Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Mac OS X’


Mac OS X から Mac が消えた・・・

アップル公式サイトの「Mac OS X」から初めて「Mac」が消えた。

Daring Fireball: “Apple Dropping the ‘Mac’ From ‘Mac OS X’?” by John Gruber: 15 June 2011

     *     *     *

誰かさんが・・・

Mac OS X が発表されて以来、口頭では「OS X」といわれることもあったが、公式のアップルのマーケティング資料で「Mac OS X」から「Mac」が落とされたのはこれが初めてだ。どうしてだか私は知らないし、深入りはしない。ただ、誰かさんが、(「誰かさん」というのはご存知の誰かさんのことだが)、この方が響きがいいと考えたのだろう。それに Mac はハードウェアであり、OS X はソフトウェアであるということがハッキリする。iPhone、iPod Touch、iPad が同じハードウェアであり、iOS がソフトウェアであるのと同じだ。

It’s often been referred to colloquially as just plain “OS X” ever since it was announced, but this is the first time Apple has dropped the “Mac” from the name in marketing materials. I have no idea why, but I wouldn’t read too much into this. I think they — where by “they”, feel free to substitute you-know-who — just think it sounds better. And it clarifies that Mac is the hardware, OS X is the software — just like how iPhone, iPod Touch, and iPad are hardware, and iOS is the software.

     *     *     *

あの不幸なクローン時代

追記:こうではないだろうか。OS の名前に「Mac」が付けられた唯一の理由は、あの不幸なクローンが作られた時代だったということではないか。クローン時代以前には、単に「System 7」、「System 6」などと呼ばれただけだった。Mac の中には本来 Mac と呼ぶのがふさわしくないマシンも混じっていることから、「Mac OS」という名前に改名したのではないか・・・

UPDATE: Come to think of it, I’m pretty sure the only reason “Mac” was ever put into the name of the OS was for the ill-considered cloning era. Prior to the clones, it was just called “System 7”, “System 6”, etc. They renamed it “Mac OS” so there’d be some sort of Mac involved on machines that themselves could not be called Macs.

     *     *     *

Mac を落としてみると、なるほど自然な感じもする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


買収された iCloud ドメイン

「iCloud」という名前が注目を集めている。

AppleInsider: “Sources: Apple utilizing ‘iCloud’ internally, service to be more than music” by Kasper Jade: 29 April 2011

     *     *     *

WWDC で明らかにされる iCloud

アップルは数週間のうちに WWDC で「iOS と Mac OS の未来を明らかにする」と約束しているが、WWDC では iCloud の詳細を明らかにし、アプリの内部から新しいクラウドサービスを活用できるツールを Mac・iOS デベロッパコミュニティに対し提供するつもりらしいということが明らかになってきている。

With Apple promising to “unveil the future of iOS and Mac OS” at its Worldwide Developers Conference in five weeks, it’s increasingly likely the Cupertino-based company will use the forum to divulge its plans for iCloud and provide its Mac and iOS developer communities with tools they can be used to leverage the new cloud service from within their applications.

     *     *     *

iCloud ドメインの買収

Om Malik[GigaOm]は、アップルが今月「iCloud.com」というドメイン名をスエーデンの Xcerion 社から 450 万ドルで獲得したという情報を明らかにしたが、その一日後、アップルが iCloud という名前を未来の OS バージョンで積極的に用いているというウワサが出た。特にアップルが CloudMe.com ドメインを買収したことに伴い、Xcerion 社の iCloud サービスは CloudMe と名前に変更されている。

Word that Apple is making active use of the name in future versions of its operating systems comes just one day after GigaOm’s Om Malik cited sources as saying that the iPhone maker this month acquired the iCloud.com domain name for an estimated $4.5 million from Sweden-based desktop-as-a-service company, Xcerion. Conspicuously, Xcerion’s existing iCloud service was just rebranded to CloudMe, with the company purchasing the CloudMe.com domain on April 5, 2011.

     *     *     *

デジタルロッカー

AppleInsider が入手した証拠によれば、iCloud サービスは音楽だけでなく、現行 MobileMe を刷新したサービスの中心的な部分になるものと思われる。この点に関し、2月の記事ですでに述べたところだが、未来のアップルインターネット計画の特長をなすのは、写真、音楽、ビデオといったユーザーにとって大切な個人的情報のすべてを保存しておける「デジタルロッカー」だ。それはまた iPhone のような未来のモバイルデバイスが高価なフラッシュメモリーを大量に内蔵する必要がなくなることを示すものだ。

But evidence seen by AppleInsider suggests the service will go beyond music, and could be the central component of a revamped Apple’s existing MobileMe service. To this end, reports dating back to February characterized Apple’s plans future internet service plans as including a digital “locker” that would hold all of a users personal memorabilia, including photos, music and videos. That would negate the need for future Apple mobile devices like an iPhone to have a great deal of internal and costly flash memory storage.

     *     *     *

無料化される MobileMe?

アップルはまた、機能強化された MobileMe サービスを無料化してユーザーとアップルのエコシステムとの結びつきを強化し、利幅の多いアップルデバイスの売り上げをさらに増やすアイデアを検討中らしい。中心的サービスとなる音楽ストリーミングについては、当初は無料で、いずれは一部サービスを有料化するだろう、と音楽業界のインサイダーは語っている。

Apple is also said to have been toying with the idea of making its enhanced MobileMe a free service that would further tie users into the Apple ecosystem and drive sales of the company’s profitable hardware device. And while the music streaming component of the service could potentially be included free at first, at least some features of the music service would eventually require a fee, music industry insiders have said.

     *     *     *

アップルクラウドがまた現実味を帯びてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

今年の WWDC は6月6日に開催されることが発表された。「iOS と Mac OS の未来を発表する」のだという。

いつもならここで iPhone の新機種が発表されるのが通例だが、今年はソフトだけということになる。

The Loop: “No iPhone, iPad or Mac hardware coming at WWDC” by Jim Dalrymple: 28 March 2011

     *     *     *

ハードウェアの発表はなし

今朝アップルが WWDC は iOS および Mac OS に絞ると発表したことで、新しいハードウェアが発表されるのではないかという憶測には終止符が打たれた。

Apple closed the door this morning on any speculation that it would announce new hardware at its Worldwide Developers conference saying it would focus on iOS and Mac OS.

     *     *     *

ソフトウェアオンリー

WWDC ではソフトウェアに絞るというアップルの発表は、自分の情報筋(複数)の話と一致する。2011 年の WWDC はソフトウェアのイベントであってハードウェアのそれではないというのだ。

Apple’s apparent focus on software in its WWDC announcement backs up what my own sources are saying about the annual conference. That is, expect a software show in 2011, not a hardware event.

     *     *     *

すべては既定路線

これまでアップルは Mac OS Lion を 2011 年夏に出荷するといってきたが、すべての状況はその方向に進んでいることを示している。WWDC が行なわれるのは、たぶん開発の最終段階、ゴールデンマスター(GM)を出す直前ということになるだろう。

Apple said that Mac OS Lion would ship in the summer of 2011 and all indications are that they are still on track to deliver the operating system during that time. WWDC will probably be about the time the company is getting into the final stages of development, before hitting the GM stage.

     *     *     *

過去の例に捕われるな

過去の WWDC では新しいハードウェアが発表されるのが通例だったが、あまり過去の例に捕われてはならないと Michael Gartenberg[Gartner のアナリスト]はいう。

At past WWDCs, Apple might show off a new piece of hardware, but Gartner analyst Michael Gartenberg warns about getting too caught up in the past.

     *     *     *

ライバルへの不意打ち

「過去の例が正しいのは、そのパターンが変わらない間の話だ」と Gartenberg は The Loop に語る。「アップルにとって誰でも予想できるやり方を毎年繰り返す必要はない。やり方を変えればライバルとってもそれなりの不意打ちになるわけだし・・・」

“You get caught up in patterns, and it holds true, until it doesn’t,” Gartenberg told The Loop. “There is no reason for Apple to follow a predictable yearly pattern, and it keeps their competition off guard a little bit.”

     *     *     *

デベロッパのため

WWDC はデベロッパのためのものであって、消費者のためではないことを思い起こすべきだ。アップルは世界中から集まったデベロッパのために、新しいモバイルとマックの OS を明らかにするのだ。

It’s important to remember that this is a developer conference, not a consumer show. Apple will host developers from around the world to show them what’s new in their mobile and Mac operating systems.

     *     *     *

今年はいつもと違ったことがいろいろ起きそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

OSX_security_fix.png

セキュリティ問題の内訳をみると・・・

リリースされたばかりの Mac OS X 10.6.5 について John Gruber がコメントしている。

セキュリティアップデートの大部分は Flash に関連するものだ、と・・・

Daring Fireball: “Flash Player and Security Updates” by John Gruber: 11 November 2010

     *     *     *

Mac OS X には今後 Flash Player をバンドルしないというアップルの公式態度をひとつのデータが明示している。先月私はアップルからつぎのような説明を受けた。

A data point regarding Apple’s official stance regarding its decision to no longer bundle Flash Player with Mac OS X. Here’s the statement I got from Apple last month:

「われわれは今後ともマックにおいて Flash をサポートする。ユーザーにとって最新かつ安全なバージョンを入手する最善の方法はアドビから直接ダウンロードすることだ。」

“We’re happy to continue to support Flash on the Mac, and the best way for users to always have the most up to date and secure version is to download it directly from Adobe.”

昨日アップルは Mac OS X 10.6.5 をリリースした。アップルのセキュリティリリースは、134 の修正された CVE ID 脆弱性リストを明らかにしている。そのうち Flash Player に関係する脆弱性だけでも 55 を占めている。

Yesterday, Apple released Mac OS X 10.6.5. The security-related release notes for this update list 134 CVE IDs for fixed vulnerabilities. 55 of those vulnerabilities are for Flash Player alone.

     *     *     *

セキュリティアップデートの内訳については AppleInsider の分析したグラフ[冒頭画像]が興味深い。

AppleInsider: “Adobe Flash contributes largest number of security patches in Apple’s Mac OS X 10.6.5” by Daniel Eran Dilger: 10 November 2010

     *     *     *

最新の Mac OS X アップデートには 131 の脆弱性情報データベース番号[CVE ID:注]がリストアップされている。131 のうち、X11関連のもの[Unix X Window アプリを Mac OS X で動かすためのインストールオプション]が 16、デスクトップにはない Mac OS X Server 関連のものが 5 つある。

[注]CVE:Common Vulnerabilities and Exposures、脆弱性情報データベース、共通脆弱性識別子、

Of the 131 security vulnerabilities identified and patched by the latest Mac OS X update (cataloged by their public Common Vulnerabilities and Exposures or CVE ID), 16 are related to X11, an optional install which enables Mac OS X to run apps designed for the Unix X Window specification. Another five are related to features in Mac OS X Server that are missing in the desktop version.

しかしアップルの Product Security アップデートによれば、脆弱性のほとんどがアドビの Flash プラグイン関連で、55 というおびただしい数にのぼる。「もっとも深刻な場合にはコードが勝手に実行される恐れがある」とされている。

However, the most security vulnerabilities by far are associated with the Adobe Flash plugin, with a whopping 55 issues listed, the “most serious of which may lead to arbitrary code execution,” Apple reports in its Apple Product Security update.

アップルが自社のモバイル iOS から、サードパーティプラットフォームのコード[Java、Flash、X11 を含む]を除こうとした理由もこれではっきりする。

This leaves little reason for wondering why Apple has worked to shed all third party platform code from its mobile iOS, including Java and Flash (and of course, X11).

     *     *     *

Flash は単にバッテリーを食うだけでなく、セキュリティ上も看過できないという態度をアップルがハッキリと打ち出した・・・

★ →[原文を見る:Daring Fireball

★ →[原文を見る:AppleInsider

Read Full Post »

ipad_airprint.jpg

AirPrint はどうなる・・・

ウワサどおり Mac OS X 10.6.5 は水曜日[米国時間]に発表されたが、AirPrint のサポートははいっていなかった

それをめぐる Jobs とユーザーとのやりとりがあったらしい。

9 to 5 Mac: “Steve Jobs on AirPrint: ‘It hasn’t been pulled. Don’t believe everything you read’” by Seth Weintraub: 10 November 2010

     *     *     *

昨夜になって 10.6.5 では AirPrint がキャンセルされるというニュースがあった。でも、実際はそうじゃないかもしれない。

So that report last night of AirPrint being pulled from 10.6.5. Yeah, it might not be true.

MacForums のメンバーが Jobs とのやりとりだと称するメールを投稿している

A MacForums member posted this purported email exchange with the Apple CEO:

     *     *     *

「ジョブズさん、おはようございます。発表日に iPad を購入したユーザーとして、iOS 4.2 が AirPrint をサポートするとあなたがおっしゃったことに大喜びしました。なのに AirPrint は 4.2 では取り止めだというじゃないですか。ホワイト iPhone に続いて、こんどは AirPrint の中止。これじゃアップルの信頼性は失われて、ベイパーウェアを出すことで有名になるのでしょうか。敬具[氏名削除]」

“Good Morning, Mr. Jobs: As a release-day purchaser of an iPad, I was elated when you revealed iOS 4.2 would support AirPrint. Now comes reports AirPrint support has been pulled from 4.2. Between announcements/assurances of the white iPhone, and now the pulling of AirPrint, is Apple going to lose credibility and become known for announcing ‘vaporware’? Respectfully, <redacted>”

ジョブズ閣下:

El Jobs:

「AirPrint は取り止めになったわけではない。読んだことを何でも信じちゃダメ。」

“AirPrint has not been pulled. Don’t believe everything you read.”

     *     *     *

この返事が何を意味するのかいろいろ解釈できる。特定の HP プリンタだけで使用できるということと、取りやめるということは Jobs にとっては同じことなのかもしれない。まあ、それも金曜日までにはハッキリすることだけど・・・

Of course there is significant room for interpretation there. Being pulled and being able to only use certain HP printers are two separate things which Jobs doesn’t delineate. We should know more by Friday, right?

     *     *     *

すっかり即アップグレードする気になっている筆者だが、金曜日の iOS 4.2 発表はウワサどおりだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

multitasking.jpg

[iOS 4.2 for iPad]

iOS 4.2 の発表についてどうやら確定版らしき情報がはいってきた。

MacStories: “iTunes 10.1 and OS X 10.6.5 Coming Tomorrow, iOS 4.2 On Friday at 10 AM PST” by Federico Viticci: 09 November 2010

     *     *     *

iOS 4.2 は11月12日、 iTunes/Mac OS X は明日発表

AT&T の内部情報筋(単数)が MacStories に語ったところによると、アップルは iPhone、iPod、iPad のメジャーアップデート iOS 4.2 を11月12日金曜日[米太平洋時間午前10時]に発表するという。そのほか iTunes および Mac OS X も明日には発表されるという。これでiTunes はバージョン 10.10.0(今後は iTunes 10.1 と呼ばれる)に、Mac OS X はお待ちかねのバージョン 10.6.5 になる。

An inside source at AT&T told MacStories that Apple is planning to release iOS 4.2, a major OS update for iPhones, iPods and iPads, on Friday November 12th at 10 AM PST. We also learned that updates to iTunes and Mac OS X will be released sometime tomorrow — iTunes will be reaching version 10.10.0 (simply called iTunes 10.1) and Mac OS X will jump to the long-awaited 10.6.5 version.

     *     *     *

数時間前に認証段階を終えたばかり

iOS 4.2 は今日出るという大方の予想だったが、iOS 4.2 の AirPlay 機能は iTunes 10.1 に、AirPrint 機能は Mac OS X 10.6.5 にそれぞれ依存している。われわれの情報筋によれば、10.6.5 は数時間前に認証段階を終えたばかりということだ。iTunes は3週間前、多分ベータ2がデベロッパにシードされた時点で完成していたと思われる。

Many users expected iOS 4.2 to be available today: iOS 4.2, however, depends on iTunes 10.1 and Mac OS X 10.6.5 for its AirPlay and AirPrint functionalities, respectively. According to our source, 10.6.5 completed the certification stage a few hours ago and iTunes was ready 3 weeks ago — likely after the release of beta 2 to developers.

     *     *     *

ドイツの iFun がスクープ

詳しくはまた追記するが、9to5mac が報じたように、先週ドイツのブログ iFun が11月12日金曜日にはアップルが iPhone キャリアにアップデートさせるだろうという話をスクープしたばかりだ。

We will keep you posted as we find out more. As noted by 9to5mac, German blog iFun discovered last week that Apple will push iPhone carrier updates on Friday, November 12th.

     *     *     *

徹底的なテスト

追記:また新しい情報がはいった。我々の情報筋によれば、AT&T スタッフは徹底的なテストを行なうことを求められている。AT&T のネットワークを利用するすべてのアップルのモバイルデバイスが予定どおりちゃんと稼働すること、新しい製品が利用することになる環境でマックがきちんと稼働することのテストだ。

Update: We’ve got some more details to share. According to our source, AT&T staff is required to thoroughly test all Apple mobile devices that are intended to use their networks and test them in their intended environments that include using Macs with versions Apple deems necessary to properly fulfill new test products.

     *     *     *

日本語に関するバグフィックス

また同じ情報筋によれば、iOS 4.2 は先週火曜日に発表されるはずだったが、日本語を正しく表記できないバグが発見されたのでバグフィックスを余儀なくされたという。iOS 4.2 GM は当初10月26日に発表される予定だった。

As for iOS 4.2, our source reports that it was actually due last Tuesday but a bug was found that did not display Japanese characters properly and forced Apple to fix it. The iOS 4.2 GM was supposed to be released on October 26th.

     *     *     *

iOS 4.2 の発表もいよいよ秒読み段階・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »