Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Legacy’


[CEO を辞任した Steve Jobs:photo

コミュニケータ(communicator)としての Steve Jobs を高く評価する Carl Howe が、少し前になるが興味深いコメントをしている。

Yankee Group Blog: “What Steve Jobs Resignation Means” by Carl Howe: 25 August 2011

     *     *     *

アップルについてこれまで指摘してきたこと

今日のプレスリリース[CEO 辞任]の内容は繰り返さない。その代わり、これまで私が15年の間に Steve Jobs に関するインタビューで指摘してきた点をいくつか繰り返しておきたい。以下の諸点だ。

I won’t repeat what’s in the press release. What I will do is repeat some points I’ve made in interviews about Steve Jobs over the past 15 years that I’ve been covering Apple. Those are:

     *     *     *

・1000 億ドル企業を動かしているのはひとりの人間ではない

アップルの創業者およびビジョナリーとして Steve Jobs は有名だが、彼がすべての決定を行なっているわけではない。実際にアップルを運営しているのは練達のビジョナリーチームなのだ。Tim Cook をはじめ、Phil Schiller、Jonathan Ive、Scott Forestal、Ron Johnson など面々だ。Steve はあくまでアップルの表の顔であり、彼ひとりですべての意思決定を行なっていると考えるべきではない。

・One person doesn’t run a $100 billion company. Despite the fact that Steve Jobs was the best-known founder and visionary of Apple, Inc., he doesn’t make every decision in the company. In fact, Apple has been run by a team of very accomplished visionaries that includes Tim Cook, Phil Schiller, Jonathan Ive, Scott Forestal, Ron Johnson and a host of others. Steve was public face of the company, but we shouldn’t think that he was the only one making all the decisions.

     *     *     *

・Jobs の残した後継者計画は強固なものだ

アップルに関心を持ち続けたものにとって、今日の発表は驚くべきものではない。Jobs はアップルの取締役会と共同で、彼が去ったあともアップルが存続できる後継者計画を何年もかけて練ってきた。幹部チーム(executive team)のメンバーなら誰でも CEO の役割を果たす能力がある。しかし Tim Cook は Jobs が復帰した頃からアップルのビジョンを遂行してきた。彼がこれまで何年にもわたって負ってきた責務にふさわしいポストにつくことはまったく自然なことだ。

・Jobs left a strong succession plan. Today’s announcement wasn’t a surprise to anyone who had been paying attention to Apple. Jobs had worked with Apple’s board for years to create a succession plan to ensure that the company would continue after he left the company. Any of the members of the executive team had the ability to take on the CEO role, but Tim Cook had been executing on the company vision nearly since Jobs rejoined the company. It’s only natural that he will have the title to go with the responsibilities he has accepted for many of those years.

     *     *     *

・アップルの力の源泉はカルチャーであってスポークスマンではない

多くのアナリストは Steve Jobs を究極のショーマンとして捉えているが、彼が築きあげ、今やアップルを特徴づけているプロセスやチームのことをよく認識していない。Steve Jobs が CEO として残した永続的遺産とは、「thinks different」な思考をし、そのアイデアに社運を賭けることを恐れない1000 億ドル企業を造り出したという事実だ。

・Apple’s strength comes from its culture, not its spokesman. Too many analysts have focused on Steve Jobs as the ultimate showman for Apple, but don’t recognize the processes and teams that he built that now define the company. The lasting legacy Steve Jobs leaves from his CEO role is the fact that he created a $100 billion enterprise that “thinks different.” and isn’t afraid to bet the company on that idea.

     *     *     *

・これまでの10年と同じくアップルには驚くべき未来がある

過去数十年にわたってアップルは3つのカテゴリーの新製品を造り出し、支配力をふるってきた。ミュージックプレーヤの iPod、スマートフォンの iPhone、そしてタブレットの iPad だ。まだあまり知られていないのは、同じようによく考え抜かれ、開発されたたくさんの驚くべき製品群がまだ市場にもたらされていないことだ。その製造パイプラインと 700 億ドルの現金資産が相まって、今後数十年とはいわずとも、何年にもわたって消費者をよろこばせ続けるのだ。

・Apple’s future will be just as amazing as the last decade’s. Over the past decade, Apple has both defined and dominated three new product categories: music players with the iPod, smartphones with the iPhone, and tablets with the iPad. What isn’t widely known is that many other amazing products have been similarly well-though out and developed but haven’t been brought to market yet. That pipeline, combined with Apple’s more than $70 billion cash horde, will continue to delight consumers for years, if not decades to come.

     *     *     *

Steve Jobs の功績

アップルの未来は Tim Cook の手に渡っても安泰だと考えるが、Steve Jobs のリーダーシップについていくつか賛辞を呈しておきたい。コマーシャルなパーソナルコンピュータを初めて製造した企業を創業したこと、引き続く苦難、1990 年代の衰退からの復活、これらはすべてきちんと記録されている。しかし忘れられ勝ちなのは、Steve Jobs がアップルに復帰し、かつての栄光を超える会社へ作り替えた数年間、彼はまた、今やディズニーに吸収された映画会社 Pixar の CEO でもあったことだ。

But despite the fact that Apple’s future is secure in the hands of Tim Cook, I would like to pay some tribute to Steve Jobs’ leadership. Apple’s founding as the first commercial personal computer company, it’s subsequent struggles, and its comeback from its 1990s decline have all been well-documented. What’s often forgotten, though, is that for many of the years when Steve Jobs returned to Apple and rebuilt it to pass its former glory, he also was CEO of Pixar, the motion picture company that is now part of Disney.

     *     *     *

テクノロジーを介する万人向きの創造物

Jobs が Pixar のトップであった間、製作した映画はどれもすべて文句無しの大ヒットで、興行的にも大成功を収めなかったものはなかった。いかなる映画会社といえども太刀打ちできない実績だ。Pixar のアニメーションは万人向け映画に指定(rated G)されてきたが、決して子供向けのストーリーというわけではなかった。テクノロジーを介して、ライターやディレクターがすべての年代の観客に向けて物語る創造物であり、これからもそうあり続けるのだ。

For the time that Jobs was head of Pixar, that company never made a single movie that wasn’t an unqualified and money-making success, a track record unequalled by any other movie studio. Pixar’s animated movies may have been rated G, but they were anything but children’s stories. They were creations where technology was the vehicle whereby writers and directors could tell stories to all ages of viewers, and they continue to do so.

     *     *     *

稀代のストーリーテラーにして企業人

Steve Jobs を世界で最も価値あるテクノロジー企業を築いた人間として記憶するのは容易だ。同時に記憶すべきは、その過程において、現代の最も成功したストーリーテラーとアーチストを中心にビジネスを構築するのを手助けしたことだ。彼が同時に二つの役割を果たしたという事実は、ほとんどのひとにとってどちらも可能でなかったということを考えるとき、真に永続する資産となるのだ。

We will easily remember Steve Jobs as the man who built Apple to become the most valuable technology company in the world. What we should also remember is that while he was doing that, we was also helping to build a business around some of the most successful story-tellers and artists of our time as well. The fact that he did both at once, when most people would not have been able to do either will truly be his lasting legacy.

     *     *     *

折に触れてアップルに関する様々な視点を提供してくれる Carl Howe は大好きだ。(こちらこちら

Jobs を神格化する「神話」とは一線を画して、チームとしてのアップルに注目する。

アップル社員に呼びかけるのに Jobs が「チーム」ということばを使うは偶然ではない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »