Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘NTT Docomo’

20150218k0000m020028000p_size6

ドコモ:加藤社長が攻勢宣言「16年3月期は増収増益」 | 毎日新聞

スマホを他社で使えないよう設定する「SIMロック」の無料解除が5月から原則義務化される。ドコモはこれまで有料で米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末の解除に応じており、「年10万件の利用のうち大半が海外で現地のSIMを差し込んで使いたいという要望だった」とし、大きな混乱はないとみる。また、これまで対象外としてきた米アップルのiPhone(アイフォーン)の解除に関しても「前向きに考える」と述べた。

NTTドコモ社長がiPhoneのSIMロック解除を「前向きに考える」と言及も義務なのでは?? | IT Strike

広告

Read Full Post »

Web

[予約受付は始まったが・・・]

ついに中国最大手の China Mobile(中国移動通信)から iPhone が販売されることが正式に決まった。

両社のプレスリリース(同文)で、12月25日予約開始、来年1月17日発売というところまで発表されたのに、予約受付日を過ぎてももまだ iPhone 価格などの詳細は分からない

そんな中で Horace Dediu が China Mobile に課せられる販売ノルマ[MOQ:最低発注数量]を取り上げているのが興味深い・・・

asymco: “The China Mobile iPhone MOQ” by Horace Dediu: 23 December 2013

     *     *     *

来年1月17日販売開始

2013 年12月22日北京およびクパティーノ発:アップルは世界最大の携帯電話会社 China Mobile(中国移動通信)と iPhone を販売する複数年契約を締結したことを本日発表した。この契約によって、iPhone 5S および iPhone 5C はアップルストアだけでなく China Mobile の販売店網からも来年1月17日(金)から販売が開始される。

“BEIJING and CUPERTINO, California—December 22, 2013—Apple® and China Mobile today announced they have entered into a multi-year agreement to bring iPhone® to the world’s largest mobile network. As part of the agreement, iPhone 5s and iPhone 5c will be available from China Mobile’s expansive network of retail stores as well as Apple retail stores across mainland China beginning on Friday, January 17, 2014.

アップル(12月22日)および China Mobile(12月23日)のプレスリリースから

China Mobile & Apple Bring iPhone to China Mobile’s 4G & 3G Networks on January 17, 2014 – Yahoo Finance

     *     *     *

縁起のいい日

どうやら1月17日は縁起のいい日らしい。[注]

January 17 seems to be an auspicious date.[1]

[注]1月17日は中国の数霊術ではラッキーナンバーにあたる。1+7=8と末広がりの八になっていて非常に縁起のいい数字だ。Joe Zou のツイッターから。

1. January 17 is a lucky day in Chinese numerology: 1+7=8 is a multiple of number 8, which is the most auspicious number. Joe Zou @zzbar via Twitter

     *     *     *

NTT Docomo の MOQ

ちょうど1年前の1月17日に、自分は iPhone の最低発注数量[MOQ]について書いた。

Precisely a year prior to that date, on January 17, 2013, I wrote The iPhone MOQ.

その投稿で、米国キャリアの契約者総数に占める iPhone アクティベーションの割合を示した。キャリアやその年によって変わるが 10% 〜 19% という数字だった。さらに日本については NTT Docomo 社長の発言に基づいて高い方の数字になるものと仮定した。

Within that post I showed the activation rates for US operators as a percent of total users. Figures ranged from 10% to 19% by year or operators. I further assumed the figures would be toward the high end of that in Japan based on statements by the president of NTT DoCoMo.

     *     *     *

China Mobile の MOQ は?

その投稿の最後の文章はつぎのとおり。

The last phrase I used was:

「China Mobile(中国移動通信)については最低発注数量(MOQ)が何パーセントになるのか興味深いところだ。」

“The MOQ figure as percent of subs for China Mobile would also be an interesting point of debate.”

     *     *     *

控え目にみて3千万か

自分の予想では、China Mobile の場合は米国や日本よりはるかに低い数字から始まるだろうと考える。中国の場合は最低発注数量(MOQ)が 2014 年の契約者総数の 4% になっても驚かない。上記の China Mobile のプレスリリースでは契約者総数を7億6千万人としている。ということは iPhone の最低発注数量は3千万ということになる。

My assumption would be that CM would start at a base significantly lower than the US or Japan. I would not be surprised to see an MOQ of 4% of user base for 2014. In the press release above China Mobile states that they serve 760 million customers. That implies a minimum order of about 30 million iPhones.

他にデータがないことから控え目に予想すべきだと考える。

In the absence of any other data it’s best to be conservative.

     *     *     *

China Mobile(7億6千万人)だけでもはるかに AT&T(1億1千万人)を超える。

その 4% にいくらで、どういう条件で売ろうとしているのかますます気になってくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

first_iphon5s_customer

[The first iPhone 5S customer:photo

ドコモが参入した日本の iPhone 事情がちょっとした話題になっている。

Unwired View: “iPhone 5S/C made up 76% of new smartphone sales in Japan this October” by Stasys Bielinis: 27 November 2013

     *     *     *

日本は米国に次ぐ iPhone マーケット

日本はたぶん米国に次ぐ第2の iPhone マーケットだ。もっともマーケットシェアだけでの話だが。絶対数からいえば、すでに中国が米国より大きいか、もうすぐ米国を超えるかというところだろう。

Japan is probably the second best iPhone market, after U.S. At least in market share. China either already is, or will soon be bigger in absolute numbers.

     *     *     *

ドコモが加わって絶好調

長年アップルは日本で好調だった。そして日本最大手のモバイルキャリア NTT DoCoMo が iPhone 5S/5C の発売を開始した今、アップルは絶好調だ。

Apple has been doing very well in Japan for years. And now that country’s biggest mobile operator – NTT DoCoMo – started carrying iPhone 5S and 5C, it is doing even better.

     *     *     *

iPhone シェアは 76%

どれほどかって?

How much better?

Kantar World Panel によるとなんと 76% というシェアなのだ! 10月に発売された新しいスマートフォンのうち 76% が iPhone だった。NTT DoCoMo の販売台数に占める割合では 61% だったという。

According to Kantar World Panel, 76% (!) of new smartphones sold in October were iPhones. Including 61% on NTT DoCoMo.

     *     *     *

販売助成金フル活用のせい?

これまでも常に iPhone の業績はトップだった。キャリアが支配し、販売助成金をフルに活用する日本というマーケットでは・・・。典型的な2年縛りの契約の場合だと、650 ドルの iPhone を買おうと 400 ドルの Android を買おうと一般のひとにその違いはほとんど分からないのだ。

IPhone always performed best in carrier controlled and heavily subsidized markets, where the average Joe can see little difference between buying $650 iPhone and $400 Android phone with a traditional two year contract.

     *     *     *

ドコモはスゴい

それにしても NTT DoCoMo が日本で引き起こした iPhone への関心は驚くべきものだというほかない。

But the amount of interest it is now generating in Japan, is simply amazing.

     *     *     *

寡聞にして筆者は Kantar World Panel を知らなかった。

ググってみたがどういう調査なのかよく分からなかった。

10月に公表された日本の数字と合致するのかどうかも分からない。

筆者の注意を引いたのはこの日本のニュースが海外で取り上げられる過程だ。

この記事は Techmeme にもリストアップされ、多くのアップル系メディアが引用している。

Gruber ですらこれを引用して次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Report: iPhone 5S and 5C Made Up 76 Percent of New Smartphone Sales in Japan This October” by John Gruber: 27 November 2013

     *     *     *

Gruber の反応

日本における10月のスマートフォン販売実績で iPhone 5S/5C が 76% を占めたという報道

Report: iPhone 5S and 5C Made Up 76 Percent of New Smartphone Sales in Japan This October

どうやらアップルと NTT Docomo の提携関係が実を結んだようだ・・・

Sounds like the recent Apple/NTT Docomo partnership is working out.

     *     *     *

日本のニュースが海外に伝わる様子が垣間見えて興味深い。

どうやらドコモが日本のモバイルマーケットを「席巻した様子」は既定事実として海外に伝わったようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Kaoru_Kato

[NTT ドコモ加藤薫社長:photo

NTT ドコモから iPhone が出るというウワサでにぎやかなようだ。

携帯電話会社が iPhone を扱う際には一定数の販売台数を義務付けられる[MOQ:最低発注数量]ことは有名だ。

NTT ドコモの場合はそれがどれくらいになるのか、少し前になるが Horace Dediu が興味深い分析をしている。

asymco: “The iPhone MOQ” by Horace Dediu: 17 January 2013

     *     *     *

NTT ドコモ加藤薫社長談

NTTドコモの加藤薫社長は10日、日刊工業新聞の取材に応じ、米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」について「互いの契約条件が合えば、ラインアップの一つとして扱いたい」と採用に意欲を示した。アップルは通信会社との契約で一定数の販売台数を義務付けるとされるが、「アイフォーンの販売台数が当社の扱うスマートフォン全体の2―3割なら受け入れ余地はある」と話した。

[Kaoru] Kato, president of NTT DoCoMo Inc., said that the firm would want to add the iPhone to its lineup of serviced smartphones if it could form a mutually beneficial contract with Apple, Inc.

Apple requires that carriers servicing its devices sell a fixed amount per year. Katō said that his company could handle such quotas if iPhones accounted for approximately 20%-30% of its overall smartphone sales.

via NTT DoCoMo President Interested in Servicing iPhone — BrightWire

     *     *     *

最低発注数量 MOQ

新しい携帯電話会社 が iPhone を扱うときに極めて重要な問題は MOQ[minimum order quantity:最低発注数量、貿易用語では見積最低数量とも]がいくらになるかということだ。製造された iPhone の一部はアップルのオンラインストアで直接販売されるが、しかし大部分は一括発注した携帯電話会社を通じて販売される。

When thinking about an iPhone launch, especially with a new operator, the crucial question is what is the minimum order quantity (MOQ). Some of the iPhone production is sold direct (as in the case of orders coming from Apple’s online store) but the majority of units are sold via operator who order in batches.

     *     *     *

Sprint についての予測

この問題は 2011 年末に Sprint の発注量がリークされたときに明るみに出た。当時私は発注量の規模を論じて、分かりやすく説明した。Sprint の最低発注数量(MOQ)は、4年間の間それぞれ 400、600、900、1200 万台であり、年平均に直すと 700 万台であるというのが私の結論だった。これは特に大きなギャンブルとはいえないとも述べた。

This issue came to light when Sprint’s order was leaked in late 2011. I discussed the order size at the time and put it in context. I concluded that Sprint MOQ was on average 7 million/yr., ramping with 4, 6, 9 and 12 million over a four year period. I concluded that this was not a particularly aggressive gamble.

     *     *     *

実績は予想以上だった

その後公開されたデータによれば、初年度の Sprint の実際の売上げは 630 万台であり、私が予想した初年度 400 万台を遥かに超え、2年目の予測をも超えるものだった。アップルも Sprint も、かなり正確に最小需要量を抑えていたことになる。

Data published since then shows that Sprint actually sold 6.3 million during the first year, well ahead of my expected minimum order of 4 million and above even the expectations for the second year of sales. So far then Sprint and Apple gauged minimum demand quite accurately.

     *     *     *

契約者総数

また、Sprint の最低発注数量(MOQ)はあらかじめ契約者総数[sub base]の一定比率に決められているのかもしれないとも指摘した。当時の契約者総数に基づいて、その約 13% の iPhone を Sprint は毎年購入することを約束しているようだとも。AT&T の場合は契約者総数の 17%、Verizon の場合は 10% が毎年の iPhone 購入台数としてあらかじめ決められていた。(パーセンテージは4年間で少しずつ増加するものと仮定した。)

I also showed that the Sprint MOQ was probably indexed off their sub base. I suggested that, based on subs data at the time, Sprint was committing to roughly 13% of its subs buying an iPhone every year. This was indexed off the data showing that 17% of AT&T subs were buying iPhones every year and 10% for Verizon. (I also assumed that this run level would be ramped over time).

     *     *     *

最低発注数量(MOQ)の実績は

yearly_total_subs

[米国キャリアの MOQ:chart

2012 年10月に終わった1年間の最新データは、AT&T が 19%、Verizon 12%、Sprint 12% だった。その結果は上のグラフのとおりだ。

The updated totals for the 12 months ended October 2012 are 19% of AT&T subs purchased an iPhone, 12% for Verizon and 12% of Sprint. The performance is shown in the following graph:

     *     *     *

ドコモの場合はどうなる?

以上から iPhone の最低発注数量(MOQ)がどのように計算されるかを考えてみよう。もし Sprint と Verizon の結果が代表的な例だと想定すれば、NTT ドコモのようなオペレータは同社の契約者総数の 10% 〜12% の割合(毎年数パーセントずつ増加する)で毎年 iPhone を購入するよう要求されることになる。

Which leads us to think about how the MOQ for the iPhone is calculated. If we assume Sprint and Verizon performance is typical it would imply that an operator like DoCoMo would be required to purchase iPhones at the rate of about 10% to 12% of its sub base each year, modulated to some degree by a ramp.

     *     *     *

これまでのドコモの発言

NTT ドコモの 2012 年9月の契約者総数は 6070 万人だから、その10% は約 600 万だ。これは冒頭の加藤社長発言のスマートフォン取扱量の 20%〜30% とはどう整合するのだろうか。

NTT DoCoMo had 60.7 million subs in September 2012. 10% is about 6 million. Is Mr. Kato’s quote above of 20%-30% of smartphone sales consistent with this?

これより前の7月のインタビューで、加藤社長は 2013 年3月に終わる1年間のスマートフォン売上げ目標は 1300 万台だと語っているが、その 30% なら 400 万台ということになる。

In an earlier interview (in July) Mr. Katō also stated that the target for smartphone sales in the year to March 2013 was 13 million. 30% of that would be 4 million units.

     *     *     *

ドコモについては 6% か

このことから、NTT ドコモにとって iPhone 最低発注数量(MOQ)は 6%(400 万台)に過ぎないことになる。これが iPhone 契約のベースかもしれない。アップルは Sprint に対しては米国内の iPhone 販売実績をもとに、契約者総数の 10% を堅持してきたかもしれないが、ドコモに対しては、少なくとも初年度については契約者総数の 6% で手を打つつもりかもしれない。

This suggests that the iPhone MOQ for DoCoMo is only about 6% of subs. (4 million) Perhaps this is the basis of negotiation for an iPhone deal. Apple may have held out for 10% subs/yr. with Sprint on the basis of performance of the iPhone in the US but might be willing to settle for 6% subs/yr with DoCoMo, at least for the first year.

     *     *     *

China Mobile は?

China Mobile(中国移動通信)については最低発注数量(MOQ)が何パーセントになるのか興味深いところだ。

The MOQ figure as percent of subs for China Mobile would also be an interesting point of debate.

     *     *     *

結局、最低発注数量(MOQ)とは販売ノルマということだろう。

iPhone マーケットの拡大をそこから分析した Horace Dediu の着眼点はいつもながらオモシロい。

契約者ベースの約1割というハードルが携帯キャリアにとってどれほどのハードルなのか、Dediu ならずとも知りたいところだ。

以下は門外漢の筆者の妄想・・・

米国での経験を踏まえた1割というノルマは、米国以外の国のキャリアにもそのまま適用されているのだろうか。

英国はじめヨーロッパの国々の MOQ はどうか。日本の先行キャリアである SoftBank や au はどうか。

各社の契約者ベースや iPhone 販売実績は大きなニュースになるのだから、MOQ についてもきっとどこかで検証されているに違いない。

iPhone マーケットを世界に拡大するにあたっては、それなりの配慮がなされて低い MOQ が適用されているのだろうか。それともアメリカ流で押し通しているのか。

それはまた中国のマーケットを考える上でも興味深い点だ。

中国最大の携帯電話会社 China Mobile(中国移動通信)の契約者数は7億人ともいわれるが、その1割となると膨大な数字だ。スマートフォン契約者はそれより少ないとしても日本の比較ではないだろう。

いかに成長著しい中国でも、これほどのノルマをこなすのは所得格差もあってそう容易ではないだろう。

アップルと China Mobile との交渉は始まって長いが、一向に実現を見ていない背景には、このハードルの高さも関係ありそうだ。

唯一残された、手つかずの中国マーケットを考えるとき、みんなの手の届く低価格版 iPhone のウワサもにわかに真実味を帯びてくるような気がするがどうだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »


[Flash は死んだか:image

Flash の凋落(ちょうらく)について Michael Mace が注目すべき分析をしている。

日本もそれに手を貸したのだという・・・

Mobile Opportunity: “Lessons From the Failure of Flash: Greed Kills” by Michael Mace: 11 November 2011

     *     *     *

【Flash の歴史を簡単にいえば】

A quick, oversimplified history of Flash

標準かカネか

ソフトウェアの世界では、標準として広く行き渡らせるか、それともカネを儲けるかというせめぎ合いが付きものだ。優れたソフト技術を手にしていても、タダで渡してしまえば、広く採用されても、財政的には破綻してしまう。かといって、技術の代金を求めれば、ビジネスは成り立っても、標準として広く行き渡らせるのは難しい。なぜならずっと払い続けなければならないものを標準にしたいとは誰も思わないからだ。

In the software world, there is an inherent conflict between setting a broad standard and making money. If you have good software technology and you’re willing to give it away, you can get people to adopt it very broadly, but you will go broke in the process. On the other hand, if you charge money for your technology, you can stay in business, but it’s very hard to get it broadly adopted as a standard because people don’t want to lock themselves into paying you.

     *     *     *

無料配布された Flash プレーヤ

Flash の場合、プレーヤソフトはネット上で無料配布された。当時 Flash を所有していた Macromedia は、Flash コンテンツの開発ツールを売ることで収益を得ていた。ウェブ初期の時代、無料の Flash プレーヤには2つの役目があった。ビデオ再生にはかなり便利なソフトだったので、多くのビデオストリーミングサイトが採用した。また Flash は芸術的に洗練されたウェブサイトの作成に好んで使われた。オンラインゲームというサブカルチャーの世界でもそうだった。ブラウザには Flash プレーヤをインストールすべきとみなが考えるようになった時点で Flash は重大な分岐点にさしかかった。Flash は事実上のウェブ標準となったのだ。

In the case of Flash, the player software was given away for free on the web, and Macromedia (the owner of Flash at the time) made its money by selling Flash content development tools. The free Flash player took on two roles in the early days of the web: It was a fairly efficient way to play video (and so it was heavily adopted by video streaming sites), and it became the preferred way to create artistically-sophisticated websites, including an active subculture of online gaming. Flash reached a point of critical mass where most people felt they just had to have the player installed in their browser. It became a de facto standard on the web.

     *     *     *

【金持ち日本株式会社の登場】

Enter Japan Inc., carrying cash.

ドコモの iMode フォン

かくて金持ち日本株式会社の登場だ。モバイルデバイスの登場が Flash をめぐる状況を一変させた。現在の高度のウェブブラウザを備えたスマートフォンが登場するずっと以前、日本がモバイルフォンの技術革新の中心だった。圧倒的支配力を誇っていたのは独自仕様の iMode プラットフォームを持つ NTT ドコモだった。ドコモは iMode フォンのマルチメディア体験をより魅力的なものにしたいと考えた。そこで 2003 年初頭に Flash Lite のライセンス契約を Macromedia と結んだ。かくてモバイル版の Flash が iMode フォンに搭載された

The rise of mobile devices changed the situation for Flash. Long before today’s smartphones, with their sophisticated web browsers, Japan was the center of mobile phone innovation, and the dominant player there was NTT DoCoMo, with its proprietary iMode phone platform. The folks at DoCoMo wanted to create more compelling multimedia experiences for their iMode phones, and so in early 2003 they licensed Macromedia’s Flash Lite, the mobile version of Flash, for inclusion in iMode phones (link).

     *     *     *

一挙両得

ドコモとの契約は Macromedia にとって大きな突破口だった。タダで配った PC のクライアントの場合と違って Flash プレーヤからカネとり、すべてのユーザーに強制的に持たせ、しかも開発ツールでカネを稼ぐことが出来たのだ。Macromedia としては一挙両得というわけ。2004 年末には、iMode 契約は世界規模へと更改された。Macromedia が世界制覇の夢を見たのは間違いないと思う。

The deal was a breakthrough for Macromedia. Instead of giving away the flash client, the way it had on the PC, Macromedia could charge for the client, have it forced into the hands of every user, and continue to also make money selling development tools. The company had found a way to have its cake and eat it too! In late 2004, the iMode deal was extended worldwide (link), and I’m sure Macromedia had visions of global domination.

     *     *     *

成功体験の罠

残念なことに日本は特異な電話市場、ドコモも特異なオペレータだった。ドコモの契約を iMode 以外のプラットフォームに広げるのはムリだった。Macromedia、そして後には Adobe は、自らの成功の罠に落ちた。Flash Lite をモバイル標準にするためには、プレーヤをタダで配布し、ドコモとの儲け話を諦める必要があった。しかし一旦プレーヤのライセンスから収益を上げる事業部門を作ってしまうと、タダでプレーヤを配布するのは利益の喪失と多くの首切りを意味した。Macromedia は利益を選択し、Flash Lite がモバイル標準となることは決してなかった。

Unfortunately for Flash, Japan is a unique phone market, and DoCoMo is a unique operator. The DoCoMo deal could not be duplicated on most phone platforms other than iMode. Macromedia, and later Adobe, was now trapped by its own success. To make Flash Lite a standard in mobile, it would have needed to give away the player, undercutting its lucrative DoCoMo deal. When you have a whole business unit focused on making money from licensing the player, giving it away would mean missing revenue projections and laying off a lot of people. Macromedia chose the revenue, and Flash Lite never became a mobile standard.

     *     *     *

墓穴を掘る

気付かぬうちに Macromedia は Flash ビジネスモデルそのものの墓穴を掘った。モバイルの人気が出れば出るほど、その分 Flash は弱くなっていった。

Without fully realizing it, Macromedia had undermined the business model for Flash itself. The more popular mobile became, the weaker Flash would be.

     *     *     *

【スマートフォンの時代】

iPhone に不意をつかれる

かくて現代のスマートフォンの時代となる。モバイルウェブブラウジングが実用化された 2007 年の iPhone 他のスマートフォンの時代に時計を進めよう。Flash の所有者はアドビに変わったが、アドビはまったく不意をつかれた。Flash Lite をタダで配っても、限定的な機能しかなく、PC Flash のフル体験は提供できない。一方、PC のためにフル機能を備えた Flash プレーヤも作られていたが、スマートフォンで動かすには重すぎた。そのためウェブのフル体験はアドビの手の届かないものになってしまった。アドビ自身が Flash をユビキタスな標準にすることができなかったのだ。

Enter the modern smartphone. Jump forward to 2007, when the iPhone and other modern smartphones made full mobile web browsing practical. Adobe, by now the owner of Flash, was completely unprepared to respond. Even if it started giving away Flash Lite, the player had been designed for limited-function feature phones and could not duplicate the full PC Flash experience. Meanwhile, the full Flash player had been designed for PCs; it was too fat to run well on a smartphone. So the full web had moved to a place where Adobe could not follow. The ubiquity of the Flash standard was broken by Adobe itself.

     *     *     *

お粗末なほど遅い AIR

悪いことに、ちょうどアドビは Apollo プロジェクト(後に AIR と改名)を進めている最中で、モバイルデバイスのために Flash を完全な機能を備えたプログラミングレイヤーにアップグレードしようとしていた。AIR の目的とするところは Flash をアドビ OS から切り離して無関係なものにすることだった。当時、私はこのアドビの戦略はとても素晴らしいと思った。しかし実際に出来上がったものはひどく遅い代物だった。

To make things worse, Adobe was by then in the midst of a strategy to upgrade Flash into a full programming layer for mobile devices, a project called Apollo (later renamed AIR). The promise of AIR was to make all operating systems irrelevant by separating them from their applications. At the time, I thought Adobe’s strategy was very clever (link), but the implementation turned out to be woefully slow.

     *     *     *

モバイル Flash を潰したい

結局アドビがやったのはこういうことだ。モバイルのフルブラウジング移行について判断ミスを犯し、モバイルブラウザが Flash を表示できなくてもユーザーはやっていけると証明してしまったことだ。さらに、モバイルプラットフォームを支配したいという意図を明らかにしたため、アドビが他のプラットフォーム企業、とくにアップルに対して脅威を与えてしまった。モバイル Flash を潰したいというインセンティブと機会を彼らに与えてしまったのだ。

So here’s what Adobe did to itself: By mismanaging the move to full mobile browsing, it demonstrated that customers were willing to live with a mobile browser that could not display Flash. Then, by declaring its intent to take over the mobile platform world, Adobe alarmed the other platform companies, especially Apple. This gave them both the opportunity and the incentive to crush mobile Flash.

事実彼らはそうしたのだった。

Which is exactly what they did.

     *     *     *

【教訓:貪欲になるなかれ】

The lesson: Don’t be greedy

PDF と同じやり方をしていたら

この経験からいくつかの教訓を汲み取ることができる。第1の教訓は、無償の標準が確立した後にカネを取ろうとすれば、ビジネス全体がリスクに曝されるということだ。アドビが確立したもうひとつの標準である PDF と Flash の経験を比べてみよう。PDF については Flash と違って、PDF 標準に対するコントロールをアドビはつぎつぎに諦めてきた。その結果ライバルでも簡単に自社製 PDF ライターを作れるようになった。事実マイクロソフトは Windows Office にバンドルしてしまったほどだ。ウェブコミュニティの PDF に対する広範な敵意にも関わらず、結局はコンピュータの事実上の業界標準となった。アドビにとって PDF リーダーから直接収益を上げる術はなくなったが、Acrobat PDF の管理および作成ビジネスは未だに収益を上げ続けている。

There are a couple of lessons from this experience. The first is that when you’ve established a free standard, charging money for it puts your whole business at risk. Contrast the Flash experience to PDF, another standard Adobe established. Unlike Flash, Adobe progressively gave up more and more control over the PDF standard, to the point where competitors can easily create their own PDF writers, and in fact Microsoft bundles one with Windows Office. Despite the web community’s broad hostility for PDF, it continues to be a de facto standard in computing. There is no possible way for Adobe to make money directly from the PDF reader, but its Acrobat PDF management and generation business continues to bring in revenue.

     *     *     *

カネ儲けの組織を作るな

第2の教訓は、ビジネスための組織は戦略と一致するものでなければならないということだ。Macromedia がモバイル Flash のために事業部門を設けたことは決定的な間違いだった。Macromedia を買収したアドビもまた別個の事業部門を設けるという過ちを継続して犯した。かかる組織を設けたことによってモバイル Flash チームはプレーヤから収益を上げなければならなくなった。もしプレーヤと開発ツールが同じ事業部門に属していたら、プレーヤからの収益と成長するツールビジネスとを相殺するチャンスもあったかもしれない。

The second lesson is that you have to align your business structure with your strategy. I think Macromedia made a fundamental error by putting mobile Flash into its own business unit. Adobe continued the error by creating a separate mobile BU when it bought Macromedia (link). That structure meant the mobile Flash team was forced to make money from the player. If the player and flash development tools had been in the same BU, management might have at least had a chance to trade off player revenue to grow the tools business.

     *     *     *

【アドビに残された道は何か】

What can Adobe do now?

Flash は未だ健在だというが

アドビの連中がいっているモバイル Flash の中止とは、注力する実際面の話に過ぎない。開発者は今なお Flash を利用してアプリを作り、モバイルデバイス用にコンパイルすることが可能であり、デスクトップ Flash は未だ健在だとアドビは指摘する。2011 年末にアドビが直面している状況を狭い視点から考えれば、Flash に係る変更は賢明なものかもしれない。しかし 2005 年に Macromedia から買収した時点で掲げた「業界を決定づける技術プラットフォームを作成する」というアドビの約束からすれば、現在の状況は失敗以外の何ものでもない。

The Adobe folks say the discontinuation of mobile flash is just an exercise in focus (link). They point out that developers can still create apps using Flash and compile them for mobile devices, and that Flash is still alive on the desktop. Viewed from the narrow perspective of the situation that Adobe faces in late 2011, the changes to Flash probably are prudent. But judged against Adobe’s promise to create an “an industry-defining technology platform” when it bought Macromedia in 2005 (link), it’s hard to call the current situation anything other than a failure.

     *     *     *

死を迎える Flash

プラットフォームとしての Flash が死を迎えていることは明らかだ。いちばん熱心な支持者の多くがモバイル Flash プレーヤの終焉に幻滅している。彼らの呪いの声はここでもここでも聞ける。もちろん Flash の互換性は AIR や他のウェブコンテンツ開発ツールにおいて継続するだろう。しかしプレーヤをコントロールできないアドビが、そのツールになんらかの優位性を持たせることはもはや困難だと思う。

I think it’s clear that Flash as a platform is dying; the end of the mobile Flash player has disillusioned many of its most passionate supporters. You can hear them cussing here and here. Flash compatibility will continue to live on in AIR and other web content development tools, of course, but now that Adobe doesn’t control the player, I think it will have trouble giving its tools any particular advantage.

     *     *     *

アドビに残された道

アドビが為すべきは、HTML 5 を完全なウェブプラットフォーム(AIR が当初そうであったように)にすべく積極的に貢献することだ。その役割は業界のどこもまだ達成していない。ウェブ開発者はそれを必死に求めている。アドビもそうするとほのめかしてはいる。しかしそういう獏とした話ならアドビからなんども聞いたことがあるし、結果はその約束にはるかに及ばないものだった。この期に及んで、アドビにはやってのけるビジョンも活力もないのではないかと私は恐れる。これまでのようなコアビジネスに引き蘢るというのが最もありそうなシナリオではないか。芸術志向のクリエイター向けソフトウェアツールを作るメーカーに留まるというコアビジネスに。それは心地よく、安定したニッチビジネスだ。しかしそれではアドビがかつて志向した圧倒的リーダーシップからかけ離れたものになる。

What Adobe should do is start contributing aggressively to HTML 5, to upgrade it into the full web platform that AIR was originally supposed to be. That’s a role no one in the industry has taken ownership of, web developers are crying out for it, and Adobe implies that’s what it will do. But I’ve heard these broad statements from Adobe before, and usually the implementation has fallen far short of the promises. At this point, I doubt Adobe has the vision and agility to pull it off. Most likely it will retreat to what it has always been at the core: a maker of software tools for artistically-inclined creative people. It’s a nice stable niche, but it’s nothing like the dominant leadership role that Adobe once aspired to.

     *     *     *

「貪欲がダメにした」(Greed Kills)といわれるといささか悲しい。

小さく囲い込んでカネを取るか、それとも広くエサを撒いてマーケットを広げるか・・・これぞまさに「戦術」と「戦略」の違いだろう。

Steve Jobs に先見の明があったかどうかとは別の、ビジネスの根幹に関わる問題ではないかという気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »