Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Labor Conditions’

Update 2》BBC の番組を見る
Update》アップルは深い怒りを覚える

pegatron_bbc

[製造ラインで眠りこける労働者:BBC

iPhone 6 を製造する上海の Pegatron 工場に潜入した BBC のドキュメンタリー番組。「アップルの裏切られた約束:アップルは中国の労働者を保護していない。」

Apple ‘failing to protect Chinese factory workers’ | BBC News

     *     *     *

苛酷な製造現場

上海郊外の Pegatron 工場で昼夜2交代シフトで疲労困憊した労働者が眠りこけている様子が撮影された。

Exhausted workers were filmed falling asleep on their 12-hour shifts at the Pegatron factories on the outskirts of Shanghai.

アップルコンピュータの部品を製造する工場で働くおとり労働者のひとりによれば、繰り返し休日をとらしてくれと訴えたにもかかわらず、18日間ぶっ続けで働かなければならなかったという。

One undercover reporter, working in a factory making parts for Apple computers, had to work 18 days in a row despite repeated requests for a day off.

他のおとり労働者の場合、シフトは最長で16時間にも及び、「寮に戻ると動きたくもない」という。

Another reporter, whose longest shift was 16 hours, said: “Every time I got back to the dormitories, I wouldn’t want to move.

「腹がすいていても、起き上がって食べる気にもならない。ただ横になって休みたいだけ。ストレスで夜も眠れない。」

“Even if I was hungry I wouldn’t want to get up to eat. I just wanted to lie down and rest. I was unable to sleep at night because of the stress.”

     *     *     *

秘密裡に撮影されたという Pegatron 工場の内部映像から外部からは窺えない様子が見てとれる。

同じ番組ではインドネシア Bangka 島の錫採掘鉱山で12歳の少年が違法な労働をしている様子も撮影されているらしい。

時あたかも作っても作っても需要に応じきれない iPhone 6/Plus が話題になっている最中なので、気になる話ではある。

思い出されるのは NY タイムズが、「誰にも愛される iPad は過酷な低賃金搾取労働の象徴だ」とアップルを攻撃する記事を載せたときのことだ。

ちょうどアップルが歴史的ともいえる桁外れの純利益を叩き出した直後のことだった。

名実共にアメリカのトップ企業となったアップルが、NY タイムズ記事をきっかけに一気に中国の低賃金搾取労働の象徴として矢面に立たされたことも記憶も新しい。

今回もある意味似たような状況にある。

瞬間風速とはいえ前人未到の時価総額7千億ドル超えを記録した直後、順風満帆と思えるアップルを襲ったのは、前回の NY タイムズに代わって今回は BBC というわけだ。

頂上に吹く風は激しいとはいえ、今後の展開が注目される・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルは深い怒りを覚える(12月20日)

BBC の報道に対しアップルがただちに反撃している。オペレーション担当上級副社長 Jeff Williams から英国のスタッフへのメールという形で。

Apple goes to war with the BBC | Telegraph

     *     *     *

深い怒りを覚える

昨夜 BBC の番組 Panorama はこれらの価値観[注:アップルは世界の人権と平等の向上に専心するという価値観]に問題を投げかけた。多くの皆さん同様に、ティム・クックと私[Jeff Williams]はアップルがサプライチェーンの労働者に対し約束を破った、あるいは形はどうあれ顧客を欺いたという指摘には深い怒りを覚える。

Last night, the BBC’s Panorama program called those values into question. Like many of you, Tim and I were deeply offended by the suggestion that Apple would break a promise to the workers in our supply chain or mislead our customers in any way.

事実と考え方について皆さんにお話したい。これらはすべて BBC に対しても事前に説明したが、明らかに番組では取り上げなかったものだ。

I’d like to give you facts and perspective, all of which we shared with the BBC in advance, but were clearly missing from their program.

Panorama の報道はアップルが労働環境の改善を行っていないと示唆している。はっきりさせておきたいが、これほど事実とかけ離れたことはない。

Panorama’s report implied that Apple isn’t improving working conditions. Let me tell you, nothing could be further from the truth. […]

     *     *     *

英国の5000人のスタッフに宛てたメールの全文はこちら

こと人権に関してはティム・クックのアップルは一歩も退かない・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》BBC の番組を見る(12月21日)

BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube
[BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube

物議をかもしている BBC の番組だが、番組そのものは英国内でしか見れない

いろいろ探してみたら、一部は YouTube でも見れるようになっていた。

3人の覆面記者を潜入させた Pegatron の初めての内部映像は多くのことを語っているが、インドネシアの錫採鉱現場のシーンは衝撃的だ。

愛用しているガジェット機器の背後にこんな製造国・原産国の事情があることを知ると心が重くなる。

しかし BBC の製作意図が窺える一方で、ここまでアップルの責任を追及できるのかという疑問も生じる。

Pegatron や Foxconn で ODM 製造しているのはアップルに限ったことではない。世界の多くの家電メーカーが依存しているのは周知の事実だ。また、錫を輸入してアルミ製品に利用しているメーカーもこれまた沢山ある。

中国やインドネシアの劣悪な労働環境や環境汚染をすべてアップルの責に帰するのは酷ではないのか・・・

とまれ何が問題になっているのか、自分の目で確かめておきたい。

Read Full Post »

20140828__0829apple2~1

秘密保持といえばガードマン、そのガードマンがアップルに待遇改善を求める

Union pushes for better conditions for security guards on Apple campus | San Jose Mercury News

Read Full Post »


[Mike Daisey:photo

Steve Jobs が亡くなった翌日の10月6日、NY タイムズが Mike Daisey の投稿を載せた。

「追悼の気持ちには反するが」(Against Nostalgia)というタイトルの記事は次のような文章で始まる。

Daring Fireball: “Daring Fireball Linked List: ‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due” by John Gruber: 16 March 2012

     *     *      *

直接労働者を取材した

私は中国南部を旅して、エレクトロニクス工場の労働者のインタビューをしたことがある。アップルのラップトップや iPad を組み立てる Foxconn 工場の金属プレスで右手がつぶれてかぎ爪のようになった男性とも話をした。自分の iPad を見せると、彼は息をのんだ。電源を入れた iPad は見たことがなかったからだ。彼はスクリーンを撫で、ピクセルの細部にまでアップルがこだわったアイコンが左右にスライドするのに目を見張った。「まるで魔法みたいだ」と私の通訳に語った。

I have traveled to southern China and interviewed workers employed in the production of electronics. I spoke with a man whose right hand was permanently curled into a claw from being smashed in a metal press at Foxconn, where he worked assembling Apple laptops and iPads. I showed him my iPad, and he gasped because he’d never seen one turned on. He stroked the screen and marveled at the icons sliding back and forth, the Apple attention to detail in every pixel. He told my translator, “It’s a kind of magic.”

     *     *     *

そんな Mike Daisey の「突撃取材」はウソだった。

公共放送「This American Life」の Daisey の突撃取材を聞いた中国駐在の Rob Schmitz が疑問を持ったのだ。Schmitz は中国のサプライチェーン事情に詳しい。彼は Daisey の通訳をしたという女性 Cathy を探し出してその証言を取った。

その上で Daisey 本人と対決した。

Marketplace: “An acclaimed Apple critic made up the details” by Rob Schmitz: 16 March 2012

     *     *     *

Daisey 本人との対決

先週私は、「This American Life」番組のホスト Ira Glass と一緒に、Mike Daisey と直接インタビューで対決した。彼が会ったというノルマルヘキサン中毒の労働者の話を取り上げた。彼に Cathy のいったことを伝えた。

Last week, together with Ira Glass, the host of This American Life Host, I confronted Daisey in an interview. I brought up the workers he says he met who were poisoned by N-hexane. I tell him what Cathy said.

Rob Schmitz:Cathy は、アナタがヘキサン中毒になった労働者とは話をしなかったといっています。

Rob Schmitz: Cathy says you did not talk to workers who were poisoned with hexane.

Mike Daisey:そのとおりです。

Mike Daisey: That’s correct.

Schmitz:ウソをついたということですか? 実際に見たことではなかったと。

RS: So you lied about that? That wasn’t what you saw?

Daisey:そうはいわないと思います。

MD: I wouldn’t express it that way.

Schmitz:じゃあ、どういうのですか?

RS: How would you express it?

Daisey:私は、旅行全体の印象について話をしたかっただけといいたいのです。

MD: I would say that I wanted to tell a story that captured the totality of my trip.

Ira Glass:労働者に会ったというのはそういうことだったのですか? それともこの問題について読んだだけだった?

Ira Glass: Did you meet workers like that? Or did you just read about the issue?

Daisey:労働者に会ったことは会ったのです。ただし香港で、アップルに抗議に行く人たちで、ヘキサン中毒になったひとではなく、そうなったのを知っているひとたちでした。そんな労働者の間でしょっちゅう交わされていた会話でした。

MD: I met workers in, um, Hong Kong, going to Apple protests who had not been poisoned by hexane but had known people who had been, and it was a constant conversation among those workers.

Ira Glass:実際にヘキサン中毒の労働者と会ったワケではなかった?

IG: So you didn’t meet an actual worker who’d been poisoned by hexane.

Daisey:そのとおりです。

MD: That’s correct.

Daisey は Ira Glass および視聴者に真実を話さなかったことを謝罪した。

Daisey apologized to Ira Glass for not telling the truth to him and his listeners.

「確かにみんなに聞いてもらいたい一心で端折ったところがなかったとはいわない。しかし自分の仕事には自信を持っている。自分の過ちは — 心から反省しているが — アナタの番組でニュース(journalism)として扱わせたことだ。決してニュースではなく、舞台作品(theater)なのだ」と Daisey はいう。

“Look. I’m not going to say that I didn’t take a few shortcuts in my passion to be heard. But I stand behind the work,” Daisey said. “My mistake, the mistake I truly regret, is that I had it on your show as journalism. And it’s not journalism. It’s theater.”

     *     *     *

以上の内容は Daisey 本人の肉声を含めて上記 Marketplace のサイトで聞くことができる。

「This American Life」始まって以来のヒット番組だったが、 Daisey の告白を踏まえて番組そのものを撤回した。

This American Life: “Retracting ‘Mr. Daisey and the Apple Factory’“: 16 March 2012

     *     *     *

一方 NY タイムズは、オリジナル記事の関連部分[注:冒頭で紹介した直接取材の部分]を削除しただけだ。そのやり方にJohn Gruber が強く反発している。

Daring Fireball: “Daring Fireball Linked List: ‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due” by John Gruber: 16 March 2012
NYTimes.com: “Against Nostalgia” by Mike Daisey: 06 October 2011

     *     *     *

疑問が生じたので

追記:NY タイムズは上記の部分を記事から削除し、次の【編集者注】を載せた。

UPDATE, 30 MINUTES LATER: The Times has now removed the above paragraph from the piece, and prepended this editor’s note:

【編集者注】オリジナル記事の冒頭のパラグラフについて疑問が生じた。アップルの中国工場における労働条件について話をしたという部分の信憑性の問題だ。当該パラグラフは新しいバージョンでは削除されている。

Editor’s Note: Questions have been raised about the truth of a paragraph in the original version of this article that purported to talk about conditions at Apple’s factory in China. That paragraph has been removed from this version of the article.

これで終わったワケじゃない。「疑問が生じた」だけの話ではない。これが完全な作り話だと Daisey は認めたのだ。当該パラグラフが主張していることに触れないで、単に削除するだけなんてインチキじゃないか。

This isn’t over. “Questions” haven’t just been raised — Daisey has admitted it was a complete fabrication. Sort of a bogus move to pull the paragraph without saying what the paragraph claimed.

Archive.org にも、グーグルにもオリジナル記事のキャッシュは残っていない。

Neither Archive.org nor Google have cached versions of the original piece.

     *     *     *

今にして考えれば NY タイムズと「This American Life」が一連のアップルバッシングの始まりだった。

第3世代 iPad の世界同時発売の日に事態は大きな展開を見せたが、波紋が収まるにはしばらく時間がかかりそうだ。

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Mj
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

     *     *     *

《参考》Mike Daisey 関連記事

・Daisey の突撃取材

デイジー氏アップル工場へ行く | maclalala2

・突撃取材の舞台裏

An acclaimed Apple critic made up the details | Marketplace

・番組の撤回

Retracting “Mr. Daisey and the Apple Factory” | This American Life

・NY タイムズの反応

Steve Jobs, Enemy of Nostalgia | NYTimes.com
‘This American Life’ Isn’t the Only Outfit With Retractions Due | Daring Fireball

・本人の反論

Statement on TAL | Mike Daisey

・メディアの反応

This American Life Pulls Mike Daisey’s Story about Apple’s Labor Abuses in China Because Daisey Played Fast and Loose With the Facts | Slog
Excerpts from ‘This American Life’ on Mike Daisey: ‘Why not just tell us what really happened?’ | The Verge
This American Life Retracts Its Damning Episode About Apple And Foxconn | Silicon Alley Insider
Apple factory critic lied about what he saw | The Loop
The Retraction Hammer Comes Down | parislemon

Read Full Post »