Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Platform’

Screen Shot 2014-02-12 at 11.34.09 AM

[アップルが Windows をこえた:chart

「これはじつに象徴的な瞬間だ」と Benedict Evans はいう・・・

Benedict Evans: “Apple passes Microsoft” by Benedict Evans: 12 February 2014

     *     *     *

マイクロソフトをこえたアップル

これはじつに象徴的な瞬間だ。2013 年第4半期にアップルが売った「コンピュータ」[注]の数が世界で売れた Windows PC の数をこえたのだ。[冒頭チャート参照。]Windows フォンをこれに加えればほぼ同じになる。

A symbolic moment, this: in Q4 2013 the number of computers* sold by Apple was larger than the number of Windows PC sold globally. If you add Windows Phone to the mix they’re more or less exactly equal.

[注] Mac + iPhone + iPod Touch + iPad

(*Macs, iPhones, iPod Touches and iPads)

これはまたモバイルの規模をよく示したものにもなっている。アップルはモバイルマーケットのハイエンドしか対象にしていないが、それでも PC 全体の売上げよりもっと多いのだ。

This is a pretty good illustration of the scale of mobile: Apple limits itself only to the high end of the mobile market but still sells more units than the whole PC industry.

     *     *     *

アップルの記録的第1四半期」には多くのひとが注目した。

アップルが「Windows と肩を並べた」ことを Horace Dediu が指摘したのも記憶に新しい。

この Benedict Evans の説明も直截で分かりやすい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

rise_and_fall_revised

[パーソナルコンピュータの歴史:image

Horace Dediu の分析のつづき・・・

asymco: “When Apple reached parity with Windows” by Horace Dediu: 13 January 2014

     *     *     *

コンピュータを買う意思決定

Windows の優位性が、その上昇期におけるコンピュータ購入のあり方に起因していることを理解すべきだ。1980 年代および 1990 年代には、どのコンピュータプラットフォームを採用するかという判断をしたのはまず企業であり、次いで開発者であり、最後に個人だった。個人は購入にあたって、すでに確立した標準をヒントにした。その判断がネットワーク効果を生み、それが繰り返されて、多数派のプラットフォームが強固になった。

We have to understand that the Windows advantage itself came from the way computing was purchased in the period of its ascent. In the 1980s and 1990s computing platform decisions were made first by companies then by developers and later by individuals who took their cues from what standards were already established. As these decisions created network effects, the cycle repeated and the majority platform strengthened.

     *     *     *

500 人さえ説得できれば

中心的な決定をしたのは大企業だった。1980 年代には Fortune 500 社が Windows を標準にすれば、サプライヤーも顧客もみなそれに倣った。さらに政府も、他の機関も、そしてマーケットの8割がそれで決まった。意思決定が集中していたのだ。いいかえれば、1980 年代には 500 人の個人を説得できればプラットフォームは勝利を収めることができた。購買力という重力の中心にいて、CIO[Chief Information Officer:最高情報責任者]として標準を裁可できる権威を持つ 500 人さえ説得できれば・・・

But it was the large companies who made the core decisions. In the 1980s if the Fortune 500 companies all standardized on Windows then their suppliers and customers would also standardize on it. Add governments and other institutions and 80% of the market is probably decided. There was concentration in decision making. In other words, in the 80s a platform could win by convincing 500 individuals who had the authority (as CIOs) to impose through fiat a standard on the centers of gravity of purchasing power.

     *     *     *

何十億という意思決定者へ

現在ではモバイル製品が登場したこともあって、何十億という意思決定者がいる。500 人なんて取るに足らない数だ。実際、5億人は下らない忠実で裕福なユーザーを擁するアップルでさえ、決して安泰な状態にあるとは思われていない。その理由の一部は、何千万人ものユーザーをかかえていながら、現在は危機状態に陥っている BlackBerry や Symbian といった他のプラットフォームの様子をみなが知っているからだ。  

Today, with mobile products there are billions of decision makers. 500 decisions mean nothing. In fact, Apple with at least 500 million loyal and wealthy users is considered to be in a precarious situation. That’s partly due to the way other platforms like BlackBerry and Symbian found themselves in crisis with tens of millions of users.[6]

     *     *     *

のろまとアーリーアダプター

コンピュータを購入する意思決定プロセスは、いくつもの階層に及ぶ大企業の IT 部門から始まったが、それが特段の階層(知識)もなしに決断する何十億もの個人に変わってしまったのだ。企業はのろまになり、個人がテクノロジーのアーリーアダプターになった。

The decision making process for buying computers, which began with large companies IT departments making decisions with multi-year horizons, has changed to billions of individuals making decisions with no horizons. Companies have become the laggards and individuals the early adopters of technology.

     *     *     *

何が変化したのか

だから根本的な変化は、意思決定者の数とその判断の質が変化したことにある。購入するひとが同時にユーザーなのだ。彼らの判断は気まぐれで、衝動的で、十分計算されたものではないかもしれないが、全体としてみれば賢い判断なのだ。

The fundamental shift is therefore in the quantity of decision makers and the quality of those decisions. Those who buy are also those who use and their decisions will be perhaps whimsical, maybe impulsive and not calculated, but fundamentally, in the aggregate, wise.

     *     *     *

仲介者の排除

つまるところ、買うひとと恩恵を受けるひとの間を仲介する存在が排除されたのだ。そのことが購入者に対するマイクロソフトの影響力を薄めてしまった。この事態が逆転することはありそうにないだけでなく、不可能なのだ。コンピュータに関する意思決定は、何十年もの間ユーザーが置かれていたいちばん遠い対極へと移動してしまった。コンピュータは、使い方という意味だけでなく、誰が所有するかという意味でもパーソナルな存在になってしまった。

Ultimately, it was the removal of the intermediary between buyer and beneficiary which dissolved Microsoft’s power over the purchase decision. It’s not just unlikely that this situation will be reversed, it’s impossible. Computing decision making has moved to the furthest edge where use has been for decades. The computer has become personal not just in the sense of how it’s used but in the sense of how it’s owned.

     *     *     *

「ポスト PC 時代」が云々されるようになって、モバイルデバイスも含めて考えるのは特段目新しいことではない。

しかしモバイルユーザーの圧倒的な増加がコンピュータのあり方そのものを(使い方だけでなく買い方をも)大きく変えてしまったという視点はなかなか斬新だ。

まさに量的変化が質的変化をもたらした好例だろう。

PC がピークを越えた時期になって、真の意味での「パーソナルコンピュータ」が実現する — なんとも皮肉だ。

いつもながら Horace Dediu の分析はオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

pcs_vs_apple_devices

[PC とアップルデバイスの出荷台数の推移:chart

「Windows と肩を並べたアップル」という Horace Dediu の分析が非常に興味深い。

asymco: “When Apple reached parity with Windows” by Horace Dediu: 13 January 2014

     *     *     *

Windows の優位性

2013 年に売れた PC の数は Mac の 18.8 倍だった。2012 年の 19.8 倍に比べて Windows の優位性は減少した。これは Mac の出荷量の減少が比較的緩やかだったのに比べ Windows PC が急速に減少したことが大きな原因だ。Gartner の推計によれば、2013 年の Windows PC の出荷台数は3億 900 万台で、2012 年の3億 3700 万台より減少している。(PC がピークを迎えた 2011 年の出荷台数は3億 4400 万台だった。)自分の推計では、2013 年の Mac の出荷台数は 1640 万台で、2012 年の 1700 万台より減少している。

In 2013 there were 18.8 times more Windows PCs sold than Macs. This is a reduction in the Windows advantage from about 19.8x in 2012. This decline is mostly due to the more rapid decline in Windows PC shipments relative to the more modest decline in Mac unit shipments. Gartner estimates that about 309 million Windows PCs were shipped,[1] down from 337 million in 2012 (which was down from 344 million in 2011, the year PCs peaked.) I estimate about 16.4 million Macs were shipped in 2013 down from 17 million in 2012.

     *     *     *

出荷台数の推移

PC と Mac の出荷台数の推移を冒頭のグラフで示しておいた。

The history of PC shipments relative to Mac shipments is shown in the following graph:

グラフでは Mac だけでなく iOS デバイスの出荷台数も併せて示しておいた。

I chose to graph the Mac data as an area with additional areas for iOS devices layered on top.

プラットフォームとしてこれを比較すると、アップルのモバイルプラットフォームの伸びは驚異的だ。

When comparing these platforms, the contribution of the Apple mobile platform becomes striking.

     *     *     *

2004 年が PC のピーク

それでも Mac が果たした役割を理解しておくことは重要だ。これまで Windows の優位性は Mac の何倍売れたかという数字で測られてきた。ピークは 2004 年で、Mac の 56 倍の PC が売れた。Windows が最高に達したこの時点で1億 8200 万台の PC が出荷されたが、このとき出荷された Mac は 320 万台だった。Mac のマーケットシェアは 1.7% だったことになる。

Nevertheless, it’s still important to understand the role of the Mac. In years gone, the advantage of Windows was measured in multiples of Mac sales. That peak occurred in 2004 when there were 56 times more PCs sold than Macs. At that moment, when the Windows advantage peaked, the Mac sold 3.2 million units into a market where 182 million PCs shipped. This means the Mac had 1.7% market share.

     *     *     *

アップルを持ちこたえさせた

たった 1.7% のシェアでも Mac が消え去ることはなかった。320 万台という数字は決して大きくなく、過去の最大値[注:450 万台]より低いが、それでもアップルが次なる製品を開発するまで持ちこたえさせるのには十分だった。当時 iPod が急速に伸び始めていたが、iPhone/iPad の開発はすでに進行中だった。次に代わるべき製品があったということだ。320 万台という数字は次なる製品の準備が整うまでアップルを支えるのに十分だった。

And yet, remarkably, even with 1.7% share, the Mac did not disappear. The figure of 3.2 million units was not great and below the peak to date[2] but it was enough to sustain Apple while it developed its next products. At the time the iPod was starting to grow rapidly and development on iPhone/iPad was already underway. The point being that there were new products. 3.2 million was a sufficient volume to preserve the company until such time when they would be ready.

     *     *     *

2億 6000 万台のアップルプラットフォーム

今は事情が大きく異なる。 2013 年のアップルプラットフォーム製品の総数は2億 6000 万台に達している。アップルユーザーの総数は5億 5000 万人を越えたのだ。

Today the situation is quite different. The total number of platform products Apple sold in 2013 was about 260 million[3] The total number of users Apple has is above 550 million.[4]

     *     *     *

windows_advantage

[Windows PC はアップルの何倍売れているか:chart

生き延びた Mac

上のグラフに注目して欲しい。Mac だけとっても、Windows の優位性は大幅に低下しており、アップルのプラットフォームは消滅しなかったのだ。新しい形状の Mac Pro、絶え間なく進化する極薄ラップトップを見ても、Mac が生き延びただけでなく、大きな利益を容易に生み出せる「弱者」として成功していることが分かる。

Note the effect in the graph above. Even if we only consider the Mac, the Windows advantage has decreased considerably, and the platform was certainly not extinguished. The new form factor Mac Pro and the continuing improvements in the thinnest of laptops shows how Mac has not just survived but prospered as the underdog which easily captures the bulk of profits.

     *     *     *

肩を並べたアップルデバイス

さらに注目すべきは、アップルのモバイルプラットフォームが Windows の販売量にほぼ近づいてきたという点だ。2013 年の Windows PC 販売台数はアップルデバイスのたった 1.18 倍だった。たぶん 2014 年には肩を並べることだろう。

But the bigger story is how Apple’s mobile platform has nearly reached the sales volume of Windows. In 2013 there were only 1.18 more Windows PCs than Apple devices sold. Odds are that in 2014 they will be at parity.[5]

このまま続くのだろうか?

But will it last?

     *     *     *

Windows の優位性を PC 対 Mac だけでなく、Windows 対アップルプラットフォームという視点から分析したところがミソ。

以下さらに興味深い次稿につづく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[PC 時代の終わり:image

数字の達人 Horace Dediu が興味深いことをいっている。「ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代」だと・・・

asymco: “The Post-PC era will be a multi-platform era” by Horace Dediu: 06 July 2011

     *     *     *

Window フォンの売れ行き

Windows Phone Marketplace のアプリは2万 5000 本に達した。Windows Phone が実際にはさほど売れていないことを考えるとこれは大変な数だ。それでも1日のアクティベーション数が 500 万台を超える Android フォンと比べると、まるで四捨五入の誤差みたいなものだ。Gartner によれば、マイクロソフトのモバイル OS を使うスマートフォンは 2011 年第1四半期には 360 万台売れた。そのうち 160 万台が Windows Phone 7 だという。ということは1日当たりのアクティベーション数になおすと1万 7500 台ということになり、Android フォン 28 台に対し Window フォン1台の割合になる。

Windows Phone Marketplace has reached 25,000 apps. That’s an impressive figure given that so few devices have actually been sold. Compared with Android which is activating half a million devices per day, Windows Phone seems like a rounding error. According to Gartner, 3.6 million smartphones using a Microsoft mobile OS were sold in the first quarter of 2011, of which 1.6 million were Windows Phone 7. That implies a daily activation rate of 17,500 per day or one WP device for every 28 Android devices.

     *     *     *

デバイスよりアプリの方が大きい?

それでも Windows Phone のアプリの数は Android アプリの1割を超え、Android アプリは iPhone アプリの約半分になる。Windows Phone に限っていえば、アプリの方がユーザーの増加より大きいということになる。これはいったいどうしたわけだ?

And yet the number of apps on Windows Phone is more than 10% of the number of Android apps and Android Apps are about half of iPhone apps. As far as Windows Phone is concerned, apps are being added faster than users. Why is this?

     *     *     *

モバイルプラットフォームはコンピュターとは異なる

モバイルプラットフォームがかつてのコンピュータプラットフォーム(Windows vs. Mac)と同じ行動を示すという考え方をするのであれば、これを説明することは不可能だ。デベロッパはずっと下位にある第3のプラットフォームなぞ無視すべきだからだ。まるで Windows 全盛時代に Amiga に賭けるようなものだ。

If we take the point of view that mobile platforms behave like the computing platforms of years gone by (i.e. Windows vs. Mac) then this is inexplicable. Developers should not be bothering with a distant third. This would be like betting on the Amiga in the era of Windows.

     *     *     *

かつての PC 時代は

もはや PC 時代ではない。当時はソフトウェア開発に大変高いコストがかかった。ソフトの流通チャンネルはとてもむずかしく(きちんと箱に梱包して売るのが一般的だった)、ソフトのカテゴリーも限られており、値段も高かった。しかも買うのは法人企業が中心で、小さなベンダーのことなど意にも介さなかった。当時のユーザーの数は一桁少なく、ましてや実際の購入者となるともっと少なかった。

But we’re not in the PC era any more. That era had very high software development costs. It had very difficult software distribution channels (retail box sales typically) and very few categories of software with high price points. It was also dominated by institutional buyers which did not give quarter to small vendors. It was also a time when there were orders of magnitude fewer users and even fewer buyers.

     *     *     *

新しい才能の爆発

ポスト PC 時代の特徴は、アイデアを見てもアプリをみても新しい才能が爆発する時代だ。良ければ直ちに気に入ってくれ、ワンクリックでカンタンに流通できる時代だ。アプリを作るのも、特定の専門家やベンチャーキャピタルをかき集められるひとに限られない。いまやコテージ産業(cottage industry:家内工業)になったのだ。小さなデベロッパでも広く流通させられるし、スターの座にも昇れる。ありがたいことに法人バイヤーとも関わらずに済む。その結果がアプリの爆発だ。3年前には存在しなかった3つのプラットフォームのために 100 万本以上のアプリが作られている。

The post-PC era is characterized by an explosion of ideas and application of new talent to software. It’s an era of immediate gratification and painless, one click distribution. App production is a cottage industry not something entrusted to only a few experts or those who can raise venture capital. It allows the small to distribute widely and get a shot at stardom. It has been (thankfully) avoided by enterprise buyers. The result is an explosion of apps: well over half a million new apps have been built in three years on three platforms that did not exist three years ago.

     *     *     *

マルチプラットフォームの時代

だからデベロッパは、あらゆるプラットフォームに、どんな新しいプラットフォームであれ、広く可能性を賭ける。まさにそのことが小規模プラットフォームの潜在的可能性と持続可能性を示しているのだ。支配的なプラットフォームだけがモバイル戦争を勝ち抜くという考え方はナイーブすぎる。ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代なのだ。デベロッパはこのことを理解している。プラットフォームベンダーも知っている。PC 時代に学んだ知恵は捨て去るべきときなのだ。

So the very reasons which are driving developers to spread their bets across all and any new platforms should indicate the potential for new platforms and the sustainability of small platforms. The thesis that one dominant platform wins the mobile “war” is naive. The post-PC era will be a multi-platform era. Developers already understand this. Platform vendors know this. It’s time to unlearn the lessons of the PC era.

     *     *     *

古い既成概念に捕われないひとほど新時代の寵児になれるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »

3 Legged Stool

Steve Jobs の WWDC キーノートについて Carl Howe が出色の分析をしている。

直後に出たプレスリリースを精査すると、キーノート以上のサプライズがあったというのだ。

Seeking Alpha: “Seven Overlooked iPhone 3G Details” by Carl Howe: 11 June 2008

iPhone 3G については7つの見過ごされたポイントがあるという。いずれも大変興味深いが、その5番目と7番目は次のとおりだ。

     *     *     *

iPod touch はいずれ値下がりする

iPhone が 199 ドルに値下げされたのに iPod touch が 299 ドル、399 ドル、499 ドルのままというのはどう考えても不自然だ。iPhone みたいなキャリアからの補助はないものの、そのまま放っておくほどアップルもバカじゃないだろう。新学期が始まるまでには、これらのラインナップについても 100 ドル値下がりするだろう。

iPod touch is poised for a price cut. With the iPhone cut to $199, iPod touches selling for $299, $399, and $499 seem out of place. While there’s no similar carrier subsidy to reduce these prices, Apple’s not dumb enough to leave them there. Expect a $100 price cut on these products before the back-to-school season.

     *     *     *

最後の7番目は、キーノートが済んでみてハッキリ見えてきたことだ。

Steve Jobs のメッセージ

Steve Jobs は2時間のキーノートのうち約 40 分をサードパーティソフトのデモに割いた。ほかのどの話題より時間が長かった。Jobs のキーノートのついて我々が知っていることのひとつは、ユーザーにとって重要でないことに彼が無駄に時間を使ったりはしないということだ。キーノートの三分の一近くをサードパーティのソフトに割いたということは、Jobs が明確なメッセージを発したということなのだ。iPhone は単なる消費者向け商品にとどまらず、Mac や iPod と並ぶデベロッパ向けの第3の大きなプラットフォームなのだ、と・・・。アップルの収入源という意味では未だ第3位に達しないかもしれないが、しばらくすれば、それもみんなが考えるよりずっと早くそうなるに違いない。

Steve Jobs dedicated nearly 40 minutes to third-party software demonstrations during the two-hour keynote. That’s more time than any other topic received. If there’s one thing we know about Jobs’ keynotes is that he doesn’t waste time on things that are unimportant to users. By dedicating nearly 1/3 of the keynote to third-party applications, Jobs served notice that the Apple iPhone is not just a consumer device, but is Apple’s third big developer platform, following the Mac and the iPod. And while it isn’t yet a third of Apple’s revenue, just wait. It will be — and sooner than you think.

     *     *     *

Carl Howe が好きなのは、彼が複眼思考の達人だからだ。

ひとつの事象について様々な視点から、それも多くの場合みんなが予期せぬ視点から分析してみせる。

残りの項目も大変おもしろいので、是非とも目を通してほしい。

原文を見る

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »