Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Prediction’

Update:エントリー価格は 329 ドル?》

[iPad mini by Martin Hajek:image

バツグンの的中率を誇る John Gruber が小型 iPad の直前予想をしている。

ディスプレイ、価格、名称の3点に絞ったもので、いつもながらその考え方は説得力があるように思える。

Daring Fireball: “Thoughts on the Display, Price, and Name of the Impending Smaller iPad” by John Gruber: 18 October 2012

     *     *     *

Retina ディスプレイでない新 iPad なんて考えられるだろうか?

How Can the New iPad Not Have a Retina Display?

この疑問の背後にある考え方はこういうことだ — iPad (3) は Retina だし、iPhone や iPod Touch も2年近くそうだ。だとしたらアップルが Retina でない新製品を出すなんて考えられるだろうか。たしかに筋は通っている。しかし次の点も考慮すべきだ。どの iOS デバイスも最初に登場したときは Retina ディスプレイではなかった。Retina 化には2年から3年を要したという点を・・・

The thinking behind this question usually goes like this: the iPad (3) has a retina display and the iPhone and iPod Touch have had them for two years, so how can Apple introduce a new device without one? That’s perfectly logical. But consider this: each new iOS mobile device has debuted with a non-retina display, and then went retina two or three years later.

     *     *     *

トレードオフ

別の視点から見れば、アップルはトレードオフを考慮して決定しなければならないのだ。最新の iPad (3) の最大のウリはディスプレイだ。大きくて非常に明るいディスプレイはそれだけパワーを食うので、iPad 2 より厚く、重たく、それがトレードオフになっている。何かをデザインするときは、ひとつないしは2つのメインになる属性(primary attributes)を選び、それ以外については妥協するのだ。

Another way to look at it is that Apple has to choose its trade-offs. The flagship feature of the iPad (3) is its display. The cost, in terms of trade-offs, is that it is thicker and heavier than the iPad 2 because that big gorgeous bright display requires so much more power. When designing anything, you pick one or two primary attributes and you compromise on everything else.

     *     *     *

マジック

小型 iPad のメインになる属性は、薄さ・軽さ・安さだと私は考える。Retina ディスプレイにすれば厚く、重く、高くなるだろう。私の考えが間違いで、アップルのエンジニアがこの小型 iPad に 7.85 インチ 2048 × 1536 ディスプレイを搭載し、かつ格段に薄く(例えば 7.2 ミリ)、軽く、300 ドル以下に価格を抑えるというマジックをやってくれればうれしい限りだが、それこそ「マジック」だろう。

I expect the primary attributes of the smaller iPad to be thinness, weight, and price. A retina display would make it thicker, heavier, and more expensive. I would love to be proven wrong, for Apple engineering magic to put a 7.85-inch 2048 × 1536 display into this smaller iPad and yet keep it remarkably thin (say, 7.2 mm or so) and light and hit price points under (and perhaps well under) $300. But I think “magic” is the key word there.

     *     *     *

差別化

最後に、小型 iPad を Retina 化しないことで、より高価なレギュラー iPad (3) と差別化することができる。Retina ディスプレイはプレミアム機能なのだ。新しい小型 iPad は iPad ラインアップのプレミアムモデルではない。Retina ディスプレイでないから買いたくないのなら、レギュラー iPad (3) を買えばいいのだ。

Lastly, debuting with a non-retina display would help differentiate the new smaller iPad from the regular (and more expensive) iPad (3). Retina displays are premium features; the new smaller iPad is not the premium model in the lineup. You don’t want to buy one because it doesn’t have a retina display? OK, buy the regular iPad (3) that does.

     *     *     *

新 iPod Touch のエントリー価格が 299 ドルなら、小型 iPad の価格はそれ以上になるのではないか?

If the New iPod Touch Starts at $299, Doesn’t That Mean the Smaller iPad Will Cost More Than That?

この背後にある考え方は、大きいことはいいことで、小さいことは安いことだというもの。だから新しい iPod Touch が 299 ドルするのなら、小型 iPad は 349 ドルないしはそれ以上するハズだと。もし小型 iPad が新 iPod Touch より安ければ、iPod Touch を買おうとするひとはみな大きなディスプレイで値段が安い iPad を選ぶのではないだろうか。

The thinking behind this question seems to be something like this: bigger is better, smaller is cheaper, so if the new iPod Touch costs $299 then the smaller iPad has to cost $349 or more because otherwise, if this new smaller iPad cost less than the new Touches, everyone who’s thinking about buying an iPod Touch is going to buy one of theses iPads instead because it’s got a bigger display and costs less.

     *     *     *

細密ミニチュア

この考え方はいくつかの点で間違っていると思う。小さくなれば一般的には安くなるという点は正しいが、細密ミニチュア(miniature)になるとプレミアム価格になるのだ。13インチ MacBook Pro は15インチより小さいから安い。11インチ MacBook Airは13インチより小さいから安い。しかし iPod Touch は iPad より小さいだけではない — 細密ミニチュアモデルなのだ。ガジェットの価格は通常U字形になる。大きいものは高く、小さいものは安い。そして細密ミニチュアは高くなるのだ。iPad (3) と iPhone・iPod Touch はU字形曲線の両端で、小型 iPad はその真ん中に当たる。

I see several things wrong with that line of thinking. It’s true that smaller generally implies cheaper, but miniature carries a premium. The 13-inch MacBook Pro is smaller than the 15, and thus cheaper. The 11-inch MacBook Air is smaller than the 13, and thus cheaper. But the iPod Touch isn’t just smaller than the iPad — it’s miniature. Gadget prices tend to follow a U-shaped curve: big is expensive, small is cheap, miniature is expensive. The iPad (3) is near the beginning of the curve. The iPhone and iPod Touch are at the end. This new smaller iPad will be in the middle.

     *     *     *

カニバリゼーション

二つ目に考慮すべき点として、iPod の売れ行き(Touch を含めて)は他の iOS デバイスによって食われても(cannibalized:共食い)なんら問題ないということだ。アップルストアを訪れた顧客がたとえば 249 ドルの小型 iPad を見つけて、299 ドルの iPod Touch より安くて大きいからといって買う決心をしても、アップルにとって勝ちであることに変わりはない。顧客は iPad をひとつ買うわけだから・・・

Second is that Apple has no problem if iPod sales, including the Touch, continue to be cannibalized by other iOS devices. If a customer walks into the store and sees a (say) $249 smaller iPad and decides to buy that instead of a $299 iPod Touch simply because it’s cheaper and bigger at the same time, that’s still a win for Apple. The customer just bought an iPad.

もしアップルストアを訪れた顧客がズボンのポケットに入るもの、あるいはエクササイズのときに腕に付けられるものが欲しいとしたら、それは iPad にはならないだろう。代りに iPod Touch か iPhone を買うだろう。アップルのどの製品を買うかというだけの話だ。

On the other hand, if a customer walks into the Apple Store and wants to buy something that will fit in their pants pocket or strap onto their arm while exercising, the iPad isn’t even in the picture. They’re going to buy an iPod Touch or an iPhone; it’s simply a question of which one.

     *     *     *

比べるべきは

新しい小型 iPad の価格が iPod Touch と競合しても一向に構わない。そもそも異なるカテゴリーの製品なのだから。比べるべきはレギュラー iPad やライバルのタブレットの価格に対してであり、それこそが問題なのだ。

Don’t worry about comparing the price of the new smaller iPad to the iPod Touch. It’s a different category. Compare it to the price of competing tablets and to the regular iPad. That’s all that matters.

     *     *     *

名前はどうなる?

What Are They Going to Name It?

薄さ、軽さ、安さがメインとなる属性(primary attributes)の他のアップル製品をご存知だろうか。MacBook Air がそうだ。WWDC で発表された一連の Air ラインアップが Retina ディスプレイでないのは偶然ではない。アップルのすべてのラインアップが Retina 化するにはまだ数年はかかる。だから新製品の名前は次の順序でいずれかになると思う。

You know what other Apple product’s primary attributes are thinness, weight, and price? The MacBook Air. And, no coincidence, the latest revisions to the Air lineup debuted on stage at WWDC without retina displays. We’re a couple of years away from Apple going retina across the board. That’s why my guesses as to what the thing is going to be called go in this order:

     *     *     *

可能性として

1. iPad Air
2. iPad
3. iPad Mini

     *     *     *

断言はできないが・・・

とても薄くて軽いけれど、レギュラー iPad に比べればそれほど小さくないものを “Mini” と呼ぶのは相応しくないような気がする。しかしこの3つの名前のどれかだとまでは断言できない。

“Mini” just doesn’t feel like the right way to describe something that’s remarkably thinner and lighter but not that much smaller than the regular iPad. But I wouldn’t bet against any of those three names.

     *     *     *

U字形価格モデルの考え方がおもしろい。

従前の 199 ドルが 249 ドルに後退したのは少し残念・・・

あと残された疑問は Wi-Fi モデルだけかどうかという点だろう。

最近のウワサでは LTE モデルも十分にありそうな気がするが、この点については Gruber もまだ確たる情報を掴んでいないとみえる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》エントリー価格は 329 ドル?(10月21日)

[9to5Mac の予想価格表:chart

数々のスクープをものにした Mark Gurman が、改良版で価格据え置きのフルサイズ iPad の同時発表を予想するとともに、小型 iPad についても Gruber とは異なるエントリー価格を予想している。

9to5Mac: “Apple’s smaller iPad to likely start at a minimum of $329 in the U.S.” by Mark Gurman: 20 October 2012

     *     *     *

エントリー価格は 329 ドル

間もなく登場する小型 iPad のエントリー価格は、第5世代 iPod touch(299 ドル)と WiFi オンリーの 16GB iPad 2(399 ドル)の中間の価格になる。我々のソース(複数)によれば、小型 iPad の米国価格設定は最低でも 329 ドルになりそうだ。

Apple’s entry price for its upcoming smaller iPad is between the base model of the new, fifth-generation iPod touch ($299) and the currently shipping WiFi-only 16GB iPad 2 ($399). According to our sources, the base model of the smaller iPad will likely be priced at a minimum of $329 in the United States.

     *     *     *

WiFi オンリーモデル

より容量の大きい2つの小型 iPad は WiFi オンリーの構成になる。価格は最低でもそれぞれエントリー価格より 100 ドル高い 429 ドルおよび 529 ドルになりそうだ。

Two higher capacities of the smaller iPad will be available in the WiFi-only configuration. These will likely be priced at $100 premiums over each other at a minimum of $429 and $529.

小型 iPad のエントリー価格はもっと高いかもしれないが、我々の予想は 329 ドルだ。

It is possible that this base price for the smaller iPad could be higher, but our best guess is $329.

     *     *     *

携帯ネットワーク対応版

小型 iPad には携帯ネットワーク対応版も出る。第3世代 iPad と同様に、 WiFi + 携帯ネットワーク対応版は WiFi オンリーモデルに 130 ドルを加えた 459 ドル、559 ドル、659 ドルがそれぞれ最低価格になりそうだ。

Apple’s smaller iPad will also come in a version that connects to cellular networks. Like the third-generation iPad, these models will come at a $130 premium over their corresponding storage capacity in the WiFi-only line. This comes out to likely minimum price points of $459, $559, and $659 for the WiFi + Cellular line…

小型 iPad の予想価格表を上に掲げておいた。

We created the likely pricing matrix for the smaller iPad shown above.

     *     *     *

これに対する Gruber の感想は次のとおり。

Daring Fireball: “9to5Mac: Smaller iPad to Start at $329” by John Gruber: 20 October 2012

奇妙な数字だ

これは自分の予想より少し高い。自分としては Wi-Fi モデルは最低 299 ドルになると考えた。「しかも」Wi-Fi モデルも携帯ネットワーク対応モデルも、いずれも「X99」・「X49」といった数字でないことも奇妙だ。30 ドル少ない価格ならスッキリするのに・・・

That’s a little more expensive than I expected — I thought they’d at least hit the $299 mark with the entry-level Wi-Fi model. Curious too that none of the prices, for Wi-Fi-only or cellular models, land on “even” $X99 or $X49 numbers — these prices would look a lot nicer if they were each $30 less.

     *     *     *

Gurman の予想は先きに入手した価格リストに基づいて「算定された」もののように思われる。

先きの価格リストはオーストラリアのものだったが、新しい算定表ではアメリカのものになっていて、P101 および P103 が欠けていることも気にかかる。[P101 および P103 はフルサイズの iPad だった。]

まあ、販売価格はアップルの専権事項で、発表するまでは分からないのが常だから、あと数日のお楽しみというところか・・・

なお、名称が「小型 iPad」であること、LTE モデルについては触れていないことも興味深い。

それにしても Gruber の予想は、「199 ドル → 249 ドル → 299 ドル」と書くたびに揺れている・・・

広告

Read Full Post »

[What’s Next?:photo

John Gruber が今回のアップルイベントについてまとめている。

iPhone 5 と iPod の二本立て、iPhone 5、iPod touch、その他もろもろの iPod、EarPods、Lightning ポートなど全容をカバーしている。

ここでは特に興味深い、彼の予想が外れた部分(iPod)と、残った iPad mini[Gruber は「iPad Air」と呼ぶ]に関する部分を紹介したい。

Daring Fireball: “Thoughts and Observations Regarding Yesterday’s iPhone 5 and Music Event” by John Gruber: 13 September 2012

     *     *     *

iPod も一緒だって?

アップルは iPhone 5 だけでなく複数の iPod も一緒に今週発表するつもりらしいというウワサが浮上したとき、どうやればそんなイベントを組み立てられるのかさっぱり見当がつかなかった。先月私は、iPhone 5 がウワサの iPad Air と同じステージにあがるなど想像もできないと書いた。iPad が iPod でも同じことだ。

When the rumors became rampant that Apple was poised to announce new iPods alongside the iPhone 5 this week, I couldn’t see how they’d structure such an event. I wrote last month that I couldn’t see the sharing the stage with the presumed iPad Air; the same logic held for sharing the stage with new iPods.

     *     *     *

二本立て興行

ある意味では私も正しかった。昨日のイベントは2時間のイベントがひとつ行なわれたのではなかった。1時間のイベントが2つ — ひとつが終了したあと続けてもうひとつ別のイベントが行なわれたようなものだったからだ。まず iPhone 5 については、Schiller と Forstall の2人がそれぞれハードウェアとソフトウェアを紹介した。それから Cook が戻り、それで全部を締めくくってもいい感じだった。しかしそうではなかった。それから彼は別の新しいイベント — お馴染みのアップルのミュージックイベント — を始めたのだ。Schiller の代りに Greg Joswiak がハードウェアを、メディアコンテンツとソフトウェアについては Eddy Cue が受け持った。そして再度 Cook が戻り締めくくった。みなさんが見たものは「アップルだけが」出来るのだと真剣に(それは本当のことだが)誇らしげに語った。そして最後は、なんとまあ The Foo Fighters の音楽だった。

In a sense, I was right. Yesterday’s event didn’t play like one two-hour event. It played like two one-hour events, back-to-back. First the iPhone 5 intro, with Schiller and Forstall talking about the hardware and software. Then Cook returned and it almost felt like he could have wrapped things up and sent us home. But no, he instead started a new, second event: an old-school Apple music event. Greg Joswiak took the Schiller spot for the hardware; Eddy Cue took the Forstall spot for media content and software. Then Cook returned to close things out with his sincere (and true) boast that “only Apple” could do the things we’ve just seen. And then, holy shit, The Foo Fighters.

     *     *     *

10月のイベントは?

10月初旬にはまだ iPad Air のためのイベントがあると私は期待しているが、それがどういう形になるのかよく分からない。Yerba Buena 劇場ではない、本社の Town Hall でやるようなあまり期待度の大きくないものだろうか? 私が数週間前に耳にしたのは、10月のイベントは iPod 向けの「ミュージック」イベントだろうというものだった。(ただの冗談だったとしても)その計画がボツになったことは明らかだ。
 

I’m not sure where this leaves the early October event I still expect Apple to hold for the iPad Air. Maybe that’ll be a lower-expectation on-campus Town Hall thing, not a Yerba Buena theater thing? What I’d heard a few weeks ago was that the October one would be the “music” event for iPods. Clearly, that plan was scrapped, if indeed it was ever in play.

     *     *     *

教育をテーマとしたイベント

あと私がせいぜい考えつくのは教育をテーマにしたイベントだ。小型で(より安価な)iPad は教育向けにも、子供のクリスマスプレゼントとしてもピッタリのように思える。今年1月のニューヨークでの iBooks イベントを見ても、アップルが教育に重きをおいていることは明らかだ。その中心になるのが iPad だ。それに、新しいマックのハードウェア — たとえば13インチの Retina ディスプレイ MacBook Pro や、一新された iMac のラインアップともうまくフィットする。(もちろん手ごろな価格の27インチ Retina ディスプレイとなるとさすがにアップルでもまだ先きの話だと思うけれど。)教科書出版社や教材アプリ開発者、それに iPad ゲームなどから聞こえてくるニュースをいくつか見れば、ちゃんと様になるイベントがアップルとしても出来るのではないか・・・

My best guess for October: an education theme. A smaller (and less expensive) iPad seems like an obvious fit for schools and as a holiday gift for kids. We know from last January’s iBooks event in New York that Apple considers education a high priority, and the iPad is at the center of it. Plus, it would nicely fit with new Macintosh hardware — say, a 13-inch MacBook Pro with Retina Display and a refreshed lineup of iMacs (but not yet retina, I’m almost certain — affordable 27-inch retina displays remain beyond even Apple’s ken today). Roll in some news from textbook publishers, education-focused app developers, and of course, some iPad games, and Apple would have a solid event.

     *     *     *

やっぱり Gruber は今回のイベントで何が残されたか考えていたんだなあ。

また夢が膨らみそう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad Mini はこうなる:image

10年目を迎えた Daring Fireball の長編第2弾が、ウワサの iPad Mini に関するものだ。

さまざまなリーク画像を俎上(そじょう)に上げて徹底分析しているが、これがなかなか興味深い。

Daring Fireball: “Thinking This iPad Mini Thing Even Througher“: by John Gruber: 14 August 2012

     *     *     *

これは先日の徹底分析に続く第2弾だ。

前回の徹底分析

先月この小型 iPad なるもの(this smaller iPad thing)について詳細に分析してみたが、まだ十分でなかったので、さらに徹底分析を加えたい。

Last month I tried to think this smaller iPad thing all the way through. Didn’t quite make it all the way through, though, so let’s dig deeper.

ディスプレイについては結論済みだ。7.85 インチ、画素数 1024 × 768 ピクセル、Retina 以前の iPhone や iPod Touch と同じ163 PPI[pixel per inch:ビットマップ画像における画素密度を示す単位]。4:3 のアスペクト比も 1024 × 768 の解像度も同じなので、iPad のソフトウェアは iPad 1 または 2 のときとまったく同じに見えるはずだ。レンダリングはやや小さくなるが、それほど小さくはないだろう。

We’ve got the display. 7.85 inches diagonally, 1024 × 768 pixels at 163 PPI — the same pixels-per-inch density as the pre-retina iPhones and iPod Touch. With the same 4:3 aspect ratio and 1024 × 768 pixel dimensions, it should look to iPad software exactly like an iPad 1 or 2 display — everything will just render a little smaller, but not too much smaller.

     *     *     *

全体はどうなるか

[Gizmodo のモックアップ:image

そうだとしたら、デバイス全体はどう見えるだろうか? ひとつの明らかな結論は、iPad 2 に縮小光線を当てたみたいに、そっくり小さくすることだ。この考え方に基づいて Gizmodo はアーチストにモックアップを作らせたが、その出来はもっともらしく見える。

But then what would the device look like, as a whole? One obvious answer would be that it would look exactly like an iPad 2 but smaller, like it was hit by a shrink ray. Our friends at Gizmodo commissioned an artist to create mockups based on this assumption, and the result certainly looks plausible.

しかしこの Gizmodo の推測は正しくないのではないかという気が強くする。

But I’d wager heavily that Gizmodo guessed wrong.

     *     *     *

Gruber はこれまで登場したリーク画像を取り上げる。

DeviceWear のリーク画像
ZooGue のリーク画像
Apple.pro のリーク画像
yfrog の画面サイズ比較
Seth Weintraub のモックアップ
Rene Ritchie のモックアップ

     *     *     *

Gruber が着目するのは画面のアスペクト比[aspect ratio:画面の縦と横の比率]だ。

それによって、iPad Mini が全体的には現在の iPad をそのまま縮小したものであっても、画面周りのベゼル幅に変化が生じる。

Gruber はつぎのように総括する。

     *     *     *

ベゼル幅がポイント

これらの可能性はつぎの3つだ。

Possible explanations:

1)第一の可能性は、広く流布している 3:2 のアスペクト比のものはフェイクだというもの。もしかしたらアップル自身が油断させるために流したガセネタのリークかもしれない。ホンモノの iPad Mini は、現在の iPad のようにほぼ 4:3 のアスペクト比で、Gizmodo のモックアップが示すように、画面の周りが広いベゼルで囲まれているのかもしれない。

1. These part leaks showing a device aspect ratio of 3:2 are a widely-distributed fake. Perhaps even a deliberate throw-them-off-the-scent disinformation leak from Apple itself. Perhaps the real iPad Mini will have a roughly 4:3 aspect ratio and thick bezel around all sides of the display, just like the existing iPad, and look like Gizmodo’s mockup.

2)第2の可能性は、これらのパーツがホンモノだというもの。ただし、画面のアスペクト比は 4:3 ではなく、iPhone や iPod Touch のように 3:2、ないしはウワサの新 iPhone のように 16:9 のアスペクト比で、したがって画面周りは同じように広い(ないしは広めの)ベゼルに囲まれることになる。

2. These part leaks are legitimate, but the display of the device is not 4:3, but instead 3:2 (like the iPhone and iPod Touch) or even 16:9 (as is rumored for the new iPhone), thus still allowing for a thick or at least thick-ish bezel around all sides of the display.

3)第3の可能性はこれがホンモノのパーツでアスペクト比が 4:3 だというもの。したがって、縦置き(portrait)にすると画面周りのベゼルには iPhone に似た「ひたいとアゴ」ができることになる — それぞれ上下に FaceTime カメラやホームボタンのための広い部分があり、サイド部分は細くなる。

3. These part leaks are legitimate, and the display is 4:3. Therefore, the front face of the device (held in portrait) will have more of an iPhone-esque “forehead and chin” bezel surrounding the display — thick at the top and bottom (providing room for the FaceTime camera and home button), but thin along the sides.

みなさんがどうお考えになるにせよ、私は第3の可能性に賭ける。

You can bet however you want, but my money is on #3.

     *     *     *

先日のブルームバーグと WSJ という2大紙が同じ内容を同時期に取り上げたのはアップルの意図的リークだったのではないかという視点もオモシロい。

また Gruber はライバル製品との差別化について次のようにいう。

     *     *     *

際立って薄くなる

iPad Mini は Retina ディスプレイを搭載しない代わりに際立って薄くなると考える。

[…] So I’m thinking the iPad Mini doesn’t get a retina display but in exchange gets to go remarkably thin.

それでは、どのくらい薄いか? 自分は iPhone(9.3 ミリ)のファンだが、iPod Touch の 7.2 ミリは見るたびにスゴいと思う。iPad Mini はどのくらい薄くなるか? iPod Touch の 7.2 ミリではどうだ。そうなれば Nexus 7 より薄く、すべての中でも3番目に薄いことになる。

How thin? As an iPhone devotee (thickness: 9.3 mm) I marvel at the relative thinness of the iPod Touch (7.2 mm) whenever I see one. So, how thin for the iPad Mini? How about iPod Touch thin: 7.2 mm. That’d be an entire third thinner than the Nexus 7.

     *     *     *

薄いことが、嵩(かさ)の少ないことに、ひいては軽さにつながる。

     *     *     *

iPad Mini のウリは何か

重量は大きなファクターだ。片手で使うことを考えると最大のファクターかもしれない。現在の iPad に対する最大の批判は片手で持つには重すぎるという点だ。考えるに iPad Mini は現在の iPad より薄くて軽いだけではないと思う。小型タブレット市場のライバル製品よりずっと薄くて軽くなるだろう。にも関わらず、ディスプレイは大きくなるのだ。

Weight is a huge factor, maybe the factor, in one-handed use, and its too-heavy-to-hold-in-one-hand weight has always been one of the biggest knocks against the iPad-as-we-know-it. I’m thinking the iPad Mini will be not just thinner and lighter than the iPad-as-we-know-it, but remarkably thinner and lighter than its competitors in the small tablet market.3 Yet it will have a bigger display.

     *     *     *

小型市場での可能性

これに次のものを加えたらどうなるか — 無線ネットワーク(Nexus にはない)、裏面カメラ(これも Nexus にはない)、Wi-Fi オンリーのエントリーモデルを他に負けない価格にする、さらには App Store の優れたソフトの品揃え、世界中で入手可能なこと(Nexus 7 が買えるのは米国、カナダ、豪州、英国の4か国のみ)。そうだ、ハッキリしているじゃないか。小型タブレット市場はアップルにとって有望なのだ。

Throw in cellular networking (which the Nexus doesn’t have), a rear-facing camera (which the Nexus doesn’t have), a competitive starting price on the entry-level Wi-Fi-only model, the App Store’s superior software selection, and worldwide availability (the Nexus 7 is available only in the U.S., Canada, Australia, and the United Kingdom so far), and yeah, I’d say the prospects look OK for Apple in the small tablet market.

     *     *     *

10年目にはいった Gruber は相変わらず絶好調だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Mac Pro や iMac はどうなる?]

Retina MacBook Pro もさりながら、WWDC で発表されなかったマシンが気に懸かる。

いつものように Marco Arment が大胆な予想をしている。「Mac のデスクトップマシンはどうなるのか。」

Marco.org: “Predicting the next Mac desktops” by Marco Arment: 22 June 2012

     *     *     *

手つかずの Mac Pro と iMac

新しい Mac の予想にはインテルのロードマップが重要なヒントになる。しかし WWDC でアップルのラップトップラインアップが完全に一新されたのに、Mac Pro と iMac は手つかずのままだ。インテルの一連の新しいプロセッサが使えるというのに・・・

Intel’s roadmap is generally a very strong predictor of when new corresponding Macs will be released. But after the complete update of Apple’s laptop lineup at WWDC, the Mac Pro and iMac were untouched, despite suitable new Intel CPU families being available for both.

     *     *     *

次なるデスクトップ

そして Tim Cook が「来年後半」に新しい Mac Pro が出ることを認め、アップル広報も今年後半には新 iMac が出ることを強くにおわせている。

Then an email from Tim Cook confirmed that new Mac Pros are coming “later next year”, and Apple PR strongly implied that new iMacs were coming later this year.

     *     *     *

なぜラップトップだけだったのか

どうしてアップルは MacBook Air、MacBook Pro、Retina MacBook Pro を発表しただけで、iMac や Mac Pro は発表しなかったのだろうか。また iMac は今年アップデートされるのに、Mac Pro は1年後ないし1年半後までアップデートされないのはなぜだろうか?

Why did Apple just release new MacBook Airs, MacBook Pros, and a Retina MacBook Pro, but no new iMacs or Mac Pros? And why are the iMacs probably being updated this year while the Mac Pro update won’t happen for 12–18 months?

     *     *     *

Retina しかない

いつものように想像をめぐらせてみよう。

As usual, I have some guesses.

私の基本的考え方はこうだ。アップルが未来は Retina ディスプレイしかないと信じていること、それぞれのマシンファミリーが Retina を搭載できるようになるまではアップグレードを行なわないだろうということ。

My core theory: Apple believes that Retina displays are the only way to go from this point forward, and they’re waiting to update each family until it can be Retina-equipped.

     *     *     *

Retina でないラップトップ

となるとすぐ湧く疑問。 MacBook Air と Pro はなぜ Retina ディスプレイを伴わないアップデートだったのか。私が思いつく理由はこうだ。

Now, an obvious question: why were the MacBook Airs and Pros just updated without Retina displays? My best guesses:

・今やアップルが売るコンピュータの大部分はラップトップで、夏は新学期を控えたもっとも儲かる時期なので、新鮮味のなくなったハードのままで座して待つワケにはいかなかった

– The vast majority of computers Apple sells today are laptops, and summer is a very lucrative, competitive back-to-school buying season that they couldn’t afford to sit out with stale hardware.

・Air および13インチ Pro はどちらも廉価なモデルなので値上げをしないと Retina 化できない。かかる主要モデルの値上げはアップルはやらない

– The Airs and 13” Pro are too inexpensive and can’t yet support Retina displays without raising prices, which Apple won’t do for such important products.

・ラップトップの売れ行きがよすぎて、ハイエンドの単一モデルでしか Mac サイズの Retina スクリーンは大量確保できない

– The laptops sell too well, and Mac-sized Retina screens simply aren’t available yet in high enough volume to be used in anything but a single, high-end model.

     *     *     *

iMac 発表は10月ないしは11月

一方 iMac はハイマージンだが売れる数量がずっと少ない。ライバルからのプレシャーがあまりないので積極的にアップデートしようとしない。などなどから Retina iMac の発売までなお数か月かかってもおかしくない。また iMac が家族共用マシンとして購入されることが多いので、クリスマスシーズン向けの商品として最適だ。

But the iMac has higher margins, sells in far lower quantities, and is under less competitive pressure to keep an aggressive update schedule. It’s plausible that Apple can start selling Retina iMacs in a few more months. And since the iMac is often bought for shared family use, it’s a great product to release right before the holiday shopping season.

だから、Ivy Bridge CPU および Retina ディスプレイ搭載の新 iMac は10月ないしは11月に登場すると予想する。

I’m guessing, therefore, that we’ll see new iMacs with Ivy Bridge CPUs, and probably with Retina displays, in October or early November.

     *     *     *

Mac Pro はまったく別のマシン

しかし Mac Pro はまったく別のマシンだ。ディスプレイは別売りだし、プロのユーザーはアップルが望む値段を払う。メインストリームユーザーを対象としないのでいつでもアップルが望むときにアップグレードできる。それならなぜ Xeon E5 のような最適の CPU がある今ではなく「来年後半」まで延期されるのか?

But the Mac Pro is very different. It’s sold separately from its display, its customers will pay whatever Apple wants to charge for it, and it can be updated whenever Apple feels like it because it’s not targeted at mainstream consumers. So why is it delayed until “later next year” despite perfectly good Xeon E5 CPUs being available today?

     *     *     *

どのプロセッサ

興味深いことに、多分これは将来 Xeon E5 を完全にスキップして Haswell Xeon を使うためではないのか。しかし発表が今年か来年かという単位ではなく何月になるかという状態だと敢えて予想したい追記:読者から次のような指摘があった。Xeon は通常一世代限りの CPU が主流で、E5 シリーズは Sandy Bridge ベースなので、来年の Xeon は Ivy Bridge ベースとなり、Haswell Xeon は 2013 年には登場しないと。

Interestingly, that’s probably far enough in the future to skip the Xeon E5 entirely and use Haswell Xeons. But I bet that just decides which month they get released in, not which year. UPDATE: Responders have pointed out that the Xeons usually trail the mainstream CPUs by one process generation, and since the E5 series is Sandy Bridge-based, next year’s Xeons are likely to be Ivy Bridge-based, with Haswell Xeons probably not appearing in 2013.

     *     *     *

Mac Pro のアップデート

私は次のように予想したい。Mac Pro は「来年後半」までアップデートがなく、それまでスタンドアローンの Retina ディスプレイ(多分27インチ)も出ない。その両方を同時に出すことでプロマーケットの話題と利益を攫うことをアップルは望むだろうと。

I bet the Mac Pro update is being held up until “later next year” because a standalone (27-inch?) Retina Display can’t be released until then, and Apple wants to release them simultaneously to capture a lot of buzz and profit in the pro market.

     *     *     *

スタンドアローンの Retina ディスプレイが遅れる理由

スタンドアローンの Retina ディスプレイはなぜそれまで出ないのか? 私の理屈は基本的な考え方の線に一致する。

Why a standalone Retina Display can’t be released until then is also worth asking. My guesses help solidify the theory:

・大型 Retina パネルは当分の間需要に追いつけず、また iMac の方をまず先にしたいとアップルは考えるだろう。同一サイズのパネルを使用する27インチ Cinema Display と27インチ iMac についても同様の遅れが生じるだろう

– Large Retina panels will be in short supply for a while, and Apple needs them for the iMac first. They had a similar delay, probably for the same reason, between the release of the 27” iMac and the 27” Cinema Display using the same panel.

・もしも27インチ Retina が現行パネル(5120×2880)の倍バージョンになるなら、60 Hz で動かすためには現在の Thunderbolt が提供するもの(最大 10 Gbps 2チャンネル)より大きな処理能力(24-bit カラーで 21 Gbps 以上)を必要とするだろう

– If a 27” Retina Display is a “2X” version of the current panel, that’s a 5120×2880 panel — running that at 60 Hz requires more bandwidth (over 21 Gbps for 24-bit color) than Thunderbolt offers today (up to two 10 Gbps channels).

     *     *     *

2013 年後半というタイミング

Thunderbolt のスピードのアプグレードは「2013 年後半」になると思われるが、これは他ともうまくタイミングが合う。

Thunderbolt is probably going to get its first speed upgrade “in late 2013”. That’s pretty convenient timing.

     *     *     *

したがって Mac Pro は

ということで、新 Mac Pro は 2013年後半に、Haswell Ivy Bridge Xeon プロセッサ、高速 Thunderbolt を搭載して、スタンドアローン Retina ディスプレイと同時に出るだろう。

So I’m guessing we’ll see a new Mac Pro in late 2013 with Haswell Ivy Bridge Xeons, faster Thunderbolt, and available standalone Retina Displays.

     *     *     *

iMac の新情報(追記)

追記2:複数のソースから、確かに今秋 iMac のアップデートが行なわれるけれど Retina ディスプレイではないという情報が入ってきた。おやおや、両方ともうまくいくというわけではなさそうだ。

UPDATE 2: I’ve now heard from multiple sources that while an iMac update is indeed coming this fall, it will not have Retina displays. Oops. Can’t win ‘em all.

     *     *     *

デベロッパの第一線に立つ身でありながら、臆せずこんな大胆な予想をする Marco Arment が好きだ・・・

[via parislemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[アップルのテレビとは?:image

WWDC で何が登場するのか — ウワサ雀も喧(かまびす)しくなってきた

バツグンの的中率を誇る Jim Dalrymple のひとことも、いろいろ影響を与えているようだ。

その Dalrymple がアップルテレビについて触れている。

TechPinions: “Apple’s Television” by Jim Dalrymple: 07 June 2012

     *     *     *

アップル抜きには考えられない

アップルテレビのことを皆が口にし始めてから数年経つが、アップルが本当にテレビを作るのかどうか誰も知らない。アップル抜きにテレビマーケットを考えることなどできないと私考える。

People have been talking about an Apple television for the last couple of years, but nobody knows for sure if the company will actually make one or not. I wouldn’t count Apple out of that market.

     *     *     *

アップルが市場に参入するとき

アップルが市場に参入するのは大きなインパクトを与えられるとアップルが考えるときだ — 私は長い間そう考えてきた。手つかずの新しい市場である必要はない。これまでの製品を改良し、利益を上げられるとアップルが考える分野のことだ。過去十年のアップル製品を見ればこのことは明らかだ。

I’ve long held that Apple will enter markets that it feels it can make a significant impact. Those don’t have to be brand new markets, but areas that Apple feels it can improve on the current products and make a profit. The last decade of Apple product releases illustrates this point.

     *     *     *

iPod の場合

iPod ミューシックプレーヤは決して新しい製品カテゴリーではなかった。しかしアップルは容量が小さく、デザインのひどい製品に照準を定め、その市場を永遠に変えてしまったのだ。iPod はアップルのアイコンとなり、アップルを立ち直らせ、未来への道を開いた。

The iPod music player certainly wasn’t a new product category, but Apple took a poorly designed product that had limited storage space and changed the market forever. The iPod is iconic and it helped turn Apple around, as well as paving the way for the future.

     *     *     *

iPhone でも

iPhone がまったく同じことを数年後にやってのけた。長年変化することのなかった業界に変化の時期が熟していたのだ。専門家も固定観念のメーカーも、アップルが業界に変化をもたらすという試みを一笑に付したが、アップルはやってのけ、後ろを振り返ることはなかった。

They did the exact same thing with the iPhone years later. An industry that hadn’t changed in years was ripe for the taking. While pundits and entrenched manufacturers scoffed at Apple’s attempt to change the industry, they did it and haven’t looked back.

どの携帯電話会社の店でも、どのメーカーのウェブサイトでも見てみるがいい。現在市販されているほぼすべてのスマートフォンにアップルの影響が明らかに見て取れる。アップルの成功をコピーすることを慰みとしている会社すらいくつかある。

Walk into any wireless carrier or look at any manufacturer’s Web site and Apple’s influence can be seen in almost every smartphone on the market today. Copying Apple’s success has almost become a sport for some companies.

     *     *     *

iPad でもまた

市場を変えた最も新しい製品 — それはもちろん iPad だ。タブレットが市場に出て十年以上になるが、成功を収めたものはほとんどなかった。しかしアップルがすべてを変えてしまった。新しいデザイン、新しいソフト、顧客に焦点を絞ることにより、タブレットで出来ることをアップルは再定義したのだ。

Of course, the latest product to achieve market-changing levels is the iPad. The tablet market has been around for a decade or more with little success, but Apple changed all of that. With a new design, new software and a focus on the customer, Apple redefined what can be done with a tablet.

iPad は我々のライフスタイルにぴったりだ。iPad は我々とともに変化する。かといって iPad を使うために我々が変化する必要はないのだ。

The iPad fits into our lifestyle. It changes with us, but it doesn’t require that we make changes in order to use it.

     *     *     *

テレビはどうなる?

テレビの市場、あるいはアップルが新たに参入しようとする市場でアップルが直面するのはこの種のチャレンジだ。これまであった問題を解決し、消費者が出来ることをさらに進化させようとアップルは試みる。ホームエンタテインメント市場も刷新が必要だ。そのためには現状維持を打破できる会社が必要なのだ。

That’s the type of challenge Apple faces in the television market or any other market it enters. Apple will try to solve the current problems, while advancing what consumers can do. The home entertainment market needs to be shaken up and it will take a company that isn’t afraid to change the status quo to do it.

     *     *     *

もっと大きいスケールで

新しいメニューと Siri を統合したテレビをアップルが出すだろうと考えるひとたちがいる。私にいわせれば、もっと大きいスケールで考えるべきだ。もしもアップルが市場に参入するのなら、アップルはそれを粉砕し、永久に変化させてしまうだろう。

Some people think Apple will release a television with new menus or Siri integration. I don’t believe they are thinking big enough. If Apple enters that market they will disrupt it and change it forever.

     *     *     *

テレビ関連の何かが WWDC で登場することは間違いなさそうだが、「もっと大きいスケールで考えるべきだ」とは何を意味するのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

John Gruber がオモシロい切り口から WWDC を予想している。

Daring Fireball: “Let’s Have Some Fun Reading Way Too Much Into the Preliminary Schedule for WWDC 2012” by John Gruber: 30 May 2012

     *     *     *

アップルの秘密主義

「我々はこれからもいっそう厳しく製品の機密保持をやる。」

  昨日の D10 での Tim Cook の発言

“We’re going to double down on secrecy on products.”
—Tim Cook, yesterday at the D10 conference

     *     *     *

TBA セッション

2つ目は、当初の暫定スケジュール[参加者限定]には異常なほど多くの「TBA」[TBA=To Be Announced、未定]セッションが含まれていることだ。TBA は暫定スケジュールには付きものだ。月曜に新しく発表されるものに関連するセッションがいくつもあるからだ。しかし今年の TBA セッションは例年に比べてかなり多いように思われる。特に前述のモスコーニ・ウェスト最大の会場 Presidio で行なわれるものがそうだ。

Second, there are an unusually high number of “To Be Announced” sessions on the WWDC schedule this year. There are always TBA sessions on the preliminary schedule, because there are always some sessions pertaining to new stuff that will be announced on Monday. But this year there seem to be more TBA sessions than usual — particularly in Presidio, the aforementioned biggest room for sessions in the building.

     *     *     *

Presidio 会場

翌火曜朝には、Presidio は「Developer Tools Kickoff」と「What’s New in Cocoa」セッションのため予約済みだ。その後 Presidio は、火曜午後から木曜の終わりまでほぼ完全に TBA になっている。これは大きい会場の話だが、その他にも1ダースほどの TBA セッションがスケジュール表に載っている。

On Tuesday morning, Presidio is booked for the Developer Tools Kickoff, Game Technologies Kickoff, and What’s New in Cocoa sessions. After that, Presidio is pretty much entirely “TBA” from Tuesday afternoon through the end of the day Thursday. And that’s just the big room — there are dozens of other TBA sessions on the schedule.

     *     *     *

何か新しいもの

このことから、アップルが新しいものを発表しようとしていることは明らかだ(WWDC だから当然だが)。それだけでなく、その新しいものがモスコーニ・ウェストの最大の会場を2日半にわたるセッションで充たすのに十分だということも示している。

This implies not just that Apple will be announcing new stuff (duh, it’s WWDC), but new stuff that will fill the biggest room in the building with two-and-a-half days worth of sessions.

もちろんアップルのことだから、何でもないかもしれない。6月11日月曜の朝には TBA はすべて埋まっていて、なぜ暫定スケジュール表で TBA となっていたのかさっぱり分からないということだってあり得る。秘密を保つため秘密にしておくのだ。

Of course, this is Apple, so this could be nothing. Could well be that when the TBAs are filled in on the conference schedule on Monday June 11, we’ll look at these sessions and have no idea why they were “TBA” on the preliminary schedule. Secrecy just for the sake of secrecy.

     *     *     *

何かがある

しかし何かがあると私は思う。

But I think something’s up.

     *     *     *

例えば Apple TV

私には次のように思えるからだ。アップルが何か新しい開発プラットフォーム — 例えば Apple TV — を発表するつもりなら、当初の暫定スケジュール表はこんな風になるのではないか、と。 Apple TV のためのアプリというのは単なる推測に過ぎない。クパティーノ方面の小鳥ちゃんたちからはそんな声はひとつも聞こえてこない。(冒頭の Tim Cook の発言は要注意。)これは今回の WWDC で注目を引くに値すると思われる数少ないビッグで新しく、これまでとは異なったもののひとつだと思う。WWDC セッションのスケジュール表に開いた穴と、「2週間以内にアップルが新しい TV OS のデモを WWDC で行なう」という Jonathan Geller の今日の記事を結びつけて考えれば、これが実際に起きることに私は5ドル賭ける。

To me, this is what a preliminary WWDC conference schedule would look like if Apple were set to announce a new developer platform, like, say, apps for Apple TV. Apps for Apple TV is just a guess — I’ve heard not a single whisper about such a thing from any Cupertino area little birdies. (Cf. the aforementioned Tim Cook quote about Apple doubling down on secrecy.) But it’s one of the few things I can imagine that would be big, new, and different enough to warrant that much attention at WWDC. Combine these holes in the session schedule with Jonathan Geller’s report today at BGR — “Apple to Demo New TV OS at WWDC in Two Weeks” — and I’ll put five bucks down on this actually happening.

     *     *     *

他には考えつかない

昨日の D10 での Cook の2つ目の発言(Apple TV の販売実績)も要注意だ。「昨年アップルは 280 万台の Apple TV を販売した。今年は上半期だけで 270 万台を売った。」これは成長率 100% ということで、Apple TV が iPod のようにクリスマスシーズンの売れ筋であることを考えればそれ以上売れるかもしれない。[アップデート:Horace Dediu によれば、Cook は会計年度ではなく暦年でいったもののようだ。だとすると「今年」270 台というのはクリスマスシーズンを含むことになり、最大の四半期が含まれるワケで成長率は 100% を割り込むかもしれない。]アップルの「ホビー」は確実に人気を博している。アップルストアの品揃えに加えるのに、これよりオモシロく、人気が出そうなものは他に考えつかない。

Note, too, a second quote from Cook at D10 yesterday, regarding Apple TV sales: “But last year we sold 2.8 million Apple TVs. This year, in the first six months, we’ve sold 2.7 million.” That’s at least 100 percent growth, and probably more if we assume that Apple TV is like the iPod and sells best in the holiday quarter. [Update: Horace Dediu notes that Cook was likely talking about Apple’s fiscal year, not the calendar year, in which case the 2.7 million units “this year” do include the holiday quarter, which in turn means growth is probably less than 100 percent year-over-year since they’ve already booked the biggest quarter.] Apple’s “hobby” is catching on, and I can’t think of anything Apple could do to make it more interesting and popular than to open a new branch of the App Store for it.

     *     *     *

ここに割愛した前半の ADA[Apple Design Awards]に関する部分も含めてなかなかオモシロい切り口だ。

どうやら Gruber は Apple TV に自信を持っているように見える・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


The Talk Show

iPad イベント直前の今、いちばん気になるのは John Gruber だ。

Mountain Lion のときのように特別情報を与えられているのか、それとも一般ジャーナリストと同じように知らないのか。

2月最後のポッドキャストが興味深い。

5by5: “The Talk Show #81: Coffee and Trucker Pills”: 29 February 2012

キーボード談義から始めたのは iPad イベントに触れないためかと勘ぐったが、途中からズバリ iPad 3 の話になった。(Das Keyboard の話も興味深い・・・)

相方の Dan Benjamin との話は多岐にわたってなかなかオモシロい。

     *     *     *

・発表される製品は iPad だけか、他にもあるか?

近年のイベントでは製品を非常に絞って(lazer-focused)紹介している。

・招待状の写真は iPad 3 か?

招待状をあれこれ詮索して議論するのはバカげている。そもそもデザイナーが実際の iPad 3 を見て描いた可能性は低い。

・One more thing があるか?

One more thing は Steve Jobs がやるものという感じではないか。少なくとも1年ぐらいはないと思う。

・分かっていることは何か?

Retina ディスプレイ、同じデザイン(looks the same)、背面カーブが少し異なるかも(slight curvature)。クアッドコアかどうかは分からない。

Retina ディスプレイは実物を手にしないと分からない。デモでも、コンピュータ画面でも示せない。

・価格はどうなる?

機能は向上、価格は据え置き。これまで値上げをしたことは一度もない。

ただ価格の話は秘中の秘。アップルでもせいぜい4人ぐらいしか知るまい。

まったくの推量でいえば、エントリーレベルが 399 ドルならいいと思う。20% のカットだから。349 ドルにできれば尚更いい。

・名前はどうなる?

iPad 2、iPad 3 という名前がいつまでも続くとは思えない。数年後のことを考えればあまり論理的ではないから。

iPad 3 は 499 ドルで、iPad 2 は 399 ドルという使い方はありかも。

・デモソフトは何か?

新しい iPad のデモで見せるものが要る。Retina ディスプレイだけでは1時間もたない。

iPhoto や Aperture のようなプロシューマー向けの built-in photo app だと思う。

・iPad はどこまで伸びる?

ダイヤルフォンからプッシュフォン、ケーブルテレビがそうだったように iPad も一斉に大衆化する段階に来ていると思う。機能が特段変化しなくても売れるだろう。mass market psychology だ。4、5年は大きく伸びるだろう。

それより問題は、異なるサイズのモデルが必要となるのは何時かということだ。

また商品のライフスパンについては、一般人の場合は毎年買い替えることはしないだろう。

買い替え需要がなくても、新規ユーザーだけでも大幅に伸びるだろう。

・Apple TV はどうか?

アップルがテレビセットを売るようになるとは思えない。

Apple TV をホビーと呼ぶのは、「周辺機器」(peripheral)と考えるべきだ。

新しい iPad にぴったりの周辺機器として Apple TV が登場する可能性はあるかもしれない。(テレビに 1080p 出力ができる。)

・Siri はどうなる?

回線容量(network access)との関係だろう。iPhone 4S にすらサーバーが対応しきれない現状ではどうか。

・LTE は?

バッテリーライフとの関連か。

・ステージに上るのは誰か?

Tim Cook が最初にアップル全般について、イベントの中心は Phil Schiller が、iPad ソフトに関しては Scott Forstall がやるだろう。

Tim Cook は会社を取り仕切るタイプで、製品発表を行なうタイプ(product guy)ではない。彼もそのことを心得ているから壇上でもうまくやれる。(Gil Amelio は product guy でもないのにムリして、ぶざまなプレゼンをすることになった。)

Jobs が去って初めてのイベント。彼の不在を痛感することになるだろう。

     *     *     *

ギークの目からみた視点がオモシロい。

これだけいろいろ話すところをみると、事前に特別の情報を与えられているわけでもなさそうだ。

★ →[ポッドキャストを聴く:The Talk Show

Read Full Post »

Older Posts »