Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Lawsuit’

[サムスンの電話は iPhone のコピーだ:image

裁判の争点は多岐にわたっているが、それを3枚の画像でまとめると・・・

Redmond Pie: “The Apple Vs. Samsung Case Summed Up In Three Images” by Paul Morris: 04 August 2012

     *     *     *

3枚の画像

双方の弁護団とも与えられた25時間の枠内にそれぞれ山のような証拠書類を準備している。内部書類、メール、メモなどによって、サムスンが明らかにアップルのデザインを「盲目的にコピーした」ことを、陪審員に納得させようとしている。アップルは3枚の画像を証拠として提出しているが、それは iPhone 発表以前のものに比べて 2007 年1月以降に発表されたサムスンの一連のモバイルフォンが明らかに iPhone のコピーである証拠だとしている。

Both sets of legal teams will have an absolute stack of evidence to present during their twenty five hours of allotted legal time consisting of internal documents, emails and memos but in the hope of convincing the assigned jury that Samsung did indeed “slavishly” copy Apple’s design. Apple has submitted three images to be considered as evidence that clearly show a range of Samsung mobile telephones which predate the announcement of the iPhone as well as Samsung’s devices that have been released after January 2007.

・・・ぜひみなさんもご覧になって、ご自分で結論をお出しください。

[…] Take a look at the images and draw your own conclusions on this one.

     *     *     *

確かに画像は3枚ともよくできているように思える。

プレゼンならアップルのお手のものということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アップルイベントの Phil Schiller:photo

アップル対サムスン裁判での Phil Schiller の証言も興味津々だ。

Wired.com: “Phil Schiller Testifies: ‘You’re Stealing All the Value We’ve Created‘” by Christina Bonnington: 03 August 2012

     *     *     *

あからさまなコピー

金曜日のアップル対サムスン裁判で最初に証言台に立ったのは Phil Schiller だった。陪審員に向けた彼のメッセージはハッキリしていた。すなわち、iPhone および iPad のデザインは革命的で象徴的ブランド(iconic)であり、サムスンはこれらアップル独自の(そして特許を有する)魔法のパワー[Mojo:ブードゥー教の呪術、転じて金運やギャンブル運を招く魔法の力]のすべてをあからさまにコピーしたのだと。

SAN JOSE, California — Phil Schiller was the first witness to speak at the Apple v. Samsung trial Friday, and his words sent a very clear message to the assembled jury: The iPhone and iPad’s designs are revolutionary and iconic, and Samsung outright copied all this unique (and patented) Apple-owned mojo.

     *     *     *

アップルのすべてを盗むこと

「(コピーすることは)多くの面でマーケティングにとって大きな問題となります。アップルは自らの製品を英雄(the hero)として、いかに際立った特徴を持ち(distinctive)、いかに時を経ても変わらないか(consistent)ということをマーケティングします」とアップルの世界マーケティング担当上級副社長の Schiller はアップルの弁護士 Harold McElhinny の尋問に答えて語る。「誰かがそのデザインも、マーケティングもコピーした製品を出せば、どちらの製品がどちらのものか顧客には分からなくなります・・・。(iPhone のルックスを)盗むということはアップルが造り出した全ての価値を盗むということなのです。」

“[Copying] creates a huge problem in marketing on many levels. We market our product as the hero and how distinctive it is, how consistent we’ve kept it over time,” said Schiller, Apple’s senior vice president of worldwide marketing, as he was questioned by Apple lawyer Harold McElhinny. “Now when someone comes up with a product that copies that design and copies that marketing, then customers can get confused on whose product is whose…. If you steal [the way the iPhone looks] you’re stealing all the value we’ve created.”

     *     *     *

たやすい技

シリコンバレーでは稀な背広姿のシラーの答弁は、静かで場数を踏んだものだった。アップルメディアイベント(冒頭写真)での大勝負のプレゼンテーションに比べれば、陪審員に語りかけるのは彼にとってたやすい技のように見えた・・・

Dressed in a suit (an unusual sight in Silicon Valley), Schiller came across as calm and practiced. Compared to his performances during high-stakes Apple media events (see image above), it appeared that speaking in front of a jury was a piece of cake for the senior VP. […]

     *     *     *

アップルの製品すべてを盗むだろう

「時を経ても製品がユニークで際立った特徴を持つ(unique and distinctive)ことが重要でした」と Schiller はいう。各世代の iPhone モデルのスライドを見ながら Schiller はこういう。「一貫して変わらない形(consistent shape)に気がつかれるでしょう。」また彼はサムスンが iPhone のデザインをコピーしたことも問題にした。「Galaxy S フォンを見たときはひどくショックを受けました。アップル製品のコピーの度合いがひどかったからです。」さらにこうも付け加える。「私の第一印象は、サムスンはきっと我々の製品すべてを盗むだろうということでした。」

“It’s important to me that a product be unique and distinctive over time,” Schiller said. Looking at a slide of each iteration of iPhone design, Schiller commented that “you see the very consistent shape to it.” He also took Samsung to task for copying the iPhone’s design: “I was pretty shocked when I saw the Galaxy S phone and the extent to which it appeared to copy Apple’s products,” Schiller said, adding later, “My first thought was they’re going to steal our whole product line.”

     *     *     *

尋問、反対尋問のやりとりは、渦中の当事者が語ることばだけに大変興味深い。[全体の様子はこちら

裁判を有利に導くための証言だとしても、端々にホンネが表れているような気がする。

今回の裁判劇はアップルに関心を持つものにとって稀有の機会で見逃せない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[証言台に立った Christopher Stringer:image

サムスン対アップルの裁判が興味深い展開になっている。

これまでベールに隠されていたアップルのデザインプロセスに光が当たりはじめたのだ。

Reuters: “Apple designer: iPhone crafters are ‘maniacal’” by Poornima Gupta and Dan Levine: 31 Jul 2012

     *     *     *

マニアックなデザイナーたち

アップルの有名なインダストリアルデザインチームは世界中から集められた16人の「マニアックな」連中で構成されている。ほとんどの時間を彼らはキッチンテーブルの周りでブレインストーミングをして過ごす。

(Reuters) – Apple Inc’s celebrated industrial design team is a group of around 16 “maniacal” individuals from all over the world who spend a lot of time brainstorming around a kitchen table.

     *     *     *

裁判で垣間見えたもの

火曜日の裁判によって、世界で最も価値の高いテクノ企業の、これまでひた隠しにされていたアップル内部のハードウェアデザインプロセスが珍しくも垣間見えてきた。世界で最も有名なコンシューマーエレクトロニクス製品のいくつかのデザインプロセスについて・・・

The world’s most valuable technology corporation on Tuesday allowed a rare glimpse into a zealously guarded internal hardware design process that has produced some of the world’s most celebrated consumer electronics.

     *     *     *

最初の証人 Christopher Stringer

注目を集めているサムスンに対する米特許権侵害裁判が今週始まったが、最初に証言台に立ったのは17歳の17年来の[thanks N Okuda]アップルベテランデザイナー Christopher Stringer だ。

In a high-profile U.S. patent infringement trial against Samsung Electronics Co Ltd that began this week, it called 17-year Apple design veteran Christopher Stringer as its first witness.

Stringer はその隅々までデザイナー風に見えた — 肩まで伸びた髪、ごま塩のヒゲ、オフホワイトの上着に細身のブラックタイ・・・

Stringer looked every inch the designer with his shoulder-length hair, salt-and-pepper beard, wearing an off-white suit with a narrow black tie.

     *     *     *

未だ存在しない製品を想像する

「未だ存在しない製品を想像して、それに生命を与えるのが我々の役割だ」と彼は陪審員に語った。

“Our role is to imagine products that don’t exist and guide them to life,” he told the jury.

     *     *     *

独創的なアップル製品

アップル製品、中でも独創性に富んだ iPhone は、業界で高く評価されている。スマートフォン業界に革命をもたらした iPhone は、前衛的なサンフランシスコミュージアムで展示されていることで有名だ。

Apple’s products — particularly the seminal iPhone — are held in high regard throughout the industry. The gadget that revolutionized the smartphone industry is prominently displayed in the avant-garde San Francisco Museum of Modern Art.

     *     *     *

アップル製品の背後にいるデザイナー集団

韓国のライバルが iPhone や iPad のデザインおよび機能を盗用したとアップルは非難している。これらのデザインや機能はクリエイターグールーの Jonathan Ive と彼に付き従うデザイナーたちに負うものだ。彼らは10年以上にわたって英国、オーストラリア、米国、日本、ドイツから集められたデザイナー集団だ。

The company, which is accusing its South Korean arch-foe of stealing iPhone and iPad design and features, owes a debt to creative guru Jonathan Ive and his cadre of designers assembled from Britain, Australia, the United States, Japan, Germany over more than a decade.

     *     *     *

そこがいちばん落ち着けるから

アップルの15〜16名のインダストリアルデザイナーたちは、英国生まれで最近爵位を受けた Ive に率いられ、アップル全製品の仕事をし、毎週ほとんどの時間をその議論をして過ごす。それもほとんどはキッチンテーブルの周りで・・・

Stringer said Apple’s group of 15 to 16 industrial designers — headed by the British-born and recently knighted Ive — work on all of the company’s products and dedicate time every week to discuss them, mostly at the kitchen table.

グループにとってそこが「いちばん落ち着ける」からだと Stringer はいう。

That’s where the group is “most comfortable,” he said.

     *     *     *

大きな音楽をかけながら

ビジネスウィークが 2006 年に描いた Ive 像によると、クパティーノ本社の広い、オープンスペースのスタジオで、巨大な音響システムで大きな音楽をかけながら、Ive のチームは仕事をするのだという。入室できるのはごく限られた社員だけだ。 

Ive’s team leads works out of a large, open studio on Apple’s campus in Cupertino, California, with music blaring through a giant sound system and access strictly limited to a small portion of employees, according to a 2006 profile of Ive in Business Week.

     *     *     *

とてもマニアックな連中だ

この15〜20年の間、チームのほとんどのメンバーは並んで仕事をしてきたと Stringer はいう。彼自身、自分名義の数百のデザイン特許を持っている。

Most of the team have worked side-by-side for 15 to 20 years, said Stringer, who has “hundreds” of design patents to his name.

「我々はとても長い時間を一緒に過ごす」と Stringer はいう。「自分たちはとてもマニアックな連中だ。細部にこだわるのだ。」

“We have been together for an awfully long time,” Stringer said. “We are a pretty maniacal group of people. We obsess over details.”

     *     *     *

Stringer の仕事

何年にもわたってこのチームは、美的アッピールを機能に持たせることで名声を得てきた。Stringer はオリジナル iPhone — 社内コード名 M-68 — やモバイル製品のほとんどの仕事をしてきた。

Over the years, the team earned a reputation for blending the aesthetically appealing with the functional. Stringer worked on the original iPhone — internally codenamed M-68 — and almost all of Apple’s mobile products.

     *     *     *

ブレインストーミング

ブレインストーミングの結果デザインのアイデアが固まると、デザインチームはこのアイデアをスケッチし、CAD で製図する。

Once a product design idea is solidified through a brainstorming session, the design team sketches those ideas and models it through a Computer Aided Design process.

     *     *     *

直線的プロセスは辿らない

このデザインチームは、アイデアからスケッチへ、そしてモデル、それから技術的デモへという直線的プロセスは辿らないのだと Stringer はいう。出来上がったコンセプトも、よりよいアイデアが出てくればスクラップになる。

The design team doesn’t follow a linear creative process from idea to sketch, model and then to engineered demo, Stringer said. Developed concepts will be scrapped if a better idea comes along, he said.

「我々は常に疑い、問題を投げかけるのだ。」

“We are always doubting. We are always questioning.”

     *     *     *

製造工程の問題

Stringer はオリジナル iPhone の製造工程上の問題点についてもいくつか触れた。如何にして固いスティール枠ぴったりにガラスをはめるか、ガラスにどうやって穴を開けるかなどという問題だ。

Stringer listed some of the manufacturing problems for the original iPhone, from putting glass in close proximity to hardened steel to cutting holes in the glass.

「我々のことをクレージーだとみんな思っていた」と彼はいう。

“People thought we were crazy,” he said.

     *     *     *

これまでひた隠しにされてきたアップルのデザインの現場が、裁判の場で明らかなるという異例の展開になってきている。

Philip Schiller も証言に立つというし[続きはこちら]、アップルのお偉方も数多く登場しそうだ。

なんだか目の離せない展開になってきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[連邦地裁での口頭弁論:image

サムスンとアップルの特許訴訟がカリフォルニア州サンノゼの連邦地裁で始まった。

iPhone だってソニーの真似じゃないかとサムソンは主張するのだが・・・

     *     *     *

オープンソースのスポークスマン的プログラマー Eric Raymond が批判している。

Armed and Dangerous: “The Smartphone Wars: The iPhone Design Was Inspired by Sony” by Eric Raymond: 29 July 2012

ソニーのデザインの真似だ

Eric Raymond いわく:

Eric Raymond:

これは単なる憶測の類いではない。アップルの社員がソニーのデザインを真似し、ボスに渡した、そしてそのことを裁判で証言したのだ。

This isn’t speculation — an Apple employee copied Sony’s design, circulated it to his bosses, and testified to these facts in court.

今後誰かがアップルデザインの優秀さや最高の技術について口にしたときは笑ってやれ。アップルが他人のアイデアを盗み、巧妙なマーケティングでその手柄を自分のものにすることに長けていると、我々はずっと以前からそう指摘してきた。その証拠がまさにこれだ。

From now on, when anyone heaps phrase on Apple’s design excellence and superlative innovation, just point and laugh. Some of us have been saying for years that what Apple is really good at is ripping off other peoples’ ideas and stealing the credit for them with slick marketing. This, right here, is the proof.

     *     *     *

iPhone はソニーからインスピレーションを得た

このサムスンの主張 — 「iPhone のデザインはソニーからインスピレーションを受けた」、あるいは彼らのことばに従えば、「iPhone のデザインはアップルがソニーから盗んだもの、特許権をとって、他のみんなを訴える」という主張は、多くのひとを混乱させてきた。

This whole “iPhone design inspired by Sony” (or, as these guys put it, “Apple Stole iPhone Design From Sony, Patented It And Sued Everyone Else”) argument from Samsung has a lot of people confused.

     *     *     *

サムスンの主張

サムスンの審理前要旨の関係部分は以下のとおり:

Here’s the relevant portion from Samsung’s pre-trial brief (PDF):

アップルの「革新的」iPhone デザインはライバル「ソニー」のデザインに由来するものである。すなわち 2006 年2月の時点で — 問題の iPhone デザインを考えつくより前に — アップル幹部の Tony Fadell は Steve Jobs、Jonathan Ive、そのほかに新聞記事を回覧した。ソニーのデザイナーがポータブル電子機器 — ボタンや「過剰な装飾」がなく、手に持てて、「長方形のスクリーン」と「丸まった角」を持つそんな電子機器 — のデザインを検討しているという記事だ。その記事が内部で回覧されるとすぐ、アップルのインダストリアルデザイナーの Shin Nishibori[西堀晋]はアップルの電話のために「ソニーのような」デザインの作成を指示され、CAD 図面を描き、三次元モデルを作成した。デザインの根拠を明らかにするため、西堀氏の指示で作成されたCAD 図面には「ソニー」という名前がハッキリと描かれている。以下のアップル内部書類の画像が示すとおりである。

For its part, Apple’s “revolutionary” iPhone design was derived from the designs of a competitor — Sony. In February 2006, before the claimed iPhone design was conceived of, Apple executive Tony Fadell circulated a news article to Steve Jobs, Jonathan Ive and others. In the article, a Sony designer discussed Sony designs for portable electronic devices that lacked buttons and other “excessive ornamentation,” fit in the hand, were “square with a screen” and had “corners [which] have been rounded out.” Right after this article was circulated internally, Apple industrial designer Shin Nishibori was directed to prepare a “Sony-like” design for an Apple phone and then had CAD drawings and a three-dimensional model prepared. Confirming the origin of the design, these internal Apple CAD drawings prepared at Mr. Nishibori‘s direction even had the “Sony” name prominently emblazoned on the phone design, as the below images from Apple‘s internal documents show:

     *     *     *

John Gruber がサムスンの主張はお門違いだと反論している。

Daring Fireball: “Inspired by Sony” by John Gruber: 31 July 2012

ソニーのデザインではない

[ソニーの電話:image

問題の「ソニー」電話のイメージギャラリーを The Verge が掲載している。つまりこういうことなのだ。これはソニーの電話ではないということだ。ソニーのデバイスに関する獏とした話にインスピレーションを得たアップルのデザイナーが、アップル社内で作り上げたモックアップなのだ。かかるソニーの電話は 2006 年頃には存在しなかった。[追記:サムスンが引用しているビジネスウィークのインタビューの関係部分はこちら。2人のソニーデザイナーに対して行なったもので、ソニーのデザインが様々なもの、とくに iPod からどのようなインスピレーションを受けたかという点に触れている。]

The Verge has an image gallery of the “Sony” phone in question. Here’s the thing, though — it’s not a Sony phone. It’s an in-house mockup by an Apple designer inspired by a very broad description of Sony devices. There is no actual circa 2006 Sony phone that looks like this. [Update: Here’s more on the Samsung-cited Businessweek interview with two Sony designers, including the relevant passage, which was actually in response to a question about how much Sony’s design had been inspired by, of all things, the iPod.]

     *     *     *

これがそのソニー電話

[実際のソニー電話:image

John Paczkowski によれば、アップルが iPhone のために真似したとサムスンが主張する実際のソニーの電話はこれだ。そのとおり、これは iPhone のソックリさんなのだ。

Via John Paczkowski, here’s the actual Sony phone Samsung is claiming Apple copied for the iPhone. Yeah, that’s a dead ringer for the iPhone.

     *     *     *

アップルが考えたもの

オリジナル iPhone のデザインがどんなものだったか自由に想像するのは一向にかまわない。(この裁判で明らかになったもうひとつの興味深い話 — これが 2005 年のアップル自身のデザインだ。) しかし間違えないで欲しいのは、この「ソニー」のモックアップとは実際のソニーの電話でも、ソニーのコンセプトデザインでもなかったということだ。これはソニーの電話ならどんなものになるだろうかアップルが考えたコンセプトデザインなのだ。

Feel free to continue believing what you want to believe about how original the iPhone design was (here’s a 2005 design by Apple, another fascinating nugget revealed by this lawsuit), but don’t make the mistake of thinking this “Sony” mockup was an actual Sony phone or even a Sony concept. It was an Apple concept showing what a Sony phone might look like.

     *     *     *

デザイン盗用をめぐる裁判からとうとう日本人アップルデザイナーの名前まで登場してきた。

西堀晋氏が iPhone デザインにどういう役割を果たされたのか寡聞にして詳らかでないが、氏自身も証言台に立たれたのだろうか。

アップルのお膝元近くで行なわれているサムスン対アップルの裁判は様々な波紋を呼んでいる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アップル対アンドロイド戦争:image

アップルの特許訴訟についてドイツ銀行のアナリストが興味深いことをいっているらしい。

Fortune Tech: “Why Apple is in no hurry to settle its iPhone patent suits” by Philip Elmer-DeWitt: 09 January 2012

     *     *     *

ドイツ銀行の予想

ドイツ銀行の Chris Whitmore は、アップルとグーグルの間で争われている Android エコシステム特許戦争の予想される4つの結果について、月曜日のクライアント向け文書で解説している。

In a note to clients issued Monday, Deutsche Bank’s Chris Whitmore lists four possible outcomes of the patent wars being fought in courts around the world between Apple (AAPL) and the Google (GOOG) Android ecosystem:

     *     *     *

考えられる結果は4つ

1)ユニット当たりいくらのライセンス料がアップルに支払われることで決着する
2)Android の機能ないしは流通に不利な条件をつけることにより、Android の将来のマーケットシェアの 25% を握るというアップルにとってより好ましい結果
3)どちらも勝者になれず引き分ける
4)アップルが負けて反訴する

1) settlement with per unit license fee paid to Apple;
2) a more favorable outcome where Apple handicaps Android’s feature set and/or distribution and captures 25% of Android’s future market share;
3) neutral with no winner; and
4) Apple loses and must pay a counter claim

3)と4)はありそうにないと Whitmore は考えているようだ。専ら彼の議論は1)あるいは2)の結果アップルの株主にどんな利益があるか計算することに割かれているからだ。

Whitmore must not consider outcomes 3 and 4 very likely because he spends the rest of the note trying to calculate the value to Apple shareholders of outcomes 1 and 2.

     *     *     *

いずれもアップル株価にはプラス

結果1) — 販売された Android デバイス1台当たり約 10 ドルを支払うことで、アップルの知的所有権をライセンスするという決着。Whitmore の試算によればアップルの株価は 35 ドル増える。

Outcome 1 — a settlement where Apple licenses its intellectual property for about $10 per Android device sold –could add, according to Whitmore’s calculations, roughly $35 to Apple’s share price.

結果2) — Android の機能ないしは流通が減少する。シナリオとしてはあまりありそうもないが、もたらされる利益は巨大だ。もしアップルが Android の未来のマーケットシェア 25% を確保できることになれば、アップルの株価は1株当たりざっと 260 ドルも増える。

Outcome 2 — where Android’s feature set or ability to distribute is diminished — is considerably less likely, but the payoff could be enormous. If Apple were to capture 25% of the future anticipated Android market, for example, Whitmore estimates that Apple’s share price could grow by roughly $260 per share.

     *     *     *

座して待て

「だから、アップルが安くで決着をつけることはないだろう」と Whitmore は結論する。

“As a result,” he concludes, “we suspect Apple is unlikely to settle cheaply.”

アップル投資家はその間じっと待つべきだと Whitmore はいう。「労せずして非常にオイシい知的所有権が手に入る可能性があるのだから・・・」

Apple investors, meanwhile, should sit tight, according to Whitmore. They are “gaining exposure to a potentially very lucrative favorable IP outcome for little or no cost.”

     *     *     *

どういう根拠なのかいまひとつ分かりにくい。

どう転んでも損にはならないと踏んだアップルが簡単に訴訟を決着する気はないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

訴訟の話は込み入っていてよく分からない。特許が絡むとなおさらそうだ。

FOSS Patents のような優れたサイトがあっても、長過ぎて読み通すのが大変で、たいてい途中でギブアップしてしまう。

そんな中でつぎの Infographic は大変よくてきているように思える。

     *     *     *

Apple vs Samsung
[Via: Online MBA Guide

     *     *     *

これまでの関連記事をいくつか・・・

特許のイバラ(Patent Thicket) | maclalala:link
透けて見えるサムスンの本音 | maclalala2
いよいよ日本でもアップルとサムスンの訴訟合戦 | maclalala:link
アップル・サムスン特許訴訟の泥仕合 | maclalala:link
後追いの日本企業は新製品を出すのも半周遅れ | maclalala:link
サムスン製タブレットはここまで出来る・・・ | maclalala2

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アップルは今・・・:image

RBC Capital のアナリスト Mike Abramsky が、アップルの Tim Cook[COO]や Peter Oppenheimer[CFO]と今週交わしたという会話が興味深い。

発言そのものの直接的引用はないが、Abramsky がまとめたものを Barrons.com が載せている。

Barrons.com: “Apple: RBC Cheered By Visit With Cook, Oppenheimer” by Tiernan Ray: 04 August 2011

     *     *     *

手つかずの中国市場

それら[Abramsky がまとめたもの]には、アップルが中国で「巨大なチャンス」を持っているという事実も含まれる。アップルは中国で 90 億ドルの収入を得ているが、それでも中国市場は「ほとんど手つかずの状態」だという。グーグルの Android OS を採用したデバイスは「爆発的に増加」しているが、それにも関わらずアップルは、ハードとソフトの融合、「アプリケーションエコシステム」の「集積」によって競争上の優位を保つことができるという。 

They include the fact that Apple has a “massive opportunity” in China, with the market there “significantly untapped” despite Apple revenue of $9 billion in the country. Despite an “explosion” of devices based on Google’s (GOOG) “Android” operating system, Apple can maintain a competitive advantage through its integration of hardware and software, and its “curation” of the “application ecosystem.”

     *     *     *

革新的か、カテゴリーキラーか

廉価版 iPhone については、「ローエンド iPhone を発表するかどうかの第一義的評価基準は、革新的で、カテゴリーキラー的体験(category-killer experience)になるかどうかということだ」と Abramsky は書いている。

Regarding a low-cost iPhone, Abramsky writes that “Apple’s primary criterion for launching a lower-end iPhone is an innovative, category-killer experience.”

     *     *     *

パーツは買い手市場

いまや部品市場は「買い手市場」で、アップルがマージンで他を圧するのに貢献している、と彼は書いている。

The component marketplace is a “buyer’s market,” now, which could help Apple outperform on margins, he notes.

     *     *     *

特許紛争では和解するかも

特許紛争については、アップルは Android フォンメーカーを妨害せずに和解するかもしれない。知的財産のルールにあまり厳格でない中国のような国においても好意的協定を結べる立場に自らをおくために・・・

In its patent battles, Apple may settle with makers of Android-phones rather than seek to bar them, in order to set itself up with favorable agreements in countries such as China that have less rigorous intellectual property rules.

     *     *     *

アップルが何を考えているか、Abramsky のことばから少しばかり垣間見えてくるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Android をめぐって:image

グーグル法務トップの David Drummond の攻撃的なブログにネットはちょっとした騒ぎだ。

マイクロソフトがさっそくグサリとひと刺し、内情をバラしてしまった。

     *     *     *

「グーグルに渡さないため Novell の特許を買収したといっているが、本当にそうか? 一緒に入札しようと誘ったのに、イヤだといったじゃないか。」
マイクロソフト法務部長 Brad Smith

Google says we bought Novell patents to keep them from Google. Really? We asked them to bid jointly with us. They said no.
Brad Smith

     *     *     *

その後やりとりは泥沼化している。詳しくは MG Siegler[TechCrunch]のフォローを参照。

この背景には特許訴訟におけるグーグルのキビシい立場もあるようで、Philip Elmer-DeWitt[Fortune]がその点に触れている。

さらにはグーグルビジネスのあり方を問うものも現れた。グーグルは女々しくて意気地なしだというのだ。

Smartphone Wars: “Google are pussies” by Brian S. Hall: 04 August 2011

     *     *     *

独占的利益を投じる

もし独占的なビジネスを所有していて、そこから独占的な利益を上げ、その利益を他の産業部門に投じて、有料でないとライバルが提供できないものをタダで与えれば、すぐにも圧倒的マーケットシェアを確保できる。それなのに・・・

If you have a monopoly business and generate monopoly profits and take those monopoly profits to another industry and *gave away* what your competitors (must) charge for, which led you to quickly capture the *dominant* maret share, would you…

・・・性悪女のようにメソメソ泣き言をいうのか?

…whine like a bitch?

グーグルはそうしたのだ。それも今日・・・

Because Google does. And has. Just today:

→[David Drummond の投稿

     *     *     *

意気地なし

David Drummond よ、アンタは女々しい意気地なしだ。

David Drummond, you are a pussy.

Larry よ、Sergey よ、アンタたちも意気地なしだ。

Larry, Sergey, you are pussies.

何故かって? Larry も Sergey も、闘いをくぐり抜けてきた Ballmer や Jobs や Gates その他大勢のテクノロックスターと違って、高校から大学、博士号、億万長者、超億万長者とはしごを駆け上がってきただけだからだ。

Because Larry and Sergey, unlike Ballmer, Jobs, Gates and so many other tech rock stars — who had to fight battles, win wars and hack their way through to a new world — you went from high school to college to PhD to billionaire to multi billionaire.

     *     *     *

フェアじゃないよな

アンタたち意気地なしがこんど戦う相手は同じ規模の大企業だ。しっかり運営され、アンタたちにないもの — ホンモノの闘いで受けた傷跡 — を持つ企業だ。なのにアンタたちは広報チームやロビイストに駆け込み、政府に泣きつく。フェアじゃないよな。

And now, you pussies, you are in a fight with companies that are equally big, probably better run, and have something you don’t: scars, scars from real battles, and you run to the PR teams and the lobbyists and the government and cry: no fair.

     *     *     *

せっせと稼いでいる間に

アップルもマイクロソフトも、ノキアや Nortel、Blackberry、IBM、その他大勢も、スマートフォンやモバイルテクノロジーを実際に革新してきた。アンタたちが異なるマーケットでせっせと独占的利益を稼いでいる間に。そしてこんどはスマートフォンの巨大な世界マーケットが欲しいって? これら企業の知的財産のすべてを事実上根こそぎにしたいんだって?

While Apple and Microsoft and Nokia and Nortel and Blackberry and IBM and many others were actually *innovating* in smartphones and mobile technologies for over a decade you were busy making monopoly profits in a different market. Now you want into the big global smartphone market. And essentially want *all* the intellectual property of these companies to be effectively voided.

     *     *     *

独占的利益を利用して

他の異なるビジネスで得た独占的利益を利用して、すべての企業 — すべての革新者たちを皆殺しにしたいのか? この新しいビジネスで独占的利益を刈り取りたいのか?

So you can continue to use your monopoly profits in a different business to kill off all the companies — all the innovators — and reap monopoly profits in this new business.

意気地なしめ。

Pussies.

     *     *     *

誠意の証し

でも待てよ、こうしたらどうだ? グーグルのアルゴリズムを公開するのだ。本気でソースコードを公開し、Android を開放する。Gmail も Maps も Voice Search も、Android に組み込んでいるすべてを公開し、グーグル広告のコードも第三者を介する仕組み(public escrow)に置いて公開するのだ。

No, wait. Tell you what: release the Google algorithms, release your source code, open up Android — for real, along with Gmail and Maps and Voice Search and everything you’ve built into it. Put the Google advertising code into public escrow.

これは誠意の証しだ。知的財産を武器として使用しないことを示すためだ。

As a sign of good faith. To show that intellectual property shouldn’t be used “as a weapon”.

そして Android を完全に放棄する。Google Docs も、Gmail も・・・。「自らのビジネスに注力し、よりよい製品を作るのだ」と今日いったじゃないか。

And then completely abandon Android. And Google Docs. And Gmail. After all, you claim today that all you want is “to stay focused on our own business and make better products.”

     *     *     *

スマートフォンではうまくいった

確かにそうだ。アンタの稼ぐカネはすべて PC 広告から得たものだ。検索を利用して。それがアンタのビジネスだ。Yelp でもない。Groupon でもない。Twitter でも、Facebook でも、iPhone でも、App Marketでもないのだ。

Fair enough. *All* your money comes from ads on PCs. Via search. That’s your business. Not Yelp. Not Groupon. Not Twitter. Not Facebook. Not iPhone and App Market.

グーグルは検索ビジネスを独占し、独占的利益を上げている。働いて儲けたものであろうとそうでなかろうと。グーグルはそのカネを他のビジネスに参入するのに使いたいと考えている。この戦略はスマートフォンではうまくいった。すでに世界シェアの 50%、アメリカの 40% はグーグルのものだ。しかし独占的シェアを真の意味で達成し、独占的利益を真の意味での獲得するためには、アップルやマイクロソフトを滅ぼさなければならない。簡単なことではあるまい。不可能かもしれない。

Google has a monopoly in search and derives monopoly profits from this business. Earned or not. Google wants to use its monopoly profits to enter and dominate other lines of business. In smartphones, this strategy is working. Already, 50% global market share. 40% in the US. But to get true monopoly share, true monopoly profits, it has to destroy Apple and Microsoft. That will not be easy, maybe not possible.

     *     *     *

こんどは小物じゃない

グーグルはこの10年間なんらの革新をしてこなかった。にも関わらず多くと争ってきた。比較的小物の、武器を持たない戦闘員と。そしてこんどはホンモノの闘いをする段になったら、政府に駆け込む始末だ。

Google has not innovated in a decade. But, they’ve been in many fights. Against relatively tiny, unarmed combatants. Now when they have a real fight on their hand, they run to the government.

なんと女々しい意気地なし・・・

Like pussies.

     *     *     *

紹介したのは長文の一部。表現は激しいがグーグルビジネスの核心を突いているようにも思える。

Windows ギークの Paul Thurrott も同じ点を問題にしている。

法務トップの投稿は思わぬ広がりを見せている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[牙を剥いたグーグル:image

Novell の特許ポートフォリオ入札に失敗したグーグルが、落札したマイクロソフト、オラクル、アップルなどの企業グループに対して宣戦布告している。

公式サイトに投稿されたグーグルの言い分は次のとおり。

Official Google Blog: “When patents attack Android” by David Drummond: 03 August 2011

     *     *     *

ベッドを共にする

テクノロジー部門で仕事をして20年以上になる。マイクロソフトとアップルはこれまで常に激しく対立してきた。だから彼らがベッドを共にするようになると、いったいどうしたことかと不思議に思う。それはこういうわけだ。

I have worked in the tech sector for over two decades. Microsoft and Apple have always been at each other’s throats, so when they get into bed together you have to start wondering what’s going on. Here is what’s happening:

     *     *     *

破竹の Android

Android は燃えている。39 の製造メーカーと 231 のキャリアのネットワークを通じて毎日 55 万台の Android デバイスがアクティベートされている。Android と他のプラットフォームは激しく競い合っている。だから新しいクールなデバイスと驚くべきモバイルアプリが消費者のために産み出されるのだ。

Android is on fire. More than 550,000 Android devices are activated every day, through a network of 39 manufacturers and 231 carriers. Android and other platforms are competing hard against each other, and that’s yielding cool new devices and amazing mobile apps for consumers.

     *     *     *

敵対的で組織的な運動

しかしながら Android の成功は別のものを産み出した。敵対的で組織的な運動だ。マイクロソフト、オラクル、アップルなどの企業がインチキな特許によって Android に対する敵対的で組織的な運動を行なっている。

But Android’s success has yielded something else: a hostile, organized campaign against Android by Microsoft, Oracle, Apple and other companies, waged through bogus patents.

彼らは一緒になって Novell の古い特許(マイクロソフトおよびアップルを含む CPTN グループ)や Nortel の古い特許(マイクロソフトおよびアップルを含む Rockstar グループ)を取得し、グーグルが取得するのを妨げている。Android デバイス1台につき 15 ドルのライセンス料を取り立てるためであり、Android のライセンスを(無料で)受けて製造しているメーカーのコストが Windows Mobile より高くつくようにするためだ。さらには Barnes & Noble、HTC、Motorola、Samsung などに訴訟を起こすためでもある。特許は技術革新を奨励するためのものだったが、最近では技術革新をさせないための武器として使われている。

They’re doing this by banding together to acquire Novell’s old patents (the “CPTN” group including Microsoft and Apple) and Nortel’s old patents (the “Rockstar” group including Microsoft and Apple), to make sure Google didn’t get them; seeking $15 licensing fees for every Android device; attempting to make it more expensive for phone manufacturers to license Android (which we provide free of charge) than Windows Mobile; and even suing Barnes & Noble, HTC, Motorola, and Samsung. Patents were meant to encourage innovation, but lately they are being used as a weapon to stop it.

     *     *     *

特許を利用して税を課す

スマートフォンには 25 万件以上の特許(大部分は疑わしいもの)が関わっているかもしれない。われわれのライバルはこれら疑わしい特許を利用して税を課し、消費者にとって Android デバイスが高くつくようにしようとしている。Android デバイスの製造と販売をより困難にしようとしている。新しい機能をデバイスに持たせることによってではなく、訴訟によって争おうとしているのだ。

A smartphone might involve as many as 250,000 (largely questionable) patent claims, and our competitors want to impose a “tax” for these dubious patents that makes Android devices more expensive for consumers. They want to make it harder for manufacturers to sell Android devices. Instead of competing by building new features or devices, they are fighting through litigation.

     *     *     *

反競争的手段

特許のコスト自体も、この反競争的戦術によって実際の価値より大きいものへとエスカレートしている。マイクロソフトとアップルは Nortel の特許ポートフォリオを 45 億ドルで取得したが、これは入札前の予想価格 10 億ドルのほぼ5倍だ。幸い司法は、疑わしい特許を集めて反競争的手段(anti-competitive means)とすることに眉をひそめている。したがってこれらの取引はいずれ規制当局の厳しい調査を受けることとなり、特許バブルもはじけるだろう。

This anti-competitive strategy is also escalating the cost of patents way beyond what they’re really worth. Microsoft and Apple’s winning $4.5 billion for Nortel’s patent portfolio was nearly five times larger than the pre-auction estimate of $1 billion. Fortunately, the law frowns on the accumulation of dubious patents for anti-competitive means — which means these deals are likely to draw regulatory scrutiny, and this patent bubble will pop.

     *     *     *

あくまで戦う決意

我々はナイーブではない。テクノロジーはタフで常に変化する産業だ。自らのビジネスに注力して、よりよい製品を作るべく粉骨砕身している。しかし今回は声を大にして我々の立場 — 消費者にとって Android を競争的選択肢とし、その息の根を止めようとするものから防ぐ決意であること — を明らかにすることが重要だと考えた。

We’re not naive; technology is a tough and ever-changing industry and we work very hard to stay focused on our own business and make better products. But in this instance we thought it was important to speak out and make it clear that we’re determined to preserve Android as a competitive choice for consumers, by stopping those who are trying to strangle it.

     *     *     *

司法省にもプッシュする

そのため我々は数々の方策を鋭意検討している。司法省に対しては、前述した当該グループに対し Novell の元特許を公正な条件でライセンスさせるよう強制すること、併せてマイクロソフトとアップルが Nortel の特許を取得したのは反競争的手段ではないか検討することを求める。同時に我々は自らの特許ポートフォリオを強化することによって Android に対する反競争的脅威を減らす他の方策も検討している。もし我々が行動を起こさなければ、消費者は Android デバイスの価格高騰に直面する。次の電話を選ぶに際し選択肢が減ることになるのだ。

We’re looking intensely at a number of ways to do that. We’re encouraged that the Department of Justice forced the group I mentioned earlier to license the former Novell patents on fair terms, and that it’s looking into whether Microsoft and Apple acquired the Nortel patents for anti-competitive means. We’re also looking at other ways to reduce the anti-competitive threats against Android by strengthening our own patent portfolio. Unless we act, consumers could face rising costs for Android devices — and fewer choices for their next phone.

投稿者:David Drummond[グーグル上級副社長兼最高法務責任者]

Posted by David Drummond, Senior Vice President and Chief Legal Officer

     *     *     *

投稿したのが法務のトップであることから、その意図が透けて見えるようだ。

複雑な背景の特許訴訟では一方の当事者の言い分を聞くだけでは不十分だろう。

このポストに対する反響もなかなか興味深いがいずれまた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Mending_Fence_by_Cynara_Shelton.jpg

Mending Fence by Cynara Shelton

我が道を行くアップルが最近グーグルやアドビなどと関係修復を図っている(fence-mending mode)ように見える、と Philip Elmer-DeWitt[Fortune ブログの Apple 2.0]が書いている。

Fortune [Apple 2.0]: “Apple mends a few fences” by Philip Elmer-DeWitt: 19 September 2010

     *     *     *

Google Voice

今週最も注目されたのは、アップルが GV Mobile +GV Connect などの Google Voice アプリを認める決定をしたことだ。グーグルを App Store から閉め出したのは14か月前のことだった。このため FCC[米連邦通信委]の査察を招くこととなった。早晩政府はこの件を終結するだろう(すでにそうしているかもしれない)。

Google Voice: The move that got the most attention this weekend was Apple’s decision to start approving Google (GOOG) Voice apps such as GV Mobile + and GV Connect 14 months after it threw them out of the App Store — a purge that triggered an FCC probe. Presumably the government will now close its books on the complaint, if it hadn’t already.

     *     *     *

デジタルニューススタンド

もうひとつ関心を呼んだのは Bloomberg が報じたニュースだ。新聞雑誌出版社に iPad の特別版を製作するよう働きかけていたアップルが、ついに iBook ストアによく似たデジタル新聞販売店(digital newsstand)を立ち上げるというニュースだ。これらの出版社は必ずしもアップルと良好な関係ではなかった。だから収入分配や購読者リストをめぐって交渉が行き詰まったと聞いたとき、いったい誰が悪いのかよく分からなかったものだ。

Apple newsstand: The other story getting some buzz is the report on the Bloomberg wire Friday that Apple, having invited newspaper and magazine publishers to create special iPad editions, is finally getting around to building a digital newsstand, similar to its iBook store, to showcase them. Those publishers are not particularly good neighbors themselves, so when we hear that negotiations over how to share revenue and subscriber lists have reached an impasse, it’s hard to know who’s more at fault.

     *     *     *

iPhone で Flash を認める

2週間前、アップルがクロスプラットフォームの開発ツールについてポリシーを翻したことがビッグニュースだった。アドビ Flash で書かれたアプリを App Store から排除する決定から5か月経っていた。FTC[米連邦取引委]の査察を避けるために態度を変えたのではないかと当時勘ぐられたものだ。もっともまだ問題なしとはいえない。Flash コンテンツのサイトは iPhone/iPad/iPod touch ではまだうまく動かないからだ。

Flash-to-iPhone: The big news two weeks ago was Apple’s policy U-turn on cross-platform development tools, reversing a five-month old ban than prohibited apps written in Adobe (ADBE) Flash from entering the App Store. There was speculation at the time that one reason for the change was to render moot an FTC’s probe. Apple may not be out of the woods yet, since websites with Flash content still don’t work properly on the iPhone, iPad and iPod touch.

     *     *     *

アンテナゲート

関係修復というより決着といった方がいいかもしれない。iPhone 4 の外部アンテナに関する苦情を Steve Jobs が公式に認め、問題が生じたすべてのひとへケースを無料配布することを決めたことによって、アップルに対する風向きを変わった。バンパー無料配布計画は今月をもって終わる。

Antennagate: This was not so much a fence being mended as a gate being closed. But Steve Jobs’ decision to publicly address complaints about the iPhone 4’s external antenna and offer a free case to anyone who was experiencing a problem did seem to set a new tone for the company. The so-called free Bumper program ends this month.

     *     *     *

人材引き抜き

人材引き抜きを防ぐため共謀して賃金を抑えたという疑惑について、その決着を図るため複数社が司法省と「事前打ち合わせ」に入っているといわれる。そのひとつがアップルだ。独禁法の民事訴訟で名前が挙がっているほかの会社は、グーグル、アドビ、インテル、Intuit、ウォルト・ディズニーなどだ。

Staff poaching: Apple is one of several companies reported to be in “advanced talks” with the Department of Justice to settle allegations that they colluded to hold down wages by agreeing not to poach each other’s employees. The other parties named in the civil antitrust complaint were Google, Adobe, Intel (INTC), Intuit (INTU) and Walt Disney (DIS).

     *     *     *

なぜ今なのか

それにしてもなぜ今の時点なのか。われわれとしては憶測するほかない。ところで今期会計年度はこの土曜日で終わる。もろもろのムダを整理するのに悪い時期ではない。

Why now? We can only speculate. We note, however, that Apple’s fiscal year ends on Saturday. Not a bad time to clear out some dead wood.

     *     *     *

FCC や FTC の影がちらつくのが気になるが、たしかに関係修復といえないこともない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts