Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Marco Arment’

blogging

ブログは死んだ、ソーシャルメディアでなければ始まらないという話の一方で、Twitter から逃げ出そうという動きもある。

そんな中で長いだけでなく、短い形のブログもあっていいのではないかというコメントをあちこちで見かけるようになった。

Andy Baio、Gina Trapani、Jason Snell などがそうだが、Marco Arment も同じようなコメントをしている。

Twitter is not a replacement for blogs | Marco.org

     *     *     *

Twitter はブログの代わりではない

ここ数年自分の書くものはほとんど Twitter だけになってしまった。すこしバランスをとる必要があると考えている。

Too much of my writing in the last few years has gone exclusively into Twitter. I need to find a better balance.

幸いこう考えるのは自分だけではないようだ。その意味で2人の記事がすばらしい。

Jason Snell:ツイートより長いもの
Gina Trapani:短い形のブログ

Fortunately, I’m not the only one thinking along these lines. These two pieces are great:

– Jason Snell: Bigger than a Tweet
– Gina Trapani: Short-form blogging

読んでくれる読者が Twitter の方にいるのなら、Twitter を忌避するのは非現実的だろう。しかし書くものすべてを一口サイズの小片にしてしまうのも賢いことではない。その小片たるやざっと目を通したあとは忘れ去られ、ほとんど探し出すこともできず、事実上アクセス不可能な Twitter のアーカイブの深奥に失われてしまうのだ。

I don’t think avoiding Twitter is pragmatic if your audience is there, but it’s also unwise to dump all of your writing into bite-size pieces that are almost immediately skimmed over, forgotten, and lost to the vast depth of the mostly unsearchable, practically inaccessible Twitter archive.

Twitter はあくまでブログの補助手段であって、決して代替物ではない。

Twitter is a complementary medium to blogging, but it’s not a replacement.

Manton のようなひとたちがこの問題に対応してくれているのが心強い。ツールやフォーマット、スタイルをちょっと変えて新しくするだけでも大いに役立つのだ。

I’m glad to hear from people like Manton who are exploring this problem as well. Some simple shifts and modernizations in tools, formats, and styles can go a long way.

壁をいくつか壊し、家具を少し動かすだけでも、ブログはカムバックを果たせると思う。それでみんながよくなるのだ。

By knocking down a few walls and moving some furniture around, blogging is preparing for a comeback, and we’ll all be better off for it.

     *     *     *

Twitter のあり方に対する批判に止まるのか、それとも新しい形のブログの復活につながるのか、なかなか興味深い。

広告

Read Full Post »

imac-with-retina-5k-display

新しく発表された 5K Retina iMac を見て2つのことを感じた。

ひとつは、普通のひとのための(For the Rest of Us)iMac が高価でずいぶん遠い存在になってしまったなあという感慨。

もうひとつは、アップルはなぜ 5K の外付けディスプレイを出さないのだろうかという疑問だった。

その疑問に答える意味で、Marco Arment の「Retina iMac 対 Mac Pro の机上比較」がとても興味深い。

The Retina iMac versus the Mac Pro, on paper | Marco.org

Marco Arment は最新の Mac Pro につなぐアップル製外付けディスプレイを渇望していた。その彼が新しく発表された 5K Retina iMac の素晴らしさに、Mac Pro を売って Retina iMac に買い換えようかと悩んで2つを詳細に比較しているのだ。

ここでは外付けディスプレイの可能性の部分を取り上げる。

     *     *     *

Mac 向けの 5K 外付けディスプレイが出るまで待つか

Waiting for an external Apple 5K display for Mac Pros or other Macs?

どうしても結論をといわれれば、出るまではだいぶ時間がかかるし、現在売られているどの Mac とも互換性はないだろうと言わざるを得ない。

If I had to guess, you’ll have a long wait, and they won’t work with any Mac sold to date.

パネルの歩留まりは当分タイトだろうし、アップルにとって外付けディスプレイの優先度は高くない。オリジナル iMac の画期的な LCD パネルがアップルの外付けディスプレイに使用されるまでにはほぼ1年かかっている。しかしそれが最大の問題ではない。

Panel yields may be tight for a while, and external displays are a low priority for Apple. The original 27” iMac’s groundbreaking LCD panel wasn’t available in an external display from Apple for almost a year after its release. But that’s not the biggest problem.

     *     *     *

次期 Thunderbolt 3 まで待つ必要がある

これほど多くのピクセルを処理するには DisplayPort 1.2 以上の処理能力が必要だ。DisplayPort 1.2 は現在 Thunderbolt 2 のポートでビデオ信号出力用に使われている。(この点についてはこれまでも何度か触れた。) この問題を解決するためには、Broadwell の後継プロセッサ Skylake に対応する Thunderbolt 3 用の DisplayPort 1.3 を待つ必要がある。しかし少なくともあと1年は登場しそうにない。インテルの出荷予定は当てにならないからもっと遅れるだろう。

Pushing this many pixels requires more bandwidth than DisplayPort 1.2 offers, which is what Thunderbolt 2 ports use for outputting video signals. (I wrote about this a few times.) Doing it right will require waiting until DisplayPort 1.3 in Thunderbolt 3 on Broadwell’s successor, Skylake, which isn’t supposed to come out for at least another year — and Intel is even worse at estimating ship dates than I am, so it’s likely to be longer.

     *     *     *

DisplayPort 1.2 MST 仕様でもムリ

5K ディスプレイに2つの DisplayPort 1.2 を使うか、あるいは2本の Thunderbolt 2 ケーブルを使うことも可能かもしれない。ただしそれは GPU がそれぞれのポートを全帯域幅の DisplayPort 1.2 チャンネルとして扱うことができ、その2系統の合計が1つの論理ディスプレイとなり、さらには2系統の信号がディスプレイ側で正しくひとつにまとめられる場合に限るけれども。今のところ Mac Pro を含めてどの Mac にもそれが可能だとは思えない。MST 仕様の伝送方式が 4K パネルを 60 Hz で駆動できるのはあくまで内蔵された個別ポート間の話であって、外付けの場合はサポートされていない。

It may be possible to use two DisplayPort 1.2 or Thunderbolt 2 cables to power a 5K display, but only if the GPU could treat each port as its own full-bandwidth DisplayPort 1.2 channel, the sum of which represented one logical display, and had the panel combine and properly sync the two at the other end.1 I don’t think any of the current Macs can do this, including the Mac Pro — MST to run 4K panels at 60 Hz only seems to be supported within individual ports, not spanned across two.

     *     *     *

2016 年までは出るまい

私の予想では(たびたび間違えることは承知しているが)、少なくとも 2016 年まではアップルがスタンドアローンの 5K ディスプレイを出荷することはないと思う。たとえ出ても現在のどの Mac とも(2013 Mac Pro を含めて)互換性はないだろう。

I’d estimate — granted, I’m wrong a lot — that Apple won’t ship a standalone 5K display until at least 2016, and it won’t work with any of today’s Macs, including the 2013 Mac Pro.

     *     *     *

Thunderbolt 2 では最新の Mac Pro ですら 5K の処理ができないということか。

そういえばキーノートのスライドに Mac Pro の姿はない・・・

Read Full Post »

swift-hero

[新言語 Swift:image

Cocoa の優れた教師と考えられている Aaron Hillegass の意見とそれに対する反論が興味深い・・・

Big Nerd Ranch: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Aaron Hillegass: 11 June 2014

     *     *     *

iOS デベロッパにとって Objective-C の知識は必要だ

アップルが Swift を発表したとき、少なからぬひとびとが「万歳! これで Objective-C を習わなくても iOS デベロッパになれる!」というのを聞いた。そんなひとに3つのことをいいたい。

When Apple announced Swift, I heard a few people say “Hurray! Now I can be an iOS developer without learning Objective-C!” I have three messages for these people:

・もし iOS デベロッパになりたいのなら、やはり Objective-C の知識が必要だ
・Swift は Objective-C より学習がカンタン
・いったん Objective-C を習得すれば、Swift の学習がカンタンになる

– If you want to be an iOS developer, you will still need to know Objective-C.
– Objective-C is easier to learn than Swift.
– Once you know Objective-C, it will be easy to learn Swift.

しかしはっきり告白しておきたいが、Swift に対して自分は大きな愛情を抱いている。シンタックスは美しい。Swift のコンパイラはたくさんエラーを見つけてくれる。みんなが Swift でコードを書くようになったらアプリの信頼性は格段に増すだろう。enum 型コンストラクタは素晴らしい。iOS および Mac OS X エコシステムにとって Swift は大きな前進だ。それはさりながらしかし・・・

Before I proceed, let me preface this with a confession of love for Swift. The syntax is lovely. The Swift compiler will catch so many errors for us; I’m certain that when everyone is coding in Swift the reliability of apps will improve considerably. The enum construct is gorgeous. Swift is a major step forward for the entire iOS and Mac OS X ecosystem. But…

     *     *     *

まず John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “Aaron Hillegass: ‘iOS Developers Need to Know Objective-C’” by John Gruber: 11 June 2014

時間の問題だ

第1点と第3点については合意するが、第2点については確信が持てない。真の問題は時間なのだ。現在の時点でいえば、本格的な Mac および iOS デベロッパが Objective-C の知識を必要とすることは議論の余地がないだろう。しかし1年後はどうか? 2年後、5年後はどうか? いずれかの時点で、「Objective-C を学ぶ必要はあるのか?」という問いに対する答えは「ノー」になるだろう。それがいつかは分からないけれど・・・

Points 1 and 3 I agree with. Point 2, I’m not so sure about. But the real question is time. I don’t think anyone would dispute that a serious Mac or iOS developer needs to know Objective-C today. But what about a year from now? Two years? Five? At some point, the answer to “Do I need to learn Objective-C?” will be “No.” I don’t know when that will be.

自分は Swift の先行きについてには楽観的だ。それは新規のデベロッパに対するアピールが大きいからではない(それもいずれは利いてくるだろうが)。そうではなく、すでに Objective-C とアップルのフレームワークを熟知した膨大な数のデベロッパにアピールすると思うからだ。

I’m bullish on Swift’s uptake not because I think it will appeal to new developers (although eventually I think that will help too), but because I think it appeals to the huge base of developers who already know Objective-C and Apple’s frameworks.

     *     *     *

その点について Marco Arment がもっと詳しく述べている。

Marco.org: “iOS Developers Need to Know Objective-C” by Marco Arment: 12 June 2014

数年もすれば Swift だけの時代に

Aaron Hillegass の意見に同意するが、それはあくまで短期間での話だ。今後1、2年の iOS 開発については、多分 Objective-C の知識を持つべきだろう。しかし数年後には Swift だけでも問題なくなるだろう。

I agree with Aaron Hillegass, but only short-term. If you want to develop for iOS in the next year or two, you should probably know Objective-C. But in a few years, I don’t think it’ll matter if you only learn Swift.

     *     *     *

今後数年で大きく変化

Swift はまだ若い言語なのでアップルでさえ Swift コードを含むアプリはたったひとつしか出していない。WWDC アプリがそうだ。先週多くのアップルエンジニアの話を聞いたが、私たち同様彼らも Swift の存在すら知らなかった。Swift は最先端の言語なので、今後数年で大きく変化するだろう。更に重要なことは、フレームワークも一般に受け入れられている最適手法も今後10年間で劇的に変わるだろうということだ。時がたって、今年書かれた Swift コードを後から振り返ればゾッとするだろう。

Swift is so young that even Apple has only shipped one app — the WWDC app — that contains any Swift code so far. I talked to many Apple engineers last week who hadn’t even learned of Swift’s existence until the rest of us did. The language is bleeding-edge and likely to change rapidly over the next couple of years, and more importantly, the frameworks and commonly accepted best practices are likely to change dramatically over the next decade. In time, we’re going to look back in horror at the Swift code we write this year.

     *     *     *

Objective-C は C や C++、アセンブリー言語並みになる

だからといって Objective-C の理解が iOS デベロッパにとって長期間必要条件だという意味ではない。今でも多くのひとが C についてほとんど知らないまま(C++ については何も知らないまま)Objective-C だけでたくさんのアプリを毎日のように書いている。

But that doesn’t mean that Objective-C proficiency will be a requirement for iOS developers for very long. Plenty of people write plenty of apps every day in Objective-C without knowing most of C or any C++.

いずれ Objective-C の知識が C や C++、アセンブリー言語のそれと同じようになる時期がくるだろう。それはアプリケーションコードの下部にある配管構造のように、殆どの現役デベロッパにとって知る必要もなければ、いじる必要もないものになるだろう。5年もすれば間違いなくそうなると思う。もしかしたら2、3年後かも知れない。

The time will come when knowing Objective-C will be like knowing C, C++, or assembly — it’ll be a plumbing layer beneath your application code that almost all working developers will never need to know or interact with. And I bet that time is less than five years away — possibly just two or three.

     *     *     *

Swift だけで済む時代は意外に早く来るかもしれないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

BpY05PdCEAA_pET

[Beats のヘッドホンをつけた Marco:photo

Tumblr や Instapaper を開発した Marco Arment が、Brent Simmons とは違ってしばらく Swift については静観したいといっている。

Marco.org: “FCModel and Swift” by Marco Arment: 08 June 2014

     *     *     *

オープンソースの FCModel

Objective-C で何年も書いてきて、やっと言語の理解とスキルに自信が持てるようになった。そして自分は SQL に近い Core Data の軽量代替版としてとして「FCModel」(多目的一般レイヤーモデル)をオープンソースで出した。数少ないが確かなユーザーに支えられ、貴重な貢献やバグフィックスをもらっている。

After years of writing Objective-C, I was finally confident enough in my skills and understanding of the language to write and open-source a general-purpose model layer, FCModel, as a lightweight Core Data alternative that’s closer to SQL. It has attracted a small but solid audience, with many invaluable contributions and bugfixes.

一見したところ FCModel は Swift でもなんとか動くようだ。しかし自分としては近い将来これを移植する計画はない。

Apparently, it somewhat works with Swift. But I don’t plan to port it in the near future.

     *     *     *

しばらく経験を積みたい

Swift は新しい言語で、振る舞いも新しく、そして最も重要なことだが新しい規格と可能性を持った言語だ。自分としては Swift の FCModel のようなものが出来るようになるまで知識と経験を積みたい。しかし:

Swift is a new language with new behaviors and, most importantly, new standards and expectations. I expect to accumulate enough Swift knowledge and experience to be able to make something like FCModel for it, but:

・少なくとも1年はこの問題に取り組む自信も時間も自分にはないだろう
・旧来システムと上位互換性のない変更になることは間違いなさそうだ
・Swift の規格とスタイルに合わせるためには FCModel の使用、振る舞い、および実装について大幅な変更を加える必要があるかもしれない

– I probably won’t have the confidence (or time) to tackle that problem for at least a year.
– I’d almost certainly make backwards-incompatible changes.
– FCModel’s usage, behavior, and implementation may require major changes to fit into Swift’s standards and style.

     *     *     *

それまでの間は

それまでの間は、SwiftModel(名前は何であれ)は必要はないかもしれない。iOS 8 および 10.10 にはいくつかの重要な利点があるので、それさえ使えばいいかもしれない。もしかしたら誰かがそれまでに Swift のための優れた SQLite 実装モデルを出すかもしれない。

By that time, SwiftModel (or whatever) may not need to exist. Core Data in iOS 8 and 10.10 matched some of its major advantages, so maybe we’ll all just use that. Or maybe someone else will come up with a better SQLite model implementation for Swift by then.

     *     *     *

すぐ Swift への移植するつもりはない

自分は FCModel で膨大なアプリを書いている。だからしばらくは Objective-C にこだわって、はっきりと分かる形で互換性のある Swift への移植をすぐやるつもりはない。

I just wrote a huge app with FCModel, so I’m sticking with it for a while in Objective-C, but I don’t intend to port it to Swift soon, or in a recognizable or compatible form.

     *     *     *

過去に蓄積のあるものほど移行には慎重になるということか・・・

デベロッパにとっては悩み多き季節になりそうだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Kids-in-class

[インターネット新人類:photo

タブレットが伸び悩んでいることに対する大変興味深い見方・・・

Marco.org: “Replacing the PC” by Marco Arment: 05 May 2014

     *     *     *

若者のメインコンピュータは携帯電話

Replacing the PC

Dustin Curtis いわく:

Dustin Curtis:

若者たちは携帯電話をメインコンピュータとして育った世代だ。それがインターネットに対する考え方や使い方を根本的に変えてしまった。大人の場合と違って携帯電話でもインターネット体験が劣るワケではないので、彼らにとってタブレットは不必要なのだ。携帯電話での体験がインターネットそのものというワケ。

Young people are growing up on the mobile phone as their primary computing device, which has fundamentally changed the way they use and think about the internet. Tablets are simply unnecessary for them, because the mobile phone doesn’t offer a degraded internet experience, like it does for adults: it is the internet experience.

     *     *     *

両側から押されるタブレット

そのとおりだ。

Bingo.

タブレットが姿を消すとは思わないが、大衆マーケットとしてみたときタブレットは両側から押されることになる。大型スクリーンの電話と小型で軽いラップトップの2つに挟まれて、ますます窮屈になるだろう。タブレットがメインコンピュータである比率はもう峠を越えたのかもしれない。

I don’t think tablets will ever disappear, but for mass-market use, they’re going to keep getting squeezed from both sides: larger-screened phones and smaller, lighter laptops. The percentage of people whose primary computing device is a tablet may have already peaked.

     *     *     *

買い替えも減る?

今後数年間、ますます多くのひとが古いタブレットの買い替えをしなくなるのではないかと思う。むしろ電話を(そして必要ならコンピュータを — もし持っていればの話だが)すべての用途に使うようになるのではないか。皮肉なことに、まさにそれが PC とタブレットの関係で起きたことなのだ。

Over the next few years, I suspect an increasing number of people will choose not to replace old tablets, instead just choosing to use their phones for everything (and computers, if they have and need them). Ironically, this is exactly what tablets did to PCs.

     *     *     *

孫たちを見ていてもそうだなあと思う。

iPhone の小さな画面を苦にせず、インターネットにアクセスしまくっている。まさにインターネット新人類だ。

iOS 7.1 のアップグレードで太い字体やシェードボタンが見やすくなったと老齢の筆者はよろこんだものだが、孫たちにしてみれば好きだった細身字体のデザインや美的感覚が損なわれたと不評だった。

これからはデザインの嗜好も若い(ごく若い)人たちに合わせることになるのかもしれない。

とまれ携帯電話が未来世代のメインコンピュータだとすると、iPad の伸び悩みもムリないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

scaling_resolutions

[スケーリングモード:image

明日にも MacBook Air がマイナーアップデートされるらしい。[注]

[注]翌日アップルは Haswell Reflesh を搭載し値下げした MacBook Air を発表した

しかしウワサの12インチ Retina MacBook Air はまだ姿を現さない。

この関連でデスクトップの 4K ディスプレイについて書かれた先月の記事が思い出される。

AnandTech: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Anand Lal Shimpi: 07 March 2014

     *     *     *

改善された OS X の 4K ディスプレイサポート

Improving the State of 4K Display Support Under OS X

AnandTech の Anand Lal Shimpi いわく:

Anand Lal Shimpi, writing for AnandTech:

Mac Pro をレビューした際 OS X 10.9.0 の 4K ディスプレイサポートの現状について嘆いた。次のような結論だった。「OS X の 4K ディスプレイは現時点ではまだ開拓時代同然だ。」 30Hz 以上のリフレッシュ速度を望むなら互換性があるのは ASUS と Sharp の 4K ディスプレイだけだ。ちゃんとしたモニターにしても使える解像度は 3840 × 2160 だけだ。それだと一部のユーザーにとってテキストや UI 要素が少し小さすぎるけれど。Retina MacBook Pro のディスプレイで導入されたあの素晴らしいスケーリングモード(補間モード)は欠如している。もっともそれもさほど長くはないだろう。昨夜複数の報告(thanks Mike!)を受けた。OS X 10.9.3 の最新のデベロッパビルドには 4K ディスプレイの拡張サポートが含まれ、Retina MacBook Pro は 4K/60Hz サポート、4K 以下ではスケーリングモード解像度がサポートされているという。

In my Mac Pro review I lamented the state of 4K display support under OS X 10.9.0. In my conclusion I wrote: “4K display compatibility under OS X is still a bit like the wild west at this point”. Compatibility was pretty much only guaranteed with the ASUS/Sharp 4K displays if you cared about having a refresh rate higher than 30Hz. Even if you had the right monitor, the only really usable resolution was 3840 × 2160 – which ends up making text and UI elements a bit too small for some users. Absent were the wonderful scaling resolutions that Apple introduced with its MacBook Pro with Retina Display. Well it looks like that won’t be the case for long, last night I got reports (thanks Mike!) that the latest developer build of OS X 10.9.3 includes expanded support for 4K displays, 4K/60Hz support for rMBPs and scaled resolutions below 4K.

     *     *     *

この点に関して Marco Arment のコメント・・・

Marco.org: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Marco Arment: 12 March 2014

     *     *     *

Anand Lal Shimpi の分析

詳しくは Anand Lal Shimpi が 10.9.3 ベータでの 4K Retina サポートについて触れている[上記参照]。

More detail on the 10.9.3 beta’s 4K Retina support by Anand Lal Shimpi.

     *     *     *

デスクトップ Retina

これぞホンモノだ。これはデスクトップ Retina が手ごろな価格の実機上で公式にサポートされたということだ。もしベータ版 OS を動かしたければ、Mac Pro の「Late 2013」モデルないしは Late 2013 の Retina MacBook Pro があれば、あとはサポートが公表されている 4K モニターを買えば、それで今日にもデスクトップ Retina が可能になる。

This is the real deal: this is desktop Retina, officially supported, on practical, affordable hardware. If you’re willing to run a beta OS, have a “Late 2013” Mac Pro or Late 2013 Retina MacBook Pro, and buy one of the supported 4K monitors, you can have desktop Retina today.

     *     *     *

理想的なスクリーンサイズは24インチ

ただし、理想的なスクリーンサイズとなるとちょっとややこしい。いちばん見栄えがよく GPU への負担も最も少ない Retina iOS デバイスのように完璧な2倍スケーリングを使えば、4K パネルに「ピッタリの」サイズは(デルの UP2414Q のように)24 インチだ。なぜならそれが論理サイズ 1920×1080 をシミュレートしたものだからだ。もし使用モニターが 24 インチないしはそれ以下なら、それでいいことになる。

The ideal screen size is tricky, though. Using perfect 2X scaling like Retina iOS devices, which looks best and has the least GPU overhead, the “right” size for a 4K panel is 24 inches (like Dell’s UP2414Q), since it’s simulating a logical size of 1920×1080. If you currently use 24-inch or smaller monitors, that’s the way to go.

     *     *     *

27インチまでがせいぜい

しかし使っているのが 27 から 30 インチのモニターなら、普通は 2560×1440 ないしは 2560×1600 の解像度を使っているハズだ。4K 上ではそれがスケーリングモードによりシミュレーションされる。ちょうど Retina MacBook Pro がシミュレーションで高解像度生成されるように。しかし 24 インチ以上の大きさになればなるほど画像が劣化する。2560×1440 にシミュレーションしてもまあまあといえるのはたぶん 27 インチが最大のサイズだろう。それ以上大きい Retina 4K モニターには自分なら決して手をださない。

If you use a 27- or 30-inch monitor, though, you’re accustomed to a resolution of 2560×1440 or 2560×1600. These scaling modes will simulate that on 4K, just like Retina MacBook Pros simulate higher resolutions, but the larger you go above 24 inches in size, the worse it’ll look. The biggest size at which a simulated 2560×1440 could look reasonable is probably 27 inches — I certainly wouldn’t buy a 4K monitor for Retina use larger than that.

     *     *     *

自分なら・・・

新しいディスプレイは数か月のうちに出るだろうから、自分としては買う決心をする前にアップルの 27 インチの理論的 4K Thunderbolt 2 Display がどうなるか様子を見るつもりだ。もしそれが最近の iMac のようにグレアを抑えた仕様になっていたら抗し難いだろう。(もし現行の Thunderbolt Display のように反射率の大きいガラスなら、絶対そんなことはないが。)

Personally, since it’s probably coming within a few months, I’ll wait to see how Apple’s theoretical 4K 27-inch Thunderbolt 2 Display turns out before buying anything. If it has the reduced-glare construction of modern iMacs, it’ll be tempting. (If it has the same ultra-reflective-glass construction as the current Thunderbolt Display, it definitely won’t be.)

     *     *     *

OS X の準備はすでに整っていて、テクニカルには今でも Retina Thunderbolt Display は可能ということになる。

12インチ MacBook Air の Retina 化だって、これまたテクニカルには可能ということだろう。

あとは何時の時点でアップルが発表するかということだけか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

rip-google-plus1

[Google+ の行方は:image

Google+ の生みの親 Vic Gundotra がグーグルを去る・・・

Marco.org: “Google+ Is Walking Dead” by Marco Arment: 26 April 2014

     *     *     *

ゾンビ化する Google+

Google+ Is Walking Dead

Alexia Tsotsis と Matthew Panzarino いわく:

Alexia Tsotsis and Matthew Panzarino:

しかし2人の情報源から聞いたところでは、Google+チームは大きな組織再編を受けているという。Google+は1000人から1200人を抱える大所帯だが、その多くは物理的な勤務場所を含めて別のチームに異動となっている。・・・大量の人材がGooge+チームからAndroid事業部へ流出しているようだ。[滑川海彦 訳

According to two sources, Google has apparently been reshuffling the teams that used to form the core of Google+, a group numbering between 1,000 and 1,200 employees. … Basically, talent will be shifting away from the Google+ kingdom and towards Android as a platform, we’re hearing.

     *     *     *

犠牲が大きかった

後日振り返れば、Google+ はグーグルのとった最悪の戦略のひとつということになるのではないか。人材、士気、製品の品質という意味で大きな犠牲を払った。

I suspect we’ll look back on Google+ as one of the worst strategic moves Google ever made. It has cost them dearly in talent, morale, and the quality of their other products.

     *     *     *

取り戻せるか

戦略を大きく変えれば — まさにそのように見えるが — 数年中にはこの遅れを取り戻せるのではないか。おそらくは・・・

By drastically changing strategies, which appears to be what they’re doing, they can probably recover in a few years. Probably.

     *     *     *

Vic Gundotra が去る余波は大きい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »