Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Link Bait’

linkbait

読者のためか、それともアクセスを稼ぐためだけか?

[注]リンクベイト:link bait、clickbait、注目をひくエサでリンクをおびき寄せる記事、釣り記事

What is Clickbait? | 5 minutes with Joe

Joe Wilcox:

Clickbait and linkbait also corrupt longstanding, and sensible practices regarding headline writing that negatively affect audience attitudes about what is valuable content. Good headlines should be aggressive or provocative, such that they pull people to read the story. Emphasis: Read. Deliver value. Clickbait and linkbait headlines and stories aren’t written for people but for Google—to capture search ranking and pageviews.

広告

Read Full Post »


[モトローラ Droid Bionic のコマーシャル:YouTube

iPhone 5 については、発表がいったい何時になるのかという一点を除いて何でもありの状態になっている。

ついにはマボロシの iPhone 5 と発売されたばかりの Android フォーンを比べて、「モトローラ Droid Bionic と比べると iPhone 5 にはまったくチャンスがない10の理由」という記事まで出る始末。

John Gruber が舌鋒鋭く切り込んだ。

Daring Fireball: “International Business Times: ’10 Reasons Why iPhone 5 Doesn’t Stand a Chance Against Motorola Droid Bionic’” by John Gruber: 08 September 2011

     *     *     *

International Business Times の記事。「モトローラ Droid Bionic と比べると iPhone 5 にはまったくチャンスがない10の理由

International Business Times: ‘10 Reasons Why iPhone 5 Doesn’t Stand a Chance Against Motorola Droid Bionic’

大げさなタイトルは無視せよ。出たばかりの Android フォーンとまだウワサに過ぎない iPhone 5 を比べるバカバカしさについても忘れよ。全体がリンクベイト[link bait、click-bait:注目をひくエサでリンクをおびき寄せる記事、釣り記事]なのだから。しかし、興味深いのはこれら10のリスト項目をよくみれば、同じ項目をベースにホンモノの記事、「テクノギークが iPhone について劣っていると考えることが、実は大衆マーケットではほとんど意味がない」という記事が書けるハズだという点だ。問題の項目とは、Flash Player、グーグル式の「オープンさ」、RAM、拡張カードなどだ。おい、目を覚ませよ!

Ignore the hyperbolic headline. Forget about just how jackasstic it is to compare a just-released Android phone against an iPhone that is nothing more than a rumor. The whole thing is click-bait, sure. But what I think is interesting is that if you just took this list of 10 items, you could use those same items to write a real article headlined, “Things Tech Nerds Believe Make the iPhone Inferior But Which in Reality Don’t Matter in the Mass Market”. Flash Player, Google-style “openness”, RAM, expansion card slots. Come on.

     *     *     *

ギークやナードが陥りやすいスペック至上主義や拡張性至上主義という PC 時代のメンタリティーではタッチスクリーンのモバイルデバイスを正しく評価できないと考える Gruber ならではの反論。

元の文章の 2159 語をタイトルまで入れてたった 118 語で切り捨てた Gruber の舌鋒は鋭い。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[マックユーザーと PC ユーザーの違い:image

アップル嫌い(Apple-hater)はどこにでもいる。アップル製品が気に入っているユーザーを見下して Apple Fanboy(アップルファンボーイ、熱烈なアップルユーザー、アップルおたく)と呼び、Apple Cultist(アップル教信者、アップル狂信者)と揶揄(やゆ)する。

つぎの記事もそんなアップル嫌いが書いたものだ。「シラフでアップルをありのままに見ると・・・」。

Byte: “The Crucible: A Sobering Look At Apple” by Demetrius Mandzych: 11 July 2011

     *     *     *

アップル嫌い

正直言って、なぜみんながアップル製品を買うのかさっぱり分からない。アップル製品は「ちゃんと動く」(just work)のだとアップルは保証する。だからスペックは関係ないし、整備済みのドイツ車(ロードスター)のようにちゃんと動くと。

BYTE — In all honesty, I don’t know why people buy products from Apple. Apple assures everyone its products “just work,” that specs don’t matter and that its products are like finely-tuned German roadsters.

しかし実際はその逆だ。

The reverse is actually the case.

アップルの天才的なところは、顧客をだましてアップルのいいなりにさせることだ。顧客は標準ないしは標準以下の製品を買わされるのにアップルのいうことを鵜呑みにして買ったことを正当化しているのだ。

The genius of Apple is that it has fooled its customers into going along with this rap. Customers then justify their purchases of average to below-average products.

     *     *     *

載せたのが復刊した「Byte」だからオドロキだ。

Byte といえば前インターネット時代にはギークのバイブルと見なされたギークマガジンだった。

インターネットマガジンとして復刊した Byte が復刊第1号に載せたのが Demetrius Mandzych の上の寄稿だった。

アップルギークの John Gruber がただちに反論した。「とてもシラフとは思えない」と・・・

Daring Fireball: “Doesn’t Sound ‘Sober’ to Me” by John Gruber: 13 July 2011

     *     *     *

とてもシラフとは思えない

休眠状態から覚めたばかりの Byte が、Demetrius Mandzych の「シラフでアップルをありのままに見ると・・・」という記事を載せている。

Demetrius Mandzych, writing for the fresh-out-of-hibernation Byte, “A Sobering Look at Apple”:

出来の悪いリンクベイト[link bait:注目をひくエサでリンクをおびき寄せる記事]であることは見え見えだが、とりあえずその話にのってみよう。

It’s ham-fisted link-bait, yes, but let’s go with it.

ポイントはこういうことだ。アップル製品がすべてのひとに気に入るわけではない。とくにアップルスタイルのデザインを良しとしないひとにはまったく魅力がない。理由の如何を問わず Mandzych のような一部のひとから見ると、アップル製品を買うヤツはどこかがおかしい。アップル製品にユニークな魅力があるとは考えられないのだ。

Here’s the thing. Apple’s products do not appeal to everyone. In particular, they do not appeal to those who have no appreciation for Apple-style design. And for whatever reason, some of those people, like Mandzych, have decided that there is something wrong with the people who buy Apple products, not that there is something appealing and unique about Apple’s products.

     *     *     *

アップルの顧客はバカで騙されやすい

上に引用した文章(上記アップル嫌いの引用)は何時書かれてもおかしくない。1年前だろうと、5年前、10年前だろうと・・・。その根拠はそれぞれ異なるだろう。Mandzych の場合はアンテナゲートが理由だ。アップルの顧客はバカで騙されやすいというのは、ある一部のひとびとが常にアップルに対して抱いている考え方だ。しかしアップルの顧客ベースが広がるにつれて次第に主張しにくくなっている。そしてアップル嫌いの連中の方が不都合な真実を認めようとしない独善的な狂信者(dogmatic cultist)に見えてくるのだ。

The above-quoted paragraphs could have been written a year ago, five years ago, ten years ago. The exact reasons change — Mandzych cites Antennagate, for example — but the idea that Apple customers are foolish and gullible is what some people have always thought about Apple. But it’s becoming an ever more untenable position as Apple’s customer base continues growing. It’s the Apple-haters who are beginning to look more and more like dogmatic cultists who have their heads in the sand.

     *     *     *

タブレットは PC に過ぎない

マイクロソフトのトップの見方 — タブレットは PC に過ぎないと繰り返すことによって、アップルの iPad に対する考え方はおかしいということをほのめかす — そういう見方がいかに iPad の人気と成功を利する結果となっているかという点について昨日触れた。もしマイクロソフトがタブレットの OS として iOS は優れているのではなく劣っていると信ずるのであれば、かくも多くのひとが iPad を買い求め、楽しんでいるのは何故だと考えるのだろうか。

I asked yesterday how Microsoft’s leadership — given their repeated insistence that they view the tablet as a PC, which thus implies that they believe Apple is wrong on the iPad — explains the iPad’s popularity and success. I.e. if they believe iOS is an inferior rather than superior OS for a tablet, why do they think so many people are buying and enjoying iPads?

     *     *     *

簡単な答え

その答えは信じられないほど(少なくともそう信じたくなるほど)簡単だ。アップルの顧客はバカで騙されやすく、アップルマーケティングの魔法というハメルーンの笛吹きに洗脳されているからだ、と。

The answer might be as simple as that they too believe — or are at least choosing to believe — that Apple customers are foolish and gullible, brainwashed by the Pied Piper of Apple’s marketing magic.

     *     *     *

すべては昔のまま変わらない

その意味で、いってみれば RIM を大掛かりにしたのがマイクロソフトだ。物事はすべて昔どおりで変わらないと信じきっている。

In that sense, Microsoft might be RIM writ large — convinced that things still are the way they were.

     *     *     *

ところで Byte の記事には読者の批判的コメントも多数書き込まれた。

そして Mandzych の寄稿の4日後、Byte 編集部は謝罪を掲載し、元の原稿は全文見せ消し(みせけち)の状態になった。

Byte: “The Crucible: A Sobering Look At Apple” by Demetrius Mandzych with Editor’s Note: 15 July 2011

     *     *     *

Byte 編集部の謝罪

以下の寄稿コラムは Byte 誌の伝統ある最善の意図に沿っていない。権威ある技術誌としての Byte の深みのある洞察に欠けるのみならず、社会のアップルに対する見方をも十分反映していない。アップル製品を好まないひとは多数おり、ひどい経験をしたひとも一部にはいるが、それは例外的であり、支配的ではない。

The opinion column that follows doesn’t live up to the proud tradition and our best intentions for BYTE. It not only lacks the deep and authoritative technical content that we want BYTE to be known for, but it also doesn’t reflect the community’s views on Apple. Although there are plenty of people who don’t like Apple products, and some who have had bad experiences with Apple, those are the exception, not the rule.

・・・我々はこの寄稿を載せたことが判断ミスであり、Byte 復刊の初日にそうしたことが事態をさらに悪化させたというコミュニティの考えに同意する。

[…] We agree with the community that publishing this story was an error in judgment, exacerbated by the fact that it appeared during the first day of BYTE’s re-launch.

     *     *     *

技術ジャーナリズムのあり方にもきびしい目が注がれる・・・

★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »