Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Kindle Fire’

130218jeff-bezos-quotes

[アマゾンが利益を生むのは:ZDNet Japan

アマゾンのハードウェア戦略に対する Dustin Curtis の批判が強烈だ。

Amazon’s Echo Chamber | Dustin Curtis

     *     *     *

理解困難なハードウェア戦略

アマゾンのコンシューマハードウェア戦略はとても理解できない。・・・アマゾン製品の合理的な説明ができないからだ。唯一考えられるのはこういうこと — アマゾンがハードウェアを作り続けるのは、それがひどいものであることを理解していないから、そしてメディアに対する理解が根本的に欠けているからとしか考えられない。アマゾンのサイトで宣伝しまくってたくさん売ることはできる。あたかも成功したという誤った印象を与えて・・・

It’s extremely hard for me to understand Amazon’s consumer hardware strategy. […] There is simply no rational explanation for its products. The only thing I can come up with is this: Amazon continues to make hardware because it doesn’t know that it sucks, and it has a fundamentally flawed understanding of media. With Amazon.com, it can heavily and successfully promote and sell its products, giving it false indicators of success.

     *     *     *

エコーチェンバー

アマゾンはエコー効果を作り出すエコーチェンバーだ。ハードウェア製品を作ると、アマゾンのサイトで売り出し、アマゾンの顧客に売る。成功したような印象を受けるが、顧客はその製品をタンスにしまって二度と使わない。そこでアマゾンは次のハードウェアを出すのだ。とうとう Fire Phone になって顧客は押し戻した。二度と使わない電話なんて誰も買わない。Fire タブレットだってそうだ。ひどい電話を売って顧客をだますなんてことはできない。電話はいまやユーザーが自己主張するアイデンティティの一部になっているからだ。

It’s an echo chamber. They make a product, they market the product on Amazon.com, they sell the product to Amazon.com customers, they get a false sense of success, the customer puts the product in a drawer and never uses it, and then Amazon moves on to the next product. Finally, with the Fire Phone, customers have been pushing back. You can’t buy a phone and put it in a lonely drawer, never to use it again, like you would with a Fire Tablet. You can’t dupe your customers by selling them a shitty phone, because a phone becomes a part of its user’s identity.

     *     *     *

死に瀕するメデイアマーケット

Jeff Bezos をモバイル消費デバイスに駆っているかにみえるメディア戦略(アマゾンのメディアストアや Primeビデオ・ミュージック)も間違っている。いまどきメディアを売って儲けるものなんていない。メディアマーケットは急速に、そして容赦なく死に瀕している。マーケットが効率的になりすぎて、消費メディアの配信システムができた時点では利益なんて完全に消え、収支トントンさえ難しくなっているからだ。メディアで利益を生めるのは、アップルのようにマージンの大きいデバイスを山ほど売るか、あるいは映画館やスピーカーシステムのようにすばらしいメディア体験を提供できる場合だけだ。安くてひどいタブレットや電話ではもはや無理なのだ。

The media strategy that seems to be driving Jeff Bezos to make mobile consumption devices (with Amazon’s media stores and Prime video/music) is flawed. No one makes money selling media for consumption anymore. That market is quickly and brutally dying. The media market is now so efficient that all profit is completely sucked out of the equation by the time you get to the consumption delivery system, to the point that it is barely possible to break even. You can only make money with media by selling the device itself at a huge profit (Apple) or by providing a greater media experience (a movie theater or a nice set of speakers). A cheap, shitty tablet or phone does not fit into that equation anywhere.

     *     *     *

アマゾンの商品を買わせる?

アマゾンの目的がタブレットや電話を売ってアマゾンからたくさんの商品を買わせることだとしても、考えうる将来それがうまくいくのか私には分からない。そんな戦略がうまくいくのは、何百万という顧客が途方もないスケールでアマゾンのデバイスを使ってアマゾンの商品を買うときだけだ。アマゾンはハードウェアのために何百万ドルものカネを投じている。そもそもリーテル部門からの利益をあげずして、どうやってハードウェア投資を回収するのか。まずやるべきは顧客が欲しがるものを作ることだ。しかしアマゾンの実績を見ると、とてもそれは期待できまい。

Even if Amazon’s goal is to sell tablets and phones so people buy more retail stuff from Amazon, I don’t see how that can work in any reasonable future. That strategy would only work at tremendous scale, when you have millions of people using Amazon devices to buy Amazon retail stuff. The investment Amazon has made in its hardware strategy totals millions upon millions of dollars. Without any retail profit in the first place, how would they intend to recoup that investment? First, you’d have to make something people want. And given Amazon’s past performance, I wouldn’t hold my breath waiting for that.

     *     *     *

ハードウェアはアイデンティティの一部

利益を忌避するアマゾンのリテール戦略ではハードウェア製造にうまくつながらない。みんながハードウェアを買うのは自らのライフスタイルと合致するからだ。かくてそれは自分の存在意義を証明するアイデンティティの一部になる。もしハードウェアを売りたいのなら、まずみんなのファッションに合わせなければならない。2年前のサムスンのように、いつもアップルがそうであるように。しかしアマゾンはファッションを理解することができない。なぜならアマゾンにはセンスがなく、ハードウェアはファッショナブルの正反対で、センスがないからだ。

Amazon’s retail strategy of being allergic to profit does not translate well into hardware manufacturing. People buy hardware that fits into their lives, and becomes part of how they identify themselves to the world. If you want to sell hardware, you have to be in fashion, like Samsung was two years ago, or like Apple has always been. Amazon is incapable of understanding fashion, because it has no taste, and its hardware is completely unfashionable and tasteless.

     *     *     *

アマゾンは崩壊している

アマゾンは徐々に内部から崩壊している。自らのエコーチェンバーを通じて、決してうまくいくことのない、筋の通らない戦略に力を注ぐことによって・・・

Amazon is slowly destroying itself from the inside out, through its own echo chamber, by focusing on a strategy that will never work and does not even make sense.

     *     *     *

利益を生まないアマゾンの体質を見ても、次から次へと中途半端なハードウェアを作り続けることを見ても、アマゾンは非常に特異な存在だという気がする・・・

広告

Read Full Post »


[Introducing the All-New Kindle Fire HD — Amazon TV Commercial | YouTube

今朝はついアマゾンのテレビコマーシャルを続けて見てしまった。

新しい KindleEリーダーの発表だ。

“reinventer of normal”[当たり前という意味を再発明する、これが当たり前になる]というフレーズがとてもよく効いている。

値段も、機能も、アマゾンのエコシステムを強調するところも、これはアップルの強力なライバルになりそうな予感・・・

実際に期待にそう出来かどうか、Hands-on レビューが楽しみだ。

サンタモニカで行なわれた発表イベントの様子はこちら

★→[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »


[7.85 インチ iPad:image

久しぶりに John Gruber がポッドキャストで思いっきりしゃべっている。

ポッドキャストはこちら:

The Talk Show #86: Well-Intentioned Scumbags | 5by5

アップルラボには7インチの小型 iPad が存在するという話も飛び出した。

自分のポッドキャスト「The Talk Show」で、7.85 インチ iPad は発売されるのだろうかと相方の Dan Benjamin に尋ねられて、Gruber はつぎのように答える。[1時間 17 分ごろから]

     *     *     *

7.85 インチ iPad はすでに存在する

う〜ん、分からないよ。ボクが知っているのは、アップルラボにはテスト用のヤツがあるってこと・・・ 7.85 インチで 1024×768 の iPad ・・・ 9.7 インチの iPad をちょっと小さくしただけのヤツ。アプリがちゃんと動くために、コンパイルし直すこともデザインし直すことも必要ない。そのまま小型化しただけの iPad だ。

“Well, I don’t know. What I do know is that they have one in the lab…a 7.85 inch iPad that runs at 1024×768… it’s just like the 9.7″ iPad shrunk down a little bit. Apps wouldn’t need to be recompiled or redesigned to work optimally on it. It’s just the iPad smaller.

     *     *     *

ポッドキャストでちょっとしゃべっただけなのに、様々なサイトが一斉に取り上げるところは、バツグンの実績を誇る Gruber の影響力を思わせる。[The VergeThe TechBlockThe Next WebMacRumors

実際に発売されるかどうかは分からないとしながらも、想像を逞しくして(speculation)Gruber がしゃべっていることがとても興味深い。

その内容とニュアンスはぜひご自分の耳でお確かめください。[1時間 17 分ごろから 30 分弱]

◆サイズ

・現行 iPad の小型化したもの
・縦置きの幅を高さにして縮めたサイズ

◆新しいカテゴリー

・これまでのものとハッキリ区別できること
・現行 iPad では高すぎると考える層向け
・裕福でない学生層向け
・長時間読書をしない層向け

◆低価格帯という新しいカテゴリー

・199 ドル価格帯
・iPod の先例がある(爆発的に売れたのは 499 ドルから 199 ドルに下がったため)

◆Kindle Fire との位置付け

・Kindle Fire が出たから対抗するのではなく、Fire キラーとして

◆non-Retina で、安く、小さく、遅い

・フラッグシップモデルでない限り Retina ではない

◆発表されるとしたら

・出るという確たる話はないが、出るとしたら WWDC か
・iPhone の新モデルは1年以内はあり得ない → 次期モデルは秋の発表 → だとすると WWDC で出せるのは小型 iPad ぐらい

◆iPad junior

・Benjamin が iPad juniorと呼ぶのにに Gruber が吹き出す(IBM PCjr を思い出した)

     *     *     *

妄想とはいえ、様々な視点からたっぷり半時間近くしゃべるのでなかなか参考になる。

7.85 インチの iPad が実際にどのくらいの大きさになるか気になる方は、こちらからモックアップをプリントアウトしてお確かめください。

★ →[ポッドキャストを聴く:The Talk Show

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1PY

Read Full Post »


[これが Kindle Fire だ:photo

爆発的に売れているアマゾンの Kindle Fire にまつわるエピソード。

該当する方はご用心、ご用心・・・

Reuters: “Amazon’s Kindle Fire lets kids charge up a storm” by Mitch Lipka: 07 December 2011

     *     *     *

1-Click オーダーも可能

Kindle Fire は Kindle リーダーと違って、ウェブブラウジングやゲーム、ビデオや音楽の再生も可能だ。しかもアマゾンのアカウントがあらかじめプリロードされ、1-Click オーダーもできる。だから自分のアカウントでなくても、デバイスを手にしているひとなら誰でも注文ができる。プロンプトが出て購入確認のパスワードを求められることもない。

What happens is that when you order a Kindle Fire – which differs from the Kindle reader by allowing users to browse the web, play games, video and music – it comes with your Amazon account information preloaded, along with “1-Click” ordering. That means anyone who is holding that device can place an order, whether it’s their account or not. No prompts come up to confirm the purchase or ask for a password.

     *     *     *

片っ端からクリック

ということで、あちこち触りたがる幼児が何でもクリックできることになる。Scenic Labs の創設者 Jason Rosenfeld の3歳の娘もそうだった。スクリーンに現れる子供用品のイメージ写真をクリックしまくったのだ。クリスマスギフトを PC でブラウズした際、Rosenfeld は自分のショッピング履歴を見てやっと分かった。

So that means that the itchy fingers of toddlers can click way, including the 3-year-old daughter of Scenic Labs founder Jason Rosenfeld. He says his daughter was using the device and clicked on an image of a children’s product that appeared on the screen because it was in his shopping history — he had browsed the item while holiday shopping on his PC.

「彼女は見つけたものを片っ端から押し続けている」と彼はいう。注文確認のEメールが来て、やっとキャンセルできたのだった。

“She picked it up and got it running,” Rosenfeld says. After seeing the order confirmation in his email, he was able to quickly cancel the purchase.

     *     *     *

アマゾンで購入するためのマシン

199 ドルの Kindle Fire は廉価版 iPad として受け入れられているが、アマゾンで売られる膨大な商品群が簡単に注文できるよう特化したデザインを持っている。注文プロセスは最大限単純化されている。ライバルの Barnes and Noble が出した Nook Tablet はこれほどの注目を浴びなかったが、そちらでは注文を続けるためにはユーザー確認が必要になっている。

While the $199 Kindle Fire device has been embraced as a cheaper version of Apple’s iPad, it’s designed to streamline ordering an extensive array of goods sold by Amazon.com (AMZN.O). So, the process is simplified. Competitor Barnes and Noble (BKS.N), which released its Nook Tablet without the same fanfare, requires users to confirm their purchases before they go through.

     *     *     *

アマゾンのエコシステムに最適化するということにはこんな側面もあるわけだ。

クリスマスシーズンは書き入れどき。幼児にいじらせる際はくれぐれもご用心、ご用心・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ブランド別タブレットランキング:image

iSuppli の最新予測[冒頭図表]を見ると Kindle Fire の売れ行きがスゴいようだ。それだけではない。Barnes & Noble も大いに健闘している。

そこで MG Siegler がひとこと・・・

parislemon: “The Key To A Hit Android Tablet: Leave Google Out Of It?” by MG Siegler: 02 December 2011

     *     *     *

アマゾンの快進撃

他のタブレットメーカーが何か月かけても出来なかったことを、アマゾンは2か月でやってのけた。Android タブレットのヒット商品を出したのだ。

It took Amazon two weeks to do what none of the other tablet players could do for months: create a hit Android tablet.

     *     *     *

Barnes & Noble も

このことと、さらには Barnes & Noble が間もなく Android タブレットの出荷台数で2位を占めるだろうということを考え合わせると、あることが分かると思う。そしてそれは決してグーグルにとって好ましいことではない。

This, along with the fact that Barnes & Noble will probably soon move into the number two spot in terms of Android tablet shipments suggests something. And it’s not good for Google.

     *     *     *

グーグル抜き?

Android タブレットのヒット商品を出す秘訣・・・それはグーグルと距離をおくことじゃないのか?

The Key To A Hit Android Tablet: Leave Google Out Of It?

     *     *     *

エコシステムを持つものと持たぬものとの差が出始めた?

一方、現物がユーザーの手に届き始めていろいろな反応も・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

付記:

読む世界から聞く世界へほぼ切り替えつつある。

Safari リーダー」でテキスト本文を抽出、「テキスト読み上げ機能」で耳から聞く。

同じことを iPhone でやりたいのだが、やり方が分らない・・・

Read Full Post »

Update 2:アマゾンがスマートフォンに手を出したら》
Update:鳥小屋に入ってきたキツネ》


[Amazon Appstore for Android:image

Marco Arment がこんどはアマゾン Appstore について注目すべき発言をしている。

Marco.org: “Amazon will take over Android app distribution” by Marco Arment: 22 November 2011

     *     *     *

Kindle Fire が売れたら・・・

Kindle Fire が非常によく売れると仮定してみよう。改善すべき部分が多々あるとしてもだ。

Assume the Kindle Fire will sell very well, even though it needs a lot of help.

     *     *     *

唯一の方法

ほとんどの Kindle Fire ユーザーにとってアプリをインストールする唯一の方法はアマゾンの Appstore for Android を利用することだ。Fire には Google Market が搭載されていないし、ほとんどのユーザーはハッキングやサイドローディング[side-load:コンテンツをローカルデバイス同士でやり取りする]ができるほど精通してもいなければその気もないだろうから。

The only way most Kindle Fire owners are going to be installing apps is from the Amazon Appstore for Android. The Fire doesn’t ship with Google Market and most buyers won’t be savvy or motivated enough to hack it or side-load anything.

     *     *     *

Android デベロッパにとっても問題

いわばアップルの App Store が iOS デバイスだけにロックされているのと同じ状態だ。たぶんとても人気がでると思われるこの Android デバイス[Kindle Fire]にとって、アマゾン Appstore は唯一の存在だ。したがって、ほとんどの Android デベロッパにとって、彼らのアプリがアマゾンの Appstore で利用できるようにしておくことが必須なのだ。

It’s similar to Apple’s App Store lockdown on iOS devices: the Amazon Appstore is the only game in town on this probably-soon-to-be-very-popular Android device. Most Android developers, therefore, need to ensure that their app is available in the Amazon Appstore.

     *     *     *

アマゾンはアップルよりしんどい

アマゾンはこれまでデベロッパに対し友好的ではなかった。(その意味では出版社に対しても同じだが。)いろんな点で、デベロッパがアマゾンを相手にするのはアップルを相手にするのよりしんどい。アマゾン Appstore にアプリを出すためには、アップルの場合以上に多くのコントロールを諦めなければならない。自ら価格を設定することもできなければ、自分のアプリについて説明することも諦めなければならない。これに比べれば、アップルの方が「オープン」といってもいいほどだ・・・

So far, Amazon has not been great to developers. (Or book publishers, for that matter.) By most accounts, dealing with Amazon is actually much worse for developers than dealing with Apple. By putting your app in the Amazon Appstore, you’re giving up a lot more control than Apple asks of us: you’re giving up the ability to set your own price and control your app’s description, among many other restrictions. By comparison, it makes Apple look almost… open.

     *     *     *

姿が見えなくなる

Android プラットフォームの最大のウリは「オープンな」Android Market だが、タブレットは外れており、ほとんど無関係といってもよかった。もしも Fire がその販売目標を達成できれば、Android アプリの小売りチャンネルはアマゾンによって長期にわたってハイジャックされることになる。Android タブレットのソフトの大部分はアマゾン Appstore を通じて売られることになり、アプリがそこに出ていなければ、Android タブレットのユーザーには文字通り姿が見えなくなる。

One of the biggest draws to the Android platform, the “open” Android Market, has just been sidestepped and made largely irrelevant for tablets. If the Fire sells anywhere near its target volumes, Amazon has hijacked the Android app retail channel for the long term: most sales of Android tablet software will be through the Amazon Appstore, and if your app isn’t there, it’s effectively invisible to the Android tablet userbase.

     *     *     *

Android フォンの場合は?

この影響がより規模の大きい Android フォンマーケットに及ぶのにどのくらいの時間がかかるだろうか? それには大規模端末メーカーのどこか一社がアマゾンとある契約を結ぶだけでいい。一定期間そのメーカーの電話機すべてに、アマゾン Appstore の方がグーグルの Android Market より目立つ形になるようにあらかじめしておけばいいのだ。アマゾンは小売りビジネスを熟知している。これぞ彼らのビジネスであり、得意中の得意なのだ。

How long will it be before this effect spreads to the much larger Android-phone market? All it would take is a deal between Amazon and one of the big handset manufacturers to preload the Amazon Appstore, placed more prominently than Google’s Android Market, on all of their phones for a little while. Amazon knows how to play the retail game — it’s their business, and they’re incredibly good at it.

     *     *     *

ゲイトキーパーになったアマゾン

オープンソースのコードベースからグーグルアプリを除いたもの — それが Android の真にオープンな部分なのだが — それは、市場に参入し、効果的に閉じ、遂には自らをゲイトキーパー(門番)とする強大な力を特定の会社に与えた。そしてゲイトキーパーとして見れば、アップルの方がよっぽど慈悲深く見えるほどだ。

A truly open facet of Android — the open-source codebase, minus Google’s apps — has enabled one company with a strong market position to step in, effectively close it, and make themselves the gatekeeper. And as gatekeepers go, Apple looks quite benevolent by comparison.

     *     *     *

デベロッパの目からみると、アマゾンはなかなか手強い相手らしい。

自前のデジタルエコシステムを持たないものにとって、これからの未来は厳しいものになりそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》鳥小屋に入ってきたキツネ(11月25日)

アマゾンが Android エコシステムだけでなく、グーグルそのものを窒息死させるかもしれないという刺激的な記事がある。

日本語訳がすばらしいので、ぜひお読みください。

・インターネットコム: “Amazon は Google をカモにしようとしている“: 24 November 2011
・Datamation: “How Amazon Is Making a Sucker Out of Google” by Mike Elgan: 23 November 2011

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アマゾンがスマートフォンに手を出したら(11月26日)


[Android-powered Amazon Blaze:image

Kindle Fire のウリはなんといっても 199 ドルという超低価格にある。

そのアマゾンがスマートフォンにも手を出すというウワサに、Jean-Louis Gassée がオモシロいことをいっている。

Monday Note: “The Apple Wireless Carrier (Part 2)” by Jean-Louis Gassée: 20 November 2011

     *     *     *

グーグルの支配が及ばない仕掛け

アマゾンがスマートフォンを来年末に出すかもしれないという刺激的なウワサが先週あった。最初は非現実的だと思ったが、手元の新しい Kindle Fire が Android のロックを実にうまく利用しているのを見て考えた。アマゾンは Android Open Source コードを利用して、それに自らのユーザーインターフェイスやアプリ、サービス、app store などを付け加えた。出来上がったのは「非公式な」Android デバイスだ。一切グーグルの支配が及ばず、トロイの木馬アプリも存在しない。さらには、アマゾンのブラウザとグーグルのサーチエンジンの間に間隙を設けることによって、Bezos &カンパニーは、味方でもあり敵でもあるマウンテンビューの会社に一切知られることなくユーザーデータを蓄積することができるのだ。それではこの新しく開発したやり方をアマゾンのスマートフォンに適用したらどうなる?

Last week, we heard a titillating rumor: an Amazon smartphone would come out late next year. At first, I dismissed it as unrealistic. Then, I looked at my brand new Kindle Fire and marveled again at the way Amazon “picked Android’s lock”. The company took the Android Open Source code, added its own UI, applications, services and app store. The result is an ‘‘unofficial” Android device without any Google control on it, without the Trojan Horse apps. Further, by slotting its own browser between the Amazon customer and the Google search engine, Bezos & Co. keep accumulating user data without sharing any of it with their Mountain View frenemies. Why not apply this newly developed arrangement to an Amazon smartphone?

     *     *     *

キャリアのインフラに乗っかる

また、Kindle にデータを集めるため、アマゾンが Whispernet を開発していたことにも改めて気付いた。これは他のキャリアのインフラを利用する 3G ネットワークだが、これって MVNO[Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者]の一種じゃないか?

I also realized that, in order to feed data to its Kindles, Amazon developed Whispernet, a 3G network riding other carriers‘ infrastructure — which sounds like an MVNO of sorts.

     *     *     *

超低価格

原価ないしちょっと損するぐらいの価格で Kindle Fire が売られていることを知っている。それによってアマゾン本来のビジネス(物品やコンテンツ販売)が爆発的に伸びるからだ。もしアマゾンがスマートフォン(ハードウェア + MVNO 契約)を出すとしたら、価格だって同じような考えで設定されることだろう

We know the Kindle Fire model of being sold at cost or at a small loss because it boosts the company’s real business: selling things and content. The hypothetical Amazon smartphone (hardware + MVNO contract) would be priced in the same spirit.

     *     *     *

どうやらアマゾンの影響は果てしなく及びそうだ・・・

Read Full Post »

Update 2:次世代 Kindle Fire のウワサ》
Update:そんなにヒドいのか》


[アマゾンの Kindle Fire:image

アマゾンの Kindle Fire のレビューがどっと登場している。

批判的なものが多いような気がするが、Instapaper の開発者 Marco Arment の強烈なレビューが話題になっている。

Marco.org: “A human review of the Kindle Fire” by Marco Arment: 17 November 2011

     *     *     *

使う気にならない

Kindle Fire は本や雑誌、新聞を読んだり、ビデオを見たり、アプリやゲームをするのには適しているだろうと期待した。

I expected the Kindle Fire to be good for books, great for magazines and newspapers, great for video, and good for apps and games.

実際はそうではなかった。自分が2日間しか使っていないことは認める。だから長期間使ってみた印象ではない。しかし正直いって、いい印象は持てそうにない。これ以上使ってみたいという気にならないからだ。これは致命的だ。

In practice, it’s none of these. Granted, I’ve only spent two days with it, so I can’t share any long-term impressions. But I’m honestly unlikely to have any, because this isn’t a device that makes me want to use it more. And that’s fatal.

     *     *     *

いろいろ試してみた

Kindle Fire で本の一部を読んだ。3冊の雑誌を読み、新聞を読んでみた。ゲームを2つやり、異なる2つのソースのテレビ番組を4本見た。Eメールのセットアップをしたら思わぬ時間がかかった。いい RSS リーダーは見つからなかった。うっかりして繰ったページが何ページも飛んでしまった。タップを繰り返しても始めはなにも起きなかったのに、アプリがいくつかクラッシュしたり、Fire 自体がクラッシュしてしまった。

I’ve read part of a book, three magazines, and a newspaper. I’ve played two games and watched four TV shows from two sources. I’ve also taken far too long to set up my email, failed to find a good RSS reader, turned a lot of pages accidentally, repeated taps that did nothing the first time, and crashed a few apps and the Fire itself.

     *     *     *

Android の iPod touch

Fire はいわば Android 版の iPod touch といったところで、キャリア契約の縛りなしでも使える初めての手頃な価格の Android デバイスだ。

The Fire is an Android version, sort of, of the iPod Touch. It’s the first device available that’s inexpensive and offers Android in a somewhat reasonable package without a cellular contract.

     *     *     *

どれにも使えない

でも私が言えるのはせいぜいそこまで。ゲームプレーヤとしてはダメ。アプリのプラットフォームとしてもダメだ。ウェブブラウザとしても、ビデオプレーヤとしても、そしてとてもガッカリしたことに Kindle としてもダメだ。

But that’s just about all I can say for it. It’s a bad game player, a bad app platform, a bad web browser, a bad video player, and, most disappointingly, a bad Kindle.

Instapaper のテストに必要なければ、突っ返してしまいたいところだ。

If I didn’t need the Fire for Instapaper testing, I’d return it.

     *     *     *

いつもは控え目な Marco Arment がこれほど強烈な一撃をくらわすのは見たことがない・・・

追記:Kindle Fire を真剣に検討している方は、本稿だけでなく原文もお読みください。本稿では結論の部分しか紹介していないが、原文では Interface、Hardware、Reading、Watching、Listening、Playing、App…ing と、開発者の視点からダメな理由を詳しく列挙しています。

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》そんなにヒドいのか(11月20日)

安価な7インチ版タブレットということで期待が大きかったので、Kindle Fire につていはいろいろ気になることがある。

まずひとつは、Marco Arment がいうようにそんなにヒドいのかという点だ。

業界定番のモスバーグおじさんのレビューはどういっているだろうか。

WSJ.com: “Walt Mossberg Reviews Kindle Fire, Amazon’s Color Tablet” by Walt Mossberg: 16 November 2011[日本語

     *     *     *

モスバーグおじさんのレビュー

ハッキリさせておきたいのは、499 ドルのエントリーレベル iPad 2 と比べると Kindle Fire は能力も性能も劣るということだ。アプリは少ないし、スクリーンは小さい。バッテリーの持ちも悪い。ウェブブラウザは遅く、内部ストレージは半分、カメラもマイクもついていない。ユーザーインターフェイスもアップルのなめらかさに比べると融通が利かず、イライラさせられることもある。

To be clear, the Kindle Fire is much less capable and versatile than the entry-level $499 iPad 2. It has a fraction of the apps, a smaller screen, much weaker battery life, a slower Web browser, half the internal storage and no cameras or microphone. It also has a rigid and somewhat frustrating user interface far less fluid than Apple’s.

しかし Fire にはいくつかの利点がある。まず第1は 199 ドルという価格だ。Fire の7インチスクリーンは iPad のスクリーン面積の半分以下だとしても。第2はアマゾンと Kindle というブランドだ。電子書籍として確立し、愛されている。第3は、アップルを除けば、唯一大規模で有名、使いやすいコンテンツのエコシステム(音楽、ビデオ、書籍、定期刊行物)を持っているタブレットメーカーであることだ。Fire はあらゆるクラウドコンテンツのハードウェアのフロントエンドになり得るのだ。

But the Fire has some big things going for it. First, the $199 price, though the Fire’s seven-inch screen is less than half the surface area of the iPad’s display. Second, the Amazon and Kindle brands, already known and loved for e-readers and more. Third, Amazon is the only major tablet maker other than Apple with a large, famous, easy-to-use content ecosystem that sells music, video, books and periodicals. The Fire can be thought of as a hardware front end to all that cloud content.

最後に、Fire はグーグルの Android OS をベースとしているという点では他のタブレットと同じでも、アマゾンは Android を見えなくしまうという大胆なやり方をした。ユーザーインターフェイスも、グーグルのアプリやサービスのほとんどを(グーグル app store も含め)退けた。Fire のソフトウェアは、すべてがアマゾンが販売するコンテンツとアプリのためのものであり、その購入を容易にするという点に絞られているのだ。

Finally, while the Fire, like many other tablets, is based on Google’s Android operating system, Amazon has taken the bold step of hiding Android. It shuns its user interface and nearly all of Google’s apps and services, including Google’s app store. The Fire’s software is all about the content and apps Amazon has sold you and the easy purchase of more.

     *     *     *

Kindle Fire の登場をスクープした MG Siegler はもっと端的だ。

parislemon: “Marco Arment Rips The Kindle Fire” by MG Siegler: 19 November 2011

     *     *     *

安物買いの銭失い

さあ、目を閉じて。200 ドルしかしないテクノガジェット — 200 ドルだよ — それがどんなものか想像するんだ。ハイ、目を開けて。ホラ、これが Kindle Fire だ・・・

Close your eyes. Imagine a world where a $200 tablet behaves like a piece of technology that costs… $200. Open your eyes. Say hello to the Kindle Fire.

アップルのタブレットなら 1000 ドルはするだろうとみんなが考えたのを覚えているかい? たった1年半前のことだ。みんなスポイルされちゃったんだよ。要すれば iPad のように動くガジェットなら 500 ドル以上するってことだ。参入のハードルはとても高いんだ。

Remember when everyone was sure that Apple’s tablet was going to cost around $1,000? That was 18 months ago. We’re spoiled. The fact of the matter is that the iPad behaves like a piece of technology that should cost more than $500. Apple set the bar very high.

ライバルが追いつくにはしばらくかかるだろう。世の中すべて「安物買いの銭失い」さ。

It’s going to take the competition a while to catch up. With most things in life, you get what you pay for.

     *     *     *

いずれにせよ審判を下すのは顧客でありユーザーだ。

クリスマス商戦の結果がどうでるか楽しみだ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》次世代 Kindle Fire のウワサ(11月20日)

Kindle Fire についてもうひとつ気になること。次世代 Fire が出るというウワサだ。しかもそっちの方がホンモノだと・・・

この話は当初からあった。

今回の Fire はアマゾン内部の開発チームが作ったものではなく、外部にアウトソースしたものだという話をスクープをした Ryan Block がつぎのように述べている。

gadget: “Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon” by Ryan Block: 26 September 2011

     *     *     *

開発の遅れ

あ、それからもうひとつ・・・次世代のもっといいアマゾンタブレットが間もなく出そうだ。

Oh, one more thing about the Amazon tablet: the second, better version is coming very soon

Kindle チームはカラーのEリーダーを間に合わせるため、RIM の PlayBook を利用したという話を昨日投稿した。急場しのぎに間に合わせるためだったといいかけたのだが、その後私が聞いた話はすべて開発が遅れていたことを裏付けている。(アマゾンが Kindle タブレットを今年始めに出そうとした話はもはや秘密ではなさそうだ。)

Yesterday I posted about how the Kindle teams used the RIM PlayBook to get a color e-reader product out the door (gdgt.com­/discuss­/the­-amazon­-tablet­-will­-look­-like­-…). I stopped short of saying they’re rushing it out the door, but by all accounts I’ve heard that it was indeed delayed. (It doesn’t seem like much of a secret now that Amazon seems to have been trying to get a Kindle tablet out a little earlier this year.)

     *     *     *

ホンモノの第2世代が来春にも

ともかく、「当座しのぎのために」Kindle タブレットをクリスマス商戦に間に合わせるということをした結果、アーリーアダプターやクリスマスの買い物客は深刻な影響を受けることになりそうだ。私のソース(複数)によれば、Kindle タブレット(現在 Kindle Fire と呼ばれている)の第2世代は早ければ来年第1四半期に出るという。そうだ、それほどすぐに。もちろんこれは計画の話だ。第1世代製品の遅れが製品開発サイクルを狂わせてしまった。

Well, this delay to get the “stopgap” Kindle tablet out in time for the holiday season this year may have pretty serious consequences for early adopters and holiday shoppers: my sources tell me the second-gen Kindle tablet (or Kindle Fire, as it’s now been dubbed) will be out in Q1 of 2012 — yes, that soon. That was always the plan, but the delays of the v1 product have messed up Amazon’s release cycle.

もっと悪いことに、Quanta のものを利用しただけの第1世代と違い、第2世代タブレットこそアマゾンが本気で開発しているデバイスらしいのだ。

And what’s worse, the second tablet — which Amazon didn’t just take more or less off the shelf from ODM manufacturer Quanta — seems to be the device Amazon really believes in.

     *     *     *

予定は未定だが

確かにハードウェアの世界には遅れがつきものだ。予定は遅れ、戦略も変わる。発表の見直しはいつものことだ。だからこの第2世代 Kindle タブレットも遅れるかもしれない。しかし予定どおりなら、初代タブレットの包装を解くいとまもおかず第2世代が登場することになりそうだ。自腹を切って買うのなら、しばらく買うのを待つんだけど・・・

Granted, in the hardware world there are often delays; timelines shift and cascade, strategies change, and launches get rejiggered all the time — so this true 2nd-gen Kindle tablet may be pushed back, too. One can rarely say with certainty that a product will get out on schedule. But if all goes according to plan, it looks like you’ll be seeing the second Kindle tablet not too long after you take the plastic off your first. If it was my money, I’d hold out a bit.

     *     *     *

来年早々第2世代が出るとのウワサはその後も後を絶たない。Quanta に代わって Foxconn が受注したという話もある。

Kindle 自体もアップデートを重ねて今日の人気と信用を獲得したように、Kindle Fire の未来も侮れなさそうだ。

Read Full Post »

Older Posts »