Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘OS X’

耳で聞くようになると、テキスト読み上げに使われる声が気になる。

iPhone の声は「サマンサ」(Samantha)だそうだ。

デスクトップではいちばん自然に聞こえる「アレックス」(Alex)の声が気に入っていた。

アレックスの声の自然さについては、アップル自身が解説を加えている。

Accessibility – OS X – Vision | Apple
アクセシビリティ – OS X – 視覚に障がいのある方に | アップル

     *     *     *

アレックスの声(The Alex Voice)

Macの声、Alexをご紹介しましょう。Alexは、先進的なAppleのテクノロジーを使って、たとえ非常に速い話し方でも英語の自然なイントネーションを再現します。ほとんどのTTS(テキスト読み上げ)システムがテキストを一文ずつ分析して合成するのに対し、OS Xは段落ごとにテキストを分析。その内容をより正確に解読します。さらにAlexは人間の話し言葉のニュアンスをより詳細に反映させるので、本、記事、ニュースなどの長い文章の意味が、より理解しやすくなります。長い文章を読み上げる時は途中でひと呼吸おくので、Alexはとても自然です。

Introducing Alex, the voice of the Mac. Alex uses advanced Apple technologies to deliver natural intonation in English even at extraordinarily fast speaking rates. While most text-to-speech (TTS) systems analyze and synthesize text one sentence at a time, OS X analyzes text a paragraph at a time and deciphers the context more accurately. In addition, Alex more closely matches the nuances of human speech, so you can more easily understand the meaning of longer text passages in books, articles, and news stories. Alex is so natural he even breathes between long passages.

VoiceOverは、キーボードでの操作に加え、Appleのマルチタッチトラックパッドのジェスチャーを使って操作できます。これは画面読み上げ機能では初めてのことです。指先の動きを感知するトラックパッドの表面が、コンピュータスクリーン上のアクティブウインドウの代わりになり、触れた場所の内容を聴くことができます。指を動かしてドラッグしていけば、項目を連続して読み上げます。1本の指でフリックすると、前後の項目に移動できます。ジェスチャーは覚えるのが簡単で、楽しく使えるうえ、練習のためのモードも用意されています。VoiceOverを使えば、ウェブページ、スプレッドシート、プレゼンテーションをはじめ、あらゆる書類上の項目の配置や、複数の項目の位置関係をまったく新しい感覚で把握できるでしょう。

In addition to keyboard control, VoiceOver is the first screen reader you can control using gestures on an Apple Multi-Touch trackpad. The trackpad is a touch-sensitive surface that can represent the active window on your computer screen. So you can touch it to hear the item under your finger, drag to hear items continuously as you move your finger, and flick with one finger to move to the next or previous item. The gestures are easy to learn and fun to use, and there’s even a practice mode. With VoiceOver you’ll have a brand-new sense of how items are arranged and interrelated on a web page, in a spreadsheet, in a presentation, or in any document. Learn more about VoiceOver gestures

     *     *     *

アップルの「テキスト読み上げ」(text-to-speech)の歴史は古いが、音声合成の技術は Nuance 社のものを使っているようだ。

OS X Daily: “Mac OS X Lion Adds Amazing New Text-to-Speech Voices – Listen to Samples“: 15 May 2011

     *     *     *

Nuance の音声技術

Mac OS X Lion には高品質の「テキスト読み上げ音声」(text-to-speech voices)が多数含まれている。多数の言語に対応できたのは、これまでもウワサのあった音声技術の会社「Nuance」とアップルとの協力の賜物だ。新しい音声は驚くほど高品質で、主要な言語(英語、中国語、ドイツ語、日本語、フランス語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ポルトガル語、ヒンズー語、ロシア語、その他の言語)をほぼカバーしている。

Mac OS X Lion is set to include a wide variety of new high quality text-to-speech voices in a multitude of languages, thanks to a long suspected partnership between Apple and Nuance, a speech technology company. The new voices are of surprisingly good quality and speak in major world languages including English, Mandarin, German, Japanese, French, Spanish, Thai, Bahasa, Portuguese, Hindi, Russian, and many more.

     *     *     *

いろいろな音声サンプルを Nuance のサイトで聞くことができる。

「家政婦のミタ」さんみたいな日本語の声は「キョーコ」さんだそうだ。

サマンサ以外にも各国語の声が聞ける。

アメリカ英語:Samantha
英国英語:Serena
フランス語:Virginie
スペイン語:Monica
日本語:Kyoko
中国語:Mei Ling

     *     *     *

技術が自然のことばに近いところまできていることに驚かされる。

語学教材への活用もあっという間だろう・・・

アレックスとサマンサの声については、Erica Sadun が1年ほど前に Ars Technica で詳細に解説している。

Ars Technica: “iPhone VoiceServices: Looking under the hood” by Erica Sadun: n.d.

     *     *     *

アレックスとサマンサ

もしアナタがマックのアメリカ英語「アレックス」(Alex)の声に慣れているなら、「サマンサ」(Samantha)の声は少し機械的に聞こえるかもしれない。それは Alex は音声だけで数百メガバイトを占めるが、アメリカ英語にローカライズされた Samantha は3メガバイト以下しかないからだ。Samantha はシンプルな音声合成技術で、声の質の違いは耳で聞けば明らかだ。

If you’re used to the American English “Alex” voice on the Macintosh, you’ll notice that the “Samantha” voice sounds far more mechanical. That’s because the Alex voice alone occupies several hundred megabytes. In comparison, the US-localized Samantha data on the iPhone clocks in at under 3 megabytes. It’s a simpler synthesis system, and the difference in quality is easily apparent to the ears.

     *     *     *

音声データの量が大きすぎることから、モバイルではアレックスでなくサマンサになったものらしい。

Erica Sadun の記事には彼女が実際にアドレスブックをコントロールする様子のビデオも掲載されている。

これが Siri とどう関係してくるのか大変興味深いところだ。

iPhone の声も慣れてくればまんざらでもない。読み上げスピードの調節でだいぶ聞きやすくなった。

サマンサも、キョーコの声もなかなかのものだ。

・・・おっと、失礼。

ほら、またサマンサが呼んでいる・・・

広告

Read Full Post »


Mac OS X から Mac が消えた・・・

アップル公式サイトの「Mac OS X」から初めて「Mac」が消えた。

Daring Fireball: “Apple Dropping the ‘Mac’ From ‘Mac OS X’?” by John Gruber: 15 June 2011

     *     *     *

誰かさんが・・・

Mac OS X が発表されて以来、口頭では「OS X」といわれることもあったが、公式のアップルのマーケティング資料で「Mac OS X」から「Mac」が落とされたのはこれが初めてだ。どうしてだか私は知らないし、深入りはしない。ただ、誰かさんが、(「誰かさん」というのはご存知の誰かさんのことだが)、この方が響きがいいと考えたのだろう。それに Mac はハードウェアであり、OS X はソフトウェアであるということがハッキリする。iPhone、iPod Touch、iPad が同じハードウェアであり、iOS がソフトウェアであるのと同じだ。

It’s often been referred to colloquially as just plain “OS X” ever since it was announced, but this is the first time Apple has dropped the “Mac” from the name in marketing materials. I have no idea why, but I wouldn’t read too much into this. I think they — where by “they”, feel free to substitute you-know-who — just think it sounds better. And it clarifies that Mac is the hardware, OS X is the software — just like how iPhone, iPod Touch, and iPad are hardware, and iOS is the software.

     *     *     *

あの不幸なクローン時代

追記:こうではないだろうか。OS の名前に「Mac」が付けられた唯一の理由は、あの不幸なクローンが作られた時代だったということではないか。クローン時代以前には、単に「System 7」、「System 6」などと呼ばれただけだった。Mac の中には本来 Mac と呼ぶのがふさわしくないマシンも混じっていることから、「Mac OS」という名前に改名したのではないか・・・

UPDATE: Come to think of it, I’m pretty sure the only reason “Mac” was ever put into the name of the OS was for the ill-considered cloning era. Prior to the clones, it was just called “System 7”, “System 6”, etc. They renamed it “Mac OS” so there’d be some sort of Mac involved on machines that themselves could not be called Macs.

     *     *     *

Mac を落としてみると、なるほど自然な感じもする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Paul Thurrott: Image

ウインドウズギーク Paul Thurrott が iOS と Lion について辛口コメントをしている。

2つとも3つ星評価(5つ星中)というきびしさだ。

SuperSite for Windows: “Apple iOS and Apple Mac OS X ‘Lion’” by Paul Thurrott: 08 June 2011

     *     *     *

iOS はコピー

アップルの iOS は、iPhone、iPod touch、iPad などベストセラーのほとんどで動くようになった。その意味で重要だ。一方かなり成熟してきたので、技術革新の度合いもスピードが落ちてきた。そこで便利な機能をますます意識的に他のモバイルプラットフォームからコピーしている。iOS 5 の新機能の主なものは Android や、BlackBerry、Windows Phone などからほとんどそのまま選びとってきたものだ。通知機能は動作も見かけも Windows Phone の通知と同じであり、それを真似した Android の Notification Center から持ってきたものだ。Twitter を統合しただって? 最初に Windows Phone で発表したのはマイクロソフトだ。(Facebook や LinkedIn の統合もやっている。)カメラを改良したのも Windows Phone そのままだ。分割できるバーチャルキーボードも数年前マイクロソフトの UltraMobile PC 製品で初めて登場した。iMessage? たしかにアップル特有だ。BlackBerry Messaging Service(BMS)のアップル版で、よく似た Windows Phone の機能ほどオープンでない。要すれば、iOS 5 は成熟しつつあり、このプラットフォームのユーザーにとっては好ましい変化だろう。しかしそれ以外のものにとっては、アップルが好んで口にする革新的なものというわけにはいかない。これまであったものに過ぎないということだ。iOS 5 は 2011 年末までは出荷しない。価格も、使用許可も今のところはっきりしない。

Apple’s iOS now runs on many of the world’s best-selling mobile devices—iPhones, iPod touches, and iPads—and as such it’s important. But it’s also getting pretty mature, so we’re seeing a slowing of innovation and a far more conscious copying of useful features from other mobile platforms. Most of the big new iOS 5 features are culled straight from Android, BlackBerry, and Windows Phone. The new notifications look and work like Windows Phone notifications and are managed from an Android-clone Notification Center. Twitter integration? Microsoft announced it first for Windows Phone (and has Facebook and LinkedIn integration, too). Camera improvements were lifted straight from Windows Phone, and the split virtual keyboard first appeared in Microsoft’s UltraMobile PC products several years ago. iMessage? It’s a proprietary, Apple-only version of the BlackBerry Messaging Service (BMS) and less open than a similar feature on Windows Phone. What this means is that iOS is maturing, and for those using this platform, these are all welcome changes. For the rest of the world, however, it’s been-there-done-that—not exactly the innovation message Apple likes to project. iOS 5 won’t ship until late 2011 and pricing and licensing is currently unknown.

     *     *     *

精彩を欠いた OS X

バグだらけの過去の Mac OS をより丈夫で信頼性のある Mac OS X に移行させるにあたって、アップルはマイナーで漸進的な(evolutionary)アップデートを10年かけて繰り返してきた。その最新のものが Mac OS X 10.7 “Lion” だ。いくつかの UI は iPad そのままで、功罪相半ばする。LaunchPad では起動アプリのアイコンがうんざりするほど並んでおり、やっとアップルはフルスクリーンアプリに対して統一的アプローチをとることになったわけだ。しかし Lion の他の部分をみれば、このデスクトップをベースとする OS が如何に疲労をきたしているかが分かる。増えすぎたウインドウにどう対処したらいいかユーザーに示す Mission Control も、アップルの最新の試みのひとつだ。それでもアップルは価格と使用許可についてはちゃんとやっている。Lion はたったの 29 ドル。シングルコピーから持っているすべてのマックにインストールできる。だがダウンロードオンリーで、直前のバージョン Snow Leopard をインストールしたものに限られる。だから、今後再インストールするにはまず Snow Leopard をインストールし、それから Lion をインストールする必要がある。全体として見れば、Lion はさほど変化していない。みんながマックを買うのはピカピカのハードウェアのためであって、精彩を欠いた OS X のユーザー体験のためではない。それは今でも変わらない。

Since making the transition from its buggy Mac OS past to the more durable and reliable Mac OS X, Apple has delivered a decade’s worth of minor, purely evolutionary updates, and Mac OS X 10.7 “Lion” is just the latest. Some UIs are pure iPad, and with mixed results: The LaunchPad provides a tedious grid of icons for launching apps, and Apple is finally adopting a cohesive approach to full-screen apps. But other Lion ideas simply speak to how tired this desktop-based OS has become: like Mission Control, the latest in a long list of Apple attempts at helping users manage an overabundance of windows. What Apple gets right, however, is pricing and licensing: Lion is just $29, and you can install a single copy of the system on as many Macs as you own. That said, it’s download-only, and an upgrade only for those users who have the previous OX version, Snow Leopard installed. So later system rebuilds will require you to install Snow Leopard first, then Lion. All in all, Lion doesn’t change much: People buy Macs for the beautiful hardware, not the lackluster OS X user experience. That’s still very much the case.

     *     *     *

辛口というよりケチョンケチョンだ。

アップルギークの John Gruber が反論する。

Daring Fireball: “Paul Thurrott on iOS 5 and Lion” by John Gruber: 14 June 2011

     *     *     *

iOS 5 について

「すぐれた機能は文字通り他のモバイルプラットフォームからコピーされたものだ。」

“Best features were literally copied from other mobile platforms.”

そのとおりだ。

True!

     *     *     *

Lion について:

「バグだらけの過去の Mac OS からより丈夫で信頼性のある Mac OS X に移行するにあたって、アップルはマイナーで漸進的なアップデートを10年かけて繰り返してきた。その最新のものが Mac OS X 10.7 “Lion” だ。」

“Since making the transition from its buggy Mac OS past to the more durable and reliable Mac OS X, Apple has delivered a decade’s worth of minor, purely evolutionary updates, and Mac OS X 10.7 “Lion” is just the latest.”

そのとおりだ。

True!

     *     *     *

マイナーで漸進的

論争のために意図的に敵対的な議論をしているのかもしれない。それとも、意図的に相手を貶すという意味ではよく出来ているというべきか。私の記憶するところ、メジャーな(ネコ科の名前の) Mac OS X アップグレードがあるたびに Thurrott は同じ議論を繰り返している。どのアップグレードも「マイナー」で「漸進的」(evolutionary)だという。ネコ科の名前が変わるような Mac OS X アップグレードのたびに Thurrott が繰り返すこの議論を見ると、アップルはセンセーショナルで非常に刺激的なリリースを出すことができない、あるいは出そうとしていないと Thurrott があてこすっているように感じる。そして、これらの「incremental な」(Thurrott にとってそう思える)アップグレードがあたかもメジャーで新しいアップグレードであるかのように、宣伝というトリックを使ってプレスや多数の熱心なアップルファンに信じこませているのだ、と・・・

One could argue that these are purposefully antagonistic ways of saying these things. Or, perhaps better said, purposefully belittling. With Mac OS X in particular, to my recollection, Thurrott has had this same take for every single major (i.e., new cat name) release. Every single one, he’s considered to be “minor” and “evolutionary”. The insinuation I always get from Thurrott’s takes on big-cat Mac OS X releases is that Apple can’t or at least doesn’t attempt sensational mind-blowing new releases, but yet through marketing trickery they convince the press and a large and ever-growing audience of enthusiastic fans of the company that these (to Thurrott’s mind) incremental upgrades are in fact sensational major new upgrades.

     *     *     *

一歩一歩前進する

つぎのことを指摘するに止めたい。Lion と Mac OS X(例えば Cheetah と)を並べて比べてみるがいい。どれほどすばらしいものになったか歓喜の涙にかきくれるだろう。これぞアップルのやり方なのだ。確実に、倦むことなく、一歩一歩前進する(incremental progres)のだ。

I’ll just say this. Compare Lion side-by-side with Mac OS X (“Cheetah”) and you’ll weep with joy at how much better it’s gotten. This is how Apple rolls — steady, relentless, incremental progress.

     *     *     *

ウインドウズギークとマックギークの激突だ。

罵り合いのことばこそないが、それぞれ強烈な指摘をしている。

異なる立場の議論が交錯するとき、問題の何たるかが見えて興味深い。アメリカのおもしろさだろう・・・

Gruber が挙げている彼の論考は再読に値する。

★ →[原文を見る:Paul Thurrott
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »


Bertrand Serlet – Mac OS X の父

Update:元部下からみた Serlet》

NeXT の時代から終始 Mac OS X に携わってきた Bertrand Serlet がアップルを去る。

AllThingsD: “Mac Daddy Serlet’s Surprise Departure More of a Planned Transition” by John Paczkowski: 23 March 2011

     *     *     *

なぜ今の時期に

Mac ソフトウェアエンジニアリングの上級副社長 Bertrand Serlet がアップルを去る。この10年間彼は Mac OS X の何たるかを定義し、それを見直し、繰り返しアップデートしてきた。しかし今の時期に去るのはなぜか?

So Bertrand Serlet, senior vice president of Mac software engineering and the guy who spent the past decade defining, redefining and iterating Mac OS X, is leaving Apple. Why now?

     *     *     *

計画的禅譲

アップルの公式説明は「彼が製品よりサイエンスにより注力したいから」というものだ。Serlet のマッドサイエンティスト的雰囲気や Xerox PARC および NeXT での経歴を考えればもっともらしく聞こえる。しかし OS X の次期バージョン Lion の登場を控えているこの時期の発表というタイミングはいささか妙に思える。しかしほんとのことをいえば、これは計画的禅譲なのだ。

The party line says he’s decided “to focus less on products and more on science.” That’s a plausible explanation, given Serlet’s mad scientist airs and background, which includes stints at Xerox PARC and NeXT. And while the timing of the announcement might seem odd–Apple is ramping up for the release of Lion, the next iteration of OS X–the truth of the matter is that this is a planned transition.

     *     *     *

前触れはあった

昨年 Serlet の代わりに Craig Federighi が Lion のプレビューデモをやったのにはわけがある。Serlet が最近アップル株を手放したのにもわけがある。二人ともこの日のために準備していたのだ。複数の情報筋によれば、アップルにとって OS X の重要性がが小さくなったとか、これからの戦略について見解の相違があったからということではまったくない。

There’s a reason Craig Federighi, who is to take over Serlet’s role, handled demo duties for Apple’s Lion preview demo last year (see video below). And there’s a reason Serlet has been selling off Apple shares recently. They’ve been preparing for this day, which sources tell me is not at all the result of a spat over differences in strategic direction or the diminishment of OS X’s importance to Apple.

     *     *     *

単なる役員交代

「とげとげしい関係なんてない」とアップルに近い情報筋のひとりは語る。「Bertrand はアップルを去る時期がきたと考え、Avie Tevanian(ソフトウェアエンジニアリングの前上級副社長)が彼に譲ったように、今度は彼が Craig に譲るだけの話だ。単なる役員交代というわけだ。」

“There’s no acrimony there,” one source close to the company told me. “Bertrand’s just decided it’s his time to move on. Avie (Tevanian, former senior vice president of software engineering) handed off to him and now he’s handing off to Craig. It’s just a changing of the guard.”

     *     *     *

金字塔としての Lion

いいかえれば、ある意味 OS X が iOS に取り込まれ、スターとしての Serlet の地位に陰りが出始めたから去るのではない。彼が去るのは今がその時期であり、アップルにおける彼のレガシーの金字塔として Lion がふさわしいと考えるからこそ去るのだ。

In other words, Serlet isn’t leaving because because Lion heralds some subsuming of OS X to iOS and the setting of his star at Apple. He’s leaving because he feels it’s time and likely because Lion seems a perfect monument to his legacy at Apple.

     *     *     *

Jobs との確執とは無関係という John Paczkowski の指摘はそのとおりかもしれない。

そうだとしても、ひとつの時代の終わりという感じは否めない。

NeXT から来たベテラントリオ(Avads “Avie” Tevanian、Bertrand Serlet、Scott Forstall の3人組)の上にも確実に時は過ぎているようだ。

Serlet がウインドウズ Vista を皮肉るビデオを改めて見ると、なかなかおもしろい人物だったように思われる。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》元部下からみた Serlet(3月25日)

Bertrand Serlet の下で仕事をしたことのある David Cásseres がなかなかいい文章を書いている。

web.mac.com: “Bertrand Serlet Leaves Apple” by David Cásseres: 24 March 2011

 
     *     *     *

最も重要なボス

アップルで働いた数年間、Bertrand は最も重要なボスだった。その後 2003 年にクビになった。多分彼のさしがねだろう。

For several years Bertrand was the most important manager in my life at Apple, before I was laid off in 2003, probably as a result of a decision he made.

     *     *     *

目を白黒させた

Bertrand の最初の印象といえば、彼がしゃべるたび頭痛がしたことだ。98〜99 年頃だったと思うが、彼は次期 Mac OS はハードディスクを持たないコンピュータでも動くシンクライアント OS[thin client OS]になるだろうという話をしたものだ。みんなは目を白黒させた。

My first observation about him was that every time I had to hear him talk, I got a headache. That was back when he was telling us (around ’98-’99, maybe) that the next Mac OS was likely to be a thin client OS on a computer that had no hard disk. We rolled our eyes.

     *     *     *

カルチャー戦争真っ最中

その後間もなく、経験を積んだアップルのソフトウェアエンジニアを前にして、間違いを犯さないでコードをカット&ペーストする方法について講義してくれたものだ。自分のエンジニアとしての全キャリアの中で、このときほどバカにされたと感じたことはなかった。NeXT とアップルのカルチャー戦争は真っ盛りだっだ。

Pretty soon he was standing up in front of seasoned Apple software engineers and lecturing us on how not to make mistakes when cutting and pasting code. I said at that time that I had never felt so thoroughly disrespected as an engineer in my entire career. The NeXT/Apple culture wars were at their height.

     *     *     *

嫌なヤツ

[その後 Bertrand とは直接に話をするのを避けるようになった。]いいたいことは、自分の目から見て、彼が一緒に仕事することなど考えられない嫌なヤツに思えたことだ。OS X の仕事を数年したが、2003 年にはクビになった。・・・

What I’m saying, from my point of view, he was an absolute bitch to work for.

And in 2003 after working with OS X for a few years, I was laid off. […]

     *     *     *

Snow Leopard

その後、Snow Leopard のことを耳にしたときだった、Bertrand がやろうとしていたのはこれだったのかとやっと分かった。システムが本来必要とするもの(ユーザー機能ではなく)をリリースすることだ。Steve Jobs を納得させてその気にさせるには大論争が必要だったに違いない。ともかく Jobs は納得した。Snow Leopard の内部に隠された Grand Central Dispatch のような機能こそ、OS やアプリケーションのフレームワークにとって大きな飛躍だった。その時になって Bertrand に対して大きな敬意を感じたものだ。

And then, when I started hearing about Snow Leopard, I realized that this was what Bertrand had been aiming at all along: the release where the system — not the user features — really got what it needed. I suspect he had to win a big argument with Steve Jobs to get to that point. And he got there. Snow Leopard’s under-the-hood features, such as Grand Central Dispatch, were huge leaps forward in operating system and application frameworks technology. I gained a great deal of respect for Bertrand at that point.

     *     *     *

今考えれば・・・

今になってみれば、素晴しい技術的洞察力をもちながら、NeXT より大きなグループを管理した経験をほとんど持たない比較的若い青年が、アップルと NeXT の陰謀と裏切りの中で、まだ不完全なビジョンを抱えて必死になっていたのだと思う。ほとんど知識のないアップルという会社にとって、なんとか真に重要な OS 技術をもたらそうとして・・・

With hindsight, I can look back at a relatively young man with brilliant technical insight and very little experience managing a group larger than the one at NeXT, clambering upward through the thicket of Apple/NeXT intrigues and of half-baked visions for Apple — a company he knew very little about — to find his way to do something really significant for OS technology at Apple.

今後の健勝を祈りたい。

I wish him well.

Read Full Post »

モバイル OS の現況

Opennes

Smartphone OS “Openness Index

iPhone の登場によってにわかにモバイル OS が注目を集めている。

ノキアの Symbian 買収がそれに拍車を掛けている。

モバイル OS の全体像を得るのに大変時宜を得た記事がある。それもこなれた日本語で・・・

CrunchGear | The state of mobile OS openness
TechCrunch Japanese | オープンなモバイルOSの現況[satomi 訳]

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

[噂]雪豹現わる!

Snow Leopard

Snow Leopard

来週に迫った WWDC で Mac OS X の次期バージョンが発表されるというスクープをものにしたのは TUAW だったが、そのコードネームが「Snow Leopard」[雪豹、ユキヒョウ]だとすっぱ抜いたのは Ars Technica だった。

Ars Technica: “Mac OS X 10.6 code named Snow Leopard, may be pure Cocoa” by Jacqui Cheng: 04 June 2008

     *     *     *

来年1月の Macworld で出荷

事情に詳しい情報筋によると、TUAW の話は細部まで正しいそうだ。Snow Leopard は来年1月の Macworld に向けて鋭意準備中であり、OS について特段大きな変化はないという。専らパフォーマンスに注目、スピードアップと安定性強化に注力するという。アップルはこのところ(そして将来においても)より小型で、より薄く、より持ち運び可能なデバイスに焦点を絞っていることを考えると、これは実にピッタリの動きだ。MacBook Air や iPhone、iPod touch にしても、また未発表の秘密のデバイスにしても、バッテリー持続時間をもっとのばすことが必須だ。まさにこの点こそ、この数年間で他社に差をつけたいとアップルが考えているところなのだ。なお、Snow Leopard が今年の WWDC で発表されるかどうかについては、我々の情報筋は確証を持っていない。

People familiar with the situation have confirmed to us that TUAW’s details are true—Snow Leopard is currently on track to come out during next January’s Macworld, and it will not contain major OS changes. Instead, the release is heavily focused on performance and nailing down speed and stability. With Apple’s current (and future) focus on smaller, thinner, and more mobile devices, this move makes perfect sense. Things like the MacBook Air, iPhone, iPod touch, and other mysterious devices that have yet to be announced need better performance for better battery life, and that’s definitely something Apple wants to excel at in the years to come. Our sources did not note whether Apple planned to discuss Snow Leopard at this year’s WWDC.

     *     *     *

John Gruber も新しい OS について次のように述べている。

Daring Fireball: “‘Snow Leopard’ at WWDC” by John Gruber: 04 June 2008

     *     *     *

枝分かれした OS X

私が耳にしたところでは、Mac OS X、iPhone OS、Apple TV などいくつにも分岐してしまった OS X をひとつに統合することに努力の大半が向けられるという。

A big part of the effort, from what I’m hearing, is unifying the various branches of OS X at Apple: Mac OS X, iPhone OS, Apple TV, etc.

     *     *     *

ピッタリの名前

この新しい OS の名前「Snow Leopard」は実に打ってつけだ。Leopard に似てはいるがもっとクールで、特定の環境に適応している。Steve Jobs がこの OS について話すとき、バーション番号をいわずに[Snow Leopard という]名前だけで呼んでも驚きはしないだろう。

But the name of this new release, which I’ve heard from several sources, fits perfectly: Snow Leopard. Like Leopard, but cooler, and adapted for a specific environment. I wouldn’t be surprised if Steve Jobs doesn’t even mention the number 10.6, and refers to the OS only by name.

     *     *     *

WWDC のバナー

Wwdc Banners

WWDC banners | Gernot Poetsch

モスコーニセンターの内部写真もぼつぼつウェブに出始めた。

CrunchGear が載せた会場のバナー写真によれば、どうやら今後は「OS X Leopard」、「OS X iPhone」と呼ぶことになるらしい。

だとすると、新しい OS の登場はますます本当らしく思えてくる。

WWDC のサプライズは iPhone だけではないということか・・・

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »

« Newer Posts