Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mercedes-Benz Research & Development’

AR-301189977.jpg&MaxW=620&v=201405231302

[ドライバーのいらないグーグルの自動運転車:image

アップルの「Titan」プロジェクトのスクープがあったばかりだが、ドイツ発のロイターのニュースが興味深い。

アップルが自動運転車の研究に着手したという話だ。

Apple studies self-driving car, auto industry source says | Reuters

     *     *     *

自動車そのものを

テクノロジー巨大企業のアップルはモバイルデバイスだけでなく、自動運転電気自動車の製造方法についても研究を開始し、自動車メーカーや自動車部品メーカーの専門家と話し合いを始めた、とその話し合いに詳しい自動車業界の幹部が土曜日に語った。

(Reuters) – Technology giant Apple (AAPL.O) is looking beyond mobile devices to learn how to make a self-driving electric car, and is talking to experts at carmakers and automotive suppliers, a senior auto industry source familiar with the discussions said on Saturday.

電話やコンピュータだけでなく、時計まで出そうとしているクパティーノのメーカーは、自動車ソフトや個別部品のデザインだけでなく自動車そのものの製造方法も研究している、と自動車業界のソースは語る。

The Cupertino, California-based maker of phones, computers and, soon, watches is exploring how to make an entire vehicle, not just designing automotive software or individual components, the auto industry source said.

匿名希望のこのソースは、「アップルは自動車メーカーらかの助けは必要としていないようだ」という。

“They don’t appear to want a lot of help from carmakers,” said the source, who declined to be named.

     *     *     *

電気自動車やコネクティッド・カーが中心

アップルは部品や製造方法についてのアドバイスを求めており、とくに電気自動車やネット接続型のコネクティッド・カー(connected-car)の技術に焦点を絞っているとこの情報筋は語る。

Apple is gathering advice on parts and production methods, focusing on electric and connected-car technologies, while studying the potential for automated driving, the source said.

「全自動運転は進化だ。自動車メーカーは徐々に自動運転のマーケットを構築しようとしている。まず最初はコネクティッド・カーや部分的に自動化した自動運転車をリリースするのだ」と自動車業界のソースはいう。「アップルは車を進化させるすべての可能性に興味を持っている。それには自動運転も含まれている。」

“Fully automated driving is an evolution. Carmakers will slowly build the market for autonomous cars by first releasing connected and partially automated cars,” the auto industry source said. “Apple is interested in all the potential ways you can evolve the car; that includes autonomous driving.”

アップルが実際に電気自動車やもっと進化した自動運転車を製造、リリースするかどうは分からないとこのソースはいう。

Whether it will build and release an electric car or a more evolved autonomous vehicle remains to be seen, the source said.

     *     *     *

ソフトウェアがすべて

自動車そのものを作る他にもカネを稼ぐ方法としては、自動走行のためのソフトウェアや、さらには地図作製、カーシェアリング、充電サービスのような自動運転関連サービスなどがあるというのが自動車業界の話だ。

Short of building entire cars, there is money to be made from the software to run a self-driving vehicle, as well as the services associated with autonomous driving, such as mapping, car-sharing and car recharging services, the auto source said.

「要はソフトウェアのゲームだ。自動運転がすべてなのだ」とそのソースはいう。

“It’s a software game. It’s all about autonomous driving,” the industry source said.

     *     *     *

今回のニュースがドイツ発というところが興味深い。

ジョブズが存命中の 2007 年、フォルクスワーゲンのトップがクパティーノに会いにきたときは「iCar」が共同開発されるのではないかと大いに沸いたものだった。このときは BMW やメルセデス・ベンツといったドイツメーカーの名前も上がっていた。

つい先頃は、メルセデス・ベンツの北米開発責任者 Johann Jungwirth がアップルに引き抜かれたというニュースが流れたばかりだ。

Johann Jungwirth のビデオを見ると、メルセデス・ベンツが開発している自動運転技術の一端が垣間見えて興味深い。

     *     *     *

ただアップルの取り組み方が自動車全般に及んでいるのをみると、モノ作りの心構えを説いた Jony Ive のことばが思い出される。

「結局なぜそれを作るかという動機と意味付けに立ち戻るのです。最初になすべきは直ちに取りかかることではなく、まずガラスとは何であるか、ガラスで何が出来るかを理解することなのです。なのに何故ガラスコップのレンダリングという実体ではないエイリアスから始めるのでしょうか?」

そもそも自動車とは何かということから始めよというワケだろう。

Apple Watch のときも Jony Ive は、時計の歴史まで遡り、手首こそ最適の場所と確信して、ついにはパリの高級ファッションブティックで披露するまでに「3年もの間こんなことをやっていたなんて信じられない」 と語るほど時間が経ったのだ。

「Titan」プロジェクトのゴーサインが1年前に出たとすると、何らかの製品(未来の車?)として結実するまでには何年もかかることになりそうだ。

今のところは開発中の新製品(new products in the pipeline)のひとつと考えておくだけでいいのかもしれない・・・

Read Full Post »

150210_apple_mystery_van1

[アップルのミステリーカー:MacDailyNews

WSJ の若林大介記者のスクープ。

先発メーカーに対抗してアップルが電気自動車に狙いを定めたらしい・・・

Apple’s Titan Car Project to Challenge Tesla | WSJ
[WSJ は有料講読制なので、以下は The Loop から]

     *     *     *

「タイタン」プロジェクト

アップルではアップルブランドの電気自動車を製造すべく数百人の従業員が密かに作業中だ、と事情に詳しいソース(複数)は語る。コード名「タイタン」(Titan)というこのプロジェクトは、当初ミニバンに似たデザインをしていたとソースのひとりはいう。

The Cupertino, Calif., company has several hundred employees working secretly toward creating an Apple-branded electric vehicle, according to people familiar with the matter. The project, code-named “Titan,” initially is working on the design of a vehicle that resembles a minivan, one of the people said.

     *     *     *

1年前にゴーサイン

この自動車プロジェクトにクック氏がゴーサインを出したのは1年近く前のことだ。プロジェクトグループのトップにはプロダクトデザインのベテラン Steve Zadesky 副社長[こちらも]が任命された、と事情に詳しい複数のソースは語る。Zadesky 氏は Ford の元エンジニアで、これまでも iPod や iPhone を作ったアップルチームをリードしてきた。

Mr. Cook approved the car project almost a year ago and assigned veteran product design Vice President Steve Zadesky to lead the group, the people familiar with the matter said. Mr. Zadesky is a former Ford engineer who helped lead the Apple teams that created the iPod and iPhone.

     *     *     *

千人規模の研究チーム

Zadesky 氏は千人規模のチームを結成する許可を得ており、アップル社内の様々な部門から従業員を引き抜いたと、ソースのひとりは語る。アップル本社から数マイル離れた秘密の場所で働く作業チームは、ロボット工学や、自動車製造のための様々な金属や素材の研究にあたっている、とこのソースは語る。

Mr. Zadesky was given permission to create a 1,000-person team and poach employees from different parts of the company, one of the people familiar with the matter said. Working from a private location a few miles from Apple’s corporate headquarters in Cupertino, the team is researching different types of robotics, metals and materials consistent with automobile manufacturing, the people said.

     *     *     *

巨額の初期費用

自動車製造は極めてカネのかかるビジネスだ。工場ひとつ建てるだけでもゆうに10億ドルを超え、さらには1万以上の自動車部品を製造する巨大なサプライチェーンが必要だ。昨秋電気自動車 Model S セダンの増産に苦慮していた Tesla の CEO Elon Musk は、自動車製造は「ほんとに難しい」とこぼしたほどだ。

Manufacturing a car is enormously expensive. A single plant usually costs well over $1 billion and requires a massive supply chain to produce the more than 10,000 components in a car. Elon Musk , chief executive of electric-car maker Tesla, complained last fall that it is “really hard” to make a car amid the company’s struggle to ramp up production of its Model S sedan.

参入を狙うライバルにとって巨額の費用は大きなハードルだ。しかし昨年末の現金保有高 1780 億ドルのアップルにとってはさして問題にはなるまい。

The expense is a barrier to entry to many potential competitors, but would be less of a hurdle for Apple, which reported holding $178 billion in cash as of Dec. 27, 2014.

     *     *     *

折しも Tesla との人材引き抜き合戦が話題になったばかりだ。

新しく Mercedes-Benz Research & Development の CEO Johann Jungwirth がアップルに採用されたという話もある。

またアップルのものらしい自動車[冒頭写真]があちこちで散見されるようになったというウワサもある。

アップルの自動車への取り組みはどうやら本物らしい。

それにしても数百人規模、千人規模の研究チームとはスゴい!

果たしてアップルは自動車製造そのものに手を染めるつもりなのか、それとも自動車関連の新しい何かなのか?

オモシロいことになってきた・・・

Read Full Post »