Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘mixi’

Firstsecondthird

日本ではふるわない Facebook/MySpace

アメリカでいいものは日本でもいいと簡単に考え勝ちだ。

しかし破竹の勢いで伸びる交流サイト(SNS)の Facebook や MySpace が日本ではふるわない。

サイトを全部日本語に置き換えればそれで済むわけではないのだと、ローカライズの仕方について鋭い指摘がある。

TechCrunch Japanese: “SNSの世界進出なぜMySpaceFacebookは日本でだめなのか” by Serkan Toto: 04 August 2008[hiwa 訳]
TechCrunch: “Taking social networks abroad – Why MySpace and Facebook are failing in Japan” by Serkan Toto: 03 August 2008

     *     *     *

アメリカのままでいいという思い上がり

日本の場合はとくに、社会的および文化的なギャップが大きい。この国の市場に進出するとき、FacebookやMySpaceのように”アメリカで良いものはどこの国でも良いはず”の態度では、つまずくのも当然。コミュニケーションがノンバーバル[非言語的]になりがちなのは、必ずしも古い世代の日本人だけではない。日本の社会は今でも、個人より共同体を重視する。また日本人の生活の中では、セキュリティが価値観の上位に置かれる。[hiwa 訳]

Societal and cultural gaps are particularly evident in the case of Japan. Market entry in this country with a “What works in the US must also work over there”-attitude is going awry for both Facebook and MySpace. It’s not a stereotype that communication tends to be nonverbal in Japan. The society generally puts more emphasis on the community rather than on the individual. Also, security plays a major role in many aspects of Japanese life.

このような文化的特性があるために、海外のSNSは日本の9千万人のWebユーザの心をつかめないのである。[hiwa 訳]

These cultural distinctions largely explain why social networks from abroad have a hard time winning over Japan’s 90 million web users.

     *     *     *

異文化に対する典型的な誤解の例

異文化に対する完全な誤解の例が、ここにある:Mark Zuckerbergは最近東京で、Facebookだけにしかないセールスポイントは、プロフィールで本名や写真を使えることだと言った。しかしFacebookのその機能は、まさに、日本人のWebユーザが避けようとすることなのだ。しかも日本人はすでに、信頼性の高い、招待方式のSNSを持っている…mixiだ。[hiwa 訳]

A perfect example of a cultural misconception:  Mark Zuckerberg recently said in Tokyo one of Facebook’s unique selling points is the usage of real names and photos in profiles. This may be true but it’s exactly what Japanese web users usually try to avoid. And they already have a high-trust, invitation-based social network anyway: Mixi.

     *     *     *

どれだけ本気か

Facebookの自由放任型のやり方には、問題が多い。翻訳の質はかなりシロウト的(少なくとも最初のバージョンでは)、まだMySpaceの日本人スタッフの仕事のほうがまし。また、説明がすべて英語なので、Facebookのアプリは英語に弱い日本人(ほとんどの日本人)にとって無意味。Facebookは、ユーザがアプリケーションを使いこなせなければ機能不全に陥る。[hiwa 訳]

Facebook’s hands-off approach especially leaves a lot to be desired. The quality of the site’s translation is amateurish in parts (at least in the initial version), a challenge MySpace’s local team was at least able to master. In addition, due to relatively weak English skills, most of the Facebook applications are pointless in the eyes of Japanese users. Without apps that make sense, Facebook is crippled.

それは、SNSのような複雑なWeb製品に関しても同じだ。その背後にいる企業が、どれだけ本気か。今のところFacebookとMySpaceは(後者はややましだが)、日本市場に投入している人的資源が少なすぎる。しかしそのような遠隔経営は多くの場合、島国日本では消費者も業界も真剣に対応してくれない…自分たちが市場としてあまり重視されていないと彼らは理解する。[hiwa 訳]

The same is true for complex web products such as a social network – if the company behind it really means it. Currently it seems Facebook and (to a lesser degree) MySpace chose to start working the Japanese market with a minimum of resources. But in most cases, remote management is perceived in insular Japan as second-rate treatment.

     *     *     *

そのほかにも、一億総ブログ狂の日本なのにブログ機能がない、日本の携帯電話用に最適化されたバージョンを提供していない、日本企業との提携が検討されていない、といった問題点も指摘している。

日本市場に関心を持つ国外の読者にとっても、また国内の読者が日本の特異性を知る上でも、得るところの多い記事だと思う。

「ヘンな日本」を喧伝する記事が増えた中で、日本の実情を踏まえ、キチンと英語で発信してくれるレポーターの存在は大変貴重だと思う。日本在住の「ガイジン」Serkan Toto 氏の努力を多としたい。

原文を見る

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »