Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mobile Phone’

Benedict Evans の論考がたいへん興味深い・・・

Benedict Evans: “Smartphone market share is not a metric” by Benedict Evans: 28 January 2014

     *     *     *

スマートフォンのマーケットシェアは物差しではない。

Smartphone market share is not a metric

本論は数学に関するものでもないのと同様、テクノロジー業界に関するものでもない。いやあるいはそうかも知れない。まずは3つのチャート。

This isn’t really a post about the tech industry so much as one about maths. Or, perhaps, three charts.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.37 pm

[世界のスマートフォン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

最初のチャートは、世界のスマートフォン販売台数に占めるアップルのシェア。フラットで、伸び悩み、ハッキリいえば滑り落ちている。そうだろう?

The first shows Apple’s share of global smartphone unit sales. Flat, stagnant and, to be honest, slipping. Right?

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.47 pm

[世界のモバイルフォーン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

ふむふむ。では同じ数字を、こんどは世界のモバイルフォーン販売台数に占める割合で見てみよう。

Hmm. Now look at the same numbers, this time shown as a percentage of global mobile phone unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.30.22 pm

[iPhone 販売台数(実数):chart

ふむふむ。じゃあ、こんどは販売台数の実数だ。

Hmm. Now, actual unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.41.20 pm

[世界の Android および iPhone の販売台数(実数):chart

それに Android を加えてみると・・・

Now, let’s add Android to this.

     *     *     *

トヨタの例で考えると

かつてはスマートフォンのマーケットシェアを云々することが有意義で、重要な物差しだったときがあった。そんなときはもう過ぎた。これは米国における日本車の販売台数に占めるトヨタのシェアを語るのと似ている。なにがしかのことを語り、過去には非常に有用だったが、もはやそうではなくなった。

There was a point in time where talking about share of smartphone sales was a meaningful and important metric. That time has passed. It’s rather like talking about Toyota’s share of sales of Japanese cars in the USA: it tells you something, and was very useful in the past, but not any more.

     *     *     *

もはやスマートフォンのシェアだけでは不十分

アップルの将来については多くの問題があり、これらのチャートはそれぞれ異なった事柄について多くのことを — たとえば販売の伸びが明らかに減ってきていることを — 物語っている。しかし「スマートフォンのシェア」というだけではこれらの問題を考える有用な方法にはならないのだ。

There are lots of issues and questions about Apple’s future, and lots of different things going on in those charts, including a clear decline in the growth of sales. But ‘smartphone share’ is not a helpful way to think about those questions.

     *     *     *

日本車に対するトヨタの割合か、全車両に対する割合かという例がよく言い得ている。

たしかに iPhone が発表された時点ではスマートフォンとモバイルフォンは別だったかもしれないが、いずれモバイルフォンはすべてスマートフォンになる。

また先進国市場ではスマートフォンが飽和状態に近づき、新興国市場ではモバイルフォンとの競合関係も考えざるを得なくなってきたとき、比較すべきはどちらだろうか?

さらにはアンドロイドとの競合関係を考えるときに比較すべきはどちらだろうか?

Benedict Evans のチャートはひじょうに明快にその疑問を投げかけてくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:ツケを払うのは》

Randall_Stephenson

[AT&T CEO Randall Stephenson:photo

モバイルキャリアのトップが語ったことばが注目を浴びている

AT&T CEO Randall Stephenson が投資家向け会合で語ったものだ。

CNET News: “AT&T chief: We can’t keep doing big subsidies on phones” by Marguerite Reardon: 10 December 2013

     *     *     *

販売助成金モデルではもうやっていけない

「ビジネス規模が拡大する初めの間は、自社ネットワークを利用させるためにデバイスの販売助成金を積極的に活用せざるを得ない。しかしスマートフォンの普及率が 75% に達するとメンテナンスモードに移行する。頻繁にデバイスのアップグレードを行なうのだ。かくてビジネスモデルは変化せざるを得ない。もうデバイスの販売助成金をやるだけの余裕はなくなる。」

“When you’re growing the business initially, you have to do aggressive device subsidies to get people on the network,” he said. “But as you approach 90 percent penetration, you move into maintenance mode. That means more device upgrades. And the model has to change. You can’t afford to subsidize devices like that.”

先週 AT&T は新しい価格プランを導入した。古い電話を使い続けるユーザーには月額利用料を 15 ドル安くするというものだ。

Last week, AT&T introduced a new pricing plan that offers an incentive to customers who keep their older phones, allowing them to save $15 a month on their service bill.

     *     *     *

iPhone ビジネスに販売助成金モデルを持ち込んだのは AT&T を初めとするキャリアだったのではなかったか。

それがもはや高い販売助成金ではやっていけないというのなら、モバイルキャリアの世界に大きな変化が起きるということなのだろうか。

SIM フリー iPhone もそういう流れの中で出てきたのだとしたら・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ツケを払うのは(12月13日)

tumblr_lxqyysssq61qlvp8so1_500-300x225

[終わりは近い・・・:image

Randall Stephenson の発言に対する John Biggs のコメントは核心を衝いている・・・

TechCrunch Japan: “携帯電話の助成金はもうすぐ終るかもしれない“: 12 December 2013[Nob Takahashi 訳]
TechCrunch: “The End Of Subsidized Phones Could Be Near” by John Biggs: 12 December 2013

     *     *     *

助成金がなかったら・・・

要するに、われわれは端末助成金が実は架空のものであり、結局はわれわれが月々の請求書で端末代金を払っていることを思い出す必要がある。助成金はまた、米国ユーザーの選択の自由を妨げてきた。ヨーロッパが当初端末の助成を拒んだ ― 現在は世界中殆どのキャリアが助成している ― 結果、プリペイドSIMカード、低価格で簡単な端末、さらにはローミングによる恩恵など、数多くのサービス改善が起きた。端末が数日毎に国境を越えているなら、キャリアーが端末をロックする理由はない。しかし、米国市場は一枚岩だ。めったにローミングすることはなく、安いプリペイドを探すこともない。[Nob Takahashi 訳]

To be clear, we need to remember that phone subsidies are actually imaginary and that we ultimately pay for our phones in our monthly bills. Subsidies have also held back U.S. customers’ freedom of choice. Europe’s initial refusal to subsidize phones – now most carriers worldwide subsidize – led to a number of service improvements including pre-paid SIM cards, cheaper, simpler handsets, and a number of roaming benefits. There was no reason to lock a phone to a carrier if that phone is crossing borders every few days. However, the U.S. market is monolithic. We rarely roamed and we rarely looked for pre-paid deals.

     *     *     *

ツケを払うのは

要するにStephensonはこう言っている。かつてAT&Tがまだ顧客を獲得しようとしていた頃は、助成金が有効だった。欲しいだけの顧客が集まった今、助成金はアンフェアである。何が本当に起ころうとしているのだろう? キャリアは端末メーカーとべッドを共にし、そして今別れたがっている。つけを払うのはわれわれだ。[Nob Takahashi 訳]

Essentially Stephenson is saying that back when AT&T was still trying to get customers, subsidies worked. Now that it has all the customers it could want, subsidies are unfair. What’s really happening? Carriers got into bed with the manufacturers and now they want out. We pay the price.

     *     *     *

結局はキャリアの都合に翻弄される・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[みんなアップルのマネをする:image

最新の報告によれば、スマートフォン出荷台数のナンバーワンはアップルだという。

The Loop: “Apple No. 1 in worldwide smartphone shipments” by Jim Dalrymple: 04 August 2011

     *     *     *

「2011年第2四半期のスマートフォンの新しい王者はアップル」と IDC

“The smartphone market crowned a new leader in 2Q11, and its name is Apple,” said Ramon Llamas, senior research analyst with IDC’s Mobile Phone Technology and Trends team.

     *     *     *

しかしもっと分かりやすいものがある。アップルが携帯電話のデザインに与えた影響だ。

TNW Gadgets: “Can RIM be the new Porsche?” by Matthew Panzarino: 03 May 2011

冒頭の TNW 画像を見れば、いかにアップルの影響が大きかったか一目瞭然だ。

BlackBerry だけは過去を捨てきれないようだけれど・・・

★→[原文を見る:TNW の画像

     *     *     *

追記:アンドロイドもこう変わった(8月19日)

Android のビフォー&アフターはこちら・・・

What Google’s Android Looked Like Before And After The Launch of iPhone | Random.AndrewWarner.com

Read Full Post »