Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Matt Alexander’


[スティーブ・ジョブズの果たせぬ夢:image

現在のキャリアに飽き足らず、自らのネットワークを構築しようとした Steve Jobs の話が先週注目を引いた。

The Loop: “Apple and market subversion” by Matt Alexander: 18 November 2011

     *     *     *

Jobs の果たせぬ夢

今週 John Stanton は Steve Jobs の果たせなかった夢を明らかにした。未認可の割当周波数を使ってアップルのワイヤレスネットワークを作ろうというものだが、主に iOS デバイスを対象としたものだったと思われる。もしこれが実現していれば、アップルとしてはワイヤレスで一般的なキャリア中心モデルを見送り、自前のネットワークを構築し、支配していただろう。なんとも壮大な考えだ。

This week, John Stanton revealed Steve Jobs’ unfulfilled desire to leverage the unlicensed wireless spectrum to build an Apple wireless network, presumably for use primarily with iOS devices. Of course, if this had happened, it would’ve meant that Apple would forego the normal, carrier-centric model in the wireless industry, and would have had its own network to control and govern. Quite the concept, really.

ワイヤレスの巨人たちは、一瞬にして、かつ壊滅的に滅びてしまったことだろう。法律問題があるからこのような革命的変化は不可能だと否定論者たちはいうが、私は敢えて異を唱えたい。

The giants holding onto the wireless industry would have been instantly and emphatically subverted in a truly profound manner. If you listen to certain naysayers, such revolutionary change is unfeasible due to legal barriers, but I’m inclined to disagree.

この革命は既に進行中だと指摘したいのだ。

In fact, I would go as far as to say this revolution is already well underway.

     *     *     *

iMessage の導入

アップルは iOS 5 発表に際して iMessage を導入した。iMessage があれば、ユーザーはキャリアとは無関係にテキストメッセージを(海外にさえも)無料で送信できる。もしアップルが初代 iPhone にそんな機能を導入しようとしていたら、AT&T により一笑に付されたことだろう。しかし今やアップルは世界最大のワイヤレスメーカーのひとつだ。どのキャリアも先を争って自社のネットワークの受信環境が iPhone にとってベストだと競っている。

With the launch of iOS 5, Apple introduced iMessage. With iMessage, users are able to text message for free, sans-carrier control — even internationally. If Apple had attempted to introduce such a feature with the first iPhone, it’s likely AT&T would’ve laughed Apple out of its offices. But now Apple is one of the largest wireless manufacturers in the world, and carriers are scrambling to prove that their network provides the best iPhone coverage.

     *     *     *

ほとんど文句もいわない

これまで自社の電話に載せるアプリもブランドも自ら決めてきたキャリアが、今では静かにアップルがなすがままに任せ、ほとんど文句さえいわない。マーケットシェアに甚大な影響を及ぼすことを恐れて、常識あるキャリアは敢えてアップルに逆らおうとはしないのだ。アップルの信条も、ソフトも、とりわけ人気のあるハードウェアなら尚更・・・

Carriers that are used to placing their own apps and branding on phones quietly accept that Apple will not allow this, and offer little (if any) complaint. In essence, no carrier with any sense would risk refusing Apple, its principles, its software, and most importantly, its popular hardware for fear of significant damage in market share.

     *     *     *

トロイの木馬

そんな中で iMessage はトロイの木馬のように思える。Facetime とともにキャリア環境に取って代わりつつある。次第にユーザーはその機能の持つ重要性を理解し始めているのだ。

As such, iMessage appears to be a trojan horse. It has been supplanted into the carrier environment, along with Facetime, and users are just steadily beginning to grasp the gravity of such features.

     *     *     *

どこまでも広がる・・・

昨日は、iOS に隠された iChat コードのことが表に出た。「いずれ時間の問題だった」という人も多いが、確かにそれは正しい。しかし iOS エコシステムにとって iChat 機能はいかなる意味を持つのだろうか? それは簡単なテキストインターフェイスに留まらず、音声とビデオ、テキストチャットを融合して、プラットフォームを越え、どこまでも広がるものとなるのではないか・・・

Yesterday, hints of iChat code were uncovered in iOS. Many have reacted saying “it was only a matter of time,” and they’re right to say so, but what implications would an iChat feature hold for the iOS ecosystem? I doubt it would be a simple text interface, but rather an amalgamation of voice, video, and text chat, cross-platform, and without boundary.

     *     *     *

VoIP の実装

もしそうなら、キャリアを覆そうとする Steve Jobs の望みは、外から爆発的に起きるのではなく、むしろ内部からの革命として起きるのかもしれない。業界深く仕込まれたアップルのトロイの木馬は、いよいよ行動を開始し、遮るものを焼き尽くそうとしている。iChat クライアントがこのような変化をもたらす手段かどうかは別にして、アップルが iOS にある種の VoIP を実装することは間違いないと思われる。論理的に考えても当然のことだ。

If so, Steve Jobs’ desire to subvert carriers may not occur in such an explosive manner from the outside, but may occur as more of a revolution from within. The Apple trojan horse is firmly parked in the industry, and it is set to open, and to burn what lays before it. Whether or not an iChat client would provide this vessel for change, I’d argue it’s an inevitability that Apple will build some sort of VoIP implementation into iOS – it’s a matter of logical progression.

     *     *     *

テレビの世界の話ではない

このような変化はテレビの世界で起きようとしているというひとも多い。しかしテレビ業界は逡巡しているようにしかみえない。そのためウワサされるアップルの夢は不可能だと敗北主義者はいう。それでも意識するしないに関わらず、業界に急速に変化をもたらすアップルの力は誰の目にも明らかだ。キャリアは、いずれ彼らの価格モデルを完全に覆すことになる機能をアップルが取り入れるのを黙認している。その傾向はこれからも続くのだ。

Many argue this is what is set to happen with the television, but indications point to hesitance in the industry. As a result, there are defeatist opinions opining about the impossibility of Apple’s rumored goal. And yet, Apple’s ability for rapid industry change is evident before all of us, whether most are aware of it or not. Carriers are allowing Apple to introduce features that wholly subvert their own pricing models, and the trend is only set to continue.

     *     *     *

ユニークでシンプル

これらいくつかの機能は他のプラットフォーム(例えば BlackBerry Messenger など)でも利用できる。しかしアップルが提供するユニークでシンプルな解決策は、業界をガラリと変えてしまうという点で他に類を見ないのだ。Pin 番号やユーザー名のことなんか忘れてしまえ。アップルのシステムなら自動的で、バックグラウンドで目立たないようにちゃんと動くのだ。

While some of these features are available on other platforms (e.g., BlackBerry Messenger, and so on), it is unquestionable that Apple’s propensity for unique, simplistic solutions has the unparalleled potential for industry-altering change. Forget exchanging pins and usernames, Apple’s system is automatic and firmly in the background.

     *     *     *

デジタルメディアを支配

レコード会社は iTunes に二の足を踏んだので、アップルは DRM[digital rights management:デジタル権利管理]で譲歩した。しかし後に DRM は取り除かれる。アップルは自らのやり方を押し通し、いまやデジタルメディアビジネスの大宗を支配しているのだ。

Record labels balked at iTunes, and Apple conceded with DRM. DRM was later removed. Apple got its way and now controls the majority of the digital media business.

     *     *     *

来るべきシフト

歴史がそちらへ向いていることは明かだ。アップルがパラダイムシフトを行なう可能性を疑問視するのは近視眼的考えだ。ルートは異なっても、Steve のビジョンは実現に向かっているように思える。これは来るべきシフトの兆しだと思う。

To that end, I’d argue that history is self-evident, and anyone who chooses to question the potential for the paradigm shifting power of Apple is shortsighted. Steve’s vision seems set to come to life, albeit via a different route, and I believe that is a marker for other shifts to come.

     *     *     *

ハッキリいえずもどかしいが、何か大きな変化の兆しが感じられる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Google partners:image

グーグルの OS を採用するメーカーとグーグルとの関係について、Matt Alexander[The Loop]が興味深い指摘をしている。

The Loop: “Google’s relationship issues” by Matt Alexander: 11 November 2011

     *     *     *

Logitech の嘆き

Google TV と提携したがために1億ドルの損失を出したという今日の Logitech の話日本語]は必ずしも驚くにあたらないが、ビジネスパートナーとしてのグーグルの本質がまさに問われているのだと思う。

Following today’s entirely unsurprising revelation that Logitech lost $100 million, in part, because of its Google TV partnership, Google’s nature as a business partner has (rightly) come into question.

Techcrunch の Jason Kincaid によれば:

Techcrunch’s Jason Kincaid writes:

まだ成功するかどうか分からない製品を Logitech が発表したのは高望みしすぎたせいだということは明らかだ。しかしグーグルの行き過ぎた欲望 — 未完成のソフトウェアでも敢えて発表しようとする — の犠牲になったのは彼らだけではない。モトローラの Xoom は今年始めに iPad のライバルとして発表されたが、発表時点で触れてみたデバイスとしては最悪のものだった。iPad と比べていささか大きするという欠点もあったが、しかし主な原因は Honeycomb[Android のタブレットバージョン]がバグだらけという点にあった。

Now, Logitech was obviously overambitious when it came to launching the still-unproven product, but they aren’t the only manufacturer that was burned by Google’s overeager desire to ship software before it was ready. Motorola’s Xoom, which was released early this year as an iPad competitor, was one of the worst devices I’ve ever used at launch. That was partially because it was a little too bulky compared to the iPad, but it was primarily because Honeycomb — the tablet version of Android — was a buggy mess.

     *     *     *

ソフトのせいで

ハードウェアメーカーが手の出せないソフトウェアのせいで非難の的となったという Kincaid の指摘は正しい。グーグルの一次パートナーはグーグルのソフトウェアを採用してそれぞれ製品を出している。そして製品レビューのほとんどすべてが、いずれも同じく、バグだらけのソフトの問題を提起している。だからこれらの製品は失敗する。もちろんそれが失敗の原因のすべてではないが、間違いなく大きな要因であり、長い目で見ればグーグルにとって高くつくことは間違いない。

Kincaid makes an excellent point — hardware manufacturers are coming under fire for software that is largely out of their hands. Google’s primary partners have been putting out products using Google’s software, and virtually all reviews of said products highlight the same, buggy software problems. Accordingly, these products flop. While this is certainly not the only cause of failure, it is certainly a contributing factor, and it may prove costly for Google in the long run.

     *     *     *

反撃が始まった

すでに Kindle Fire や Nook Color の形で反撃が始まっている。 Amazon も B&N もグーグルとの面倒な関係をやめ、その代わりに自ら手を加えた自社版 Android を使うことにしているし、グーグルのエコシステムの代わりに自らのものを充てているのだ。

The response has already begun in the shape of the Kindle Fire and Nook Color. Both Amazon and B&N’s offerings have foregone messy ties with Google in favor of their own revamped flavor of Android, and have substituted Google’s ecosystem with their own.

     *     *     *

逸脱がセールスポイント

Kindle Fire に限っていえば、グーグルのビジョンから逸脱していることがセールスポイントですらある。当面の業務についてアマゾンは有能で安定した OS を構築している(ように見える)。しかもその改良点をグーグルに帰してはいない。Fire 製品のページをざっと見回しても、Android に触れているのはたったひとつ、「Amazon Appstore for Android」という名称で触れられているだけだ。

For the Kindle Fire, at least, its deviation from Google’s vision has become one of its key selling points. Amazon has built a stable, capable operating system for the task at hand (or so impressions indicate), and they are attributing none of it to Google. A quick glance of the Fire’s product page reveals one reference to Android, and it comes merely as a portion of Amazon’s app store name, the “Amazon Appstore for Android.”

     *     *     *

右へ倣え

もし Kindle Fire がメジャーな成功を収めれば、他のハードウェアメーカーも将来そのやり方に倣うことになっても驚かない。それはグーグルにとって大きな損害を与えるハズだ。

If the Kindle Fire finds mainstream success, I would not be surprised if other hardware manufacturers began to adopt a similar approach in future, and that could be extremely damaging for Google.

     *     *     *

次なる試練

ここ数週間グーグルは、自社製品ラインの大部分を切り捨て、刷新しているが、その決定により無視できないほどの混乱が生じている。

Although Google has steadily axed and revamped much of its product line in recent weeks, the uproar surrounding some of its decisions is difficult to ignore.

グーグルにとっての次なる試練は、発表されたばかりの音楽イベントだろう。Google+ 発表後の初めて、エコシステムに新たな、機能しうる、統合マーケットをもたらそうとする試みだ。うまくいけば信頼が増すかもしれないが、しかしEブックと同じで舞台から姿を消すだけなら、更に問題を煽る結果になっても驚かない。

The next test for Google will be its just announced Music event — what will be its first post-Google+ attempt to introduce a new, working, integrated marketplace into its ecosystem. If done correctly, it may inspire some further confidence, but if it simply sinks into the background along with its ebook sibling, don’t be surprised if more questions arise.

     *     *     *

パートナーの吟味が始まる

「ベータ」製品を出すという評判や、製品の出荷を急ぎ過ぎるという点を改めない限り、躊躇し真剣に再検討する顧客が増え、グーグルが実際にはパートナーや製品をどう扱っているかを真剣に吟味し始める事態になるのは間違いないと思われる。

Without shaking it’s “beta” reputation, and the apparent overeagerness to ship products, Google is likely facing a sincere examination of how exactly it deals with its partners and its products, and an ever-increasing amount of scrutiny and hesitance from its customers as well.

     *     *     *

タダで使えるというだけでは済まない、十分な利害得失の検討が必要になるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »