Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Peter Burrows’

Update:「時計」と呼ぶかどうか》

appleiwatch

[カーブガラスを採用した iWatch:image

NY タイムズや WSJ が取り上げたことで、iWatch のウワサも一気に信憑性を帯びてきた。

さらに続く Peter Burrows の記事が興味深い。 iWatch の開発者が約百人もいるというのだ。

Bloomberg: “Apple Said to Have Team Developing Wristwatch Computer” by Peter Burrows and Adam Satariano: 13 February 2013

     *     *     *

百人のデザイナー

アップルでは約 100 人のプロダクトデザイナーが腕時計スタイルのデバイスを開発中だと、アップルの開発計画に詳しい2人がいっている。このデバイスは現在 iPhone や iPad が処理している仕事のいくつかを担うことになるという。

Apple Inc. has a team of about 100 product designers working on a wristwatch-like device that may perform some of the computing tasks now handled by the iPhone and iPad, two people familiar with the company’s plans said.

     *     *     *

テスト段階はすでに終えた

昨年大きくなったこのチームには、マネージャークラス、マーケティンググループのメンバーに加えて、iPhone や iPad の開発に携わったことのあるソフトウェアエンジニアやハードウェアエンジニアが含まれている、とこのソース(匿名希望)は語る。このチームが大きいことから、すでにテスト段階は終わっていることが分かる、とこのソースはいう。

The team, which has grown in the past year, includes managers, members of the marketing group and software and hardware engineers who previously worked on the iPhone and iPad, said the people, who asked not to be named because the plans are private. The team’s size suggests Apple is beyond the experimentation phase in its development, said the people.

     *     *     *

株主からの圧力

売上げの伸び悩みとサムスンのようなライバル企業との競争に晒されて、株価が9月以来 30% 以上下落したのを見た株主から、CEO の Tim Cook は圧力を受けている。高価格でより革新的な新しいガジェットを出せないのなら、投資家に現金を還元すべきだというものだ。

Chief Executive Officer Tim Cook is facing pressure from shareholders who have seen the stock slump more than 30 percent since a September high amid slowing sales growth and competition from rivals such as Samsung Electronics Co. Without a revolutionary new gadget that commands a higher price, investors are pushing for Apple to return more cash.

     *     *     *

ポッカリ開いた穴

元アップル社員で技術コンサルタントの Bruce Tognazzini は先週自らのブログで「この iWatch はアップルのエコシステムにポッカリ開いた穴を埋めるだろう」と書いている。「これまでアップル製品がもたらしたブレイクスルーと同じように、iWatch の価値は発表当初は十分に理解されないだろう。しかしいずれはわれわれの生活にも、アップルの富にも、重大な影響を及ぼすことになるだろう。」

“The iWatch will fill a gaping hole in the Apple ecosystem,” Bruce Tognazzini, a technology consultant and former Apple employee, wrote in a blog post last week. “Like other breakthrough Apple products, its value will be underestimated at launch, then grow to have a profound impact on our lives and Apple’s fortunes.”

     *     *     *

マネージャークラス以上も

このソースによれば、腕時計スタイルコンピュータを開発するメンバーには、アップルの上級エンジニア担当ディレクター James Foster や別のマネージャー Achim Pantfoerderも含まれると、このソースは語る。ソースのひとりによれば、これまでもアップルはフィットネスのウェアラブルトラッキングデバイスを開発したことがあるが、市販するには至らなかったという。

Apple’s James Foster, senior director of engineering, and Achim Pantfoerder, another manager, are part of the efforts to introduce a wristwatch-style computer, according to the people. Apple has worked on wearable devices for tracking fitness in the past, but never brought them to market, said one of the people.

     *     *     *

Google Glass

腕時計の開発は、バッテリー充電を毎日しなくても済むようにするという意味でユニークな挑戦だ。グーグルも眼鏡スタイルのコンピュータ(Google Glass)を開発中であり、2014 年には発表する計画だ。

Creating a watch creates unique challenges, particularly managing power demands so that the battery does not need to be recharged every day. Google Inc. has been working on eyeglass- embedded computers and plans to introduce them in 2014.

     *     *     *

ウェアラブルコンピュータ

ウェアラブルコンピュータ(wearable computing device)の導入は家電製品における新しい方向を示しているのかもしれない。アップルが 2007 年に iPhone を、2010 年に iPad を登場させたことで、タッチスクリーンのスマートフォンやタブレットのマーケットが生まれた。グーグル、サムスン、マイクロソフトもこれに追随している。

The introduction of a wearable computing device may signal a new direction for the consumer-electronics industry. Apple’s debut of the iPhone in 2007 and iPad in 2010 created the market for touch-screen smartphones and tablet computers that have been followed by companies such as Google, Samsung and Microsoft Corp.

     *     *     *

眼鏡より大きい可能性

たとえ市場に出せる製品として実らなくても、アップルが腕時計のような製品に投資するのは正しいことだ、と Josh Spencer[T. Rowe Price Group のファンドマネージャー]はいう。

Apple is right to invest in products such as watches, even if they don’t result in commercial products, said Josh Spencer, a fund manager at T. Rowe Price Group Inc.

「グーグルの眼鏡よりアップルの腕時計を身につけるひとの方が多いだろう」と Spencer はいう。

“There’s more people that would wear an Apple watch than would wear Google glasses,” Spencer said.

     *     *     *

鴻海も

iPhone の組み立てを行なっている鴻海精密工業[Hon Hai Precision Industry:Foxconn の親会社]は、2001 年に WIMM Lab に投資し、スクリーン、Wi-Fi、ブルートゥースを備えた腕時計のデザインを行なわせている。

Hon Hai Precision Industry Co., which assembles the iPhone, in 2001 invested in startup WIMM Labs, which designed a a watch with a screen, Wi-Fi and Bluetooth.

     *     *     *

アップルがそこまで力を入れているのなら、iWatch の詳細が報じられるのもそう遠くはなさそうな気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》「時計」と呼ぶかどうか(2月15日)

久しぶりに「Next Big Thing」につながりそうなウワサで心躍るが、それが何なのかとなると今ひとつハッキリしない。

52 Tiger: “What if “watch” is the wrong word?” by Dave Caolo: 13 February 2013

     *     *     *

「時計」と呼ぶかどうか

多くの技術ブログが、新しいウェアラブルデバイスをアップルが開発中かもしれないと書いている。適切な名称がないので、多くはこれを「時計」と呼んでいるが正確ではないと思う。

Many tech blogs have published articles about the possibility that Apple is working on a new, wearable device. For lack of a better term, most are calling it a watch. I suspect that’s inaccurate.

アップルがデザインしているのは時計ではなく次世代ポータブルデバイスだと考えてみよう。今日の iOS デバイスがやることのほとんどを、まったく新しいやり方で、小さなフォームファクターで出来るモノ。とても小さいので、手首に付けることができるぐらいの大きさのモノ。比較の対象として時計を考えるのは十分理解できる。しかしアップルは、パックについていくだけでなく、パックの動きを予測してプレーをする[注]ことに長けている。われわれのほとんどはそこまで予測できないのだ。

[注]カナダのアイスホッケー名選手ウェイン・グレツキー(Wayne Gretzky)の「パックについていければ一流の選手だ。しかし、超一流の選手というのはパックの動きを予測してプレーをするものだ。」(A good hockey player plays where the puck is. A great hockey player plays where the puck is going to be. )ということばから。

Imagine that Apple isn’t specifically designing a watch, but the next step in its portable devices. Something that does much of what iOS devices do today, only in a novel way, and in a smaller form factor. Small enough to be, say, attached to one’s wrist. It’s understandable to think of this thing as a watch because that’s the logical point of reference. But Apple excels at skating to where the puck will be, not where it is, and most of us can’t see that far ahead.

     *     *     *

次世代ポータブルデバイスだとしても、それが何かを予想するのはなかなか困難だ。

Minimal Mac: “On Watch Rumors” by Patrick Rhone: 13 February 2013

iPod の先例がある

tumblr_inline_mi5ymg9SVv1qz4rgp

[タッチインターフェースの先駆け:photo

ここに1枚の証拠写真がある。アップルが開発中かもしれずそうでないかもしれないモノが何なのかがわれわれにはサッパリ分からないということを示していて、それをあれこれ推測しても無意味で、その機能や形状をいくら考えてみても間違っているだろう — そういうことを示す1枚の写真だ。

And here, in a single image, is why we have no idea what Apple may or may not be working on, why it is useless to speculate about it, and why almost anything we can think it might be act or look like is likely wrong.

     *     *     *

確かに iPod が登場したとき、今日の iPhone や iPad を想像できたひとが果たしてどれだけいたかは疑問だ。

iPod がタッチインターフェースの先駆けだったとすると、新しいデバイスのインターフェースは何になるのだろうか。

「iWatch」のカギはその辺にありそうだ・・・

広告

Read Full Post »


[アップルのサプライチェーン:image

不可能を可能にするアップルのサプライチェーンについて Businessweek が興味深い記事を載せている。

Businessweek: “Apple’s Supply-Chain Secret? Hoard Lasers” by Adam Satariano and Peter Burrows: 03 November 2011

     *     *     *

目に見えない小さな穴を開ける

5年ほど前のことだ。アップルのデザイングールー Jony Ive は、次世代 MacBook のスクリーン上部のアルミケースに小さい点のような緑色のライトをつけたいと考えた。カメラがオンになっていることを示すためだ。・・・それにはひとつ問題があった。光は金属を透過できないということだ。


[小さい点のような緑色のライト]

About five years ago, Apple (AAPL) design guru Jony Ive decided he wanted a new feature for the next MacBook: a small dot of green light above the screen, shining through the computer’s aluminum casing to indicate when its camera was on. The problem? It’s physically impossible to shine light through metal.

     *     *     *

不可能を可能にする

Ive は製造チームと材質の専門家を呼んで、どうしたら不可能を可能にできるか検討させた。アップルの製品開発について詳しい元アップル社員(匿名希望)の話だ。そのチームは解決策を発見した。レーザーをカスタマイズして、アルミに小さな穴を開ければいい。人間の目には見えないほどの大きさで、しかも光なら透過できる小さな穴をアルミに開ければいいのだと。

Ive called in a team of manufacturing and materials experts to figure out how to make the impossible possible, according to a former employee familiar with the development who requested anonymity to avoid irking Apple. The team discovered it could use a customized laser to poke holes in the aluminum small enough to be nearly invisible to the human eye but big enough to let light through.

     *     *     *

レーザー機器を買い占める

しかしその解決策を大量生産の規模で実施するとなると話は別だ。アップルにとってレーザー機器が必要となる。それも半端な数じゃない。チームの専門家たちはアメリカの会社がマイクロチップ製造用のレーザー機器を作っていることを知った。それに手を加えればその作業ができるのだ。それぞれの機械はほぼ 25 万ドルというところだった。アップルはその会社を説いて独占販売契約を結び、何百台と購入し、それで緑のライトのための穴を開けた。MacBook Airs、Trackpad、ワイヤレスキーボードなどで見られるあのライトがそうだ。

Applying that solution at massive volume was a different matter. Apple needed lasers, and lots of them. The team of experts found a U.S. company that made laser equipment for microchip manufacturing which, after some tweaking, could do the job. Each machine typically goes for about $250,000. Apple convinced the seller to sign an exclusivity agreement and has since bought hundreds of them to make holes for the green lights that now shine on the company’s MacBook Airs, Trackpads, and wireless keyboards.

     *     *     *

サプライチェーンのほぼすべてを支配

アップルユーザーであの小ちゃな緑のライトを気にするひとなんかほとんどいないかもしれないが、それが出来たということはアップルの持つ競争上の圧倒的優位性、すなわちオペレーションの強みを物語っているのだ。事は製造、調達、ロジスティックスの世界の話で、その点に関しては新しい CEO Tim Cook が傑出していた。アップルは閉じたエコシステム(closed ecosystem)を作り上げ、デザインから販売店に至るサプライチェーンのほぼすべての部分に対して支配力を持っていると、アップルのオペレーションに詳しい1ダース以上の元従業員や役員、サプライヤーやマネジメントの専門家などがインタビューで述べている。大量のボリュームを買い付けること、加えてアップルが時に示す冷酷さもあって、アップルは部品や、工作機器、航空運賃について大幅な割引を獲得する。「製品の技術革新やマーケティングと並んで、オペレーションのノウハウもアップルの大きな資産なのだ」と Mike Fawkes[HP の元サプライチェーンのチーフ、現在は VantagePoint Capital Partners のベンチャーキャピタリスト]はいう。「アップルはオペレーションの優越性をかつてないレベルへ押し上げた。」

Most of Apple’s customers have probably never given that green light a second thought, but its creation speaks to a massive competitive advantage for Apple: Operations. This is the world of manufacturing, procurement, and logistics in which the new chief executive officer, Tim Cook, excelled, earning him the trust of Steve Jobs. According to more than a dozen interviews with former employees, executives at suppliers, and management experts familiar with the company’s operations, Apple has built a closed ecosystem where it exerts control over nearly every piece of the supply chain, from design to retail store. Because of its volume—and its occasional ruthlessness—Apple gets big discounts on parts, manufacturing capacity, and air freight. “Operations expertise is as big an asset for Apple as product innovation or marketing,” says Mike Fawkes, the former supply-chain chief at Hewlett-Packard (HPQ) and now a venture capitalist with VantagePoint Capital Partners. “They’ve taken operational excellence to a level never seen before.”

     *     *     *

やられた!

アップルがサプライチェーンのそれぞれの細目を管理することに取り組み始めたのは、Steve Jobs が 1997 年にアップルに復帰したときだった。当時ほとんどのコンピュータメーカーは海路で製品を輸送していた。空輸するよりはるかに安かったからだ。アップルが新しく出した透明なブルーの iMac をクリスマスに間に合わせるため、Jobs は 5000 万ドルを払って年末の航空貨物のスペースをすべて押さえさせたと、Jobs と共にロジスティックスを担当した役員の John Martin はいう。このため後になってコンパック他が空輸の予約しようとしたとき支障をきたしたほどだ。また同じく 2001 年に iPod のセールスが軌道に乗ったとき、小ちゃな音楽プレーヤを中国の工場からそれぞれの消費者へ船で輸送するのより、航空機で輸送した方が経済的だということに気付いた。HP のスタッフのひとりが1台注文して数日後に入手できたとき、アップルのウェブサイトでその動きを逐一追跡できることを知って「やられた!と思った」と、Fawkes は回顧する。

Apple began innovating on the nitty-gritty details of supply-chain management almost immediately upon Steve Jobs’s return in 1997. At the time, most computer manufacturers transported products by sea, a far cheaper option than air freight. To ensure that the company’s new, translucent blue iMacs would be widely available at Christmas the following year, Jobs paid $50 million to buy up all the available holiday air freight space, says John Martin, a logistics executive who worked with Jobs to arrange the flights. The move handicapped rivals such as Compaq that later wanted to book air transport. Similarly, when iPod sales took off in 2001, Apple realized it could pack so many of the diminutive music players on planes that it became economical to ship them directly from Chinese factories to consumers’ doors. When an HP staffer bought one and received it a few days later, tracking its progress around the world through Apple’s website, “It was an ‘Oh s—’ moment,” recalls Fawkes.

     *     *     *

デザインの段階から始まる

このメンタリティー、必要とあらば途方もないカネを使い、最後には大量発注の成果を享受するというメンタリティーは、アップルのサプライチェーンのすべてに組み込まれている。しかもそれはデザインの段階から始まるのだ。Ive とそのエンジニアたちは、ときには数か月もサプライヤーの近くにホテル住まいして、プロトタイプを大量生産商品にするべく製造工程に手を加えるのだ。一塊のアルミニウムから削りだされる MacBook のユニボディシェルのような新しいデザインのため、アップルのデザイナーたちはサプライヤーと共同して製造設備を作り出すのだ。限られた数の製品に絞り、少しずつカスタマイズするという戦略は大きな有利性をもたらす。「アップルは非常に統合化された戦略をもっており、ビジネスのすべての部分がその戦略にしたがっている」と Matthew Davis[Gartner のサプライチェーンアナリスト]は語る。アップルは過去4年で世界でもっとも優れたサプライチェーンだと彼はいう。

That mentality—spend exorbitantly wherever necessary, and reap the benefits from greater volume in the long run—is institutionalized throughout Apple’s supply chain, and begins at the design stage. Ive and his engineers sometimes spend months living out of hotel rooms in order to be close to suppliers and manufacturers, helping to tweak the industrial processes that translate prototypes into mass-produced devices. For new designs such as the MacBook’s unibody shell, cut from a single piece of aluminum, Apple’s designers work with suppliers to create new tooling equipment. The decision to focus on a few product lines, and to do little in the way of customization, is a huge advantage. “They have a very unified strategy, and every part of their business is aligned around that strategy,” says Matthew Davis, a supply-chain analyst with Gartner (IT) who has ranked Apple as the world’s best supply chain for the last four years.

     *     *     *

ここまでやる会社が、いや、やれる会社が他にあるだろうか?

初めはデザインからスタートして、それを製造チームが可能にする。

アップルのサプライチェーンについて注目するひとは多いが、これぞまさにモノ作りそのものではないか。

モノ作りといえば日本のお家芸だと思い込まされてきたが、ひとつひとつの技術を製造工程に組み込んでそれを武器とするという意味では、学ぶべき点が大いにあるのではないか・・・

Jobs が Tim Cook に目をかけた理由もここにあったというのが興味深い。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPhone 5 ?:image

Update:iPad 3 はどうなる?》

今年の WWDC ではお預けとなった iPhone 5 だが、発表は9月になると Bloomberg がいっている。

Bloomberg: “Apple Preparing Faster IPhone for September” by By Tim Culpan, Peter Burrows and Adam Satariano: 22 June 2011

     *     *     *

iPhone 5 は9月に登場

事情に詳しい2人のソースによれば、アップルはより強力なチップと高性能カメラを搭載した新 iPhone を9月に出す計画だという。

Apple Inc. (AAPL) plans to introduce a new iPhone in September that boasts a stronger chip for processing data and a more advanced camera, according to two people familiar with the plans.

     *     *     *

A5 プロセッサ、8メガピクセルカメラ

匿名希望の2人のソースによれば、新しい iPhone は、強力な A5 プロセッサ(iPad 2 が使っているものと同じ)および8メガピクセルカメラ(iPhone 4 は5メガピクセル)を搭載することになるという。またソースのひとりは、iPhone 4 と同じ高解像度のスクリーンを使用した iPad の新モデルをアップルがテスト中だという。

The device will include the A5 processor, the more powerful chip that Apple added to the iPad 2 earlier this year, along with an 8-megapixel camera, up from the 5-megapixel model in the iPhone 4, said the people, who asked not to be identified because the details aren’t public. Apple is also testing a new version of the iPad that has a higher resolution screen, similar to the one now used in the iPhone 4, one of the people said.

     *     *     *

収入の半分を稼ぐ iPhone

アップルのベストセラーである iPhone は、前四半期の収入のほぼ半分にも達する。高速のチップを搭載することでデータのダウンロードの速度も速くなり、グーグル Android を搭載したサムスンなど他社の端末機への対抗にもなる。

The iPhone is Apple’s top seller, accounting for half of revenue last quarter. A faster chip will enable speedier data downloads and help the device vie with handsets being introduced by rivals such as Samsung Electronics Co. that are powered by Google Inc. (GOOG)’s Android software. […]

     *     *     *

コード名 Telluride

新しい iPhone は今月 WWDC で発表された iOS 5 を搭載することになる。ソースのひとりによれば、「Telluride」というコード名で呼ばれるこの OS は、すでに発表済みのメッセージやフォトシェアリングの進化機能を備え、すべてのモバイルデバイスで動くという。iPad、iPhone、iPod touch は昨年末まではそれぞれ異なるバージョンの iOS を使っていた。

The new phone will run the iOS 5 operating system Apple previewed at a developer’s conference this month. Codenamed “Telluride,” it will feature already-announced features such as improved messaging and photo-sharing, one person said. It’s also designed to run on all of Apple’s mobile devices, this person said. Until late last year, iPads, iPhones and iPod touches used slightly different versions of iOS.

     *     *     *

iOS 5 発売までずらした

アップルは次世代 iPhone 5 の発表を iOS 5 発売と同じ時期まで延期したのだと、このソースはいう。

Apple pushed back the release of the next iPhone — its fifth — to coincide with the release of the new iOS 5, the people said.

     *     *     *

廉価版 iPhone も

アップルはまた開発途上国向けに廉価版の iPhone を開発中であり、現在の iPhone 4 と同じようなチップとディスプレイを使ったものだ、とこのソースはいう。アップルが小型の廉価版を開発中であることは2月に話題になっている。

Apple is also working to finish a cheaper version of the iPhone aimed at attracting customers in developing countries, the people said. This device would use chips and displays of similar quality to today’s iPhone 4, the people said. Apple’s work on a smaller, lower-priced version of the device was discussed by people familiar with the matter in February.

     *     *     *

解像度が増す新 iPad

新しい iPad は、いまの iPad 2 より3割増のスクリーンの解像度を持ち、タッチスクリーンの反応もよくなると、ソースのひとりはいう。

The screen resolution on Apple’s new iPad would be about one-third higher than that of the iPad 2 and will boast a more responsive touchscreen, one of the people said.

     *     *     *

フォームファクタは現行モデルと同じ

新 iPhone の形状は iPhone 4 に非常によく似ているそうだ。

The new iPhone will closely resemble the iPhone 4, the people said.

     *     *     *

まったく新しいデザインになるというウワサ(ここここ)とは違って、現行モデルとあまり代わり映えのしないデザインのようだ。

Bloomberg が9月といっているところがミソか・・・

iPhone 5 についてはこれまでも様々な画像や情報がリークされているが、Know Your Mobile がこれまでのリーク画像を集めていておもしろい。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》iPad 3 はどうなる?(6月23日)


[iPad 3 – Retina Display:image

大手の Bloomberg まで iPhone 5 のウワサを載せるようになった。

記事のライターの中に Peter Burrows の名前があることに注目した。Burrows が書いていた BusinessWeek[後に Bloomberg に吸収された]は、いつもウラ取りをした記事を載せていた。iPhone 5 もいよいよウワサの域を出たかと感じたわけ。

この記事については John Gruber も反応を示している。iPad に関する部分についてだが、次のように述べている。

Daring Fireball: “Bloomberg Apple Rumor Dump” by John Gruber: 22 June 2011

ハイレゾの部分は納得だが、3割増の部分は頂けない

Higher-res makes sense to me. “One-third higher” makes no sense to me.

Gruber がリンクしているのは彼が2月に書いた iPad 3 の予測記事だ。入院中のベッドで読んで強い印象を受けた記憶がある。9月という話を聞くたびにこの記事を思い出す。

長文の記事だが Gruber の基本的考え方に触れているので、この機会にサワリのところだけでも紹介しておきたい。

Daring Fireball: “The Next Six Months” by John Gruber: 09 February 2011

     *     *     *

パーソナル・コンピューティングの未来は今後の6か月で決まると Gruber はいう。「ポスト PC の時代」はすでに始まっている、iPad がその道をひたはしっているからだ。アップルに続くのは、グーグル、RIM、モトローラ、デル、サムスン、HP などだ。(マイクロソフトはない。)これから6か月後には、4つのタブレットのプラットフォームが競い合うことになる。iOS、 Android、WebOS、Playbook の4つというわけだ。

そこにアップルの新製品投入サイクル(クリスマス商戦を控えた9月に新 iPod ラインナップ、6月の WWDC で新 iPhone 発表するのがこれまでの常)を重ねるとどうなるか。

2011 年に出荷される iPad に関する Gruber の推測はつぎのように大胆なものだった。iPad 2 発表の1か月前ということを考えてもそのインパクトは大きい。

     *     *     *

2011 年の iPad 投入サイクル

2011 年の iPad 出荷計画に関する私の推測はつぎのとおり。

So, here’s my guess at Apple’s iPad plans for 2011:

iPad 2:もうすぐ。3月発表、4月第1週出荷か。より速く(RAM も、多分ストレージも増える)、より薄く、より軽く。カメラは前面に1台。iOS 4.3 搭載。

▪An iPad 2, fairly soon. Say, a March announcement, shipping in the first week of April. Faster, more RAM, maybe more storage, thinner and lighter, a front-facing camera.1 Running iOS 4.3.

iOS 5:3月のデベロッパ向けイベントで発表、出荷は6月。

iOS 5, announced at a developer event in March, shipping in June.

iPad 3:9月出荷、iPod イベントで発表。次世代 iPod Touch と同じく iOS 5.1 を搭載。

iPad 3, shipping in September, announced at the annual iPod event. Running iOS 5.1, same as the next-generation iPod Touch.

     *     *     *

ハイエンドモデル?

第2世代の iPad を投入して半年しか経たないのにどうしてアップルは第3世代の iPad を投入したりできるだろうか。それは次世代モデルというよりは iPad 2.5 ないしは iPad 2 Pro みたいなものかもしれない。iPad 2 モデル(現時点ではまだ発表されてはいないけれども)の次世代代替機(replacement)ではなく、むしろ iPad ファミリーのハイエンドモデルともいうべきものかもしれない。

How could Apple release a third-generation iPad just six months or so after the second one? Maybe it won’t be an actual next generation model. Maybe it’s more like an iPad 2.5, or iPad 2 Pro — a new higher-end model that sits atop the iPad product family, not a replacement for the iPad 2 models (which, of course, haven’t even been released yet).

     *     *     *

2倍の解像度?

それとも iPad 2 HD か? 次世代 iPad のディスプレイについて錯綜し、相矛盾したウワサがあるのもそのせいではないか。自分としては iPad 2 が現行モデルと同じサイズで同じ解像度のディスプレイになることは絶対間違いないと思っている。しかしその倍の解像度 2048 × 1536 の iPad が 2011年中に出るかどうかとなると自信はない。これは技術的に見て意欲的な出荷スケジュールだろうか? もちろんだ。しかしアップルは将来の部品(詳細不明)について40億ドルの投資をしている。Tim Cook が先期の決算報告で明らかにした。[iPad が Retina ディスプレイを搭載するのは意外と早いのではないか・・・]

Or: an iPad 2 HD. What if that’s the source of the conflicting reports of a retina display next-gen iPad? I am nearly dead certain the iPad 2 is going to have the same display resolution and size as the current iPad. I am not so sure at all, though, that there won’t be a double-resolution 2048 × 1536 iPad in 2011. Is that a technically aggressive release schedule? Absolutely. But Apple has invested $4 billion on some sort of unspecified components for future products. Tim Cook, during last month’s quarterly analyst call: […]

     *     *     *

マーケットポテンシャル

こういうと大言壮語に聞こえてしまうかもしれないが、マーケットにおける iPad と iPhone の潜在的可能性(market potential)は、これまでアップルが発表したいかなる製品よりも大きいと思う。二つともパーソナル・コンピューティングにおける次世代のマイクロソフトとインテルになるチャンスがある。ソフトウェアプラットフォームのベンダーとしても、ハードウェアメーカーとしても、大きく利益をあげる可能性がある。私の推論は非現実的で、現実より希望的観測に傾いているかもしれない。しかしアップルが同じ可能性を見て、大きく賭けていることは間違いない。アップルは可能な限り iPad のハードウェアスペックを高めるべくガソリンの最後の一滴まで使い切る覚悟だろう。

I don’t know how to say this without sounding hyperbolic, but the iPad and iPhone have more market potential than any products Apple has ever released. They have the chance to be both the Microsoft and the Intel of the next generation of personal computing — profiting, wildly, both as the software platform vendor and hardware seller. Maybe my guesswork here is unrealistic, and driven more by what I’d like to see than what I should actually expect. But I’m certain that Apple sees the potential and the high stakes. They’re not going to leave any gas in the tank pushing the iPad hardware specs forward as fast as they can.

     *     *     *

まだ iPad 2 すら発表されていないときだったが、この記事がきっかけで一気に iPad 3 のウワサが吹き出した。(こちらこちら

Retina Display についての彼の考え方も注目されるが、こちらは次の記事ををお読みください。

Daring Fireball: “Cold Water on the iPad 2 Retina Display Hype” by John Gruber: 18 January 2011

     *     *     *

その後大地震・大津波・原発事故が日本を襲った。

世界のサプライチェーンとして、日本でしか製造できない Retina ディスプレイなどの部品供給がどうなるか大きな注目を浴びた。

Gruber の思い描いたアップルの製品発表サイクルとてその影響を受けずにはおれない。

iPhone 5 の9月発表を Bloomberg まで口にするようになったところをみると、大震災前に Gruber が思い描いた方向へ動き出しているのかもしれない。

Read Full Post »