Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Leander Kahney’

Update》Leander Kahney が絶賛

150223_r26173-320

[Jonathan Ive and the Future of Apple:The New Yorker

Ian Parker が Jony Ive の詳しい記事を「上梓」している。

Jonathan Ive and the Future of Apple | The New Yorker

上梓ということばを使ったのは、まるで書籍のように長大な量だからだ。16000 語を超えるボリュームはもはや記事と呼ぶには大きすぎる。

読み始めてみたが量が膨大すぎて机の前では気が散ってとても読めない。

結局夜中に目が覚めたとき、ベッドの中で iPhone に読み上げさせて聞いた。聞き終わった頃には空が白みはじめていた。まさに本1冊読んだ気分だ。

そんな長時間続けて聞けたのは非常に興味深い内容だったからだ。これまで書かれたことがない内容が数多く含まれている。

・Jony Ive の生い立ち(Ive 夫人との出会いも)
・ジョブズ夫人のジョブズ観や Ive 観
・Ive のデザインスタジオの詳しい風景
・固有名詞で登場するデザインチーム
・Ive にのしかかる重圧

とにかく圧倒的な内容で、どこからまとめていいか分からない。

起きだしてきたら John Gruber が第一報をまとめていた。

まずはそれから紹介するのがベストだと思った。

Ian Parker Profiles Jonathan Ive and Apple’s Design Team for The New Yorker | Daring Fireball

     *     *     *

かつてないアクセス

Jony Ive 個人や彼のデザインチームにかつてないアクセスができたことは驚くべきことだ。17000 語近い内容はもはや記事というより書籍と言った方がいい。かといって無駄な言葉はひとつだにない。これは今後長い間参考に値する資料になるだろう。

Astonishing, unprecedented access to Ive personally and his design team at Apple. At nearly 17,000 words it’s closer to a book than an article, and not a single word is wasted. This is a resource we’ll refer to for decades to come.

     *     *     *

公認自伝本の批判

この作品は完全に集中して読むべきだ。だから一部だけ引用して読者の興味を殺ぐことはしたくはない。はっきりしているのは Parker がきちんと理解しているということだ。これは Walter Isaacson のジョブズ自伝本とは著しい対照を為す。事実 Ive は Isaacson の本を上手にやっつけている。

The piece is worth your full undivided attention, so I won’t quote or spoil much. But what’s clear is that Parker gets it — in stark contrast to Steve Jobs’s anointed biographer Walter Isaacson. Ive, in fact, effectively trashed Isaacson’s book:

ジョブズ夫人 Laurene Powell Jobs は「Jony はとても不満そうでしたが、どなり立てたりはしませんでした」と語る。そして笑いながら、自分だって夫に対してそうはしなかっただろうとつけ加えた。(病気になるずっと前からジョブズは障害者用パーキングスペースをよく使っていたが、そんなことを Ive がするのは想像することさえ困難だ。) Ive は人に好かれるのを好む。彼の話はジョブズに託してあらかじめ自分に対する批判を防御しているように見えた。それはまた 2011 年の Walter Isaacson のジョブズ自伝にたいする間接的な批判 — とげとげしくはないが不親切な例が含まれているという批判でもあった。後になっての会話で、Ive はこの本は一部しか読まなかったが、彼のいう「不正確さ」の故に嫌いになるのには十分だったと語った。彼としては異常なほど熱を込めて「とても好意は持てません」といった。

“I’ve seen Jony deeply frustrated, but I’ve never seen him rant and rave,” Laurene Powell Jobs said, and she added, laughing, that she would not have said the same of her husband. (And it’s hard to imagine Ive using a disabled-parking spot, as Jobs often did, long before he was unwell.) Ive likes to be liked; the story seemed to be a preëmptive defense of Jobs veiled as self-criticism. It was also an indirect response to Walter Isaacson’s 2011 biography of Jobs, which, though not hostile, included examples of unkindness. In a later conversation, Ive said that he’d read only parts of the book, but had seen enough to dislike it, for what he called inaccuracies. “My regard couldn’t be any lower,” he said, with unusual heat.

     *     *     *

「開かれたアップル」

Parker は Ive だけではなく、Tim Cook や Bob Mansfield、その他のひとたちについても率直ですがすがしい発言を引用している。これはジョブズ後の、そして Katie Cotton 後の新しく「開かれたアップル」を示す圧倒的で驚くべき見本になっている。

In addition to Ive, Parker also has honest, bracing quotes from Tim Cook, Bob Mansfield, and others. It’s just an astounding, thunderous example of the new post-Jobs/post-Katie Cotton “open Apple”, and Parker has made the most of it.

     *     *     *

多方面で才能を発揮

十分に読み込む必要があるとはいえ、特筆すべきは Jony Ive がその才能をきわめて多方面に発揮しているという点だ。Apple Watch は明らかに彼のお気に入りだ。しかし彼はアップルの新キャンパスの指揮監督にも深く関与しており、またこれまで発表されていないアップルストアの新デザインについても Angela Ahrendts に協力しているのだ。

There’s much to digest, but I think the biggest takeaway is that Jony Ive is stretched very thin. The Watch is clearly his baby, but he’s also heavily involved in the supervision of Apple’s new campus and he’s working with Angela Ahrendts on a heretofore unannounced redesign of Apple’s retail stores.

     *     *     *

Jony Ive とアップルの過去・現在・未来が平行して自在に語られる。

膨大な量も、含みのある表現も一筋縄では行かない。

しかし Ian Parker の記事はこれから何度も読み返すことになりそうだ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Leander Kahney が絶賛

Jony Ive についてまとまった本を書いた Leander Kahney が Ian Parker の記事を絶賛している。

It’s time to rewrite Apple history — with more Jony Ive | Cult of Mac

     *     *     *

Ive こそがアップル

The New Yorker[Ian Parker]の書いた Jony Ive 評は最近アップルについて書かれたものの中では最も重要だとみんながいう。私も同意せざるを得ない。

People are calling The New Yorker profile of Jony Ive the most important thing written about Apple in quite a while, and I’d have to concur.

すばらしいディテールに満ちているだけではない。Ive を彼が本来居るべき場所 — アップルの中心に据えている点なのだ。作者の Ian Parker がいうとおり「これまで以上に Ive がアップルなのだ。」

Not only is it full of fascinating details, it puts Ive at the center of Apple, where he belongs. As the piece’s author, Ian Parker, writes: “More than ever, Ive is the company.”

これまでも数十年の間真実だったが、一般のひとの目には、ベテランのアップルウォッチャーにとってすらはっきりとは分からなかった。アップルの秘密主義はそれほど大きかったので、一般大衆はアップルのすることすべてをスティーブ・ジョブズのせいにし勝ちだった。本当の話が明らかにされるのはこれからで、まだ Ive は本来彼にふさわしい名声を得てはいない。

This is something that’s been true for a couple decades, but still isn’t apparent to most people — even veteran Apple watchers. Such is the company’s secrecy, and the tendency of the public to equate everything Apple does with Steve Jobs, that the true story has yet to be told. Ive has not gotten the credit he deserves.

     *     *     *

公式アクセスが認められた最初の例

最近の私の著書で、アップルの偉大なる製品の背後にいる真の天才はアップルのデザイン担当上級副社長であることを示そうとした。しかし私の本は非公式なものだったが、Parker は Ive と彼のスタジオについてかつてないほどのアクセスを認められた。その結果の人物評がカーテンの陰から姿を現わし始めた。これはアップルの歴史を語るとき長い間の懸案だった、Ive の決定的な貢献に重点をおくものなのだ。

As I tried to make clear in the title of my most recent book, Apple’s senior vice president of design is the genius behind the company’s greatest products. But whereas my book was unofficial, Parker was given unprecedented access to Ive and his studio. The resulting profile begins to peel back the curtain. It’s a long-overdue telling of Apple’s history that places new emphasis on Ive’s crucial contributions.

     *     *     *

公認伝記本の欠点

The New Yorkerk のプロフィールで Ive は Walter Isaacson のジョブズ伝記について不正確な点が多々含まれていると不満を述べている。同書に対する評価は「非常に低い」と彼はいう。

In the New Yorker profile, Ive complains about Walter Isaacson’s biography of Jobs and the many inaccuracies it contains. His regard for the book “couldn’t be any lower,” Ive says.

しかし同書の最大の欠点は不正確さにあるのではない。それはいかに Isaacson がアップル内部の仕組みを見抜く力がなかったかという点なのだ。アップルが実際に運営される仕組みについてジョブズはほとんど示さなかった。例えば iPhone の開発には3年もの努力と無数の問題ややり直しがあったが、Isaacson の本ではその点についてはたったの一章も割かれておらず、すべてはジョブズの視点から語られている。もちろんジョブズは iPhone の中心だったが、それ以上に Ive のスタジオのデザイナーたちがそうだった。その点が Isaacson の本では触れられていないのだ。

But the inaccuracies are not the book’s biggest failing: It’s how little insight Isaacson provides into the inner workings of Apple. Steve Jobs reveals little about how Apple actually operates. The development of the iPhone, for example, was a three-year effort with countless problems and restarts, but it’s covered in a single chapter and told from Jobs’ point of view. Jobs was central to the iPhone, of course, but more so were the designers in Ive’s studio, whose story wasn’t covered in Isaacson’s book.

     *     *     *

デザインスタジオがすべて

デザインスタジオこそがすべてなのだ。だから Ive は Isaacson のジョブズ伝記本を酷評したのだ。Isaacson はアップルの成功をほとんどジョブズの手柄にして、それ以上深く追跡することをしなかった。真の秘密は語られないままだった。Ive のスタジオと19人のデザイナーたちこそがアップルの創造力の真の源泉なのだ。ジョブズはまとめ役であり共同制作者だった。もちろんその役割を卑小化すべきではないが、しかし彼の貢献だけがすべてではなかったのだ。

The design studio is soup-to-nuts — and that’s why Ive dissed Isaacson’s biography of Jobs. Isaacson allowed Jobs to take most of the credit for Apple’s work without digging further, leaving a central truth untold: that Ive’s studio and the 19 designers who work there are the primary source of Apple’s creativity. Jobs was the facilitator and a major collaborator —- whose role absolutely should not be diminished — but his contribution was not the only one.

然るみんなの耳にはジョブズの声しか聞こえなかった。Ive の側から見た話は語られないままだった。

And yet Jobs’ voice is essentially the only one anybody has heard. Ive’s side of the story remains to be told.

     *     *     *

初めての試み

The New Yorker の記事が初めての優れた試みだ。ほとんどのひとがまだ耳にしたことのない Ive の決定的役割を公式に立証しようとするものだ。

The New Yorker piece is a good first attempt at an official version that validates Ive’s critical role at Apple, which most people still haven’t grasped.

     *     *     *

Ian Parker の記事が書かれた内幕話も知りたい・・・

広告

Read Full Post »

jonyive_book_01

どこに視点をおくか・・・

日経BP社刊「ジョナサン・アイブ」読了と危惧すること | Apple/Macテクノロジー研究所

なにしろCEOのティム・クックでさえジョニーに口だしできないというしオペレーション担当のある重役は「アップルを支配しているのはIDgだ」といっているそうだ…。

これではジョニーという存在はアップルを次のレベルに引き上げる起爆剤と同時に一歩間違えば誤爆する可能性も否めない。どのような組織でも社長やらCEOはともかく、1人に権限が集中することはトラブルの元とは幾多の歴史が証明していることではないか。これはジョニーがいかに謙虚で賢い人物だったとしてもだ…。

アップルのファンとしてはジョニーがアップルの地雷源にならないよう願うばかりだ。

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products, by Leander Kahney | FT.com

Kahney is a journalist but also an Apple geek (he has written three other books on Apple as well as a blog) and the combination of that enthusiasm and a clammed-up corporation is not particularly successful. Ive remains, at the end of this book, as unknown a quantity as he is at the beginning: a popular, un­assuming person who likes to listen to techno music while he works.

Review: Jony Ive by Leander Kahney | Asymco

The book mostly follows Ive’s career with chapters covering most significant episodes chronologically, however there are deep dives into the “how” rather than just the “what” happened. There is a hint of causality rather than correlation between events and outcomes.

For example, there is a mesmerizing description of the actual Apple design studio even though it has never been depicted in any public photo or video or diagram. There is a great attention paid to manufacturing and materials, as indeed there should be if talking about Apple design (but not necessarily if talking solely about design in general.)

There is an amazing revelation of the existence of the “ANPP” or the Apple New Product Process. This process directs the “extreme detail [for] every stage of product development”. The presence of such a “giant checklist” implies a degree of process and rigor which is in contrast to the “heroic” effort that prevails in popular folklore about how Apple develops its products.

アップルは「怠けたデザイン」を許さない | 日経ビジネスオンライン

旧記事から:

Leander Kahney の書いたジョニー・アイブ本 | maclalala2

Read Full Post »

Apple_Industrial_Design_team_2014-640x472

[チーム全員22名が勢揃い:Leander Kahney

パリの Colette で Apple Watch が紹介された際にアップルのデザインチームが勢揃いした珍しい写真を、Leander Kahney が撮っている。

Here’s the first group picture of Apple’s new Industrial Design team | Cult of Mac

     *     *     *

デザインチームの初めての写真

これ[冒頭写真]がアップルの新しいインダストリアルデザインチームの初めての集合写真だ。iPhone、iPad、Apple Watch、そしてこれまでの様々なヒット商品の背後にいた男女たちだ。

CUPERTINO, Calif. — This is the first group photo of Apple’s new Industrial Design team — the men and women behind the iPhone, iPad, Apple Watch and a long string of other hit products.

このチームは超秘密主義の壁に守られ、公衆の前に一緒に姿を現すことはめったにない。チームの写真が撮られたのはこれまでたった一度しかない。冒頭の写真は火曜日の Apple Watch 発表イベントが終わったとき、ジャーナリストたちを締め出したあとに撮影されたもの。真ん中には Jony Ive と最近チームに加わったスターデザイナーの Marc Newson がいる。

The group is super-secretive and rarely appears in public together. In fact, they’ve only been pictured once before. This picture was taken at the end of Tuesday’s launch event, when many of the journalists had been ushered out. In the middle is Jony Ive and the team’s latest and highest-profile hire, star designer Marc Newson.

     *     *     *

アップルのアイデア工場

このインダストリアルデザインチームはアップルのアイデア工場だ。アップルのイノベーションはここから生まれる。アップルの製品はすべて彼らがデザインし、開発する。チームのメンバーの多くはスティーブ・ジョブズが 1997 年に復帰する以前からアップルに在籍していた。

The Industrial Design team is Apple’s idea factory. This is where Apple’s innovation comes from. They design and develop all of Apple’s products, and many of them were working at Apple before Steve Jobs returned in 1997.

     *     *     *

極秘のデザインスタジオで

22名のチームはアップルのデザイン担当上級副社長 Jony Ive 卿の指揮の下で仕事をする。彼らはアップルの超極秘のデザインスタジオで精力的に働く。アップル本社の大きなドアと曇りガラスに遮られ、鋼鉄とコンクリートの壁で隔離されたスタジオで。このスタジオは生前ジョブズが多くの時間を過ごしたところで、Ive とその仲間たちと一緒に数々の新製品を造り出したところだ。

The 22-person team works under the guidance of Sir Jony Ive, Apple’s senior VP of design. They toil in Apple’s ultra-secretive Industrial Design studio, a steel-and-concrete enclave locked behind a very big door and frosted windows on Apple’s campus. The studio was where Steve Jobs spent most of his time before he died, working on new products with Ive and his team.

     *     *     *

デザインチームのこれまでの唯一の写真は、英国の D&AD 賞受賞の際のものだ。正装したチームがロンドンまで駆けつけている。

当時は16名のメンバーで、その一部分は Shin Nishibori[西堀晋]を含めてこちらに紹介されたものがある。

Meet The Members Of Apple’s Elite Industrial Design Team | Business Insider

当時の16名だったメンバーが今では22名に増えた。

今回の久しぶりの写真は記念すべきものになるに違いない。Apple Watch の発表はデザインチームにとって D&AD 賞受賞に並ぶ大切な機会だったということだろう・・・

Read Full Post »

Update:真に賞賛に値するのは誰か》

Jony Ive Official Book Trailer – Leander Kahney | YouTube]

アップルの世界で Leander Kahney の名前を知らなければモグリだ。それとも Cult of Mac といった方がいいか・・・

その彼が Jony Ive についての本を出すという。タイトルは『ジョニー・アイブ:アップルの偉大な製品を作った天才』(Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products

11月14日の発売を前にビデオのコマーシャル[冒頭]が出ている。

その最後にきてドキッとする・・・

The Loop: “Jony Ive book looks good, just lighten up on the marketing” by Dave Mark: 14 November 2013

     *     *     *

コマーシャルの最後の文句

自分は Jony Ive の世界について考える。だから Leander Kahney がジョナサン卿の本を書いていると聞いて興奮した。しかしこのコマーシャルはやり過ぎだ。冒頭の予告編ビデオを見て欲しい。最後はつぎのような文句で終わる。

I think the world of Jony Ive. When I heard that Leander Kahney was working on a book about Sir Jonathan, I got excited. But this marketing approach is over the top. Watch the video trailer below. It ends with this line:

「われわれは間違った人物を賞賛してきたのだろうか?」

“Did we give credit to the wrong guy?”

えっ! 冷水を浴びせかけるようなものだ。この本にはそれ以上の価値があるのに・・・

Yeesh. Big splash of cold water. The book deserves better than this.

     *     *     *

Leander Kahney はアップルの世界ではお馴染みの名前だ。

彼の「母国に戻りたいジョナサン・アイブ?」はとくに記憶に残っている。

そんな Kahney によるジョニー・アイブ本となれば期待も大きいが、それにしてもコマーシャルの最後のひとことは気にかかかる!

もうひとつのコマーシャルはとくに問題ないのに・・・

★ →[原文を見る:Original Text]
★ →[ビデオを見る:YouTube

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》真に賞賛に値するのは誰か

コマーシャルの最後のことばの意味が Kahney 自身によって明らかにされた。

Cult of Mac: “Who Deserves More Credit for Apple’s Phenomenal Success?” by Leander Kahney: 12 November 2013

     *     *     *

天才ジョブズ

スティーブ・ジョブズは天才だった — それは疑う余地もない。1997 年に彼が CEO になったとき、アップルはあと半年で破産という状態だった。彼の指導のもと、アップルは世界でもっとも強力な会社、もっとも信頼のおけるブランドとなり、業界全体に破壊をもたらした。彼のキャリアは決して生易しいものではなかった。何年も荒野を彷徨い、アップルに戻ったときですらそれに相応しい賞賛を得ることはなかった。ビジネスの天才と持てはやされるようになったのは、彼のキャリアのもっと後の時期、iPhone が大ヒットを収めた後だった。そして死後、彼は神格化された。

Steve Jobs was a genius — no doubt about that. Apple was six months from bankruptcy when he took over as CEO in 1997. Under his leadership, Apple became one of the world’s most powerful companies, the most trusted brand, and disrupted entire industries. He didn’t have an easy career. He spent many years in the wilderness, and even when Apple was bouncing back, he didn’t get the credit he deserved. It was only late in his career, after the iPhone became a smash hit, that he started to be lionized as a business genius. And after his death, he was deified.

     *     *     *

ジョブズだけではなかった

しかしスティーブ・ジョブズがすべてだったのか? 彼なしにはアップルは破滅する運命にあったのか? すべての賞賛をひとりの人間が受けるとどうなるか? 真実はもっと込み入っている。スティーブ・ジョブズなかりせば今日のアップルはなかった。しかし彼がすべてではないのだ。ジョブズは何もデザインしなかっし、何のコードも書かなかった。創造的作業をやったのは他のものだった。もちろんそれを率いはしたけれど・・・

But was it all Steve Jobs? Is the company doomed without him? What happens when one man gets all the credit? The truth is more complex. Apple wouldn’t be Apple without Steve Jobs, but it wasn’t just him. Jobs didn’t design anything, and he didn’t write any code. The creative work was done by others, though he had a hand in guiding it.

     *     *     *

Jony Ive について本を書いたワケ

ジョブズの死後、クリエイティブな面で彼の聖なる後継者となるべきは、ジョブズの長年の同僚で、インダストリアルデザインのトップ Jonathan Ive 卿であることが次第に明らかになった。Tim Cook は CEO かもしれないが、Jony Ive こそアップルの創造面でのグールーなのだ。彼の秘密に包まれたデザインラボこそアップルのイノベーションを生み出す工場なのだ。だから自分は Ive について本を書いた。あまりに神話やウワサが多すぎる。厳密にいうと Jonathan Ive とは誰なのか? いかにしてもの静かで、礼儀正しい英国人は世界でもっともクリエイティブな会社を率いる人物となったのか?『Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products』は11月14日に発売される。注文はこちらから。

After his death it slowly became clear that his anointed successor in the creative department was his long-time colleague, Sir Jonathan Ive, Apple’s head of industrial design. Tim Cook might be CEO, but Jony Ive is the company’s creative guru. His ultra-secretive design lab is the innovation factory at the heart of Apple. That’s why I wrote a book about him. There were too many myths. Too many rumors. Who is Jonathan Ive exactly? How did a quiet, polite Englishman become the creative lead for the world’s most innovative company? Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products goes on sale November 14th. You can pre-order it here.

     *     *     *

コマーシャルビデオ

すばらしいコマーシャルビデオはアプリのマーケティング会社 Simplifilm の Jason Moore によって作成された。

The awesome trailer was made by Jason Moore at Simplifilm, an app marketing company.

     *     *     *

アップルの成功について真に賞賛に値するのは決してジョブズひとりではない — コマーシャルの最後の文句はそれを意味していた!

読者 goro 氏の読みどおりだった。

Kahney の本はなかなかオモシロそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »