Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘maclalala’

ipad_air_design_hero

11月1日の発売日を前に、iPad Air のレビューが一斉に公開された。10月イベントの際レビュー用機材を貸与されたライターたちによるものだ。

中でも注目を引いたのが John Gruber のレビュー。

なにせ Air か Mini か、どちらを選べばいいか難しい選択だといっていたからだ。

最終的に彼が選んだのは・・・

Daring Fireball: “The iPad Air” by John Gruber: 29 October 2013

     *     *     *

きわどい差

もっぱら iPad をウェブブラウジングやツィッター、Eメール、読書に使っている自分としては、大きなディスプレイの Air にはあまり魅力を感じない。しばらく待って自分用には新しい iPad Mini を買おうと思う。それにしてもきわどい差だが・・・

For me, personally, with my primary uses of the iPad being reading web pages, Twitter, email, and books,2 the larger display of the Air doesn’t have as much appeal. I think I’m going to hold out and buy a new iPad Mini for myself. But it’s a damn close call.

     *     *     *

Marco Arment もまた Gruber がどちらを選ぶか注目していたひとりだった。

Marco.org: “Daring Fireball: The iPad Air” by Marco Arment: 31 October 2013

     *     *     *

知りたかったのはこれ

このレビューはもう読んだと思うけれど、

Speaking of reviews that you’ve all read already:

しばらく待って自分用には新しい iPad Mini を買おうと思う。それにしてもきわどい差だが・・・

I think I’m going to hold out and buy a new iPad Mini for myself. But it’s a damn close call.

知りたかったのはこれだ。(レビューの選外佳作はこちら。)

That’s what I needed to know. (Honorable mention.)

それはそうとして、ウチの奥さんは大きなスクリーンがビデオ鑑賞に適した Air を買うといっている。だから Mini を手に入れるまで数週間は使ってみて様子を見れるだろう。

That said, my wife is getting an Air because of its larger screen for video-watching. We’ll probably have it for at least a few weeks before I can get a Mini, so I’ll have some time to play with it.

     *     *     *

この夏2か月ほど Mini だけの生活をした。

ウェブサーフィンには十分だが、文章作業にはまだまだというのが正直な感想だった。

結局 Mini は孫娘に取り上げられ、ゲームや動画用になった。

文字入力で苦労したので、大きいサイズの Air には興味があった。

     *     *     *

折角なので、例の近くの量販店に実物を見に行った。

夕方であまり人影はない。キャリアのコーナーにはほとんどひとがいない。

アップルコーナーには4台の iPad が展示中。うち1台が Air だ。

いちばん気になる重さだが・・・盗難防止用のロックで重さ(軽さ)が分からない。

Mini と比べてみると、大きな画面はやっぱり快適だ。

そのうち親子連れがやってきた。

小学上級生とおぼしき女の子が、「どれが新しい iPad?」、「これだよ。」、「重さはどう?」

店員に頼むが、盗難防止用のロックは外せない。

Air にとりついたまま、あれこれソフトをいじり始めた。

いつの間にかどの iPad にも小学生らしき男の子たちが触っている。(隣の iPod にはこれまた小学低学年の子供たち。)

仕方なく、人影のないキャリアのコーナーで Air を触る。

たしかにいい感じはするが、コレ!という決め手がいまひとつ・・・

どうしても Retina Mini と比べてみたい!

かくて、この日は模様眺めということで退散した。

広告

Read Full Post »

safari_ios7

[新しい iOS 7 Safari]

iPhone を iOS 7 にアップデートしてしばらく経つ。

筆者の iPhone はもっぱらネットサーフィン専用だ。

お気に入りのサイトを巡っておもしろそうな記事を見つけると、広告その他をリーダーで削ぎ取って本文だけにして、それを VoiceOver で読み上げさせる。

safari_reader

[リーダーを使って本文だけにする]

それ以外の使い方はほとんどしない。

そんな特殊なユーザーが iOS 7 を使ってみた感想をまとめてみた。 (プロによる詳しいレビューはこちらをご覧ください。)

《ご注意》視力の弱ったユーザーという特殊な視点からの感想なので、「新 iPhone 乗り換え顛末記」と同じく独断と偏見に満ちていることにご注意ください。

     *     *     *

格段に進歩した VoiceOver

すぐ気づくのが、VoiceOver の声が自然に近くなって、格段に聞きやすくなったことだ。

圧縮ボイスを使うと、尚更この点が実感できる。

compressed_voice

[音質を上げるには圧縮ボイスを使う]

英語はこれまでも十分に聞きやすかったが、iOS 7 ではもっとよくなっている。

奇妙な「読み違え」で失笑かうことしばしばだった日本語も、iOS 7 ではほとんど問題なく聞けるようになった。(個人を「こひと」などと読む一部変換不足はあるが・・・)

古い iPhone 4 でもそのまま上質の VoiceOver の恩恵に与れるのはたいへん有難い。

筆者にとってはこれだけでも iOS 7 にアップデートした価値が十分にある。

     *     *     *

非常に見にくいインターフェイス

こんな素晴らしい進歩がある一方で、弱視者という立場からすると不満な点がいくつかある。

初めて iOS 7 のロゴを見て以来懸念していた不安が的中した感じだ。

例えば Safari のコントロールバーのアイコンや細身のフォントは、目の不自由な者にとって非常に見にくい。

さらに白地に薄い灰色というコントラストは判別することすら困難だ。

筆者の場合、何も区別がつかず見えないといった方が正確かもしれない。

位置を覚えて、だいたいこの辺と思われるところをカンでタッチする。

この Safari のコントロールバーは新しいデザインの失敗ではないかと思う。

jw-player-bekle-skin-screenshot

[OS X のメディアプレーヤ]

せめてコントロールバーの部分だけでも、OS X のメディアプレーヤのように白黒反転させてくれればよかったのに、視認性という点で大きく後退したのは残念なことだ。

     *     *     *

文字を太く、コントラストを上げる

accessibility

[文字を太く、コントラストを上げる]

iOS 7 にアップデートして最初にやったことは、文字を太くし、コントラストを上げることだった。

しかしそれでもなお Safari のコントロールバーは筆者の目ではほとんど判別できない。

ios7_keyboard

[見にくいキーボード]

キーボードについても同じことがいえ、iOS 6 に比べ視認性は遥かに落ちる。

上の画面は John Gruber たちの「Vesper」の画面だが、コントロールバーを反転させるだけでその視認性が格段に向上することが分かる。

     *     *     *

iOS 7 は縦長 iPhone 5/5C/5S のためのもの

アップデートした最初の印象は、iOS 7 って画面が細長いデザインの iPhone 5/5C/5S のためのものなのだなあということだった。

今後とも iOS 7 のメリットを十分享受するためには、最低でも iPhone 5 以上でないといけないように思える。

これまでの(自分としてはたいへん気に入っていた)iPhone 4 と比較するとその印象がいっそう際立つ。

ダウンロード当初では画面が縦向きにロックされているのもそのためではないかという気がする。

portrait

[縦向きロックの解除はコントロールセンターで行なう]

     *     *     *

share

[ブックマークへの保存が非常に見にくい]

ブラウザにとって「ブックマークへの保存」や「リーディングリストへの追加」は欠かせない機能だ。しかしそのための画面がこれまた非常に見にくい。

Safari にとって欠かせない機能がこんなあしらいを受けているのは悲しい。

     *     *     *

ネットを見渡していると、多くのひとが「アクセシビリティ」を使って文字を太く、コントラストを上げていることに気づく。

本来障害者のためのアクセシビリティだったハズなのに、それを一般のひとが使わざるを得ない状況は皮肉なことだと思う。

今後 iOS 7 がアップデートされる過程で、Safari のコントロールバーや iOS 7 のキーボードが見やすいものになることを是非とも望みたい・・・

     *     *     *

《追記》スプリット・タップがうまくいかない

iPhone 4 を iPhone 5 に乗り換えて以来、なるべく AssistiveTouch を使うようにしている。またホームボタンがおかしくなっては敵わないからだ。

ところが VoiceOver を起動するトリプルクリックが AssistiveTouch ではなかなかうまくいかない。

オンスクリーンホームボタンを押さえたまま、他の指で画面上をタップする「スプリット・タップ」で Siri が起動してしまうのだ。

シングルタップでも、ダブルタップでも、トリプルタップでも関係なく Siri が起動してしまう。

VoiceOver を起動させるにはどうしたらいいだろうか・・・

ホームボタンの具合が悪くなったのも、トリプルクリックを多用しすぎたせいだと思われるので、なんとか AssistiveTouch でトリプルクリックを代用できる方法が知りたい。

また読者のアドバイスをお願いしたい・・・

Read Full Post »

iPhone-Home-Button-Not-Working

[利かなくなったホームボタン]

手持ちの iPhone のホームボタンがおかしくなったせいで、なんとかしなければならなくなった。

出不精でひとに会うのが苦手の筆者も、とうとう出掛けてみることにした。

近くの家電量販店にある携帯キャリアのショップ。ソフトバンクも au もドコモもみな入っている。

発表直後だというのに行列も混雑もない。

売り場の店員の数と客の数のどちらが多いかという程度。

     *     *     *

実際に手に取ってみた iPhone 5S は、見かけはこれまでの 5 と変わらないが、ホームボタンの感触がなかなかいい。

iPhone 5C は手に持つと予想したより太目の感じ。プラスチックはやはりどうも・・・

     *     *     *

ソフトバンクの店員は、年寄りをうるさがりもせず、丁寧に応対してくれた。

たしかに残債無料キャンペーンもやっていた。

残債ゼロで新しい機種に乗り換えられるという。それならという気になった。

ソフトバンクのラインアップは「4S – 5C – 5S」ではなく、「5 – 5C – 5S」からの選択だそうだ。(売れ残った 5 が十分あるということか・・・)

料金プランはたくさんありすぎて、どれがどれやらサッパリ分からん。

結局店員からは、これまでの残債をゼロにして、新しい iPhone に同じ番号で乗り換える機種変更を勧められた。

     *     *     *

どの機種にするかは微妙なところ。

5S のボタンも指紋認証技術もスバラしいと思う。

しかし個人的にはひっかかるところがある。

昔留学で初めて米国に入国したころ、入国審査で(それともビザ取得のときだったか)手に黒い墨をつけて指紋を採られたことを思い出す。自由な海外旅行が始まる前のそんな時代だったが、まるで犯罪人扱いで実にイヤな気分だった。

A7 チップに記憶するだけで、外部には利用しないといわれても、指紋という個人情報の最たるものなので大きな躊躇(ためら)いが残る。

偽造指紋によるハッキングを見ても Touch ID は鉄壁ではないようだ。今しばらく様子を見たい気がする。

5C はカラーは別にしても、手に持った感触がいまひとつ。

新しいラインアップが「5C – 5 – 5S」ならよかったと思ってしまう。

     *     *     *

筆者にとっていちばんのポイントは手に取った感触だ。

暗闇のベッドでいじるのにカラーは無用。

これまでの 4 が気に入っていたこともあって、結局は 5 のブラックという選択になった。

機能的には実質 5C と同じだから、あと1年間は事実上最新状態でおれることになる。

     *     *     *

これまでの利用料金と比較すると、パケットし放題のフラット料金が約 1000 円高くなることを除けば、あとはこれまでどおり。

ただし、機種変更の手数料として 2000 円かかる。

なによりビックリしたのは、旧機種の 4 はそのままキープしていいとのこと。

新しい番号を付与、2年間は無料でキープできるという。

(新旧 iPhone 同士なら電話は無料。インターネットにアクセスすればパケット料金が発生する。だから「モバイルデータ通信」をオフにしておけば、電話料だけで済む。)

どうしてそうなるのか分からないが、新しい機種が手に入り、これまでの機種もキープできるというのだから文句をいう筋合いはない。

どのキャンペーンに該当したのか、厚いパンフレットのどの料金プランに対応したのかよく分からなかったが、結果良ければすべて良しだろう。

結局ショップを出たときは、「新しい」iPhone 5 と古い iPhone 4 の両方を手にしていた。

     *     *     *

残債クリアでそのままキープという予想もせぬ結果となったが、これもドコモが参入して3社三つ巴になった結果ではないかという気がした。

要は顧客をキープするためなら「何でもあり」なのではないかと・・・

カウンターにいる間、3つのショップとも行列はなかったが、そこそこにひとが座っていた。

三つ巴の競争になった割には空(す)いていたという方が正確かもしれないが、おかげで親切な対応を受けることができた。

     *     *     *

帰りしなにふと思ったのが、SIM フリーも案外近いのではないかということ。

3社で国内顧客を奪い合っているうちに、外から SIM フリー iPhone やプリペイドカードが侵入してきたらどうなるか・・・

国内顧客というパイを奪い合っているうちに地盤自体が沈下してしまったガラケーの姿が一瞬重なる。

現に日本の周囲を見渡しても、韓国、中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、オーストラリア、ニュージーランドなどオンライン Apple Store でロック解除された iPhone が軒並み販売されている。これに英国はじめ欧州諸国を加えたらどうなるか・・・

同じパイの奪い合いをするだけでなく、何らかの SIM フリー対策を講じる(禁じるだけでなく)ことも、同じパイの大きさを保持するためには必須なのではないか・・・

2つの iPhone を手にして、そんなことを妄想していた。

     *     *     *

穴居人が久しぶりに穴から出てきた気分だったが、なかなか楽しかった。

これもアドバイスをくださった読者のおかげ。感謝、感謝・・・

Read Full Post »

AssistiveTouch01

[AssistiveTouch]

新しい iPhone が発表されたばかりだが、筆者の iPhone は3代前の 4 だ。

iOS 7 へのアップグレードはスムーズに済んだのだが、その日からホームボタンの利きが悪くなった。

何度目かにやっとホーム画面に戻れたのが、2日後には何度押してもダメになった。時たま思い出したように利く程度にまで悪化している。

動作が重くなったせいかとも思ったが、明らかにハード上の問題で、ボタンがバカになっているようだ。

まだ2年縛りの残余が何か月分も残っていて、新しい機種に乗り換えるにはカネがかかり過ぎる。

アップルケアにも入っていないので、修理代がいくらかかるのか想像もしたくない。

ほとほと困った。

     *     *     *

小さい文字はほとんど読めないので、すっかり VoiceOverこちらも]のお世話になっている。

iPhone はもっぱらタッチパッドの代わりだ。

ホームボタンのトリプルクリックが音の世界へのショートカットになる。

その分ホームボタンへの負荷が大きかったのかもしれない。

ホームボタンが利かないのでは灯りのない闇夜と一緒だ。

     *     *     *

困り果てていたら、ホームボタンを迂回する方法があることを知った。

AssistiveTouch」というのがそれだ。

「On-Screen Home Button」をスクリーン上に表示して、ホンモノのホームボタンのように使う。

     *     *     *

AssistiveTouch02
[AssistiveTouch をオンにする]

AssistiveTouch 機能をオンにする方法(iOS 7 の場合):

・「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」

・「身体機能サポート」の「AssistiveTouch」をオンにする

これでスクリーン上に半透明のホームボタンが生成される。

このボタンはどのスクリーンからでもアクセスできる。

     *     *     *

とりあえずは救急で延命措置は講じることができた。

せっかく新 iPhone 5C/5S が発表されたのに、そのはるか手前でウロウロしている・・・

Read Full Post »

critical_path

[The Critical Path:podcast

The Critical Path #80: Functional Structure

このところポッドキャストがおもしろい!

Úll カンファレンスの興奮覚めやらぬ Horace Dediu が語るこのポッドキャストも大変おもしろい。

「機能的な組織」という視点が斬新な Dediu のアップルの新社屋論「スペースシップ」は取り上げたばかりだが、このアイデアは同じ Úll カンファレンスに出席していた Don Metlon や Michael B. Johnson(Dr. Wave)の話からヒントを得たものであることが明かされる。

筆者が関心を持つライターたちが、お互いに刺激し合う様子がうかがわれてなかなかエキサイティングだ。

Úll カンファレンスは「iOS・OS X・モバイル開発者およびデザイナーのための会議」と銘打っている。アイルランドのダブリンという離れた場所にもかかわらず錚々たるスピーカーや出席者の顔ぶれには驚かされる。

そういえば、先週はどのブログもスローな感じだったが、どうやらみなこのカンファレンスに出席していたためらしい。

これから Dediu だけでなく、John Gruber、Jim Dalrymple、Don Metlon などの記事もどっと出てきそうで楽しみだ。

     *     *     *

Debug 11: Don Melton and Safari

ポッドキャストといえばこの Don Melton のインタビューがメチャおもしろい!

iMore.com: “Debug 11: Don Melton and Safari” by Rene Ritchie: 25 March 2013

このアップルの元プログラマーはなかなか雄弁だ。

そして話を聞き出す Guy English と Rene Ritchie がいい。

Apple II から Macintosh を経て、プログラミングを独学した経験から始まって、シリコンバレーの様々な会社での仕事ぶり、Scott Forstall にスカウトされてアップルで Safari の開発責任者になるエピソードなど聞きどころ満載だ。

John Gruber が絶賛している。

Daring Fireball: “Don Melton on Debug” by John Gruber: 08 April 2013

     *     *     *

Don Melton、Debug で語る

Don Melton on Debug

最近聞いたポッドキャストではこれがベスト。Guy English と Rene Ritchie による Don Melton のインタビューだ。 Safari と WebKit の歴史についてすばらしい識見がいくつも。アップルの歴史についてもそうだ。(Melton は Scott Forstall が Carbon 戦略の主人公で、指揮命令系統を遡って Bertrand Serlet や Avie Tevanian、そしてついには Steve Jobs にまでアイデアを説得したことを明らかにする。それについては自分は知らなかった。)

Best podcast episode I’ve heard in a while is this interview with Don Melton by Guy English and Rene Ritchie. Some great insight into the history of Safari and WebKit, and a lot of other Apple history too. (E.g., Melton reveals that Scott Forstall was the champion of the Carbon strategy, and sold the idea up the chain to Bertrand Serlet, Avie Tevanian, and Steve Jobs. I did not know that.)

     *     *     *

欠かさず聞くポッドキャスト

ポッドキャストの魅力はなんといっても「生の声」が聞けるところだろう。

書いたものと違って、時間もタップリで情報量も多い。

ライターの立ち位置を知るのに絶好だ。

筆者の好きなポッドキャストは次のもの。更新されると欠かさず聞く。

・John Gruber → The Talk Show (Mule Radio Syndicate)
・Jim Dalrymple → Amplified (5by5)
・Horace Dediu → The Critical Path (5by5)

     *     *     *

ポッドキャストをまとめるには?

すばらしい内容のポッドキャストに出会ったときは、どうまとめればいいのだろうか

1時間をこえる内容はそう簡単には要約できない。

Horace Dediu の恩師と愛弟子対決の「The Critical Path #36: An Interview with Clayton Christensen」は殊のほかオモシロかった。

印象だけでもなんとかもまとめたいと思ったが、聞き終わった後では印象が散漫になり、かといって聞き返すのも大変だ。

そこで聞きながら印象をメモにしてみようと考えた。

ちょうどツィッターを初めたばかりのころで、使い方を模索していたので、テープ起こしならぬ「ツイッター起こし」を試みた。

2012年5月7日のツィートから始まる16のツィートがそれだ。

もっとも、再録してまとめるのが面倒くさく、この試みも一度だけで終わった。

なにかいい方法があればいいのにと思う。

Read Full Post »

SF_Examiner_John_Markoff

[ジョブズの追放を報じる John Markoff の記事:image

松田純一氏[Macテクノロジー研究所]のアップルヒストリーがおもしろい。

Macテクノロジー研究所: “1985年 クリスマス商戦におけるAppleの動向” by 松田純一: 15 April 2013

スティーブ・ジョブズが逐われた後、主(ぬし)なき後のアップル丸の舵取りをまかされたジョン・スカリーが初めて迎えたクリスマス商戦の話。

確かに松田氏ご指摘のとおり「ジョブズのいなくなったAppleについてはこれまであまり関心がわかなかった。」

常日頃「Apple の過去は未来よりも面白い」を標榜されるベテランだけあって、スカリーの視点から振り返ったところは大変興味深いと思う。

     *     *     *

同記事の末尾に:

【補 足】
当アーティクルの2つの古い新聞記事はご承知の方も多いと思うが、ブログ maclalala2の藤シローさんから譲られた資料に基づいている。資料の中には1984年のMac発表当時からリアルタイムで収集された貴重な新聞のスクラップをはじめ、カタログや雑誌などが含まれている。Macテクノロジー研究所では可能な限りこれらを活用させていただき、よりリアリティのある正確な情報ご紹介したいと考えている。ご期待のほどを!

     *     *     *

マック草創期の「私のインキュナブラ=古文書」については何度か当ブログで紹介した。

初めて Macintosh の実物を目の前にしたとき、これはスゴいことになると直感したのを覚えている。Macintosh に関するものは何でも集めてやろうと思った。

しかし技術のシロウトに過ぎない筆者にとっては、誰でも入手できる(しかし時が経てば失われてしまう)新聞雑誌ぐらいしか思いつかなかった。

ともかく、なにもかも時系列でファイルしておこうと考えたものだ。

そんな段ボール2箱分の「古文書」を松田氏に寄贈させていただいた。

死蔵され、滅すべき運命だったものを活用していただければ、これらの資料も本望だと思う。

氏の今後の連載に期待したい。

     *     *     *

《参考》
私のインキュナブラ
MUG — マック草創期の拠り所
あの頃は夢中だった・・・

Read Full Post »

Byte_Feb_1984

今年はアップルのウワサもなかかなキックオフしない

Ive の手に移った iOS も予想以上に遅れていて、OS X 10.9 から助っ人をもらっている状況らしい。

InfoWorld_Feb_1984

何が、いつ出るのか、確定情報は今しばらく待つ必要がありそうだ。

ということで、またぞろ古い話。「私のインキュナブラ」の第3回だ。

inCider_Mar_1984

今回は雑誌や新聞の切り抜きの中から・・・

     *     *     *

Popular_Computing_Dec_1983

ちょうど初代 Macintosh が登場した頃サンフランシスコにいた。

ほぼ買う気になっていた IBM PCjr だったが、キーボードがあまりにひどくてガッカリしているときだった。

PC_Feb_1984

Macintosh という字が目に入り次第、雑誌、新聞記事、カタログなど、片っ端から買ったり集めたりした。

Computers_Mar_1985

いちばん有名な雑誌と言えば、Macintosh 発売を機に創刊された Macworld だろう。しかし、その他にもいろいろあった。

Electronic_Games_Mar_1985

当時はカタログも豪華で、見ているだけで夢があった。

macintosh_catalogue1-1

カタログに載っていた分解図(Exploded View)にはワクワクしたものだ。

macintosh_catalogue1-2

     *     *     *

Macworld_Apr_1987

その後アップルのラインアップも増えた。

MacUser_Apr_1987

Macintosh SE と Macintosh II のラインがメインだった。

A+_Jun_1984

古くからの Apple II も人気があり、ポータブルの IIc も出た。

     *     *     *

Fortune_Aug_1985

ジョブズがアップルを逐われたのもシスコにいた頃だった。

SF_Examiner_19_Sep1985_

John Sculley と確執を伝える San Francisco Examiner の記事。

InfoWorld_30_Sep_1985

同じく InfoWorld の記事。まだタブロイド判だった頃のもの。

InfoWorld_Jun_1985

アップルがどうなるかハラハラしたものだ。

NY_Times_7_Feb_1985

その頃、Woz もまたアップルを去った。

すべては30年近く昔の話。

これらの切り抜きを手に取ると、当時の興奮がまざまざと蘇ってくる・・・

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »