Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Market share’

Benedict Evans の論考がたいへん興味深い・・・

Benedict Evans: “Smartphone market share is not a metric” by Benedict Evans: 28 January 2014

     *     *     *

スマートフォンのマーケットシェアは物差しではない。

Smartphone market share is not a metric

本論は数学に関するものでもないのと同様、テクノロジー業界に関するものでもない。いやあるいはそうかも知れない。まずは3つのチャート。

This isn’t really a post about the tech industry so much as one about maths. Or, perhaps, three charts.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.37 pm

[世界のスマートフォン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

最初のチャートは、世界のスマートフォン販売台数に占めるアップルのシェア。フラットで、伸び悩み、ハッキリいえば滑り落ちている。そうだろう?

The first shows Apple’s share of global smartphone unit sales. Flat, stagnant and, to be honest, slipping. Right?

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.47 pm

[世界のモバイルフォーン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

ふむふむ。では同じ数字を、こんどは世界のモバイルフォーン販売台数に占める割合で見てみよう。

Hmm. Now look at the same numbers, this time shown as a percentage of global mobile phone unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.30.22 pm

[iPhone 販売台数(実数):chart

ふむふむ。じゃあ、こんどは販売台数の実数だ。

Hmm. Now, actual unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.41.20 pm

[世界の Android および iPhone の販売台数(実数):chart

それに Android を加えてみると・・・

Now, let’s add Android to this.

     *     *     *

トヨタの例で考えると

かつてはスマートフォンのマーケットシェアを云々することが有意義で、重要な物差しだったときがあった。そんなときはもう過ぎた。これは米国における日本車の販売台数に占めるトヨタのシェアを語るのと似ている。なにがしかのことを語り、過去には非常に有用だったが、もはやそうではなくなった。

There was a point in time where talking about share of smartphone sales was a meaningful and important metric. That time has passed. It’s rather like talking about Toyota’s share of sales of Japanese cars in the USA: it tells you something, and was very useful in the past, but not any more.

     *     *     *

もはやスマートフォンのシェアだけでは不十分

アップルの将来については多くの問題があり、これらのチャートはそれぞれ異なった事柄について多くのことを — たとえば販売の伸びが明らかに減ってきていることを — 物語っている。しかし「スマートフォンのシェア」というだけではこれらの問題を考える有用な方法にはならないのだ。

There are lots of issues and questions about Apple’s future, and lots of different things going on in those charts, including a clear decline in the growth of sales. But ‘smartphone share’ is not a helpful way to think about those questions.

     *     *     *

日本車に対するトヨタの割合か、全車両に対する割合かという例がよく言い得ている。

たしかに iPhone が発表された時点ではスマートフォンとモバイルフォンは別だったかもしれないが、いずれモバイルフォンはすべてスマートフォンになる。

また先進国市場ではスマートフォンが飽和状態に近づき、新興国市場ではモバイルフォンとの競合関係も考えざるを得なくなってきたとき、比較すべきはどちらだろうか?

さらにはアンドロイドとの競合関係を考えるときに比較すべきはどちらだろうか?

Benedict Evans のチャートはひじょうに明快にその疑問を投げかけてくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

watermelon_truck

[トラックいっぱいのスイカ:image

マーケットシェア神話に関する John Kirk の投稿が刺激的でオモシロい。「アンドロイドのマーケットシェアなんてジョークだろ」と。

Tech.pinions: “Android’s Market Share Is Literally A Joke” by John Kirk: 23 May 2013

     *     *     *

「もっとでっけぇトラック」

2人の農夫がスイカを1個5ドルでトラック一台分買った。そしてマーケットへ出掛け、1個4ドルでそのスイカを全部売った。結局のところ、売ったカネを数えてみたら、最初持ってた分より少ないことに気がついた。

Two farmers bought a truckload of watermelons, paying five dollars apiece for them. Then they drove to the market and sold all their watermelons for four dollars each. After counting their money at the end of the day, they realized that they’d ended up with less money than they’d started with.

「だからいったベ!」とひとりの農夫がもうひとりへいった。「もっとでっけぇトラックでなきゃなんねと。」

“See!” said the one farmer to the other. “I told you we shoulda got a bigger truck.”

     *     *     *

John Kirk の議論はこのジョークに象徴される。

マーケットシェアさえ大きければという議論は、でかいトラックの方がいいという考えと変わらないというワケだ。

でかければいいというマーケットシェア神話は、TechCrunch のこの記事に集約されているという。

TechCrunch: “Android Is Winning” by Matt Burns: 14 August 2012
TechCrunch Japan: “Android、世界のスマートフォン市場のシェア64%―トップの座をゆるぎないものに(Gartner調査)“: 15 August 2012[滑川海彦 訳]

「Android が勝利している」

スマートフォン市場の最新の情報が入ってきた。トップはAndroid、iOSは大きく引き離された2位だった。

世界市場でのAndroidの優位は否定できないものとなった。もっとも熱狂的なAppleファンといえどもiOSが2番手でありAndroidがトップであることを認めざるをえないだろう。

“The latest numbers are in: Android is on top, followed by iOS in a distant second. There is no denying Android’s dominance anymore. There is no way even the most rabid Apple fanboy can deny that iOS is in second place now. Android is winning.”

     *     *     *

マーケットシェア神話を打破するため John Kirk は精緻な議論を展開するのだが、随所で使われる譬えがバツグンにオモシロい。

利益を考えずにマーケットシェアだけを云々するのは「でかいトラック」論と変わらないとして、次のような譬えをする。

野球(フットボール、ホッケー)でいえば

利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、野球でいえば、打数の多いチームの方が得点の多いチームより勝つというのと同じだ。利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、フットボールでいえば、ヤードを稼ぐチームの方が得点を稼ぐチームより勝つというのと同じだ。利益を無視してマーケットシェアだけを語るのは、ホッケーでいえば、シュート数の多いチームの方がシュートを決めるチームより勝つというのと同じだ。

Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a baseball team won because it had more hits when the other team scored more runs. Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a football team won because it gained more yards when the other team scored more points. Scoring by market share alone and ignoring profit is like saying that a hockey team won because it had more shots on goal when the other team had more goals.

全体の文脈を考えずにマーケットシェアだけを語るのは、無意味であるだけでなく、誤解を招きやすいという意味でもっと悪い。

Market share without context is not only useless, it is worse than useless because it is likely to be misinterpreted.

     *     *     *

また、利益をぬきにしてマーケットシェアだけを考えるのは無意味だとして、次のような譬えをあげる。

ハンバーガーチェーンだとすると

たとえば、アップルがハンバーガーチェーンだと想像してみよう。マクドナルドやバーガーキング、ウェンディーズを合わせたのよりもっと儲けているが、売れたハンバーガーの数では全体の 5% に過ぎないとする。このアップルがハンバーガー戦争で「負けた」と考えるひとが果たしているだろうか?

Imagine, for example, that Apple were a hamburger chain who made more money than McDonalds, Burger King, and Wendys combined, but only sold 5% of the total hamburgers. Would anyone seriously contend that Apple was “losing” the hamburger wars?

     *     *     *

1% の利益を増やすには

世界的にみると Android の出荷台数は約 70% を占め、利益では 29% を占める。ということは Android メーカーはマーケットシェアを 1% 増やしてもたった 0.41%[0.29/0.70 = 0.414]しか利益を増やせないことを意味する。いいかえれば、平均的 Android メーカーが利益を 1% 増やすには、マーケットシェアを 2.4% は増やさなければならないことになる。

Android accounts for approximately 70% of global smartphone shipments and 29% of global profits. This means that the average Android manufacturer creates just .41% of profit for each point of market share (0.29/0.70 = .414). In other words, the average Android manufacturer needs to capture 2.4 points of market share just to increase their market profit by 1%.

かくも利益率が低いため、Android メーカーは:

・製品の差別化が非常に困難
・マーケットシェアを増やすため利益を犠牲にする(坂道を転げおちるだけ)
・製造過程でスケールメリットを達成できない

Such a low fair share profit index may indicate that Android manufacturers are:
– Having difficulty differentiating their product;
– Sacrificing profits in order to buy market share (the “race to the bottom”);
– Unable to reach economies of scale in the manufacturing process.

     *     *     *

モバイル世界を支配するアップルとサムスン

Ben_Evans_Mobile_Dominance

[Mobile is eating the world:Ben Evans

このチャートをよく見て欲しい。それから私が引用した様々な記事のタイトルをもう一度見直して欲しい。どの記事も Android が勝利し、アップルが敗北しているのは、アップルが上のチャートの緑色の部分(アップルとサムスン以外の部分)を支配していないからと主張する。

Take a good hard look at the chart, above, then go back and re-read the headlines I listed at the start of this article. What each and every one of those headlines is contending is that Android is winning and Apple is losing because Apple doesn’t control the green portion of the chart, above.

緑色の部分から得られる利益なんて取るに足らなぬことを考えれば、そんなマーケットシェアが欲しいなんてまともな人間なら考えるだろうか?

I mean, honest to goodness, take a look at the total units sold compared to the paltry profits obtained from those green sales. Who in their right mind would even WANT that market share?

     *     *     *

成功の方程式

マーケットシェア神話の守護神たちは間違っているだけでなく、真逆のことをいっている。マーケットシェアを低く、利益を高く保つことが武器になるのだ。目指すべきはマーケットシェア当たりの利益率を減少させることなく増加させることだ。利益を犠牲にしてまでマーケットシェアを増やすことは、成功ではなく失敗の方程式なのだ。

Not only do the high priests of market share have it wrong, they have it exactly backwards. The company with the lower market share and the higher profits has all of the leverage. The goal is to INCREASE, not decrease, the ratio of profits to market share. Increasing market share at the cost of profits is a recipe for disaster, not a formula for success.

将来についてはいざ知らず現時点では、一般に流布されているのとは違って、スマートフォン戦争においてアップルはいとも簡単に勝利を収めている。

Apple may or may not do well in the future but right now, and contrary to popular belief, they are winning the smartphone wars and winning them handily.

マーケットシェア当たりの利益率:
 3.12% — アップル
 1.30% — サムスン
 0.41% — その他の Android 全社

RATIO OF PROFITS TO MARKET SHARE
3.12% Apple
1.30% Samsung
0.41% All Android

     *     *     *

ジョークだ

マーケットシェアがライバルと比較する際の最善の方法だと考えるのは、全体の文脈を考えていないので最悪の方法だ。マーケットシェアが必ず成功をもたらすと考えるのは、大きなトラックにすれば必ず大きな利益が得られると考えるようなもので、これって間違いなくジョークだ。

Not only is market share not the best way to evaluate the relative positions of competitors but, without context, it is one of the worst. Assuming that market share will always bring you success is like assuming that a bigger truck will always bring you bigger profits. It’s literally a joke.

     *     *     *

数字の議論となるといまひとつピンとこないのが普通だ。マーケットシェアの議論もそうだ。

そんな中で John Kirk の譬えはバツグンによく分かる。

彼の刺激的発言をキッカケに、興味深いマーケットシェア論が展開されているのがオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Low_price_iphone_pyramid

[この価格帯のスマートフォンがない:chart

J.P. Morgan のアナリストの低価格 iPhone に対する考え方が非常に興味深い。

AllThingsD: “Maybe the Low-End iPhone Is Really a Mid-End iPhone” by John Paczkowski: 03 May 2013

     *     *     *

低価格 iPhone の狙い

長い間ウワサされているアップルの低価格 iPhone が低価格のマーケットを狙っているのではないとしたらどうだろうか? 狙っているのは中価格帯だとしたら?

What if Apple’s long-rumored low-end iPhone isn’t targeted at the smartphone market’s lower reaches? What if it’s targeted at the middle?

     *     *     *

低価格ではなく「中価格帯」

ローエンドではなく、まさに本流を狙っているのだとしたら? 150 ドルの電話ではなく、200 ドルのものですらなく、350 ドルのものだとしたら? 「中価格帯の」(mid-end)iPhone だとしたらどうか?

What if it isn’t low-end at all, but simply mainstream? Not a $150 phone or even a $200 one, but a $350 one? A “mid-end” iPhone?

     *     *     *

J.P. Morgan の推理

J.P. Morgan の Gokul Hariharan と Mark Moskowitz が提起しているのはまさにそういうことなのだ。歴史の先例を見てもなかなか説得力があるように思える。

That’s the theory put forth by Gokul Hariharan and Mark Moskowitz over at J.P. Morgan, and it’s a pretty compelling one, with strong historical precedents.

     *     *     *

iPad mini の先例

アップルの iPad mini の価格は 329 ドルだが、グーグルの Nexus 7(249 ドル)やアマゾンの Kindle Fire(199 ドル)と比べて高すぎて、財布にきびしい消費者を引き寄せることはできないだろうと当初はいわれたものだ。しかし非常によく売れて、タブレットマーケットのハイエンド(499 ドル以上)とローエンド(249 ドル以下)の間に、新しく主流となる価格帯を築くことに成功した。それによってアップルのマーケットシェアが拡大したことは疑いない。

With a starting price tag of $329, Apple’s iPad mini was initially dismissed as too pricey to attract budget-conscious consumers drawn to Google’s Nexus 7 and Amazon’s Kindle Fire, which, at $249 and $199, respectively, were significantly cheaper. But the device proved wildly popular, and has since established a new mainstream price band between the tablet market’s high end ($499 and up) and its low end ($249 and down). And it unquestionably expanded Apple’s tablet market share.

     *     *     *

iPod nano にも先例

アップルは過去に iPod nano でも同じようなことをやっている。iPod のメインモデルが当時 299 ドルだったのに比べれば iPod nano は 199 ドルという低い価格設定になっていた。当時のローエンド MP3 プレーヤに比べると格段に高かった。しかしこの戦略が成功であったことは後に証明された。アップルは iPod nanoによって MP3 プレーヤマーケットにおける揺るぎない地位を固め、2005 年の導入以降の数年間は全 iPod の売上げの約半分を占めていたと、J.P. Morgan はいっている。

Apple did pretty much the same thing with the iPod nano. At launch, it priced that device at $199, which was less than the $299 the marquee iPod commanded, but significantly more than the low-end MP3 players of the time. And that, too, proved a winning strategy. The nano solidified Apple’s dominance of the MP3-player market, becoming so popular that it accounted for about half of all iPod shipments in the first few years after its launch in 2005, according to J.P. Morgan.

     *     *     *

アップルの社是

どちらの場合も、アップルはマージンの高いハイエンド製品の一部を犠牲にして、いずれ主流になりうるマーケットシェアの拡大に賭けたのだ。そしてそれがアップルの仕事のやり方(MO:modus operandi)となった。

In each case, Apple sacrificed a portion of its typically high margins to field a high-end product with enough mainstream aspirational appeal to expand its market share. And that has become the company’s M.O.

     *     *     *

ひとつ上の価格帯に引き寄せられる程度

アップルはスマートフォンについても同じようなことを考えているのではないかだろう。アップルは長期的な可能性に賭けて同じような道を選ぶだろうか? その可能性は大だ。J.P. Morgan のチャート[冒頭]を見れば、得るところが大であることは明らかだ。新しい iPhone の価格を、財布にきびしい消費者や初めてスマートフォンを買う消費者がひとつ上の価格帯に引き寄せられる程度下げるだけでいいのだ。

Presumably, Apple feels much the same way about the smartphone market. Will it follow a similar path to tap into its long-term potential? Seems likely. And, as you can see from the J.P. Morgan chart below, it could have a lot to gain by doing so. All it needs is a new iPhone priced low enough to draw budget-conscious consumers and first-time smartphone buyers into a higher price range.

     *     *     *

350 〜 400 ドルに設定すれば

Hariharan と Moskowitz はこう述べている。「現在サムスンは 200 〜 500 ドルの価格帯のマーケットで 35% 以上のマーケットシェアを占めている。・・・もしアップルが低価格製品の価格を 350 〜 400 ドルに設定すれば、今はほとんど無きに等しいこのマーケットで、12か月以内に 20 〜 25% のシェアを獲得することができるだろう。」

Here’s Hariharan and Moskowitz on the implications: “Currently Samsung dominates this segment ($200-500 price range) with 35+ percent market share. … We believe Apple could take 20-25 percent of this market in the next 12 months (from almost no market share currently), if it prices a lower-priced product at $350-400 levels.”

     *     *     *

これまで耳にした低価格 iPhone の話ではいちばん説得力がある。

低価格帯でライバルと直接競合するのではなく、既存の iPhone につなぐ中価格帯を創り出すというところがミソだろう。

マーケットシェアや需要予測を考える際の盲点かもしれない。

こんなことを考えるアナリストがいるんだ! さすが「アナリスト成績表」の上位にいるひとは違う・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »

android_activation

[増え続ける Android のアクティベーション:chart

「Android ユーザー」とひと括りにされていても、その実態は様々に異なっていることを示した Ben Bajarin の分析はなかなかショッキングだった。

これより少し前だがデータの権化のような Horace Dediu が Android ユーザーについてこれまた興味深い分析をしている。

Android は勝利している」(Android is winning)といわれる Android ユーザーがいったいどこにいるのかを追いかけたものだ。

・asymco: “Where are the Android users?” by Horace Dediu: 11 March 2013
・asymco: “An update on Android activations” by Horace Dediu: 14 March 2013

     *     *     *

Android アクティベーションのデータ

グーグルはときたま Android のデータを発表する。それも非常に限られている。前回の発表は 2012 年9月で、そのときアクティベーションは1日当たり 130 万回、総計で5億回という数字だった。

Google occasionally reports data regarding Android. Very occasionally. The last time we had some data was in September 2012 when we learned that activations were running at 1.3 million per day and that a total of 500 million total activations had taken place.

前回のアップデートから5か月(2013 年3月現在)が過ぎた。これまででいちばん長い。5か月経ったことは Benedict Evans も Android 開発者サイトのスクリーンサイズ統計で確認している。

As of today, being March 2013, the time between updates has reached five months. It’s the longest gap so far. Benedict Evans also notes that it’s been five months since the data regarding screen size stats has been updated on the Android developer site.

     *     *     *

その後のアクティベーションを予想すると

数字がないのはガマンしなければならない。データのない間も Android の成長パターンが持続していると考えると、冒頭のチャートようになるはずだ。
[注]グーグルはこの記事の2日後に新しい数字をアップデートした。以下の記事も新しいものに差し替えた。[見せ消ち]は当初の予想数字を示す。

But we have to live with what we get and, in the absence of an update, the pattern of growth in Android, if sustained, looks like this:

現在までの Android のアクティベーションは合計7億 5000 万回[8億回]、1日当たり 140 万回[200 万回]という数字になる。8月[6月]までには合計10億回のアクティベーションに達するはずだ。

It implies that 750 [800] million Android activations have taken place to date and the rate is about 1.4 [2] million per day. One billion activations could thus happen by August [June].

     *     *     *

comScore の米国データ

実は他にも、もっと頻繁にアップデートされている Android のデータがある。comScore mobiLens の調査で、米国の毎月の数字をまとめている。それによれば、米国の1月末の Android ユーザーは 6800 万人だ。そのデータは次図のとおり。

There is however another set of data regarding Android which is updated more frequently. The comScore mobiLens survey covers the US and provides updates on a monthly basis. That data shows that Android users in the US reached about 68 million as of the end of January. See the updated data below:

comScore_us_share

     *     *     *

グーグルと comScore のデータを重ねると

comScore 報告の米国契約者数(install base)およびスマートフォンの OS 別構成比も掲げておいた。comScore のデータとグーグルのアクティベーションデータを重ねると、世界の Android 合計中に占める米国の Android の割合は次のようになる。(オレンジは米国の Android ユーザー、ブルーはトータルの Android アクティベーション中に占める米国の割合。)

I included the install base and share of total users as reported. Combining the comScore data with Google’s activations gives the following picture of US as a percent of global Android (orange circles represent US base and blue circles the precent of total activations that the US might represent).

android_activation_revised

     *     *     *

Android ユーザーの 99% は米国外で増える

このデータによれば、米国の Android ユーザーは世界のユーザーの 9% を占めることになる。さらに驚くべきは成長率の違いだ。米国ユーザーの増加数は1日当たり1万 3300 人、一方世界の増加数は米国の 150 倍だ。言い換えれば、新しく増加する Android ユーザーの 0.6% が米国で、残りの 99.4% は米国外ということになる。

The data implies about 9% of Android usage is in the US. The more startling thing is the difference in growth: it implies that with a US growth rate of only about 13.3k/day, global growth is 150 times faster than US growth. In other words, that 0.6% of new users are in the US and that 99.4% of Android growth is outside the US.

     *     *     *

iPhone の場合は・・・

これはとても興味深いことだ。しかしさらに興味深いのは iPhone はそうではないことだ。 iPhone の場合は Android の場合より、米国での増加数は大きい。この点は次に示した米国における携帯プラットフォームの増加率のグラフからよく分かるだろう。

That’s an interesting story. But it’s even more interesting that this is not the case with the iPhone. The iPhone is growing considerably faster in the US than Android. One can see this more easily with a graph of the US mobile platform net user gain rate as shown below:

comScore_net_user_gains

     *     *     *

米国内 20%、米国外 80%

同じような傾向はアップルの財務報告書からもからも見て取れる。第4四半期の全世界「アクティベーション数」(=販売数)は1日当たり 52 万 5000 台(Android の同時期相当分の約4分の1)だ。comScore のデータによれば、1日当たり 10 万 6000 台が増加する。したがって iPhone の増加についてみると、約 20% は米国内、残りの 80% が米国外という計算になる。

Looking at the the same contrast between global and US, from Apple’s financial reports, in the fourth quarter the global “activation rate” (i.e. sales rate) for iPhone was 525k/day (nearly one quarter of the extrapolated Android rate). The comScore data suggests the US gains are running at 106k/day. Therefore we can calculate that about 20% of iPhone growth is in the US and 80% is outside the US.

     *     *     *

米国と他国の大きな開き

Android についての推計誤差を考慮しても、この違いは驚くべきものだ。増加に対する米国内の寄与率は Android が 1% なのに対し、iPhone では 20% と大きな開きがある。米国におけるこの2つのプラットフォームの様子は世界と比べて非常に異なっているのだ。

Even accounting for some potential error in the Android estimates, the contrast is quite stunning: 1% vs. 20% share of growth suggests something is very different about the US with respect to the two platforms.

     *     *     *

キャリア契約付きゼロという価格設定

私はつぎのように疑っている。すなわち、米国が「ローエンド」の選択肢として iPhone を入手できる数少ない(しかし最大の)マーケットであるという事実と関係があるのではないかという疑いだ。多くの消費者は、最低価格が(キャリア契約付きで)ゼロの Android フォンよりも、(キャリア契約付きで)ゼロの iPhone の方が魅力的だと考えるのではないだろうか。価格が同じであること(price parity) — 錯覚に過ぎないかもしれない — のせいで、米国というこの特別なマーケットでは Android よりも iPhone の方が成長が大きいのかもしれない。

My suspicion is that it has something to do with the fact that the US is one of the few (but largest) market where the iPhone is available as a “low end” offering. At a minimum price of $0 (with a contract) many consumers are finding the iPhone attractive relative to a $0 (with a contract) Android phone. This price parity (illusory as it may be) allows iPhone to grow even faster than Android in this particular market.

     *     *     *

もしも・・・

もしも同じような価格設定(price parity)が世界的に存在するとしたら、いったい何が起きるだろうか・・・

One wonders what would happen if such price parity were present globally.

     *     *     *

一読しただけではなかなか分かりにくいが、増加する Android ユーザーの 99% は米国外のもので、たった 1% が米国というのはなかなかショッキングな数字だ。

世界的なマーケットというとつい中国やインドのことを思い浮かべてしまうが、その 99% の世界でキャリア契約付きゼロという価格設定が現実化したらいったいどうなるのか・・・

Dediu がいいたかったのは最後の1行だろう。実にスリリングな問題提起ではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》Android 担当者の交代

アクティベーションの最新の数字をアップデートした Horace Dediu の記事は、Android の担当者が交代したことについても触れている。

asymco: “An update on Android activations” by Horace Dediu: 14 March 2013

     *     *     *

Andy Rubin の交代

アクティベーションについて最新のアップデートが行なわれたとき、偶然にもグーグルは Andy Rubin がアンドロイドの責任者としての地位を退いて Chrome 担当の Sundar Pichai に譲ったことを明らかにした。

Coincident with this update on activations, Google reported that Andy Rubin has stepped aside as the head of Android and that Android and Chrome would be under the same management.

Android の創始者が舞台を去ったという意味は別にしても、Android が Chrome と一緒になるということの意味は十分に吟味さるべきだ。

Putting aside the exit of the founder, the implications of the merger with Chrome will need significant contemplation.

     *     *     *

この交代に関しては、Dediu のツイートも興味深い。

大きな意見の相違?

この指導陣の交代はほぼ間違いなく大きな意見の相違によるものだ。 — Horace Dediu

Horace Dediu
The change in Android management is almost certainly due to profound differences of opinion.

     *     *     *

詳細については今後の報道を待つ必要があるが、Android をめぐる状況は決して平坦ではなさそうだ。

Read Full Post »

free_android_phone_from_dominos

[Android フォンはドミノ・ピザでももらえる:image

Nicholas Carlson のいささか挑発的な記事だ。

Business Insider: “Android Owners Aren’t Real Smartphone Owners” by Nicholas Carlson: 12 March 2013

     *     *     *

買い物もブラウジングもしない

Android のオーナーは、iPhone のオーナーに比べると、電話での買い物も、インターネットブラウジングも、電話でのビデオ鑑賞も、あまりやらないようだ。

Compared with iPhone owners, Android owners are less likely to shop with their phone, use it to browse the Internet, or watch video with their phone.

     *     *     *

スマートフォンも買わない

そもそも Android オーナーはなぜわざわざスマートフォンを買うのだろうか?

Why do Android owners even bother buying smartphones?

実際は買っていないのかもしれない。

Probably because they don’t actually buy them.

いや買っているのは確かだが、どうも実態は違うようだ。

Well, they do, but it doesn’t feel like it.

     *     *     *

買わなくてもタダでもらえる

AT&T、Verizon、Sprint などのショップに行ってごらん。販売奨励金でタダの Android フォンをいともカンタンに手に入れることができる。

It’s very easy to walk into an AT&T, Verizon, or Sprint store and walk out with a fully subsidized Android phone.

どれくらいカンタンかって?

Want to know how easy?

ときにはグーグル検索で「タダの Android フォン」をググってみたまえ。

Do a Google search for “Free Android Phone” sometime.

     *     *     *

ドミノ・ピザですら

自分でもやってみたが、どのキャリアにもある。ドミノ・ピザですらこんな広告[冒頭画像]をしているのをみつけたよ。

I just did, and amid all the offers from carrier I even found this ad from Domino’s pizza:

     *     *     *

マーケットシェアの比較は意味ない

Android とアップルのマーケットシェアを比較するのがいかにバカげているか、これがその証拠じゃないだろうか。

Anyway, all this is why it can be stupid to compare Android and Apple market share.

     *     *     *

カネを払う iPhone ユーザー

もちろん iPhone だってタダで入手できる。しかし大部分の iPhone ユーザーはそうではない。ポケットに入るパーソナルコンピュータのためにカネを払っているのだ。

You can get an iPhone free, but most people who get them don’t. They spend money to get a personal computer in their pocket.

     *     *     *

Android ユーザーは・・・

ほとんどの場合 Android ユーザーが探しているのは新しいケータイなのだ。だからショップで何を渡されようと、カネさえかからなければ何でもいい。きょうび、だいたいそんなひとたちが Android フォンのオーナーなのだ。

Android owners, for the most part, are just looking for a new cellphone, and will take whatever is handed to them at the store that doesn’t cost any extra money. These days, that’s usually an Android phone.

     *     *     *

この強烈な Carlson の記事について John Gruber がつぎのようにいっている。

Daring Fireball: “Nicholas Carlson: ‘Android Owners Aren’t Real Smartphone Owners’” by John Gruber: 12 March 2013

     *     *     *

Nicholas Carlson:「Android オーナーは真のスマートフォンユーザーではない」

Nicholas Carlson: ‘Android Owners Aren’t Real Smartphone Owners’

Business Insider 流のタイトルで強烈だが、真のスマートフォンユーザーである Android ユーザーを挑発しようとするものだ。しかしその言わんとするところは、これまで自分が思ってきたことと一致している。Android のマーケットシェアと実際に Android が使われているシェアとの奇妙な不一致について自分がかねがね抱いてきた疑問だ・・・

The headline is extreme, as mandated by Business Insider’s house style — intended to provoke Android enthusiasts who are real smartphone users — but the gist of his theory is what I’ve thought all along about the seemingly odd discrepancy between Android’s market share and Android’s usage share.

     *     *     *

Android と iPhone のマーケットシェア比較にはいつもなにか割り切れないものを感じてきた・・・

★ →[原文を見る:Nicholas Carlson

Read Full Post »