Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Media’

4FUTURETENSE-articleLarge

The Unending Anxiety of an ICYMI World | NYTimes.com

Pre-Internet, we accepted that media had a mayfly’s life span: Yesterday’s news was yesterday’s news, and that was it. If you were the creator of it, you made peace with the notion that people either saw it or didn’t when it appeared, and you moved on; there was no alternative.

If it lingered in the public consciousness, it was because of its durability, not repeated reminders. Content had finite endings and deaths, not asymptotic approaches and long-term vegetative states from which resuscitation is always an option.

広告

Read Full Post »

cottonjobs

[常にジョブズに付き従っていた Katie Cotton:9to5Mac

アップルの情報操作の舞台裏を扱った Mark Gurman の記事は具体例に富んでいてじつにオモシロい。

アップルごひいきのライターで、当ブログでも頼りにしている Jim Dalrymple に関する辛辣な指摘はなかなかのものだ。

     *     *     *

果たして偶然か

アップルはイベントの招待状を、特別なゲスト、限られたアップルの従業員、ブルームバーク、 NY タイムズ、ロイター、WSJ などメジャーな報道機関、それに加えて Daring Fireball の John Gruber や The Loop の Jim Dalrympleのような必ず前向きに取り上げてくれる少数のブロガーに対して送付する。アップルのことを最大書き立ててくれる連中には招待状の話が広がるように早めに情報を与える。例えば、アップルが最新の iPhone イベントについて発表したまさにその日、カナダのブロガー Jim Dalrymple はたまたまクパティーノに居合わせ、発表会場の Flint Center でアップルが建築中の構造物のスナップ写真を撮っていたが、これは偶然にしては出来過ぎている。

Apple sends out invitations to special guests, a small group of Apple employees, reporters from major news outlets including Bloomberg News, The New York Times, Reuters, and The Wall Street Journal, and a small group of reliably positive bloggers, including Daring Fireball’s John Gruber and The Loop’s Jim Dalrymple. Apple’s biggest boosters get early tips to expect and publicize the invitations; for instance, on the exact day Apple announced its latest event, Canadian blogger Dalrymple just happened to be in Cupertino, snapping photographs of a structure Apple was building for the event at the Flint Center. It’s difficult to just call that a coincidence.

     *     *     *

長年スティーブ・ジョブズに付き従ったアップル広報のトップ Katie Cotton の後任が誰になるのかみんなが注目している。

Katie Cotton の後任問題

Steve Dowling と Natalie Kerris は双方とも個人的に Katie Cotton の後がまに座るべく根回ししていると言われるが、アップルがその後任としてホワイトハウスの大統領報道官 Jay Carney を検討しているという最近の報道はその意味でも興味深い。常に信頼するに足る Re/code がこのポストに Carney がウワサされていると最初に書いたが、The Loop の Jim Dalrymple はそれを否定した。複数のソースによれば、Carney の話は正しくないと Dalrymple や他の記者に語ったのは Kerris だという。世界で最も重要かつ有名な広報官を退く Carney が複数の技術企業と折衝中ということであれば、アップルも何らかの形で検討しないのは無責任な話だろう。アップルの誰がその話を積極的に否定しようとしたのか不明だ。

Both Kerris and Dowling are said to be individually lobbying to take Cotton’s place, which makes recent reports about Apple’s consideration of former White House Press Secretary Jay Carney for the job all the more interesting. After the consistently-reliable Re/code first reported that Carney was “bandied” about in connection to the open Apple position, The Loop‘s Jim Dalrymple claimed that this was not true. Sources say that it was Kerris who told Dalrymple and other reporters that the claims of Carney’s consideration were false. Since Carney was exiting the world’s most important and high-profile PR job and in talks with multiple technology companies, Apple would be irresponsible to have not considered Carney in some capacity, so it’s unclear why anyone at the company would actively deny the report.

     *     *     *

アップル系ライターの大先輩にあたる Gruber や Dalrymple に対しても舌鋒鋭い。

噛み付き役の攻撃犬

メジャーなプレスの記者のひとりはアップルが Bloomberg や Time、WIRED のようなビッグネームと比べて注目度も低く読者数も少ない Gruber や Dalrymple に注力しているのはある意味驚くべきことだと語る。別の記者はアップルの攻撃犬の役割をして噛み付くブロガーのことばは広く伝わるので、トラフィック数がどうであれ彼らをハッピーにさせておきたいのだと素っ気なくいう。

One journalist from a major publication noted that Apple’s attention to Gruber and Dalrymple was somewhat surprising, given that their blogs hardly get as much attention or readership as bigger names such as Bloomberg, Time and WIRED. Another journalist noted dryly that the bloggers’ words are widely repeated when they serve as Apple’s attack dogs, so Apple keeps them happy, despite whatever their raw traffic numbers might be.

     *     *     *

大学生 Mark Gurman の筆は冴えているというか、アップル系ライターの大先輩たちに一矢放った形になっているのは皮肉。

考えてみれば自分もそんなライターの話を一生懸命追いかけている・・・

Read Full Post »

cottonjobs

Mark Gurman 渾身の記事

アップル系ニュースの舞台裏が興味深い

Seeing Through the Illusion: Understanding Apple’s Mastery of the Media | 9to5Mac

9to5Mac:Appleの広報活動を詳細に取材した長文記事を公開 | Macお宝鑑定団 blog

Mark Gurman についてはこちらも:

Apple can’t hide from a 20-year-old reporter | Columbia Journalism Review

Read Full Post »

[私はビットコインとは関係ない:YouTube

ナゾに包まれたビットコインの生みの親の素顔が明らかになったとき、これは世紀のスクープかと思われた。

全貌のフォローはとても困難だが、こんなときは短いつぶやきがなかなか参考になる。

いくつかの記事が出たときのツイッターの反応・・・

     *     *     *

◆「ビットコインの隠された顔」およびその続報「ニューズウィークはビットコインの記事を堅持」:Newsweek

The Face Behind Bitcoin | Newsweek
Newsweek’s Statement on the Bitcoin Story | Newsweek

Semil @semil

サトシ・ナカモトがホントにニューズウィークの記者に追いつめられたなんて思うのかい? 本気かよ。

Do you kids really think Satoshi Nakamoto would be hunted down by a Newsweek reporter? C’mon now.

Ben Smith @BuzzFeedBen

どうやってサトシ・ナカモトを見つけたかって? 電話帳からだってさ。なんと・・・

How to find Satoshi Nakamoto: The phone book. Wow.

Kevin Morris @kmmokai

ハッキリさせておくが、ニューズウィークが見つけたといういちばんの証拠は、彼の名前が実際にサトシ・ナカモトで、彼はチョー頭がいいと家族がいうことだけだ。

Just to clarify, the best evidence that Newsweek found is the guy’s name is actually Satoshi Nakamoto and his family says he’s super smart.

Startup L. Jackson @StartupLJackson

「サトシ・ナカモト」がホントにサトシ・ナカモトという名前の人物だと分かるまで記者たちは5年もかかったんだって。スゲエ。

It took reporters five years to figure out that “Satoshi Nakamoto” was actually a guy named Satoshi Nakamoto. Yeah.

naveen @naveen

「自分はギークだ。アイデアを考えたのがいいヤツか悪いヤツかなんて関係ない。アイデアはそれだけで自立している。」

“I am a geek. I don’t care if the idea came from a good person or an evil person. Ideas stand on their own.”

Ken Norton @kennethn

ニューズウィークはみんなに「この個人のプライバシーと人権を尊重してほしい」んだって。

Newsweek would like us all “to be respectful of the privacy and rights of the individuals involved.”

     *     *     *

◆「ビットコインを創設したといわれる人物はそれを否定」:AP

Man said to create bitcoin denies it | AP

Aaron Levie @levie

サトシ・ナカモト本人だと暴露されたその当人が、自分はそのサトシ・ナカモトではないと主張。これぞビットコインの世界・・・

So Satoshi Nakamoto, who was outed as *the* Satoshi Nakamoti, now claims he’s not *the* Satoshi Nakamoto. Just another day of Bitcoin.

Danny Sullivan @dannysullivan

ニューズウィークの記事の要約:死にかけていたニューズウィークがビットコイン発明者発見の記事を印刷してカムバック。150 年の歴史を持つ AP が追いつめた結果、「自分じゃない」と・・・

Bitcoin inventor summary: dead mag Newsweek comes back to print with claim to have found him; 150-year old AP hunts him down gets “not me”

Marc Andreessen @pmarca

自分の考えでは誰がサトシ・ナカモトであろうと関係ない。ビットコインのアイデアはそれ自体自立している。数式はそれ自体が自立、コードもまたそれ自体が自立している。

My view is that it doesn’t matter who Satoshi is. The ideas stand on their own, the math stands on its own, the code stands on its own.

Marc Andreessen @pmarca

自分が知っているビットコインの頭のいい連中はニューズウィークの記事が正しいと考えていないことには注意。(自分には分からないけれど。)

For what it’s worth, the smartest Bitcoin people I know don’t think that the Newsweek story is correct. (I myself don’t know.)

Quentin Hardy @qhardy

Mt. Gox のときのメディアの対応と同じになってきた・・・

This is turning into the Mt. Gox of journalism.

     *     *     *

◆「ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトを暴露したのは立派なジャーナリズム」および「ビットコインの生みの親とされる人物とのニューズウィークのインタビューについて詳報」:Forbes

The Outing of Bitcoin Creator Satoshi Nakamoto Is Important Journalism | Forbes
More Details On Newsweek Journalist’s Interview With Alleged Bitcoin Creator | Forbes

Mike Masnick @mmasnick

それじゃ尋ねるが、ニューズウィークのナカモト「暴露」でパニクった連中は、宝くじの当選者が報道されても同じようにカッカして追いかけるのか?

Question: for those freaking out about Newsweek “revealing” Nakamoto, are you similarly incensed when paper reports on big lottery winners?

Declan McCullagh @declanm

ニューズウィークがドリアン・ナカモトに接触したとき「テープレコーダーを持っていなかった」のはなんと残念なこと・・・

Unfortunate, that: Newsweek “doesn’t have a tape recording” of encounter with Dorian Nakamoto

     *     *     *

プライバシーを洗いざらい明らかにされたドリアン・サトシ・ナカモトは気の毒だ。

彼自身の語るビデオ[冒頭]を見ていると、どうなのかなあ・・・って感じになる。

事態はまだ進行中で、どちらに向かうか分からない・・・

Read Full Post »

Horace Dediu が興味深い問題提起をしている。

つぎの世界地図から何が読み取れるだろうかと・・・

asymcos: “The TV store” by Horace Dediu: 23 December 2011

     *     *     *

123 か国で iPhone が売られ、iTunes アプリが買える

つぎの地図は iTunes アプリが入手可能な国を示している。

The following map shows the countries where iTunes Apps are available.

全部で 123 か国。これはまた iPhone が入手可能な国の数でもある。

It represents 123 countries. It also shows where the iPhone is currently available.

     *     *     *

51 か国で iTunes の音楽が買える

次の地図は iTunes の音楽を購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes music can be purchased.

白地図の国では音楽は買えないが、アプリなら買える。音楽を購入できる国の数は 51 か国。アプリは買えるが音楽が買えない国の数は 72 か国。

The countries in white are countries where apps are available but music isn’t. There are 51 countries where you can buy music and 72 where you can buy apps but not music.

     *     *     *

6カ国で iTunes のテレビ番組が買える

つぎの地図は iTunes のテレビ番組が購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes TV shows can be purchased.

前の例と同じく、白地図の国ではテレビ番組は買えないがアプリなら買える。テレビ番組が購入できる国の数は6カ国。117 か国では音楽[テレビ番組?]は買えないがアプリは買える。

As in the previous chart, the countries in white are those where apps are available but TV shows aren’t. There are six countries where you can buy TV shows and 117 countries where you can buy apps but not music.

     *     *     *

ウイルスのように広がるアプリ

(iTunes の定義する)デジタル音楽が米国以外に広まったのは 2004 年からだ。その後7年かけてなんとか 50 か国まで広がった。テレビ番組についてはもっと時間がかかっている。6年かけても限られた数の国にしか広まらず、米国においてすら購入できるテレビ番組は制作される数のほんの一部に限られている。

Digital music (as iTunes defines it) started expanding outside the United States in 2004 and managed to reach these 50 other countries in seven years. TV shows took a much slower route. Not only has there been a limited selection of countries in six years of expansion but even the US, the programs available are a tiny subset of what is being produced.

テレビビジネスは音楽に比べて氷河のようにゆっくり動くのか、それともまったく動かないのか? いずれにせよ、「デジタルメディアとしてのアプリ」はウイルスのように確実に広がっている。

Is the TV business going to expand digital distribution at the glacial rate of music or not at all? In either case, the distribution of Apps as a digital medium is positively viral.

     *     *     *

音楽やテレビ番組そのものではなく、「デジタルメディアとしてのアプリ」に着目したらどうなるか。

Horace Dediu に触発された Erick Schonfeld の「Apps Are Media」[アプリはメディアである]がオモシロい。

アプリをデジタルメディアとして捉えれば、ウイルスのようにデジタル化が広がっていることがわかると。

     *     *     *

でも、どうせ日本では・・・と悲観的な反応も出てきそうな気がする。

映画とテレビは旧来メディア業界の最後の牙城だ。そう簡単には崩せまい。

メディア業界の競争はそう簡単にデジタル流通を許さないだろうというわけだ。

     *     *     *

もうひとつ気になる点がある。

日本特有の著作権制度だ。

林 伸夫氏の「iCloud、iTunes Matchは日本では実現不可能?」が示唆に富んでいる。

とくに事実上公開を不可能にする「著作隣接権」の話が気に懸かる。

著作隣接権の概念のない米国では著作権を所有する会社ないしは著作権保有者本人と交渉し、権利をクリアすればよい。ところが日本では、送信可能化権や複製権を主張できるのは楽曲の原著作権所有者だけではなく、演奏に関わった演者、歌手、制作会社、放送事業者など著作隣接権保有者も含まれる。・・・

     *     *     *

かつて外国人研修生用に現代日本の教材を作ったことがある。

敗戦直後の焦土や原子爆弾に関する映像資料は NHK はじめ公的資料をいくら探しても見つからなかった。ところが BBC の映像ライブラリーに日本の戦争や過去に関する映像が山ほどあるのを見つけて複雑な思いをした。

今考えれば、この背後にも日本特有の著作権制度があったのではないか思う。

歴史的事実に関する映像ですらそうなら、商業作品としてのテレビ番組や映画についてはほぼ絶望的ということになるのだろうか。

経済競争に負けるだけならともかく、法制度の面でもガラパゴス化するのではたまらない気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Is Steve Jobs dead?

夜中に目覚めたら、Twitter の異変に気がついた。

CBS が Steve Jobs 死亡の誤報を出したというツィートで溢れかえっている。

Mail Online: “‘Steve Jobs has passed away’: CBS network makes embarrassing error reporting Apple CEO’s death“: 10 September 2011

     *     *     *

今日 CBS News は Steve Jobs が死亡したという誤報を Twitter.com に載せた。

CBS News accidentally reported that Apple CEO Steve Jobs had died in a careless post on Twitter.com today.

Shira Lazar がホストする CBS 番組「What’s Trending」のアカウントが出所だ。「Steve Jobs が死亡したという知らせが入った。詳しくはアップデートを待って・・・」というツィートでインターネットは騒然となった。

An account tied to the U.S. network’s web series What’s Trending, hosted by Shira Lazar, sparked an internet firestorm with a post reading: ‘Reports say that Steve Jobs has passed away. Stay tuned for more updates’.

このツィートはすぐ削除されたが、多くのひとがリツィートしたので、今でも原文が読める。

The item was pulled almost immediately but the text can still be viewed on the website, because so many people retweeted it.


What’s Trending の謝罪文

ヘマした直後、謝罪文が現れた。

Moments after the gaffe, an apology appeared.

「Steve Jobs の死亡情報はまったく根拠のないものだ」と。

‘Reports of Steve Job’s (sic) death completely unconfirmed,’ it read.

このナゾに満ちたツィートは Jobs の健康状態に関する懸念に油を注いだ。アップル CEO は8月24日に彼がガレージで 1976 年に設立した会社から退任したばかりだった。

The cryptic post has fuelled speculation as to the state of Jobs’ health; the Apple CEO stepped down from the company he founded in his garage in 1976 on August 24,.

     *     *     *

ツィートはひっきりなしに交わされているものの、何が起きたのかという具体的情報はまったく分からない。

以前 Bloomberg が Steve Jobs の死亡記事を流したことがあった。

このときは予定原稿が誤って流れたものだった。(有名人については日頃予定原稿を準備しておくのがメディアの常。)

今回の原因となった知らせ(reports)がどのようなものだったのか、結局は分からずじまいでベッドに戻った。

とりあえず誤報でほっとしたが、改めて Jobs の健康回復を祈った・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple-tv-facetime.jpg

年末商戦の売れ行きを占う指標のひとつ・・・

Silicon Alley Insider: “Apple TV Is #13 Best-Selling Gadget At Amazon, Google TV Is #430” by Dan Frommer: 03 December 2010

     *     *     *

アマゾンの在庫に Apple TV が戻ってきた。第2世代セットトップボックス[STB:Set Top Box]の売れ筋ランキングは次のとおり:

Apple’s new Apple TV is back in stock at Amazon, so here’s an update on how the Set Top Box 2.0 gadgets are selling:

アマゾンの家電製品ベストセラー中、

Apple TV — 13 位

Roku — 23 位

Boxee Box — 185 位

Logitech Revue(Google TV) — 430 位

• Apple TV is #13 on Amazon’s list of the best-selling electronics

• Roku is #23

• Boxee Box is #185

• Logitech Revue (Google TV) is #430

もちろんこれは数あるセールスチャネルのひとつに過ぎない。数量やオフライン販売量などについては分からない。

To be sure, this is just one of many distribution channels for these gadgets, and doesn’t tell us much about specific unit sales, offline sales, etc.

しかしアップルがデバイス全体の中でどう頑張っているかを知ることの出来る場所でもある。なかなか興味深いし、方向性自体は間違っていないと思う。

But it’s the one place where we can get an apples-to-apples snapshot for how all of the devices are doing, so it’s pretty interesting, and probably is directionally correct.

     *     *     *

Apple TV はクリスマス商戦のダークホースか・・・

それにしても、Google TV はなかなか苦戦しているようだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »