Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Pent-up demand’

Great-Wall-of-iPhones

[風穴が開いた巨大市場:image

経済成長のテンポが落ちてきたとはいえ、中国市場はアップルにとって最後に残された手つかずの巨大市場だ。

その中国にとうとう風穴が開いた

Apple: “iPad mini & iPhone 5 Arrive in China in December” [Press Info]: 30 November 2012

     *     *     *

iPad mini と iPhone 5 を12月から発売開始

アップルは今日付け[11月30日]で、新たに中国で iPad mini Wi-Fi モデルおよび第4世代 Retina iPad を12月7日(金)から、また iPhone 5 を12月14日(金)から発売すると発表した。

Apple today announced the Wi-Fi versions of iPad® mini and fourth generation iPad with Retina display will be available in China on Friday, December 7, and iPhone 5 will be available on Friday, December 14.

     *     *     *

中国市場の需要がどれほど貪欲なものか、みんなが固唾をのんで見守っている。

TechCrunch: “Apple’s iPad Mini And 4th Gen iPad Arrive In China December 7, iPhone 5 Follows December 14″ by Darrell Etherington: 30 November 2012

固唾をのんで見守っている

目覚ましい伸びを示すグレーターチャイナマーケットを見れば、中国市場へのアップル製品導入はますます重要性を持ってきている。中国における iPhone 売り上げの伸びは対前年比 38% という大きなものだが、新しいモデルに対してはこれまでに累積した爆発的需要が期待できるのではないか、とあるアナリストが昨年夏指摘している。今回の発売によって、ますます重要性を帯びてきた中国市場でのアップル製品への需要の旺盛さが分かるとして、多くのひとが固唾をのんで見守っている。

Launches of Apple products in China have taken on growing importance for Apple, which continues to see impressive growth in its Greater China market sales. iPhone sales were up 38 percent in China last quarter year over year, but there could be a tremendous amount of pent-up demand for a new model, according to an analyst report from late summer. Many will be watching these launches to see just how strong the appetite is for Apple devices in the increasingly important Chinese market.

     *     *     *

後から振り返れば、株価が 600 ドルを割って低迷していたこの時期が、アップル株買いの好機だったということになるのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »