Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Paul Krugman’

krugman-new-1114-articleInline

Structural Deformity | NYTimes.com

Still, there’s one type of criticism that I really, really hate, for Japan and elsewhere — and I hate it especially because it’s one of those things that is so completely accepted by Very Serious People that they don’t even realize that they’re spouting a dubious hypothesis rather than speaking The Truth. I refer to the claim that Japan doesn’t need a demand boost, it needs structural reform (™).

ポール・クルーグマン「苦しむ日本がとるべき道筋」 | 経済学101

一方,ぼくがすっごくすっごく嫌ってるタイプの批判もある.これは日本に関する議論にかぎらない――で,とくにこのタイプの批判のなにがイヤって,《クソ真剣ぶったみなさま》が全面的に受け入れつつ,それでいて,じぶんが《真実》を語ってるんじゃなくて疑わしい仮説をまくしたててるってことに気づいていないところだ.ぼくが言ってる批判は,「日本は需要を後押しする必要なんてない,必要なのは構造改革だ」っていう主張のこと.

Read Full Post »

krugman-new-1114-articleInline

Apologizing to Japan | NYTimes.com

[…] And Western economists were scathing in their criticisms of Japanese policy.

I was one of those critics; Ben Bernanke, who went on to become chairman of the Federal Reserve, was another. And these days, I often find myself thinking that we ought to apologize.

[…] Japan used to be a cautionary tale, but the rest of us have messed up so badly that it almost looks like a role model instead.

Read Full Post »

目が見えなくなった。

・・・というか、モニターを見ると目の奥に激痛が走る。

残っていた身体の機能がつぎつぎに失われていくのはなんとも情けない。

コンピュータのモニターの見過ぎが原因だろう。

とうとうウチの奥さんが iMac に「禁コン」の張り紙を出してしまった。

     *     *     *

目が見えなきゃ、音がある・・・


[ロック音楽批評家のアドバイスを受ける Paul Krugman:photo

2人組の音楽ポッドキャスト Sound Opinions が楽しかった。

Slate: “Paul Krugman on Sound Opinions: The Nobel Prize Winning Economist Seeks Guidance from Rock Critics” by Forrest Wickman: 29 November 2011

Greg Kot(The Chicago Tribune)と Jim DeRogatis(元 The Chicago Sun Times)の2人のロックンロールトークショー。ウリはゲスト(患者)の相談を受けて2人のドクターがおススメの音楽を処方(推薦)することらしい。

ゲストがなんと、なんと、ノーベル賞経済学者の Paul KrugmanNY タイムズのコラム]だ。この大物患者とのやり取りがなんとも楽しい。

Krugman も、2人も、とても丁寧な応対が印象的だ。相手の専門分野に十分敬意を払ったうえで、それでもいうべきことはズバリと明確にいう。アメリカの番組だなあと思う。

Krugman の音楽の好みが分かって興味深かったが、もっぱら彼が YouTube でライブパフォーマンスを探して聴くという点が特にオモシロかった。

いまや YouTube が音楽の情報源として欠かせぬ存在になっていることが窺われて興味深い。

結局2人のドクターが処方した音楽は Krugman の気に入らなかったのだが、なぜそうだったのかのフォローまで含めて大変楽しい番組だ。

目が悪くならなければ、聴くこともなかった番組だろうが、人生何が巡り合わせになるのか分からない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »