Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mac OS X’

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

OSX_security_fix.png

セキュリティ問題の内訳をみると・・・

リリースされたばかりの Mac OS X 10.6.5 について John Gruber がコメントしている。

セキュリティアップデートの大部分は Flash に関連するものだ、と・・・

Daring Fireball: “Flash Player and Security Updates” by John Gruber: 11 November 2010

     *     *     *

Mac OS X には今後 Flash Player をバンドルしないというアップルの公式態度をひとつのデータが明示している。先月私はアップルからつぎのような説明を受けた。

A data point regarding Apple’s official stance regarding its decision to no longer bundle Flash Player with Mac OS X. Here’s the statement I got from Apple last month:

「われわれは今後ともマックにおいて Flash をサポートする。ユーザーにとって最新かつ安全なバージョンを入手する最善の方法はアドビから直接ダウンロードすることだ。」

“We’re happy to continue to support Flash on the Mac, and the best way for users to always have the most up to date and secure version is to download it directly from Adobe.”

昨日アップルは Mac OS X 10.6.5 をリリースした。アップルのセキュリティリリースは、134 の修正された CVE ID 脆弱性リストを明らかにしている。そのうち Flash Player に関係する脆弱性だけでも 55 を占めている。

Yesterday, Apple released Mac OS X 10.6.5. The security-related release notes for this update list 134 CVE IDs for fixed vulnerabilities. 55 of those vulnerabilities are for Flash Player alone.

     *     *     *

セキュリティアップデートの内訳については AppleInsider の分析したグラフ[冒頭画像]が興味深い。

AppleInsider: “Adobe Flash contributes largest number of security patches in Apple’s Mac OS X 10.6.5” by Daniel Eran Dilger: 10 November 2010

     *     *     *

最新の Mac OS X アップデートには 131 の脆弱性情報データベース番号[CVE ID:注]がリストアップされている。131 のうち、X11関連のもの[Unix X Window アプリを Mac OS X で動かすためのインストールオプション]が 16、デスクトップにはない Mac OS X Server 関連のものが 5 つある。

[注]CVE:Common Vulnerabilities and Exposures、脆弱性情報データベース、共通脆弱性識別子、

Of the 131 security vulnerabilities identified and patched by the latest Mac OS X update (cataloged by their public Common Vulnerabilities and Exposures or CVE ID), 16 are related to X11, an optional install which enables Mac OS X to run apps designed for the Unix X Window specification. Another five are related to features in Mac OS X Server that are missing in the desktop version.

しかしアップルの Product Security アップデートによれば、脆弱性のほとんどがアドビの Flash プラグイン関連で、55 というおびただしい数にのぼる。「もっとも深刻な場合にはコードが勝手に実行される恐れがある」とされている。

However, the most security vulnerabilities by far are associated with the Adobe Flash plugin, with a whopping 55 issues listed, the “most serious of which may lead to arbitrary code execution,” Apple reports in its Apple Product Security update.

アップルが自社のモバイル iOS から、サードパーティプラットフォームのコード[Java、Flash、X11 を含む]を除こうとした理由もこれではっきりする。

This leaves little reason for wondering why Apple has worked to shed all third party platform code from its mobile iOS, including Java and Flash (and of course, X11).

     *     *     *

Flash は単にバッテリーを食うだけでなく、セキュリティ上も看過できないという態度をアップルがハッキリと打ち出した・・・

★ →[原文を見る:Daring Fireball

★ →[原文を見る:AppleInsider

Read Full Post »

ipad_airprint.jpg

AirPrint はどうなる・・・

ウワサどおり Mac OS X 10.6.5 は水曜日[米国時間]に発表されたが、AirPrint のサポートははいっていなかった

それをめぐる Jobs とユーザーとのやりとりがあったらしい。

9 to 5 Mac: “Steve Jobs on AirPrint: ‘It hasn’t been pulled. Don’t believe everything you read’” by Seth Weintraub: 10 November 2010

     *     *     *

昨夜になって 10.6.5 では AirPrint がキャンセルされるというニュースがあった。でも、実際はそうじゃないかもしれない。

So that report last night of AirPrint being pulled from 10.6.5. Yeah, it might not be true.

MacForums のメンバーが Jobs とのやりとりだと称するメールを投稿している

A MacForums member posted this purported email exchange with the Apple CEO:

     *     *     *

「ジョブズさん、おはようございます。発表日に iPad を購入したユーザーとして、iOS 4.2 が AirPrint をサポートするとあなたがおっしゃったことに大喜びしました。なのに AirPrint は 4.2 では取り止めだというじゃないですか。ホワイト iPhone に続いて、こんどは AirPrint の中止。これじゃアップルの信頼性は失われて、ベイパーウェアを出すことで有名になるのでしょうか。敬具[氏名削除]」

“Good Morning, Mr. Jobs: As a release-day purchaser of an iPad, I was elated when you revealed iOS 4.2 would support AirPrint. Now comes reports AirPrint support has been pulled from 4.2. Between announcements/assurances of the white iPhone, and now the pulling of AirPrint, is Apple going to lose credibility and become known for announcing ‘vaporware’? Respectfully, <redacted>”

ジョブズ閣下:

El Jobs:

「AirPrint は取り止めになったわけではない。読んだことを何でも信じちゃダメ。」

“AirPrint has not been pulled. Don’t believe everything you read.”

     *     *     *

この返事が何を意味するのかいろいろ解釈できる。特定の HP プリンタだけで使用できるということと、取りやめるということは Jobs にとっては同じことなのかもしれない。まあ、それも金曜日までにはハッキリすることだけど・・・

Of course there is significant room for interpretation there. Being pulled and being able to only use certain HP printers are two separate things which Jobs doesn’t delineate. We should know more by Friday, right?

     *     *     *

すっかり即アップグレードする気になっている筆者だが、金曜日の iOS 4.2 発表はウワサどおりだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

multitasking.jpg

[iOS 4.2 for iPad]

iOS 4.2 の発表についてどうやら確定版らしき情報がはいってきた。

MacStories: “iTunes 10.1 and OS X 10.6.5 Coming Tomorrow, iOS 4.2 On Friday at 10 AM PST” by Federico Viticci: 09 November 2010

     *     *     *

iOS 4.2 は11月12日、 iTunes/Mac OS X は明日発表

AT&T の内部情報筋(単数)が MacStories に語ったところによると、アップルは iPhone、iPod、iPad のメジャーアップデート iOS 4.2 を11月12日金曜日[米太平洋時間午前10時]に発表するという。そのほか iTunes および Mac OS X も明日には発表されるという。これでiTunes はバージョン 10.10.0(今後は iTunes 10.1 と呼ばれる)に、Mac OS X はお待ちかねのバージョン 10.6.5 になる。

An inside source at AT&T told MacStories that Apple is planning to release iOS 4.2, a major OS update for iPhones, iPods and iPads, on Friday November 12th at 10 AM PST. We also learned that updates to iTunes and Mac OS X will be released sometime tomorrow — iTunes will be reaching version 10.10.0 (simply called iTunes 10.1) and Mac OS X will jump to the long-awaited 10.6.5 version.

     *     *     *

数時間前に認証段階を終えたばかり

iOS 4.2 は今日出るという大方の予想だったが、iOS 4.2 の AirPlay 機能は iTunes 10.1 に、AirPrint 機能は Mac OS X 10.6.5 にそれぞれ依存している。われわれの情報筋によれば、10.6.5 は数時間前に認証段階を終えたばかりということだ。iTunes は3週間前、多分ベータ2がデベロッパにシードされた時点で完成していたと思われる。

Many users expected iOS 4.2 to be available today: iOS 4.2, however, depends on iTunes 10.1 and Mac OS X 10.6.5 for its AirPlay and AirPrint functionalities, respectively. According to our source, 10.6.5 completed the certification stage a few hours ago and iTunes was ready 3 weeks ago — likely after the release of beta 2 to developers.

     *     *     *

ドイツの iFun がスクープ

詳しくはまた追記するが、9to5mac が報じたように、先週ドイツのブログ iFun が11月12日金曜日にはアップルが iPhone キャリアにアップデートさせるだろうという話をスクープしたばかりだ。

We will keep you posted as we find out more. As noted by 9to5mac, German blog iFun discovered last week that Apple will push iPhone carrier updates on Friday, November 12th.

     *     *     *

徹底的なテスト

追記:また新しい情報がはいった。我々の情報筋によれば、AT&T スタッフは徹底的なテストを行なうことを求められている。AT&T のネットワークを利用するすべてのアップルのモバイルデバイスが予定どおりちゃんと稼働すること、新しい製品が利用することになる環境でマックがきちんと稼働することのテストだ。

Update: We’ve got some more details to share. According to our source, AT&T staff is required to thoroughly test all Apple mobile devices that are intended to use their networks and test them in their intended environments that include using Macs with versions Apple deems necessary to properly fulfill new test products.

     *     *     *

日本語に関するバグフィックス

また同じ情報筋によれば、iOS 4.2 は先週火曜日に発表されるはずだったが、日本語を正しく表記できないバグが発見されたのでバグフィックスを余儀なくされたという。iOS 4.2 GM は当初10月26日に発表される予定だった。

As for iOS 4.2, our source reports that it was actually due last Tuesday but a bug was found that did not display Japanese characters properly and forced Apple to fix it. The iOS 4.2 GM was supposed to be released on October 26th.

     *     *     *

iOS 4.2 の発表もいよいよ秒読み段階・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

airpad.jpg

Angry Birds on MacBook Air

Mac App Store に関する議論がおもしろい展開を見せている。

iPad アプリはマックで動くか、すなわち iOS アプリは Mac OS X で動くだろうかという議論だ。

最初に問題提起をしたのは Dave Winer だ。

新しいジャンルの Mac アプリが登場するという Marco Arment の指摘を敷衍(ふえん)して、それを逆転して考える。すなわちiPad/iPhone アプリが Mac App Store にやってくるのではないかと・・・

Winer は Angry Birds(iPad アプリ)が MacBook Air で動くと予測するのだ。

Scripting News: “Angry Birds on MacBook Air” by Dave Winer: 01 November 2010

     *     *     *

iPad アプリが MacBook Air で動くようになる

iPad や iPhone で実際に動くソフトを Mac App Store から購入することになるだろう。

The software we will buy from the Mac version of the App Store will be the actual software that runs on the iPad and iPhone.

言い換えれば、ひそかにアップルはデベロッパに対し、どうすれば iPad ソフトがキーボードを備えた iPad、すなわち MacBook Air で動くように書けるのか教えようとしているのだ。

In other words, they’re teaching the developers, privately, how to write iPad software for an iPad with a keyboard. In other words, the MacBook Air.

     *     *     *

これに対する John Gruber のフォローアップがおもしろい。

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

     *     *     *

問題は何か

iOS がデベロッパにとってモジョ[mojo:魔術、(運を好転させる)お守り、ブードゥー教の呪術から]であることは間違いない。アップルのデベロッパだけでなく、業界全体にとってもそうなのだ。iOS が世界で最もホットなプラットフォームだということに尽きる。間もなく登場する Mac App Store が、これまでマックのアプリケーションなど書いたこともない iOS デベロッパにとって絶好の機会になるとアップルが考えていることも明らかだ。しかしだからといって iPad アプリが現状のままで、まったく異なる入力方式に手を加えたり適合させたりしなくても、マックで動いたりすることは決してないと考える。ARM 対 x86 のコード生成や開発フレームワークの違いが問題なのではない。タッチスクリーンで直接操作することは、タッチパッドでマウスカーソルを動かすこととは基本的に異なるという事実が問題なのだ。

There’s no doubt that iOS is where the developer mojo is. Not just Apple’s developer mojo, but the industry’s. It’s the hottest platform in the world, period. And I do think Apple sees the upcoming Mac App Store as an opportunity for iOS developers who’ve never written apps for the Mac to start. But I don’t think iPad apps are ever going to run on the Mac as-is, without any change or adaptation to account for the very different input methods. This isn’t about ARM vs. x86 code generation, or development frameworks. It’s about the fact that direct manipulation on a touchscreen is fundamentally different than moving a mouse cursor via a touchpad. […]

     *     *     *

そのままでは快適でない

実際マックのスタンダードな機能として iPad アプリが動くことはないと証明することも可能だ。iOS デベロッパキットに同梱された iPhone/iPad エミュレータを使えば、たしかに iOS アプリは現在でも Mac OS X で動く。しかしそれではマックで使うのが決して快適ではない。タッチスクリーンでは自然で楽しいジェスチャも、マウスやタッチパッドでは不自然でかったるいものとなる。自分で開発した iOS アプリを、テストやデバッギングしたそのままの形でマック用に出荷したいと願う iOS デベロッパなど誰ひとりとして知らない。パックマンみたいなゲームを iPhone で試してみたことがあるだろうか。ジョイスティックや D-pad のようなハードウェアを念頭においてゼロから設計されたゲームはジョイスティックのついてないデバイスではどうしてもうまくいかない。iOS アプリをマックで動かすとみな同じことになるのだ。(逆にまた Angry Birds のようなポピュラーな iOS ゲームは、タッチスクリーンで初めて意味を持つようなコントロールを使っている。)

I can prove it, practically, that iPad apps aren’t going to run on the Mac as a standard feature. iOS apps do run on Mac OS X, today, in the iPhone/iPad emulator that ships with the iOS developer kit. Ends up they’re just not that pleasant to use on a Mac. Gestures that are natural and fun with direct touch are awkward and clumsy using a mouse or touchpad. I never hear iPad developers — who run their own iOS apps on their Macs during development, for testing and debugging purposes — wish that they could ship them as-is to Mac users. Ever try a game like Pac-Man on the iPhone? A game that’s designed from the ground up around a hardware joystick or D-pad just isn’t very good on a device without a joystick. Everything about iOS apps is like that when you run them on a Mac. (And, conversely, popular iOS games like Angry Birds tend to feature controls that only really make sense with a touchscreen.)

     *     *     *

最適化されていないアプリ

iPad で試したことのあるひとなら誰でも知っているように、iPad に最適化されていないアプリはひどいものだ。そんなもの自分はどれも使わない。なぜアップルが iPhone アプリを iPad で動くようにしたかというと、初日から iPad には何千というアプリ(理想的なものであろうとなかろうと)があるということを示すためだった。マックではそうしなければならない理由はない。(iPad に最適化されていないアプリはいずれ iPad でサポートされなくなっても驚かない。)

[…] everyone with an iPad knows that non-iPad-optimized iPhone apps stink on the iPad. Personally, I don’t use any of them. I still think the reason Apple allowed iPhone apps to run on the iPad is simply to make sure there were thousands of apps available on day one, whether they were ideal or not. The Mac doesn’t suffer that problem. (I wouldn’t be surprised if the iPad eventually drops support for non-iPad optimized apps.)

     *     *     *

AppKit と UIKit というフレームワークの違い

こういうことになるのではないか。iPad のネイティブアプリは iPhone アプリとは異なるが、それなら両者はどんな関係にあるのかという問題に近い、と。Cocoa ではマックのアプリは AppKit というフレームワークをベースとしている。AppKit は1980 年代末期の NeXT フレームワークに遡る。iPhone の登場で AppKit を UIKit に置き換えた。私自身は Cocoa の専門家ではないが、それでも AppKit と UIKit には単にマウスカーソル対タッチスクリーンの以上の違いがあることは分かる。ある意味で UIKit は一度白紙の状態にしてやり直したものだ。「AppKit を初めからやり直すとしたら、いくつかの点では違ったやり方をする」的な変更を加えたものだ。現在我々がよく知っている iPad がそのままの状態で Mac OS X で動くということになるだろうか? — ノーだ。未来のマックのための UIKit 変種は、本質的により iOS に近いマックのネイティブアプリになるだろうか? — イエスだ。これから2か月後に登場しようとしている Mac App Store は、誰もが知っている古くからの AppKit マックアプリで溢れることになるだろう。

I think it would be something more like how native iPad apps are related to, but different than, iPhone apps. In Cocoa, Mac apps are based on the AppKit framework — and AppKit dates back to the original NeXT frameworks from the late 1980s. With the iPhone, Apple replaced AppKit with UIKit. I’m far (very far) from being a Cocoa expert, but I know enough to say that UIKit is different from AppKit in more ways than just issues related to mouse cursors vs. touchscreens. UIKit is in some ways a clean slate do-over — an “if we could do it all over again, we’d do a few things differently” successor to AppKit. Can I imagine iPad apps, exactly as we know them today, running on Mac OS X? No. Can I imagine a future variant of UIKit for the Mac, which results in native Mac apps that are inherently more iOS-like? Yes. That’s all conjecture about the future, though. The Mac App Store that’s scheduled to ship about two months from now is going to debut filled with nothing but good old-fashioned AppKit Mac apps.

     *     *     *

最適化が iOS 成功の原因

iOS でアップルが成功したのは、「一度書いたコードはどのデバイスでも動く」という考えとは逆だったという点にある。むしろ「この特定のデバイスにちゃんと最適化されたバージョンのコードを書け」というものだったのだ。

The whole point of Apple’s success with iOS has been the opposite of “write once, run anywhere”. It’s more like “write a version that is specifically optimized for this particular device”.

     *     *     *

マックへの回帰の意味は、ソフト的には Mac OS X Lion、ハード的には MacBook Air だった。

さすれば、iOS を踏まえて Mac OS X に回帰するという意味は何なのかが問われているのだろう。

Mac App Store に登場するマックの製品群によってその姿が明らかになる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:非公開の iOS デベロッパ Game Center サミット

Dave Winer の議論から Rene Ritchie はさらに想像を逞しくする。

TiPb: “Will the Mac App Store run iPad apps?” by Rene Ritchie: 01 November 2010

昨夜の iPad Live ポッドキャストで私と Georgia は秘密の iOS デベロッパセッションのウワサを話題にした。そのセッションでアップルはデベロッパたちに、 iPad アプリをマックで動かすカンタンな方法を教えているのではないかというのが彼女の想像だった。

Last night during the iPad Live podcast, while Georgia and I were discussing the rumor about Apple holding a secret iOS developer session, she conjectured that Apple might be showing developers a way to quickly make their iPad apps run on the Mac.

     *     *     *

それに対する John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

Rene Ritchie はさらに、それこそ今週クパティーノで行なわれている非公式の iOS デベロッパ会議で起きていることではないかと想像を逞しくする。(そうではない・・・開催されているのは Game Center サミットだ。)

Rene Ritchie even wonders if that’s what’s going on this week at the private iOS developer meeting in Cupertino. (It’s not — that event is a Game Center summit.)

     *     *     *

非公開の iOS デベロッパサミットについてはその後何も情報がない。

そこで Gruber が彼一流のさりげないやり方で情報を漏らしたというわけ。

出席者はみな NDA[守秘義務契約]で縛られているのだろうから、情報がないのは当然といえば当然。

結局 Gruber のこの一行が非公開サミットに関する初めて情報となった。

しかし、iOS 4.2 が Golden Master になったり、Mac OS X 10.6.5 Build 10H571 がデベロッパにシードされたりしているところをみると、開催されていることの状況証拠はいっぱいだ。

一方で Mac App Store でのアプリの受付も始まっており、最初に登場するマックアプリがどんなものになるかますます興味津々。(まずはゲームだったりして・・・)

Read Full Post »

imac_touch.jpg

iMac touch

特許情報に詳しい Patently Apple が、興味深い記事を載せている。ヨーロッパの特許情報を元に iMac touch の可能性について触れているのだ。

Patently Apple: “The Mother Lode: Welcome to the iMac Touch“: 23 August 2010

     *     *     *

iMac touch へようこそ

否定論者は悔しがってツメを噛むかもしれない。なぜって、アップルが OS X から如何にして iOS へ移行するつもりか iMac と MacBook を使ってはっきりと説明しているからだ。これぞ大ホームランだ。デスクトップとして使った iMac を、すぐその直後に巨大な iPad として使う様子を想像してほしい。このドリームマシンで iGames をやったらどうか。両面見開きの本をこれで読むとしたらどうか。信じられない! ついにアップルはマックの OS X がどうやって iOS と共存できるかその秘密を明らかにした。これぞ百聞は一見に如かずだ。

The naysayers will have to eat crow on this one, because Apple’s method of transitioning from OS X to iOS is clearly outlined for both the iMac and MacBook – and it’s a grand slam home run. Imagine having an iMac on your desktop one minute and a gigantic iPad the next. Imagine playing iGames on this dream machine – Wow! Imagine reading a double-page book on this – Unbelievable! Apple takes the mystery out of how OS X could finally co-exist with iOS on a Mac and you’ve got to see this one to believe it.

     *     *     *

Patently Apple には詳細な図表と説明がついているので、じっくりそちらをお楽しみください。

ここでは Mashable がこれをどう取り上げたか紹介しておく。

Mashable: “Your Next iPad Might Be an iMac” by Christina Warren: 23 August 2010

     *     *     *

iPad をビルトインした iMac touch

最近の特許申請から想像すると、未来の iMac には iPad がビルトインされるかもしれない。

If recent patents are any indication, your future iMac might just include a built-in iPad.

Patently Apple サイトがヨーロッパの特許申請(2009 年9月申請、2010 年1月公開)から興味深い事実を明らかにした。その特許申請には、普通に使えばデスクトップ、角度を変えればタブレットに変化する iMac touch の詳細が説明されているのだ。

The website Patently Apple has uncovered some European patent filings filed in September 2009 and first published in January 2010. The document outlines a system for an iMac touch, a device that acts like a standard desktop computer in one orientation and a tablet in another.

     *     *     *

傾斜角を感知して

そのアイデアというのはこうだ。直立した角度では普通の iMac ないしはフラットスクリーンモニターとして使い、マウスおよびキーボードでコントロールする。傾斜角にすると加速度計が起動して、Mac OS X から iOS へと移行し、マルチタッチモードになるというものだ。

The idea is that when the device is in the upright position, like a standard iMac or flatscreen monitor, it can be controlled using a mouse and keyboard. When reclined, an accelerometer will trigger advanced multi-touch mode and switch the operating system from Mac OS X to iOS.

     *     *     *

iPhone/iPad もコントロール

モード/OS 間をシームレスに移行する方法ほか、iMac touch から iPhone/iPad を周辺機器としてコントロールするやり方も特許には詳述されている。

In addition to seamlessly switching modes/operating systems, the patent information also details a system that would allow peripheral control of an iPhone or iPad from the iMac touch.

     *     *     *

スーパーデバイス

2つの OS を共存させて、傾斜角の変化でシームレスに移行するというアイデアは、デスクトップにとってすばらしいことはもちろんだが、ノートブックにとってはもっと決定的だ。自分は MacBook Pro も iPad も両方とも気に入っているが、2つを合体させてスーパーデバイスが出来れば、両方のいいとこ取りでベストに違いない。

The idea of the two operating systems co-existing and switching seamlessly based on orientation is awesome for a desktop and even more killer for a netbook. I love both my MacBook Pro and my iPad, but if I could combine them into one super device, that would be the best of all worlds.

     *     *     *

Magic Trackpad もその例?

特許申請のいくつかは 2007 年になされている。ということはアップルがデスクトップのマルチタッチ化に取り組んでからかなりになるということだ。最近出た Magic Trackpad は、アップルがゆっくりと、しかし確実にデスクトップのタッチ化に向かっていることの現われかもしれない。

Some of the information in these patents go back to 2007, so it is clear Apple has been hard at work perfecting touch for the desktop for quite some time. The company’s most recent accessory, the Magic Trackpad, is just another indication that the company is slowly but surely aiming to bring touch to the desktop.

     *     *     *

マックをマルチタッチ化するとはそういうことだったのか・・・

Patently Apple には豊富な図表が添えられていてこれは必見だ。

★ →[原文を見る:Patently Apple

★ →[原文を見る:Mashable

Read Full Post »

« Newer Posts