Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Market Segmentation’

Screen-Shot-2014-09-11-at-2.37.52-PM-620x254

[Apple Watch の三本柱:asymco

新しいテクノロジーが登場すると必ず守旧派の反撃に遭う。

こんな可能性があるではないかという議論より、こんな欠陥があるからダメだという議論だ。

Horace Dediu の挑戦がオモシロい・・・

Measuring the Apple Watch opportunity | Asymco

     *     *     *

Apple Watch の可能性を推し量る

Measuring the Apple Watch opportunity

Apple Watch が発表されたとき、みんなの目はスイスの時計産業に向けられた。アナリストは十分な関心を惹起できるほど Apple Watch が大きな存在になるかどうかを問題にした。業界のオブザーバーはアンシャン・レジーム[Ancien régime:旧体制、旧秩序]に対する新規参入者の競争力を問題にした。マーケターはマーケットのセグメント化仮説[market segmentation:顧客市場の細分化]から、アップルの奇妙な新製品が参入する余地があるかどうかを問題にした。

When the Apple Watch was launched, all eyes turned to the Swiss watch industry. Analysts measured it and asked if it’s big enough to be interesting. Industry observers questioned the competitiveness of an entrant vis-à-vis the ancien régime. Marketers weighed in with segmentation hypotheses and how Apple’s queer new device might best fit.

これらの分析はすべて間違っている。

These are all mistakes in analysis.

Apple Watch のマーケットはスイス(あるいは中国)の時計市場ではない。世界中にある手首の数だけ Apple Watch のマーケットはある。アップルが成功したかどうかはアップルのハードウェアがどれだけの手首につけられるかで決まるのだ。

The market for Apple Watch is not the Swiss (or Chinese) watch market. The market for Apple Watch is the number of wrists in the world. To the extent that those wrists will be covered with Apple hardware will determine whether it is successful or not.

     *     *     *

既存のマーケット

既存のマーケットから推し量るのは間違いだ。なぜなら既存の製品はすべて Apple Watch とは異なった仕事をするために存在するからだ。それらと比べても既存の仕事の大きさぐらいしか分からない。

Measuring the existing market is a mistake because the existing products are hired for different jobs. Those measurements will yield only an answer to how big that job is.

     *     *     *

Apple Watch は時間計測デバイスではない

既存大手と新規参入者を比較するのも間違いだ。なぜなら既存大手はすでに過去一世紀にわたり手首につける時間の計測デバイスの問題を解決しているからだ。アップルの時計は手首につける時間計測デバイスではない。iPhone が電話ではなく、iPad がパッドでないのと同様だ。

Assessing competitiveness vs. incumbents is a mistake because incumbents have perfected solving the problems of wrist-worn timekeeping devices over a century. Apple’s watch is not a wrist-worn timekeeping device any more than the iPhone is a phone or the iPad is a pad.

     *     *     *

マーケットセグメンテーション

今できるやり方でのマーケットセグメンテーションも不適切だ。なぜなら市場細分化は現在の仕事をベースにしているからだ。iPhone を 2007 年当時のセグメントで分類するのが不適切なのと同じだ。

Segmenting the market by whatever means are convenient today is irrelevant because the segments are currently positioned on the current jobs to be done. It’s no more relevant than classifying the iPhone along the segments defined for phones in 2007.[1]

     *     *     *

フィットネス

Apple Watch をむりやり「フィットネス」のマーケットに押し込もうとするひともいる。フィットネスは Apple Watch にとって時間計測程度にしか説得力はないのだ。

Some have tried to wedge the Apple Watch among the “fitness tracker” market. This is no more plausible given that fitness tracking is no more interesting than timekeeping is to Watch.

     *     *     *

「手首 — スペース — 時間」

Apple Watch のチャンスを推し量る最善の方法は、「手首 — スペース — 時間」という連続体の上で定量化し、何が可能で何が可能でないかを決めることだ。手首はコンピュータを付けるにはとても興味深い場所だ。そしてアップルはコンピュータを作っている。・・・このあとは読者の検討に委ねたい。

The best way to measure the opportunity is to quantify the “wrist-space-time” continuum and deciding what is and what isn’t addressable. The wrist is an interesting place to put a computer and Apple makes computers. The rest is left as an exercise to the reader.

     *     *     *

2007 年に登場した時点ではなく、今現在から iPhone を振り返ればもっとよく見えるという視点とも通じる。

既存の技術の延長上で考えるだけでは真の姿は見えてこないということだろう。

さて、読者は Horace Dediu の挑戦にどう応えるか・・・

広告

Read Full Post »


[7-inch iPad のモックアップ:image

Jim Dalrymple が7インチ iPad について語っていることがオモシロい。

The Loop: “The 7-inch iPad” by Jim Dalrymple: 25 May 2012

     *     *     *

7インチ iPad はなぜ出ないのか

スティーブ・ジョブズは7インチ iPad じゃ小さすぎるといったといわれている。7インチ iPad を製造できる技術はこの数年で変わってきた。しかしアップルがそれを出さない理由は変わっていない。

Steve Jobs was quoted as saying that the 7-inch iPad was too small. While the technologies that would allow such a device have changed in the last couple of years, the reasons Apple would release it haven’t.

     *     *     *

Kindle Fire 対抗論

7インチ iPad を出すべきだと多くのひとが考える最大の理由は Kindle Fire だ。アナリストもメディアの連中も、アマゾンの脅威を回避するためアップルは小型タブレットを出すべきだと主張し続けている。

The reason that most people bring up regarding the release of a 7-inch iPad is the Kindle Fire. Analysts and media types insist that Apple needs to bring a smaller tablet to market to ward off the threat from Amazon.

     *     *     *

分かっちゃいない

この議論にはいくつか難点がある。第1に、これをアップルが7インチ iPad を出す根拠にしている人たちはデタラメもいいところだ。第2に、そんな議論を持ち出すのは彼らがアップルのことを理解しておらず、アップルの行動パターンを理解していないからだ。

There are a couple of things to consider with this argument. First, people that use that as the basis for the release of a 7-inch iPad are full of shit. Second, using that argument shows they don’t understand Apple and how the company works.

     *     *     *

ライバルなんか目じゃない

アップルはライバルに対抗するため、まだ完成の域に達していない、ないしは業界に大きなインパクトを与えるとは思えない製品を出すことはしない。アマゾンの Kindle Fire はそれなりの売れ行きを示しているが、iPad のライバルではない。

Apple will not respond to a competitor by releasing a product that they don’t feel is ready to be sold or will not make a significant impact in the industry. The Kindle Fire, while a decent seller for Amazon, is not a competitor to the iPad.

     *     *     *

2つはまったく別のもの

iPad と見比べて、同じ体験ができるからと Kindle Fire を買うひとなんかいるワケがない。Kindle Fire と iPad は対象としているマーケットがまったく異なるのだ。

People do not go out and look at an iPad and then decide to get a Kindle Fire, knowing they can get the same experience. The Fire and the iPad serve different markets.

     *     *     *

すでに開発済み

アップルが7インチ iPad の開発をしてからだいぶ時間が経ったと私は信じている。[注:こちらも。]だからその気になればいつでも出せるはずだ。しかし現実にはそうしていない。なぜなら7インチ iPad はアップルが思い描く製品ではないからだ。

I believe that Apple’s had a 7-inch iPad for a while now, so they could have released it at any time, but they didn’t because it wasn’t the product they envisioned.

     *     *     *

さまざまな変化

オリジナル iPad が登場して以来、チップは小型化し、ワイヤレス技術も進化、Retina ディスプレイも導入された。みんなが iPad をどう使うかということもよく分かってきた。これこそ新製品を決めるにあたって決定的に重要な情報なのだ。

In the years since the original iPad was released, chips have become smaller, wireless technologies are better, retina displays have been introduced, and Apple has a better idea of how people use the device. This is crucial information to have when making product decisions.

     *     *     *

当時としては完璧

10インチ iPad は当時アップルが持っていた技術やマーケット情報からみて完璧なサイズだった。今でもそれが完璧なサイズであることは変わらない。

The 10-inch iPad was the perfect size with the technologies and market data Apple had available at the time. The fact is, it’s still the perfect size.

     *     *     *

空隙を埋める

7インチ iPad は製品戦略の空隙をアップルが満たしつつあること証左だ。戦略自体が変化したのではない。歴史的にみてもアップルは製品というものについてまさにこういう態度をとってきたのだ。

A 7-inch iPad is only a sign that Apple is filling out its product strategy, not that its strategy has changed. The company does have a history of doing this very thing with its products.

     *     *     *

当時としてはベスト

オリジナル iPod の例を考えてみよう。今から考えるとそれは大きかった。しかし当時可能な技術からすれば、製造し得るベストな製品をアップルは発表したのだ。

Let’s take the original iPod. Looking at it now, it was big. However, at the time, with the technology available to them, Apple released what they felt was the best product they could make.

     *     *     *

異なる顧客分野を開拓

その後アップルは iPod mini — 後に iPod nano となる — を出してそれまでとは異なる顧客分野を開拓した。さらに iPod shuffle も出したが、これもまた異なる顧客分野を獲得した。

Then Apple came out with the iPod mini, which later became the iPod nano, capturing another segment of the market. That release was followed up by the iPod shuffle, again capturing another segment of the market.

     *     *     *

アップルにとっては計算済み

これらの製品が可能になったのは技術の変化だった。しかし私としては、これらのすべてはアップルの計画どおりだったのではないかと思う。

It was changes in technologies that allowed these products to be released, but I believe Apple had planned the releases all along.

     *     *     *

肝心な点は・・・

7インチ iPad だろうと、他のアップル製品だろうと、ライバルに及ぼす影響という観点から見るべきではない。そうではなく、アップルの製品戦略に合うかどうかという観点から見るべきなのだ。そうすれば物事がもっとハッキリ見えてくる。

When you look at a 7-inch iPad, or any other Apple product, don’t look at how it affects its competitors, but rather how it fits into Apple’s product strategy. Doing that will make things a lot clearer.

     *     *     *

これ以上付け加えることはないだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »