Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘MacBook Air’

windows_to_mac_2

20年間Windows一筋の私がMacBook Airとかいうものを入手したのでノートパソコンの在りかたについて物申すわ | jMatsuzaki

こんな形のアップル讃歌もありか!

新たな Mac ユーザーがひとり増えた・・・

Read Full Post »

Update 2:アップルの至上命令》
Update:トレードオフのひとつ》


[Retina MacBook Pro のロジックボードを外す:photo

最新最高の Retina MacBook Pro を分解した iFixit の Kyle Wiens が興味深い指摘をしている。

薄型の Retina ディスプレイになったことで消費者は選択を迫られているというのだ。

Wired.com: “The New MacBook Pro: Unfixable, Unhackable, Untenable” by Kyle Wiens: 14 June 2012

     *     *     *

最も修理しにくい

Retina MacBook はこれまでわれわれが分解したラップトップの中で最も修理しにくいモデルだった。これまでのモデルと異なりディスプレイがガラスにヒューズ付けされているので、LCD を交換するためには高価なディスプレイ部品一式を購入しなければならない。RAM はロジックボードに直にハンダ付けされているので、将来メモリーのアップグレードを行なうことは不可能だ。それにバッテリーは筐体に接着されているため、その都度ユーザーは 200 ドル払ってラップトップをアップルに郵送しなければならない。デザイン上は「高度にリサイクル可能なアルミとガラス」かもしれないが、家電リサイクル業界の友人によれば、このモデルや最新の iPad のようなガラスに接着したアルミはリサイクルのしようがないという。

The Retina MacBook is the least repairable laptop we’ve ever taken apart: Unlike the previous model, the display is fused to the glass, which means replacing the LCD requires buying an expensive display assembly. The RAM is now soldered to the logic board — making future memory upgrades impossible. And the battery is glued to the case, requiring customers to mail their laptop to Apple every so often for a $200 replacement. The design may well be comprised of “highly recyclable aluminum and glass” — but my friends in the electronics recycling industry tell me they have no way of recycling aluminum that has glass glued to it like Apple did with both this machine and the recent iPad.

     *     *     *

IT 業界全体に影響

このデザイン設計は、消費者や環境のみならず IT 業界全体にとって重大な影響をもたらす。

The design pattern has serious consequences not only for consumers and the environment, but also for the tech industry as a whole.

     *     *     *

消費者への実験

4年前アップルは市場で実験を行なった。超薄型だがアップグレード不可能な MacBook Air と、容易にアップグレード可能なそれまでのモデル — MacBook および MacBook Pro — の2つを同時に発表したのだ。この20年間、アップルのラップトップは耐久性と頑丈さ、長持ちするものを求めて進化してきた。過去の失敗からアップルは多くを学んできた。PowerBook 5300 の爆発したバッテリー、PowerBook G4 Titanium の脆弱なヒンジ、iBook のアクセスしにくいハードドライブなど・・・

Four years ago, Apple performed a market experiment. They released the super thin, but non-upgradeable, MacBook Air in addition to their two existing, easily upgradeable notebooks: the MacBook and the MacBook Pro. Apple’s laptops had evolved over two decades of experience into impressively robust, rugged, and long-lasting computers. Apple learned a lot from the failings of the past: the exploding batteries of the PowerBook 5300, the flaky hinges of the PowerBook G4 Titanium, the difficult-to-access hard drive in the iBook.

     *     *     *

使いやすく修理も容易な MacBook

アップルのポータブルラインアップは、消費者にとってもアップルにとっても勝利を意味した。IT のプロも、世界が MacBook を愛した。私自身かなりの数を分解したが、使い易さ同様修理も容易だったと証言できる。

Apple’s portable lineup was a triumph — for consumers and for Apple itself. IT professionals the world over love working on the MacBook. I’ve disassembled a few of them myself, and I can attest that they are almost as easy to repair as they are to use.

     *     *     *

Air で流れが変わった

2008 年の Air はまったく新しい方向に向かった。より薄型のデザインのためパフォーマンスやアップグレードの可能性を犠牲にした。RAM は(Retina MacBook Pro と同じように)ロジックボードに直付けされ、そのためアップグレードするには高価なロジックボード全体を交換しなければならないことになった。MacBook Air のバッテリーは発表された時点で 300 回の充電に耐えるといわれた。しかしそれまでのラップトップと異なり、Air のバッテリーを交換するには特殊工具19 本近いネジを外す必要があった。

The 2008 Air went in a new direction entirely: It sacrificed performance and upgradeability in exchange for a thinner design. Its RAM is soldered to the logic board (as in the Retina MacBook Pro), so upgrading it means replacing the entire expensive logic board. And like all laptops, the Air has a built-in consumable. The MacBook Air’s battery was rated to last just 300 charges when it was introduced. But unlike laptops before it, replacing the Air’s battery required specialized tools and removing some 19 screws.

     *     *     *

MacBook か MacBook Air か

2010 年にアップルが MacBook の価格帯に合わせるため MacBook Air の価格を 999 ドルに値下げしたとき、アップルはユーザーに対して明確に選択肢を与えたのだ。薄くて軽いが、RAM がアップグレードできない MacBook Air か、それともより重いが、より長持ちして、より頑丈で、より強力な MacBook のいずれかという選択を・・・。この2つは同じ価格帯だが、非常に異なる製品だ。当時私は MacBook Air の RAM がアップグレード出来ないことが気に入らなかった。しかしアップルが選択肢を与えたことは評価した。われわれ次第ということなのだ。RAM が 2GB のままのマシンでいいのか、それとも1年ないしは2年毎にアプリが必要とする時点で、メモリーを増やし、劣化するバッテリーの交換が出来るマシンがいいのか・・・

When Apple dropped the MacBook Air to $999 in 2010 to match the price point of the MacBook, they gave users a clear choice: the thin, light, and un-upgradeable MacBook Air or the heavier, longer lasting, more rugged, and more powerful MacBook. Same price, two very different products. At the time, I wasn’t very happy with the non-upgradeable RAM on the MacBook Air, but I respected that Apple had given their users a choice. It was up to us: Did we want a machine that would be stuck with 2GB of RAM forever? Would we support laptops that required replacement every year or two as applications required more memory and batteries atrophied?

     *     *     *

消費者の選択

消費者の選択は圧倒的に Air だった。2010 年末には Air はアップルのノートブックの 40% を占めるまで増加した。

Consumers overwhelmingly voted yes, and the Air grew to take 40 percent of Apple’s notebook sales by the end of 2010.

     *     *     *

iPad も同じ

アップグレードできない Air が成功したことで、2年後にアップルはさらに修理の難しい iPad を発表した。バッテリーは筐体に接着されていた。そして今度もまたわれわれ消費者は、その寿命が限られている(built-in death clock)にも関わらず、自分のカネを投じてこのデバイスを買い求めたのだ。その次の世代のモデルではガラスがフレームにヒューズ付けされていた。

The success of the non-upgradeable Air empowered Apple to release the even-less-serviceable iPad two years later: The battery was glued into the case. And again, we voted with our wallets and purchased the device despite its built-in death clock. In the next iteration of the iPad, the glass was fused to the frame.

     *     *     *

こんどはプロ向け

そして再びアップルは、市場に選択肢を与える別の製品を発表した。プロを対象とする2種類のラップトップだ。ひとつは使い易くアップグレード可能なもの、もうひとつはそうでないもの。この2つは完全に同等な製品ではない。ひとつはより安価だが拡張可能なストレージを持ち、もうひとつは最新のディスプレイ、一定不変のストレージ、そしてプレミアム価格のものだ。しかしこの2つ製品の名前が同じでないため混乱が生じた。アップルは未来の MacBook Pro をどう定義付けるかユーザーに尋ねているのだ。

Once again, with another product announcement, Apple has presented the market with a choice. They have two professional laptops: one that is serviceable and upgradeable, and one that is not. They’re not exactly equivalent products — one is less expensive and supports expandable storage, and the other has a cutting-edge display, fixed storage capacity, and a premium price tag — but they don’t have the same name just to cause confusion. Rather, Apple is asking users to define the future of the MacBook Pro.

     *     *     *

長持ちするアップル製品

アップルは基本的にはアップグレードやアクセスの可能性に反対しているワケではない。現行の Mac Mini にはユーザーに開けてくれといわんばかりの 指当て穴がついている。サイドドアが開く「オープンな」 Power Mac G3 を Steve Jobs が発表したとき、聴衆は感嘆のため息を漏らしたものだ。歴史的に見てもアップル製品の価値は非常に長持ちした。サードパーティの修理マニュアルのせいも一部あるが、非常にモジュラーでアップグレード可能なデザインのせいによるものだ。

Apple isn’t fundamentally against upgradeability and accessibility. The current Mac Mini has compelling finger slots that practically beg people to open it. When Steve Jobs released the “open-minded” Power Mac G3 with a door that opened from the side, the audience oohed and aahed. Apple products have historically retained their value quite well, in part due to third-party repair manuals, but also due to a number of very modular, very upgradeable designs.

     *     *     *

プロユーザーが求めるもの

MacBook Pro ですら当初はアクセスが可能で修理可能なマシンと謳われたものだ。2009 年の Macworld で Steve Jobs はこういった。「アップルのプロユーザーは、メモリーやカードの増設、ドライブの換装といったアクセスの可能性を求めている。」私が MacBook Pro を愛したのもそういうワケだった。RAM をアップグレードし、光学式ドライブを 80GB SSD に交換することさえやった。

Even the MacBook Pro was originally touted as an accessible, repairable machine — at Macworld in 2009, Steve Jobs said, “Our pro customers want accessibility: […] to add memory, to add cards, to add drives.” That’s part of what I love about my MacBook Pro. I’ve upgraded my RAM, and I even replaced my optical drive with an 80GB SSD.

     *     *     *

消費者の望むものを

一方アップルは、より薄く、より軽い製品を次々に導入した。アップルは経験から学んだのだ。アップルは顧客の要望に応える。アップルは消費者が望むものを提供することに長けているのだ。時に選択肢を与え、製品の売れ行きを見て未来のデザインを決める。

On the other hand, Apple has consistently introduced thinner, lighter products. They learn from experience. They react to their customers. They’re very adept at presenting us with what we want. And they give us options from time to time and allow product sales to determine their future designs.

     *     *     *

消費者が選択するとき

われわれ消費者は常に一貫してアップグレード可能なものより薄型のハードウェアを選択してきた。しかしわれわれ消費者もどこかで一線を引く必要があるのだ。消費者が購入の意思を示すことで、時がくれば寿命がくる(die on schedule)コンピュータをわれわれがよろこんで買うのだとアップルに教えている。厚さが4分の1厚いだけでより長持ちするモデルより、寿命の短いラップトップの方を選択するとき、それはわれわれの価値観について何を物語っているのか?

We have consistently voted for hardware that’s thinner rather than upgradeable. But we have to draw a line in the sand somewhere. Our purchasing decisions are telling Apple that we’re happy to buy computers and watch them die on schedule. When we choose a short-lived laptop over a more robust model that’s a quarter of an inch thicker, what does that say about our values?

     *     *     *

考えてみたことがあるだろうか

われわれが限られた寿命の交換不能なバッテリーを搭載し、カギをして密閉した製品を買うたびに、それがどの程度長持ちして欲しいのかという意見を表明することになるのだ。しかしそれは十分な情報を得た上での意思決定だろうか?何か買い物をするとき、一歩下がってこれはこの程度長持ちして欲しいのだと、そう考えることが果たしてどれほどあるだろうか?長期に価値を持ったまま長持ちする製品を望むのなら、そういう製品を買ってサポートすべきなのだ。

Every time we buy a locked down product containing a non-replaceable battery with a finite cycle count, we’re voicing our opinion on how long our things should last. But is it an informed decision? When you buy something, how often do you really step back and ask how long it should last? If we want long-lasting products that retain their value, we have to support products that do so.

     *     *     *

問われるべきは消費者自身

今日われわれ消費者は選択をする。これまでの MacBook Pro ではなく Retina ディスプレイモデルを選択するのであれば、次世代の Mac ラップトップはより修理困難なものとなるだろう。そうなったとき、アップルを責めることはできない。責めるべきはわれわれ自身なのだから・・・

Today, we choose. If we choose the Retina display over the existing MacBook Pro, the next generation of Mac laptops will likely be less repairable still. When that happens, we won’t be able to blame Apple. We’ll have to blame ourselves.

     *     *     *

サードパーティの修理業界にバイアスされている感じはあるが、一面の真理があるように思われる。

Mac ユーザーにとって修理やアップグレードは切実かつ悩ましい問題だ。

先日孫娘が入学祝いに買ってもらった MacBook Air の液晶画面に小さなキズがあるのに気がついた。大切に使っていて決して自分で付けたキズではないという。

AppleCare に加入していたのでアップルストアに相談したが、これは人為的なキズなので1年間のハードウェア製品保証の対象にはならないといわれたという。修理費見積もりは8万円だったそうだ。

そのうちキズが四方八方に広がってきたので、泣く泣く自費で修理に出した。

なんでそんな高額と訝しんだが、たぶんスクリーンだけでなくロジックボード一式交換するハメになったのではないかと想像する。

こうなると、AppleCare が何をどの程度カバーするのか十分確かめておかないと、うかうか買い物もできなくなってしまいそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》トレードオフのひとつ(6月18日)

iFixit の Kyle Wiens の指摘が議論を呼んでいる。

たとえば Rafe Colburn の反論・・・

rc3.org: “Why are Apple laptops becoming harder to take apart?” by Rafe Colburn: 16 June 2012

     *     *     *

メーカーの貪欲さ

コンピュータが(他の製品もそうだが)だんだんメーカーフレンドリーでなくなってきたと考えるひとが沢山いることを知っている。というのも、メーカーが貪欲になり、パーツや労賃に対してもカネを取りたい、うまくいけばアップグレードのサイクルを縮めてより多くのコンピュータ(あるいは車、電気製品、その他なんでも)を売りたいと考えるからだという。

I know a lot of people think that computers (and many other products) are becoming less maker-friendly because greedy companies want to get more money for parts and labor, or even better, shorten the upgrade cycle and sell more computers, or cars, or appliances, or whatever.

     *     *     *

トレードオフのひとつ

本当はそうではないのではないか。プロダクトデザインにはトレードオフが付きものだ。ラップトップの場合、性能(ディスプレイ解像度、プロセッサースピード、ストレージ容量、バッテリーライフなど)、サイズ、重さ、コスト、アップグレードの可能性などの要因を考慮する必要がある。このうちユーザーがいちばん気にしないのがアップグレードの可能性だとアップルは考えているように思える。私はアップルが正しいと思う。

I doubt that is ever really the case. There are a lot of tradeoffs that go into product design. When it comes to laptops, there are capabilities (display resolution, processor speed, storage space, battery life, and so on), size and weight, cost, and upgradeability. Apple seems to have gotten the impression that upgradeability is the factor factor that people care about the least, and I suspect that they’re right.

     *     *     *

アップグレードや修理をするのは少数者

それにラップトップのパーツを何であれ自分でアップグレードするひとなんて非常に少ない — 5% にすら達しないと思う。自分で修理するひととなるとさらに少ないのではないか。可笑しいことに自分はその少数者のひとりだが、うっかりして MacBook に磁石をのせてハードドライブをダメにしてしまった。でも自分で分解して、ハードドライブが換装できたのでうれしかった。それはともかく、新しい Retina MacBook Pro なら古い MacBook の代わりに今週にでも欲しいと思う。

My suspicion is that the number of people who upgrade any of the components of their laptops is very small — I’d be surprised if even 5% of customers did so. I would imagine that the number of people who repair laptops on their own is even smaller. What’s funny is that I’m one of those people. I unthinkingly set a magnet on a MacBook I used to have and destroyed the hard drive, and I was very pleased to be able to take it apart and replace that hard drive myself. That being said, I’d rather have one of the new MacBook Pros with Retina Display than that old MacBook any day of the week.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アップルの至上命令(6月18日)

無限に前進しようとするアップルの至上命令からすれば Kyle Wiens の指摘は間違っていると Nick Chaves が反論している。

nickchaves.com: “Hackers gonna hate” by Nick Chaves: 17 June 2012

     *     *     *

アップグレードできないなら要らないのか

第2に、そしてもっと重要なことだが、こう思うのだ。例えば『マイノリティ・リポート』や『アバター』のような映画で未来的なコンピュータが登場するとき、「カッコいいな。でもアップグレードできるようには見えない。だから要らない」なんて考えるだろうか。

Second, and more important, this thought occurred to me: when we look at futuristic computing devices in movies such as Minority Report or Avatar, do we think “Neat, but those definitely don’t look upgradeable. No thanks.”

     *     *     *

ラダイト的思考

かつてないレベルの精巧さやポータビリティより「ハッキング」という価値の方が勝ると考えるラダイト的思考[注:技術革新反対者、テクノロジー嫌い]からそのような進化がもたらされるだろうか。

Do we imagine that such progress is achieved through the kind of Luddite thinking that leads people to value “hackability” over never-before-achieved levels of precision and portability?

     *     *     *

Wiens の議論は要すれば

上に述べたことが Wiens の議論を要約している。消費者の投票によってアップルはこの途をたどるので、修理・アップグレード・ハッキングの可能性という観点から一線を引くべきだという議論だ。

The quote above is the summation of Wiens’ argument that “consumer voting” has pushed Apple down this road, and that we need to draw a line in the name of repairability, upgradability and hackability.

     *     *     *

アップルの至上命令

私は次のように主張したい。構成部品などではなくヒューマンインターフェイスに主眼をおくデバイスを作ろうとするアップルの意欲は、至上命令[注:categorical imperative、カント哲学の「定言命法」から]であり、一切条件や限定をつけず仕事をしようとする行動規範なのだ。一線などはどこにもなく、あるのは唯一前進に向けての無限の意欲だけだ。ハードウェアを意識しなくても仕事をこなせるよりポータブルなデバイスを作りたいという意欲・・・

I’d argue that Apple’s push toward devices that are more about the human interface and less about the components is a form of a categorical imperative, a rule for acting that has no conditions or qualifications — that there is no line, there is only an endless drive towards progress: more portable devices that get the job done with less thinking about the hardware.

     *     *     *

ことばの背景にも

これこそがアップルが製品発表の際に用いる表現 — ハッキングやアップグレードではなく、「魔法のような」、「革新的な」という表現 — の背後にあるものなのだ。

That is what drives descriptions like Apple uses in its product announcements: magical, revolutionary — not hacking and upgrading.

Read Full Post »


Mysterious, Ultra-Thin 15-inch MacBook

MacRumors 発 TUAW 経由のウワサ・・・

TUAW: “Rumor: Apple’s next 15″ laptop refresh will be Air-like” by Michael Rose: 26 July 2011

     *     *     *

立派な占い師でなくても

前のときも、そして今回も、MacBook Air が大成功を収めていることを考えれば、ラップトップのラインアップがどこへ進化していくのか立派な占い師でなくても容易に予想できる。アップルが強力な NAND フラッシュメモリーの購買力を持っているおかげで、ライバルより安価な価格でポータブルマシン用の SSD を確保することができる。より薄く、より軽く、しかもなお強力なラップトップのせいでプラットフォームを乗り換えるものが続出している。

Considering the extraordinary success of the MacBook Air in its previous and current refreshes, it doesn’t take a particularly accurate crystal ball to predict where the overall laptop lineup is headed. Apple’s buying power in NAND flash memory helps it deliver SSDs in portable machines at lower component costs than the competition, and the pure sexy factor of leaner, lighter (yet still powerful) notebooks is winning converts to the platform.

     *     *     *

MacRumors のウワサ

MacRumors は超薄型15インチラップトップが最終テスト段階に入ったと考えているようだ。もっともこの怪獣が Air ラインなのかそれとも Pro ラインなのかまでは触れていない。恐らくはこの大型ラップトップも、光学ドライブを搭載しない、よりスリムでよりバッテリーライフの長い方向へ向かうだろう。

MacRumors believes a 15″ ultra-thin Mac laptop is in the late testing stages at Apple, although the post doesn’t nail down whether this beastie would be considered part of the Air or Pro lines. Likely as not, the larger laptop would skip the optical drive in favor of slimmer lines and longer battery life.

     *     *     *

次期 MacBook Pro の可能性

MacBook Air 風の15インチのウワサは、我々が耳にしている情報ともよく合致する。さらに付け加えれば、これは大型化した Air ではなく、次期 MacBook Pro である可能性が高い。17インチモデルも開発中だという。数週前後するかもしれないが[?]、クリスマスにはお目にかかれそうだ。

This 15″ Air-esque rumor corresponds pretty well with what we’re hearing, but with a few additional tidbits: chances are these will be the next MacBook Pros, not oversized Airs. There’s also a 17″ model in the works. And we might see them under Christmas trees, with a few weeks to spare.

     *     *     *

Air に似た Pro

SSD のコストが低く抑えられ、プロ並みのパフォーマンスがスリムな形で実現できれば(願わくはたくさんのポートないしは Thunderbolt ドングルを備えて欲しい)、Air に似た Pro というのはなかなか魅力的ではないか・・・

If Apple can control costs on the SSD front and deliver Pro performance in a lean package (hopefully with a relatively full suite of ports, or a Thunderbolt breakout dongle), the Air-like Pro would be quite compelling.

     *     *     *

Air へ Air へと草木もなびく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »

11_MBA_reviewed.jpg

AnandTech が 11 インチ MacBook Air について興味深いテストをしている。

AnandTech といえば詳細きわまりないレビューで知られる。MacBook Air の当初レビューも 11 章にも及ぶ膨大なものだった。

当初レビューの結論はつぎのような書き出しで始まる。

AnandTech: “Apple’s 2010 MacBook Air (11 & 13 inch) Thoroughly Reviewed” by Anand Lal Shimpi & Vivek Gowri: 26 October 2010

     *     *     *

スピードが・・・

11 インチ MacBook Air のフォームファクタはとても気に入った。持ち運びには最高だ。きちんとした仕事をしなければならないひとのための iPad というところ。もっと速いスピードならいいのにと思う。

I really like the form factor of the 11-inch MacBook Air. It’s great to carry around. It’s like an iPad for people who have to get real work done. I just wish it was faster.

     *     *     *

AnandTech の新しい記事では、11 インチモデルを CPU やメモリーについて可能な限りアップグレードしたらどうなるかというテストをしている。

11 インチ Air には2つのアップグレードパスがある。CPU[1.4GHz → 1.6GHz]とメモリー[2GB → 4GB]だ。ただし値段は張って、999 ドルが 1399 ドルになる。これは 13 インチモデル(1299 ドル)より高い。

どの程度パフォーマンスが向上するか、それだけ投資をする価値があるか・・・テストの結論はつぎのとおりだ。

AnandTech: “Apple’s 11-inch Upgraded MacBook Air: Do 1.6GHz and 4GB Make a Difference?” by Anand Lal Shimpi: 06 November 2010

     *     *     *

ベースモデル

11 インチ MacBook Air はポータブルとしてはほぼ完成に近い。しかしベースモデル(by default)のままでは完璧なノートブックとはいえない。遅いし、実際の使用ではバッテリーはそれほど持たない。スクリーンの解像度がいいことは見て分かるほどだが、物を読むのはいささか困難だ。

The 11-inch MacBook Air may be portable perfection, but by default it’s not the perfect notebook. It’s slow, the battery doesn’t last all that long under actual use and the screen resolution, although appreciably high, makes things a little difficult to read.

     *     *     *

10〜20% のパフォーマンス向上

1.6GHz/4GB へのアップグレードは大変値が張るが、これらの不満のひとつ[パフォーマンス]に対応するものだ。ベースモデルとアップグレードモデルでは、普通に使っていてもはっきり分かる違いがある。高速とまではいえないが、CPU とメモリーのアップグレードから得られる 10〜20% のパフォーマンス向上は大きな違いだ。物書きやウェブブラウジング程度なら必要ないかもしれないが、それ以上の仕事にはアップグレードのスペックが効いてくる。

The 1.6GHz/4GB upgrade comes at a steep cost but it directly attacks one of those complaints. There’s a tangible difference in regular use between the base and upgraded models. While I wouldn’t consider either fast, I’d say that extra 10 – 20% performance increase you get from the upgraded CPU and memory makes a very big difference. If all you’re doing is writing and web browsing I’m not sure it’s necessary, but anything beyond that could probably make use of the upgraded specs.

     *     *     *

1399 ドルは高い

それにしても 1399 ドルの価格を正当化するのはなかなか難しい。1年ないし1年半後には、もっと速いモデルが、たぶんもっと安い価格で出るのは間違いない。価格という面ではアップグレードを合理化するのはむずかしい。結構いいディスプレイ、すばらしいデザイン、それに OS X が動くのは大変優れた点だ。しかし 1399 ドルという価格は軽量ノートブックとしては高すぎる。もっとも10年前に Transmeta の最初のノートブックに支払った額はもっと高かったけれど・・・

At $1399 there’s almost no way to rationally justify the price and rest assured that within 12 – 18 months Apple will have a much faster version available, likely at an even cheaper price point. The upgrade obviously does nothing to address that part of the equation. You do get a pretty good display, great form factor and of course the ability to run OS X, but any way you look at it $1399 is a lot for a lightweight notebook. Then again, I did pay a lot more than that for my first Transmeta notebook about a decade ago.

     *     *     *

バッテリー充電器は必要

バッテリーへの影響も、数字には現れるもののあまり大きくない。最近の出張で 11 インチ MacBook Air だけを使ってみていえることは、バッテリー持続時間はベンチマークに示す程度だということだ。簡単な仕事の場合でも、15 インチ MacBook Pro ほどは持たない。終日激しく使い続ける場合は、バッテリー充電器が必要になる。

The impact to battery life is minimal, although it is measurable. Having used the 11-inch MacBook Air exclusively on my last business trip I can say that the battery life experience lines up with what our benchmarks show. Even for simple tasks the 11-inch MacBook Air doesn’t last anywhere near as long as the 15-inch MacBook Pro. Heavy use throughout the day will require the aid of a charger.

     *     *     *

持ち運びには最高

しかし旅行に持ち運ぶには最高だ。空港のセキュリティチェックでもバッグから出す必要はないし、バッグに入れているのを忘れるほど軽い。飛行機の暗い客室でこの最終パラグラフを書いているが、バックライトキーボードがあったらいいなと思う。これは是非とも付けてほしい。

Traveling with the system is great however. You don’t need to take it out of your bag when going through airport security and it’s light enough that I hardly noticed I was carrying it. As I write this final paragraph in the dark cabin of a plane, I do still miss the backlit keyboard. Apple really should bring that back.

     *     *     *

次回アップグレードされる MBA の姿が見えるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

next_gen_macbook.jpg

マックへの回帰」(Back to the Mac)イベントで Steve Jobs が新しい MacBook Air を紹介した下りは、今思い出しても心が躍る。[ライブストリーミングの 1h:13 分あたり]

     *     *     *

Steve Jobs:これぞノートブックの未来

そこで我々は自問した、MacBook と iPad をつないだらどうなるだろうかと・・・

So we asked ourselves, what would happen if a MacBook and an iPad hooked up?

・・・で、これがその結果だ。

Well… this is the result.

これまでわれわれが造った最も素晴らしいもののひとつ・・・

It’s one of the most amazing things they’ve ever created.

それが新しい MacBook Air だ。これこそノートブックの未来だと考える。

It’s the new MacBook Air. We think it’s the future of notebooks.

     *     *     *

アップルのトップベージのキャプションが効いている。(英語より日本語の方がいい得ているようだ。)

The new MacBook Air

The next generation of MacBooks

新しい MacBook Air

Mac のノートブックをつぎの次元へ

     *     *     *

John Gruber が MacBook Air の位置づけについて注目すべき小論を書いている。これまでのどのカテゴリーにも当てはまらないというのだ。

Daring Fireball: “The Air’s Spot in the Lineup” by John Gruber: 25 October 2010

     *     *     *

ユーザーが迷わない

アップル製品の品揃えをユーザーが選ぶとき「どれを買っていいか分からない」と迷ったりしないようにアップルは最大限の注意を払っている。

Apple goes to great effort to eliminate “which one should I buy?” ambiguity from its product lines. […]

     *     *     *

どのカテゴリーにも当てはまらない

しかし MacBook Air はこれまでのどのカテゴリーにも当てはまらない。Air モデルがなければ MacBook の選択はもっとカンタンだったはずだ。999 ドルモデルはたったひとつしかないわけだから。しかし異なるメリットとデメリットを持つ2つの MacBook が存在することとなった。ベースモデルが 13 インチ 999 ドルの MacBook だとすると、アップグレードパスとしては2つの方向が考えられる。パフォーマンスを求めて MacBook Pro を選ぶか、それとも軽くて薄い 13 インチ Air を選ぶかだ。

The MacBook Air defies this pattern. Apple’s MacBook lineup would be a lot easier to navigate without the Air models. There’d be only one $999 model, for example. Now there are two, with very different tradeoffs. If you start with the $999 13-inch MacBook as the baseline model, there are two entirely different paths to spend more: go for performance with a MacBook Pro, or go lighter and thinner with a 13-inch Air.

     *     *     *

2台目の補助的マック

Air は補助的(secondary:2台目の、補助的)マックなのだと私は思う。MacBook Pro はメインとして使う(primary)コンピュータだ。メインの MacBook が1台だけ欲しいのなら、それは MacBook Pro だ。容量を増やす必要があれば、RAM も増やせるし、拡張ポートもある。もしすでに Desktop Mac ないしは MacBook Pro をメインのマックとして持っていて、机を離れたとき使う小型軽量の MacBook が欲しいということなら、MacBook Air がベストのチョイスだ。Air の最大の弱点は容量が比較的小さいことだ。しかし2台目の補助的マックということなら、それはたいした問題ではない。

Here’s the way I see it: the Air is a secondary Mac; MacBook Pros are for use as a primary computer. I.e., if you want your MacBook to be your one and only Mac, you should get a MacBook Pro. You’ll need the additional storage, and you’ll be thankful for the additional RAM and expansion ports. If you’ve got a desktop Mac (or perhaps even a big MacBook Pro) as your primary Mac, but want a small lightweight MacBook for use away from your desk, the MacBook Air is your best option. The biggest weakness of the Air is its relatively small amount of storage space — that’s not nearly as much of an issue for a secondary Mac.

     *     *     *

iPad Pro?

こう考えると、興味深い結論に達する。新しい MacBook Air — 特に 11 インチモデル — は、iPad がそうであるように、他の MacBook とは競合しないということだ。iPad は「スマートフォンとフルサイズ PC の中間」マーケットを対象とする。Air も同じマーケットを対象とするが「プロ仕様」の選択肢なのだ。まさにこれが「マックに回帰する」という意味だ。

Looking at it this way, though, leads to an interesting conclusion. The new MacBook Airs — particularly the 11-inch model — don’t compete against the other MacBooks so much as they do the iPad. It’s like a “pro” solution for the same “in between a smartphone and a full-size laptop PC” market segment that the iPad sits in. Back to the Mac, indeed.

     *     *     *

単に MacBook Air に新しいモデルが加わったのではない。どのカテゴリーにも当てはまらない未来のノートブックが姿を現したのだ。

古いマックから新しい iPad が登場し、それがつぎなる次元へ高められて新しいマックの形となった。マックへの回帰とはそういうことなのだと・・・

昔の大学生が好んで使った「アウフヘーベン」(aufheben)、否定の否定、らせん的発展ということばが懐かしく思い出される。

続々と MacBook Air のレビューが登場しているが、その立場には微妙な違いがあるようだ。過去の延長上の新しいモデルとして捉えるか、新しいマックの兆しと捉えるか。どう位置づけるかを注目すべきではないだろうか。

それはまた、マックをつぎなる次元へ高めるものは何かという議論に回帰する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

back_to_the_mac.jpg

Back to the Mac」のライブストリーミングを見たのは旅先のベッドの中だった。

Mac から iPhone へ、iPhone から iPad へ、そして再び iPad から Mac へと回帰する・・・それが「Back to the Mac」の意味だった! ストンと腑に落ちた思いがした。

ソフト的には Mac OS X Lion、ハード的には MacBook Air・・・

これまでの苦労と成功が巡り巡ってまた Mac に回帰する。忘れられたかに見えた Mac がさらに次の高みへ登るカギとなる。

競争相手はますます追いつくのが困難になる・・・

今回のプレゼンテーションと、直前の決算発表での独演会は、アップルの未来を語る上で今後欠かせないと思う。

     *     *     *

Steve Jobs のプレゼンテーションをライブで見たのは初めてだ。

しかも真夜中の、旅先のベッドで、iPhone 片手に・・・

アップルの同時中継は先月始まったばかりだが、ところどころ引っかかったのを除けば、筆者の古い iPhone 3G でも最後までほぼスムーズに見終えることができた。

アップル本部に招待された限られた数のメディアとまったく同じ時刻に同じものを見る・・・なんとも名状し難い感慨を覚える。

みんなが同時に見たのなら、招待されたメディアは何を書けばいいのか。自分だけが見てきたような話は書けない。メディアにとっては受難の時代だ。

アップルメディアのあり方が変わる予感・・・

Read Full Post »