Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Phil Schiller’

Apple attorney Harold McElhinny delivers opening statement during Apple Inc vs Samsung Electronics Co Ltd case in U.S. District Court, Northern District of California in San Jose

[アップル対サムスンの裁判:image

またぞろ再開されたアップル対サムスンの裁判で、アップルの内部文書が表に出てきている。

Re/code: “Internal Apple Document Shows Worries iPhone Growth Could Stall” by Ina Fried: 04 April 2014

     *     *     *

iPhone の伸び悩みを懸念

アップルの内部文書によれば、少なくとも同社の販売チームは iPhone の伸び悩みを懸念している。大型スクリーンを備えた Android デバイスや低価格製品により iPhone マーケットの一部が減ってきていると・・・

Internal Apple documents show the concern, at least from the company’s sales force, that the portion of the market occupied by the iPhone was on the wane amid growing competition from Android devices that have either larger screens or lower prices than the iPhone.

     *     *     *

グーグルのエコシステムも

また同文書は、グーグルのエコシステムが大きくなったこともマーケットの変化をもたらしていると指摘している。

The shift in the market was accompanied by a rising Google ecosystem, the documents noted.

     *     *     *

アップル・サムスン裁判で開示

2014 年度オフサイト会合のために準備されたある書類のなかで、「ライバルたちはハードウェアも、またいくつかの場合にはエコシステムにおいても、劇的な発展をとげている」とアップルの販売チームの一員が書いている。これら書類の一部はアップル・サムスン裁判で金曜日に陪審員に対して開示された。

“Competitors have drastically improved their hardware and in some cases their ecosystems,” a member of Apple’s sales team wrote in a document that was prepared as part of a fiscal 2014 offsite meeting. Portions of the document were shown Friday to the jury in the Apple-Samsung case.

     *     *     *

大型スクリーンと廉価版

サムスンのアップルの上級副社長 Phil Schiller に対する反対尋問で提出された書類は、スマートフォンの成長はすべて 300 ドル以上の大型スクリーンデバイスによるものかあるいは 300 ドル以下の安価なデバイスによるものであり、その価格帯の iPhone が減少していることを示している。

The document, which was presented as part of Samsung’s cross-examination of Apple Senior VP Phil Schiller, noted that all the growth in smartphones was coming either from large-screen devices costing more than $300 or from devices that cost less than $300, with the segment that included the iPhone showing decline.

     *     *     *

「法外な」カネ

同書類では他の懸念も示されている。Android のライバルたちがモバイルキャリアの関心を引くため、広告やキャリアチャンネルに 「『法外な』カネを費やしている」と。また iPhone に払う高額な販売奨励金を抑えるため、モバイルキャリアは iPhone 販売を抑えることに関心を持っているとも。

Other concerns noted in the document included the idea that Android rivals were “spending ‘obscene’ amounts of money on advertising and/or carrier channel to gain traction” and that mobile carriers had an interest in limiting iPhone sales because of, among other things, the high subsidies they had to pay on the device.

     *     *     *

同意できない

Schiller はこの書類で触れられた多く点には同意できないと証言した。彼がいうにはこれはアップルのポリシーを代表するものではないからだ。

Schiller noted in his testimony that he didn’t agree with much of the document, which he said didn’t represent Apple policy.

     *     *     *

神経に障る

しかしながら以前 Schiller は 2013 年のEメールでサムスンの広告は神経に障ると述べている。

In a 2013 e-mail, though, Schiller expressed concern that Samsung’s ads were striking a nerve.

「今日公開されたサムスンのスーパーボウルコマーシャルを見た」と彼はあるメールで書いている。「なかなかよく出来ており、ヤツらは(決勝点にはいった運動選手が間違いなく勝ったと思うように)確信していると思わざるを得ない。一方われわれは iPhone をそう思わせるのに打つ手を欠いて苦慮している。」

“I watched the Samsung pre-superbowl ad that launched today,” he wrote in one missive. “It’s pretty good and I can’t help but thinking ‘these guys are feeling it (like an athlete that can’t miss because they are in a zone), while we struggle to nail a compelling brief on iPhone.”

     *     *     *

アップルの本音はなかなか窺い知れないが、裁判の証拠という形で出されてみると分かるような気もする。

ところで今年は iPhone モデルチェンジの年だが、果たして大型スクリーンのモデルは出るのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[30歳になった Mac:Apple

今回の Macintosh 30周年記念はこれまでとは違っている。

アップルがさまざまな形で大々的に取り上げているからだ。

ホームページのトップを「Happy Birthday, Mac.」で飾り、Mac 30年のタイムラインをフィーチャーする特集ページまで設けられている。

アップルのお偉方がインタビューに応じるなど、これまで過去の記念日など無視してきたのとは大違いだ。

なかでも Macworld のインタビューに応じた Phil Schiller の発言が特に注目を引いた。

Macworld: “Apple executives on the Mac at 30: ‘The Mac keeps going forever.’” by Jason Snell: 23 January 2014

     *     *     *

誰もいなくなった

「自分たちが Mac を出したころコンピュータを作っていた会社は誰もいなくなった」とアップルの世界マーケッティング担当上級副社長 Phil Schiller は木曜日にクパティーノ本社で行ったインタビューで語った。「唯一残ったのはわれわれだけだ。アップルはいまでもコンピュータを作り続けている。しかも他の PC メーカーより早い勢いで成長している。それは繰り返し自らを再発明しようとするアップルの意欲のせいだ。」

“Every company that made computers when we started the Mac, they’re all gone,” said Philip Schiller, Apple’s senior vice president of worldwide marketing, in an interview on Apple’s Cupertino campus Thursday. “We’re the only one left. We’re still doing it, and growing faster than the rest of the PC industry because of that willingness to reinvent ourselves over and over.”

     *     *     *

まごうかたなき Mac

「オリジナル Mac が持っていた重要な特質はいまもハッキリと分かる形で残っている。アップルチームは何年もかけてうまくいかなかったものがあればそれを捨て去って、何度もなんども Mac を作ってはまた作り直してきた。にもかかわらずオリジナル Mac のコンセプトはその多くが生き残り、30年たってもなお Mac はまごうかたなき Mac なのだ。」

“There were so many things of value in the original Mac that it is still recognizable,” Schiller said. The teams at Apple that have built and rebuilt the Mac over the years have had the option to toss away anything that didn’t work—and yet so much of the original Mac concept succeeded that, 30 years later, the Mac remains undeniably the Mac.

     *     *     *

これからも永遠に続く

「Mac には常に変わらぬ非常に重要な役割がある」と Schiller はいう。「その役割が終わることはない。今後もずっとそうだ。スマートフォンやタブレットと併せて、使いたいものを自由に選べるという役割だ。Mac はこれからも永遠に続くというのがわれわれの考えだ。スマートフォンやタブレットとは違うからこそ貴重なのだ。」

“There is a super-important role [for the Mac] that will always be,” Schiller said. “We don’t see an end to that role. There’s a role for the Mac as far as our eye can see. A role in conjunction with smartphones and tablets, that allows you to make the choice of what you want to use. Our view is, the Mac keeps going forever, because the differences it brings are really valuable.”

     *     *     *

1997 年に、アップル創業20周年を記念して限定販売されたのが Twentieth Anniversary Macintosh[TAM]だった。

2人のスティーブに Gil Amelio から贈られたこの TAM が発表されたときは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」ともいわれたが、1997 年の Macworld Expo キーノートで見るジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。

ジョブズが TAM を嫌っていたのは有名で、窓から投げ捨てたという伝説まであるほどだ。(アップルに復帰したジョブズが最初にやったのは、Gil Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったと読んだ記憶がある。もちろん真偽のほどは定かでない。)

ことほどさように、過去のマシンや記念日には振り向きもせず、ひたすら未来を志向するのがジョブズ時代のアップルだった。

その意味で今回の30周年記念は画期的だ。

Macintosh 128K 以来の Mac ユーザーである筆者にとっていちばんうれしかったのは、「Mac はこれからも永遠に続く」という言葉を常にアップルの中枢にあり続けた Schiller の口から聞けたことだった・・・

★→[原文を見る:Original Text

     *     *     *

TAM

[Twentieth Anniversary Macintosh — TAM:photo

《追記》TAM もあった!

Mac タイムラインの 1997 年の項には、ちゃんと TAM も載っている!

これまたジョブズ時代には考えられなかったことだ。

併せて「Wired」がフィーチャーされ、テクノロジーの「Rolling Stone」誌を標榜したことが紹介されている。

1984 年の Macintosh 発表当時 Rolling Stone にいてジョブズをインタビューしたのが Steven Levy だった。

その彼がいま Wired で活躍していることを考えると、なにか因縁じみたものすら感じずにはいられない。

Read Full Post »

Hell_Froze_Over

[Hell Freezes Over のポスター]

アップルを振り返る素晴らしい視点を Chris Fralic が与えてくれる。

LinkedIn: “The Butterfly that Started the Apple Tsunami” by Chris Fralic: 16 October 2013

     *     *     *

アップルの津波を起こしたバタフライ

The Butterfly that Started the Apple Tsunami

10年前の今日、アップルは素晴しいことをやってのけた。しかし当時はそうは見えなかった。バタフライ効果[蝶の羽ばたきが地球の裏側の津波を引き起こすというカオス理論]のように、アップルの次の10年間の進路と運命に計り知れぬ影響を与えた。熱心なアップルウォッチャーですらあまり口にしないが、まさにこの日に「信じられないことが起きた」[Hell Freezes Over:灼熱の地獄が凍りつくなどありえないことから]のだ。

10 years ago today, Apple did something extraordinary, but it didn’t seem like it at the time. Like the story of a butterfly flapping its wings and eventually causing a tsunami halfway around the world, this had a profound impact on the trajectory and fortunes of Apple over the next decade. It’s something you don’t often hear about, even from fervent Apple watchers, but it was the day “Hell Froze Over.”

     *     *     *

異端 — iTunes for Windows

2003 年10月16日に、「これまでで最も優れた Windows ソフト」 — iTunes for Windows — をアップルが発表した。当時アップルのコンピュータマーケットシェアはたったの 3.2% で、しかもそれが減少しつつあった。Windows のためのソフトをアップルが書くという考えはアップルでは異端だった。

On October 16th, 2003, Apple launched “the best Windows program ever” – iTunes for Windows. Back then Apple had a whopping 3.2% and declining US computer market share. The idea of Apple writing software for the PC was heresy inside of Apple.

     *     *     *

DesignCrazy_FC_Byliner_Final

Design Crazy

Jon と Phil の功績

最近出版された Max Chafkin[Fast Company]の iBook『Design Crazy』は、私が見る限り初めてその詳細に触れたものだ。この本はその功績を Phil Schiller[マーケティング担当上級副社長]と Jon Rubenstein[ハードウェアエンジニアリング担当上級副社長]の2人に帰している。スティーブ・ジョブズはアップルのソフトもハードも Macintosh だけにしておきたかった。Jon と Phil は PC まで広げることの価値を分かっていたが、ジョブズはあくまで譲らなかった。事態は典型的なジョブズスタイルで展開したことが次のエピソードから分かる。

The recent iBook by Fast Company’s Max Chafkin, based on an oral history of Apple called Design Crazy, gets into the details for the first time I’ve ever seen it. It gives the credit to Apple’s SVP of Marketing Phil Schiller and Jon Rubenstein, Apple’s SVP of Hardware Engineering. Steve Jobs wanted to keep Apple software and devices only on Macintosh computers. Jon and Phil saw the value of spreading out onto PCs while Jobs persisted, and from the story below it happened in a typical Steve Jobs kind of way.

     *     *     *

「オマエらの責任だぞ」

われわれはスティーブと(iTunes の Windows 版を出すことについて)激しくやり合った。彼の返事はノーだった。Phil Schiller と私はとうとういった — 「どうしても自分たちはやります。」「オマエらクソクラエだ。勝手にしろ。オマエらの責任だぞ」とスティーブ。そして彼は席を蹴って部屋を飛び出した。 — Jon Rubenstein

We argued with Steve a bunch [about putting iTunes on Windows], and he said no. Finally, Phil Schiller and I said ‘we’re going to do it.’ And Steve said, ‘Fuck you guys, do whatever you want. You’re responsible.’ And he stormed out of the room.” – John Rubenstein

     *     *     *

世界は知った

これによって PC 所有者の 97% に iPod への道が開けた。

That opened up the iPod to the 97% of people who had PCs.

彼らはいかにソフトがハードとうまく連動するか理解することができた。

They could see how well the software worked with the hardware.

アップグレードがいかに簡単かということも知った。

They learned how easy it was to upgrade.

彼らにとって初めての iPod は初めての iPhone となった。

Their first iPods turned into their first iPhones.

そして全部を Macintosh にしてしまえばどんなに楽かということにも気づいた。

Then they realized that their lives would be a lot easier if they switched to a Macintosh all together.

かくてアップルの資産価値は、世界で最も価値のある会社への道をたどったのだ。

And along the way Apple’s market cap climbed to the most valuable company in the world.

     *     *     *

「Hell Freezes Over」のポスター

自分がニューヨークのオフィスにアップルの「Hell Freezes Over」のポスター[冒頭画像]を飾っているのはそういうワケだ。いつもそれはアップルが最高の戦略決定をした瞬間を思い出させてくれる。

That’s why I have this vintage Hell Freezes Over poster in my NYC office – it reminds me of one of the best strategic decisions a company has ever made.

     *     *     *

アップルがアップルの枠を踏み出した日 — 確かにそれは「信じられない瞬間」(Hell Freezes Over)だった・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Michael_Gartenberg

[Michael Gartenberg:photo

アップルについても優れた分析をしているアナリスト Michael Gartenberg がアップルの仕事に就くことになった。

Forbes: “Longtime Tech Industry Analyst Michael Gartenberg Joins Apple” by Connie Guglielmo: 22 May 2013

     *     *     *

Gartenberg がアップルへ

Michael Gartenberg が Gartner のアナリストの職を辞し、アップルの仕事に就いた。Gartenberg は長年産業アナリストとして活躍、マイクロソフトやアップルなどのデジタルメディア技術をカバーしてきた。

Michael Gartenberg, a longtime industry analyst known for covering digital media technologies and companies including Microsoft and Apple, has left his post as an analyst at Gartner Inc. to take a job with Apple.

     *     *     *

Phil Schiller の下でマーケティングの仕事か

彼のオフィスに新しい仕事内容を尋ねるボイスメールを出したがまだ返事はない。情報筋によれば、彼はアップルのグローバルマーケティング担当 Phil Schiller の率いるマーケティングチームで働くことになるという。

Gartenberg didn’t immediately reply to a voicemail message left at his office at Apple asking him to talk about his new role for the Cupertino, California-based company. He is working on the marketing team under Apple’s global marketing chief Phil Schiller, according to sources.

     *     *     *

前はひと月で辞めた

自分がカバーするハイテク企業で Gartenberg が仕事をするのはこれが初めてではない。もっとも最後の仕事はひと月も続かなかったが・・・。2007 年2月に彼はマイクロソフトの「熱烈伝道師」(enthusiastic evangelist)の仕事に就いた。彼は当時その仕事のことを「熱狂的ファンやインフルエンサーとマイクロソフトの橋渡しをして、マイクロソフトがやっているクールなものを見せること。要すればマイクロソフトとエンドユーザーの橋渡しをするのがその仕事だ」と述べていた。しかし同年3月にはマイクロソフトを辞め、元の仕事に戻った。彼いわく、「自分は芯までアナリストだ。それが自分の仕事で、熟慮の結果まだその仕事を辞めるべきではないと判断した。」

This isn’t Gartenberg’s first time jumping into one of the technology companies he tracks — though his last foray lasted less than a month. In Feb. 2007, he joined Microsoft as an “enthusiastic evangelist,” a job he described at the time as being designed to “engage and work with enthusiasts and other influencers and show them all the cool stuff that Microsoft is doing. In short, it’s our job to act as the bridge between Microsoft and end users.” But he left Microsoft in March 2007 and resumed his role as a tech analyst, saying “at my core, I am an analyst. It’s what I do and I do it well and after much thought, I realize I’m just not ready to stop doing that job just yet.”

     *     *     *

アナリストの中でも Michael Gartenberg は光る存在だ。当ブログでも何度か取り上げてきた

Phil Schiller の下でどんな仕事をすることになるのか楽しみだ。

アップルギークたちも好感をもって迎えているようだ。(こちらこちらこちら

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[予想外に高い iPad mini:image

盛り沢山の発表内容を咀嚼するのに少々時間を要するかに見えたメディアも、一夜明けて様々な反応を見せている。

そのひとつが予想以上に高かったエントリー価格に関するものだ。

Cult of Android: “Why Apple’s iPad Mini Misses The Mark [Opinion]” by Vincent Messina: 23 October 2012

     *     *     *

低価格タブレットへの回答

アップルが iPad Mini を発表したとき、世界の耳目はアップルに注がれた。これこそ Kindle Fire HD や Google Nexus 7 をはじめ iPad から貴重なマーケットシェアを盗みつつある7インチの低価格タブレットに対するアップルの回答になるハズだったからだ。今日までのところ iPad Mini はリークとウワサにしか過ぎなかった。しかし今やそれは現実のものとなった。そしてスペックと価格を見る限り、これがもろもろの7インチのヤカラをやっつけるシロモノでないことは明らかだ。

All eyes were on Apple as they announced the iPad Mini to the world. This was to be Apple’s answer to the Kindle Fire HD, the Google Nexus 7, and all the other 7-inch budget tablets stealing precious market share from the iPad. Up until today, the iPad Mini was nothing more than leaks and rumors, but now that it’s very real and we have all the specs and pricing, it’s clear that this is not going to be the destroyer of all things 7-inch.

     *     *     *

サメがうようよいる海

アップルは急所を突く代りに、7.9 インチ、1024 x 768、16GB、329ドルのタブレットを携えてサメがうようよいる海に飛び込んだ。確かにアップルブランドではある。しかし 32GB Nexus 7 より 100 ドル近く高く、Kindle Fire HD よりも100 ドル以上高く、Fire HD 8.9 より 29 ドルも高い。スペック的にほぼ同じ iPad 2 よりたった 70 ドルしか安くないことはさておいても・・・

Instead of going for the jugular, Apple jumped into shark infested waters with a 7.9-inch, 1024 x 768, 16GB tablet priced at $329. Sure, it’s Apple, but it’s almost $100 more than the 32GB Nexus 7, it’s over $100 more expensive than the Kindle Fire HD, $29 more expensive than the Fire HD 8.9, and not to mention only $70 less than its cousin the iPad 2 (with whom it shares similar specs).

     *     *     *

小型サイズ

アップルの消費者が他の iPad を差し置いて Mini を選ぶ理由は小型の形状(form factor)ということしかない。もし欲しいのが LTE モデルなら、価格について細かいことをクダクダいわず、スペックの優れた iPad を選ぶ方がましだ。(もし小型サイズを求めているのでなければの話だが・・・)

For Apple consumers, there’s simply no reason other than form factor to choose the Mini over any of the other iPads Apple has to offer. Even if you’re looking to pick up the LTE version, you’re splitting hairs with price and better off getting one of the better spec’d iPads (again, unless it’s the form factor you’re looking for).

     *     *     *

アップルイベントの直後、iPad mini の価格が高すぎるのではないかというメディアの質問に、Schiller が次のように答えているのが興味深い。

Reuters: “Apple’s Schiller defends iPad mini’s price tag” by Noel Randewich and Poornima Gupta: 23 October 2012

最も手ごろな価格

「iPad は間違いなくこのカテゴリーで大成功を収めた製品です。これまでのことろ我々が作ることができた最も手ごろな(affordable)価格の製品は 399 ドルでした。そしてお客様は(iPad の中でもとくに)それを選んだのです」と Schiller は語った。

“The iPad is far and away the most successful product in its category. The most affordable product we’ve made so far was $399 and people were choosing that over those devices,” Schiller said.

     *     *     *

さらに求めやすい価格

「そして今、さらに求めやすい(affordable)329 ドルという価格で、この新しい、素晴らしい形状のデバイスを手にできるのです。多くのお客様がとてもワクワクしているのだと思います」と Schiller はいう。

“And now you can get a device that’s even more affordable at $329 in this great new form, and I think a lot of customers are going to be very excited about that,” Schiller said.

     *     *     *

この記事を取り上げた Jim Dalrymple が、Schiller の回答を次のように翻訳している。

The Loop: “Schiller on the iPad mini” by Jim Dalrymple: 24 October 2012

Schiller の発言が意味するもの

翻訳すれば、「コイツはメチャ売れる」ということだよ。

Translation: We are going to sell a metric shit ton of these things.

     *     *     *

Tim Cook が iPad について語るとき、常に揺るぎない自信を持っていたように思う。

Schiller の絶大な自信は、399 ドルの iPad 2 の売れ行きにそれほど強い手応えを感じているということだろうか。

329 ドルという予想外に高いエントリー価格の背景にはそんな事情があるのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Cult of Android
★ →[原文を見る:Reuters

Read Full Post »


[カリフォルニア劇場の iPad mini イベント]

アップルは変わったなあと思う。

単刀直入、すぐ本題にはいる。

iPad mini のイベントかと思ったら、13 インチ Retina MacBook Pro、Mac mini、iMac まであれよあれよという間に立て続けに紹介される。

第4世代 iPad と iPad mini まで含めて、全部にかかった時間は1時間ちょっと。

ひと昔前なら、どのひとつをとってもそれだけでスペシャルイベントができる内容だ。

     *     *     *


[自信満々の Tim Cook]

思わせぶりなところは一切なし。淡々とビジネスライクに進行するところは新生 Tim Cook 流か。

「One more thing」は完全に過去のものになった。

Tim Cook が舞台回し、実質 Phil Schiller がすべてを仕切る。Cook と Schiller の「ツー」マンショーだ。


[うれしさをかみ殺す Phil Schiller]

Scott Forstall や Eddy Cue の姿もなければ、デモも一切なかったのは意外だった。

     *     *     *

直前のいろんなウワサがことごとく的中した。なかでもひときわ目立ったのが Mark Gurman の活躍だ。

329 ドルまでぴったり当てたのにはビックリ。

アップルの懐深く食い込んだアップルギーク John Gruber が、Gurman のような新興若手に食われた形になった。

もちろん Gruber とて、サイズからベゼル幅、解像度、2度の秋期イベントまで的中させたが、教育中心、300 ドル、”iPad Air” はハズレた

直前の Ars Technica の記事「秘密の花園」が思い起こされる。

いくら社内の秘密保持を厳格にしても、いまやリークはサプライヤー = 中国から出る有様で、グローバリゼーションの落とし子だというもの。

サプライヤーチェーンの一角に組み込まれた日本からもいろいろ情報があっていい気がするが、ウワサの世界でも日本の存在感は薄い。

     *     *     *


[最前列には Jonathan Ive、Bob Mansfield、Scott Forstall などの姿]

早く寝て、夜中に目を覚ましたら、すでにアップルのサイトは一新され、ライブストリーミングも公開されている。

朝のテレビニュースまで取り上げる始末。

英語と日本語の、そしてアメリカと日本の時差はなくなった。

アップル専門サイトやギークの役割もなかなか難しくなりそうだ。

     *     *     *

[iPad mini の本質を衝いたコマーシャル:YouTube

フルサイズ iPad と同じことができるというのが iPad mini のウリだ。Every inch an iPad(ミニなのは、サイズだけ)というキャッチフレーズは実に巧いと思う。

イベントで紹介された iPad mini のコマーシャルは、短いながらズバリ本質を衝いた傑作だ。

     *     *     *

価格が思ったより高い 329 ドルになったのはユニボディや薄型ディスプレイのせいだろうか。

新しいカテゴリーキラーとして199 ドル、せめて 249 ドルを期待した筆者としてはかなり失望。

329 ドルなんて中途半端な数字はあり得ないと思ったが見事ハズレた。(そういえば iPad 登場の際も、生理用品を思わせるそんな名前はあり得ないと思ってハズレた。)

今後のレビューやみんなの反応に注目してみたい気がする。

Read Full Post »


[アップルイベントの Phil Schiller:photo

アップル対サムスン裁判での Phil Schiller の証言も興味津々だ。

Wired.com: “Phil Schiller Testifies: ‘You’re Stealing All the Value We’ve Created‘” by Christina Bonnington: 03 August 2012

     *     *     *

あからさまなコピー

金曜日のアップル対サムスン裁判で最初に証言台に立ったのは Phil Schiller だった。陪審員に向けた彼のメッセージはハッキリしていた。すなわち、iPhone および iPad のデザインは革命的で象徴的ブランド(iconic)であり、サムスンはこれらアップル独自の(そして特許を有する)魔法のパワー[Mojo:ブードゥー教の呪術、転じて金運やギャンブル運を招く魔法の力]のすべてをあからさまにコピーしたのだと。

SAN JOSE, California — Phil Schiller was the first witness to speak at the Apple v. Samsung trial Friday, and his words sent a very clear message to the assembled jury: The iPhone and iPad’s designs are revolutionary and iconic, and Samsung outright copied all this unique (and patented) Apple-owned mojo.

     *     *     *

アップルのすべてを盗むこと

「(コピーすることは)多くの面でマーケティングにとって大きな問題となります。アップルは自らの製品を英雄(the hero)として、いかに際立った特徴を持ち(distinctive)、いかに時を経ても変わらないか(consistent)ということをマーケティングします」とアップルの世界マーケティング担当上級副社長の Schiller はアップルの弁護士 Harold McElhinny の尋問に答えて語る。「誰かがそのデザインも、マーケティングもコピーした製品を出せば、どちらの製品がどちらのものか顧客には分からなくなります・・・。(iPhone のルックスを)盗むということはアップルが造り出した全ての価値を盗むということなのです。」

“[Copying] creates a huge problem in marketing on many levels. We market our product as the hero and how distinctive it is, how consistent we’ve kept it over time,” said Schiller, Apple’s senior vice president of worldwide marketing, as he was questioned by Apple lawyer Harold McElhinny. “Now when someone comes up with a product that copies that design and copies that marketing, then customers can get confused on whose product is whose…. If you steal [the way the iPhone looks] you’re stealing all the value we’ve created.”

     *     *     *

たやすい技

シリコンバレーでは稀な背広姿のシラーの答弁は、静かで場数を踏んだものだった。アップルメディアイベント(冒頭写真)での大勝負のプレゼンテーションに比べれば、陪審員に語りかけるのは彼にとってたやすい技のように見えた・・・

Dressed in a suit (an unusual sight in Silicon Valley), Schiller came across as calm and practiced. Compared to his performances during high-stakes Apple media events (see image above), it appeared that speaking in front of a jury was a piece of cake for the senior VP. […]

     *     *     *

アップルの製品すべてを盗むだろう

「時を経ても製品がユニークで際立った特徴を持つ(unique and distinctive)ことが重要でした」と Schiller はいう。各世代の iPhone モデルのスライドを見ながら Schiller はこういう。「一貫して変わらない形(consistent shape)に気がつかれるでしょう。」また彼はサムスンが iPhone のデザインをコピーしたことも問題にした。「Galaxy S フォンを見たときはひどくショックを受けました。アップル製品のコピーの度合いがひどかったからです。」さらにこうも付け加える。「私の第一印象は、サムスンはきっと我々の製品すべてを盗むだろうということでした。」

“It’s important to me that a product be unique and distinctive over time,” Schiller said. Looking at a slide of each iteration of iPhone design, Schiller commented that “you see the very consistent shape to it.” He also took Samsung to task for copying the iPhone’s design: “I was pretty shocked when I saw the Galaxy S phone and the extent to which it appeared to copy Apple’s products,” Schiller said, adding later, “My first thought was they’re going to steal our whole product line.”

     *     *     *

尋問、反対尋問のやりとりは、渦中の当事者が語ることばだけに大変興味深い。[全体の様子はこちら

裁判を有利に導くための証言だとしても、端々にホンネが表れているような気がする。

今回の裁判劇はアップルに関心を持つものにとって稀有の機会で見逃せない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Phil Schiller の役割は:photo

WWDC を直前に控えてビジネスウィークが Phil Schiller を取り上げている

彼こそアップルの対外的な顔(Apple’s public face)だというのだ。

Businessweek: “Can Phil Schiller Keep Apple Cool?” by Peter Burrows and Adam Satariano: 07 June 2012

     *     *     *

舞台では道化役

アップルのヒット製品発表は必ず Steve Jobs が指揮したが、それは決してワンマンショーではなかった。クールで洗練されたアップル CEO を引き立てる道化役を舞台で演じるのは、長い間製品マーケッティング担当上級副社長を務めた Phil Schiller だ。Schiller は 1999 年の新 iBook 発表では 15 フィートの舞台から飛び降りてみせた。2007 年には新しいビデオ会議機能のデモでマイクロソフトの Steve Ballmer の写真に口を重ね、「私は Mac が好きだ!」と Ballmer に言わせてみせたのだ。

Steve Jobs always oversaw Apple’s (AAPL) blockbuster product launches, but he was never a one-man show. Phil Schiller, the company’s longtime senior vice president of product marketing, often hammed it up onstage as the lower-brow counterweight to Apple’s cool, polished chief executive officer. In 1999, Schiller jumped off a 15-foot platform to show off Apple’s new iBook. In 2007, he demoed new videoconferencing features by superimposing his mouth on a photo of Steve Ballmer. “I love my Mac!” Schiller had the Microsoft (MSFT) chief declare.

     *     *     *

舞台を降りると

舞台を降りると、Schiller は道化役ではなく、Jobs に最も信頼され、影響力を持つ副官のひとりとなる。故 CEO が新製品の基本的部分を造り出す作業の手助けをする。ターゲットとなるマーケットや技術スペックを決め、価格を決めるのだ。オリジナル iPod の回転ホィールインターフェイスを考えついたのは Schiller だったし、他の役員が iPad の可能性に疑問を呈したとき擁護したのも彼だった。「Phil の肩書きがマーケティングなので彼の仕事は広告塔が中心だと考え勝ちだが、みんなが考えるよりずっと重要な役割を彼は引き受けている」と Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。

Offstage, Schiller wasn’t a clown but one of Jobs’s most trusted, influential lieutenants. He helped Apple’s late CEO work through the meat-and-potatoes of creating new products: Defining target markets, determining technical specs, setting prices. It was Schiller who came up with the spin-wheel interface on the original iPod, and he was a champion of the iPad when other executives questioned its potential. “Because Phil’s title is marketing, people believe he’s focused on what’s on the billboards,” says Gene Munster, an analyst with Piper Jaffray (PJC). “He’s much more important than people give him credit for.”

     *     *     *

WWDC キーノートの司会も

Jobs が10月に亡くなって以来、その空白を埋めることにプレシャーを受けた役員といえば Tim Cook を除けば彼だろう。この記事のために Schiller にインタビューをすることをアップルは認めなかった。この記事は専ら1ダース以上のアップルの元マネージャ、ビジネスパートナー、業界アナリストなどと行なったインタビューに基づいているが、そのほとんどはアップルとの関係悪化を懸念して匿名を希望している。Schiller は、ソフト開発チーフ Scott Forstall を助け、ハードウェアデザイナー Jonathan Ive の新製品決定を手助けするが、そのほかにも彼はアプリ開発者との関係も取り仕切る。Schiller はアップルの全マーケティングの責任を引き受け、昨年は9億 3300 万ドルに及ぶ全世界の広告予算を取り仕切った。Schiller はますますアップルの対外的顔(Apple’s public face)となり、6月11日開幕の恒例の WWDC ではその役割が明らかになるだろう。多分 Schiller がキーノートの司会の大部分を行なうハズだ。彼は新しい Mac ラップトップと改良された OS を発表するだろう。今年はアップルにとって過去最大の新製品発表の年となるだろう。3月の新 iPad 発表、そして恐らくは今秋の iPhone アップグレードと並んで、もしかしたらテレビも含めて・・・

Since Jobs’s death in October, perhaps no Apple executive other than CEO Tim Cook is under more pressure to fill the void. Apple declined to make Schiller available for this story, which is based on interviews with more than a dozen former Apple managers, business partners, and industry analysts, most of whom asked to remain anonymous to avoid harming their relationships with the company. Besides helping software chief Scott Forstall and hardware designer Jonathan Ive define new products, Schiller is the steward of Apple’s relationship with app developers. He has taken over all of Apple’s marketing, including a global advertising budget that hit $933 million last year. And he will increasingly be Apple’s public face, a role that should be evident at the company’s annual Worldwide Developers Conference starting on June 11. There, Schiller is likely to emcee much of the keynote, during which Apple is expected to unveil new Mac laptops and an upgraded operating system. This could be one of Apple’s biggest years ever for new products, starting with the new iPad in March and likely including an upgraded iPhone this fall and possibly a television.

     *     *     *

Phil Schiller の役割については John Gruber も同意見だ。

Daring Fireball: “Businessweek Profiles Phil Schiller” by John Gruber: 08 June 2012

よりハッキリさせるには

良記事。アップルにおける Schiller の役割は強調してもしきれない。アップルにおける「マーケティング」とは他社におけるそれとは異なる。「マーケティング」ではなく「製品」に変えて「製品担当上級副社長」とした方がより彼の役割をハッキリさせるだろう。

Good piece. It would be very hard to overstate Schiller’s role at Apple. “Marketing” at Apple doesn’t mean what “marketing” means at most companies. If you took the “Marketing” out of Schiller’s title and changed it to “Senior Vice President of Product”, people would have a better sense of his role.

     *     *     *

WWDC のメインの舞台回しは Phil Schiller になるということか。

とすると、久しく顔の見えない Scott Forstall や Jonathan Ive はどうなるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[The new iPad]

夜更しはこたえる。ダウンしてしまった。

追いつき追い越され、また追いつくなでしこジャパンの粘りのアルガルベ杯決勝戦に興奮してつい夜更ししてしまった。

翌朝アップルサイトで見た iPad キーノートの印象・・・

Apple Special Event March 2012 | Apple

     *     *     *

名前が The new iPad だったことを除けば 399 ドルも含めておおむねウワサどおりでサプライズはなかった。

むしろステージに上がったメンバーの方が興味深かった。

Tim Cook は舞台回し以上の役割を演じ、すっかり落ち着いて、心地よさそうな感じすら受ける。

アップルの業績関連だけでなく、The new iPad、Apple TV から iOS、(日本語)Siri、iCloud まで次々に Cook の口から明かされる。

Post-PC World から The new iPad まで今回の目玉についてすべて触れるところはまるで Steve Jobs と同じ役柄をこなそうとしているみたいだ。

もっとも、決算発表のときのたんたんとしたしゃべり方と比べて、best、absolute、so excited、pretty cool、astonishing、incredible など形容詞に力がはいるとちょっと違和感を感じるけれど。

どうやらアップル社内の Tim Cook の地位は盤石になったということか・・・

     *     *     *

一方、いるべきひとがいないという感じも・・・

Phil Schiller もすっかり手慣れた感じだ。Retina ディスプレイなど The new iPad のハード面だけでなく、iOS についても、399 ドルの iPad 2 も彼がしゃべってしまった。

Jobs のときなら One more thing などと最後まで引っ張ったことも、どんどんお構いなしに紹介される感じ。

気がついたら Scott Forstall の出番がなかった。

また別の機会が彼にはあるのか、それとも pecking order が下がってしまったのか・・・

そういえば Jonathan (Jony) Ive の出番もなかった。

邪魔なものが一切ない見えないデザイン(invisible technology)という iPad デザインの要(かなめ)について紹介ビデオで語るのも Jonathan Ive ではなく Michael Tchao だ。

Tim Cook — Eddy Cue — Phil Schiller という登場順序は、Cook 時代の戦略の新しい内部順位を示すものか・・・

     *     *     *

価格設定を含めてなにか教育市場向けの特別発表があるのではと期待したが、これは期待はずれだった。

今回のウリである Retina ディスプレイは、実際に手にして見てみないと分からないといわれる。

文字がどの程度読みやすいか、文字画面の拡大・縮小も可能なのか・・・実際に手にして確かめてみたい。

     *     *     *

《追記》魔法使いの弟子


[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

昨年10月の iPhone 4S イベントで「Who are you?」という Scott Forstall の問いに「I am a humble personal assistant.」と答えた Siri の鮮烈なデビューは誰の記憶にも新しい。

その直後に iOS 開発の立役者 Forstall にスポットライトを当てて書かれた Businessweek の「魔法使いの弟子」という記事がとても興味深い。

Scott Forstall, the Sorcerer’s Apprentice at Apple | Businessweek
魔法使いの弟子 Scott Forstall | maclalala:link

Jobs 亡き後のアップルを率いる重要な人物として Forstall を詳細に論じたもので、6ページにわたり 4000 語を超える。

Forstall をミニ Jobs として描いたのが特徴だ。その後注意して見ているがまだ日本語にはなっていないようだ。

その記事に次のような下りがある。

     *     *     *

Jobs が好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Steve Jobs に近かった2人の人物が今回の iPad イベントからスッポリ抜けているのが気にかかる・・・

Read Full Post »


Steve Jobs

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取り上げた Steve Jobs の後継者問題について John Gruber が興味深いコメントをしている。

Daring Fireball: “On Succeeding Steve Jobs” by John Gruber: 22 July 2011

     *     *     *

WSJ 紙の記事

アップルが記録破りの決算報告をするたったの30分前に、アップル CEO の後継者問題に関する記事が WSJ 紙に載った。Yukari Iwatani Kane、Joann S. Lublin、Nick Wingfield などの共同執筆になるものだ。(講読者限定の記事だがこちらのリンクから読める。誰でもググれば読めるのだ。日本語では全文が読める。)

On Wednesday, less than 30 minutes before Apple announced another record-breaking quarter of financial results, the Wall Street Journal published a story by Yukari Iwatani Kane, Joann S. Lublin, and Nick Wingfield regarding the issue of Apple CEO succession. (You can circumvent the WSJ paywall using this link, which allows access to anyone coming to the story from Google.)

     *     *     *

ヘッドハンターに打診

WSJ 紙記事の要点はつぎのとおり。

Here’s the nut of it:

関係筋が明らかにしたところによると、米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)(56)が昨冬に病気療養で休職入りして以降、同社の 一部の取締役らがCEO後継問題について、企業幹部専門の人材紹介会社と協議した。また、少なくとも1人の大手IT企業の幹部とも話し合ったという。[WSJ 日本版訳]

Since Steve Jobs went on medical leave this winter, some members of Apple Inc.’s board have discussed CEO succession with executive recruiters and at least one head of a high-profile technology company, according to people familiar with the matter.

同筋によると、話し合いは新CEO探しを明確な目的にしたものではなく、選択肢を非公式に検討する意味合いの方が強かったという。関係筋の一部は、これら取締役がアップル取締役会全体を代表して話し合っているようではなかったとしている。アップルにはジョブズ氏を含め、7人の取締役がいる。[WSJ 日本版訳]

The conversations weren’t explicitly aimed at recruiting a new chief executive and were more of an informal exploration of the company’s options, said these people. The directors don’t appear to have been acting on behalf of the full board, some of these people said. Apple has seven directors, including Mr. Jobs.

ジョブズ氏がこのことに気づいていたかどうかも不明だ。ウォール・ストリート・ジャーナルはこの話し合いについてジョブズ氏に質問したが、ジョッブズ氏は18日の電子メールで、「それはでたらめだと思う」と回答してきた。[WSJ 日本版訳]

It is unclear whether Mr. Jobs was aware. In response to questions from The Wall Street Journal about the discussions, Mr. Jobs said Monday in an email, “I think it’s hogwash.”

     *     *     *

タメにする記事

WSJ 紙記事を見て、記事のタイミングが不自然だと書いたが、それは控え目な言い方に過ぎたかもしれない。Jobs の後継者問題がダイナマイトにつながっていることは誰でも知っている。Jobs は余人をもって代え難い。しかしいずれ代わる日はやってくる。未来のいずれかの時点で Jobs が CEO を退くことになれば、アップルの株価が打撃を受けることになるのは必定だ。こんな憶測報道、しかも出所のはっきりしない記事が、圧倒的にポジティブな決算発表をアップルが行なう30分前に記事にされた・・・そのことが、アップルの株価にそれなりのマイナス効果を与えようとしたものではなかったとはとても信じられない。

As I wrote when the story broke, to say that the timing of the publication was suspicious is an understatement. Everyone knows the question of succeeding Jobs is attached to dynamite. He cannot be replaced, but, inevitably, someday will be. If Jobs steps down as CEO at any point in the foreseeable future, the company’s stock price is almost certain to take some sort of hit. I can’t see how a speculative and sketchily-sourced story such as this, published 30 minutes before Apple announced overwhelmingly positive financial results, was not intended to dampen, to some degree, the positive effect of those results on Apple’s stock.

     *     *     *

出所不明

この記事は「出所がはっきりしない」と述べた理由。「事情に詳しいひとによれば」(according to people familiar with the matter)というのがこの記事の唯一のソースだ。それなら誰でもいいことになる。ちゃんとした信頼できるソースは、取締役会の異端的といわれる一人ないし複数のメンバーの場合だろう。信用できないソースは、取締役会のメンバーに接触されたと称するヘッドハンター役員とか、あるいは「有名テクノロジー企業のトップ」、すなわちアップルのライバル企業の場合だろう。アップル取締役会のメンバーが誰であれそんなことを新聞記者に語ったとは信じ難いことだ。記事には固有名詞がまったく出てこない。取締役会の誰かという名前も、ヘッドハンターの名前も、外部の後継者と目される候補者の名前も、まったく何も触れられていない。

Regarding my description of the story as “sketchily-sourced”: the only attribution in the story is “according to people familiar with the matter”. That could be anyone. A good source would be one or more of the purportedly rogue board members. A dubious source would be, say, simply an executive headhunter who claims to have been approached by members of the Apple board, or the “head of a high-profile technology company” — i.e. perhaps an Apple competitor. I find it hard to believe any member of Apple’s board would speak about such an effort to reporters. There are no names in the story whatsoever. No board member, no headhunter, no supposedly-considered outside candidates for the job. None.

     *     *     *

ナンセンス(hogwash)

この記事は読めば読むほど、ひどい話に思えてくる。だから Jobs が「ナンセンスだ」と一蹴したのが真実味を帯びてくるのだ。外部のものをアップルに連れてきても、Jobs の代わりの CEO として信頼を得られる人間なぞ誰もいない。近い将来 Jobs が引退するとしたら、彼に代わるのはアップル社内の人間だろう。

The more I think about this story, the worse it looks. Here’s what gives credence to Jobs’s dismissal of it as “hogwash”: there is no one from outside Apple who could credibly replace Jobs as CEO of Apple. If Jobs steps down in the foreseeable future, his replacement will come from within the company.

     *     *     *

2つのグループ

新しい CEO は直ちに2つのまったく異なるグループの信頼を勝ち取らなければならない。ひとつはアップルの一般社員であり、もうひとつはウォール街だ。この双方を(どの程度であれ)満足させられる候補者は、すでにアップルで働いているものしかいない。外部からきた人間でアップル社内とウォール街双方に受け入れられるものなぞ考えもつかない。たったの一人も・・・

A new Apple CEO would need credibility and the ability to instantly instill confidence with two highly disparate groups: Apple’s rank-and-file employees, and Wall Street. The only candidates who could satisfy both factions, to any degree, already work at Apple. Name one outsider who’d be accepted both inside the company and on Wall Street. I can’t. Not one.

     *     *     *

アップルの気風

アップル社員は何よりも偉大なデザインを尊敬し、育(はぐく)む。かかる気風は他のどのテクノロジー企業にもない。アップルのような企業はどこにもないのだ。アップルから人材が流出することはアップルにとって壊滅的ダメージを意味する。アップルの取締役会メンバーはこのことを十分心すべきだ。これは誰でも分かる自明のことだ。

Apple employees respect and cultivate great design above all else. No other company in technology reflects this ethos. There is no other company like Apple. An exodus of talent from the company would be utterly devastating. Everyone on Apple’s board of directors must know this. It’s completely obvious.

     *     *     *

外部からの人物で後継者候補と目される者への辛口批評がこの後続く。なかなかオモシロいが、名前を挙げるだけでここでは割愛する。

– Eric Schmidt
– グーグル出身者
Jon Rubinstein
Tony Fadell
– Jeff Bezos
– Larry Ellison
– マイクロソフト出身者
– Woz
– Jean-Louis Gassée
Guy Kawasaki
– Jack Dorsey

     *     *     *

Tim Cook

後継者問題は誰もが興味を持つ話と思われ勝ちだ。でもそんなことはない。なにも陰謀なぞないのだ。もし Jobs が近い将来引退するとなれば、後継者は間違いなく Tim Cook だ。ウォール街から全幅の信頼を得、アップル内部でも多くから信頼されている。Jobs の休暇中はすでに彼がアップルを指揮していた。彼のあらを探すとすれば、業務畑で財務畑、プロダクトデザイン向きではないという点だろう。理想は Steve Jobs のような人間をアップルが見つけることだ。しかしそんな人間は存在しない。Steve Jobs に代わる人間なんていないのだ。見つかるのはアップルの次期 CEO だけだ。

Everyone wants this to be an interesting story, but it’s not. There is no intrigue. If Jobs steps down in the foreseeable future his replacement will almost certainly be Tim Cook. Utter credibility on Wall Street, and much respect within Apple. He’s already run the company while Jobs has been on leave. The knock against him is that he’s an operations and finance guy, not a product design guy. Ideally Apple would find someone just like Steve Jobs, but there exists no such person. There will not be a next Steve Jobs. There will be a next CEO.

     *     *     *

三頭体制

Tim Cook がこれまでアップルについて語ったことを読んでみよう。彼はまさに典型的業務畑で財務畑だ。彼は業務畑で育ち、アップルがどう動いているか、なぜ成功したのか、成長を続けるにはどうしたらいいかということを理解している。Cook に Jobs の仕事はこなせない。ほかの誰だって出来やしない。Cook はそのことを知っており、それに満足していると私は考える。Jobs が去った後のアップルの自明な体制とは、Cook がこれまで COO としてやってきたことを CEO として続け、デザインに関する決定権は複数の上級副社長に任せるというものだ。iOS については Scott Forstall に、ハードウェアデザインについては Jonathan Ive に、そしてマーケティングは(場合によっては Mac についても)Phil Schiller に任せるのだ。

Read what Tim Cook has said about Apple over the past few years. He is anything but a typical operations and finance guy. He’s an operations guy who understands how Apple works and why it has succeeded, and what it needs to keep doing to continue growing. Cook cannot do what Jobs does, but no one else can either. And Cook, I think, is not only aware of that, but he’s comfortable with it. The obvious structure for a post-Jobs Apple has Cook as CEO, doing mostly what he’s already been doing as COO. What he already does at Apple is what most CEOs do at other companies. Final word on product design goes to the senior vice presidents: Scott Forstall (iOS), Jonathan Ive (hardware design), and Phil Schiller (marketing and, perhaps, Mac).

Cook 以外に信頼を得られる候補者はこの3人だけだ。Ive について誰もがはっきり持つ印象は、ポストに付きもののスポットライトに彼が興味を示さないだろうということだ。それに Cook が満足して COO として留まっている限り、Forstall や Schiller がポストをオファーされるとは考えられない。もし Cook が昇進を見送り、その結果アップルを去ることにでもなれば、ウォール街では株価暴落の始まりとなるだろう。

Those three men are the only other credible candidates for the job than Cook — and one gets the distinct impression that Ive has no interest in the limelight that would accompany the post. And I don’t see how Forstall or Schiller could be offered the gig unless Cook was on board, satisfied remaining as COO. Because if Cook were passed over and in response left Apple, that’s the sort of thing that could trigger a stock collapse on Wall Street.

     *     *     *

アップルの価値観

アップルがどのライバルより大きく、かつ急成長しているのでなければ話は違うかもしれない。しかしアップルはどこよりも大きく、どこよりも早く成長している。アップルにはライバルとは異なった価値観がある。それにも関わらず — ではなく、だからこそアップルが今日の成功を勝ち得たのだとすべてのアップル社員が信じている。アップルがやってはならぬのは、組織をいじったり、ライバル他社がやっていることを真似することだ。

Things would be different if Apple weren’t both larger and growing faster than all of its competitors. But they are. Apple has different values than its competitors, and everyone in the company believes that it is because of these differences, not despite them, that Apple has achieved its current success. The last thing Apple needs is a shake-up or a dose of what any of their competitors are drinking.

     *     *     *

いいかえれば・・・

いいかえれば、Jobs がアップルを去った後の自明の体制とは、誰もが現在目にしている Jobs 不在のアップルと同じなのだ。

Put another way, the obvious structure for a post-Jobs Apple is simply Apple as we know it, without Steve Jobs.

     *     *     *

なかなか説得力があるように思えるがいかが?

それにしても WSJ の記事のタイミングは変だな・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »