Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mat Honan’

racket

久しぶりの Mat Honan・・・

The Guerrilla Tactics of The Racket, and How It Almost Upended Journalism | WIRED

The Racket was to be a showcase for Matt Taibbi,the Rolling Stone reporter who made a name for himself running a newspaper in Russia before becoming one of the financial industry’s harshest critics. Taibbi hired great, voicey, no-bullshit editors like Alex Pareene and Edith Zimmerman. The plan was to make an Internet magazine that mixed hard-hitting reporting and in-depth features with wicked, Spy magazine-style satire. And the occasional kitten video.

And then, just like that, it ended. Over. Done.

広告

Read Full Post »

Mat-Honan

[クールでシニカルな Mat Honan:Re/code

ギズモードにいた頃から Mat Honan の大ファンだった。

彼のクールでシニカルな視点がたまらない。

その Honan が BuzzFeed シリコンバレーのチーフに引き抜かれたらしい。

Wired’s Mat Honan Hired to Run New BuzzFeed Silicon Valley Bureau | Re/code

     *     *     *

BuzzFeed の期待も大変大きいようだ。

編集長 Ben Smith いわく:

“Tech is no longer a niche beat — it’s at the heart of the biggest cultural and economic transformations in the world, … Mat is a rare journalist who has always understood that tech coverage can’t be put in a box, and we are thrilled he’ll be bringing his vision and sheer energy to BuzzFeed News.”

     *     *     *

このニュースを取り上げた Kara Swisher もその点は同じだ。

I am a big fan of Honan’s and think this is a terrific hire, which appears to aim BuzzFeed’s efforts in the feature and analysis direction.

さまざまなつぶやきを見ても彼への期待の大きさが分かる。(Jason SnellNilay PatelRoberto BaldwinEmily DreyfussJessica Guynn などなど)

     *     *     *

一歩突き放してしかも本音を衝いてくる、クールでシニカルな Mat Honan の視点はこれまでも何度か取り上げた。

スティーブ・ジョブズの亡霊」や「明日のアップルイベントになにを期待すべきか」はじつに傑作だった。

そんな彼の文章がまた読めるようになる・・・

Read Full Post »

Update:Om Malik の Google I/O 厳選おススメ記事》

google_glass_io

[Google I/O で見かけた Google Glass:photo

3時間半に及ぶ Google I/O のキーノートについてその全容まとめるのはなかなか至難の業だ。

プレスリリースやライブそのままの第1報に比べ、第2報となると書き手の本音が見えてきてオモシロい。

その走りが John Gruber のズバリ辛口だったが、NY タイムズの Nick Bilton の感想もなかなかオモシロい。

NYTimes.com: “At Google Conference, Cameras Even in the Bathroom” by Nick Bilton: 17 May 2013

     *     *     *

突如未来が・・・

今週のグーグル I/O 開発者会議でトイレにいったとき、突如として自分の身に未来が降りかかってきた。

The future came crashing down on me this week at the Google I/O developer conference while I stood at a bathroom urinal.

     *     *     *

ウインクするだけで

ちょうど Google Glass(インターネットとつながったグーグルのメガネ)を持っているひととの話を切り上げたところだった。その素晴らしい機能のひとつはウインクするだけで写真が撮れることだ、と彼は熱心に語った。

I had just wrapped up a conversation with a man who owned a pair of Google’s Internet-connected glasses, Google Glass. He had explained that one of the gadget’s greatest features is the ability to snap a photo with a wink. “It’s amazing, you just look at something, wink your eye and it just takes a picture,” he said enthusiastically.

     *     *     *

超人類の中にいる自分

まず最初に自分がナード[nerd:ナード、オタク]であることをハッキリさせておきたい。これまでずっと自分はナードで、出たばかりの新しい第一世代ガジェットなら、ボタンやバッテリーがついていれば何でもすぐさま買ってきた。でも今週サンフランシスコのモスコーニセンターで行なわれた開発者会議の会場に一歩足を踏み入れた瞬間、まったく別種のインターネットに接続された超人類の中に普通の人間である自分がいるという感じがしたものだ。

I should preface here by saying that that I’m a nerd. I’ve been a nerd all my life, always buying the first era of a new gadget — essentially anything with a button and a battery. But this week, the moment I swung open the doors to the Moscone Center in San Francisco, home of the developer conference, I felt like a mere mortal among an entirely different class of super-connected humans.

     *     *     *

どこもかしこも

会場ではどこもかしこもみな Google Glass をかけている。何百人も。もしかしたら千人以上かもしれない! エスカレーターにも、コーヒーステーションにも、プレスラウンジにも、通路にも、超ナードがひしめいている。まるでスナックバーでよく見かける M&M やナッツをかじっているホンモノの人間連中のように。たったひとつの違いを除けば — この「人間たち」は目の動きで写真を撮りインターネットに投稿できるのだ。

Everywhere I looked at the conference, people were wearing Google Glass. Hundreds of them. Maybe more than a thousand! They were on the escalator. At the coffee stations. Press lounges. Lingering in the hallways like gangs of super nerds. They looked like real people as they nibbled on M&M’s and nuts at the snack bars. Except they weren’t; these “humans” were able to take pictures with their eyes and then post them to the Internet.

     *     *     *

なんとかカメラの視界から

グーグルの拡張現実メガネを持っていない開発者は、それをかけているひとたちを畏敬の念で見ていた。自分は違った。自分は頭をかかえて、この見知らぬ連中の小さな覗き見カメラの視界からなんとか逃れようとしていた。

The developers present who didn’t own the company’s augmented reality glasses stared at those who did with awe. But not me. I tried to duck my head and move out of the way of these strangers’ sneaky little cameras.

     *     *     *

奇妙な人たち

Google Glass をかけているひとたちは多くの場合奇妙に見えた。メガネをかけているのにケータイを使うひとがたくさんいた。このガジェットを使えば電話を見る必要はないという謳い文句なのに。時間をチェックするためひっきりなしに腕時計を見るひともいた。このメガネなら視界の上に時計を表示できるのに。

Often, Google Glass owners looked strange. Many were using their cellphones while wearing the glasses — defeating a declared purpose of the new gadget, to free you from having to look at your phone. Another man continually looked at his watch to check the time, even through the glasses display a clock right above your eye.

2階に階段を上っていこうとしたとき、Google Glass をかけた5人ほどのグループがいたが、みな黙って宙を見つめていた。目でワイヤレスの会話をしていたのか、それとも眼前の現実の人間に退屈していたのか、私には判然としなかった。

At one point as I climbed the stairs and approached the second floor, I saw a group of five people wearing Google Glass, all silently staring off into space. I couldn’t tell if they were wirelessly having a conversation through their eyeballs, or just bored by the presence of real humans in front of them.

     *     *     *

ウインク機能をサイドロード

また、まぶたの動きで写真が撮れるのだと興奮して語りかけてくるひともいた。(ウインクは公式にはサポートされていないが、ハッキングでデバイスにサイドロード[注]したものだ。)ウインクして写真を撮るのに慣れてしまったので、Google Glass をかけていないときウインクしても何も起きないのにとまどったとも語った。慣れてしまってそう錯覚したのだと。
[注:Google Play を使わないでアップロード/ダウンロードすることを Android では Sideloading ということから]

Then I met the man who excitedly told me about his power to snap pictures with his eyelid. (The wink, it should be noted, is not officially supported by Glass, but is essentially a hack “sideloaded” onto the device.) He explained that he uses the wink-to-take-a-picture feature so much that a few days ago he was not wearing his Google Glass and was confused when he blinked his eye and nothing happened. His mind had played a trick on him, he said.

この話を聞きながら私は神経質に笑った。彼の Google Glass は鼻にのっかっていたが、私の写真を撮るためウインクないしはまばたきしたのか、それとも目に入ったゴミをとっただけなのか私にはよく分からなかった。失礼して自分はトイレに向かった。

I laughed nervously as he told me the story, his Google Glass propped atop his nose, unsure if he was winking or blinking at me, taking pictures or just clearing dirt from his eyes. I then excused myself to go to the toilet.

     *     *     *

そしてトイレで

トイレの列に近づきながら、会場にいた人たちの頭につけられた何百台というカメラからしばし解放されると安堵のため息をついた。

As I approached the line to the restroom, I took a deep sigh, thinking that I might find some respite from the hundreds of cameras strapped to people’s heads at the conference.

ところが、自分の番がきて便器に向かったとき、自分だけの世界が突如として終わったことに気がついた。そこにもいたのだ・・・ Google Glass をかけた連中が! 自分の隣で小便をしながら、左右に頭をひねり、まばたきやウインクをしながら覗いている連中が・・・

Yet when it was finally my turn to approach the rows of white urinals, my world came screeching to a halt. There they were, a handful of people wearing Google Glass, now standing next to me at their own urinals, peering their head from side to side, blinking or winking, as they relieved themselves.

     *     *     *

NY タイムズだけあってやんわりと Google I/O を皮肉っている。

Mat Honan になると「モロー博士の島」ならぬ「グーグルアイランド」に迷い込んで、なんとか理解しようと四苦八苦する姿がシニカルに描かれる。

同じイベントが、レポーターによって様々に語られる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Om Malik の Google I/O 厳選おススメ記事

google-io

[Google I/O 2013:image

3時間半という長時間に及び、内容も多岐にわたった Google I/O キーノートをまとめるだけでも容易ではない。

長年にわたるシリコンバレーの事情通 Om Malik が、これぞという記事をたくさんの中から厳選してくれているのがありがたい。

GigaOM: “Some of the best articles you need to read about Google I/O” by Om Malik: 17 May 2013

     *     *     *

Google, please be a benevolent internet overlord | The Guardian by Dan Gillmor

ガーディアンへの Dan Gillmor の寄稿。ことインターネット(そして会社や我々ひとびと)に関する限り、まさに彼こそ思想家であることがハッキリと分かる。

Dan Gillmor writes for The Guardian and shows why he continues to be one of the clearest thinkers when it comes to the internet, companies and us, the people.

6 Takeaways from the Google IO Keynote | The Network Garden by Mark Sigal

実によくできたまとめ。

A really good roundup.

Everything Google Tried to Kill at Google I/O | Gizmodo by Kyle Wagner

典型的ギズモード流記事。グーグルが息の根を止めようとしているのはアドビ、Spotify、スカイプ、Pandora、ペイパル、Textbooks、フリッカー、そして Siri であると。

Classic Gizmodo piece where in they tell us that Adobe, Spotify, Skype, Pandora, PayPal, Textbooks, Flickr and Siri are some of things Google is trying to put out of business.

Google Goes Subscription With Google Play Music All Access | Liisten by Tyler Hayes

Google Play の音楽サービスはみんなが考えるより厳しいだろうと Tyler Hayes は考える。

Tyler Hayes thinks Google’s Play music service is going to have a tougher time in the market than most people think.

At Google Conference, Cameras Even in the Bathroom | NYTimes.com by Nick Bilton[本稿]

オーケー、うまくタマをよけたな。

Okay, bullet dodged.

Exclusive: Inside Hangouts, Google’s big fix for its messaging mess | The Verge

グーグルがどうやって統合メッセージをうまく機能させ、新しく Hangouts を作ったか非常によく書けている。

Great piece on how Google got its unified messaging act together and built the new Hangouts.

Welcome to Google Island | Wired.com by Mat Honan

こんなのが書けるのは Mat Honan だけ。

Only Mat Honan can do this.

Even Google’s Own Developers Won’t Be Seen Wearing Google Glass | Co.Design by Mark Wilson

FastCompany のいうところによれば・・・

Or so says FastCompany.

Google Maps, Google Plus, Cards, and the Evolution of the Company’s Design | The New Yorker by Matt Buchanan

自分が書いてきたデザインとデータの共生について New Yorker も取り上げている。グーグルがカードのメタファーを自由に用いている点に注目。

New Yorker picks up on the design plus data symbiosis I have been writing about and focuses on Google’s liberal use of the cards metaphor.

All the Mashed Potatoes | Daring Fireball by John Gruber

John Gruber の本領発揮。

John Gruber in full effect.

     *     *     *

もっと読みたいひとはこちら

Read Full Post »

Larry_Page_I:O_2013

[Larry Page at Google I/O 2013:photo

WWDC に相当するグーグルの開発者向け会議 Google I/O が終わった。

いろいろな反応の中で最も強烈なのは John Gruber ではないか・・・

Daring Fireball: “Google Versus” by John Gruber: 15 May 2013

     *     *     *

I/O で Larry Page いわく:

Larry Page, on stage at I/O today:

グーグルについて書かれたものはどれも「グーグルをほかの他社と比べる」類いのバカげた話で、読む気にならない。これまで存在しなかった何か偉大なもの(great things)を我々は造り出すべきなのだ。ネガティブ思考では進歩はない。最も大切なものはゼロサムではない。まだいくらでも可能性はあるのだ。

Every story I read about Google is “us versus some other company” or some stupid thing, and I just don’t find that very interesting. We should be building great things that don’t exist. Being negative isn’t how we make progress. Most important things are not zero sum, there is a lot of opportunity out there.

     *     *     *

よりベターなモノ

この偽善的な仲良し発言(kumbaya stuff)をグーグルファンは額面どおり受け取り、信じているようだ。しかしグーグルは iPhone の後に Android を作った会社だ。Facebook の後に Google Plus を作り、そしてこんどは Spotify の後に音楽サブスクリプションサービスを出すような会社だ。RSS リーダーの市場へ参入し、根こそぎにして、そして辞めていく。Gmail はどうかって? Webmail と同じモノで、もっとベターというだけ。ウェブ検索だってそうだ。グーグル検索は何か新しいモノというワケではない。よりベターなモノというだけだ。たしかに格段に、はるかにベターではあるが、それでもベターというだけのことだ。

Google fans seem to eat this kumbaya stuff up, to really believe it. But Google is the company that built Android after the iPhone, Google Plus after Facebook, and now a subscription music service after Spotify. They entered the RSS reader market, wiped it out, and are now just walking away from it. Gmail? Webmail but better. Think about even web search: Google search wasn’t something new; it was something better. Way, way, way better, but still.

     *     *     *

果てしなき野望

地図のことを考えてみよう。MapQuest その他が長年やってきた市場へ Google Maps が参入してきた。「これまで存在しなかった何か偉大なもの」などではない。すでに存在していたモノをよくしただけだ。グーグルは極端に競争心の強い会社だ。何度も既存の市場に参入して、ライバルをつぶした。それが悪いワケではない。資本主義ってそんなものだ。グーグルの成功は尊敬に値する。しかしグーグルを他と比較して考える(Google being pitted “versus”:グーグルが他のマネをしていると考える)のはバカげたことではない。グーグルはすべてを手に入れんとする。その野望には果てしがないのだ。

Consider maps. Google Maps entered a market where MapQuest and others had been around for years. That wasn’t something great that didn’t already exist. It was a better version of something that already existed. Google is a hyper-competitive company, and they repeatedly enter markets that already exist and crush competitors. Nothing wrong with that. That’s how capitalism is supposed to work, and Google’s successes are admirable. But there’s nothing stupid about seeing Google being pitted “versus” other companies. They want everything; their ambition is boundless.

     *     *     *

歯に衣着せぬ Gruber 流にカチンとくるグーグル陣営も多いだろう。

案の定ただちに反論が出て、それに Gruber がまた反論している。

WWDC の後にはどんな言われ方をするだろうと気がもめる。

しかし Gruber が強烈だと思っていたら、もっとスゴいのがいた。Mat Honan の「グーグルアイランドへようこそ」(Welcome to Google Island)だ。(このスゴさを日本語で味わうには satomi 氏のご登場願わずばなるまい・・・)

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

BLACKBERRY-Z10-082edit

[BlackBerry Z10:photo

皮肉屋 Mat Honan がまたまた一発かましている・・・

Wired.com: “Please Stop Fighting About Your Smartphone” by Mat Honan: 22 March 2013

     *     *     *

ウンザリだ

BlackBerry の新しい電話が出たけれど試してみたひとはほとんどいない。それなのに誰も彼も意見をいっている! すばらしい電話だというひともいる。からかうひともいる。お定まりの反応だ。みんな口論するのが好きだし、どの電話のプラットフォームが良いか争う。ファンボーイといったり、侮辱することば、悪口などを並べ立てる。口論のネタを次から次へと見つけるのだ。かつてマックとウインドウズについてウンザリする議論をやったように・・・

BlackBerry just shipped a new phone that almost nobody has tried. But lots of people already have an opinion about it! Some people think it is great! Others are already making fun of it! That’s pretty typical behavior. People love to fight and fight about phone platforms; to toss around the term fanboi and other insults and invective. People love to lob polemic after polemic in the most boring argument since Mac vs. Windows ever.

     *     *     *

必ず誰かどれかが好き

Android はお好きか? 当然だ。すばらしいから。iOS は? ワオ、なんと偉大なプラットフォームか。革命が始まったのも不思議はない。Windows Phone はどうか? 冗談なしにとてもすばらしいインターフェイスだ。BlackBerry は? 好きになる理由は山ほどある。アナタがどのプラットフォームが好きにせよ、アナタとはまったく別のプラットフォームを好むひとが必ずいるというのはとてもショッキングなことだ。ワカル、分かる。まるでおかしな話だが、それが真実なのだ。

Do you like Android? You should, it’s amazing. iOS? Wow, what a great platform, no wonder it started a revolution. Windows Phone? Seriously, it’s got a remarkable and beautiful interface. BlackBerry? There are plenty of great reasons people love it. And no matter which platform you adore, it’s shockingly possible to both have a preference and respect that other people may prefer an entirely different device. I know. Totally weird. But true.

     *     *     *

貶すほうが貶される相手より

あるいは、アナタの意見と異なるひとをマヌケ、ファンボーイ、ゲス野郎、あるいは「〜馬鹿」などという接尾語で終わる、ひどくありきたりでパッとしない悪口で呼ぶこともできる。その結果、貶してやろうとしてもうまくいかない相手よりアナタの方がよっぽどバカに見えることになる。

Or, you can just call anyone who expresses a contrary opinion a jerk, or a fanboi, or butthurt, some other un-clever and deeply unoriginal pejorative that ends with the suffix “tard” and ultimately makes you look dumber than the person you’re trying, vainly, to insult.

     *     *     *

お仕事でもなさってる?

電話やプラットフォームについての戦争なら、アップルやサムスン、グーグル、マイクロソフト、ノキア、それに BlackBerry で仕事をするひとに任せておけばいい。それともアナタはアップルで仕事をなさっているのかな? あるいはサムスンで? ノーだって? それなら、口をつぐんでいなさい。

The phone wars, the platform wars, should be left to people who work for Apple and Samsung and Google and Microsoft and Nokia and BlackBerry. Do you work for Apple? Do you work for Samsung? No? Then shut up.

     *     *     *

みんな間違ってる

アナタがどのスマートフォンを信頼するかなんて誰も気にしてはいない。宗教とも違う。お気に入りの地元スポーツチームとも違う。そんなことための戦士になるのはお止めなさい。アナタは戦士なんかじゃない。間違っている。口をつぐみなさい。そこのアナタ — ブログを書いたり、コメントや新聞雑誌のページ、ツィッター、あるいは Facebook で書いたりしてるひと。アナタがどんな意見だろうと、非常に偏った意見を述べるのは、ひどく、ひどく間違っている。意見をシェアするのも、間違っている。そんなこと誰も望んでいない。一部のひとを除けば。そしてそのひとたちも間違っている。自分もそのひとりだが・・・

Nobody cares what kind of smartphone you believe in. It’s not a religion. It’s not your local sports team even. Stop being a soldier. You are not a soldier. You are just wrong. Shut up. You there, with the blog, in the comments, in the pages of the newspaper or the magazine or on Twitter or Facebook. Whatever your opinion is, as soon as you employ it in partisan fashion, it’s deeply and profoundly wrong. Just by sharing it, you are wrong. And nobody cares. Except for the people who do. And they are wrong too. Myself included.

     *     *     *

たしかにどのプラットフォームがいいかなんて口角泡を飛ばして議論することじゃない。

これだから Mat Honan の追っかけは止められない。

自戒を込めた Mat Honan のことばは、まるで筆者にも向けられているみたいだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ハッカーたちが・・・:image

事の重大性からいずれ詳しいことが書かれるだろうがとりあえず・・・

Gizmodo から Wired に移った Mat Honan悪夢のような体験をしている。

MacRumors: “Apple Support Allowed Hacker Access to Reporter’s iCloud Account” by Arnold Kim: 05 August 2012

     *     *     *

Mat Honan の iCloud アカウント

Wired のライター Mat Honan は、金曜日に彼の iCloud アカウントがハッキングされた話を載せている。その結果、彼の iPhone も iPad も MacBook Air もリモートで消去[remote wipe:リモートワイプ]されてしまった。

On Friday, Wired writer Mat Honan recounted the tale of how his iCloud account was hacked which resulted in his iPhone, iPad and MacBook Air getting remote wiped.

     *     *     *

iCloud から Gmail、そして Twitter へ

iCloud アカウントがその侵入ポイントと見られ、それが Gmail へ、そして以前の雇用主であるギズモードの Twitter アカウントへのアクセスを許したようだ。

The point of entry appeared to be his iCloud account which was then used to gain access to Gmail and then his and former-employer Gizmodo’s Twitter accounts.

     *     *     *

iCloud アカウントに侵入

午後4時50分、誰かが私の iCloud アカウントに侵入した。そしてパスワードをリセットし、その確認メッセージをゴミ箱に棄てた。私の使っているパスワードは7桁のアルファニューメリックで、他には使っていない。

At 4:50 PM, someone got into my iCloud account, reset the password and sent the confirmation message about the reset to the trash. My password was a 7 digit alphanumeric that I didn’t use elsewhere.

     *     *     *

Google Account のパスワードを変更

私の Gmail アカウントのバックアップメールアドレスは、.mac のメールアドレスと同じものだ。4時52分、彼らは Gmail パスワードの復旧メールを .mac アカウントに送信した。その2分後、私の Google Account のパスワードが変更された旨のメールが私宛に届いた。

The backup email address on my Gmail account is that same .mac email address. At 4:52 PM, they sent a Gmail password recovery email to the .mac account. Two minutes later, an email arrived notifying me that my Google Account password had changed.

     *     *     *

つぎつぎにリモートワイプ

5時0分、彼ら[ハッカーたち]は私の iPhone をリモートワイプした。

At 5:00 PM, they remote wiped my iPhone

5時01分、彼らは私の iPad をリモートワイプした。

At 5:01 PM, they remote wiped my iPad

5時05分、彼らは私の MacBook Air をリモートワイプした。

At 5:05, they remote wiped my MacBook Air.

     *     *     *

Twitter も乗っ取られた

その数分後、彼らは私の Twitter を乗っ取った。ずっと以前に、私は自分の Twitter をギズモードのそれにリンクしていたのだ。彼らはギズモードの Twitter にもアクセスできるようになった。

A few minutes after that, they took over my Twitter. Because, a long time ago, I had linked my Twitter to Gizmodo’s they were then able to gain entry to that as well.

     *     *     *

ブルートフォース攻撃か

ハッカーたちがどうやって彼の iCloud アカウントにアクセスできたのか、Honan は必ずしも全部が分かったワケではなかった。彼の推測では、ハッカーたちがブルートフォース攻撃[brute force attack:総当たり攻撃]でパスワードを探り出したのではないかというものだった。他にも、彼のパスワードがキーログ[key logger:キーロガー]された、ないしは安全性に欠けるサービスで用いたせいではないかと推測するものもいた。

Honan wasn’t entirely sure how the hackers had gotten access to his iCloud account. His guess was that they had somehow brute-force guessed the password, while others speculated his password had been keylogged or used in another insecure service.

     *     *     *

ソーシャルハッキング

後に分かったことだが、ハッカーたちはアップルのサポートに電話をかけ、ユーザー自身であると信じ込ませることができたのだった。Honan はブログの追記で次のように述べている。

As it turns out, the hacker was able to call Apple support and convince them they were the user. From an update to the original blog post:

どうやったのか今ではハッキリしている。ハッカーたちからも、アップルからも確認が得られた。パスワードをハッキングしたのではなかった。ハッカーたちはアップルの技術サポートから侵入し、ソーシャルエンジニアリング[social engineering:ソーシャルハッキング]をうまくやってセキュリティ認証の質問(security questions)をはぐらかしたのだ。

I know how it was done now. Confirmed with both the hacker and Apple. It wasn’t password related. They got in via Apple tech support and some clever social engineering that let them bypass security questions.

     *     *     *

Find My iPhone サービスを使って

ハッカーたちは自分が Mat Honan であると信じ込ませた後、アップルサポートに Honan の iCloud のパスワードを変更させ、そして完全なアクセス権を得たのだ。それから後は、アップルの Find My iPhone サービス(紛失した電話の安全機能としてリモートワイプが可能)を使って、Honan のデバイスをリモートワイプすることが出来た。

After convincing Apple support that they were Mat Honan, the hacker had Apple Support change Honan’s iCloud password which gave them full access. From there, they were able to perform the remote wipes on Honan’s devices using Apple’s Find My iPhone service which offers remote wipe as a security feature for lost devices.

     *     *     *

誰の身にも起こりうる

Honan のような有名人は一般の iCloud ユーザーより標的になりやすいかもしれないが、個人情報を Facebook などのオンラインサービスで同じような形で公開して、誰でもアクセスできるようにしているひとは多い。Forbes の Adrian Kingsley-Hughes は次のように指摘している。「アップルはセキュリティを強化して、今回何がいけなかったのか明らかにすべきだ」と。

As a somewhat public figure, Honan may have been an easier target than the average iCloud user, but many users may also have personal information publicly available on online services such as Facebook that could be used in a similar fashion. Forbes’ Adrian Kingsley-Hughes suggests that Apple “needs to tighten up security and come clean about what went wrong here.”

     *     *     *

最近 Honan の記事を見かけないと思ったら、Gizmodo から Wired に転身していたものらしい。

同じようなことが自分の身に起きると考えただけでゾッとする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[オレのことは放っておいてくれ:image

ギズモードの Mat Honan がオモシロい。

Gizmodo: “Please Stop Hauling Out Steve Jobs’ Ghost” by Mat Honan: 04 April 2012

     *     *     *

死者に語らせる

死者の口を借りて語るのは易しい。死者に語らせれば、誰も間違いを正せないから。死せる者の口から語らせ、公衆の面前で死せる身体に頷き、同意の身振りをさせても、死者は文句をいわないからとても安全で容易な芸当だ。このことは特にスティーブ・ジョブズに当てはまる。

It is easy to speak for the dead—after all, they can’t correct you. You can safely put words in the mouths of the deceased and trot their lifeless bodies out in public to wag a finger or nod in approval, with no fear that they’ll complain. This is especially true of Steve Jobs.

ジョブズのことは誰でも知っているし、その考え方もよく知られているので、「ジョブズならこうした、いや彼ならそうはしなかった」といいたくなるのはよく分かる。しかしそれって論理の手抜きだし、真の意味など何もない。アナタの知り得ない何らかの権威に基づいて、肯定論や否定論が行なわれる — 例えば、ジョブズなら新しい iPad は承認しただろうとか、しなかっただろうという類いの議論だ。

It’s tempting to say “Steve Jobs would have done this,” or “Steve Jobs would not have done that” because he was a familiar figure and we do have a good idea of his sensibilities. But that’s a lazy rhetorical device, and it’s devoid of real meaning. If it did have any authority you wouldn’t see, for example, people arguing both sides of an issue—like whether or not he would have approved of the new iPad.

     *     *     *

期待を裏切る聖なる偶像破壊者

スティーブ・ジョブズについて我々が確実に知っていることといえば、彼が期待を裏切る聖なる偶像破壊者(iconoclast)だったということだけだ。誰よりも早くマーケットの変化を予測し、リスクを背負った。ジョブズについて好きな寓話のひとつは、彼がアップルのベストセラーである iPod Mini を製造中止にしてしまったことだ。それを予期した者がいただろうか? 我々を驚かすという一点の上に彼のペルソナのすべてが築かれているのだ。だから彼がそういったのいわないのと確信を持っていうことは誰にとっても難しい。それともジョブズがどうするかキミなら知っているわけ? そんなに賢いのならキミ自身がそうしたらよかったんじゃないの、頭のいいお前さんよ・・・

Thing is, the one thing we know about Steve Jobs above all else is that he was an iconoclast who defied expectations. He took big risks and anticipated market changes long before the rest of us did. One of my favorite stories about Jobs is that he killed off the iPod Mini just when it was Apple’s best-selling iPod. Who saw that coming? He built an entire persona around surprising us. That makes it really hard to say with any certainty what he would or would not have done. Oh so you think you know what Steve Jobs would do? Then why haven’t you already done it, smart guy?

     *     *     *

ジョブズの口を借りていわせる

死せる後にジョブズは様々なものを批評したことになっている — ソフトウェア、プログラミング言語、ロゴ、製品名などなど、時にはその全部をひっくるめて・・・。新しい Apple TV についてまで口を出している株主に配当をするのをバカにし、死後になってウォール街占拠(Occupy Wall Street)に賛意を示したり、その逆に私立 Hampton Sydney College のような難易度最高の1パーセント派の立場をとったりもする。いまや彼は Madison Preparatory Academy のような私立学校も好きなのだ。ジョブズの亡霊は、ソウル・バス[映画のタイトルデザインを確立した人物]の本を読むのも、自分の弔辞を読むのすら好きだ。

After his death, Steve Jobs has become a critic of software, language, logos and product names (sometimes all at once!). He weighed in on the look of the new Apple TV. He poo-pooed Apple’s decision to pay its shareholders dividends. He posthumously expressed his support for Occupy Wall Street and, conversely, the one-percenters safety school of choice, Hampton Sydney College. In fact, he now loves private schools, like Madison Preparatory Academy. His ghost would enjoy reading a book about Saul Bass, as well as several of his own obituaries.

     *     *     *

どうやって分かるんだ?

特に質問に対してイエスで答えるときに、その言いっぷりの可笑しさが際立つ。ジョブズなら新しい iPad を出しただろうか。モチロンだよ! どうして分かるんだ? 霊界との交信に使うウイジャ盤(Ouija Board)で尋ねたの? 天国からのささやき(Ghost Whisperer)に聞いたの? しこたま LSD をやったの? もし誰かが逆の主張をしたらどう考えればいいの?

That trope is particularly galling when it’s used to ask and answer in the affirmative. Would Steve Jobs have released the new iPad? Yes! How do you know that? Did you ask him with your Ouija Board? Talk to the Ghost Whisperer? Take a bunch of acid? And what am I to think when I see someone arguing the counter point?

     *     *     *

もう戯言の類いはよそう

議論に役立たぬ無意味な戯言(たわごと)だ。アメリカの建国の父について「建国の父なら月面基地を認めたりはしなかった!」などというデタラメ話の類いだ。そもそもどうやって反論できる? 死者の願いを知ると称する輩にどうやって抗(あらが)える?

It’s pointless drivel that does nothing to advance an argument. It’s the same bullshit you see about America’s Founding Fathers. “The Founding Fathers never would have supported a moon base!” How can you contradict that? How can you argue with anyone who pretends to know the wishes of the dead?

     *     *     *

ジョブズ=アップルではない

だから、結局どうなのか? もしジョブズがアップルと同じものなら、アップルはジョブズが埋葬される前にとっくに倒れてしまっている。ジョブズとアップルは同一ではないのだ。確かにアップルはジョブズを反映しているかもしれないし、その偉大な製品とその成功の多くがビジョナリーの故かもしれない。しかしアップルはジョブズではないし、その逆も真ならずだ。

And ultimately, so what? If Steve Jobs were Apple, the company would have gone out of business before his body was in the ground. They are not one and the same. Sure, it may be a reflection of him, and he unquestionably was its visionary who was ultimately responsible for so many of its great products, and its remarkable success. But Apple is not Steve Jobs, nor vice-versa.

     *     *     *

安らかに眠らしめよ

ジョブズは亡くなったのだ。アンタら操り人形の自称専門家どもと違って、くだらぬ日常業務をこなす必要などないのだ。いいかげんに彼をして安らかに眠らしめよ!

Steve Jobs is dead. He doesn’t need to do another day’s work as your puppet pundit. Let the man rest.

     *     *     *

こうして見るとジョブズをダシにしていいたいことをいっているヤカラが大勢いることに気づく。事情をよく知った Mat Honan にしてみれば耐えられないということなのだろう。

ガジェットサイトらしからぬ Honan のクールな視点が好きだ。グーグルの変身ぶりを衝いた渾身の論考もメチャおもしろかった。

ただ、そのシニカルさ故に滅多に訳出されないのが残念だ。

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1PF

Read Full Post »

Older Posts »