Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Outsourcing’

samsung-vs-apple

[真の脅威とは:image

アップル対サムスンの特許訴訟こちらも]は今年の大きな話題のひとつだった。

アウトソーシングという視点からこの問題を分析した James Allworth の議論が大変興味深い。

asymco: “The real threat that Samsung poses to Apple” by James Allworth: December 2012

     *     *     *

アップルが造り出したもの

アップルとサムスンの最近の激しい特許訴訟についてはたくさんの記事が書かれており、収まる兆しも見せていない。サムスンの電話ビジネスはあっという間に成功の階段を駆け上がった。アップルが心配するのも無理はない。しかしアップルにとってサムスンの真の脅威は、アップルのデザインを真似したかどうかとは関係ない。特許訴訟はアップル自らの手で造り出した脅威を鎮めるための(高価で危険だとしても)便宜的な手段に過ぎないのだ。グーグルが自らの OS を構築したいものへは誰でもタダでモバイル OS を配ったことがサムスンの成功に大きな役割を果たしたことは否めないが、サムスンの今日の成功に寄与した企業があるとすれば、アップルをおいて他にはない。

A lot of ink has been spilled in the wake of the recent Apple Samsung patent disputes, and the legal wars see no sign of abating any time soon. The rise of Samsung’s phone business has been meteoric, and Apple is right to be concerned. But the real threat that Samsung poses to Apple has very little to do with the copying (or not) of Apple’s designs. The lawsuits have simply been a convenient (if expensive and risky) way to attempt to quash a threat that is of Apple’s own making. While there’s no doubt that Google has played a key role in Samsung’s success by handing out a free mobile operating system to pretty much anyone who wants to build one — it is actually Apple, more than any other company, that is responsible for Samsung’s present success.

     *     *     *

アウトソーシング

いったいどうやって? — それは多くの仕事をサムスンにアウトソーシングすることによってだ。Tim Cook が昨日アップルの製造業を米国に取り戻すと発表したことは、この問題を是正する試みの始まりなのだ。

How? By outsourcing as much work to Samsung as they have. And it’s impossible not to wonder whether Tim Cook’s announcement yesterday on bringing back Apple’s manufacturing to the USA is the beginnings of an attempt to rectify the problem.

     *     *     *

Asus とデルのケース

アウトソーシングの持つ危険性について最初に取り上げたのは Clayton Christensen の「The Innovator’s Solution」だった。サードパーティのメーカーに「付加価値の低い」仕事をさせて効率の最大化を図ることがいかに危険な行為であるか説明している。Christensen と Michael Raynor は同書で「コンポーネント会社」と「テキサスコンピュータ会社」という架空の会社を例にして説明している。幸い私も Christensen の最新著作「How Will You Measure Your Life?」を共同執筆する機会があった。そこでもこれに似たケースを取り上げたが、架空の名前を使うことはしなかった。Asus とデルのケースがそれだ。デルが簡単な回路基板を手始めに、その仕事を Asus にアウトソーシングしたことによって、自らのライパルを育て上げたのだ。

Christensen first wrote about the dangers of outsourcing in The Innovator’s Solution, explaining how seeking to maximize efficiency by employing third party vendors to do the “low value-add” work for you can be a lethal strategy. In the Solution, Christensen and Michael Raynor gave the example of two fictional corporations—”Component Corporation” and “Texas Computer Corporation”. I had the good fortune to work with Clay on his most recent book, How Will You Measure Your Life?, and we recount a similar story; only without any of the players being disguised. The story is that of Asus and Dell, and how by outsourcing its work—starting with just basic circuit boards—Dell equipped a competitor:

     *     *     *

引用された Clayton Christensen の分析は次のようなものだ。

Asus の提案

Asus はデルにこういった。「私たちはデルのマザーボード製造をうまくやりました。コンピュータの組み立てそのものも私たちにやらせてくれませんか。製品の組み立てそのものは御社の成功の原因ではないでしょう。すべての製造設備を御社のバランスシートからお引き受けします。そうすれば2割は安くできます。」

Asus came to Dell and said, “We’ve done a good job fabricating these motherboards for you. Why don’t you let us assemble the whole computer for you, too? Assembling those products is not what’s made you successful. We can take all the remaining manufacturing assets off your balance sheet, and we can do it all for 20 percent less.”

この提案はどちらにとってもプラスになることをデルのアナリストは理解した。

The Dell analysts realized that this, too, was a win- win…

     *     *     *

サプライチェーンからデザインまで

かくてデルはサプライチェーンの管理からコンピュータそのもののデザインに至るまでアウトソーシングした。いってみればデルはパーソナルコンピュータビジネスのすべてを — デルのブランド名を除くすべてを — Asus にアウトソーシングしたのだ。デルの純資産利益率(Return on Net Assets)は非常に高いものとなったが、それはコンシューマー部門にはほとんど資産が残っていなかったからだ。

That process continued as Dell outsourced the management of its supply chain, and then the design of its computers themselves. Dell essentially outsourced everything inside its personal-computer business—everything except its brand— to Asus. Dell’s Return on Net Assets became very high, as it had very few assets left in the consumer part of its business.

     *     *     *

付加価値の高い事業部門へ

そして 2005 年になって、Asus は自社ブランドのコンピュータを出すことを発表した。このギリシャ悲劇的な物語で、Asus はデルからすべてを学び、自らのものとしたのだ。最初はバリューチェーンの単純な一部に過ぎなかったが、デルが残った事業のアウトソーシングを決定するたびに次に付加価値の低い部門へと及んでいった。かくて Asus には付加価値の高い事業部門が次々と加わっていった。

Then, in 2005, Asus announced the creation of its own brand of computers. In this Greek-tragedy tale, Asus had taken everything it had learned from Dell and applied it for itself. It started at the simplest of activities in the value chain, then, decision by decision, every time that Dell outsourced the next lowest-value-adding of the remaining activities in its business, Asus added a higher value-adding activity to its business.

     *     *     *

バリューチェーンのはるか上流まで

この物語はデルと Asus というそれぞれ2つの側面から見ることができる。デルにとっては金融効率の最大化を図るべく、部品製造や組立をはるかにこえる部分にまでアウトソーシングを行なった。バリューチェーンのはるか上流までアウトソーシングしたのだ。一方 Asus の立場から見れば、小さな部品メーカーに過ぎなかったものが、成功するまで事実上デルによって育て上げられた。デルの Asus に対する教育は、バリューチェーンのはるか上流まで及んだことを考えると非常に大なものであったことが分かる。

There are two sides to this story: the part that relates to Dell, and the part that relates to Asus. Dell, in its quest to maximize its financial efficiency, continued to outsource way beyond manufacturing components and assembly. They outsourced a long way up the value chain. But there’s also the side of the story that relates to Asus — a small components manufacturer that was, in effect, nursed to success by Dell. The extent of the schooling delivered by Dell to Asus was pretty profound, given how far up the value chain Dell outsourced its operations.

     *     *     *

Asus からサムスンへ

そこで問題は、デルが自らの命運を決めるに至る決定を行なったのはどの時点だったかという点だ。アウトソーシングの限度をこえたのが、単純に付加価値の低い仕事を手放そうと考えたときだったのか、それがデルの行なったアウトソーシング全部に及んだのだろうか。個人的には部品開発と組立だけで十分だったのではないかと考えている。サムスンについていえば、アップルが放っておいたも同然の生まれたばかりのマーケットに参入したことで、学ぶべきことすべてを学んだように思える。

But here’s a question: at what point did Dell seal its fate? When was it that Dell had outsourced enough that Asus, with a desire to simply get out of the low-value work, could have made it all the way to the point that it did? I’m beginning to wonder whether just component development and assembly was enough. In the case of Samsung, it seems that everything else they needed to learn, they did by entering the emerging market, which Apple has largely left alone.

     *     *     *

付加価値の低い、非効率的仕事を切り捨てて行くことこそグローバリゼーションの本質だった。鬼っ子はそこから生まれた。

マックを含めて製造業を米国に取り戻すという動きは、その延長上で捉えるべきだという視点はとても興味深い。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》以下の投稿も James Allworth のサムスン脅威論のに関係したものです。

1)アップルにとってサムスンの真の脅威とは何か[本稿]
  Asus とデルの寓話
2)アップルの真の強みとは?
  アップルの持つ2つの側面
3)コモディティ化したデザイン
  デザインはコモディティ化してしまった
4)アップルに残された道は何か
  アップルのとるべき方策

Read Full Post »