Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Nest’

MIUIEs-Logo

[Xiaomi の野望:stratechery

Ben Thompson の Xiaomi[小米、シャオミ]分析が非常に刺激的で興味深い。

Xiaomi’s Ambition | stratechery by Ben Thompson

Xiaomi スマートフォンの中国のファン層が大学生や就職したばかりの若い年令層であることに Thompson は注目する。独立するまでは両親と住み、したがって可処分所得も大きい年令層だ。

xiaomi_users_hires_v1-600x457

[Xiaomi のユーザー層:Flurry

そんな若年層に「中国のアップル」と謳われる Xiaomi が大きくアピールしているというのだ。

彼らが独立して、家を構えるようになったらどうなるか、その際の購入するであろう電化製品はどうなるか、と Thompson は考える。そんな製品群を売っているのはいったい誰かと・・・

     *     *     *

ライフスタイルを売る会社

Xiaomi を理解するカギはこういうことだ。すなわち、スマートフォンを売る会社というよりライフスタイルを売る会社と理解すべきだということだ。そしてライフスタイルのカギになるのが MiUI だ。すべてを結びつける Xiaomi のソフトウェアレイヤーが MiUI なのだ。

This, then, is the key to understanding Xiaomi: they’re not so much selling smartphones as they are selling a lifestyle, and the key to that lifestyle is MiUI, Xiaomi’s software layer that ties all of these things together.

     *     *     *

すべてを Xiaomi の製品で

実際 Xiaomi は初めての「モノのインターネット」(Internet of Things)の会社だともいえる。グーグルの Nest や、アップルの HomeKit、あるいはまたサムスンの SmartThings は、ある意味(すでにほとんどの顧客が電気器具を購入済みで、当分買い換えることがないという前提で)すべてのものを接続しようとするオープンな SDK だともいえるが、それとは異なり Xiaomi はすべてを自分の手で統合しようとしており、初めて家庭用電化製品を揃えようとする Xiaomi のファン層に対し必要なものすべてを Mi.com 上で売ろうとしている。これぞまさに垂直統合戦略だ。結局アップルと同じなのだ。Xiaomi が提供しようとする製品は Gene Munster の想像をはるかに超えている。Lei Jun の語る MiUI や Mi.com といったサービスは、製品を売って、それをすべて繋ごうとするものだが、とどのつまりそのどれもが Xiaomi の製品なのだ。

In fact, you could argue that Xiaomi is actually the first “Internet of Things” company: unlike Google (Nest), Apple (HomeKit), or even Samsung (SmartThings), all of whom are offering some sort of open SDK to tie everything together (a necessity given that most of their customers already have appliances that won’t be replaced anytime soon) Xiaomi is integrating everything itself and selling everything one needs on Mi.com to a fan base primed to outfit their homes for the very first time. It’s absolutely a vertical strategy – the company is like Apple after all – it’s just that the product offering is far broader than anything even Gene Munster could imagine. The services Lei Jun talks about – MiUI and Mi.com especially – sell the products and tie them all together, but they are all Xiaomi products in the end.

     *     *     *

Ben Thompson の分析に対する MG Siegler のコメント:

The Xiaomi Lifestyle | ParisLemon

もの真似だけでは片づけられない

メディアが話題にするのはもっぱらアップルをコピーしているという点だけだが、水面下ではもっと重要なことが進行しているのではないか。どうやらサムスンがやるかに見えて、失敗してしまったことが・・・

The copying of Apple gets all the press, but there is something more interesting going on behind the scenes. Seemingly, a movement that Samsung could have potentially seized but missed out on.

     *     *     *

モノマネと一蹴するだけでは大きな変化を見逃してしまうのかもしれない・・・

広告

Read Full Post »

joyoftech-1949

[Nest の製品はこうなる:Joy of Tech

テクノロジーの最新の話題をひとひねりしてイラストにする Joy of Tech がグーグルの Nest 買収を取り上げている。

Google+Nest switches the market! | The Joy of Tech

     *     *     *

Nest の製品はこうなる・・・

買収話を受けてこれまでの製品が一斉に 9.95 ドルでクリアランスセールというワケ。

しかしすぐにこうなる・・・

新しくグーグルのロゴが加わった新製品は2つまとめて 9.99 ドル。もし Google+ のアカウントを作ってくれればタダ!

BOTH for $9.99! — or FREE with G+ commitment!

一方、これまでの旧モデルが欲しければ 299.00 ドルで入手できる。グーグルには接続しないので完全にプライバシーが保てるというのがウリ。ただし在庫限りだが・・・

Old school!
NOT-connected to Google!
TOTAL PRIVACY!
$299.00 each!
Get’em while you can!

     *     *     *

プライバシーへの懸念

プライバシーへの懸念がいたるところで上がっている。

・Nilay PatelThe Verge

一斉に懸念の声が上がっている。真剣なもの、わざとらしいもの — いろいろだが、そのいずれも誰にもコントロールできないグーグルに対する恐怖が原因となっている。

Instead, there’s a chorus of concern — some sincere, some contrived, but all of it grounded in fear of an unchecked Google.

・Darrell EtheringtonTechCrunch

グーグルの Nest 買収から直ち分かるメリットはデータへのアクセスであることを考えれば興味深いことだ。

It’s interesting because the immediately apparent upside of Google acquiring Nest would be the data it stands to gain access to.

・Katie FehrenbacherGigaOM

情報収集の王者たるグーグルが今や各家庭の物理的空間への覗き穴を持ったのだ。

Google, the king of collecting and using your data, now has a peephole into the physical space of your home.

・John GruberDaring Fireball

Nest のデバイスから得られる情報をグーグルが欲しがらないなんて本気で考えるひとがいるだろうか?

Does anyone seriously think Google doesn’t want the information Nest’s devices provide?

・Marco ArmentMarco.org

グーグルがアナタの家庭へ侵入するのではない。アナタがグーグルを招き入れるのだ。

Google won’t break into your home. You’ll invite them in.

     *     *     *

そんな空気を Nitrozac と Snaggy がさっそく読んでイラストにした・・・

★ →[イラストを見る:Joy of Tech

Read Full Post »

Tony-Fadell-Nest

[Tony Fadell の Nest 社:photo

かつて「iPod の父」と呼ばれた Tony Fadell が起業したのが Nest 社だ。

サーモスタットや煙感知器を作る Nest をグーグルが30億ドルの大枚を投じて買収した

The New Yorker: “Why Google Paid Three Billion Dollars for a Thermostat Company” by Fred Vogelstein: 14 January 2014

     *     *     *

喉から手が出るほど欲しい

Nest の製品群や売上げの数字を見るだけではなぜ買収価格が30億ドルという高額になったのか説明できない。買収が発表されるとすぐ、それほど高いカネを払うのはグーグルに非道な企みがあるからだという者まで現われた。グーグルはそのデバイスを使ってオンラインでわれわれを追跡するだけでなく、オフラインでもわれわれの習慣をかぎ回ろうとしているのだと。グーグルも Nest もこれを否定している。Page やグーグルにはまったく別の狙いがあるようだ。Nest によってグーグルは一挙にしてアップル流のマジック — 偉大な製品を作り、上手にマーケットするというマジックを手中にすることができる。グーグルは喉から手が出るほど欲しいのだ。彼らのビジネスにとってかかるデバイスが — その上で動くソフトウェアやウェブサイトだけでなく — ますます重要になってきているからだ。Page と彼の幹部たちはなんども自分たちでやろうとしたが、そのほとんどは失敗してきた。

But Nest’s product line and sales numbers alone don’t explain such a rich purchase price. Immediately after the deal was announced, some suggested that Google paid so much for deeply nefarious reasons: it was going to use these devices not only to track us online but to snoop on our offline habits as well. Google and Nest denied this. Page and Google are likely after something else entirely: Nest instantly gives the company an enormous infusion of Apple-esque magic in making great products and marketing them well. Google desperately needs this, as devices—not just the software and Web sites that run on them—have become increasingly important to its business. Page and his executives have tried to do this on their own, but have mostly failed.

     *     *     *

検索と広告以外は

グーグルの成功が検索エンジンや検索広告によっているのに対して、消費者家電を売る努力は惨めなものだった。Google TV、Nexus 1、Nexus Q、Chromebook などのことを覚えているだろうか。覚えていたとしても、どれかを買ったことがあるからではないだろう。グーグルのカルチャーはソフトウェアを作り、タダで配り、時間をかけて改良することに深く根付いている。しかもそのために大したマーケティングはしないのだ。グーグルの Play store for Android がアップルの App Store に事実上対抗できるようになるまで約5年を要した。アップルはオモシロくて興味をそそるオンラインストアを作る術(すべ)を心得ているのに対して、グーグルはそれを知らないからだ。

For all of Google’s success as a search engine and in search advertising, its efforts to sell consumer electronics have been disastrous. Remember Google TV? The Nexus 1? The Nexus Q? The Chromebook? If you do, it’s probably not because you bought one. Google’s culture is rooted in building software, giving it away for free, and improving it over time—and all that without much marketing. Google’s Play store for Android has taken five years to start competing effectively with Apple’s app store, because Apple knows how to create an online store that’s interesting and engaging to navigate, while Google does not.

     *     *     *

カネで買える宝庫

Nest にはアップルのような製品を作れるだけのもっともな理由がある。同社はシリコンバレー最大の元アップル社員が作ったカネで買える宝庫だ。Nest の CEO 兼共同設立者の Tony Fadell はアップル幹部の元トップの一人で、クパティーノ時代にはアップル再生に決定的な役割を果たした。2006 年までは iPod がアップル最大のビジネスになるようにその製造とデザインを手助けした。それ以降は、元アップル幹部の Scott Forstall が引き継ぐまで、iPhone プロジェクトの立案と製造を手助けした。

Nest makes Apple-esque products for good reason: It may be the largest purchasable repository of ex-Appleites in Silicon Valley. Nest’s C.E.O. and co-founder, Tony Fadell, is a former top executive at Apple who, during a decade in Cupertino, played a critical role in the company’s rebirth. He helped build and design the iPod before turning it into Apple’s biggest business by 2006. Then he helped conceive and build the iPhone before the project was taken over by Scott Forstall, a former Apple executive.

     *     *     *

100 人の元アップル社員

LinkedIn のプロフィールによれば、Fadell と共同設立者の Matt Rogers(同じく iPhone の初期の開発者のひとり)はアップルから約 100 人の最高のエンジニアとマーケティングスタッフを引き抜いたようだ。Nest の法務責任者 Chip Lutton は 2011 年まで — グーグルやサムスン、モトローラ、HTC などとアップルが係争していた時期 — アップルの特許弁護士のトップだった。

At Nest, Fadell and his co-founder, Matt Rogers—who also was one of the early iPhone employees—appear to have hired roughly a hundred of Apple’s best engineers and marketers, judging from LinkedIn profiles. Nest’s chief counsel, Chip Lutton, was, until 2011, Apple’s top patent lawyer, during a period that included Apple fights with Google, Samsung, Motorola, and HTC.

     *     *     *

Page にとって最も重要な買い物

Nest の買収は Page が 2011 年にグーグルの CEO になって以来最も重要な買い物かもしれない。グーグルのルーツである検索エンジンを超えて踏み出すというビジョンの実現に大きく寄与するからだ。2012 年に 120 億ドル超を投じて Motorola Mobility を買収したのがその第一歩だった。Nest の買収は一般消費者家電のビジネスに向けてグーグルに大きな弾みをつけるだけでなく、遂には検索会社であるグーグルにさらなる専門能力を与えることになる。アップルの Tim Cook は間違いなく注目しているハズだ。

Buying Nest may be Page’s most important deal as C.E.O. of Google, a job he took on in 2011; it takes the company a long way toward realizing a vision of a Google that goes well beyond its roots as a simple search engine. Buying Motorola Mobility, in 2012, for more than twelve billion dollars, was a first step. Buying Nest not only thrusts Google into the business of selling general consumer electronics but it finally supplies the search company with the expertise to keep doing it. Over at Apple, C.E.O. Tim Cook is no doubt paying close attention.

     *     *     *

アップルのことを熟知した人材がグーグルの傘下に入った。

グーグルの狙いについて今後の展開が注目される。

そういえば、Scott Forstall という手つかずの人材はどうなるのだろうか。Fadell とはそりが合わないようだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »