Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Nick Bilton’

Update:Om Malik の Google I/O 厳選おススメ記事》

google_glass_io

[Google I/O で見かけた Google Glass:photo

3時間半に及ぶ Google I/O のキーノートについてその全容まとめるのはなかなか至難の業だ。

プレスリリースやライブそのままの第1報に比べ、第2報となると書き手の本音が見えてきてオモシロい。

その走りが John Gruber のズバリ辛口だったが、NY タイムズの Nick Bilton の感想もなかなかオモシロい。

NYTimes.com: “At Google Conference, Cameras Even in the Bathroom” by Nick Bilton: 17 May 2013

     *     *     *

突如未来が・・・

今週のグーグル I/O 開発者会議でトイレにいったとき、突如として自分の身に未来が降りかかってきた。

The future came crashing down on me this week at the Google I/O developer conference while I stood at a bathroom urinal.

     *     *     *

ウインクするだけで

ちょうど Google Glass(インターネットとつながったグーグルのメガネ)を持っているひととの話を切り上げたところだった。その素晴らしい機能のひとつはウインクするだけで写真が撮れることだ、と彼は熱心に語った。

I had just wrapped up a conversation with a man who owned a pair of Google’s Internet-connected glasses, Google Glass. He had explained that one of the gadget’s greatest features is the ability to snap a photo with a wink. “It’s amazing, you just look at something, wink your eye and it just takes a picture,” he said enthusiastically.

     *     *     *

超人類の中にいる自分

まず最初に自分がナード[nerd:ナード、オタク]であることをハッキリさせておきたい。これまでずっと自分はナードで、出たばかりの新しい第一世代ガジェットなら、ボタンやバッテリーがついていれば何でもすぐさま買ってきた。でも今週サンフランシスコのモスコーニセンターで行なわれた開発者会議の会場に一歩足を踏み入れた瞬間、まったく別種のインターネットに接続された超人類の中に普通の人間である自分がいるという感じがしたものだ。

I should preface here by saying that that I’m a nerd. I’ve been a nerd all my life, always buying the first era of a new gadget — essentially anything with a button and a battery. But this week, the moment I swung open the doors to the Moscone Center in San Francisco, home of the developer conference, I felt like a mere mortal among an entirely different class of super-connected humans.

     *     *     *

どこもかしこも

会場ではどこもかしこもみな Google Glass をかけている。何百人も。もしかしたら千人以上かもしれない! エスカレーターにも、コーヒーステーションにも、プレスラウンジにも、通路にも、超ナードがひしめいている。まるでスナックバーでよく見かける M&M やナッツをかじっているホンモノの人間連中のように。たったひとつの違いを除けば — この「人間たち」は目の動きで写真を撮りインターネットに投稿できるのだ。

Everywhere I looked at the conference, people were wearing Google Glass. Hundreds of them. Maybe more than a thousand! They were on the escalator. At the coffee stations. Press lounges. Lingering in the hallways like gangs of super nerds. They looked like real people as they nibbled on M&M’s and nuts at the snack bars. Except they weren’t; these “humans” were able to take pictures with their eyes and then post them to the Internet.

     *     *     *

なんとかカメラの視界から

グーグルの拡張現実メガネを持っていない開発者は、それをかけているひとたちを畏敬の念で見ていた。自分は違った。自分は頭をかかえて、この見知らぬ連中の小さな覗き見カメラの視界からなんとか逃れようとしていた。

The developers present who didn’t own the company’s augmented reality glasses stared at those who did with awe. But not me. I tried to duck my head and move out of the way of these strangers’ sneaky little cameras.

     *     *     *

奇妙な人たち

Google Glass をかけているひとたちは多くの場合奇妙に見えた。メガネをかけているのにケータイを使うひとがたくさんいた。このガジェットを使えば電話を見る必要はないという謳い文句なのに。時間をチェックするためひっきりなしに腕時計を見るひともいた。このメガネなら視界の上に時計を表示できるのに。

Often, Google Glass owners looked strange. Many were using their cellphones while wearing the glasses — defeating a declared purpose of the new gadget, to free you from having to look at your phone. Another man continually looked at his watch to check the time, even through the glasses display a clock right above your eye.

2階に階段を上っていこうとしたとき、Google Glass をかけた5人ほどのグループがいたが、みな黙って宙を見つめていた。目でワイヤレスの会話をしていたのか、それとも眼前の現実の人間に退屈していたのか、私には判然としなかった。

At one point as I climbed the stairs and approached the second floor, I saw a group of five people wearing Google Glass, all silently staring off into space. I couldn’t tell if they were wirelessly having a conversation through their eyeballs, or just bored by the presence of real humans in front of them.

     *     *     *

ウインク機能をサイドロード

また、まぶたの動きで写真が撮れるのだと興奮して語りかけてくるひともいた。(ウインクは公式にはサポートされていないが、ハッキングでデバイスにサイドロード[注]したものだ。)ウインクして写真を撮るのに慣れてしまったので、Google Glass をかけていないときウインクしても何も起きないのにとまどったとも語った。慣れてしまってそう錯覚したのだと。
[注:Google Play を使わないでアップロード/ダウンロードすることを Android では Sideloading ということから]

Then I met the man who excitedly told me about his power to snap pictures with his eyelid. (The wink, it should be noted, is not officially supported by Glass, but is essentially a hack “sideloaded” onto the device.) He explained that he uses the wink-to-take-a-picture feature so much that a few days ago he was not wearing his Google Glass and was confused when he blinked his eye and nothing happened. His mind had played a trick on him, he said.

この話を聞きながら私は神経質に笑った。彼の Google Glass は鼻にのっかっていたが、私の写真を撮るためウインクないしはまばたきしたのか、それとも目に入ったゴミをとっただけなのか私にはよく分からなかった。失礼して自分はトイレに向かった。

I laughed nervously as he told me the story, his Google Glass propped atop his nose, unsure if he was winking or blinking at me, taking pictures or just clearing dirt from his eyes. I then excused myself to go to the toilet.

     *     *     *

そしてトイレで

トイレの列に近づきながら、会場にいた人たちの頭につけられた何百台というカメラからしばし解放されると安堵のため息をついた。

As I approached the line to the restroom, I took a deep sigh, thinking that I might find some respite from the hundreds of cameras strapped to people’s heads at the conference.

ところが、自分の番がきて便器に向かったとき、自分だけの世界が突如として終わったことに気がついた。そこにもいたのだ・・・ Google Glass をかけた連中が! 自分の隣で小便をしながら、左右に頭をひねり、まばたきやウインクをしながら覗いている連中が・・・

Yet when it was finally my turn to approach the rows of white urinals, my world came screeching to a halt. There they were, a handful of people wearing Google Glass, now standing next to me at their own urinals, peering their head from side to side, blinking or winking, as they relieved themselves.

     *     *     *

NY タイムズだけあってやんわりと Google I/O を皮肉っている。

Mat Honan になると「モロー博士の島」ならぬ「グーグルアイランド」に迷い込んで、なんとか理解しようと四苦八苦する姿がシニカルに描かれる。

同じイベントが、レポーターによって様々に語られる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Om Malik の Google I/O 厳選おススメ記事

google-io

[Google I/O 2013:image

3時間半という長時間に及び、内容も多岐にわたった Google I/O キーノートをまとめるだけでも容易ではない。

長年にわたるシリコンバレーの事情通 Om Malik が、これぞという記事をたくさんの中から厳選してくれているのがありがたい。

GigaOM: “Some of the best articles you need to read about Google I/O” by Om Malik: 17 May 2013

     *     *     *

Google, please be a benevolent internet overlord | The Guardian by Dan Gillmor

ガーディアンへの Dan Gillmor の寄稿。ことインターネット(そして会社や我々ひとびと)に関する限り、まさに彼こそ思想家であることがハッキリと分かる。

Dan Gillmor writes for The Guardian and shows why he continues to be one of the clearest thinkers when it comes to the internet, companies and us, the people.

6 Takeaways from the Google IO Keynote | The Network Garden by Mark Sigal

実によくできたまとめ。

A really good roundup.

Everything Google Tried to Kill at Google I/O | Gizmodo by Kyle Wagner

典型的ギズモード流記事。グーグルが息の根を止めようとしているのはアドビ、Spotify、スカイプ、Pandora、ペイパル、Textbooks、フリッカー、そして Siri であると。

Classic Gizmodo piece where in they tell us that Adobe, Spotify, Skype, Pandora, PayPal, Textbooks, Flickr and Siri are some of things Google is trying to put out of business.

Google Goes Subscription With Google Play Music All Access | Liisten by Tyler Hayes

Google Play の音楽サービスはみんなが考えるより厳しいだろうと Tyler Hayes は考える。

Tyler Hayes thinks Google’s Play music service is going to have a tougher time in the market than most people think.

At Google Conference, Cameras Even in the Bathroom | NYTimes.com by Nick Bilton[本稿]

オーケー、うまくタマをよけたな。

Okay, bullet dodged.

Exclusive: Inside Hangouts, Google’s big fix for its messaging mess | The Verge

グーグルがどうやって統合メッセージをうまく機能させ、新しく Hangouts を作ったか非常によく書けている。

Great piece on how Google got its unified messaging act together and built the new Hangouts.

Welcome to Google Island | Wired.com by Mat Honan

こんなのが書けるのは Mat Honan だけ。

Only Mat Honan can do this.

Even Google’s Own Developers Won’t Be Seen Wearing Google Glass | Co.Design by Mark Wilson

FastCompany のいうところによれば・・・

Or so says FastCompany.

Google Maps, Google Plus, Cards, and the Evolution of the Company’s Design | The New Yorker by Matt Buchanan

自分が書いてきたデザインとデータの共生について New Yorker も取り上げている。グーグルがカードのメタファーを自由に用いている点に注目。

New Yorker picks up on the design plus data symbiosis I have been writing about and focuses on Google’s liberal use of the cards metaphor.

All the Mashed Potatoes | Daring Fireball by John Gruber

John Gruber の本領発揮。

John Gruber in full effect.

     *     *     *

もっと読みたいひとはこちら

広告

Read Full Post »

Update:フラット化はデザインの潮流》

jony-ive-tim-cook

[iPhone 5 イベントでの Jony Ive と Tim Cook :photo

Mark Gurman が iOS 7 のフラットデザインについて久しぶりに力の入った記事を書いている。

9to5Mac: “Jony Ive paints a fresh, yet familiar, look for iOS 7” by Mark Gurman: 29 April 2013

     *     *     *

iOS 7 の新しいデザイン

近々発表される iOS 7 を実際に見たひとやその説明を受けた複数の人々によると、この OS の新しいユーザーインターフェイスデザインは、新規 iOS ユーザーにとっては魅力的だが、古くからのユーザーにとってはいささか違和感がある可能性もあるという・・・

According to multiple people who have either seen or have been briefed on the upcoming iOS 7, the operating system sports a redesigned user-interface that will be attractive to new iOS users, but potentially unsettling for those who are long-accustomed to the platform…

     *     *     *

「非常にフラットだ」(very, very flat)

w8_metro

[Windows Phone の UI:image

ソースのひとりによれば、新しいインターフェイスは「非常にフラットだ」(very, very flat)という。これまでの iOS のバージョンの全てにわたって見られた光沢(gloss)、輝き(shine)、skeuomorphism が新しいインターフェイスではすべてなくなっていると別なひとはいう。さらに別なソースによれば、新しい OS の「フラットさ」(flatness)はマイクロソフトの最近の Windows Phone「Metro」のユーザーインターフェイスのレベルに達しているという。

The new interface is said to be “very, very flat,” according to one source. Another person said that the interface loses all signs of gloss, shine, and skeuomorphism seen across current and past versions of iOS. Another source framed the new OS as having a level of “flatness” approaching recent releases of Microsoft’s Windows Phone “Metro” UI.

     *     *     *

特段難しくなるワケではない

一部のひとにとっては新しくアップデートされた見かけが変わって驚くかもしれないが、iOS 7 のこれまでのバージョンと比べて特段難しくなってはいないといわれる。iPod がカラー化したときと同じで、慣れるのが難しいワケでない。iOS 7 の見かけは異なっても、コアとなるアプリやロックやホームスクリーンといったシステムの基本のほとんどについては今と同じように操作できる。

While the look of the updated system may be surprising to some, iOS 7 is reportedly not more difficult to use than earlier versions of software platform. There is apparently no new learning curve in the same way there was no learning curve when the iPods went color. While iOS 7 does look different, its core apps and system fundamentals (like the Lock and Home screens) mostly operate in a similar fashion to how they do today.

     *     *     *

コード名「インスブルック」

podcast_old_new

[Podcasts アプリの新旧:image

iOS 7 のコード名は「インスブルック」(Innsbruck)だとこの OS に詳しい3人はいう。インターフェイスの変更は、新しくなったツールバー、タブバー、その他システム全体にわたる基本的インターフェイスに加えられただけでなく、アップルのネイティブアプリのアイコンがすべて新しくなっているという。この次世代 OS で動く iOS デバイスでは、視角や周りの人からは見にくいように偏光フィルター (polarizing filters)を備えているともいわれている。

is codenamed “Innsbruck,” according to three people familiar with the OS. The interface changes include an all-new icon set for Apple’s native apps in addition to newly designed tool bars, tab bars, and other fundamental interface features across the system. iOS devices running the next-generation software reportedly have polarizing filters to decrease viewing angles of on-lookers.

     *     *     *

「全部が一覧できる」(glance-able)

notificationcenter

[OS X の Notifications パネル:image

これまでの iOS バージョンで見られた複雑なインターフェイスデザインという特徴はなくなっているが、それに加えてアップルはソフトウェアの Notification Center のような「全部が一覧できる」(glance-able)情報やオプションパネルを加える方法や、将来的に新機能を実装する際のやり方についても検討中だといわれる。最終的にそのような新しい機能が iOS 7 に追加されるかどうか、また新しい機能を将来実装する際のやり方をどうするのかについえは未だ決まっていない。しかし初期のアイデアのひとつとしては iOS デバイスのディスプレイ上を左から右へスワイプすることで実装することが考えられていた。これは Mountain Lion の Notification Center が Mac トラックパッドを使う際のジェスチャーによく似ているが、iOS でどんなジェスチャーになるのかは未定だ。

In addition to losing the complex interface design characteristics from earlier versions of iOS, Apple has been discussing and testing ways to add more ‘glance-able’ information and system options panels, like Notification Center, to the software. While it is still uncertain if Apple will end up including such new functionality in iOS 7, or how the Company will implement the potential addition, one of the early ideas was to implement the new panels via swipes from the left and right side of an iOS device’s display. This would be similar to the gesture on Apple’s Mac trackpads for accessing Notification Center in Mountain Lion, but what, specifically, the iOS gesture could access is uncertain.

     *     *     *

フラットデザイン」といわれてもなかなかピントこなかったが、Mark Gurman の記事はいろいろヒントを与えてくれる。案外これまであちこちで散見していたものがシステム全体に集大成されるということかもしれない。

改めて WWDC のデザインを見直すと、フラットデザインの新アイコンを積み重ねたようにも見えてくる。

長文の元記事はなかなか読み応えがあるが、Ive と Cook が一緒の写真[冒頭写真]の他にジョブズ と Scott Forstall が一緒の写真も添えられていて、skeuomorphism からフラットデザインへの変化がジョブズなきあとの新しい第一歩を象徴しているかのようでこれまた興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》フラット化はデザインの潮流

フラットデザインは Jony Ive のお家芸かと思ったら、実は時代の潮流なのだと Nick Bilton[NY タイムズ]が書いている。

NYTimes.com: “The Flattening of Design” by Nick Bilton: 23 April 2013

     *     *     *

先頭を切るマイクロソフト

大胆な意見に聞こえるかもしれないが、数年前ならデザインの最先端ではクールでないものの代表格だったマイクロソフトが、今やそうではないのだ。

It might sound audacious to think that Microsoft, the arbiter of uncool, was at the forefront of design a few years ago. But it was.

マイクロソフトは数年前に「フラットデザイン」に注力することに決めた。すべてがスムーズで真っ平らに見える視角効果の一種で、他のどのテクノロジー企業にもユーザーインターフェイス業界にも先駆けるものだった。

It turns out the company’s decision to focus on “flat design,” a type of visual scheme where everything has a smooth and even look, was a few years ahead of the rest of the technology and user interface industry.

子供が粘土のかたまりを押しつぶすようにマイクロソフトがインターフェイスのフラット化を図っていたとき、アップルやフェイスブックなどのライバルたちは skeuomorphism に傾注していた。skeuomorphism とは例えばノートを取ることを現実世界のノートのようなスパイラルリングで綴じたノートに見えるような形でウェブサイトやアプリをデザインすることだ。
 

While Microsoft was flattening its interfaces as if it were a child pushing down on a bulge of putty, its competitors – including Apple and Facebook — were focused on skeuomorphism, a type of look in which, say, a note-taking feature on a Web site or in an app would look like a spiral-bound notebook, a reference to the real world look of a notebook.

そして今や誰もがフラットデザインの方向へ進み始めた。

Now everyone seems to be following in those flat footsteps.

     *     *     *

bits-flatdesign

[フラットデザインの例:image

Nick Bilton が掲げているフラットデザインの例はなんともショッキングだ。

     *     *     *

スマートフォンの制約

デザイナーがデザインスタイルの変更を余儀なくされた最大の原因はスマートフォンという制約だった。

One of the biggest drivers for this stylistic change is being forced upon designers by the constraints of smartphones.

きょうびの画像はグラデーションのレイヤーや洗練されたタイポグラフィなど煩雑すぎる。ユーザーは非常に限られたスペースにぎっしりと詰まった情報の中をナビゲートすることを余儀なくされる。スマートフォンのスクリーンでは、キラキラ輝く精緻な CD 画像より音符だけのフラットなアイコンの方が遥かに早く内容を伝達できるのだ。

When today’s graphics are too busy — layered with gradients and elaborate typography — people are forced to try to navigate a clutter of information in a very small space. On a smartphone screen, for example, a flat icon of a musical note can tell a story much quicker than an intricate picture of a shiny sparkling CD.

     *     *     *

スマートフォンの持つ小さなスクリーンの制約は分かるが、独自のデザイン哲学を持つと思っていた Jony Ive がマイクロソフトが先導するフラットデザインの後を追うと聞くと複雑な気持ちになる。

Susan Kare の詩情豊かなビットマップアイコンで育った世代としては、skeuomorphism も決して悪くないと思っていた。Retina ディスプレイでスクリーンが精緻化すればなおさらだ。

旧 OS の System 7 から Mac OS X へ移行したときに感じた違和感 — とくにメタリックなデザイン — に馴染むまでの何ともいえない違和感を思い出す。それがまた繰り返されるのだろうか?

変化に馴染むのに時間がかかるのは構わない。しかし — 実物を見るまで即断はできないけれども — Ive のヒューマン・インターフェイス(Human Interface)がマイクロソフトの Metro UI と同じ方向を辿るというのは、これはもう何といえばいいか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »