Feeds:
投稿
コメント

「Naming」タグのついた投稿

5-inch_iPhone_mockup_lineup

[’iPhone 5S’:image

次期 iPhone は「5S」ではなく「6」にすべきだという Ken Segall の意見に Marco Arment が賛同している。

Marco.org: “iPhone 6” by Marco Arment: 09 April 2013

     *     *     *

Ken Segall に同意

私は Ken Segall の意見に同意する。もしアップルが(機能に基づく名前の代わりに — 第2世代の「iPhone 3G」がそうだった)連続番号を使い続けるのなら、どのモデルも次にくる数字を使うべきだ。次世代 iPhone は「iPhone 5S」ではなく、「iPhone 6」にするか、それとも「iPhone+何かそれ以外のもの」にすべきだ。

I agree: if Apple’s going to keep using sequential numbers (rather than feature-based names, like the second iPhone being named “iPhone 3G”), they should just give every model the next number. The next iPhone should either be the iPhone 6 or the iPhone Something Else, not the iPhone 5S.

     *     *     *

「iPhone 4S」の場合

「iPhone 4S」は iPhone 4 に比べて大幅に改良さていたが、プレスもファンもみなよってたかって貶(けな)した。筐体のデザインが前と変わらず、名前が「iPhone 5」ではなかったからだ。

The iPhone 4S was a huge improvement over the iPhone 4, but the press and fans shat all over it because it had the same case design and therefore wasn’t “an iPhone 5”.

     *     *     *

アップル悲観論

「4S」が出たのは、今日のアップル悲観論(Apple pessimism)が始まった時期と軌を一にしている。アップルは最悪の時期に「4S」という名前にすることでみんなの期待値を下げたのだ。iPhone イノベーションは減速し始めたのではないかと多くのひとが考え始めたとき、「あまり大した改良ではありません」といわんばかりの名前を iPhone につけたのだ。

The 4S shipped during the clear beginning of the current era of Apple pessimism. Apple reduced people’s expectations with the “4S” name at the worst possible time: just as many were starting to think iPhone innovation was slowing, Apple named the new iPhone in a way that suggested, “This isn’t a big improvement.”

     *     *     *

過去の勢いはなかった

パブリック・リレーションズの勢いという観点からいえば、アップルが世界の頂点にあるときならやってもいいことだった。iPhone 3GS の場合がそうで、iPhone 3G に比べてさほど大きな変化はないとみんなに過小評価された。しかし「4S」が発表されたときは、もはやアップルには過去の勢いはなかったのだ。

It’s a move that they could have made when they were on top of the world, PR-momentum-wise, much like when they released the iPhone 3GS, a similarly substantial improvement over the iPhone 3G that was similarly underrated by the public. But when the 4S was released, Apple no longer had that much positive momentum.

     *     *     *

「iPhone 5」の場合でも

その1年後にアップルが「iPhone 5」を発表したときは、「4S」よりはるかに優れ、外部デザインも変わったのに、アップル悲観論が大きくなり過ぎたので、大幅なアップデートでみなが望むものすべてを — それ以上のものさえ — 与えたにもかかわらず、すぐ拗ねる子供みたいにプレスはよってたかって貶したのだ。

A year later, when Apple did release a model named “iPhone 5” that was far better than the 4S and had an external redesign, the inertia of Apple pessimism was so strong and the press had become such petulant children about Apple products that they shat all over it even though it was a huge update that gave them everything they asked for, plus more.

     *     *     *

どんなものを出そうと

いまやアップル悲観論は更に大きくなっている。どんなものを出そうと、どんなに上手に売り込もうと、プレスや専門家、ウォール街を — 単なる修辞という意味ですら — 満足させることはできないだろう。少なくとも今年はダメだ。たとえアップルが自動組み立てナノロボット内蔵の革命的な 60 インチ 4K テレビを無料のスマートウォッチを添えて 99 ドルで出したとしても、それでもみんなは高すぎるから 49 ドルにしろとか、ナノロボットがオープンではないと文句をいうだろう。

Now, Apple pessimism is even stronger. No matter what they release and no matter how well it sells, they won’t win over the press, the pundits, the stock market, or the rhetoric. Not this year. They could release a revolutionary 60-inch 4K TV for $99 with built-in nanobots to assemble and dispense free smartwatches, and people would complain that it should cost $49 and the nanobots aren’t open enough.

     *     *     *

事態を悪化させることだけは

アップルのパブリック・リレーションズの勢いは当分の間は改善されないと考えられるので、すくなくとも事態を悪化させることだけは避けるべきだろう。アップルの最重要製品のイノベーションが減速するという印象だけは少なくとも今のアップルは与えるべきではない。

Since they’re not going to meaningfully improve their PR momentum anytime soon, they might as well at least avoid trying to make it worse. This is not the time for Apple itself to suggest to the world that it’s slowing down innovation on its most important product.

     *     *     *

「iPhone 6」とすべき

いかに大幅な改良が次世代 iPhone になされようとも、名前は「iPhone 6」とすべきだ。名前を問題にするヤカラがいたらクソクラエといってやればいい。

Regardless of how big of an improvement the next iPhone is, Apple should just call it the iPhone 6 and give the finger to anyone who questions whether the name fits.

     *     *     *

アップル悲観論の視点から捉えたところがミソか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

    5-inch_iPhone_mockup_lineup

    [’iPhone 5S’:image

    ほとんどのアップル製品名には数字がついていない。iPod も iPad も、iMac も Mac Pro も、そして MacBook Air も MacBook Pro もみなそうだ。

    Ken Segall がオモシロいことをいっている

    Observatory: “iPhone naming: when simple gets complicated” by Ken Segall: 04 April 2013

         *     *     *

    必要悪だよ

    もちろんこれには理由がある。

    There was good reason, of course.

    iPhone は売り方が異なるからだ。新しいモデルが出ても、それと一緒にそれ以前の2世代のモデルが売られる。それを区別するには番号が必要なのだ。まあ、必要悪といったところか。

    iPhone is sold differently. Since two previous models are still available when a new model is launched, the number is needed to distinguish one from the other. Consider it a necessary evil.

         *     *     *

    「S モデル」

    それでは iPhone については何らかの番号が必要だとして、識別番号はどんなものにしたらいいのだろうか?

    But once you accept that iPhone models can’t live without a model identifier, the question becomes: what should that identifier be?

    すでに報道機関は今年登場するモデルを「iPhone 5S」と呼んでいる。ほとんどの専門家は、メジャーなアップグレードは2年に一度で、その間の年は「S モデル」が出るという話をする。S モデルとはインクリメンタルな改良に過ぎないのだ。

    The press has already dubbed this year’s model “iPhone 5S.” Most experts see a narrative in which Apple only produces a major upgrade every other year, and in between we get the “S” model. This is the model that delivers only incremental improvements.

         *     *     *

    「4S」なんてなければよかったのに

    アップルがそう意図したのかどうかは不明だ。しかし個人的には「4S」なんてなければよかったのにと思う。

    Whether that’s Apple’s intended message is unknown. But personally, I wish Apple never created a “4S.”

         *     *     *

    奇妙な名前

    まず第1に、読み書きするにはとても奇妙な名前だ。アップルのデザイナーは製品情報はベストにしようとする。しかしどうみても「4S」は「4」ほどシンプルではないというのが否定できない事実だ。

    First of all, it’s an awkward moniker whether you speak it or read it. The Apple designers tried their best with the product graphics, but there is an inescapable reality: 4S will never be as simple as 4.

         *     *     *

    「間をつなぐ」製品

    もっと重要なこと、それは既存モデルの数字に「S」をつけるのはメッセージとしてはいささか弱い。少し改良を加えただけの「間をつなぐ」製品といっているワケだから。数字が大きく変わることの方がインパクトがあるとすれば、これはそうではない。しかし iPhone 5 のときのことも考えてみなければならない。

    More important, tacking an S onto the existing model number sends a rather weak message. It says that this is our “off-year” product, with only modest improvements. If holding off on the big number change achieved some great result, I might think otherwise. But look what happened with iPhone 5.

         *     *     *

    iPhone 5 でさえも

    iPhone 5 には大幅な改良が加えられた。大きなスクリーン、改善されたカメラ、速いスピード — それらすべてが薄くて軽いボディに収められた。それでも多くのひとから「インクリメンタル」な変化だと片づけられた。実際 iPhone 5 のイノベーションなどないように見えたため(実際そうだったかどうかは別にして)、サムスンこそ「新たなるイノベーションのリーダーだ」と書くものまで出る始末。

    This model brought major changes: bigger screen, better camera, greater speed, all on a thinner and lighter body. Yet its improvements were still dismissed by many as “incremental.” In fact, the perceived lack of innovation in iPhone 5 (deserved or not) is what prompted some to start writing about Samsung as “the new innovation leader.”

         *     *     *

    「S」の代わりに新しい番号を

    そうだとすると、「S」のついた番号なんてどんな意味があるのだろうか?

    So what exactly is the point of going with numbers vs. “S” designations?

    いちばん単純なやり方は新しい番号を iPhone につけ、何が改良されたかはそれ自体に物語らせることだろう。「7」は「6」ほど大きく変わってはいないというものがいても知ったことじゃない。「どの程度イノベーションが加えられたか」ということを製品名に反映させようなんて不必要で、意味のないことだ。

    The simplest path is to give each new iPhone a new number and let the improvements speak for themselves. If anyone wants to say that the 7 isn’t as big a leap as the 6, that’s their business. Attempting to calibrate “degree of innovation” in the product name seems like a needless (and self-diminishing) exercise.

         *     *     *

    車に例えれば

    例えば新車を買うとする。「2012S 年」モデルより「2013 年」モデルを買いたいと思うだろう。最新かつベストなものを手に入れることが大切なのだ。

    I think it’s safe to say that if you’re looking for a new car, you’re looking for a 2013 model — not a 2012S. What’s important is that you get the latest and greatest.

         *     *     *

    「iPhone 5S」ではなく「iPhone 6」に

    私がいっても詮無いことだが、次世代 iPhone の名前は「iPhone 5S」ではなく「iPhone 6」とすべきだ。新しいモデルに値するのなら、それらしい番号を与えるべきだ。

    My (meaningless) vote is that the next iPhone should be christened iPhone 6, not iPhone 5S. If it’s worthy of being a new model, it’s worthy of having its own number.

         *     *     *

    2年縛り契約から特段疑問も持たなくなっていたが、いわれてみれば確かに変だ。

    「S」という名前は中途半端なのかもしれない・・・

    ★ →[原文を見る:Original Text

    Read Full Post »


[iPad の新しい名前には Twitter も反応した:image

iPad の新しい名前について触れた MG Siegler の記事がオモシロい。

TechCrunch: “iPad” by MG Siegler: 07 March 2012

     *     *     *

単純に「iPad」

ウワサと大きく違ったのは新しい iPad の名前だけだったというのはなんか可笑しい。当然と思われた「iPad 3」でもなければ「iPad HD」でもなく、単純に「iPad」というだけだった。これからはそうなるということなのだ。

It’s sort of funny that the only major thing those in the rumor business got wrong was the name of the new iPad. It’s not the previously presumed “iPad 3″, nor is it the “iPad HD”. It’s just the iPad. And that’s what it will be from now on.

     *     *     *

いまさら驚くことでもない

名前は確定と思われていたのでサプライズだったが、そんなに驚くことでもなかったはずだ。今の iMac は「iMac 11」ではないし、MacBook Air も「MacBook Air 4」ではない。iPod のラインアップは変わっても名前そのものは同じだ。iPhone のラインアップについても同じことが必ず起きるだろう。(一部アップルのせいで)スペックが消えつつあるように、名前の番号付け競争も終わりつつある。すべてはシンプルさということなのだ。

This was surprising because our expectations were set for a new name. But it really shouldn’t be all that surprising. My iMac is not the “iMac 11″. My MacBook Air is not the “MacBook Air 4″. The iPod line changes, but the name remains the same. This will undoubtedly happen to the iPhone line as well. Just as the spec is dying (more than partially ushered to the grave by Apple), the ascending number naming race is dying too. It’s about simplicity.

     *     *     *

ハードとソフトをコントロールする強み

アップルがそう出来たのは、製品の種類が限られ、しかもすべてを完全コントロールしているからだ。ソフトも OEM にライセンスされていない。他のライバルメーカーの「iPad 3X Turbo」に対抗するため「iPad 3X HD S」という名前を付ける必要もないのだ。そもそも競争なんてないのだから。目下のところはという意味でだが。iPad という名前を裸で使うだけで十分競争に勝てるのだ。

Apple can pull this off because they have so few products and they’re in complete control of all of them. Their software isn’t licensed to other OEMs. The iPad doesn’t have to be called the “iPad 3X HD S” just to beat the “iPad 3X Turbo” made by a competitor. There are no real competitors. Not yet, anyway. The naked “iPad” name alone is enough to win.

     *     *     *

これ以降の下りもおもしろいがここでは省略。

新しい名前については Peter Cohen[The Loop]の記事もおもしろい。

アーシュラ・ル=グウィンの『ゲド戦記』まで引用して名前の持つマジックについて触れ、初代 iPad が生理用品を思わせる名前だったのに一向に売れ行きを妨げることはなかったと述べている。

The Loop: “On the new iPad’s name” by Peter Cohen: 08 March 2012

アップルがモットーとするシンプルさは名前の付け方にまで及ぶ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »