Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Natural Language’


[Siri の秘密兵器 Wolfram|Alpha:image

音で聞く世界は、iPhone のあり様を劇的に変える。

見ることでなく、触ることで可能になるコンピューティングの世界が開けるからだ。

そして必然的に Siri との関連が知りたくなる。

Siri を可能にした Wolfram|Alpha の話が興味深い。もともとは Stephen Wolfram の Steve Jobs 追悼記事に書かれていたもの。

Stephen Wolfram といえば理論物理学者で、「Mathematica」を開発したことで知られる。

また Siri を支える知識工学エンジン(computational knowledge engine)「Wolfram|Alpha」の開発者でもある。

Stephen Wolfram Blog: “Steve Jobs: A Few Memories” by Stephen Wolfram: 06 October 2011

     *     *     *

ナレッジエンジン

アップルが iPod や iPhone の製造を始めたとき、それが自分たちのやっていることとどう関係するのか私は十分理解していなかった。しかし Wolfram|Alpha を出したあと、この強力なナレッジエンジンcomputational knowledge engine]を Steve Jobs が造り出した新しいプラットフォームに搭載したらどんなにすばらしいだろうと考えはじめた。iPad が出たとき、Theo Gray は Steve Jobs の強い勧めで、自分たちも何かすばらしいことをやるべきだと主張した。

When Apple started producing the iPod and iPhone I wasn’t sure how they would relate to anything we did. But after Wolfram|Alpha came out, we started realizing just how powerful it was to have computational knowledge on this new platform that Steve Jobs had created. And when the iPad was coming out, Theo Gray—at Steve Jobs’s urging—insisted that we had to do something significant for it.

     *     *     *

手始めは

その成果が去年の Touch Press で、Theo の電子書籍「The Elements」[元素図鑑]の出版であり、その後の iPad の電子書籍群だ。これは Steve Jobs が iPad を創造したことにより可能になったまったく新しい世界だ。

The result was the formation last year of Touch Press, the publication of Theo’s Elements iPad ebook, and now a string of other iPad ebooks. A whole new direction made possible by Steve Jobs’s creation of the iPad.

     *     *     *

Siri を支える Wolfram|Alpha

Steve Jobs に感謝することは多々ある。しかし悲しいことに私の最新のライフプロジェクト Wolfram|Alpha は昨日[注]始まったばかりだ。昨日 iPhone 4S の Siri で Wolfram|Alpha が使われることが発表されたからだ。
[注]Jobs が亡くなった日の前日10月4日に iPhone 4S が発表された

There is much that I am grateful to Steve Jobs for. But tragically, his greatest contribution to my latest life project—Wolfram|Alpha—happened just yesterday: the announcement that Wolfram|Alpha will be used in Siri on the iPhone 4S.

     *     *     *

直接知識にアクセスする

実に Steve Jobs らしいやり方だと思う。知識や行動に対して直接電話からアクセスしたいとひとびとが望んでいることを理解するのだ。それも、通常必要と考えられるあれやこれやのステップを踏まないでそうしたいということを・・・

It is somehow a quintessential Steve Jobs move. To realize that people just want direct access to knowledge and actions on their phones. Without all the extra steps that people would usually assume have to be there.

     *     *     *

ナレッジエンジンは始まったばかり

そのようなビジョンに対し Wolfram|Alpha が重要な役割を果たし得る立場にあることを誇りに思う。いま起きているのはほんの手始めにすぎない。この分野で将来アップルと共同でやれることを大いに楽しみにしている。Steve Jobs がもはやおらず、直接関わっていないことが残念だ。

I’m proud that we are in a position to provide an important component for that vision with Wolfram|Alpha. What’s coming out now is just a beginning, and I look forward to what we will do with Apple in this direction in the future. I’m just sad that Steve Jobs will now not be part of it.

     *     *     *

大きな励み

四半世紀近く前に Steve Jobs に初めて会ったとき、 NeXT こそ「自分の30代に成し遂げたいことだ」と聞いて衝撃を受けた。生涯を10年ごとに区切って、そんな計画を立てるなんてなんと大胆な、と当時は思ったものだ。しかし生涯をかけて大きなプロジェクトをやろうとしているものにとって、Steve Jobs がその限られた数の各10年で着実に達成した成果を見ることは、大きな励みになるのだ。だがそれも今日で終わりになると思うと実に悲しい。

When I first met Steve Jobs nearly 25 years ago I was struck by him explaining to me that NeXT was what he “wanted to do with his thirties”. At the time, I thought it was a bold thing to plan one’s life in decades like that. And—particularly for those of us who spend their lives doing large projects—it’s incredibly inspiring to see what Steve Jobs was able to achieve in his small number of decades, so tragically cut short today.

Steve、アナタのすべてにありがとう。

Thank you, Steve, for everything.

     *     *     *

Stephen Wolfram の追悼記事には、Jobs が「Mathematica」の命名者だったことや、後に妻となるべきひととのデートの話も触れられていて大変興味深い。

Jobs と大きな関わりを持ち、Jobs の稀有の資質を理解していたひとの言葉には訴えるものがある。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

付記:インターフェイスから見た VoiceOver と Siri

インターフェイスという観点から考えても興味深い。

触る世界、すなわち「VoiceOver」モードへの入り口はトリプルクリックだった。

そこから音声を介して触る世界が広がった。

トリプルクリックによって一次元のフリックや二次元のローターというマルチタッチ操作が可能になった。触ることによって可能になるコンピューティングの世界だ。

しかし触るという操作をもっと簡単にしたらどうなるか。

ホームボタンをトリプルクリックでなく長押しすれば「Siriモードになる。

Siri モードの世界では触ることすら必要ない。声という人間に本来的に備わった機能がインターフェイスになるからだ。

音声を媒介として、そこにはまだ誰も経験したことのない未知の世界が広がる。誰も経験していないからベータなのだ。

我々が手にしている iPhone とはそんな可能性を開いてくれるマシンだ。

VoiceOver なんて視覚障害者のためのもの、Siri なんてベータ段階のお遊びに過ぎないなどと考えていては、大切な点を見逃してしまうことになりそうだ。

目が見えなくなってから10日余りなのに、ずいぶん遠くへきてしまった気がする・・・

広告

Read Full Post »


[Why So Siri-ous?:image

MG Siegler の Siri に関する大変興味深い考察がある。

以下、端折ってご紹介。

TechCrunch: “Why So Siri-ous?” by MG Siegler: 16 October 2011

     *     *     *

Siri の話題で持ち切り

この数日、ウェブを見回してみるとブログの世界はたったひとつの話題、Siri の話しかないみたいだ。予想どおり iPhone 4S が百万人の手に渡ったいま、Siri こそその特筆すべき特徴であることは明らかだ。

Looking over the web and especially the blogosphere over the past couple of days, it seems there is only one thing everyone wants to talk about: Siri. With the iPhone 4S now in millions of peoples’ hands, as expected, it’s clearly the stand-out feature of the device.

     *     *     *

またしてもアップルが

理由はいくつかある。しかし過去何年もの間繰り返し目にしてきたことが一番シンプルな答えだ。またしてもアップルがやってのけたのだ。

There are a few reasons. But the simplest answer is one that has played out time and time again over the past several years: Apple did it right.

     *     *     *

システムレベルで iOS に組み込んだ

確かに音声技術を初めて実現したのはアップルではない。電話に実装したのもアップルが初めてではない。実をいえば、アップルが音声コントロールに手を出したのは Siri が初めてではない。iPhone で試した最初の試みは、ハッキリいえばひどいものだった。誰も使わないのは当然だ。ところが Siri(アップルが買収した会社)のやることは、従前のサードバーティ製のスタンドアローンアプリとまったく同じことだ。従前の音声コントロールの試みに競争力はないが、Siri をシステムレベルで iOS と統合すれば魔法の力を持つとアップルが考えたそのビジョンと洞察力が賞賛すべきなのだ。

No, Apple is not the first to implement voice technology. Nor are they the first to do it on a phone. In fact, Siri isn’t even Apple’s first foray into voice controls. But their first attempt on the iPhone, quite frankly, sucked. It’s no surprise that no one used it. As for Siri, it’s a company that Apple acquired — they were actually doing some of the same things as a stand-alone third-party app previously. Credit Apple for having the vision and foresight to realize that their previous voice control offering wasn’t competitive, and that system-level integration of Siri into iOS could be magical.

     *     *     *

人間らしさ

大きな目で見れば、またしてもアップルはライバルが理解し得ないことを理解していたのだ。テクノロジーは誰の生活にとってもますます重要になっている。しかし幅広いユーザーが真にアクセスできるようにするためには、「人間らしさを加える」(humanize)ことが唯一の方法なのだ。それが Siri だ。グーグルもマイクロソフトも、ほかの誰もがこの点で見事に失敗している。

In the bigger picture, this is something that Apple seems to understand time and time again that their rivals do not. Technology is an ever-important part of everyones’ lives, but the only way to make it truly accessible to the vast majority of users is to humanize it. That’s Siri. Google, Microsoft, etc — they all fail miserably at doing this.

     *     *     *

なぜ控え目なのか

奇妙なのは、いつもならすばらしいマーケティングの手腕を見せるアップルが、こと Siri に関してはそれを抑えているように見えることだ。何故だろうか? それは Siri がまだベータ段階だとアップルが考えているからだ。グーグルの製品ならすべてはベータから始まる。アップルはそう軽々にベータということばを使わない。今回の発表にいたるまでアップルと話してみて明らかなことは、今目にしている Siri が第一歩としてはすばらしいものだが、目標とするものには遥かに及ばないと彼らが感じていることだ。そこに至るまでなお半年、あるいは1年かかるかもしれない。しかし準備成れりというときがくれが、大掛かりなマーケティング攻勢をかけることは間違いない。しかもその時には、複数のデバイスでも可能になるかもしれないのだ。

The funny thing is that while Apple are normally brilliant marketers in this regard, they’re actually holding back on Siri right now. Why? Because they consider the product to still be in “beta”. And while every Google product starts in beta, it’s not a tag Apple takes lightly. Talking with them leading up to the launch, they clearly feel that Siri as it stands right now, while a great first step, is nowhere near where they want it to be. It may take six months to get there. It may take a year. But when Apple does get it to where they feel it’s ready, I bet we’ll see a massive marketing push. And we may even see it come to other devices at that point.

     *     *     *

いろいろなデータとの統合

Siri は今の時点ではまだベータ段階だ。しかし直ぐには他のデータ提供パートナーと統合しないなどと考えるひとがいるだろうか。Quora と統合したときを考えてみよ。Twitter(すでにそうなっているかもしれない)と統合したらどうか。Foursquare はどうか。それに・・・Facebook とならどうだ。それが実現した暁には、グーグルは本気で心配するハメになる。

But again, this is a beta product. Does anyone really think Apple isn’t going to work quickly to integrate it with other data partners? Imagine it tied to Quora. Imagine it tied to Twitter (and how is it not already?!). Imagine it tied to Foursquare. Imagine it tied to… Facebook. If and when that happens, Google will have a very legitimate reason to be concerned.

     *     *     *

いずれ検索ビジネスにも

現在のところ、われわれと情報の間を繋いでくれる仲介役がグーグルだ。グーグルがそうしてくれることをみな有難いと思う。各人が自分で情報を見つけようとしてもたくさんあり過ぎて困るのだ。仲介役がどうしても必要となる。だからグーグルが必要なわけだ。しかしアップルが、この状況はモバイルアプリで変わると示唆しはじめてからしばらく経つ。アプリとは、より新しく、よりアクセスしやすい形で情報を包み込んだものに過ぎないのだ。いずれアップルが検索エンジンビジネスに参入するとみんなが考えるのはそういうわけだ。

Right now, Google is a middle man between us and information. And we love Google for it. There’s simply too much information out there for anyone to find by themselves. There needs to be a middle man. We need Google. Apple has been hinting for a while that mobile applications could change this game. But apps are just a new, perhaps more accesible wrapper of information. There still needs to be a search mechanism powering the discovery of information — that’s why everyone keeps insisting that Apple will eventually get into the search engine business.

     *     *     *

あくまで入り口

確かにアップルは参入を果たした。ただし皆が考えるやり方ではない。Siri はあくまで入り口(entry point)に過ぎない。ここでもまた、まだ小さな一歩にすぎないが、しかしいずれ大掛かりなものとなる可能性を秘めている。(もっと喫緊の課題は、スタックの核となるべきものをサードパーティの Nuance に委ねたままでいいのかということだろう。)

Well they have. But not in the way that everyone was thinking. Siri is their entry point. Again, it’s a small step right now, but it has the potential to be massive. (Perhaps the more pressing question: is Apple okay relying heavily on a third party, Nuance, for what may become a core component of their stack?)

     *     *     *

新しい検索パラダイムとしての音声入力

グーグルの音声検索(voice search)ならエキサイティングだと感じないのに Siri ならそう感じる根源的理由もそこにある。グーグル製品とは、つまるところすべてがグーグル検索を使わせる手段なのだ。音声検索も新しく加わったひとつのレイヤーに過ぎない。それが十分からなくても、まったく新しいものだとは感じられないのだ。Siri は完全に新しいものを目指している。Siri によってアップルは情報検索のあり方を変え、新しいパラダイムを創造したいと考えているのだ。それはモバイルによって可能となった進歩であり、音声(voice)という新しくかつ強力な情報入力によって可能となったものなのだ。

And that’s another fundamental reason why people are so excited by Siri where they aren’t by Google voice search. Google voice search, like basically every Google product, is ultimately a way to drive more Google searches. It’s just a new layer. Even if people don’t fully understand that, they sense that it doesn’t point to something totally new. Siri does point to something totally new. With it, Apple wants to change the information search and creation paradigm. It’s an evolution powered by mobile and a new, more powerful input: voice.

     *     *     *


Apple Futureshock | YouTube]

自然言語による音声対話

これはアップルが24年の長きにわたって追い求めてきたビジョンだ。iPad 発表のころから上のビデオが改めて注目を浴びている。「アップルは20年以上も前からタブレットを考えていた」という言葉とともに。しかし大切な点が見落とされている。それは自然言語による音声対話(natural language voice interaction)という点だ。アップルは密かに開発を続けていた。そしてそれが現実のものとなった。まさに未来を告げているのだ。

This is a vision that has been 24 years in the making at Apple. The video below first re-surfaced around the launch of the iPad. “Apple envisioned their tablet 20+ years ago!,” everyone yelled. But at the time, everyone overlooked the arguably more powerful aspect: natural language voice interaction. Apple was quietly working on that too. And now it’s here. Heralding the future.

     *     *     *

われわれが目撃しているのはそういうことか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »