Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Matthew Panzarino’

watch-orange1a

Matthew Panzarino の非常に示唆に富んだ考察。

The Apple Watch Is Time, Saved | TechCrunch

Apple Watch を実際に使ったひとたちから取材した Panzarino は iPhone を使う機会が減ったという話を何度も耳にしたという。

     *     *     *

電話を使わなくなった

Apple Watch を試したひとの話ではこれまでと比べて電話を使う回数がはるかに、極端なまでに減ったという。返事したり、手首を見たり(glance)、口述するのにタップするだけで済むのは、これまでの iPhone を取り出して、ロックを外し、容赦なく注意を向けることを迫ってきたやり方とは甚だしく異なる。

People that have worn the Watch say that they take their phones out of their pockets far, far less than they used to. A simple tap to reply or glance on the wrist or dictation is a massively different interaction model than pulling out an iPhone, unlocking it and being pulled into its merciless vortex of attention suck.

ほとんど日中は電話を使うのを辞めたとあるユーザーは語った。これまで取り出しては使っていたのに、もうそうしなくなったというのだ。スマートフォンスクリーンのブルーの輝きがこの10年というものソーシャルなやりとりを支配してきたことを考えるとこれは正気とは思えない事態だ。

One user told me that they nearly “stopped” using their phone during the day; they used to have it out and now they don’t, period. That’s insane when you think about how much the blue glow of smartphone screens has dominated our social interactions over the past decade.

     *     *     *

時間を取り戻す

スマートフォンを辞めてしまうというのではない。ファウストとの悪魔の契約はすでに結んでしまった。情報と通信の全宇宙にアクセスするため、つるつるのガラスの祭壇に我々の注意力(attention)という血を捧げるのだ。

You’re not going to give up your smartphone. That Faustian bargain has already been struck. We get access to an entire universe of information and communication and we sacrifice our bloody attention on its smooth glass altar.

しかし Apple Watch はその注意力の一部 — もっと重要には時間(time)そのもの — を取り戻してくれる。

But the Apple Watch can return some of that attention and, more importantly, time back to you.

Apple Watch を語るとき最も重要な尺度は取り戻される時間(time saved)なのだ。

This will be the Apple Watch metric to track: time saved.

     *     *     *

Apple Watch のマーケット

それが Apple Watch が狙うマーケットだ。リッチな連中でもなければ、テクノギークでも、熱烈なアップル信者でもない。時間を取り戻したいひとが対象なのだ。そしてそれは非常に大きいターゲットだ。

And that is the target market of the Apple Watch. Not “rich people” (though there’s a model specially for them), not “tech geeks” and not “Apple fanatics.” It’s people who want more time, and that is a very large target.

ある意味これがアップルがハッキリさせるのに困難を感じてきたことなのだ。これこそが Apple Watch を使う主たる目的だ。単なる「通知センター」ではない。これ以上余計なものに注意力を割かずに済むということなのだ。

This, for some reason, is the thing that Apple has had a hard time articulating. This is the primary use case of the Watch. It’s not just that it’s a “notification center”; it’s that it allows you to act without any additional distraction.

     *     *     *

いつの日か・・・

いつの日か Apple Watch は不可能を可能にするかもしれない。電話を使わなくても済むようになるかもしれないのだ・・・

Perhaps someday, the Apple Watch could do the impossible: it could make you stop using your phone.

     *     *     *

電話に奪われた個人の時間を取り戻すことこそ Apple Watch の狙いだという Panzarino の指摘はとても新鮮だ。

Apple Watch を「attention」(ユーザーにとって無限にあるわけではない注意力、意欲、エネルギー、なかんずく「時間」)という視点で捉えたのは彼が初めてではないかと思う。

この文章は、要約や一部ではなく、全体をとおして読むことをぜひお勧めする。

Read Full Post »

apple-watch-strap-011

[Apple Watch のバンドコネクター:9to5Mac

Matthew Panzarino[TechCrunch]のスクープ。

Would You Buy A ‘Smart Band’ For An Apple Watch? | TechCrunch

     *     *     *

Apple Watch には未発表のポートがある

Apple Watch に「スマート」アクセサリーがあったら余計にカネを出すだろうか。バッテリーを長持ちさせるといった新しい機能が加わるとしたら・・・

Would you shell out money for a ‘smart’ accessory band for an Apple Watch that added additional capabilities? More battery life, perhaps?

というのも Apple Watch には未発表のポートがあるからだ。Watch の OS に直接アクセスし、診断するのに使われる。いずれはアクセサリーの接続にも使われるかもしれない。

The reason I ask is that the Apple Watch has a port that the company has yet to show off. It’s being used for diagnostics and direct access to the Watch operating system, but it’s feasible that could be used to connect accessories in the future.

真ちゅうの6接点アレイポートで、時計下部のバンドコネクタースロット溝の内部にある。複数のソースがその存在と配置を私に確認してくれた。

The port has a 6-dot brass contact array inside the groove for the ‘bottom’ strap connector slot. Several sources have confirmed its existence and placement to me.

     *     *     *

一方 Jordan Kahn[9to5Mac]も・・・

Apple Watch has a Lightning port for development, but won’t when it ships | 9to5Mac

Lightning ポート

9to5Mac は、このポートがテスト用の Lightning ポートであり、顧客へ出荷される製品には含まれないことを複数のソースから確認した。

9to5Mac has learned from sources that the port, which is actually a Lightning port being used for testing, will not be included on the product shipping to customers.

     *     *     *

やっぱり Apple Watch はただの時計ではなさそうだ・・・

Read Full Post »

sad-apple-logo

[Apple is doomed:image

このところアップルに関するネガティブ報道が目に余るようになった。

長年アップル報道に携わってきた Matthew Panzarino がそんな報道のひとつを取り上げて批判している

Robot Tuxedo: “Did you know Apple pre-announced its iPad sales?” by Matthew Panzarino: 28 February 2013

     *     *     *

あるアナリストの予測

iPad の販売計画が事前にアップルから発表されていたことを知っていただろうか?

Did you know Apple pre-announced its iPad sales?

冗談だ。そんなことはない。

Just kidding. It does not.

にもかかわらず、だ。あるアナリストの iPad と iPad mini の 2013 年販売予測を使って複数のサイトが、マージンの高いフルサイズの iPad よりマージンの低い iPad mini の方が結局は多く売れることでアップルが心底驚くだろうといっている。

And yet! Several sites are using an analyst’s estimated split of iPad and iPad mini sales in 2013 to say that Apple is totally surprised that it could end up selling more of the lower-margin mini than it is the higher-margin full-size tablet.

     *     *     *

DisplaySearch の推測

これらの記事はすべて DisplaySearch の話に基づいたものだ。DisplaySearch からそのまま引用すると次のとおりだ。

The report the stories are using is from DisplaySearch. The full quote from DisplaySearch’s David Hseih is this:

「2013 年のアップルの販売計画では、iPad mini(7.9 インチ)を 4000 万台、iPad(9.7 インチ)を 6000 万台売り上げる計画だった。しかしながら現実はその逆で、iPad mini の方が iPad より人気がある。このためアップルは、2013 年の販売計画を iPad mini 5500 万台、iPad 3300 万台に修正したと我々は理解している。」

Apple had planned to sell 40M iPad minis (7.9”) and 60M iPads (9.7”) in 2013. However, the reality seems to be the reverse, as the iPad mini has been more popular than the iPad. We now understand that Apple may be planning to sell 55M iPad minis (7.9”) and 33M iPads (9.7”) in 2013.

     *     *     *

ひとつ問題がある

そいつはスゴい。ただしひとつ問題がある。どんなものであれアップルは決して「計画」を発表したことがないという点だ。それぞれのモデルの販売計画をアップルが持っていることは間違いないだろう。しかしそんな計画を公にすることは決してないのだ。実際、過剰な予測をしたがる向きに水を差すため、業績見通しを語るときにアップルは控え目な数字を出すようになってきている。

That’s great. Only one problem: Apple never announced any such plans of any sort. I’m sure that Apple planned to sell a certain amount of both models, but it never reveals those estimates publicly. In fact, it has become even more conservative in its forecast reporting in an endeavor to halt projection inflation.

     *     *     *

たったひとつの数字を基に

DisplaySearch は、特定の部品発注の比率が変わったことをベースにこれらの数字を推測した。実際のところ、この推測はたったひとつの部品(TFT LCD)の数字を基にしている。

DisplaySearch estimated those numbers from what it saw as a shift in a specific split of component orders. In fact, these estimates based on a single component (TFT LCDs).

     *     *     *

Tim Cook の反論

単一の部品(LCD ディスプレイ)の数字を基に iPhone 5 の生産量が減っているというウワサについて、アップルの Tim Cook は遠回しながら次のように述べている。

Apple CEO Tim Cook, obliquely referencing rumors of the iPhone 5 slowing production based on a single component (LCD displays):

     *     *     *

たったひとつのデータポイントでは代表できない

「ある特定のデータポイントが正確だとしても、それをもって私たちのビジネス全体を解釈することは不可能だということを強調しておきたいと思います。私たちのサプライチェーンは非常に複雑で、部品についても複数のソースがあります。イールド[yield:歩留まり]も違いますし・・・サプライヤーの能力も違います。途方もない数の事柄があり過ぎて、たったひとつのデータポイントで現実に起きていること全てを正しく代表させるのはとても難しいのです。」

I’d also stress that, even if a particular data point were to be factual, it would be impossible to interpret what that data point means to our business. Our supply chain is very complex and we have multiple sources for our components. Yields can vary…supplier performance can vary. There’s an inordinate list of things that would make any single data point not a great proxy for what’s going on.

     *     *     *

正直にいうべきだ

もしアップルの計画がひっくり返ったのだと「事実」としてズバリいいたいのなら、まずはその計画自体を知っていたことが先決だろう。単にこういう計画だろうと推測しているだけなら、正直にそういうべきだ。

If you’re going to flat out state, as a fact, that Apple’s plans are being upset, you should probably know what its plans were in the first place. If you’re going to guess what those plans are, just be honest and say so.

     *     *     *

たったひとつの「事実」をもって全体を推し量ることの難しさ・・・

すべては Tim Cook のことばに尽きている。

併せてまた Horace Dediu のことば(「バリューチェーンの遥か下流の日本の匿名のソースが、世界市場の消費動向について知っているという主張をサポートするものは何もない」)を思い起こす。

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »


[消えた YouTube アプリ:image

いくつかのサイト(Macrumors9to5Mac)が iOS 6 アップデートから YouTube アプリが消えると指摘したが、アップルは The Verge に対して次のような声明を出したという。

     *     *     *

YouTube アプリはライセンス切れ

YouTube アプリを iOS に組み込むライセンスは終了しました。顧客のユーザーは Safari ブラウザから YouTube を見ることができます。グーグルは App Store に出すべく YouTube アプリの新バージョンを準備中です。

Our license to include the YouTube app in iOS has ended, customers can use YouTube in the Safari browser and Google is working on a new YouTube app to be on the App Store.

     *     *     *

これは当然の成り行きだという Matthew Panzarino の解説がさもありなんと思わせてオモシロい・・・

The Next Web: “Why is Apple ditching the YouTube app from iOS 6? It’s about money and machismo” by Matthew Panzarino.: 06 August 2012

     *     *     *

・アップルにとってもはや必要なくなった

ネイティブ YouTube アプリは HTML5 互換ビデオを合法化するための手段だった。それをてこに使ってアップルは YouTube の全カタログを iPhone フレンドリーなビデオに転換させることができた。みんなもそれに従った。初期のころの iPhone ユーザーを思い出して欲しい。iPhone 登場時は全部のカタログが見れたワケではなかった。最近 YouTube を買収したグーグルは、すべてのビデオを HTML containers に置き換えることで数か月後に追いつくことができた。これが Flash ビデオが主流の座を逐われた大きな要因のひとつだった。いまや HTML5 互換 MP4 ビデオが標準になったので、アップルはネイティブ YouTube を iOS に組み込む必要がなくなったのだ。

– Apple doesn’t need it any more. The native YouTube app was an effort to legitimize HTML5-compatible video. Apple used it as leverage, got the entire YouTube catalog converted over to iPhone-friendly video and everyone else followed suit. If you were an iPhone user in the early days, you’ll remember that the entire catalog wasn’t available at launch. Google, who had recently purchased YouTube, started crunching through all of the videos, converting them over to HTML containers and caught up some months afterwards. This was a huge factor in the sidelining of Flash video. Now, HTML5-compatible MP4 video is the standard so Apple doesn’t need a native YouTube presence built into iOS any more.

     *     *     *

・グーグル外しが今年のテーマ

この数か月間数多くのソースから何度も耳にした話 — アップルは iOS から可能な限りグーグルの影響力を排除するだろうという話のことだ。一連の動きでアップル本社は明らかに「グーグル外し」を考えている。地図アプリでグーグルとがっぷり四つに組んだだけでなく、iPad mini やより廉価な iPhone をラインアップに加えることでギャップを埋めるという点もそうだ。かなり前からアップルはグーグルと袂(たもと)を分かつことを検討してきたが、Mountain Lion のビデオオプション(Vimeo は入っている)から YouTube を外したのは偶然ではない。

– This year is all about getting rid of Google. We’ve heard from numerous sources over the past several months that this year Apple is going all-out to remove Google’s influences from iOS as much as possible. There is a genuine ‘out to get Google’ mentality at Apple HQ this cycle. This includes combatting them head-to-head with apps like Maps and hitting the gaps in their product line like a smaller iPad mini and cheaper iPhones across the board. Apple has been working to divorce Google for some time, and the omission of YouTube from Mountain Lion’s video sharing options (which include Vimeo), was no accident.

     *     *     *

・グーグルにとっては頻繁なアップデートが容易になる

YouTube アプリは最初の iPhone で登場して以来、一部の例外を除きほとんど変わっていない。自らのアプリに対する支配力を取り戻すことによって、グーグルとしてはモバイルアプリにおいてもインターネット体験により徹底的にマッチした頻繁なアップデートを行なうことができるようになるだろう。

– Google will be able to push updates faster. The YouTube app has remained mostly static since its introduction on the first iPhone, with some small exceptions. By taking the reins of its own app, Google can iterate quickly and match the experience on the web and in its mobile app more thoroughly.

     *     *     *

・グーグルは広告でタップリと稼ごうとしている

グーグルが自前の YouTube アプリを開発するなら、YouTube サイトで見せたがっている Pre-Roll 広告[pre-roll ads:オンラインビデオコンテンツの前に挿入される広告]だけでなく、その他もろもろの広告をたっぷりと見せることができるようになるだろう。アップルのネイティブ YouTube アプリではこんな広告は決して見れないが、グーグルならどのモバイル機器でも見せられるようにしたいと思うだろう。グーグル収入の大部分は iOS デバイスの検索から生じるものだが、ここにもモバイル検索からタップリ稼げるすばらしいチャンスがあるのだ。だからこれでアップルの動きが終わるとは考えられない。かつて(2011年11月)私はその可能性について触れたことがある

– Google stands to make a ton of money from ads. If Google is developing its own YouTube app, it’s likely to be able to show the pre-roll ads and other types of advertising that it loves so much on its YouTube site. The native Apple YouTube app would never have shown ads like this, and Google would likely want to get those ads displaying on mobile everywhere. An enormous percentage of Google’s revenue comes from search on iOS devices and there is a fantastic opportunity here to cash in on mobile views. So don’t think that this was all Apple’s move. I mentioned ads as a motive back in November of 2011:

「ここ[ネイティブアプリ]でも広告がないことが、アップルにとってより魅力的な点だ。グーグルなら自らのウェブアプリで Pre-Roll 広告その他を見せることができるのだから。」

“Once again the lack of advertising here makes [the native app] a more attractive feature for Apple than it does for Google, who could play pre-roll ads and more via their web app.”

     *     *     *

ネイティブアプリより不利?

ただし、グーグルの YouTube アプリはアップルのネイティブアプリに比べて不利になるかもしれないという点は注意しておく必要がある。通常ユーザーを外のアプリに誘導するフック処理は Mobile Safari 再生時に行なわれ、初めからユーザーをアプリへ仕向けるワケではない。同じ問題は Chrome にも存在する。Chrome でも他のアプリへリンクして表示させることはできない。このため、かかるアプリは出荷時点から不利な状態に置かれる。だからグーグルは YouTube サイトを自らのアプリの URL スキームに特化したものに改良すると思われる。そうすれば、ユーザーを自らのアプリに誘導でき、この問題の一部が解決できるからだ。

Remember, though, that Google’s YouTube app will likely be at a disadvantage to Apple’s native one. The hooks that normally direct a user out to the app will now simply play in Mobile Safari, rather than bumping people out to the app. The same behavior exists with Chrome, which can’t grab links from other apps to display them. This will put the app at a major disadvantage right out of the gate. Google will likely revamp its site to specify its own app’s URL scheme, which could send the user out to its app, mitigating some of this behavior.

     *     *     *

次なる戦場は・・・

したがって YouTube アプリをめぐるすべては、未だ手つかずの視聴者マーケットに広告を投入したいというグーグルの欲求によるものだ。これに対してアップルは、出来る限り iOS プラットフォームからグーグルを閉め出そうと考える。次なる戦場は最もむずかしい「検索」になる。

So, the deal surrounding the YouTube app is all about Google’s desire to get ads in front of a huge, untapped market of viewers, and Apple’s desire to exit Google from as much of its iOS platform as humanly possible. Next up is the hardest nut to crack: Search.

     *     *     *

追記:グーグルの声明

Update: A statement from Google:

われわれは iOS ユーザーが最も優れた YouTube 体験ができるようにアップルと作業中です。

We are working with Apple to ensure we have the best possible YouTube experience for iOS users.

     *     *     *

かつてスティーブ・ジョブズがグーグルとは「核戦争も辞さない」といったことが現実になりつつある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[みんなアップルのマネをする:image

最新の報告によれば、スマートフォン出荷台数のナンバーワンはアップルだという。

The Loop: “Apple No. 1 in worldwide smartphone shipments” by Jim Dalrymple: 04 August 2011

     *     *     *

「2011年第2四半期のスマートフォンの新しい王者はアップル」と IDC

“The smartphone market crowned a new leader in 2Q11, and its name is Apple,” said Ramon Llamas, senior research analyst with IDC’s Mobile Phone Technology and Trends team.

     *     *     *

しかしもっと分かりやすいものがある。アップルが携帯電話のデザインに与えた影響だ。

TNW Gadgets: “Can RIM be the new Porsche?” by Matthew Panzarino: 03 May 2011

冒頭の TNW 画像を見れば、いかにアップルの影響が大きかったか一目瞭然だ。

BlackBerry だけは過去を捨てきれないようだけれど・・・

★→[原文を見る:TNW の画像

     *     *     *

追記:アンドロイドもこう変わった(8月19日)

Android のビフォー&アフターはこちら・・・

What Google’s Android Looked Like Before And After The Launch of iPhone | Random.AndrewWarner.com

Read Full Post »