Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mobile OS’


[サンフランシスコの3次元ビュー:image

アップル唯一の定例行事 WWDC が1か月後に迫った。iOS をめぐるウワサの出番だ。

iOS 6 ではアップル自前の地図システムが目玉になるらしい。

iOS 全体の発展を視野におくと、自前の地図システムはどういう意味を持つのだろうか。

John Gruber が興味深いことをいっている。

Daring Fireball: “iOS Low-Hanging Fruit” by John Gruber: 11 May 2012

     *     *     *

iOS のこれまで

この数年の間、iOS の発展は比較的分かりやすいものだった。アップルはやるべき仕事のうち楽に達成できる目標(lowest-hanging fruit)を着々とこなしてきた。最初の数年で大物をかなりたくさん片付けた。サードパーティ製アプリ、カット・コピー&ペースト、法人サポート、プッシュ通知、マルチタスキングの改善など。それに加えて昨年は、OTA[Over The Air]ソフトウェアアップデート、クラウドベースのバックアップ、ワイヤレス同期、通知インターフェイスの改良などが加わった。

iOS has evolved in a fairly predictable manner over the years. Apple has done a good job tackling the lowest-hanging fruit on the to-do list, year after year. They crossed off a lot of big obvious features over the first few years: third-party apps, cut-copy-paste, enterprise support, push notifications, better multitasking. Last year brought a few more: over-the-air software updates, cloud-based backups and wireless syncing, and a much improved notification interface.

     *     *     *

ライバルを見ればいい

iOS に加わりそうな機能を知るよい手掛かりは、ライバルを調べて iOS に欠けているものを見つけることだ。昨年の例で言えば、Android の方が先行している分野ということになる。

Another good source for iOS feature predictions has been to survey the competition and identify the areas where iOS was lacking. Those items from last year, for example, were areas where Android was ahead.

     *     *     *

地図 = 残された最大の分野

iOS が全ての機能を含んでいるわけではない。しかし楽に達成できそうな目標 — あればいいという類いではなく、アップルなら当然検討して然るべきもの — を見つけるのは次第に難しくなっている。残された最大の分野が地図だ。本日 9to5Mac はアップルが iOS 地図アプリのバックエンドデータをグーグルから自前のサービスに切り替えるというニュースを流した。John Paczkowski は、新しい地図を見れば「ぶっ飛ぶだろう」という情報筋のことばを引いて、これを追認している。

iOS is by no means feature-complete. But it’s getting harder to identify the low-hanging fruit — the things you just know Apple has to be working on, not just the stuff you hope they are. The biggest one left is mapping. Today brings a report from 9to5Mac that Apple is set to switch the back-end data in iOS’s Maps app from Google to its own mapping services; John Paczkowski confirms it, quoting a source who claims the new Maps will “blow your head off”.

     *     *     *

なぜ自前のサービスが重要か

アップルの自前の地図データが偉大であるに違いないというのはこういうことだ。

Here’s the thing. Apple’s homegrown mapping data has to be great.

地図は電話に欠かせない機能だ。iPhone ユーザーなら誰でも使う数少ない機能のひとつだ。だからアップルは自前でやる必要がある、基本的テクノロジーは自分で支配する必要があるからだ。グーグルとの関係が 2007 年の頃のように今でも問題なかったとしても、アップルは自前の地図を展開しただろう。(iPhone 発表のとき Eric Schmidt がステージに上がったのを覚えているだろうか?)しかしアップルとグーグルの今日の状況を考えれば、地図サービスをグーグルに依存することはまったく受け入れ難いのだ。

Mapping is an essential phone feature. It’s one of those handful of features that almost everyone with an iPhone uses, and often relies upon. That’s why Apple has to do their own — they need to control essential technology. I suspect Apple would be pushing to do their own maps even if their relationship with Google were still hunky-dory, as it was circa 2007. (Remember Eric Schmidt coming on stage during the iPhone introduction?) But as things actually stand today between Apple and Google, relying on Google for mapping services is simply untenable.

     *     *     *

後戻りは許されない

これはアップルにとって高圧スイッチ[high-pressure switch:一旦作動すると復帰するのが困難な安全装置]のようなものだ。後戻りは許されない。評判の3次元ビュー(3D view)はすごいかもしれないが、現実問題として運転や歩行の方向指示がグーグルの場合ほど正確でないとなれば、ユーザーにとっては熊手と松明を手にしている[?]ようなものだ。また Android フォンはすでに経路誘導ナビゲーション(turn-by-turn navigation)を搭載していることにも心すべきだ。

This is a high-pressure switch for Apple. Regressions will not be acceptable. The purported whiz-bang 3D view stuff might be great, but users are going to have pitchforks and torches in hand if practical stuff like driving and walking directions are less accurate than they were with Google’s data. Keep in mind too, that Android phones ship with turn-by-turn navigation.

     *     *     *

残された仕事

iOS について実現可能な機能は他にどんなものがあるだろうか? 考えつくものはいくつかある。

What else remains hanging low on the iOS new-features tree, though? I can think of a few:

・賢いアプリケーション間処理

iOS が NeXT の直系の子孫であることを考えると、NeXT で最も持てはやされ(かつそれももっともな) Services のような機能が欠けているのは理解できない。Android には Services によく似た「Intents」と呼ばれるシステムがあり、Windows 8 にはさらに優れた「Contracts」というコンセプトがあることは注目に値する。

Clever inter-application communication. Seems crazy that iOS, the direct descendant of NeXT, doesn’t have anything like Services, which were one of NeXT’s most touted features (and rightfully so). It’s also worth noting that Android has a pretty good Services-esque system in place, called “Intents”, and Windows 8 has an even richer concept called “Contracts”.

・サードパーティの通知センターウィジェット

アップルの株式や天気のように、立ち上げなくても情報を一覧できるもの。

Third-party Notification Center widgets. Like the Stocks and Weather ones from Apple — information at a glance, without launching an app.

・サードパーティの Siri API

Siri を通じてやりとりできる機能を他のアプリにも開放しよう。

Third-party Siri APIs. Let other apps provide features you can interact with through Siri.

     *     *     *

どんどん減っている

まあそんなところだ。Siri API というアイデアだって「あればいい」という程度で、「いずれアップルなら必ずやらざるを得ない」という達成目標ではない。重ねて言うが、残された仕事がアップルにはなくなったといっているのではない。克服せねばならぬことが明らかなものがどんどん減っているといっているだけだ。

But that’s about it. And even the Siri API idea seems more like a “nice to have” feature idea than a low-hanging “Apple really has to do this sooner or later” idea. Again, I’m not saying Apple’s iOS to-do list is empty; I’m just saying the list of obvious they-gotta-do-it stuff is getting short.

     *     *     *

デスクトップ OS とは別のモバイル向け OS としてスタートした iOS もいよいよホームストレッチに入ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

広告

Read Full Post »

airplay_in_action.jpg

AirPlay in Action

なんの前触れもなく iOS 4.2 がリリースされた。プレスリリースを見ると、クリスマスシーズンに間に合わせるのがどうやら最優先課題だったようだ。

Apple [Press Release]: “Apple’s iOS 4.2 Available Today for iPad, iPhone & iPod touch”: 22 November 2010

     *     *     *

アップルのプレスリリース

「iOS 4.2 によって iPad はまったく新しい製品に変身する。クリスマスシーズンにもやっと間に合った」と Steve Jobs は語る。「iOS 4.2 によってまたもや iPad は多くのタブレットが到達しようとするゴールを再定義する。そこに到達できるものは、あるとしてもごく僅かだ。」

“iOS 4.2 makes the iPad a completely new product, just in time for the holiday season,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “Once again, the iPad with iOS 4.2 will define the target that other tablets will aspire to, but very few, if any, will ever be able to hit.”

     *     *     *

Macworld 誌は iOS 4.2 のすばらしい機能を10リストアップしているが、AirPlay については次のように述べている。

Macworld: “iOS 4.2: Ten great features”: 23 November 2010

AirTunes 機能を iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したもの

ドックとケーブルはもやは過去のものとなった。AirPlay があれば、Apple TV その他多数のホームシアターコンポーネントを備えた互換機能を持つデバイスに、iPhone や iPod touch、iPad から、簡単に音楽やビデオ、写真などをワイヤレスにストリーミングすることが可能になる。AirPlay は、オーディオを AirPort Express にストリーミングするこれまでの AirTunes 機能を、iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したものが中核になっている。AirPlay によってアップルはメディアを自宅や友人宅で楽しむレベルを引き上げたのだ。それだけではない。その戦略的な重要性に注目すべきだ。iOS デバイスと連携できる製品を作ろうとしているサードパーティにとってさらに連携すべき技術的理由が増えたことになる。iOS 4.2 出荷の数か月も前から家電業界は AirPlay をサポートすると発表している。

Cables and docks are so passé. With AirPlay, the iPhone, iPod touch, and iPad can wirelessly stream music, video, and photos directly to compatible devices, including the new Apple TV and an increasing array of home theater entertainment components. At its core, AirPlay is Apple’s old AirTunes feature for streaming audio to the AirPort Express expanded to iOS and third-party hardware. With AirPlay, Apple raises the bar for enjoying your media around the house or at a friend’s, but it’s also worth noting the strategic importance of the technology: it provides yet another technological hook for third parties looking to build products to work with iOS devices. Consumer electronics companies announced support for AirPlay months before iOS 4.2 was ready to ship.—DC

     *     *     *

John Gruber は AirPlay と VoiceOver の2つが最重要とみる。

Daring Fireball: “Apple TV 4.1 Software Update: AirPlay and VoiceOver” by John Gruber: 22 November 2010

AirPlay

2つの新しい機能。ひとつは AirPlay。AirPlay は Apple TV 2 にとってい真に重要なキーフィーチャーだ。初代 Apple TV はスタンドアローンの 200〜300 ドルもするデバイスで、テレビにとっては iPod 程度の役割だった。ところが新しい Apple TV は iPhone や iPad のための 99 ドルの周辺機器になるというわけ。iOS デバイスからテレビにビデオを流すにはどうすればいいのかって? すでに Apple TV をお持ちなら、プレイボタンを押すだけでいいのさ。

Two big new features. AirPlay is really the key feature in Apple TV 2. The original Apple TV was a standalone $200-300 device; more or less an iPod for your TV. The new Apple TV is a $99 peripheral for your iPhone and iPad. How do you get video from your iOS device to your TV? If you have an Apple TV, just hit play.

VoiceOver

もうひとつの VoiceOver についていうと、こんなレベルのアクセシビリティーを備えたホームシアターシステムが他にあるだろうか?

As for VoiceOver, does any other home theater system offer this level of accessibility?

     *     *     *

バックグラウンドで動く AirPlay

AirPlay in Action – Apple]

iOS 4.2 – AirPlay Demo – YouTube]

アップルの AirPlay デモビデオから、John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “Apple’s Video Demo of AirPlay in Action” by John Gruber: 22 November 2010

究極のウリ

AirPlay のキラーフィーチャー[Killer feature:究極のウリ]、それはバックグラウンドで動くということだ。だから iPhone や iPad から Apple TV にビデオをストリーミングしながら、iPhone/iPad でウェブブラウジングすることもできる。もちろん iPhone/iPad のディスプレイをその間消しておくこともできる。

Killer feature: it works in the background, so you can use your iPhone or iPad to browse the web or check email or whatever while the video continues to stream from it to your Apple TV. Or you can just turn the iPhone/iPad display off.

     *     *     *

さあ、楽しみだ。

実際にアップグレードしたひとの話をはやく聞きたい・・・

★ →[ビデオを見る:Apple]

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

multitasking.jpg

[iOS 4.2 for iPad]

iOS 4.2 の発表についてどうやら確定版らしき情報がはいってきた。

MacStories: “iTunes 10.1 and OS X 10.6.5 Coming Tomorrow, iOS 4.2 On Friday at 10 AM PST” by Federico Viticci: 09 November 2010

     *     *     *

iOS 4.2 は11月12日、 iTunes/Mac OS X は明日発表

AT&T の内部情報筋(単数)が MacStories に語ったところによると、アップルは iPhone、iPod、iPad のメジャーアップデート iOS 4.2 を11月12日金曜日[米太平洋時間午前10時]に発表するという。そのほか iTunes および Mac OS X も明日には発表されるという。これでiTunes はバージョン 10.10.0(今後は iTunes 10.1 と呼ばれる)に、Mac OS X はお待ちかねのバージョン 10.6.5 になる。

An inside source at AT&T told MacStories that Apple is planning to release iOS 4.2, a major OS update for iPhones, iPods and iPads, on Friday November 12th at 10 AM PST. We also learned that updates to iTunes and Mac OS X will be released sometime tomorrow — iTunes will be reaching version 10.10.0 (simply called iTunes 10.1) and Mac OS X will jump to the long-awaited 10.6.5 version.

     *     *     *

数時間前に認証段階を終えたばかり

iOS 4.2 は今日出るという大方の予想だったが、iOS 4.2 の AirPlay 機能は iTunes 10.1 に、AirPrint 機能は Mac OS X 10.6.5 にそれぞれ依存している。われわれの情報筋によれば、10.6.5 は数時間前に認証段階を終えたばかりということだ。iTunes は3週間前、多分ベータ2がデベロッパにシードされた時点で完成していたと思われる。

Many users expected iOS 4.2 to be available today: iOS 4.2, however, depends on iTunes 10.1 and Mac OS X 10.6.5 for its AirPlay and AirPrint functionalities, respectively. According to our source, 10.6.5 completed the certification stage a few hours ago and iTunes was ready 3 weeks ago — likely after the release of beta 2 to developers.

     *     *     *

ドイツの iFun がスクープ

詳しくはまた追記するが、9to5mac が報じたように、先週ドイツのブログ iFun が11月12日金曜日にはアップルが iPhone キャリアにアップデートさせるだろうという話をスクープしたばかりだ。

We will keep you posted as we find out more. As noted by 9to5mac, German blog iFun discovered last week that Apple will push iPhone carrier updates on Friday, November 12th.

     *     *     *

徹底的なテスト

追記:また新しい情報がはいった。我々の情報筋によれば、AT&T スタッフは徹底的なテストを行なうことを求められている。AT&T のネットワークを利用するすべてのアップルのモバイルデバイスが予定どおりちゃんと稼働すること、新しい製品が利用することになる環境でマックがきちんと稼働することのテストだ。

Update: We’ve got some more details to share. According to our source, AT&T staff is required to thoroughly test all Apple mobile devices that are intended to use their networks and test them in their intended environments that include using Macs with versions Apple deems necessary to properly fulfill new test products.

     *     *     *

日本語に関するバグフィックス

また同じ情報筋によれば、iOS 4.2 は先週火曜日に発表されるはずだったが、日本語を正しく表記できないバグが発見されたのでバグフィックスを余儀なくされたという。iOS 4.2 GM は当初10月26日に発表される予定だった。

As for iOS 4.2, our source reports that it was actually due last Tuesday but a bug was found that did not display Japanese characters properly and forced Apple to fix it. The iOS 4.2 GM was supposed to be released on October 26th.

     *     *     *

iOS 4.2 の発表もいよいよ秒読み段階・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

SDK.png

Dan Frommer[Silicon Alley Insider]が、iOS デベロッパの非公開サミットのウワサを伝えている。

Silicon Alley Insider: “Apple Hosting Secret iOS Developer Summit Next Week” by Dan Frommer: 27 October 2010

     *     *     *

iOS デベロッパサミット

業界情報筋によれば、来週カリフォルニアでアップルが iOS デベロッパのためのイベントを開催する予定だという。このイベントは来週の火曜日から3日間行なわれるらしい。

Apple is hosting an event for iOS developers in California next week, we’ve heard from an industry source. The event begins next Tuesday, and runs for three days, we’ve heard.

     *     *     *

iPhone Tech Talks みたいな?

公式の情報はなく詳細は不明だが、アップルが昨年行なった iPhone Tech Talks の内輪バージョンのようだ。

We are short on details, and we have not seen any public information about it, but it sounds like this will be a more intimate version of the iPhone Tech Talks that Apple hosted around the world last year.

今年は、デベロッパたちはアップルエンジニアから直接指導を受け、場合によっては開発の手助けも受けられるかもしれない。

This year, app publishers may get some extra face time with Apple engineers, and perhaps some hands-on development help.

     *     *     *

Android に対抗

App Store の iOS アプリの品質を高めることが主たる目的のようだ。ライバルであるグーグル Android プラットフォームがデベロッパにとって魅力的に見え、彼らの関心を惹き、投資が行なわれているまさにその時に行なわれるものだ。

The big idea, it seems, is an effort to improve the quality of iOS apps available in Apple’s App Store. This comes as Google’s rival Android platform continues to look better to developers, and receives more of their attention and investment.

     *     *     *

iOS のメジャーアップデートを控えて

タイミング的にもうなずける。アップルは来月メジャーアップデート iOS 4.2 を発表しようとしている。iOS 4.2 は iPad ソフトウェアが発表されて以来初めてのメジャーアップデートで、iPhone と iPad のソフトを初めて統一しようとするものだ。

The timing makes sense, as Apple is gearing up to release a major update to iOS next month, version 4.2, which will be the first big update to the iPad software since launch, and will bring both the iPhone and iPad under the same software version for the first time.

     *     *     *

まだ詳細は不明

なお、出席者は誰か、どの程度の規模か、どんなセッションがあるのか、またアップルがメディアに向けて iOS 4.2 の特別イベントを計画しているのかといったことはまだ分かっていない。メディアイベントが開催されれば、サミットで検討されたアプリのデモも当然含まれることになるものと思われる。

What we don’t know: Who’s attending, how big this event is, what sort of sessions will be held, and whether Apple will host any sort of media event for the iOS 4.2 launch, which could potentially include demos of some of the apps that were worked on at the summit.

     *     *     *

いよいよ iOS 4.2 発表への秒読みが始まった・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

モバイル OS の現況

Opennes

Smartphone OS “Openness Index

iPhone の登場によってにわかにモバイル OS が注目を集めている。

ノキアの Symbian 買収がそれに拍車を掛けている。

モバイル OS の全体像を得るのに大変時宜を得た記事がある。それもこなれた日本語で・・・

CrunchGear | The state of mobile OS openness
TechCrunch Japanese | オープンなモバイルOSの現況[satomi 訳]

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »