Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Management’


[上級副社長になった Eddy Cue:photo

上級副社長に昇進した Eddy Cue のことを Atlantic Wire が「次の Steve Jobs か?」と報じている。

The Atlantic Wire: “Apple Promotes Eddy Cue: The Next Steve Jobs?” by Rebecca Greenfield: 01 September 2011

     *     *     *

Jobs 路線を死守

Tim Cook が i-ガジェットメーカーのトップとして最初の動きをするのにさして時間はかからなかった。9to5Mac が公表したアップルの内部メモによれば、今日付けでアップルはインターネットサービス担当副社長 Eddy Cue をインターネット・ソフトウェアサービス担当の上級副社長に昇進させた。この昇進は Cook がとった初めての動きだが、Jobs なき後のアップルが Jobs が生み出したマジックを失うまいと必死の様子を伝えている。

It didn’t take Tim Cook long to make his first move as chief of the iGadgeteers. Today, Apple announced the promotion of former Vice President of Internet Services, Eddy Cue up to Senior Vice President of Internet and Software Services, reports 9to5Mac, which republished an internal memo announcing the move. As Cook’s first move, the promotion gives us a first look into a Jobs-less Apple trying desperately not to lose its Jobs-induced magic.

     *     *     *

アップル王国の鍵を握る

Cook だけでなく、アップルが Steve Jobs の輝きを死守しようとしていることを示している。Fast Company が 2010 年に作成した最もクリエイティブな企業人 100 人のリストで Cue は第2位だった。「スポットライトを浴びているのは Steve Jobs だが、実は46才の Eddy Cue がアップル王国の鍵を握っている。iTunes や App Store という21世紀で最も波瀾に富んだウェブビジネスをおそらく Cue が担当することになる。App Store は 2012 年までには40億ドルの規模なるものと期待されている。」

The promotion shows that Apple is trying hard to hold onto that Steve Jobs sparkle–and not just through Cook. In 2010 Fast Company ranked Cue as number 2 in a list of the 100 most creative people in business. “Steve Jobs may own the limelight, but Eddy Cue, 46, holds the key to the Apple kingdom. Cue runs arguably the most disruptive 21st-century Web businesses: iTunes and the App Store, the latter of which is poised to create a $4 billion app economy by 2012.”

     *     *     *


[Jobs に付き従う Eddy Cue:photo

メディア対策の陰の主役

Cue のような人物は Jobs のいないアップルにとって増々必要となるだろうと Tim Carmody[Epicenter]はいう。「Steve Jobs が CEO を辞めたあと、全メディア業界を相手に回し、新しいエコシステムを作り上げ、彼らをアップルの意に従わせる力を持つのは誰だろうか?」Cook は iTunes のヘッドについて納得できる処遇をしたと Devindra Hardawar[VentureBeat]はいう。「Cue はそのキャリアのほとんどを、Steve Jobs のメディア対策の要(かなめ)としての役割を果たしてきた。この新しいポストによって、メディア業界から重要な契約を取り付けるのが容易になるだろうと思う。」

Without Jobs Apple will need more of that type of thinking, especially in the areas where Jobs kicked ass, explains Epicenter’s adamcfisher. “With Steve Jobs stepping down as CEO, who will be granted the power to bend media companies to Apple’s will, upending whole industries and creating new ecosystems along the way?” As head of iTunes, Cook makes sense argues VentureBeat’s Devindra Hardawar. “Cue has served as Steve Jobs’ go-to media guy throughout his career, and I would wager that his new role will make it easier for him to carve out important media deals in the future.”

     *     *     *

クラウド業務をすべて手中に

Cue を昇進させたことはアップルがクラウドビジネスにコミットしていることを示している。Cue はアップルのクラウドベースのビジネスをすべてを手中にすることになる。iTunes Store、App Store、iBookstore から iCloud まですべてだ。「iCloud の責任を持つことになるので、アップルの未来にとって間違いなく彼は重要な人物となるだろう。」もし iTunes Store や App Store で見せた手腕を発揮できれば、iCloud は安泰ということになる。しかし、Darrell Etherington[GigaOm]が指摘するように、接続性と信頼性の問題のため散々叩かれた MobileMe 時代の惨憺たる方向に向かえば、クラウドの前途は険しいものになるかもしれない。

Cue’s move also signals Apple’s commitment to the cloud. Cue will now control Apple’s entire cloud-based operations, including the iTunes Store, App Store, iBookstore and iCloud services. “He’s clearly going to be a key figure for Apple’s future going forward, because he has stewardship over iCloud.” If he can work any of the game he used in spearheading the iTunes and App stores, iCloud should be in pretty good hands. But, if he takes any direction from his MobileMe days, which had a disastrous launch and “was widely criticized for connectivity and dependability problems,” as GigaOm’s Darrell Etherington points out, the cloud might have a rockier path.

     *     *     *

始まりに過ぎない

これはマネジメントに関する動きの始まりに過ぎない。しかし Cook は過去の栄光を失うことなくアップルを前進させるのに時間を浪費することはないだろう。

This is likely just the first in many management moves, but Cook’s wasting no time as he tries to move Apple forward without losing too much of its past.

     *     *     *

MobileMe 不評を受けて Jobs がすげ替えたのが Eddy Cue だった。

アップル取締役会は Cook と同様 Cue に対しても多額のボーナスを出すことにしたようだ。

Cue もまた外からは見えにくいアップルの人材のひとりということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs | Maria J Avila Lopez

Steve Jobs の異例の長期休暇が続いている。それでもアップルの日常経営は粛々と進む。

San Jose Mercury News: “Apple’s Steve Jobs still on leave but not really gone” by Patrick May: 31 July 2011

     *     *     *

アメリカ企業史上異例

アメリカ企業史上異例の行方不明。アップルの CEO Steve Jobs は未だ長期病気療養中だ。これまでの3回の病気休暇の中で一番長い。なのに時たま公衆の面前に姿を現す。重要問題は不可解なリモコン操作をしているという話だ。象徴的リーダーを取り巻く秘密主義のベールへの疑問も生じている。

In one of the most curious vanishing acts in American corporate history, Apple (AAPL) CEO Steve Jobs remains on what is now the longest of his three medical leaves, popping up in public on the rare occasion, reportedly keeping an opaque remote control over major decisions but also prompting questions as Apple keeps its trademark veil of secrecy drawn tight over its iconic leader’s status.

単にアップルの顔というに止まらず、アップルそのものである Jobs が去って6か月以上経つ。しかし彼が完全に消えたわけではない。ある説明によると、経営のすべての場面で細かく口出しすること(micromanaging)が減ったのだという。

It’s now been more than six months since Jobs, often considered not only the face but also the heart and soul of Apple, has been gone. Yet he’s not really gone at all, though by one account he’s less involved in micromanaging every aspect of the business.

     *     *     *

公衆の面前から消えた

公衆の面前に現れたのは二度だけだ。iPad 2 と iCloud を発表したときと、華々しい場への出席だ。後者は、Woodside でのオバマ大統領との私的ディナーに IT 業界の大物たちと出席したことと、クパティーノ市議会で先月アップルの新社屋計画を発表したことだ。それを除けば、じれったくなるほどひっそりとして、公衆の面前から姿を消してしまった。

With two major public outings to introduce the iPad 2 and iCloud, and cameo appearances at both a private Woodside dinner with President Barack Obama and fellow tech titans and a Cupertino City Council meeting last month to unveil plans for Apple’s new headquarters, Jobs slips tantalizingly in and out of public view.

     *     *     *

株価は記録的上昇

マーケットは気にしていないように見える。最高執行責任者(COO)Tim Cook の指揮の下、アップルの株価は記録的な高さに達した。iPhone も iPad も、その他のアップル製品も世界中ですばらしい成功を収めている。

And the markets don’t seem to care either way. Under the direction of Chief Operating Officer Tim Cook, Apple stock has soared to record highs as its iPhone, iPad and other products enjoy spectacular success around the world.

     *     *     *

アップルはアップルだ

「アップルはこの状況に独自のやり方で対応している」と Joel Achramowicz[Blaylock Robert Van のアナリスト]はいう。「Cook は業務のトップだ。しかしSteve Jobs もまだ関与している。慣例とは異なる異例のやり方だ。他の会社だったら完全な病気休暇をとることを CEO に要求するだろう。アップルは違う。つまるところアップルはアップルなのだ。」

“Apple’s dealing with this situation in their own unique manner,” says Joel Achramowicz, an analyst with Blaylock Robert Van. Cook “is the operating executive, but Steve Jobs is still involved. It’s an unconventional approach. With other companies, you might expect the board to require the CEO to take a true and complete leave of absence. Not here. But then, Apple’s just being Apple.”

     *     *     *

秘密のベール

Jobs が1月に日常業務から身を引いたとき、この10年間で3回目となる休暇は、前回までの休暇よりはるかに秘密のベールに包まれていた。2004 年の2か月半におよぶ休暇は、稀な膵臓がんの手術を受けるためのものだった。2009 年1月の6か月の休暇は、肝臓移植手術であったことが同年春に明らかになった。アップルの株価はまるで CEO の予後診断にかかっているかのように上下した。

When Jobs stepped away in January from day-to-day management, this third leave in the past decade came cloaked with far more intrigue than the previous breaks — a 2½-month leave in 2004 to undergo surgery for a rare form of pancreatic cancer and a 6-month leave in January 2009 for what turned out to be a liver transplant later that spring. Apple stock shares rose and fell accordingly, as if they were tied to the CEO’s prognosis.

     *     *     *

いつまでか

今回は休暇が何時までなのか決まっていない(open-ended)。そのためいろいろな疑問が生じる。多くのアップルファンが崇拝する人間はもう戻らないかもしれない。そのことがアップルの将来にどんな意味を持つのか。Jobs が従業員に出したたった6文の手紙を読んでもハッキリしない。CEO として職務を継続し「アップルの重要な戦略的決定には関与する」と述べたあと、「私はアップルをとても愛しており、できるだけ早く戻ってきたい」としかいっていない。

This time, though, the leave was open-ended, begging questions about whether the man worshipped by legions of fanboys might not be coming back at all and what that might mean to Apple’s future. Jobs’ six-sentence letter to employees didn’t help clarify matters. Saying only that he would continue as CEO and “be involved in major strategic decisions for the company,” Jobs added, “I love Apple so much and hope to be back as soon as I can.”

アップルのスポークスマン Steve Dowling は木曜日に質問を受けて、「Steve は病気療養中です。以前お話したように、Steve は引き続き重要な戦略的決定に関与します」と述べるにとどまった。

Asked about Jobs on Thursday, Apple spokesman Steve Dowling said simply that “Steve is on medical leave, and as we have previously said, he continues to be involved in major strategic decisions.”

     *     *     *

不在 CEO のニュース

2009 年に Jobs が去ってから6か月後、テネシー州メンフィスの病院は彼が肝臓移植手術を受けたことを明らかにした。今回は休暇を取って半年が経ち、様々な憶測が渦巻いている。至るところで不在の CEO のニュースが聞かれる。パロアルトの寿司店で昨年春見かけたという未確認情報、スタンフォードがんセンターの外で撮られたというタブロイド紙の写真、アップルの取締役会が CEO 後継者問題を検討しているという WSJ の記事に対し Jobs が送った「ナンセンス」というメールなどなど。

Six months after Jobs’ 2009 departure, a Memphis, Tenn., hospital confirmed he’d undergone a liver transplant. Now, with Jobs once again a half-year into a medical leave, speculation swirls. Even in his absence, the CEO seems to be around every corner — an unconfirmed sighting of Jobs at a Palo Alto sushi spot last spring; tabloid photos outside the Stanford Cancer Center; an email to The Wall Street Journal from Jobs calling its report of CEO succession planning by Apple board members “hogwash.”

     *     *     *

特段の影響はない

最近の驚嘆すべき業績のおかげで、多くの観測筋は CEO が不在でも Jobs が選定した経営チームの下、少なくとも現在のところは彼が築き上げたテクノパワーハウスには特段の影響はないという見方をする。

But perhaps because of Apple’s recent and jaw-dropping performance under the management team Jobs put into place, many observers say the CEO’s absence, at least for now, is not having a noticeable effect on the tech powerhouse he helped build.

     *     *     *

回復に向かっている

「不在期間の長さから云々することは出来ないと思う」と Tim Bajarin[Creative Strategies のアナリスト]はいう。「6月の WWDC では彼を見ることができた。私の目には3月に iPad 2 を発表したころと変わらないように見えた。目下彼は回復のプロセスにあるのだと思う。家庭に留まって、体を動かさないようにする必要があるのだろう。しかしそのことで彼の役割がいささかも減少するとは思わない。」

“I don’t think you can draw too much from the length of the absence,” said analyst Tim Bajarin with Creative Strategies. “We saw him at the Worldwide Developers Conference in June, and to me he looked the same as he did in March when he introduced the iPad 2. I think the process he’s going through is recuperative, which means he probably needs to be more at home and less physically active. But I don’t believe that’s diminished his role in any way.”

     *     *     *

事実上ほとんどの時間を

Bajarin はアップルの上級幹部と定期的に意見を交わす。その会話から得た印象では、毎日 Jobs が物理的に出社するわけではないが、事実上ほとんどの時間会社にいるという感じだという。

Bajarin talks regularly with upper management at Apple, and the impression he gets from those conversations is that while Jobs does not physically punch in every day at 1 Infinite Loop, he’s virtually there much of the time.

     *     *     *

定期的に連絡してくる

Bajarin 曰く、「Jobs は定期的に電話してくるという。Tim と話をし、トップの連中と話をする。またアップルストアについても話をする。かつては普通の CEO ならしないような細かいことまで — 会社のカフェテリアについてまで口出ししていた(micromanage)。今回の休暇後の大きな変化は、細かいことに口出ししなくなり、経営幹部チームやより大きな問題(big-picture issues)のことを考えるようになったことだ。」

“They tell me he calls in regularly. He talks to Tim, he talks to the top guys, he talks about the Apple stores,” Bajarin said. “But while he used to micromanage everything in ways that most CEOs would not, right down to issues with the company cafeteria, the big change with his latest leave is that there’s less micromanagement and more management of his executive team and the big-picture issues.”

     *     *     *

予期せぬ病気が契機とはいえ、現在の姿は好ましい方向へ向かっているような気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


“Inside Apple” の Kindle 版

Fortune の『アップルの内幕』(Inside Apple)は、iPad 版(4.99 ドル)のほかにアマゾン版(99 セント)も出て、ハードカバーを差し置いて堂々トップテンにはいったそうだ。

ウェブ版が出ないのでなかなか全文を読めないが、特に興味深い「アップル大学」(Apple University)の部分はどうやら次のようなものらしい。

     *     *     *

アップル大学

「アップル大学」は、Steve Jobs の依頼によってイェール経営大学院の元学部長 Joel Podolny が立ち上げたプロジェクトだという。

Coursekit Blog: “Apple University” by Joseph Cohen: 10 May 2011

「Jobs 亡き後のアップルという非常にデリケートな問題に直接関係するプロジェクトを進めることで Podolny は多忙だったという。Jobs の指示に従い Podolny は経営学の教授をひとチーム雇った。ハーバードの有名教授や、Andy Grove の伝記を書いた Richard Tedlow なども含まれる。この一群のインテリたちが、アップルの最近の重要な意思決定について社内用のケーススタディを次々にまとめた。主なビジネスクスールで行なわれるケーススタディとまったく同じタイプのものだ。ただし利用するのがアップルの社員に限られるという点が異なっていた。次世代の管理者層に対しトップ経営陣の思考過程を明らかにすることがその目的だった。アップルの次世代リーダーたちが後に調べ、解釈できるように、Jobs の教えが集められ、蒐集され、保存されたのだ。

“It turns out Podolny has been busy working on a project that speaks directly to the delicate topic of life at Apple after Jobs. At Jobs’ instruction, Podolny hired a team of business professors, including the renowned Harvard veteran and Andy Grove biographer Richard Tedlow. This band of eggheads is writing a series of internal case studies about significant decisions in Apple’s recent history. It’s exactly the sort of thing the major business schools do, except Apple’s case studies are for an Apple-only audience… The goal is to expose the next layer of management to the executive team’s thought process… Jobs is ensuring that his teachings are being collected, curated and preserved so that future generations of Apple’s leaders can consult and interpret them.”

     *     *     *

アップル大学については多くのひとが関心を持ったようだ。なかでも asymco の Horace Dediu が興味深いコメントをしている。

asymco: “Codifying asymmetry: How Apple became Jobsian” by Horace Dediu: 08 May 2011

アップル大学のミステリー

この理由[アップルの意思決定過程はウワサ話や逸話程度で、きちんとまとめられた形になっていない]から、Fortune の「Apple University」のミステリーに関する部分が私の目を引いた。

For this reason, a recent quote about the mysterious “Apple University” in Fortune caught my eye.

     *     *     *

イェール大の学部長を引き抜く

Apple University が初めて口の端に上ったのは、イェール大学マネジメントスクールの Joel Podolny がアップルに雇われ、新しい「大学」の設立に関わることになったときだ。当時それって何だろうと考えたのを覚えている。最高のビジネススクールのトップの仕事をやめてアップルに加わるからには強力なインセンティブがあったに違いない。アップルが野心的な iTunes プロジェクトとして、同サイトから教育プログラムないしは教材を提供するのだろうと想像したものだ。

Apple University was first mentioned in 2008 when Joel Podolny was hired from running Yale Management School to join Apple in creating this new “University”. I remember at the time thinking what such a thing might be. To leave the top job in one of the top business schools to join Apple must require some powerful incentives. I envisioned Apple entering into a far more ambitious iTunes project where they could be offering degree programs or teaching resources through the familiar store front.

しかし Apple University について耳にしたのはそれが最後だった・・・少なくとも昨日までは。

But nothing was heard about Apple University again. Until yesterday.

     *     *     *

社員教育のカリキュラム

Fortune その他の情報を踏まえると、Joel Podolny はアップルの経営がどんなものであるか理解しようと努めていたのだ。そして理解したことをカリキュラムという形に組んで、アップルの社員教育に使えるようにすることを頼まれたのだ。

According to the article in Fortune and some additional details from another source, Joel Podolny has been building an understanding of how Apple is run. He’s then been asked to codify this understanding into a curriculum that can be taught to Apple employees.

アップル組織のプロセスと知識をまとめようとしていると考えると実に興味をそそられる。自らをよく知る会社はほとんどない。それをカリキュラムに組んで次世代のリーダーたちに教えようとする会社はさらに少ない。(ディズニー、マクドナルド、トヨタも社内教育プログラムをもっているが、それは大部分新入社員向けのものだ。)

The idea that Apple is trying to capture its institutional processes and knowledge is very compelling. Few companies have self-knowledge. Fewer still try to codify it and teach it to new generations of leaders (Disney, McDonalds and Toyota have in-house training programs but they are mostly aimed at new hires).

     *     *     *

過去は忘れる

意思決定に関する知識は意思決定者が変わると消えてしまう。新しい世代は成功ないしは失敗の原因をまた最初から考えるハメになるのだ。

[…] Knowledge about decisions disappears once the decision maker moves on, leaving a new generation to figure out the causes of success (and failure) all over again.

過去は忘れるものだということはソニーやマイクロソフトなどいくらでも例が挙げられる。ソニーもマイクロソフトもいまやかつてとは正反対のことをしているようだ。ソニーはかつては次々と波乱を引き起こしてきたが、いまや伝統維持に汲々としている。マイクロソフトはかつてはソフトウェアビジネスを開拓したが、それに代わるビジネスモデルを見つけ得ないでいる。

The evidence of the forgetting of history abounds at companies like Sony and Microsoft which seem to be behaving exactly opposite to how they once did. Sony, once a serial disruptor, turned into a sustainer. Microsoft who pioneered software as a business, cannot find new business models for software.

     *     *     *

伝説的なアップル

アップルの意思決定とその成果は伝説的だ。彼らが「一般常識」に反した行為を取ったことは有名だ。ビジネススクールで得られるハズの知識はアップルの原則とは常に矛盾した。

Apple’s decisions and outcomes are the stuff of legend. They famously act asymmetrically to what is “conventional wisdom”. Wisdom imparted supposedly through business schools but systematically contradicted by Apple’s principles:

・コントロールされなくても説明責任を負うこと
・トップマネジメントはまず収益をあげるべきこと
・ベターなことでもイエスといわないこと
・明確でないマーケットに対しても製品を出すこと
・ヒエラルヒーないしは分割的組織ではなく機能中心の組織
・うわべだけのコンセンサスは無視すること

– Accountability without control
– Lack of “P&L responsibility” for top management
– Saying no to “better things”
– Building products before markets are identified
– Functional vs. hierarchical or divisional organzation
– A disregard for polite consensus

     *     *     *

アップル流のやり方を教育する

このような意思決定過程がきちんとまとめられていなければ、一般常識が優先されるようになったときどうしてそれが維持できるだろうか?

So if this type of decision process is not codified, how is it going to persevere when convention dictates otherwise?

記事の内容が正確であれば、「アップル流のやり方」をまとめ、次世代に教えるという努力が進行中だということになる。そしてジョブズ的なものがますます強化されることになるのだ。

If the article is correct and there is an effort under way to codify and teach new generations “the Apple way” then the case for Apple being Jobsian grows a lot stronger.

     *     *     *

iPhone や iPad などのアップル製品だけでなく、アップルという会社そのものがまさに Steve Jobs の創造物なのだ。「かつて彼が作り上げた Pixar のように、カリスマ的リーダーがいなくなった後も毎年毎年、次から次へとヒット作品を生み出すような会社にアップルを仕上げたことだ。

たとい Jobs がいなくなっても「ジョブズ的なもの」(Jobsian)は残そうということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

[参考]

・Coursekit Blog: “Apple University” by Joseph Cohen: 11 May 2011

・asymco: “Codifying asymmetry: How Apple became Jobsian” by Horace Dediu: 08 May 2011

・guardian.co.uk: “Life inside Apple: Fortune article reveals anger, management and ‘top 100’ club” by Charles Arthur: 09 May 2011

・paidContent: “The Bestsellers: Fortune Article ‘Inside Apple’ Beats Out Full-Length Books” by Laura Hazard Owen: 14 May 2011

・WIRED VISION: “Apple社員が明かす「Jobsマジック」の秘密” by Brian X. Chen: 11 May 2011

・WIRED VISION: “米Apple社、「大学」を開校へ:イェール大学学部長が統括責任者” by Chris Snyder: 24 October 2008

・maclalala2: “John Gruber、アップルを斬る“: 14 February 2010

John Gruber at Macworld 2010 | YouTube

Read Full Post »


[Peter Oppenheimer, Apple CFO]

CES[国際家電ショー]の開幕Mac App Store の開設Verizon iPhone のウワサなど、様々なニュースが一斉に飛び出してオトソ気分が吹っ飛んだ感じだ。そんな中でいささか異質なニュースがひと際目を引いた。

アップルが CFO をハントしているというのだ。

Bloomberg: “Apple Said to Have Approached Blackstone’s Tosi About CFO Job” by Bradley Keoun, Jason Kelly and Adam Satariano: 07 January 2011

     *     *     *

Laurence Tosi に持ちかけた

アップルは Laurence Tosi[Blackstone Group LP の CFO]に接触、アップルの CFO[chief financial officer:最高財務責任者]にならないかと持ちかけた。この件を知る3人が認めている。

Apple Inc. approached Blackstone Group LP Chief Financial Officer Laurence Tosi to become its finance chief, three people with knowledge of the matter said.

Tosi は CEO の Stephen Schwarzman にアップルに加わる気はなく、Blackstone に残るつもりだと述べたと匿名希望の2人がいっている。アップルのスポークスマン Steve Dowling は「アップルは CFO の求人はしていない」と語っており、現 CFO の Peter Oppenheimer も「会社を愛しており、現在の仕事に十分満足している」という。

Tosi told Blackstone CEO Stephen Schwarzman that he plans to stay, rather than join Apple, said two of the people, who asked not to be identified because the talks were private. Steve Dowling, a spokesman for Apple, said the company is “not conducting a CFO search.” Current CFO Peter Oppenheimer “loves the company and is extremely happy in his role,” Dowling said.

     *     *     *

結局はこの話をアップルは否定しているのだが、そもそもこんな話が出てきた背景はいったい何だろうか?

John Gruber が興味深い推測をしている。

Daring Fireball: “Bloomberg: Apple Said to Have Approached Blackstone’s Laurence Tosi to Becoming CFO” by John Gruber: 06 January 2011

     *     *     *

なぜこんな話が

これって C レベル役員をめぐる陰謀だ。

C-level executive intrigue. Bloomberg reports:

アップルが Tosi にアプローチしたかもしれないというのは何故だろうか? 手持ちのカネを少しばかり使う気になったためかもしれない。

Why might Apple have approached Tosi? Maybe they’re getting ready to spend some dough:

     *     *     *

企業買収の知識

「Tosi(42 才)を引き抜けたら、アップルとしては企業買収の経験をもっと得られたかもしれない。Bloomberg のデータによれば、世界最大の非公開株投資会社 Blackstone が昨年行なった企業買収は30を越える。同じデータによれば、アップルの企業買収は4社だ。」[Bloomberg

“Tosi, 42, would have brought Apple more experience with corporate acquisitions. Blackstone, the world’s largest private equity firm, made more than 30 purchases last year, according to Bloomberg data. Apple made four, the data show.”

     *     *     *

アップルも企業買収に乗り出す?

アップルが AdMob を買収しようとしたときのことを覚えているだろうか。買収は最後の瞬間にご破算になり、突然グーグルが奪い去っていった。私が聞いた話では、この件は Steve Jobs を通す必要があったため、AdMob の交渉が減速したのが理由だという。Jobs は多忙だったのだ。 — だから私の想像するところ、アップルとしては企業買収に専念できる人材を探しているのではないだろうか・・・

Remember when Apple was on the cusp of acquiring AdMob, but the deal somehow got blown at the last moment and Google was able to swoop in and snatch them? The explanation I’ve heard is that the negotiations between Apple and AdMob were slowed down because they had to go through Steve Jobs — and he’s busy. So I suspect Apple is looking for someone specifically to focus on M&A.

     *     *     *

しこたま現金を抱えながら、アップルの企業買収はグーグルの前では影が薄い。

Marissa Mayer に対抗し得る人材をアップルも必要としているのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Cordey.jpg

A tech company should be run by engineers, not managersCordey

アップルはまるで大きなスタートアップ企業みたいだという Sachin Agarwal の指摘がおもしろい。

Sachin’s Posterous: “Apple is run like a huge startup. The key to great products is small teams” by Sachin Agarwal: 02 August 2010

*     *     *

小さなチーム

アップルはどの製品についても大きなチームを作らない。その代わり、いくつものプロジェクトで仕事が出来るごく少数の優秀な人材を雇って、必要に応じて使い回すのだ。

Apple doesn’t build large teams to work on every product they make. Instead, they hire very few, but very intelligent people who can work on different projects and move around as needed.

あるときは Remote app の仕事かもしれないし、次の日は他のプロジェクトかもしれない。

One day you might be working on the Remote app, and the next day you might get pulled on to another project that needs your help.

*     *     *

OS チームでも

Mac OS および iOS のチームのエンジニアたちは、リリースサイクルや次期製品に応じて2つのプロジェクトの間を行き来する。

The engineers on the Mac OS and iOS teams move back and forth between the two projects based on release cycles and what’s needs to ship next.

OS チームのメンバーでも、出荷に間に合わせる必要が生じたときは、他のプロアプリケーション(例えば Final Cut Pro)で仕事をするよう求められることもある。

Even on Final Cut Pro, team members were sometimes asked to work on the other pro applications if they needed help to ship on time.

*     *     *

アップルのエンジニア

アップルのエンジニアは未来永劫ひとつのプロジェクトで仕事をするわけではない。またアップルのチームは絶対必要なサイズより大きくはならない。

An engineer at Apple can’t just assume they will be working on one project forever. And teams at Apple won’t grow to sizes beyond what is absolutely necessary.

*     *     *

スタートアップ企業

スタートアップ企業も同じように物事をスリム化して生き延びる。偉大なスタートアップは少人数のチームを、必要に応じてすぐさま組織し、そして仕事をする。スタートアップで仕事をするには、アプリケーションのひとつの部分を担当するだけでは不十分だ。その日に求められることは何でもこなせなければならない。

Startups also thrive by keeping things lean. Great startups have small teams that can build quickly and pivot when needed. When working at a startup, you don’t own just one part of the application: you have to be able to work on whatever needs your attention that day.

*     *     *

中間マネージャーは要らない

たぶんマイクロソフトではこの点が問題だろう。多くの人数を投入すれば問題は解決できると彼らは考える。チームを大きくするとマネージャーが必要となる。この世でもっとも不必要なもの、それは製品マネージャーなのだ。

Maybe that’s the problem at Microsoft: they think they can solve problems by throwing lots of people at them. They put together large teams to build products. And large teams require managers. The last thing we need in the world are more product managers.

この点「アップルで学んだ8つのマネージメントの教訓」[Business Insider War Room ]も参考になる。

You can read about the “8 Management Lessons I Learned Working At Apple” on The Business Insider War Room.

*     *     *

Sachin Agarwal はアップルで Final Cut Pro の仕事をした経験を持つだけに説得力が大きい。

中間マネージャーが増えるほど仕事がやりにくくなるというわけだ。

小さなチームを維持するということは、起業時のメンタリティーを保持するということでもある。成功のカギは小さなチームということか・・・

そういえば Jobs のキーノートの最後では必ずチームメンバーが紹介されて拍手を受ける場面がある。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »