Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘MacBook Pro’

Mac_Pro_(RED)

真っ赤な Pro

Gruber の視点のつづき

MacBook Pro、Mac Pro、iWork について・・・

Daring Fireball: “Thoughts and Observations Regarding This Week’s Apple Event Introducing the iPad Air and Retina iPad Mini” by John Gruber: 26 October 2013

     *     *     *

MacBook Pro の選択

iPad に比べれば、MacBook Pro のアップデートの方が簡単だ。MacBook Pro と MacBook Air のどちらを選ぶかは、少なくとも自分にとっては iPad Air と iPad Mini のどちらを選ぶかよりはるかに簡単だ。

The updated MacBook Pros pose a simpler story than the new iPads. Choosing between a MacBook Pro and MacBook Air is, to my eyes at least, far easier than choosing between an iPad Air and iPad Mini.

いちばんの関心事がパフォーマンスとディスプレイの画質なら、MacBook Pro を選択するだろう。バッテリーライフと重さが関心事なら MacBook Air を選択するだろう。しかしここでもアップルはこの2つの間のギャップを狭め続けている。最新の Air は前のものより速い。最新の Pro は薄く、軽く、価格も安く、バッテリーライフもよくなった。(アップルによれば 13 インチ Pro で9時間。正直いって信じられないほどだ。かつて「4.5 時間」のバッテリーライフが最高水準だったころにはとても信じ難いものだ。)

If your primary concerns are performance and display quality, you want a MacBook Pro. If your primary concerns are battery life and weight, you want a MacBook Air. Again, though, Apple continues to narrow those gaps. The latest Airs are faster than ever before. The brand-new Pros are thinner, lighter, lower-priced, and get better battery life (9 hours for the 13-inch Pro, according to Apple, which quite frankly sounds amazing to my ears; it doesn’t seem like that long ago when “4.5 hours” of battery life was state-of-the-art).

     *     *     *

iPad Pro の可能性?

もうひとつ、iPad Air や Mini とも関連してくることがある。もし iPad Air と Mini の違いが 11 インチと 13 インチ MacBook Air のようであり、何もつかない「iPad」というモデルがもはや存在しないということなら、iPad Air という名称は iPad Pro を出す準備ではないのか? 自分にはそう思える。今すぐではないかもしれないが、いずれ近い時期に・・・

And one last thought, circling back to the iPad Air and Mini. If the iPad Air and Mini are sort of like the 11- and 13-inch MacBook Airs, and there is no longer a model named just-plain “iPad”, does the iPad Air moniker set the stage for an iPad Pro? I’m thinking yes. Maybe not soon, but soon enough.

     *     *     *

iWork の機能後退

新しくなった iWork アプリの Mac バージョンでは機能が後退した(functional regressions)というたくさんの苦情が今週あった。その失望はもっともだ。メジャーなソフトウェアアップデートでこれまで使ってきた機能が削除されるなんて誰も望まない。しかし最近のアップルの歴史を見れば驚くにあたらないのも事実だ。たとえば Final Cut Pro X と iMovie 08 のケースがその例だ。アップルは決して iWork アプリ Mac 版の機能後退を軽んじているワケではない。しかしアップルのミスでもないのだ。

There’ve been a lot of complaints this week regarding functional regressions in the Mac versions of the new iWork apps. The disappointment is justifiable; no one likes having features they rely upon removed in a major software update. But given Apple’s recent history — Final Cut Pro X and iMovie 08 to name two examples — no one should be surprised, either. I don’t think anyone at Apple took these functional regressions in the Mac version of the iWork apps lightly, but they are no mistake, either.

     *     *     *

何が最優先事項か

問題の本質はこういうことだと思う。物事には優先順位があるが、アップルの最優先事項は iPhone、iPad、ウェブおよび Mac というクロスプラットフォームで同等の機能を持たせることなのだ。世界中を見渡しても、電話やタブレット、デスクトップのネイティブアプリとウェブアプリが完全に同等であるオフィスプラットフォームは存在しない。他の会社では別の優先順位がある。例えばマイクロソフトでは完全な機能(feature-completeness)という考えが DNA に組み込まれている。モバイル版との機能の整合性を保つため Microsoft Office for Windows から機能を削除するなんて想像を絶するのだ。

The bottom line as I see it: you need to have clear priorities, and Apple’s highest priority here was clearly cross-platform parity for iPhone, iPad, web, and Mac. No other office platform in the world has that — complete parity between native apps for phone, tablet, desktop, and a web app. Other companies have different priorities; Microsoft, for example, has feature-completeness built into its DNA. A version of Microsoft Office for Windows that removed functionality to achieve parity with the mobile version is unimaginable.

     *     *     *

今や iOS がメイン

はっきりした優先順位がある場合、二次的、三次的機能は犠牲にされる。アップルの Mac に対する意欲は — 最新の Mac Pro や業界をリードする MacBook のラインアップなどのすべてのハードウェアから毎年アップデートされるようになった Mac OS X に至るまで — 引き続き変わっていないと思う。しかし今やアップルにとって iOS がメインのプラットフォームになっており、iOS にとっては iWork のすべてのスイートに同等の機能を持たせることがこれまで以上に好ましいのだ。これまでは iOS 版のアプリは Mac 版のほんの一部分しかサポートしていなかったからだ。

But whenever you have clear priorities, secondary and tertiary features have to be sacrificed. I think Apple’s continuing commitment to the Mac is clear — everything from hardware like the all-new Mac Pro and a MacBook lineup that leads the industry, to the now annual updates to Mac OS X. But iOS is Apple’s primary platform, and it’s better for iOS to have the entire iWork suite at parity than the previous situation, where the iOS versions of the apps supported only a subset of what the Mac versions did.

     *     *     *

iWork for iCloud の役割

今回アップデートされた iWork for iCloud もまたなかなかすばらしい。アップルはウェブには弱いという通説に反するものだ。そもそも iWork for iCloud は何を目的にしているのか? 2つの目的があると自分は考える。ひとつは、iWork の事実上のウィンドウズ版という役割だ。実際にネイティブなウィンドウズ版を書かなくても済むのだ。ウィンドウズ世界に火を放つものではないし、そういう意図もない。それがあることでウィンドウズ PC の iPhone/iPad ユーザーは、iOS デバイスで作った書類を(ウィンドウズ PC で)見たり編集できるようになるのだ。もうひとつは、どのウェブアプリもそうだが、Mac ユーザーにとってすらすばらしい「ユニバーサルアクセス」になることだ。iCloud に書類を保存すれば、近くに Mac や iPad がなくても、イザというときは世界中どこからでも、どの PC や Mac からでも書類を開くことができる。6月の WWDC で登場したバージョンと比べても、今週アップデートされた iWork for iCloud は大きく前進したように思える。たった4か月で驚くべき進化を遂げたのだ。

Also, the updated version of iWork for iCloud is pretty slick, standing in contradiction to the rule of thumb that Apple stinks at web stuff. But what’s the point of iWork for iCloud? I think it’s two-fold. First, it’s effectively the Windows version of iWork, without Apple having to write an actual native Windows version. It’s not going to set the Windows world on fire, but it’s not intended to. It’s there so that iPhone and iPad users with Windows PCs can view and edit their documents created on iOS devices. Second, as with any web app, it’s an excellent “universal access” even for Mac users. Store a document in iCloud, and in a pinch, even without your Mac or iPad handy, you can open it from any PC or Mac anywhere in the world. It also seems to me that this week’s update to iWork for iCloud is a rather amazing step forward from the version that debuted at WWDC back in June — a tremendous amount of progress in just four months.

     *     *     *

Mac Pro のベース価格

2999 ドルというベース価格は自分の予想どおりだった。値段で尻込みするひとは、たとえば iMac や飾り立てた[?]Mac Mini 以上には Mac Pro が提供するものを必要としないひとだろう。

The $2999 starting price is about what I’d expected. Anyone put off by the price probably doesn’t need what the Mac Pro offers over and above, say, an iMac or a decked out Mac Mini.

     *     *     *

4K ディスプレイ

自分にとって大きな失望は、アップルが 4K Cinema Display をいっしょに発表しなかったことだ。4K ディスプレイ3台を同時に駆動できるマシンを作ったのに、なぜディスプレイは作らないのか? これはデスクトップコンピュータに Retina 時代をもたらすマシンだ。アップルにはディスプレイを駆動できるマシンだけでなく、ディスプレイそのものも作って欲しい。

The big disappointment for me is that Apple did not announce 4K Cinema Displays to go along with it. Why make a machine capable of driving three 4K displays but not make the displays? This is the machine that will take desktop computing to the retina era, but I want Apple to make the displays too, not just the machine that powers them.

     *     *     *

個々の情報にふりまわされるのではなく、大局的な視点からズバリ本質に触れる — それが Gruber の魅力だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《関連》

アップルイベントはつまらなかったか — Gruber の視点(1)
ソフト無償化のインパクト — Gruber の視点(2)
どちらの iPad を選べばいいか — Gruber の視点(3)
・Pro ラインと iWork から見えてくるもの — Gruber の視点(4)[本稿]
ティム・クックの新時代— Gruber の視点(5)

広告

Read Full Post »

Tim_Cook_01

何が発表されるかおおむね予想はついていたとはいえ、やっぱりアップルイベントは楽しい。

     *     *     *

同時進行

アップルイベントというと、発表された内容を細大漏らさず伝えるのが技術メディアの役割だ。

イベントの内容を時々刻々伝えてくれる The Verge、超人的なスピードでテキストをタイプする Macworld のライブはお馴染みだ。

audience 11

今回のスペシャルイベントは、招待状をもらって会場に潜り込めなくても、世界中の誰でもイベントの様子を同時進行で見ることができた。

これからは技術メディアもなかなかやりにくくなりそうだ。

     *     *     *

Yerba Buena Center:

Yerba_Buena_Center_01

会場となった Yerba Buena Center はさすがに大きくて、その分期待も高まる。

audience_07

ジョブズのための予約席があるのかどうかはよく分からなかった。

     *     *     *

新しいハードウェア:

ハードとしては MacBook Pro、Mac Pro、iPad Air、Retina iPad mini が新たに登場。

いずれも実機の紹介はなく、スライドとビデオだけ。

Mac Pro には 4K ディスプレイ3台接続可能としながら、期待されたモニターの発表はなかった。

mac_pro_02

Mac Pro の紹介ビデオで片手で持てるサイズが印象的だった。

mac pro 01

メインかと思われた iPad 関連は最後の20分足らず。

ネーミングの変わった iPad Air。一世代飛ばして A7 を搭載した Retina iPad mini は John Paczkowski の予想どおりだった。

     *     *     *

ソフトウェアのデモ:

ステージで実際のデモが行なわれたのは OS X Mavericks と GarageBand、Pages だけ。

Craig_Federighi_02

今日のキーノートで客席がいちばん沸いたのは「無償」(Free)と「本日出荷」(Today)のときだろう。

Craig Federighi 04

基幹となるソフトが全て無償、ダウンロードも本日可能というのはたしかに大きなサプライズだ。

     *     *     *

Phil_Schiller_04

ハードの出荷日:

 MacBook Pro:本日
 Mac Pro:年内(December)
 iPad Air:11月1日
 Retina iPad mini:11月下旬

     *     *     *

ファッション:

Craig_Federighi_05

ジョブズのタートルネックと異なり、ダークシャツの裾を出して着るのがすっかり定番になったようだ。

Phil_Schiller_02

Craig Federighi が Mavericks のデモで奥さんに「Phil is my fashion guru!」とメッセージを送ったときは会場の笑いを誘った。

Edd_ Cue_02

ボディーの引き締まった Tim Cook や伊達男の Craig Federighi はともかく、典型的中年体型の Phil Schiller や Eddy Cue はちょっとつらそう・・・

     *     *     *

Phil_Schiller_07

これで年末に向けてアップル製品が勢揃いした。

Read Full Post »

Update 2:アップルの至上命令》
Update:トレードオフのひとつ》


[Retina MacBook Pro のロジックボードを外す:photo

最新最高の Retina MacBook Pro を分解した iFixit の Kyle Wiens が興味深い指摘をしている。

薄型の Retina ディスプレイになったことで消費者は選択を迫られているというのだ。

Wired.com: “The New MacBook Pro: Unfixable, Unhackable, Untenable” by Kyle Wiens: 14 June 2012

     *     *     *

最も修理しにくい

Retina MacBook はこれまでわれわれが分解したラップトップの中で最も修理しにくいモデルだった。これまでのモデルと異なりディスプレイがガラスにヒューズ付けされているので、LCD を交換するためには高価なディスプレイ部品一式を購入しなければならない。RAM はロジックボードに直にハンダ付けされているので、将来メモリーのアップグレードを行なうことは不可能だ。それにバッテリーは筐体に接着されているため、その都度ユーザーは 200 ドル払ってラップトップをアップルに郵送しなければならない。デザイン上は「高度にリサイクル可能なアルミとガラス」かもしれないが、家電リサイクル業界の友人によれば、このモデルや最新の iPad のようなガラスに接着したアルミはリサイクルのしようがないという。

The Retina MacBook is the least repairable laptop we’ve ever taken apart: Unlike the previous model, the display is fused to the glass, which means replacing the LCD requires buying an expensive display assembly. The RAM is now soldered to the logic board — making future memory upgrades impossible. And the battery is glued to the case, requiring customers to mail their laptop to Apple every so often for a $200 replacement. The design may well be comprised of “highly recyclable aluminum and glass” — but my friends in the electronics recycling industry tell me they have no way of recycling aluminum that has glass glued to it like Apple did with both this machine and the recent iPad.

     *     *     *

IT 業界全体に影響

このデザイン設計は、消費者や環境のみならず IT 業界全体にとって重大な影響をもたらす。

The design pattern has serious consequences not only for consumers and the environment, but also for the tech industry as a whole.

     *     *     *

消費者への実験

4年前アップルは市場で実験を行なった。超薄型だがアップグレード不可能な MacBook Air と、容易にアップグレード可能なそれまでのモデル — MacBook および MacBook Pro — の2つを同時に発表したのだ。この20年間、アップルのラップトップは耐久性と頑丈さ、長持ちするものを求めて進化してきた。過去の失敗からアップルは多くを学んできた。PowerBook 5300 の爆発したバッテリー、PowerBook G4 Titanium の脆弱なヒンジ、iBook のアクセスしにくいハードドライブなど・・・

Four years ago, Apple performed a market experiment. They released the super thin, but non-upgradeable, MacBook Air in addition to their two existing, easily upgradeable notebooks: the MacBook and the MacBook Pro. Apple’s laptops had evolved over two decades of experience into impressively robust, rugged, and long-lasting computers. Apple learned a lot from the failings of the past: the exploding batteries of the PowerBook 5300, the flaky hinges of the PowerBook G4 Titanium, the difficult-to-access hard drive in the iBook.

     *     *     *

使いやすく修理も容易な MacBook

アップルのポータブルラインアップは、消費者にとってもアップルにとっても勝利を意味した。IT のプロも、世界が MacBook を愛した。私自身かなりの数を分解したが、使い易さ同様修理も容易だったと証言できる。

Apple’s portable lineup was a triumph — for consumers and for Apple itself. IT professionals the world over love working on the MacBook. I’ve disassembled a few of them myself, and I can attest that they are almost as easy to repair as they are to use.

     *     *     *

Air で流れが変わった

2008 年の Air はまったく新しい方向に向かった。より薄型のデザインのためパフォーマンスやアップグレードの可能性を犠牲にした。RAM は(Retina MacBook Pro と同じように)ロジックボードに直付けされ、そのためアップグレードするには高価なロジックボード全体を交換しなければならないことになった。MacBook Air のバッテリーは発表された時点で 300 回の充電に耐えるといわれた。しかしそれまでのラップトップと異なり、Air のバッテリーを交換するには特殊工具19 本近いネジを外す必要があった。

The 2008 Air went in a new direction entirely: It sacrificed performance and upgradeability in exchange for a thinner design. Its RAM is soldered to the logic board (as in the Retina MacBook Pro), so upgrading it means replacing the entire expensive logic board. And like all laptops, the Air has a built-in consumable. The MacBook Air’s battery was rated to last just 300 charges when it was introduced. But unlike laptops before it, replacing the Air’s battery required specialized tools and removing some 19 screws.

     *     *     *

MacBook か MacBook Air か

2010 年にアップルが MacBook の価格帯に合わせるため MacBook Air の価格を 999 ドルに値下げしたとき、アップルはユーザーに対して明確に選択肢を与えたのだ。薄くて軽いが、RAM がアップグレードできない MacBook Air か、それともより重いが、より長持ちして、より頑丈で、より強力な MacBook のいずれかという選択を・・・。この2つは同じ価格帯だが、非常に異なる製品だ。当時私は MacBook Air の RAM がアップグレード出来ないことが気に入らなかった。しかしアップルが選択肢を与えたことは評価した。われわれ次第ということなのだ。RAM が 2GB のままのマシンでいいのか、それとも1年ないしは2年毎にアプリが必要とする時点で、メモリーを増やし、劣化するバッテリーの交換が出来るマシンがいいのか・・・

When Apple dropped the MacBook Air to $999 in 2010 to match the price point of the MacBook, they gave users a clear choice: the thin, light, and un-upgradeable MacBook Air or the heavier, longer lasting, more rugged, and more powerful MacBook. Same price, two very different products. At the time, I wasn’t very happy with the non-upgradeable RAM on the MacBook Air, but I respected that Apple had given their users a choice. It was up to us: Did we want a machine that would be stuck with 2GB of RAM forever? Would we support laptops that required replacement every year or two as applications required more memory and batteries atrophied?

     *     *     *

消費者の選択

消費者の選択は圧倒的に Air だった。2010 年末には Air はアップルのノートブックの 40% を占めるまで増加した。

Consumers overwhelmingly voted yes, and the Air grew to take 40 percent of Apple’s notebook sales by the end of 2010.

     *     *     *

iPad も同じ

アップグレードできない Air が成功したことで、2年後にアップルはさらに修理の難しい iPad を発表した。バッテリーは筐体に接着されていた。そして今度もまたわれわれ消費者は、その寿命が限られている(built-in death clock)にも関わらず、自分のカネを投じてこのデバイスを買い求めたのだ。その次の世代のモデルではガラスがフレームにヒューズ付けされていた。

The success of the non-upgradeable Air empowered Apple to release the even-less-serviceable iPad two years later: The battery was glued into the case. And again, we voted with our wallets and purchased the device despite its built-in death clock. In the next iteration of the iPad, the glass was fused to the frame.

     *     *     *

こんどはプロ向け

そして再びアップルは、市場に選択肢を与える別の製品を発表した。プロを対象とする2種類のラップトップだ。ひとつは使い易くアップグレード可能なもの、もうひとつはそうでないもの。この2つは完全に同等な製品ではない。ひとつはより安価だが拡張可能なストレージを持ち、もうひとつは最新のディスプレイ、一定不変のストレージ、そしてプレミアム価格のものだ。しかしこの2つ製品の名前が同じでないため混乱が生じた。アップルは未来の MacBook Pro をどう定義付けるかユーザーに尋ねているのだ。

Once again, with another product announcement, Apple has presented the market with a choice. They have two professional laptops: one that is serviceable and upgradeable, and one that is not. They’re not exactly equivalent products — one is less expensive and supports expandable storage, and the other has a cutting-edge display, fixed storage capacity, and a premium price tag — but they don’t have the same name just to cause confusion. Rather, Apple is asking users to define the future of the MacBook Pro.

     *     *     *

長持ちするアップル製品

アップルは基本的にはアップグレードやアクセスの可能性に反対しているワケではない。現行の Mac Mini にはユーザーに開けてくれといわんばかりの 指当て穴がついている。サイドドアが開く「オープンな」 Power Mac G3 を Steve Jobs が発表したとき、聴衆は感嘆のため息を漏らしたものだ。歴史的に見てもアップル製品の価値は非常に長持ちした。サードパーティの修理マニュアルのせいも一部あるが、非常にモジュラーでアップグレード可能なデザインのせいによるものだ。

Apple isn’t fundamentally against upgradeability and accessibility. The current Mac Mini has compelling finger slots that practically beg people to open it. When Steve Jobs released the “open-minded” Power Mac G3 with a door that opened from the side, the audience oohed and aahed. Apple products have historically retained their value quite well, in part due to third-party repair manuals, but also due to a number of very modular, very upgradeable designs.

     *     *     *

プロユーザーが求めるもの

MacBook Pro ですら当初はアクセスが可能で修理可能なマシンと謳われたものだ。2009 年の Macworld で Steve Jobs はこういった。「アップルのプロユーザーは、メモリーやカードの増設、ドライブの換装といったアクセスの可能性を求めている。」私が MacBook Pro を愛したのもそういうワケだった。RAM をアップグレードし、光学式ドライブを 80GB SSD に交換することさえやった。

Even the MacBook Pro was originally touted as an accessible, repairable machine — at Macworld in 2009, Steve Jobs said, “Our pro customers want accessibility: […] to add memory, to add cards, to add drives.” That’s part of what I love about my MacBook Pro. I’ve upgraded my RAM, and I even replaced my optical drive with an 80GB SSD.

     *     *     *

消費者の望むものを

一方アップルは、より薄く、より軽い製品を次々に導入した。アップルは経験から学んだのだ。アップルは顧客の要望に応える。アップルは消費者が望むものを提供することに長けているのだ。時に選択肢を与え、製品の売れ行きを見て未来のデザインを決める。

On the other hand, Apple has consistently introduced thinner, lighter products. They learn from experience. They react to their customers. They’re very adept at presenting us with what we want. And they give us options from time to time and allow product sales to determine their future designs.

     *     *     *

消費者が選択するとき

われわれ消費者は常に一貫してアップグレード可能なものより薄型のハードウェアを選択してきた。しかしわれわれ消費者もどこかで一線を引く必要があるのだ。消費者が購入の意思を示すことで、時がくれば寿命がくる(die on schedule)コンピュータをわれわれがよろこんで買うのだとアップルに教えている。厚さが4分の1厚いだけでより長持ちするモデルより、寿命の短いラップトップの方を選択するとき、それはわれわれの価値観について何を物語っているのか?

We have consistently voted for hardware that’s thinner rather than upgradeable. But we have to draw a line in the sand somewhere. Our purchasing decisions are telling Apple that we’re happy to buy computers and watch them die on schedule. When we choose a short-lived laptop over a more robust model that’s a quarter of an inch thicker, what does that say about our values?

     *     *     *

考えてみたことがあるだろうか

われわれが限られた寿命の交換不能なバッテリーを搭載し、カギをして密閉した製品を買うたびに、それがどの程度長持ちして欲しいのかという意見を表明することになるのだ。しかしそれは十分な情報を得た上での意思決定だろうか?何か買い物をするとき、一歩下がってこれはこの程度長持ちして欲しいのだと、そう考えることが果たしてどれほどあるだろうか?長期に価値を持ったまま長持ちする製品を望むのなら、そういう製品を買ってサポートすべきなのだ。

Every time we buy a locked down product containing a non-replaceable battery with a finite cycle count, we’re voicing our opinion on how long our things should last. But is it an informed decision? When you buy something, how often do you really step back and ask how long it should last? If we want long-lasting products that retain their value, we have to support products that do so.

     *     *     *

問われるべきは消費者自身

今日われわれ消費者は選択をする。これまでの MacBook Pro ではなく Retina ディスプレイモデルを選択するのであれば、次世代の Mac ラップトップはより修理困難なものとなるだろう。そうなったとき、アップルを責めることはできない。責めるべきはわれわれ自身なのだから・・・

Today, we choose. If we choose the Retina display over the existing MacBook Pro, the next generation of Mac laptops will likely be less repairable still. When that happens, we won’t be able to blame Apple. We’ll have to blame ourselves.

     *     *     *

サードパーティの修理業界にバイアスされている感じはあるが、一面の真理があるように思われる。

Mac ユーザーにとって修理やアップグレードは切実かつ悩ましい問題だ。

先日孫娘が入学祝いに買ってもらった MacBook Air の液晶画面に小さなキズがあるのに気がついた。大切に使っていて決して自分で付けたキズではないという。

AppleCare に加入していたのでアップルストアに相談したが、これは人為的なキズなので1年間のハードウェア製品保証の対象にはならないといわれたという。修理費見積もりは8万円だったそうだ。

そのうちキズが四方八方に広がってきたので、泣く泣く自費で修理に出した。

なんでそんな高額と訝しんだが、たぶんスクリーンだけでなくロジックボード一式交換するハメになったのではないかと想像する。

こうなると、AppleCare が何をどの程度カバーするのか十分確かめておかないと、うかうか買い物もできなくなってしまいそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》トレードオフのひとつ(6月18日)

iFixit の Kyle Wiens の指摘が議論を呼んでいる。

たとえば Rafe Colburn の反論・・・

rc3.org: “Why are Apple laptops becoming harder to take apart?” by Rafe Colburn: 16 June 2012

     *     *     *

メーカーの貪欲さ

コンピュータが(他の製品もそうだが)だんだんメーカーフレンドリーでなくなってきたと考えるひとが沢山いることを知っている。というのも、メーカーが貪欲になり、パーツや労賃に対してもカネを取りたい、うまくいけばアップグレードのサイクルを縮めてより多くのコンピュータ(あるいは車、電気製品、その他なんでも)を売りたいと考えるからだという。

I know a lot of people think that computers (and many other products) are becoming less maker-friendly because greedy companies want to get more money for parts and labor, or even better, shorten the upgrade cycle and sell more computers, or cars, or appliances, or whatever.

     *     *     *

トレードオフのひとつ

本当はそうではないのではないか。プロダクトデザインにはトレードオフが付きものだ。ラップトップの場合、性能(ディスプレイ解像度、プロセッサースピード、ストレージ容量、バッテリーライフなど)、サイズ、重さ、コスト、アップグレードの可能性などの要因を考慮する必要がある。このうちユーザーがいちばん気にしないのがアップグレードの可能性だとアップルは考えているように思える。私はアップルが正しいと思う。

I doubt that is ever really the case. There are a lot of tradeoffs that go into product design. When it comes to laptops, there are capabilities (display resolution, processor speed, storage space, battery life, and so on), size and weight, cost, and upgradeability. Apple seems to have gotten the impression that upgradeability is the factor factor that people care about the least, and I suspect that they’re right.

     *     *     *

アップグレードや修理をするのは少数者

それにラップトップのパーツを何であれ自分でアップグレードするひとなんて非常に少ない — 5% にすら達しないと思う。自分で修理するひととなるとさらに少ないのではないか。可笑しいことに自分はその少数者のひとりだが、うっかりして MacBook に磁石をのせてハードドライブをダメにしてしまった。でも自分で分解して、ハードドライブが換装できたのでうれしかった。それはともかく、新しい Retina MacBook Pro なら古い MacBook の代わりに今週にでも欲しいと思う。

My suspicion is that the number of people who upgrade any of the components of their laptops is very small — I’d be surprised if even 5% of customers did so. I would imagine that the number of people who repair laptops on their own is even smaller. What’s funny is that I’m one of those people. I unthinkingly set a magnet on a MacBook I used to have and destroyed the hard drive, and I was very pleased to be able to take it apart and replace that hard drive myself. That being said, I’d rather have one of the new MacBook Pros with Retina Display than that old MacBook any day of the week.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アップルの至上命令(6月18日)

無限に前進しようとするアップルの至上命令からすれば Kyle Wiens の指摘は間違っていると Nick Chaves が反論している。

nickchaves.com: “Hackers gonna hate” by Nick Chaves: 17 June 2012

     *     *     *

アップグレードできないなら要らないのか

第2に、そしてもっと重要なことだが、こう思うのだ。例えば『マイノリティ・リポート』や『アバター』のような映画で未来的なコンピュータが登場するとき、「カッコいいな。でもアップグレードできるようには見えない。だから要らない」なんて考えるだろうか。

Second, and more important, this thought occurred to me: when we look at futuristic computing devices in movies such as Minority Report or Avatar, do we think “Neat, but those definitely don’t look upgradeable. No thanks.”

     *     *     *

ラダイト的思考

かつてないレベルの精巧さやポータビリティより「ハッキング」という価値の方が勝ると考えるラダイト的思考[注:技術革新反対者、テクノロジー嫌い]からそのような進化がもたらされるだろうか。

Do we imagine that such progress is achieved through the kind of Luddite thinking that leads people to value “hackability” over never-before-achieved levels of precision and portability?

     *     *     *

Wiens の議論は要すれば

上に述べたことが Wiens の議論を要約している。消費者の投票によってアップルはこの途をたどるので、修理・アップグレード・ハッキングの可能性という観点から一線を引くべきだという議論だ。

The quote above is the summation of Wiens’ argument that “consumer voting” has pushed Apple down this road, and that we need to draw a line in the name of repairability, upgradability and hackability.

     *     *     *

アップルの至上命令

私は次のように主張したい。構成部品などではなくヒューマンインターフェイスに主眼をおくデバイスを作ろうとするアップルの意欲は、至上命令[注:categorical imperative、カント哲学の「定言命法」から]であり、一切条件や限定をつけず仕事をしようとする行動規範なのだ。一線などはどこにもなく、あるのは唯一前進に向けての無限の意欲だけだ。ハードウェアを意識しなくても仕事をこなせるよりポータブルなデバイスを作りたいという意欲・・・

I’d argue that Apple’s push toward devices that are more about the human interface and less about the components is a form of a categorical imperative, a rule for acting that has no conditions or qualifications — that there is no line, there is only an endless drive towards progress: more portable devices that get the job done with less thinking about the hardware.

     *     *     *

ことばの背景にも

これこそがアップルが製品発表の際に用いる表現 — ハッキングやアップグレードではなく、「魔法のような」、「革新的な」という表現 — の背後にあるものなのだ。

That is what drives descriptions like Apple uses in its product announcements: magical, revolutionary — not hacking and upgrading.

Read Full Post »


[MacBook Pro — Retina ディスプレイモデル]

過去最高の呼び声高い MacBook Pro — Retina ディスプレイモデルだが、今回の WWDC で Mac ラインアップの一新を期待したひとから見れば、微妙な問題がありそうだ。

アップルギーク MG Siegler が悩んでいる。

massive greatness: “The Mac’s Mid-Life Crisis” by MG Siegler: 12 June 2012

     *     *     *

宙ぶらりん

で、Mac のラインアップは、私と同じように奇妙な宙ぶらりん状態にある。Air は好きだが、新しい Pro も欲しい。一方、手持ちの iMac をアップグレードする必要もある。ウワサでは今日それが出来るハズだった。・・・しかし、そうはいかなかった。

So the Mac line, like myself, is in this awkward in-between stage. I love my Air, but I want this new Pro. Meanwhile, I need to replace my iMac, and based on the rumors, I thought I was going to be able to do that today. But, well, nope.

iMac はヤメにして新しい MacBook Pro を買うべきか。それもいいが、大きなモニターは心残りだ。Cinema Display も考えたが、いかんせん Pro に比べて解像度が低すぎる。どう考えたらいいものか?(いずれラインアップが更新されるのは分かっているし・・・)

Maybe I ditch my iMac in favor of this new MacBook Pro. I like the idea, but I will miss the larger monitor. I could buy a Cinema Display but — incredibly — it’s actually lower resolution than this new Pro screen. What would be the point of that? (And you know that upgrade is coming down the line as well.)

     *     *     *

もうひとりのアップルギーク John Gruber も同じ気持ちらしい。

Daring Fireball: “The Mac’s Mid-Life Crisis” by John Gruber: 12 June 2012

う〜ん、むずかしい!

まったくそのとおりだ。11インチ Air がメチャ持ち運び便利なのですっかりスポイルされてしまった。でもこの新しい MacBook Pro は間違いなくこれまでで最高のモデルだし・・・。う〜ん、むずかしい!

Couldn’t agree more. I’m spoiled by the extreme portability of an 11-inch Air, but this new MacBook Pro is clearly the nicest Mac ever made. It’s a hard decision.

     *     *     *

確かに手持ちの Mac を見渡すと、Retina モデルを買うかどうかはなかなか悩ましい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Mysterious, Ultra-Thin 15-inch MacBook

MacRumors 発 TUAW 経由のウワサ・・・

TUAW: “Rumor: Apple’s next 15″ laptop refresh will be Air-like” by Michael Rose: 26 July 2011

     *     *     *

立派な占い師でなくても

前のときも、そして今回も、MacBook Air が大成功を収めていることを考えれば、ラップトップのラインアップがどこへ進化していくのか立派な占い師でなくても容易に予想できる。アップルが強力な NAND フラッシュメモリーの購買力を持っているおかげで、ライバルより安価な価格でポータブルマシン用の SSD を確保することができる。より薄く、より軽く、しかもなお強力なラップトップのせいでプラットフォームを乗り換えるものが続出している。

Considering the extraordinary success of the MacBook Air in its previous and current refreshes, it doesn’t take a particularly accurate crystal ball to predict where the overall laptop lineup is headed. Apple’s buying power in NAND flash memory helps it deliver SSDs in portable machines at lower component costs than the competition, and the pure sexy factor of leaner, lighter (yet still powerful) notebooks is winning converts to the platform.

     *     *     *

MacRumors のウワサ

MacRumors は超薄型15インチラップトップが最終テスト段階に入ったと考えているようだ。もっともこの怪獣が Air ラインなのかそれとも Pro ラインなのかまでは触れていない。恐らくはこの大型ラップトップも、光学ドライブを搭載しない、よりスリムでよりバッテリーライフの長い方向へ向かうだろう。

MacRumors believes a 15″ ultra-thin Mac laptop is in the late testing stages at Apple, although the post doesn’t nail down whether this beastie would be considered part of the Air or Pro lines. Likely as not, the larger laptop would skip the optical drive in favor of slimmer lines and longer battery life.

     *     *     *

次期 MacBook Pro の可能性

MacBook Air 風の15インチのウワサは、我々が耳にしている情報ともよく合致する。さらに付け加えれば、これは大型化した Air ではなく、次期 MacBook Pro である可能性が高い。17インチモデルも開発中だという。数週前後するかもしれないが[?]、クリスマスにはお目にかかれそうだ。

This 15″ Air-esque rumor corresponds pretty well with what we’re hearing, but with a few additional tidbits: chances are these will be the next MacBook Pros, not oversized Airs. There’s also a 17″ model in the works. And we might see them under Christmas trees, with a few weeks to spare.

     *     *     *

Air に似た Pro

SSD のコストが低く抑えられ、プロ並みのパフォーマンスがスリムな形で実現できれば(願わくはたくさんのポートないしは Thunderbolt ドングルを備えて欲しい)、Air に似た Pro というのはなかなか魅力的ではないか・・・

If Apple can control costs on the SSD front and deliver Pro performance in a lean package (hopefully with a relatively full suite of ports, or a Thunderbolt breakout dongle), the Air-like Pro would be quite compelling.

     *     *     *

Air へ Air へと草木もなびく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »