Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Marketing’

Marco_Arment

[Marco Arment:photo

自らがソフトウェア開発者である Marco Arment が直言している。

「機能面での優位性をアップルは失ってしまった」と・・・

Apple has lost the functional high ground | Marco.org

     *     *     *

アップルソフトウェアの品質の急落

アップルのハードウェアは素晴らしい。これまでになく素晴らしい。しかしソフトウェアの品質となるとここ数年で急落している。将来のことを考えると非常に心配だ。

Apple’s hardware today is amazing — it has never been better. But the software quality has taken such a nosedive in the last few years that I’m deeply concerned for its future. […]

     *     *     *

失われた優位性

アップルの機能的優位は完全に失われてしまった。お決まりの「ちゃんと動く」という常套文句はもはや真実ではなくなった。限定条件や注記を付けることがますます多くなった。いまやアップルの OS やアプリケーションがリリースされても、保守的なウインドウズ IT 部門さながらの極端な懐疑主義と恐怖感で対応しなければならなくなっている。

Apple has completely lost the functional high ground. “It just works” was never completely true, but I don’t think the list of qualifiers and asterisks has ever been longer. We now need to treat Apple’s OS and application releases with the same extreme skepticism and trepidation that conservative Windows IT departments employ.

     *     *     *

マーケティング優先の結果

アップルのソフトウェアが急速に勢いを失っているのはマーケティングの力が強力になり過ぎているせいではないかと怖れる。毎年メジャーなリリースを繰り返すのもマーケティング優先のためだが、品質を維持しつつエンジニアチームが遅れずについていくのは明らかに不可能だ。エンジニアリングの問題もあるかもしれないが、そうではないと自分は思う。いかなるエンジニアチームにとっても、マーケティングの要求は満たしつつ、しかもなお非常に高度な品質を保つことは求心力のあるチームとしては不可能だろう。

I suspect the rapid decline of Apple’s software is a sign that marketing has a bit too much power at Apple today: the marketing priority of having major new releases every year is clearly impossible for the engineering teams to keep up with while maintaining quality. Maybe it’s an engineering problem, but I suspect not — I doubt that any cohesive engineering team could keep up with these demands and maintain significantly higher quality.

     *     *     *

非現実的な期限設定

何が問題なのか極めて明白だ。非現実的な締め切りに追われて働き過ぎているのだ。それも過度なまでに・・・

The problem seems to be quite simple: they’re doing too much, with unrealistic deadlines.

     *     *     *

毎年 OS をリリースする必要はない

メジャーな OS リリースを毎年繰り返す必要なんかない。リリースのたびに長々と新しい機能をリストアップする必要もない。コンピュータや電話やタブレットがちゃんと動いてくれさえすればいい。そうすれば健全で、漸進的で、持続可能なペースでリリースされる新しい機能をみんなが享受できるようになるのだ。

We don’t need major OS releases every year. We don’t need each OS release to have a huge list of new features. We need our computers, phones, and tablets to work well first so we can enjoy new features released at a healthy, gradual, sustainable pace.

     *     *     *

ますます拡大し加速する

アップルのトップは、ソフトウェアの欠陥がいかにアップルの評判を損ねているのか十分に理解していないのではないかと怖れる。もし理解しているのであれば、そのようなことは起きないはずだからだ。しかし実際は逆のことが起きているようにみえる。マーケティング主導の、複数の製品群にまたがる、急速なペースでのアップデートは、ますます拡大し、加速しているように見えるのだ。

I fear that Apple’s leadership doesn’t realize quite how badly and deeply their software flaws have damaged their reputation, because if they realized it, they’d make serious changes that don’t appear to be happening. Instead, the opposite appears to be happening: the marketing-driven pace of rapid updates on multiple product lines seems to be expanding and accelerating.

     *     *     *

多くのひとがアップルについて感じている獏とした不安を Marco Arment が代弁しているかのようだ・・・

広告

Read Full Post »

9845919986_2b9bf3ed43_o

[サンフランシスコのアップルストア:photo

9to5Mac: “Apple plans ‘enormous’ iPhone upgrade event this week to boost sales” by Mark Gurman: 05 May 2014

     *     *     *

5月8日からアップルストア iPhone イベント

アップルは販売促進のためアップルストアで今週「大規模な」 iPhone 関連イベントを計画中だと、計画に詳しいあるソースが語っている。それによると、アップグレード対象となる古いモデルを持つ iPhone ユーザーに対して、5月8日から地元のアップルストアで新しい iPhone 5S/5C にアップグレードするようEメールで勧誘するという。

Apple is planning to hold an “enormous” iPhone-related event in its stores this week in order to boost sales, according to a source with knowledge of the initiative. Beginning May 8th, the source said, Apple will be contacting upgrade-eligible iPhone users with older iPhone models via email to come into their local Apple Store to update to a new iPhone 5s or iPhone 5c…

このプログラムはアップルストアの iPhone 下取りプログラム — 古いモデルを割引価格で下取りする — とうまくマッチする。最近アップルは iPhone の下取り価格を引き揚げたと、あるソースはいっている。

This program blends nicely with Apple’s Apple Store-based iPhone hardware trade-in program, which allows customers to turn-in older iPhone models to purchase a new model at a discounted price. Apple, in recent weeks, has increased the buyback prices for iPhones in its trade-in-program, according to a source.

     *     *     *

米国のみのイベント

このイベントは米国の複数の州で行なわれる予定で、新製品発表時並みの来客を受け入れられるよう準備中だという。アップルのリテール幹部に対しては明日説明の予定だと
このソースはいう。そのほかアップルでは、アップルストアにおける様々な iPhone マーケティング及びセールスプロモーションを計画中だといわれる。

This event will be held in multiple states across the United States, and Apple is said to be preparing for an influx of visitors to its stores on the levels of traffic driven to stores for new product debuts. Apple will brief Apple Retail management on the initiative tomorrow, according to the source. Additionally, Apple is said to be readying various other new marketing and sales initiatives to improve the sales of the iPhone in its retail stores.

     *     *     *

Angela Ahrendts が指揮

今週はリテール及びオンライン担当上級副社長 Angela Ahrendts にとって実質初めての週となるが、アップルのリテール担当幹部の協力を得てこのプログラムを指揮する予定だ。

Apple’s new Senior Vice President of Retail and Online Stores Angela Ahrendts’ first full week at Apple will be this week, and she will likely be overseeing this new program with the assistance of other Apple retail executives.

     *     *     *

iPhone 買い替え促進と Ahrendts デビューが狙いか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

everything_else

[iPhone にはすべてがある:image

このところアップルをめぐる話題となるとネガティブ報道しかないのが悲しい。

サムスン Galaxy S4 発表をめぐって Phil Schiller が「とちったり」、「なぜ iPhone なのか」ページが急遽表れたり・・・

John Paczkowski がこれらの動きをクールに切って棄てている

AllThingsD: “Hey, Remember How Awesome the iPhone Is?” by John Paczkowski: 16 March 2013

     *     *     *

「なぜ iPhone なのか」

iPhone がいかに魔法のような、革命的なデバイスであるかもう忘れてしまったのだろうか? もしそうなら — 最近のアップルはますますそう思っているように見えるが — そんなひとのためにアップルは手軽なリマインダー広告を準備した。「なぜ iPhone なのか」というアップルサイトの新しいページだ。なぜアップルのスマートフォンがモバイルデバイスの初めにして終わりなのか、微に入り細を穿って説明している。
 

Forgotten what a magical and revolutionary device the iPhone is? If you have — and Apple increasingly appears to think so — the company has a handy reminder: A new “Why iPhone” Web page that explains in exhaustive detail why Apple’s smartphone is the alpha and omega of mobile devices.

     *     *     *

大掛かりな広告

なぜマックが好きになるのか」というキャンペーンを覚えているだろうか? 基本的にはこれと同じもので、こんどは iPhone というわけだ。いいかえれば、これはアップルが作っている重要な製品についての大掛かりな広告なのだ。

Remember the “Why You’ll Love a Mac” campaign? Well, this is basically the same thing, but for iPhone. In other words, it’s a big ‘ol advertisement for an important product from the company that makes it.

     *     *     *

プレシャーを感じはじめた

ただ、今回の広告は iPhone の強力なライバルであるサムスンの Galaxy S4 が発表された2日後に行なわれている。ということは、アップルが韓国のライバルに恐怖を感じていることを意味しているに違いない。これまでアップルが確保してきた端末機器メーカー業界の純利益の 60〜70% を、突如としてサムスンが奪取すると宣言したことに恐怖を感じて。明らかにアップルはプレシャーを感じ始めている。

But, Apple launched it just two days after Samsung unveiled its new iPhone challenger the Galaxy S4, so that must mean the company is terrified its Korean rival is suddenly going to claim the 60 percent to 70 percent of annual handset industry profits it typically captures for its own. Clearly, Apple is feeling the heat.

それとも、アップルは絶望的になっているのかもしれない。

Or just maybe Apple is desperate.

     *     *     *

「生涯の伴侶」

実はサムスンも自らのウェブページで、Galaxy S4 は今までにないやり方でわれわれの生活を変える「生涯の伴侶」だと主張している。「サムスン Galaxy S4 は『共にいる』ことがすべてなのです。離れていてもひとびとをつないでくれるのです」と。

Thing is, Samsung has a Web page of its own, and it claims the Galaxy S4 is a “Life Companion” that’s going to transform our lives in ways never before possible. “The Samsung GALAXY S4 is all about ‘togetherness.’ It brings people together when they’re apart.”

     *     *     *

相手もプレシャーを感じている?

スマートフォンが「生涯の伴侶」だって? 大げさすぎるし、すこしバカげている。サムスンもまた iPhone が Galaxy S4 の売上を食うのではないかと怖れているということだろうか?

A smartphone that’s a “life companion?” That seems a stretch. A little ridiculous, too. Could it be that Samsung worries the iPhone might encroach on sales of the S4?

スマートフォンを生涯の伴侶として宣伝するのは、サムスン自身もプレシャーを感じている証拠だと主張することもできるかもしれない。そうではないものをそうだと主張するなんてまともな人間なら誰ができるだろうか。それに必死な感じすら少しする。

One could argue that promoting a smartphone as a life companion is evidence that Samsung is feeling a little heat of its own. Who in their right mind would claim such a thing if they weren’t? That sounds a little desperate, too.

     *     *     *

お互いに・・・

ワカル? サムスンもプレシャーを感じているのだ。そしてアップルもそうだ。

And you know what? Samsung is feeling the heat. And so is Apple.

     *     *     *

ゴジラ対メガゴジラメカゴジラ

なぜかって? なぜならサムスンとアップルは、モバイルデバイスのマーケットで覇権を求めて必死の闘いを繰り広げているからだ。10か国以上にまたがる50もの訴訟をこの2社が繰り広げていることを思い出してほしい。これはゴジラ対メガゴジラメカゴジラの闘いなのだ。

You know why? Because Samsung and Apple are beating the hell out of each other in the mobile device market in which they each seek supremacy. Recall that the two companies have some 50 lawsuits against one another spread out over 10 countries. This is Godzilla versus Mechagodzilla.

     *     *     *

宣伝合戦

「珍しく守勢の」インタビューだって? 「チャンピオンはわれわれ」だって? 事実をありのままに告げているのではないのだ。

So these “rare defensive” interviews? These “We Are The Champions” Web pages? They’re not tells.

これはマーケティングだ。これは宣伝合戦なのだ。これは重要でうま味のあるマーケットをめぐる熾烈な闘いの一側面なのだ。決して異常なことではない。これがビジネスなのだ。

They’re marketing. They’re advertising. They’re part and parcel of a brutal battle over a lucrative and important market. And they’re not unusual. They’re business.

     *     *     *

とうとうゴジラとメガゴジラメカゴジラになっちゃった・・・

訂正》メガゴジラではなくメカゴジラの間違いでした。メチャな間違いで失礼。タイトルはそのまま晒しておきます。とある病院勤務医 さん、ありがとう。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

steve-jobs.jpg

Pascal-Emmanuel Gobry がアップルのマーケティング手法についてオモシロいことをいっている。

Silicon Alley Insider: “Apple’s Cleverest — And Most Annoying — Marketing Gimmick” by Pascal-Emmanuel Gobry: 18 December 2010

     *     *     *

卓越したマーケティング手法

ことマーケティングに関する限り、アップルが史上最も優れた企業のひとつであること、Steve Jobs が非常に細部にまでこだわることについては誰しも認めるところだろう。この二つの点は些細なことかもしれないが、アップルが用いる卓越したマーケティング手法(marketing gimmick)なのだ。毎日のようにアップルが用いていても、それが非常に賢いやり方であると同時に(少なくとも自分とっては)非常に気に障るものであることに気づくひとは少ない。

It’s universally acknowledged that Apple is one of the best companies in history when it comes to marketing, and that Steve Jobs is a very detail-oriented man. An example of these two things is a tiny, but great marketing gimmick that Apple uses. Even though they use it nearly every day, we bet you haven’t noticed It’s both extremely smart and extremely annoying (at least to us).

     *     *     *

製品をヒト扱いする

それはこういうことだ。アップルは自社製品を指すのにモノではなくヒトを指すみたいに文法上扱うのだ。

Here it is: Apple refers to its products grammatically as persons and not as objects.

Steve Jobs が iPod や iPhone、iPad について語るとする。彼は「the iPhone does this」とか「the iPhone does that」という代わりに「iPhone does this」とか「iPad does that」というのだ。前者はモノを指す言い方であり、後者はヒトを指すとき使う言い方だ。[注:モノには冠詞がつくが、ヒトは固有名詞なので冠詞がつかない。]

If Steve Jobs is talking about an iPod, an iPhone or an iPad, he will say “iPhone does this” or “iPad does that”, instead of “the iPhone does this” and “the iPhone does that.” You would use the former version to refer to a person, and the latter to an object.

     *     *     *

意識下のメッセージ

これは非常に賢いやり方だ。あまりに微妙で気づかないからだ。ほとんどのひとは気づいていないと思う。うまくいくのはまさにこういうやり方なのだ。そうすることでアップルについて強力な意識下のメッセージ(subliminal messages)を送り出すのだ。われわれの製品はユニークでとても貴重だ、と。同じく重要なことだが、われわれは自社の製品を語るのに競合他社と同じやり方はしない、とも。

It’s extremely smart because it’s so subtle. We’ll bet most people haven’t noticed it. And yet it’s exactly the kind of thing that works. It sends a bunch of powerful subliminal messages about Apple. Our products are unique and very valuable. Perhaps as importantly: We don’t speak about our products in the same way as our competitors.

     *     *     *

意図的に

一旦気がつくと、そこら中その例で溢れている。Steve Jobs はキーノートでそういう言い方をする。アップルは広告でそうする。実際に Mac vs PC のコマーシャルではそれぞれの製品を代表していたのはヒトだった。アップルが意図的にそうしているのは間違いないし、それが効果的であることも間違いない。

Once you pay attention to it, you see it everywhere. Steve Jobs does it in his keynote speeches, Apple does it in its ads. And of course in the Mac vs PC ads the products are represented by actual people. There’s no way they’re not doing it on purpose — and there’s no way it doesn’t have an effect.

     *     *     *

なぜ気に障るのか

しかしそれが気に障るのはなぜだろうか? こう考えるのは自分だけかもしれないが、巨大企業が自社製品を買ってもらうのにそれをヒト扱いするなんで、なんとなく気味が悪いという点がひとつ。もっと重要なことは、自分が文法にうるさいことだ。こと文法に関してはアップルが実にひどい会社であることは「Think Different」を見ても明らかだ。

But why is it so annoying? Well first of all, maybe we’re alone, but there’s something just faintly creepy about a giant corporation who wants you to buy their products talking about them as if they were persons. But more importantly, it’s annoying because we tend to be sticklers for grammar, and Apple is one of the most egregious companies on this front (“Think Different”?!).

     *     *     *

細部にまで注意を払う

それにしても、アップルがかかる細部にまで注意を払い、マーケティングに通暁していることには感心せざるを得ない。

And yet, we can’t stop admiring Apple’s attention to detail and marketing savvy.

     *     *     *

潜在意識に働きかける意識下のやり方こそ最高のマーケティングというわけだ。

ところでこの文章は、ほんとうにアップルを褒めているのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

green_apple_logo_price.jpg

Apple Pricing

John Gruber はときどき長文の記事を書く。アップル製品の価格設定についても大変刺激的な記事を書いている。

価格競争では誰もアップルに勝てないというのだ。

Daring Fireball: “Apple’s Pricing Advantage” by John Gruber: 09 November 2010

     *     *     *

電話ビジネスの奇妙な世界

電話は奇妙なビジネスだ。奨励金をベースに価格設定がされる(subsidized pricing)せいだ。AT&T から買う 199 ドルの iPhone 4 は、実は 199 ドルではない。2年間の高額なサービス契約が背後に隠れているからだ。奨励金の付かない iPhone 価格を見ればそれは明らかだ。(アップルサイトの iPhone 比較のページに小さく書かれた文字[注1 ]を見れば明らかだ。それぞれ 16/32 GB モデルの真の価格は 599/699 ドルなのだ。

Phones are a funny business because of subsidized pricing. When you buy an iPhone 4 for $199 from AT&T, you’re not really buying it for $199, because you’re agreeing to an expensive two-year service contract. But when you look at unsubsidized phone pricing — see the small print at the bottom of Apple’s iPhone comparison page — you can see the real prices: $599/$699 for the 16/32 GB models, respectively.

     *     *     *

iPhone の競合機種は?

iPhone のこの価格は他社とも十分競争できる。サムスンの Galaxy S(来週はともかくとして今のところ「市場に出ている Android フォンとしてはベスト」だろう)は、アマゾンでアンロックモデルを買うと約 600 ドルだ。ただし内蔵ストレージは 8 GB ポッキリだ。HTC の Desire は 600 ドルちょっと欠ける。グーグルの Nexus One はよく売れたが 529 ドルもした。

These prices compare quite well to the competition. The Samsung Galaxy S — a decent choice for the current “Best Android Phone on the Market” title (check back next week, though) — costs about $600 unlocked from Amazon, and only has only 8 GB of built-in storage. The HTC Desire costs just under $600. Google’s Nexus One, while they were selling it, cost $529.

     *     *     *

キャリアとの力関係

Android フォンの多くは奨励金を割り引いた後の販売価格が iPhone より低いが、これはキャリアと端末メーカーの力関係にあるというのが真実だと思う。iPhone を扱いたいキャリアはアップルとネゴするしかないが、優れた Android 端末が欲しいなら、HTC やサムスン、LG、モトローラなどをお互いに競わせればいいからだ。

(I’d argue that the lower subsidized prices of many Android phones compared to the iPhone is really about the handset makers’ relative bargaining position against the carriers. A carrier that wants the iPhone has one option: negotiate with Apple. A carrier that wants some good Android handsets can play HTC, Samsung, LG, Motorola, and whoever else against each other.)

     *     *     *

続けて John Gruber は、iPod/iPod Touch/iPad などの iOS デバイスでもアップルが価格優位に立っているという。

iPad の場合

最後に iPad だが、競合他社の最初のモデルは7インチディスプレイのものだった。それが最適のサイズだからというのが理由だった。しかし直近の四半期決算報告に出席した Steve Jobs はこういったものだ。7インチディスプレイを採用したのは安いからだ、同じスクリーンサイズでは誰も iPad に勝てない、と。Verizon は Galaxy Tab を 599 ドル(iPad より 30 ドル安)で販売しているが、私は Jobs の説明を買うね。

Lastly, consider the iPad. The first batch of competing tablets are coming with 7-inch displays. They say it’s because they think that’s a better size. Steve Jobs, making an appearance on Apple’s most-recent quarterly financial analyst call, said it’s because 7-inch displays are cheaper, and no one else can afford to match the iPad’s price with a comparably sized touchscreen display. Given that Verizon is selling the Galaxy Tab for $599 — just $30 less than the equivalent iPad — my money goes to Jobs’s explanation.

というわけで、iPod も iPhone も iPad も、すべてアップルの価格は十分他社と競争できるか、あるいは他社より低い設定になっている。

iPods, iPhones, iPads. Across all of them, Apple’s prices are either comparable, or lower, than their competition.

     *     *     *

PC はどうか

ではこれらのデバイスと PC ではどう違うか。いくつか違いがあるが、いずれもアップルの有利に働いている。

So what’s the difference between these devices and the PC industry? A few things, and they all work in Apple’s favor.

1〕パーツの大量買い付け

まず、アップルはフラッシュストレージのような貴重で高価なパーツの大量バイヤーだ。サプライヤーから安い価格、優先的納入といった有利な条件が得られる。タッチスクリーン、LCD、ワイヤレスチップセットなどの他のパーツについても大量買い付けによる有利な条件を得る。なかでもフラッシュストレージが最も不安定な価格であり、世界最大のバイヤーとしてアップルは有利な条件を得ているのだ。それに加えて経営効率という点でもアップルは刮目すべきものがある。COO の Tim Cook ほどの賞賛を得られる人材がいたらいってみて欲しい・・・

First, Apple is the world’s leading volume buyer of a precious, expensive component: flash storage. They get better prices and priority availability from suppliers. They also enjoy volume purchasing advantages with other components — touchscreen LCDs, wireless networking chipsets, etc. — but flash storage is the most volatile, and the one where Apple has declared itself the number-one buyer in the world. Plus, Apple is a marvel of operational efficiency. Try to find someone, anywhere, to offer anything other than effusive praise regarding Tim Cook’s job as COO at Apple.

     *     *     *

2)デザインと品質

それにボリューム価格設定よりもっと大切な点がある。デザインと製品のクォリティだ。アップルの競合他社は目下のところすべてハイレベルのデザインを競っている。HTC、モトローラ、サムスンの Android 製品はいずれもデザインもよく、製造品質もいい。アップル製品ほどいいかどうかは別として、同じ土俵で競争していることは間違いない。

But there’s another major factor at play, which I believe is more important than volume pricing. It’s about design and build quality. Apple’s competitors in the consumer electronics space are, at least for now, all trying to compete at a high level with regard to design. HTC, Motorola, Samsung — their Android products are nicely designed and well-built. One can argue that they’re not as good as Apple’s products, but they’re in the same ballpark.

     *     *     *

コンピュータと家電製品の違い

これまでマスマーケットの PC メーカーはアップルのデザインおよび品質水準よりかなり低い製品を作ることに甘んじてきたし、消費者もそれを買うことに満足してきた。(大部分は今日でも同じだ。)

Whereas with PCs, the mass market PC makers have always been content to build products way below Apple’s standards for design and quality, and consumers were (and largely remain, today) content to buy them.

歴史的に見ても PC は技術的スペックで比較される。外観など関係なくスペックだけで PC を買うひとがいかに多いか驚くほどだ。しかし家電製品となるとそうはいかない。電話にどんな CPU が搭載されているか誰も知らない。(「普通のひとは誰も」知らないという意味だ。)アップルは iOS デバイスについては CPU のスペックも RAM がどれくらいあるかすら公表していない。

PCs, especially historically, were compared based on technical specs. An awful lot of PCs have been sold to people who never even looked at the enclosure — only the specs. That’s not how the game is played in consumer electronics. Nobody knows what kind of CPU they have in their phones. (Where by “nobody”, I mean “no regular people”.) Apple doesn’t even publish CPU specs for iOS devices, nor publish how much RAM they contain.

     *     *     *

モバイルの世界では圧倒的に優位

コンピュータについていえば、代表的なマックは同等の Windows PC に比べて一般的に高いといっていいだろう。しかしモバイルデバイスについてはそうではない。アップルは主としてデザイン、ユーザー体験、ブランドといった点で他の企業と競争しているのだ。生まれたばかりのモバイルコンピュータ市場は、これまでの PC 産業よりむしろ家電製品市場と共通する点が多い。そしてそのことがアップルにとって有利に働いているのだ。

With computers, again, it’s fair to say that the typical Mac costs more than the typical Windows PC. That’s not true for mobile devices, which means Apple gets to compete mostly on factors like design, user experience, and branding. In short, the nascent mobile computing market has much more in common with the traditional consumer electronics market than it does with the PC industry, and that works very much in Apple’s favor.

     *     *     *

アップル製品はデザインや品質はいいがそれにしても高いといわれたのはいつのことだったろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Steve Jobs Oldie but Goodie – YouTube]

“Apple’s Core Value”・・・伝説となった Think Different キャンペーンを開始するにあたって Steve Jobs が語ったこと。

AllThingsD: “Video: Apple’s Steve Jobs Introduces Company’s 1997 ‘Think Different’ Campaign” by John Paczkowski: 27 August 2010

     *     *     *

半ズボン姿の Jobs

Steve Jobs がタートルネックと半ズボンという出で立ちだって?

Steve Jobs in a turtleneck and shorts?

     *     *     *

Think Different キャンペーン

週末のお楽しみネタ。アップルの歴史は如何にすばらしいかというお話。冒頭のビデオでアップルの CEO が 1997 年の「Think Different」キャンペーンについて語る。ポイントとなる部分。「(新しい広告作戦では)世界を変えたひとびとに敬意を払う。まだ生きているひともいれば、そうでないひともいる。そうでないひとたちも・・・もし彼らがコンピュータを使うとしたら、それはマックだったはずだ。」

What a great bit of history this is, and a nice Friday diversion. In the video embedded below, the Apple (AAPL) CEO introduces the company’s 1997 Think Different campaign. A key quote: “[Our new ad campaign] honors those people who have changed the world. Some of them are living, some of them are not. But the ones that aren’t –you know that if they ever used a computer it would have been a Mac.”

     *     *     *

ひとに覚えてもらうには

もうひとつ。「(コンピュータの)世界は非常に複雑だ。とても雑音が多く、われわれにはなかなかチャンスがない。みんながわれわれのことを記憶にとどめてくれるチャンスが・・・。どの会社でもそうだ。われわれについて何か記憶にとどめてもらうためには、それを真に明確にせねばならない。」

And another: “This is a very complicated world. This is a very noisy world and we’re not going to get a chance…to get people to remember much about us. No company is. And so we have to be really clear on what we want them to know about us.”

     *     *     *

古くて聞き取りにくいビデオだが、アップルのマーケティングの原点について Jobs 自身のことばで語ったものとして注目される。

個人的にはナイキについて語った部分が興味深かった。「運動靴は単なる日用品に過ぎないが、ナイキは製品について語るのではなく、偉大な運動選手について語る」と。

アップルの Core Value を考えるうえで大きなヒントだ。

★ →[原文を見る:Original Text]


Read Full Post »

お次はポルノだって

Iphone Porn

TIME: The iPhone’s Next Frontier: Porn

フーン、歴史は繰り返すか・・・

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »

Older Posts »