Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mike Elgan’


[狙われたのは誰?:image

Mike Elgan の 2011 年タブレット総括がオモシロい。

iPad が予想以上の成功を収めたことで類似製品は死屍累々。消費者を除けばみんなが iPad を嫌うようになったという。

Cult of Mac: “Why the iPad Is the Most Hated Gadget Ever” by Mike Elgan: 17 December 2011

     *     *     *

ライバルメーカーは iPad がキライだ

Why Tablet Competitors Hate the iPad

スマートフォンの場合と同じようにタブレットコンピューティングの時代が幕を開けると期待したライバルメーカーにとって事態はそうではなかった。

最初の犠牲者は TouchPad を出した HP。結局 WebOS ハードウェアの製造中止を宣言。思ったほど売れず、在庫整理のために叩き売りを強いられた。次の犠牲者は RIM の BlackBerry PlayBook だ。売れ行きがのびず、遂には在庫整理のために値引き販売に追い込まれる始末。

さらに拍車をかけたのがアマゾンの Kindle Fire だ。アマゾン商品が売れることで元をとれればいいとコスト割れで売られた結果、Android タブレットのシェアは減り、消費者がタブレットに払ってもいいと考える価格も下落した。

小売り店には売れ残りの山。値下げ競争のドミノ効果が次々とほかのメーカーへ及ぶ。大量虐殺の始まりだ。

だから家電業界は iPad がキライだ。

     *     *     *

垂直マーケットも iPad がキライ

Why Vertical Tablet Makers Hate the iPad

タブレットには数多くの垂直マーケットが存在していた。

Tablets have been around for many years in various vertical industries.

航空業界には「電子フライトバッグ」と呼ばれるものがある。複数のメーカーが高価で特化したタブレットを販売して、航行に必要な各種ツールやチャートを紙媒体に代わる電子媒体としてプロやアマチュアのパイロット向けに提供している。

The aviation industry offers something called the “electronic flight bag.” Several companies have sold expensive, dedicated tablets that give both professional and private pilots a variety of tools and charts necessary for aviation, as electronic replacements for the paper resources that used to be standard.

しかし iPad はこの業界を破壊しつつある。iPad はハードウェアとして優れ、インターフェイスもはるかによく、価格も大幅に安い。しかもそれ以外の用途にも使えるのに対し、パイロット向けのツールはそれだけの用途しか出来ない。

But the iPad is destroying that industry. The iPad hardware is much better. The interface is much better. iPads are far less expensive. And they can be used for other things. Pilot tools are provided as simple apps.

だから電子フライトバッグ業界は iPad がキライだ。

The electronic flight bag industry hates the iPad.

同じことが医療、小売りなど多くの業界で起きている。すべてが順調に進んでいたところへ、降って沸いたように iPad が現われ、彼らの期待を裏切り、収益すら破壊した。

The same thing goes for a large number of industries, such as medicine, retail and many others. Everything was going fine. And now the iPad comes out of nowhere to destroy their expectations — and their revenue.

     *     *     *

オモチャ業界も iPad がキライ

Why The Toy Industry Hates the iPad

今年のクリスマスプレゼントに欲しがるもののナンバーワンは iPad だ。

The number one most requested toy for Christmas this year is the iPad.

子供へのギフトとして親にも人気がある。

And it’s also popular among parents as a gift for their children.

しかしオモチャ業界はそれを嫌うのだ。 iPad が単に一種類のオモチャに取って代わるだけでなく、何千というオモチャの代わりになるからだ。

And boy does the toy industry hate that. The reason is that the iPad replaces not a single toy type, but thousands of them.

アプリのおかでげ iPad がすべての種類のオモチャの代わりになるので親が他に買い与える必要がない。iPad のおかげでオモチャに投じられたかもしれないカネが奪われ、加えてゲームやコンテンツ、塗り絵などに使われたかもしれないカネをアプリが奪うのだ。

Apps make the iPad a replacement for all kinds of toys that parents now don’t have to buy. So the hardware takes away money that would have been spent on toys, then the apps take away money that parents would later spend on games, content, coloring books and so on.

     *     *     *

PC 業界も iPad がキライ

Why the PC Industry Hates the iPad

3年前は小型ネットブックがホットだった。多くの PC メーカーがネットブックの収入に頼った。しかしそれも次第にむずかしくなっている。

One of the hottest segments three years ago was the tiny netbook. Many PC companies are still relying on netbook revenue. But, increasingly, they can’t.

昨日デルはネットブックの製造中止を発表した。明らかに iPad の方が代替品として魅力的なのだ。デルには MacBook Air に対するウルトラポータブルを出す計画があるが、その成功を祈りたい。

Dell announced yesterday, for example, that it plans to discontinue consumer netbooks. Apparently iPads are too compelling an alternative. Instead, Dell plans to aggressively pursue ultra-portables that compete with the MacBook Air. Good luck with that.

一方デルなど PC 世界にとってはより大きな問題がある。iPad をフルサイズのラップトップやデスクトップの代わりに使う動きが出始めたことだ。

Meanwhile, the Dells of the world have a bigger problem, which is that some people are using their iPad as an alternative to a full-size laptop or desktop.

元 PC World の編集長で現在の Technologizer のライター Harry McCracken は、先週 iPad 2 が彼のお気に入りのコンピュータになってきていると書いた。McCracken いわく、「iPad をプロレベルのコンテンツ製作のメインコンピュータとして使うことは可能だと思う。もっといえば、可能だと確信する。なぜならこの3か月間使ってみて、実にスムーズだからだ。」

Former PC World Editor-in-Chief and current Technologizer writer Harry McCracken said last week that the iPad 2 has become his favorite computer. McCracken wrote: “I think it’s possible to use an iPad as one’s primary device for professional-level content creation. Actually, scratch that. I’m positive it’s possible — because I’ve been doing it for the past three months, and I’ve been having a really good time.”

iPad をメインコンピュータとして使うひとの数はまだ少ないが確実に増えつつある。

The number of people who favor an iPad as their main computing environment is small but growing.

だから PC 業界は iPad がキライなのだ。

And the PC industry hates that.

     *     *     *

アマゾンだってもうすぐ iPad がキライになる

Why Amazon Will Soon Hate the iPad

唯一成功しているのはアマゾンの Kindle Fire だけだ。

The Amazon Kindle Fire is the only non-iPad touch tablet currently succeeding in the market.

主たる理由はその価格だ。200 ドルは iPad の半分以下だ。

The main reason is price. At $200, it’s far less than half the price of the iPad.

他の理由は、アマゾンに特化した無料のクラウドサービスやアマゾンのコンテンツやショッピングに簡単にアクセスできるからだ。

The other reason is that people like Amazon-specific goodies like free cloud service and easy access to Amazon content and shopping.

しかし最大の理由はその低価格だ。

But mostly it’s the price.

またこの数週間で Kindle Fire がクズみたいな製品であることが明らかになってきた。

It has also become clear in recent weeks that the Kindle Fire is a piece of crap.

このタブレットには物理的音量ボタンがない。プライバシーもセキュリティも、パレンタルコントロールもない。ださいユーザーインターフェイス、少ないストレージ、Android の古いバージョン、などなどたくさん問題がある

The tablet has no physical volume buttons; no privacy, security or parental controls to speak of; a clunky user interface; not enough storage; an old version of Android; and a host of other problems.

Steve Jobs がかつてネットブックに対していったことがアマゾンの Kindle Fire にも当てはまる。Kindle Fire が問題なのは他よりいい製品とはとてもいえないことだ。単に安いだけなのだと。

The Amazon Kindle Fire fits the description Steve Jobs once gave for the netbook. The problem with the Kindle Fire is that it’s not better than anything. It’s just cheap.

Kindle Fire が iPad より安い理由は2つある。第1にアマゾンは損を出しながら売っているが、アップルは iPad 1台ごとに大きな利益を出している。第2に、iPad は10インチスクリーンだが Kindle Fire は7インチであることだ。デバイスが小さければ、スクリーンも、バッテリーも、他の部品も安くで済む。

The Kindle Fire is far less expensive than the iPad for two reasons. First, Amazon is selling it at a loss, while Apple makes a huge profit on every iPad. But second, the Kindle Fire is a 7-inch screen device and the iPad is a nearly 10-inch one. The screen, the battery, some electronics and some materials are far cheaper on a smaller device.

アップルが iPod Touch を 7.85 インチ iPad でリプレースするというウワサが出てきた。それなりの信憑性がありそうだ。アップルがそうしても完全に理にかなうと思う。

Now there’s a rumor that Apple plans to replace the iPod Touch with a 7.85-inch iPad. The rumor looks as solid as such rumors get. Plus it makes perfect sense for Apple to do this.

アップルの規模の経済を考えると、ウワサの iPad をアップルなら現行の iPod Touch と同じ値段、すなわち 199 ドルで売ることもできるだろう。それはとりもなおさずアマゾンの Kindle Fire と同じ価格になる。

Given Apple’s economies of scale, it’s likely that Apple could sell the iPad at the same price as the current iPod Touch — $199 — which is also, of course, the same price as the Amazon Kindle Fire.

かかる製品を発表するだけで直ちに Kindle Fire に痛撃を与えるだろう。同じ価格で Infinity M37[日産のハイブリッド高級車]を買えるのに Smart ForTwo カー[2人乗りの低価格車]を買うバカがいるだろうか。

Merely announcing such a product would immediately hammer Kindle Fire sales. And actually shipping it would be devastating. Why would you buy a Smart ForTwo car if you could buy an Infinity M37 for the same price?

     *     *     *

誰にも止められない

消費者は iPad が好きだ。しかしその空前の成功が不要になった製品を、製品カテゴリーを、メーカーを、そして業界全体を崩壊させる。誰にもそれを止められない。家電製品の歴史の中でたったひとつの製品がこれほど愛され、これほど憎まれたことはない。

Consumers love the iPad. But the unprecedented success of the iPad is laying waste to products, product categories, companies and even entire industries, and nobody can stop it. Never before in the history of consumer electronics has a single product earned so much love – and so much hate.

     *     *     *

iPad のもたらした被害は想像以上に甚大ということか。

だからといって iPad がすべて悪いといわれても・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:アマゾンがスマートフォンに手を出したら》
Update:鳥小屋に入ってきたキツネ》


[Amazon Appstore for Android:image

Marco Arment がこんどはアマゾン Appstore について注目すべき発言をしている。

Marco.org: “Amazon will take over Android app distribution” by Marco Arment: 22 November 2011

     *     *     *

Kindle Fire が売れたら・・・

Kindle Fire が非常によく売れると仮定してみよう。改善すべき部分が多々あるとしてもだ。

Assume the Kindle Fire will sell very well, even though it needs a lot of help.

     *     *     *

唯一の方法

ほとんどの Kindle Fire ユーザーにとってアプリをインストールする唯一の方法はアマゾンの Appstore for Android を利用することだ。Fire には Google Market が搭載されていないし、ほとんどのユーザーはハッキングやサイドローディング[side-load:コンテンツをローカルデバイス同士でやり取りする]ができるほど精通してもいなければその気もないだろうから。

The only way most Kindle Fire owners are going to be installing apps is from the Amazon Appstore for Android. The Fire doesn’t ship with Google Market and most buyers won’t be savvy or motivated enough to hack it or side-load anything.

     *     *     *

Android デベロッパにとっても問題

いわばアップルの App Store が iOS デバイスだけにロックされているのと同じ状態だ。たぶんとても人気がでると思われるこの Android デバイス[Kindle Fire]にとって、アマゾン Appstore は唯一の存在だ。したがって、ほとんどの Android デベロッパにとって、彼らのアプリがアマゾンの Appstore で利用できるようにしておくことが必須なのだ。

It’s similar to Apple’s App Store lockdown on iOS devices: the Amazon Appstore is the only game in town on this probably-soon-to-be-very-popular Android device. Most Android developers, therefore, need to ensure that their app is available in the Amazon Appstore.

     *     *     *

アマゾンはアップルよりしんどい

アマゾンはこれまでデベロッパに対し友好的ではなかった。(その意味では出版社に対しても同じだが。)いろんな点で、デベロッパがアマゾンを相手にするのはアップルを相手にするのよりしんどい。アマゾン Appstore にアプリを出すためには、アップルの場合以上に多くのコントロールを諦めなければならない。自ら価格を設定することもできなければ、自分のアプリについて説明することも諦めなければならない。これに比べれば、アップルの方が「オープン」といってもいいほどだ・・・

So far, Amazon has not been great to developers. (Or book publishers, for that matter.) By most accounts, dealing with Amazon is actually much worse for developers than dealing with Apple. By putting your app in the Amazon Appstore, you’re giving up a lot more control than Apple asks of us: you’re giving up the ability to set your own price and control your app’s description, among many other restrictions. By comparison, it makes Apple look almost… open.

     *     *     *

姿が見えなくなる

Android プラットフォームの最大のウリは「オープンな」Android Market だが、タブレットは外れており、ほとんど無関係といってもよかった。もしも Fire がその販売目標を達成できれば、Android アプリの小売りチャンネルはアマゾンによって長期にわたってハイジャックされることになる。Android タブレットのソフトの大部分はアマゾン Appstore を通じて売られることになり、アプリがそこに出ていなければ、Android タブレットのユーザーには文字通り姿が見えなくなる。

One of the biggest draws to the Android platform, the “open” Android Market, has just been sidestepped and made largely irrelevant for tablets. If the Fire sells anywhere near its target volumes, Amazon has hijacked the Android app retail channel for the long term: most sales of Android tablet software will be through the Amazon Appstore, and if your app isn’t there, it’s effectively invisible to the Android tablet userbase.

     *     *     *

Android フォンの場合は?

この影響がより規模の大きい Android フォンマーケットに及ぶのにどのくらいの時間がかかるだろうか? それには大規模端末メーカーのどこか一社がアマゾンとある契約を結ぶだけでいい。一定期間そのメーカーの電話機すべてに、アマゾン Appstore の方がグーグルの Android Market より目立つ形になるようにあらかじめしておけばいいのだ。アマゾンは小売りビジネスを熟知している。これぞ彼らのビジネスであり、得意中の得意なのだ。

How long will it be before this effect spreads to the much larger Android-phone market? All it would take is a deal between Amazon and one of the big handset manufacturers to preload the Amazon Appstore, placed more prominently than Google’s Android Market, on all of their phones for a little while. Amazon knows how to play the retail game — it’s their business, and they’re incredibly good at it.

     *     *     *

ゲイトキーパーになったアマゾン

オープンソースのコードベースからグーグルアプリを除いたもの — それが Android の真にオープンな部分なのだが — それは、市場に参入し、効果的に閉じ、遂には自らをゲイトキーパー(門番)とする強大な力を特定の会社に与えた。そしてゲイトキーパーとして見れば、アップルの方がよっぽど慈悲深く見えるほどだ。

A truly open facet of Android — the open-source codebase, minus Google’s apps — has enabled one company with a strong market position to step in, effectively close it, and make themselves the gatekeeper. And as gatekeepers go, Apple looks quite benevolent by comparison.

     *     *     *

デベロッパの目からみると、アマゾンはなかなか手強い相手らしい。

自前のデジタルエコシステムを持たないものにとって、これからの未来は厳しいものになりそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》鳥小屋に入ってきたキツネ(11月25日)

アマゾンが Android エコシステムだけでなく、グーグルそのものを窒息死させるかもしれないという刺激的な記事がある。

日本語訳がすばらしいので、ぜひお読みください。

・インターネットコム: “Amazon は Google をカモにしようとしている“: 24 November 2011
・Datamation: “How Amazon Is Making a Sucker Out of Google” by Mike Elgan: 23 November 2011

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アマゾンがスマートフォンに手を出したら(11月26日)


[Android-powered Amazon Blaze:image

Kindle Fire のウリはなんといっても 199 ドルという超低価格にある。

そのアマゾンがスマートフォンにも手を出すというウワサに、Jean-Louis Gassée がオモシロいことをいっている。

Monday Note: “The Apple Wireless Carrier (Part 2)” by Jean-Louis Gassée: 20 November 2011

     *     *     *

グーグルの支配が及ばない仕掛け

アマゾンがスマートフォンを来年末に出すかもしれないという刺激的なウワサが先週あった。最初は非現実的だと思ったが、手元の新しい Kindle Fire が Android のロックを実にうまく利用しているのを見て考えた。アマゾンは Android Open Source コードを利用して、それに自らのユーザーインターフェイスやアプリ、サービス、app store などを付け加えた。出来上がったのは「非公式な」Android デバイスだ。一切グーグルの支配が及ばず、トロイの木馬アプリも存在しない。さらには、アマゾンのブラウザとグーグルのサーチエンジンの間に間隙を設けることによって、Bezos &カンパニーは、味方でもあり敵でもあるマウンテンビューの会社に一切知られることなくユーザーデータを蓄積することができるのだ。それではこの新しく開発したやり方をアマゾンのスマートフォンに適用したらどうなる?

Last week, we heard a titillating rumor: an Amazon smartphone would come out late next year. At first, I dismissed it as unrealistic. Then, I looked at my brand new Kindle Fire and marveled again at the way Amazon “picked Android’s lock”. The company took the Android Open Source code, added its own UI, applications, services and app store. The result is an ‘‘unofficial” Android device without any Google control on it, without the Trojan Horse apps. Further, by slotting its own browser between the Amazon customer and the Google search engine, Bezos & Co. keep accumulating user data without sharing any of it with their Mountain View frenemies. Why not apply this newly developed arrangement to an Amazon smartphone?

     *     *     *

キャリアのインフラに乗っかる

また、Kindle にデータを集めるため、アマゾンが Whispernet を開発していたことにも改めて気付いた。これは他のキャリアのインフラを利用する 3G ネットワークだが、これって MVNO[Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者]の一種じゃないか?

I also realized that, in order to feed data to its Kindles, Amazon developed Whispernet, a 3G network riding other carriers‘ infrastructure — which sounds like an MVNO of sorts.

     *     *     *

超低価格

原価ないしちょっと損するぐらいの価格で Kindle Fire が売られていることを知っている。それによってアマゾン本来のビジネス(物品やコンテンツ販売)が爆発的に伸びるからだ。もしアマゾンがスマートフォン(ハードウェア + MVNO 契約)を出すとしたら、価格だって同じような考えで設定されることだろう

We know the Kindle Fire model of being sold at cost or at a small loss because it boosts the company’s real business: selling things and content. The hypothetical Amazon smartphone (hardware + MVNO contract) would be priced in the same spirit.

     *     *     *

どうやらアマゾンの影響は果てしなく及びそうだ・・・

Read Full Post »