Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Kindle’


[Introducing the All-New Kindle Fire HD — Amazon TV Commercial | YouTube

今朝はついアマゾンのテレビコマーシャルを続けて見てしまった。

新しい KindleEリーダーの発表だ。

“reinventer of normal”[当たり前という意味を再発明する、これが当たり前になる]というフレーズがとてもよく効いている。

値段も、機能も、アマゾンのエコシステムを強調するところも、これはアップルの強力なライバルになりそうな予感・・・

実際に期待にそう出来かどうか、Hands-on レビューが楽しみだ。

サンタモニカで行なわれた発表イベントの様子はこちら

★→[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

Update 2:次世代 Kindle Fire のウワサ》
Update:そんなにヒドいのか》


[アマゾンの Kindle Fire:image

アマゾンの Kindle Fire のレビューがどっと登場している。

批判的なものが多いような気がするが、Instapaper の開発者 Marco Arment の強烈なレビューが話題になっている。

Marco.org: “A human review of the Kindle Fire” by Marco Arment: 17 November 2011

     *     *     *

使う気にならない

Kindle Fire は本や雑誌、新聞を読んだり、ビデオを見たり、アプリやゲームをするのには適しているだろうと期待した。

I expected the Kindle Fire to be good for books, great for magazines and newspapers, great for video, and good for apps and games.

実際はそうではなかった。自分が2日間しか使っていないことは認める。だから長期間使ってみた印象ではない。しかし正直いって、いい印象は持てそうにない。これ以上使ってみたいという気にならないからだ。これは致命的だ。

In practice, it’s none of these. Granted, I’ve only spent two days with it, so I can’t share any long-term impressions. But I’m honestly unlikely to have any, because this isn’t a device that makes me want to use it more. And that’s fatal.

     *     *     *

いろいろ試してみた

Kindle Fire で本の一部を読んだ。3冊の雑誌を読み、新聞を読んでみた。ゲームを2つやり、異なる2つのソースのテレビ番組を4本見た。Eメールのセットアップをしたら思わぬ時間がかかった。いい RSS リーダーは見つからなかった。うっかりして繰ったページが何ページも飛んでしまった。タップを繰り返しても始めはなにも起きなかったのに、アプリがいくつかクラッシュしたり、Fire 自体がクラッシュしてしまった。

I’ve read part of a book, three magazines, and a newspaper. I’ve played two games and watched four TV shows from two sources. I’ve also taken far too long to set up my email, failed to find a good RSS reader, turned a lot of pages accidentally, repeated taps that did nothing the first time, and crashed a few apps and the Fire itself.

     *     *     *

Android の iPod touch

Fire はいわば Android 版の iPod touch といったところで、キャリア契約の縛りなしでも使える初めての手頃な価格の Android デバイスだ。

The Fire is an Android version, sort of, of the iPod Touch. It’s the first device available that’s inexpensive and offers Android in a somewhat reasonable package without a cellular contract.

     *     *     *

どれにも使えない

でも私が言えるのはせいぜいそこまで。ゲームプレーヤとしてはダメ。アプリのプラットフォームとしてもダメだ。ウェブブラウザとしても、ビデオプレーヤとしても、そしてとてもガッカリしたことに Kindle としてもダメだ。

But that’s just about all I can say for it. It’s a bad game player, a bad app platform, a bad web browser, a bad video player, and, most disappointingly, a bad Kindle.

Instapaper のテストに必要なければ、突っ返してしまいたいところだ。

If I didn’t need the Fire for Instapaper testing, I’d return it.

     *     *     *

いつもは控え目な Marco Arment がこれほど強烈な一撃をくらわすのは見たことがない・・・

追記:Kindle Fire を真剣に検討している方は、本稿だけでなく原文もお読みください。本稿では結論の部分しか紹介していないが、原文では Interface、Hardware、Reading、Watching、Listening、Playing、App…ing と、開発者の視点からダメな理由を詳しく列挙しています。

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》そんなにヒドいのか(11月20日)

安価な7インチ版タブレットということで期待が大きかったので、Kindle Fire につていはいろいろ気になることがある。

まずひとつは、Marco Arment がいうようにそんなにヒドいのかという点だ。

業界定番のモスバーグおじさんのレビューはどういっているだろうか。

WSJ.com: “Walt Mossberg Reviews Kindle Fire, Amazon’s Color Tablet” by Walt Mossberg: 16 November 2011[日本語

     *     *     *

モスバーグおじさんのレビュー

ハッキリさせておきたいのは、499 ドルのエントリーレベル iPad 2 と比べると Kindle Fire は能力も性能も劣るということだ。アプリは少ないし、スクリーンは小さい。バッテリーの持ちも悪い。ウェブブラウザは遅く、内部ストレージは半分、カメラもマイクもついていない。ユーザーインターフェイスもアップルのなめらかさに比べると融通が利かず、イライラさせられることもある。

To be clear, the Kindle Fire is much less capable and versatile than the entry-level $499 iPad 2. It has a fraction of the apps, a smaller screen, much weaker battery life, a slower Web browser, half the internal storage and no cameras or microphone. It also has a rigid and somewhat frustrating user interface far less fluid than Apple’s.

しかし Fire にはいくつかの利点がある。まず第1は 199 ドルという価格だ。Fire の7インチスクリーンは iPad のスクリーン面積の半分以下だとしても。第2はアマゾンと Kindle というブランドだ。電子書籍として確立し、愛されている。第3は、アップルを除けば、唯一大規模で有名、使いやすいコンテンツのエコシステム(音楽、ビデオ、書籍、定期刊行物)を持っているタブレットメーカーであることだ。Fire はあらゆるクラウドコンテンツのハードウェアのフロントエンドになり得るのだ。

But the Fire has some big things going for it. First, the $199 price, though the Fire’s seven-inch screen is less than half the surface area of the iPad’s display. Second, the Amazon and Kindle brands, already known and loved for e-readers and more. Third, Amazon is the only major tablet maker other than Apple with a large, famous, easy-to-use content ecosystem that sells music, video, books and periodicals. The Fire can be thought of as a hardware front end to all that cloud content.

最後に、Fire はグーグルの Android OS をベースとしているという点では他のタブレットと同じでも、アマゾンは Android を見えなくしまうという大胆なやり方をした。ユーザーインターフェイスも、グーグルのアプリやサービスのほとんどを(グーグル app store も含め)退けた。Fire のソフトウェアは、すべてがアマゾンが販売するコンテンツとアプリのためのものであり、その購入を容易にするという点に絞られているのだ。

Finally, while the Fire, like many other tablets, is based on Google’s Android operating system, Amazon has taken the bold step of hiding Android. It shuns its user interface and nearly all of Google’s apps and services, including Google’s app store. The Fire’s software is all about the content and apps Amazon has sold you and the easy purchase of more.

     *     *     *

Kindle Fire の登場をスクープした MG Siegler はもっと端的だ。

parislemon: “Marco Arment Rips The Kindle Fire” by MG Siegler: 19 November 2011

     *     *     *

安物買いの銭失い

さあ、目を閉じて。200 ドルしかしないテクノガジェット — 200 ドルだよ — それがどんなものか想像するんだ。ハイ、目を開けて。ホラ、これが Kindle Fire だ・・・

Close your eyes. Imagine a world where a $200 tablet behaves like a piece of technology that costs… $200. Open your eyes. Say hello to the Kindle Fire.

アップルのタブレットなら 1000 ドルはするだろうとみんなが考えたのを覚えているかい? たった1年半前のことだ。みんなスポイルされちゃったんだよ。要すれば iPad のように動くガジェットなら 500 ドル以上するってことだ。参入のハードルはとても高いんだ。

Remember when everyone was sure that Apple’s tablet was going to cost around $1,000? That was 18 months ago. We’re spoiled. The fact of the matter is that the iPad behaves like a piece of technology that should cost more than $500. Apple set the bar very high.

ライバルが追いつくにはしばらくかかるだろう。世の中すべて「安物買いの銭失い」さ。

It’s going to take the competition a while to catch up. With most things in life, you get what you pay for.

     *     *     *

いずれにせよ審判を下すのは顧客でありユーザーだ。

クリスマス商戦の結果がどうでるか楽しみだ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》次世代 Kindle Fire のウワサ(11月20日)

Kindle Fire についてもうひとつ気になること。次世代 Fire が出るというウワサだ。しかもそっちの方がホンモノだと・・・

この話は当初からあった。

今回の Fire はアマゾン内部の開発チームが作ったものではなく、外部にアウトソースしたものだという話をスクープをした Ryan Block がつぎのように述べている。

gadget: “Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

開発の遅れ

あ、それからもうひとつ・・・次世代のもっといいアマゾンタブレットが間もなく出そうだ。

Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon

Kindle チームはカラーのEリーダーを間に合わせるため、RIM の PlayBook を利用したという話を昨日投稿した。急場しのぎに間に合わせるためだったといいかけたのだが、その後私が聞いた話はすべて開発が遅れていたことを裏付けている。(アマゾンが Kindle タブレットを今年始めに出そうとした話はもはや秘密ではなさそうだ。)

Yesterday I posted about how the Kindle teams used the RIM PlayBook to get a color e-reader product out the door (gdgt.com­/discuss­/the­-amazon­-tablet­-will­-look­-like­-…). I stopped short of saying they’re rushing it out the door, but by all accounts I’ve heard that it was indeed delayed. (It doesn’t seem like much of a secret now that Amazon seems to have been trying to get a Kindle tablet out a little earlier this year.)

     *     *     *

ホンモノの第2世代が来春にも

ともかく、「当座しのぎのために」Kindle タブレットをクリスマス商戦に間に合わせるということをした結果、アーリーアダプターやクリスマスの買い物客は深刻な影響を受けることになりそうだ。私のソース(複数)によれば、Kindle タブレット(現在 Kindle Fire と呼ばれている)の第2世代は早ければ来年第1四半期に出るという。そうだ、それほどすぐに。もちろんこれは計画の話だ。第1世代製品の遅れが製品開発サイクルを狂わせてしまった。

Well, this delay to get the “stopgap” Kindle tablet out in time for the holiday season this year may have pretty serious consequences for early adopters and holiday shoppers: my sources tell me the second-gen Kindle tablet (or Kindle Fire, as it’s now been dubbed) will be out in Q1 of 2012 — yes, that soon. That was always the plan, but the delays of the v1 product have messed up Amazon’s release cycle.

もっと悪いことに、Quanta のものを利用しただけの第1世代と違い、第2世代タブレットこそアマゾンが本気で開発しているデバイスらしいのだ。

And what’s worse, the second tablet — which Amazon didn’t just take more or less off the shelf from ODM manufacturer Quanta — seems to be the device Amazon really believes in.

     *     *     *

予定は未定だが

確かにハードウェアの世界には遅れがつきものだ。予定は遅れ、戦略も変わる。発表の見直しはいつものことだ。だからこの第2世代 Kindle タブレットも遅れるかもしれない。しかし予定どおりなら、初代タブレットの包装を解くいとまもおかず第2世代が登場することになりそうだ。自腹を切って買うのなら、しばらく買うのを待つんだけど・・・

Granted, in the hardware world there are often delays; timelines shift and cascade, strategies change, and launches get rejiggered all the time — so this true 2nd-gen Kindle tablet may be pushed back, too. One can rarely say with certainty that a product will get out on schedule. But if all goes according to plan, it looks like you’ll be seeing the second Kindle tablet not too long after you take the plastic off your first. If it was my money, I’d hold out a bit.

     *     *     *

来年早々第2世代が出るとのウワサはその後も後を絶たない。Quanta に代わって Foxconn が受注したという話もある。

Kindle 自体もアップデートを重ねて今日の人気と信用を獲得したように、Kindle Fire の未来も侮れなさそうだ。

Read Full Post »


Full Color 7″ Multi-touch Display, Wi-Fi, $199.00

予想どおり「Kindle Fire」が発表された。

アマゾンのホームページで Kindle Fire に添えられた一行は・・・「Full Color 7″ Multi-touch Display, Wi-Fi, $199.00」。

簡にして要、マーケティングを知り抜いたアマゾンならではの一行だ。(詳細を知りたいひとはこちら。)

Jim Dalrymple が「Kindle Fire は成功間違いなしだが、iPad キラーではない」といっている。

The Loop: “Kindle Fire will be successful, but it’s not an iPad killer” by Jim Dalrymple: 28 September 2011

     *     *     *

ヒット間違いなし

新製品発表はいつも心躍る。しかし時にバカバカしいまでの記事も出る。今朝のアマゾンタブレットの発表とてその例外ではない。

New product launches are exciting affairs, but it drives some writers to the brink of stupidity. Amazon’s tablet announcement this morning is no different.

Kindle Fire は間違いなくアマゾンのヒット商品になるだろう。タブレットマーケットでアップルに次ぐ地位をやすやすと獲得するだろう。

I have no doubt in my mind that the Kindle Fire will be a successful product for Amazon. In fact, I think it could easily grab the second spot in the tablet market behind Apple.

     *     *     *

iPad キラーではない

しかし Kindle Fire は iPad キラーではないし、アマゾンもそう位置づけているとは思えない。メディアはそう考えているかもしれないが、少なくともアマゾンはそうではない。

However, it’s not an iPad killer and I don’t think Amazon is positioning it that way. The press may be, but Amazon isn’t.

     *     *     *

アマゾンという名前しか見ない

先週 Kindle Fire について私は次のように書いた

Here’s what I said last week about the Kindle Fire:

消費者にとってアマゾンの名前は確固たるものだ。アマゾンで何百万人も買い物するし、信頼もされている。アマゾンがタブレットを出せば、みんなが直ちに買い始めるだろう。

Amazon has a solid name among consumers. Millions of people shop there and they are trusted. As soon as Amazon comes out with a tablet, people will start buying.

Android をベースとしていることが事実でも、消費者はアマゾンという名前しか見ない。消費者は Kindle Fire をタブレットというより拡張された Kindle とみなして、そう考えて購入するのだ。

Even though it will be based on Android, consumers will only see as far as the Amazon name. People will look at the device as an expanded Kindle rather than a tablet and buy it for that reason.

タブレットで読書やネットサーフィン、それにEメールが出来れば満足するユーザーもたくさんいる。それがやりたいことのすべて、必要なもののすべてなのだ。そんなユーザーにはアマゾンタブレットは完璧だ。

There is a whole subset of users that would be happy to have a tablet to read books, surf the Web and get email. That’s all they want, and all they need. Amazon’s tablet will be perfect for them.

     *     *     *

ハイエンドマーケットとは競合しない

199 ドルという価格なら、ユーザーは Kindle Fire を読書やアマゾンショッピング、ウェブサーフィン、メールのためのデバイスとみなすだろう。iPad が対象としているハイエンドマーケットとは競合しないだろう。子供や細君のためなら Kindle Fire を買ってやるもしれないが、それでもハイエンドユーザーは iPad を買い求めるだろう。

At $199 people are going to view the Kindle Fire as a device for reading books, shopping at Amazon or surfing the Web and getting email. It’s not going to touch the high-end of the market where the iPad lives. Those people are still going to get an iPad, although they may buy a Kindle Fire for their kids or spouse.

     *     *     *

心配すべきは・・・

Kindle Fire を心配すべきはむしろ Android をベースとする他のタブレットメーカーの方だ。彼らは今まさにピンチにある。なぜならハイエンドでは iPad に対抗できないことが明らかになったうえに、いまやローエンドでも Kindle Fire に対抗できなくなるだろうから・・・

The companies that have to worry about the Kindle Fire are other Android-based tablet-makers. They are in real trouble at this point because they’ve already shown they can’t compete on the high-end with the iPad and now I don’t think they’ll be able to compete on the low-end with the Kindle Fire.

     *     *     *

確かに7インチタブレットは魅力的に見える・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アマゾンタブレット?:mockup

以前アマゾンタブレットについてスクープした MG Siegler が、米国時間明日発表予定の Kindle タブレットについて早速スクープしている。

TechCrunch: “On Wednesday, Amazon Will Unveil The ‘Kindle Fire‘” by MG Siegler: 26 September 2011

     *     *     *

「Kindle Fire」

アマゾンは水曜日午前にニューヨーク市で「Kindle Fire」を発表する。そうだ、それがアマゾンが決めた新しい名前だ。まだ十分使われ、売れているこれまでの E-Ink の Kindle と区別するためにつけた名前だ。アマゾンの CEO Jeff Bezos がステージで Fire をお披露目する。ただし11月第2週まで出荷はされないそうだ。

On Wednesday morning in New York City, Amazon will unveil the Kindle Fire. Yes, this is the name Amazon has settled on, to help differentiate the product from the e-ink Kindles, which will still be very much alive and for sale. And while Amazon CEO Jeff Bezos will show off the Fire on stage, it won’t be ready to ship until the second week of November, we’ve learned.

ハードウェアは以前報告したものと同じだ。7インチのバックライトディスプレイタブレットで BlackBerry の PlayBook によく似ている。

Everything we’ve previously reported on the hardware remains the same. It will be a 7-inch backlit display tablet that looks similar to the BlackBerry PlayBook. […]

     *     *     *

新しいアマゾンタブレットが PlayBook の血を引くものであることを Ryan Block も詳細に触れている。

gadget: “The Amazon tablet will look like a PlayBook — because it basically is.” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

PlayBook の Quanta がデザイン・製造

私のソース(複数)によれば、当初 RIM は PlayBook のデザインと製造を巨大 ODM[original design manufacture]の Quanta にアウトソースした。Quanta はブランドメーカー向けのハードウェアを製造する会社だが、ときにはデザインもする。アマゾンが Android タブレットを作る段になったとき — それは直近の iPad の成功というよりはダークホース的 Nook Color に触発されたものだが — アマゾンの Kindle グループ(別名 Lab 126)はそのプロジェクトに参加せず、E-Ink ベースモデルの開発に専念する方を選んだ。

My sources tell me that RIM originally outsourced much of the hardware design and production of the PlayBook (gdgt.com­/rim­/blackberry­/playbook/) to mega-ODM Quanta — a company that builds, and sometimes helps design, hardware for name brands. The time eventually came that Amazon’s executives decided to do an Android tablet — far likelier to respond to the dark-horse success of the Nook Color (AKA “NOOKcolor”: gdgt.com­/barnes­-noble­/nookcolor/) than to the adjacent success of the iPad — Amazon’s own Kindle group (called Lab 126) apparently opted not to take on the project, in favor of continuing to work solely on next-gen E-Ink-based devices.

その後、アマゾン経営陣は Lab 126 の経験と助けを借りなくてもタブレットは作れると考え、Quanta の助けを借りて、ハードウェアのベースに PlayBook を使い、開発プロセスを省略することにした。もちろん事はそんなに簡単だったわけではないし、アマゾンは問題にも遭遇した。しかし結局のところ遅いプロセッサを採用するなどの犠牲を払ったのだ。

From there, Amazon’s team determined they could build a tablet without the help and experience of Lab 126, so they turned to Quanta, which helped them “shortcut” the development process by using the PlayBook as their hardware template. Of course, it’s never quite that simple, and as I’m told Amazon ran into trouble, and eventually sacrifices were made (like using a slower processor).

     *     *     *

ということは、アマゾンのタブレットはスピードの遅い PlayBook ということか?

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Ryan Block

Read Full Post »


[プレスイベント招待状:image

アマゾンのプレスイベントが話題になっている。9月28日の招待状が各方面に発出されたからだ。

NYTimes.com: “Is the Amazon Press Conference About a Color Kindle?” by Nick Bilton: 23 September 2011

     *     *     *

カラー Kindle タブレットか?

アマゾンは金曜日に技術ブロガーやジャーナリストに対してEメールを送付した。ニューヨークで水曜日[9月28日]にプレス会合を開くというものだ。

On Friday, Amazon sent an e-mail to technology bloggers and journalists announcing a press conference to be held in New York on Wednesday.

招待状は例によって謎めいたもので、「アマゾンのプレス会合にご参加ください」とあるだけだ。ついに待望のアマゾンカラータブレットの準備が整った可能性がある。

Although the invite was typically cryptic, simply saying: “Please join us for an Amazon press conference,” it’s possible the company is finally ready to announce its long-awaited color tablet.

     *     *     *

タッチスクリーンのカラー Kindle が発表されるのではないかという記事だが、John Gruber の視点がオモシロい。

まずひとつは、新しいタブレットが真の意味で iPad の対抗馬になり得るという視点だ。

Daring Fireball: “MG Siegler’s Hands-On Report on the Imminent Amazon Kindle Tablet” by John Gruber: 02 September 2011

     *     *     *

エコシステムを持つタブレットはこれだけ

発表目前のアマゾン Kindle タブレットに実際に触ってみた MG Siegler の報告

MG Siegler’s Hands-On Report on the Imminent Amazon Kindle Tablet

7インチのカラータッチスクリーン、E-Ink 電子ペーパーではない、Android をカスタマイズしたアマゾンブランドのフォークを搭載。iPad のライバルとしては初めて成功するものとなるだろう。アマゾンにはすべてをカバーするエコシステムがある。まず Kindle ブランド、Kindle に満足しているユーザー、書籍、雑誌、新聞、映画。他の Android タブレットにはすべて欠けているものだ。

7-inch color touchscreen, no e-ink, running a customized Amazon-branded fork of Android. This will be the first successful iPad rival. Amazon has the whole ecosystem in place: the existing Kindle brand, happy Kindle users, books, magazines, newspapers, movies. That’s what all the other Android tablets lack.

     *     *     *

もうひとつは、念頭においているかユーザーが誰かという点。

Daring Fireball: “Amazon Press Event Next Week” by John Gruber: 23 September 2011

     *     *     *

異なるユーザーを念頭においている

来週のアマゾンのプレスイベントについて
ニューヨークで行なわれるところがオモシロい。

Amazon Press Event Next Week
Interesting that they do these in New York.

追記:出版業がニューヨーク市に集中しているのは周知の事実なのに、どうしてオモシロいと考えたのかとたくさんの読者から尋ねられた。私はオモシロいといっただけで、驚いたとはいっていない。アマゾンが相手にしているのは異なるタイプの聴衆であることを示している。デバイスのハードウェアやソフトウェアそのものにはあまり重きをおかず、むしろデバイスが提供するメディアコンテンツにフォーカスするユーザーだ。

UPDATE: A bunch of readers question why I think that’s interesting, given that the publishing industry is centered squarely in NYC. I didn’t say it was surprising, just interesting — it showcases that Amazon is playing to a different audience. Less focused on the device’s hardware and software, more focused on the media content the device will allow users to enjoy.

     *     *     *

さて、ニューヨークに集中するメディアはどのような反応を示すだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »