Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mobile’

apple-ibm-hero-620x413

[Apple + IBM:image

アップルと IBM が手を組んだことは 2014 年最大のニュースだったと Horace Dediu がいっている。

Biggest news of 2014 | Asymco

     *     *     *

IBM とアップルのロマンスなんて誰も考えもしなかっただろう。なにせこの両社はこれまで対立することの方が多かったのだから・・・

コンピューティングの変化

過去はどうあれ、この両社が手を組んだことには極めて重大な意味がある。大規模なスケールで起きている変化を示すものだからだ。両社の反目は「コンピューティング」(computing)という同じビジネスを目指したことから生まれた。しかし 1980 年代初頭以降「コンピューティング」は何百、何千というビジネスモデルにモジュール化した。もはやベージュボックスを売るだけではなくなった。IBM はコンピュータ製造から撤退、サービスやコンサルティングに踏み切らざるを得なくなった。一方アップルは、ハードウェアの価値を高めるデバイス+ソフトウェア+サービスへと移行した。

Nostalgia aside, this new union is profoundly important. It indicates and evidences change on a vast scale. The companies’ antagonism was due to being once aimed at the same business: computing. Since the early 1980s, “computing” came to be modularized into hundreds, perhaps thousands of business models. It is no longer as simple as selling beige boxes. IBM was forced out of building computers and into services and consulting while Apple moved to make devices and the software and services which make its hardware valuable.

     *     *     *

モバイルが決め手

両社の利害が一致したことで今年の戦略的パートナーシップが結実したのだ。これはコンピューティングが「モバイル」と呼ばれるものへ移行したことによって生じた。アップルとしては、未だ残る法人ユーザー、いまや落ちこぼれとなってしまったグループへのモバイルプラットフォーム採用を加速化しようとする。それと同時に IBM は、法人の持つ巨大なデータ倉庫を法人ユーザーの手に委ねようとしているのだ。

The convergence of interests which was consummated into a deal this year stems from the migration of computing around what has come to be called “mobile”. Apple intends to accelerate the adoption of its mobile platforms among the remaining non-adopters: enterprises–a group which, by now, qualifies as laggards.[1] Simultaneously IBM intends to connect data warehouses at those same enterprises to their employed users.

     *     *     *

お互いにとって利益

両社が力を合わせることでお互いの目的がより達せられるようになった。アップルは援助と専門知識を提供することにより法人への円滑なアクセスという突破口を得る。IBM は自らの API を通じてモジュール化したデータベースへのアクセスを提供することにより信頼できるクライアント体験を獲得する。両社が手を結ぶことにより、モバイルの(したがって直観的な)ソリューションの採用が増加し、生産性が向上して、購入企業の利益にもなる。

Both can achieve their goals better if they join forces: Apple offers assistance and expertise while obtaining access and lubrication for orifice entry. IBM offers modularized access to databases through its own APIs and obtains credible client experiences. The combination increases adoption of mobile (i.e. intuitive) solutions and an increase in productivity, benefiting the buyer.

     *     *     *

ユーザーのためのデザイン

最近発表されたアプリを見れば、両社の関係がいかに大きな変革をもたらすものであるかよく分かる。我々はユーザー[!]のためにデザインされたアプリの登場を目撃しているのだ。必要事項のチェックリストなどを取り仕切る内部委員会のためのものではない。

The recent apps release showed just how transformative this relationship could be. We were witnesses to apps which appeared to be designed for users[!] They were not designed for committees that prepare checklists of requirements.

     *     *     *

法人ソフトのスペック万能主義

法人ソフトを苦しめてきた機能万能主義[featuritis、feature creep]に抗しようとする IBM の勇気は称賛さるべきだ。それはソフトやハードの購入決定権者に対しノーを突きつけることだ。それは基本的に購入権限を持つ者にノーといい、給与を支払われている従業員にイエスということなのだ。ユーザー体験の質の高さは一目瞭然だ。ユーザーの取るべきアクションの数も、次々と見なければならない画面の数も、容赦ないほど間引かれている。これが最善のデザイン慣行としてアプリを貫いているコンセプトであり考え方なのだ。しかもなお不毛な法人ソフトのスペック万能主義を排している・・・

We must applaud IBM for having the courage to resist the featuritis which plagues enterprise software design. This resistance requires saying No to those who specify and are thus authorized to purchase software and hardware. IBM has had to essentially say no to those who buy and yes to those who are paid to use. The quality of the experience is evident at first sight. The number of user actions, the number of screens to wade through have been ruthlessly culled. These are concepts and ideas which now permeate app design best practices. Yet they are practices which still elude the spec-driven enterprise software wastelands.

     *     *     *

最重要ニュース

予期せざることとはいえ今日のテクノロジーを考えれば十分説明可能だ。IBM とアップルのパートナーシップこそ 2014 年で最も重要なテクノロジー関係ニュースだと自分は考える。

Being unexpected and yet explanatory of the state of technology today, the partnership between IBM and Apple is, in my opinion, the most significant technology news of 2014.

     *     *     *

いつもながら Dediu の視点は今後もたらされる変革の大きさに向けられている。

法人の IT 部門には大きな変革の波が押し寄せる・・・

Screen-Shot-2014-12-26-at-11.28.03-AM-620x394

なお、本稿にはこれまで登場したコンピューティング・デバイスのチャート[上図参照]が添えられている。過去に登場した様々なデバイスの栄枯盛衰が1枚のチャートに納められていてこれまたなかなか興味深い・・・

     *     *     *

追記: 「高度な法人体験の DNA は IBM にある」(12月31日)

アップルが Tim Cook の代になって IBM と手を組んだのは決して偶然ではない。

Cook 自身 IBM に勤務した経歴を持っている。[Thanks:  @boxerconan] それも12年の長きにわたって・・・

アップルサイトにも明記されているが、最終的には北米・南米地区の IBM PC の製造・流通責任者だった。

サプライチェーンの達人のよういわれる Cook だが、そのルーツは IBM にあったのかもしれない。

その経歴から見ても IBM の持つ強みを十分理解できる立場にあった。

Cook が「高度な法人体験の DNA は IBM にある」というとき、そのことばは真実を語っているのだろう。

広告

Read Full Post »

BsnPAB7CYAA1hDv

[新しいアップル:darth

アップルが IBM と手を組んだ

Re/code のインタビューで Tim Cook が語ったことばにすべてが尽きている。

     *     *     *

DNA

「法人を真に変えるのに必要な高度な企業体験は我々の DNA にはなく、IBM にある。」

“The kind of deep industry expertise you would need to really transform the enterprise isn’t in our DNA. But it is in IBM’s.”

     *     *     *

まさに

アップル + IBM = 法人モバイルの再定義

Apple + IBM = Redefining the mobile enterprise

というワケだ。

そして Horace Dediu の総括

     *     *     *

驚天動地の大事件

実に劇的な展開だ。アップルはデバイスのリーダーシップを握るため、IBM はサービスのリーダーシップを握るため、本日の戦略的パートナーシップを発表する条件を整えてきた。80年代、90年代を見てきた者には驚天動地の大事件だ。

This dramatic turnaround–Apple moving to a device leadership position and IBM moving to a service leadership position–created the conditions for today’s announcement of a strategic partnership–an event which is astounding to those who witnessed the 1980s and 1990s.

     *     *     *

冒頭のパロディ画像を元になった画像と比べると時代の変化が感じられて興味深い。

Read Full Post »

[ポスト PC 時代の到来:image

iPhone 5 の発表を踏まえて書かれた興味深い文章がある。

ギーク転身ベンチャーキャピタリスト MG Siegler の「私の製品フィードバック」だ。

massive greatness: “My Product Feedback” by MG Siegler: 20 September 2012

     *     *     *

モバイル、モバイル、モバイル

モバイル、モバイル、モバイル・・・だよ!
[モバイルを計 740 回繰り返す]

Mobile Mobile Mobile … [740 words]

     *     *     *

開発の実態は

分かりきったことだろ? 自分が初めていってるんじゃないよ。なのに、たくさんのスタートアップ企業が「デスクトップ/ラップトップベースのウェブ」をまず念頭に置いているのに出くわすんだ。確かにその方が、開発やアップデートは楽だと思う。でもそれは間違いだよ。

It’s obvious, right? I’m hardly the first person to point this out. And yet, I still meet so many startups who are focusing on the desktop/laptop-based web first. I get that development and iteration are easier there, but it’s a mistake.

     *     *     *

5年以内にみんなが

新規の発見(discovery)はますます難しく、それをどうカネにするかという方法(monetization models)はまだ十分に具現化されたとはいえない。しかし、純粋に製品という視点からいえば、そんなことはどうでもいいのだ。大切なことは、この惑星上のすべての人間がこの5年の間にモバイル機器を使うようになるということだ。しかもモバイル機器の使われ方は、これまでのコンピュータとは — 過去も未来も含めて — 比べものにならないという点なのだ。

Discovery is increasingly an issue, and monetization models are still being fully fleshed out. But, from a pure product perspective, those things don’t matter. What matters is that in the next five years every person on this planet is going to be using a mobile device. And these devices are going to be used far more than any traditional computer ever has been and ever will be.

     *     *     *

PC は終わった

もはや PC は過去のものだ。姿を消すことはないが、ますます遺物的存在になってしまうだろう。

The PC is over. It will linger, but increasingly as a relic.

     *     *     *

自分だって

自分は今ではコンピュータを使うのが怖くなってしまった。ほとんどの時間、タブレットを使いたいと思う。そしてますますそれが可能になってきている。それ以外の時間に使いたいのはスマートフォンだけだ。現に自分はそうしている。

I now dread using my computer. I want to use a tablet most of the time. And increasingly, I can. I want to use a smartphone all the rest of the time. And I do.

     *     *     *

幻想としての「デスクトップウェブ」

「デスクトップウェブ」の価値はますます幻想に過ぎなくなっている。モバイル機器の機能の進化を見れば、その凋落は急速に近づきつつある。

The value in the desktop web is increasingly an illusion. Given the rate at which these mobile devices are improving, a plunge is rapidly approaching.

     *     *     *

作るべきは・・・

ウェブサイトをベースにしたアプリを作ってはならない。ウェブサイトなんか初めからなかったように振る舞うアプリを作りなさい。デスクトップコンピュータなど一度も使ったことのない、そんなひとを対象にアプリを作りなさい。なぜなら、そういうひとたちがこれからやって来るからだ。それももうすぐ・・・

Don’t build an app based on your website. Build the app that acts as if websites never existed in the first place. Build the app for the person who has never used a desktop computer. Because they’re coming. Soon.

     *     *     *

記憶に残る文章に出会うのはなかなか難しいが、そんな文章のひとつではないかと思う。

「ポスト PC」時代の到来を彷彿とさせるではないか・・・

TechCrunch 騒動を機に Michael Arrington とのベンチャーキャピタルに身を投じた MG Siegler らしいことばだと思う。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[PC 時代の終わり:image

数字の達人 Horace Dediu が興味深いことをいっている。「ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代」だと・・・

asymco: “The Post-PC era will be a multi-platform era” by Horace Dediu: 06 July 2011

     *     *     *

Window フォンの売れ行き

Windows Phone Marketplace のアプリは2万 5000 本に達した。Windows Phone が実際にはさほど売れていないことを考えるとこれは大変な数だ。それでも1日のアクティベーション数が 500 万台を超える Android フォンと比べると、まるで四捨五入の誤差みたいなものだ。Gartner によれば、マイクロソフトのモバイル OS を使うスマートフォンは 2011 年第1四半期には 360 万台売れた。そのうち 160 万台が Windows Phone 7 だという。ということは1日当たりのアクティベーション数になおすと1万 7500 台ということになり、Android フォン 28 台に対し Window フォン1台の割合になる。

Windows Phone Marketplace has reached 25,000 apps. That’s an impressive figure given that so few devices have actually been sold. Compared with Android which is activating half a million devices per day, Windows Phone seems like a rounding error. According to Gartner, 3.6 million smartphones using a Microsoft mobile OS were sold in the first quarter of 2011, of which 1.6 million were Windows Phone 7. That implies a daily activation rate of 17,500 per day or one WP device for every 28 Android devices.

     *     *     *

デバイスよりアプリの方が大きい?

それでも Windows Phone のアプリの数は Android アプリの1割を超え、Android アプリは iPhone アプリの約半分になる。Windows Phone に限っていえば、アプリの方がユーザーの増加より大きいということになる。これはいったいどうしたわけだ?

And yet the number of apps on Windows Phone is more than 10% of the number of Android apps and Android Apps are about half of iPhone apps. As far as Windows Phone is concerned, apps are being added faster than users. Why is this?

     *     *     *

モバイルプラットフォームはコンピュターとは異なる

モバイルプラットフォームがかつてのコンピュータプラットフォーム(Windows vs. Mac)と同じ行動を示すという考え方をするのであれば、これを説明することは不可能だ。デベロッパはずっと下位にある第3のプラットフォームなぞ無視すべきだからだ。まるで Windows 全盛時代に Amiga に賭けるようなものだ。

If we take the point of view that mobile platforms behave like the computing platforms of years gone by (i.e. Windows vs. Mac) then this is inexplicable. Developers should not be bothering with a distant third. This would be like betting on the Amiga in the era of Windows.

     *     *     *

かつての PC 時代は

もはや PC 時代ではない。当時はソフトウェア開発に大変高いコストがかかった。ソフトの流通チャンネルはとてもむずかしく(きちんと箱に梱包して売るのが一般的だった)、ソフトのカテゴリーも限られており、値段も高かった。しかも買うのは法人企業が中心で、小さなベンダーのことなど意にも介さなかった。当時のユーザーの数は一桁少なく、ましてや実際の購入者となるともっと少なかった。

But we’re not in the PC era any more. That era had very high software development costs. It had very difficult software distribution channels (retail box sales typically) and very few categories of software with high price points. It was also dominated by institutional buyers which did not give quarter to small vendors. It was also a time when there were orders of magnitude fewer users and even fewer buyers.

     *     *     *

新しい才能の爆発

ポスト PC 時代の特徴は、アイデアを見てもアプリをみても新しい才能が爆発する時代だ。良ければ直ちに気に入ってくれ、ワンクリックでカンタンに流通できる時代だ。アプリを作るのも、特定の専門家やベンチャーキャピタルをかき集められるひとに限られない。いまやコテージ産業(cottage industry:家内工業)になったのだ。小さなデベロッパでも広く流通させられるし、スターの座にも昇れる。ありがたいことに法人バイヤーとも関わらずに済む。その結果がアプリの爆発だ。3年前には存在しなかった3つのプラットフォームのために 100 万本以上のアプリが作られている。

The post-PC era is characterized by an explosion of ideas and application of new talent to software. It’s an era of immediate gratification and painless, one click distribution. App production is a cottage industry not something entrusted to only a few experts or those who can raise venture capital. It allows the small to distribute widely and get a shot at stardom. It has been (thankfully) avoided by enterprise buyers. The result is an explosion of apps: well over half a million new apps have been built in three years on three platforms that did not exist three years ago.

     *     *     *

マルチプラットフォームの時代

だからデベロッパは、あらゆるプラットフォームに、どんな新しいプラットフォームであれ、広く可能性を賭ける。まさにそのことが小規模プラットフォームの潜在的可能性と持続可能性を示しているのだ。支配的なプラットフォームだけがモバイル戦争を勝ち抜くという考え方はナイーブすぎる。ポスト PC 時代はマルチプラットフォームの時代なのだ。デベロッパはこのことを理解している。プラットフォームベンダーも知っている。PC 時代に学んだ知恵は捨て去るべきときなのだ。

So the very reasons which are driving developers to spread their bets across all and any new platforms should indicate the potential for new platforms and the sustainability of small platforms. The thesis that one dominant platform wins the mobile “war” is naive. The post-PC era will be a multi-platform era. Developers already understand this. Platform vendors know this. It’s time to unlearn the lessons of the PC era.

     *     *     *

古い既成概念に捕われないひとほど新時代の寵児になれるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Google Chrome
Google の Windows キラー

グーグルが発表したブラウザ Chrome について GigaOM の Om Malik が興味深い意見を述べている。

GigaOM: “Why is Google Releasing a Browser?” by Om Malik: 01 September 2008

     *     *     *

デスクトップでのマイクロソフトの座は揺るがない

何故ブラウザなのかが問題だ。ブラウザを出すことによってグーグルは何を得るのか。ブラウザを出すことについては諸説ある。例えば、マイクロソフトの IE に対する正面きっての挑戦だというのもそのひとつだ。しかし、ことはデスクトップだけの問題ではないと私は考える。何故なら、Mozilla の Firefoxという強力な競争相手があるにも拘らず、マイクロソフトはデスクトップの 75% をしっかり牛耳っている。言い換えれば、マイクロソフトが支配しているので、デスクトップでマイクロソフトを覆すのはむずかしいということだ。

The question is: Why a browser? What does Google get from releasing a browser? There are going to be many theories around the Google Browser — that it is a direct challenge to Microsoft’s IE Browser, for example — but I think it might be more than just the desktop. Why? Because even today, despite strong competition from Mozilla’s Firefox, Microsoft controls about 75 percent of the desktop browser market. In other words, given Microsoft’s control of the desktop, it is hard to dislodge it on the desktop.

     *     *     *

狙いはモバイル・・・

しかしモバイル機器ということになると、マイクロソフトといえども立場は弱い。IE モバイルのマーケットシェアはないも同然だ。Mozilla 同様マイクロソフトも Webkit に追いつこうとしている。ノキア S60 携帯電話、アップル iPhone Safari、それにグーグル Android などの中核をなすレンダリングエンジンが Webkit だからだ。モバイルのウインドウズ OS は未だ開発中だ。グーグルがデスクトップとモバイルの双方でシームレスに使えるブラウザを開発すれば、ブラウザマーケットの相当な部分に食い込むことが可能になる。特に Netbook のような新しく出現しつつある超小型のウェブ端末の分野では、これは大きなチャンスだ。

However, it is vulnerable on mobiles, where IE Mobile has a non-existent market share. Like Mozilla, Microsoft is playing catch-up with Webkit, the core rendering engine for Nokia S60 phones, Apple’s iPhone Safari and Google Android devices. Even a Windows Mobile version is in the works. (Read my Webkit report.) By developing a browser that offers a seamless experience on both mobile and desktop devices, Google can carve out a nice chunk of the browser market for itself. The big opportunity could be especially the emerging class of mobile devices like the Netbooks.

     *     *     *

Android も・・・

Android は携帯電話だけのものではないというウワサが最近聞こえる。軽くて持ち運びやすいモバイル機器であること、グーグル Chrome の狙いは「ウェブアプリケーション」であることなど考えると、グーグルがこのチャンスに賭けるのは十分な理由がある。

In recent months, there have been rumors that Android is going to work on more than just mobile phones. Given the light-weight footprint of these devices and Google Chrome’s focus on “web applications” it would make perfect sense for Google to chase this opportunity.

     *     *     *

OS としてのブラウザ戦争

Mathew Ingram は「グーグルが(Mozilla group もそうだと思うが)ブラウザを OS の一形態と考えていることは明らかだ」と指摘する。私も同意見だ。そして、「OS としてのブラウザ戦争(browser-as-OS warが始まったばかりだ」という John Furrier に主張についてもまた同意する。あなたはどうお考えだろうか。

Mathew Ingram points out, “Google clearly sees the browser as a form of operating system — just as I think the Mozilla group.” I agree, and also I agree with John Furrier’s contention that browser-as-OS war is only beginning. What are your thoughts about this development?

     *     *     *

昨年アップルが Safari For Windows のベータを発表したのは、Chrome のウインドウズ版が先に出るためだったという内輪話も興味深い。

マイクロソフトが 1990 年代に Netscape に対して Internet Explorer をぶっつけたように、また歴史は繰り返すのか・・・

原文を見る

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »