doors, HAL.
HAL: I’m sorry, Dave. I’m afraid I can’t do that.

     *     *     *

まるで自分の机に HAL が乗るみたいで心が躍る。(今になればレトロ?) プロモーションビデオもぜひご覧あれ。

こういうことを直ちに商品化できる力はどこから生まれるのか・・・

[via Laughing Squid

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Steve Jobs:photo

すべての成功を Steve Jobs に帰するジョブズ神話は正しくないと Adrian Slywotzky はいう。

Harvard Business Review: “Steve Jobs and the Eureka Myth” by Adrian Slywotzky: 29 August 2011

     *     *     *

ヒラメキという神話

アップルから新しいハードやソフトを出るたびに、タートルネックの少数の天才たちが完璧な形をした、この上なくすばらしい新製品を産み出すように見える。外から見るとアップルの秘密のソースは、ヒラメキのデザイン(inspired design)にあるように思われる。(「think different」のこと。)そしてそのデザインからヒラメくマーケティングもだ。言い換えれば、90% がヒラメキ(インスピレーション)で 10% が汗の結晶というわけだ。(最新の iPod や iPad を入手しようと群がる熱心な顧客を見れば分かる。) iPhone 5 だって?「ユーレカ!」(Eureka!:ヒラメいた!)というわけ。

With each launch of another device or application, Apple seems to pull exquisite new products, fully formed, from the minds of a few geniuses in turtlenecks. From the outside, Apple’s secret sauce would seem to be inspired design (read, “think different”); and inspired marketing of that design. In other words, 90% inspiration and 10% perspiration (mostly experienced by eager customers scrambling to get the latest iPod or iPad). iPhone 5? “Eureka!”

しかし真実はだいぶ違うのだ。

The truth is really a lot different.

     *     *     *

社内で徹底的に競わせる

アップルはすべてが「Eureka」(ヒラメキの結果)だと我々に信じ込ませたい。しかし実際には、それぞれの機能について10の完璧な(pixel-perfect)プロトタイプを作り、それらを競わせ、3つに絞り込み、最終的にはひとつに絞り込むのだ。こうして最高に良く出来たものが勝利を収める。内部で徹底的に競えば、外に出たときの競争は大したものでないことをアップルは知っているのだ。

Apple would love us to believe it’s all “Eureka.” But Apple produces 10 pixel-perfect prototypes for each feature. They compete — and are winnowed down to three, then one, resulting in a highly evolved winner. Because Apple knows the more you compete inside, the less you’ll have to compete outside.

     *     *     *

我々の目に見えないもの

アップルのすばらしいデザインにみなウットリさせられる。デバイスもスクリーンも、包装に至るまでみなそうだ。我々はマジシャンが見せたいものを目にしているのだ。我々が目にしないもの、それはレコード会社との18か月に及ぶ交渉だ。3年もかけてサプライチェーンを教育した結果だ。Macbook Air は本当に薄く、軽く、長持ち(10時間のバッテリー)しなければならないと教えた結果・・・。それらが iPhone の偉大なるスクリーン技術と一致したとき、Air/iPhone のハイブリッドである偉大な iPad が初めて爆発したのだ。

We are all mesmerized by Apple’s beautiful design, from device to screen, to the packaging itself. We see what the magicians want us to see. What we don’t see is the 18 months of negotiating with the music companies. Nor the three years of teaching the supply chain that the Macbook Air had to be really thin, really light, and really enduring (10-hour battery). When those improvements intersected with the’s great screen technology, the iPad (that glorious Air/iPhone hybrid) exploded.

     *     *     *

エンジンのないフェラーリ

デバイスの背後に隠された話(backstory)を抜きにすれば、美しくても動けないエンジンのないフェラーリみたいなことになる。アップルに対抗して出したものの成功しなかった Sansa、eReader、Zune などたくさんの例がある。

The device without the backstory is like a Ferrari with no engine inside: beautiful, but going nowhere. Just ask Sansa, eReader, Zune, or dozens of others who’ve gone up against Apple products without success.

     *     *     *

過酷な労働

もちろん、マーケティングもすばらしい。アップルほど注目を集められる会社はない。しかし実現できなければ、藁の炎と同じですぐ燃え尽きる。マジシャンが「ホラ!」というとみんな息をのむ。しかしそれは過酷な労働(back-breaking labor)から目をそらしているのだ。完璧なユーザー体験をもたらすため、毎日何百回も、世界中の300のアップルストアや電話で果てしなく繰り返される過酷な労働から・・・。

And, oh, the marketing: brilliant marketing. No one is better at creating attention than Apple. But attention without fulfillment is a straw fire. The magicians say “Presto!” and we gasp in delight. But they deflect our attention from the back-breaking labor that goes into assuring a perfect customer experience, hundreds of times a day, at 300 stores around the world, and countless conversations on the phone.

     *     *     *

ヒラメキと汗の割合

最初に大きな注目を集められるのはスゴいことだ。しかし、すばらしい経験をしたという無数の話が口伝てで広がることによって初めてマーケットは出来上がる。目眩(めくるめ)く輝きでは事実は説明されない。注意深く見よ。ヒラメキと汗の割合(inspiration/perspiration ratio)こそが真実なのだ。Jobs のリーダーシップの下、アップルは普通の会社の10倍もの課題をこなしてきた。内部の競争、サプライチェーンの教育、終わることなき交渉、いつまでも続くリクルート、訓練、従業員の興奮を掻き立て、いつまでも保ち続けること・・・それは簡単に真似できるものではない。

The initial blast of attention is great. But it’s the massive word-of-mouth ripples of the great experience that make the market. The glitter you see is not the explanation; look carefully, and the inspiration/perspiration ratio is where it should be. Under Jobs’ leadership, Apple has done 10 times the amount of relevant homework of most companies — internal competitions, supply chain training, endless deal-making, endless recruiting, training, and generating and sustaining employee excitement that you just can’t fake.

     *     *     *

みんなが真似すれば

もし他の会社が、そのすべてを真似するなら、よりアップルみたいな会社になるだろう。そして、わが経済も真に活性化するだろう。

If others emulated that, all of that, their results would be a lot more like Apple’s. And our economy would start really humming again.

     *     *     *

ヒラメキの陰に隠された汗の結晶こそ、「ジョブズの最高傑作はアップルそのもの」と言わしめた理由なのかもしれない。

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »