Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Katie Cotton’

Update》Leander Kahney が絶賛

150223_r26173-320

[Jonathan Ive and the Future of Apple:The New Yorker

Ian Parker が Jony Ive の詳しい記事を「上梓」している。

Jonathan Ive and the Future of Apple | The New Yorker

上梓ということばを使ったのは、まるで書籍のように長大な量だからだ。16000 語を超えるボリュームはもはや記事と呼ぶには大きすぎる。

読み始めてみたが量が膨大すぎて机の前では気が散ってとても読めない。

結局夜中に目が覚めたとき、ベッドの中で iPhone に読み上げさせて聞いた。聞き終わった頃には空が白みはじめていた。まさに本1冊読んだ気分だ。

そんな長時間続けて聞けたのは非常に興味深い内容だったからだ。これまで書かれたことがない内容が数多く含まれている。

・Jony Ive の生い立ち(Ive 夫人との出会いも)
・ジョブズ夫人のジョブズ観や Ive 観
・Ive のデザインスタジオの詳しい風景
・固有名詞で登場するデザインチーム
・Ive にのしかかる重圧

とにかく圧倒的な内容で、どこからまとめていいか分からない。

起きだしてきたら John Gruber が第一報をまとめていた。

まずはそれから紹介するのがベストだと思った。

Ian Parker Profiles Jonathan Ive and Apple’s Design Team for The New Yorker | Daring Fireball

     *     *     *

かつてないアクセス

Jony Ive 個人や彼のデザインチームにかつてないアクセスができたことは驚くべきことだ。17000 語近い内容はもはや記事というより書籍と言った方がいい。かといって無駄な言葉はひとつだにない。これは今後長い間参考に値する資料になるだろう。

Astonishing, unprecedented access to Ive personally and his design team at Apple. At nearly 17,000 words it’s closer to a book than an article, and not a single word is wasted. This is a resource we’ll refer to for decades to come.

     *     *     *

公認自伝本の批判

この作品は完全に集中して読むべきだ。だから一部だけ引用して読者の興味を殺ぐことはしたくはない。はっきりしているのは Parker がきちんと理解しているということだ。これは Walter Isaacson のジョブズ自伝本とは著しい対照を為す。事実 Ive は Isaacson の本を上手にやっつけている。

The piece is worth your full undivided attention, so I won’t quote or spoil much. But what’s clear is that Parker gets it — in stark contrast to Steve Jobs’s anointed biographer Walter Isaacson. Ive, in fact, effectively trashed Isaacson’s book:

ジョブズ夫人 Laurene Powell Jobs は「Jony はとても不満そうでしたが、どなり立てたりはしませんでした」と語る。そして笑いながら、自分だって夫に対してそうはしなかっただろうとつけ加えた。(病気になるずっと前からジョブズは障害者用パーキングスペースをよく使っていたが、そんなことを Ive がするのは想像することさえ困難だ。) Ive は人に好かれるのを好む。彼の話はジョブズに託してあらかじめ自分に対する批判を防御しているように見えた。それはまた 2011 年の Walter Isaacson のジョブズ自伝にたいする間接的な批判 — とげとげしくはないが不親切な例が含まれているという批判でもあった。後になっての会話で、Ive はこの本は一部しか読まなかったが、彼のいう「不正確さ」の故に嫌いになるのには十分だったと語った。彼としては異常なほど熱を込めて「とても好意は持てません」といった。

“I’ve seen Jony deeply frustrated, but I’ve never seen him rant and rave,” Laurene Powell Jobs said, and she added, laughing, that she would not have said the same of her husband. (And it’s hard to imagine Ive using a disabled-parking spot, as Jobs often did, long before he was unwell.) Ive likes to be liked; the story seemed to be a preëmptive defense of Jobs veiled as self-criticism. It was also an indirect response to Walter Isaacson’s 2011 biography of Jobs, which, though not hostile, included examples of unkindness. In a later conversation, Ive said that he’d read only parts of the book, but had seen enough to dislike it, for what he called inaccuracies. “My regard couldn’t be any lower,” he said, with unusual heat.

     *     *     *

「開かれたアップル」

Parker は Ive だけではなく、Tim Cook や Bob Mansfield、その他のひとたちについても率直ですがすがしい発言を引用している。これはジョブズ後の、そして Katie Cotton 後の新しく「開かれたアップル」を示す圧倒的で驚くべき見本になっている。

In addition to Ive, Parker also has honest, bracing quotes from Tim Cook, Bob Mansfield, and others. It’s just an astounding, thunderous example of the new post-Jobs/post-Katie Cotton “open Apple”, and Parker has made the most of it.

     *     *     *

多方面で才能を発揮

十分に読み込む必要があるとはいえ、特筆すべきは Jony Ive がその才能をきわめて多方面に発揮しているという点だ。Apple Watch は明らかに彼のお気に入りだ。しかし彼はアップルの新キャンパスの指揮監督にも深く関与しており、またこれまで発表されていないアップルストアの新デザインについても Angela Ahrendts に協力しているのだ。

There’s much to digest, but I think the biggest takeaway is that Jony Ive is stretched very thin. The Watch is clearly his baby, but he’s also heavily involved in the supervision of Apple’s new campus and he’s working with Angela Ahrendts on a heretofore unannounced redesign of Apple’s retail stores.

     *     *     *

Jony Ive とアップルの過去・現在・未来が平行して自在に語られる。

膨大な量も、含みのある表現も一筋縄では行かない。

しかし Ian Parker の記事はこれから何度も読み返すことになりそうだ・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Leander Kahney が絶賛

Jony Ive についてまとまった本を書いた Leander Kahney が Ian Parker の記事を絶賛している。

It’s time to rewrite Apple history — with more Jony Ive | Cult of Mac

     *     *     *

Ive こそがアップル

The New Yorker[Ian Parker]の書いた Jony Ive 評は最近アップルについて書かれたものの中では最も重要だとみんながいう。私も同意せざるを得ない。

People are calling The New Yorker profile of Jony Ive the most important thing written about Apple in quite a while, and I’d have to concur.

すばらしいディテールに満ちているだけではない。Ive を彼が本来居るべき場所 — アップルの中心に据えている点なのだ。作者の Ian Parker がいうとおり「これまで以上に Ive がアップルなのだ。」

Not only is it full of fascinating details, it puts Ive at the center of Apple, where he belongs. As the piece’s author, Ian Parker, writes: “More than ever, Ive is the company.”

これまでも数十年の間真実だったが、一般のひとの目には、ベテランのアップルウォッチャーにとってすらはっきりとは分からなかった。アップルの秘密主義はそれほど大きかったので、一般大衆はアップルのすることすべてをスティーブ・ジョブズのせいにし勝ちだった。本当の話が明らかにされるのはこれからで、まだ Ive は本来彼にふさわしい名声を得てはいない。

This is something that’s been true for a couple decades, but still isn’t apparent to most people — even veteran Apple watchers. Such is the company’s secrecy, and the tendency of the public to equate everything Apple does with Steve Jobs, that the true story has yet to be told. Ive has not gotten the credit he deserves.

     *     *     *

公式アクセスが認められた最初の例

最近の私の著書で、アップルの偉大なる製品の背後にいる真の天才はアップルのデザイン担当上級副社長であることを示そうとした。しかし私の本は非公式なものだったが、Parker は Ive と彼のスタジオについてかつてないほどのアクセスを認められた。その結果の人物評がカーテンの陰から姿を現わし始めた。これはアップルの歴史を語るとき長い間の懸案だった、Ive の決定的な貢献に重点をおくものなのだ。

As I tried to make clear in the title of my most recent book, Apple’s senior vice president of design is the genius behind the company’s greatest products. But whereas my book was unofficial, Parker was given unprecedented access to Ive and his studio. The resulting profile begins to peel back the curtain. It’s a long-overdue telling of Apple’s history that places new emphasis on Ive’s crucial contributions.

     *     *     *

公認伝記本の欠点

The New Yorkerk のプロフィールで Ive は Walter Isaacson のジョブズ伝記について不正確な点が多々含まれていると不満を述べている。同書に対する評価は「非常に低い」と彼はいう。

In the New Yorker profile, Ive complains about Walter Isaacson’s biography of Jobs and the many inaccuracies it contains. His regard for the book “couldn’t be any lower,” Ive says.

しかし同書の最大の欠点は不正確さにあるのではない。それはいかに Isaacson がアップル内部の仕組みを見抜く力がなかったかという点なのだ。アップルが実際に運営される仕組みについてジョブズはほとんど示さなかった。例えば iPhone の開発には3年もの努力と無数の問題ややり直しがあったが、Isaacson の本ではその点についてはたったの一章も割かれておらず、すべてはジョブズの視点から語られている。もちろんジョブズは iPhone の中心だったが、それ以上に Ive のスタジオのデザイナーたちがそうだった。その点が Isaacson の本では触れられていないのだ。

But the inaccuracies are not the book’s biggest failing: It’s how little insight Isaacson provides into the inner workings of Apple. Steve Jobs reveals little about how Apple actually operates. The development of the iPhone, for example, was a three-year effort with countless problems and restarts, but it’s covered in a single chapter and told from Jobs’ point of view. Jobs was central to the iPhone, of course, but more so were the designers in Ive’s studio, whose story wasn’t covered in Isaacson’s book.

     *     *     *

デザインスタジオがすべて

デザインスタジオこそがすべてなのだ。だから Ive は Isaacson のジョブズ伝記本を酷評したのだ。Isaacson はアップルの成功をほとんどジョブズの手柄にして、それ以上深く追跡することをしなかった。真の秘密は語られないままだった。Ive のスタジオと19人のデザイナーたちこそがアップルの創造力の真の源泉なのだ。ジョブズはまとめ役であり共同制作者だった。もちろんその役割を卑小化すべきではないが、しかし彼の貢献だけがすべてではなかったのだ。

The design studio is soup-to-nuts — and that’s why Ive dissed Isaacson’s biography of Jobs. Isaacson allowed Jobs to take most of the credit for Apple’s work without digging further, leaving a central truth untold: that Ive’s studio and the 19 designers who work there are the primary source of Apple’s creativity. Jobs was the facilitator and a major collaborator —- whose role absolutely should not be diminished — but his contribution was not the only one.

然るみんなの耳にはジョブズの声しか聞こえなかった。Ive の側から見た話は語られないままだった。

And yet Jobs’ voice is essentially the only one anybody has heard. Ive’s side of the story remains to be told.

     *     *     *

初めての試み

The New Yorker の記事が初めての優れた試みだ。ほとんどのひとがまだ耳にしたことのない Ive の決定的役割を公式に立証しようとするものだ。

The New Yorker piece is a good first attempt at an official version that validates Ive’s critical role at Apple, which most people still haven’t grasped.

     *     *     *

Ian Parker の記事が書かれた内幕話も知りたい・・・

広告

Read Full Post »

cottonjobs

[常にジョブズに付き従っていた Katie Cotton:9to5Mac

アップルの情報操作の舞台裏を扱った Mark Gurman の記事は具体例に富んでいてじつにオモシロい。

アップルごひいきのライターで、当ブログでも頼りにしている Jim Dalrymple に関する辛辣な指摘はなかなかのものだ。

     *     *     *

果たして偶然か

アップルはイベントの招待状を、特別なゲスト、限られたアップルの従業員、ブルームバーク、 NY タイムズ、ロイター、WSJ などメジャーな報道機関、それに加えて Daring Fireball の John Gruber や The Loop の Jim Dalrympleのような必ず前向きに取り上げてくれる少数のブロガーに対して送付する。アップルのことを最大書き立ててくれる連中には招待状の話が広がるように早めに情報を与える。例えば、アップルが最新の iPhone イベントについて発表したまさにその日、カナダのブロガー Jim Dalrymple はたまたまクパティーノに居合わせ、発表会場の Flint Center でアップルが建築中の構造物のスナップ写真を撮っていたが、これは偶然にしては出来過ぎている。

Apple sends out invitations to special guests, a small group of Apple employees, reporters from major news outlets including Bloomberg News, The New York Times, Reuters, and The Wall Street Journal, and a small group of reliably positive bloggers, including Daring Fireball’s John Gruber and The Loop’s Jim Dalrymple. Apple’s biggest boosters get early tips to expect and publicize the invitations; for instance, on the exact day Apple announced its latest event, Canadian blogger Dalrymple just happened to be in Cupertino, snapping photographs of a structure Apple was building for the event at the Flint Center. It’s difficult to just call that a coincidence.

     *     *     *

長年スティーブ・ジョブズに付き従ったアップル広報のトップ Katie Cotton の後任が誰になるのかみんなが注目している。

Katie Cotton の後任問題

Steve Dowling と Natalie Kerris は双方とも個人的に Katie Cotton の後がまに座るべく根回ししていると言われるが、アップルがその後任としてホワイトハウスの大統領報道官 Jay Carney を検討しているという最近の報道はその意味でも興味深い。常に信頼するに足る Re/code がこのポストに Carney がウワサされていると最初に書いたが、The Loop の Jim Dalrymple はそれを否定した。複数のソースによれば、Carney の話は正しくないと Dalrymple や他の記者に語ったのは Kerris だという。世界で最も重要かつ有名な広報官を退く Carney が複数の技術企業と折衝中ということであれば、アップルも何らかの形で検討しないのは無責任な話だろう。アップルの誰がその話を積極的に否定しようとしたのか不明だ。

Both Kerris and Dowling are said to be individually lobbying to take Cotton’s place, which makes recent reports about Apple’s consideration of former White House Press Secretary Jay Carney for the job all the more interesting. After the consistently-reliable Re/code first reported that Carney was “bandied” about in connection to the open Apple position, The Loop‘s Jim Dalrymple claimed that this was not true. Sources say that it was Kerris who told Dalrymple and other reporters that the claims of Carney’s consideration were false. Since Carney was exiting the world’s most important and high-profile PR job and in talks with multiple technology companies, Apple would be irresponsible to have not considered Carney in some capacity, so it’s unclear why anyone at the company would actively deny the report.

     *     *     *

アップル系ライターの大先輩にあたる Gruber や Dalrymple に対しても舌鋒鋭い。

噛み付き役の攻撃犬

メジャーなプレスの記者のひとりはアップルが Bloomberg や Time、WIRED のようなビッグネームと比べて注目度も低く読者数も少ない Gruber や Dalrymple に注力しているのはある意味驚くべきことだと語る。別の記者はアップルの攻撃犬の役割をして噛み付くブロガーのことばは広く伝わるので、トラフィック数がどうであれ彼らをハッピーにさせておきたいのだと素っ気なくいう。

One journalist from a major publication noted that Apple’s attention to Gruber and Dalrymple was somewhat surprising, given that their blogs hardly get as much attention or readership as bigger names such as Bloomberg, Time and WIRED. Another journalist noted dryly that the bloggers’ words are widely repeated when they serve as Apple’s attack dogs, so Apple keeps them happy, despite whatever their raw traffic numbers might be.

     *     *     *

大学生 Mark Gurman の筆は冴えているというか、アップル系ライターの大先輩たちに一矢放った形になっているのは皮肉。

考えてみれば自分もそんなライターの話を一生懸命追いかけている・・・

Read Full Post »

tim_cook_redchair

[Cook の意向か:photo

辞めたばかりの Katie Cotton の後任に外部の人材も検討中だと John Paczkowski がすっぱ抜いている。

Re/code: “Apple Looks Outside for New Comms VP” by John Paczkowski: 09 June 2014

     *     *     *

フレンドリーで、より親しみやすい顔を

Cotton の後任ポストの内部候補者は少なくとも2人 — 広報ベテランの Steve Dowling および Nat Kerris — はいるが、アップルは外部の人材も求めている。情報を知る立場にあるソースが Code/red に語ったところによると、Tim Cook が人材探しを指揮しており、知名度の高い外部候補者も検討中だという。Tim Cook はアップルの広報に「よりフレンドリーで」、「より親しみやすい」顔をあてるべく特に注意を払っているという。広報担当副社長は直接 Cook の指揮下にはいることを考えればなんら驚くべきことではなく、可能な限りベストの人材を据えたいと望んでいるのは明らかだ。さりながら、スティーブ・ジョブズが手塩にかけてきたベテラン2人を外部者に変えるのは、アップルの広報戦略および広報チームにとって大転換でありたいへん興味深い。

And though there are at least two well-qualified internal candidates for the job — comms veterans Steve Dowling and Nat Kerris — Apple is also looking outside the company for Cotton’s replacement. Sources in position to know tell Code/red that CEO Tim Cook is overseeing the search, aiming to find some high-profile external candidates for consideration. And he’s paying particular attention to those he believes could put a friendlier, more approachable face on Apple’s public relations efforts. Hardly surprising, as VP of comms is a position that reports directly to Cook, and he obviously wants to put the best person he possibly can into it. But interesting nonetheless, as passing over a pair of veterans groomed under company co-founder Steve Jobs for an outsider could herald a big shift in Apple’s PR strategy and its comms team.

     *     *     *

John Gruber がこのニュースに注目している。

Daring Fireball: “Intrigue Regarding Katie Cotton’s Successor” by John Gruber: 09 June 2014

興味をそそられる

2つの意味で興味をそそられる。

I find this intriguing on two levels:

1)Tim Cook は誰を外部から連れてきて、いかなる変化が生じるだろうか?

1. Who from the outside might Tim Cook bring in, and what changes would they make?

2)Paczkowski のこの話のソースは誰か? この話を知りうる立場のひとは非常に限られている。Tim Cook がリークしたいと考えたのか、それとも誰かが Cook の意思に反してリークしたのかそのどちらかだ。どちらにしても興味をそそられる。Cook が漏らしたとすれば唯一考えられる理由は、候補者の網を広げたい、少なくとも外部者も検討していることを世に知らしめたいということだろう。それともあるいは、候補者のインタビューが始まったとき必然的に起きるであろうゴシップに先制攻撃をかけるためか・・・

2. Who is Paczkowski’s source for this story? Surely there are only a few people in a position to know this. Either Tim Cook wanted this leaked, or, someone leaked this against Cook’s wishes. Either way it’s intriguing. The only reason I can think of why Cook would want this leaked is to cast a wider net for candidates — to spread the word that he’s at least considering hiring an outsider. Or, I suppose, to preempt the inevitable gossip once he does start interviewing candidates.

     *     *     *

秘密主義の権化からフレンドリーな顔へ。ジョブズの時代は終わったということだろう。

Gruber に一目置かせる Paczkowski のソースの影がちらついてこれまた興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:時代は変わる — John Gruber》

katie_cotton

[Katie Cotton:photo

アップル広報として名を馳せた Katie Cotton がアップルを去る・・・

Re/code: “Code/red: Apple PR Impresario Katie Cotton to Retire” by John Paczkowski: 07 May 2014

     *     *     *

アップル広報の責任者 Katie Cotton の退職

Katie Cotton, Communications VP Who Helped Shape Apple’s Story, Retiring

本日のビッグニュース。アップルの広報担当副社長としてアップルの時代を変える製品群の記者発表を仕切ってきた Katie Cotton が退職する。ほぼ20年にわたるアップルのキャリアで Cotton は、共同設立者スティーブ・ジョブズと現 CEO Tim Cook の門番として iMac から iPad にいたるほぼすべての記者発表を扱ってきた。彼女は長い間アップルの強力な役員のひとりとしてアップルブランドを取り巻く神秘性や排他性を形作る中心的な役割を果たしてきた。彼女が会社を辞めるのは画期的なことだ。「Katie は18年にわたりすべてをアップルに捧げてきました」とアップルのスポークスマン Steve Dowling はいう。「彼女は子供と共に過ごしたいと考えてきました。彼女が辞めるのはとても残念なことです。」Cotton は Re/code に対しアップルを去るのは彼女のキャリアの中で最も難しい決心のひとつだとコメントした。「とても辛いことです。アップルは自分の心の拠り所でしたから」と。

Big news out of Apple today. Katie Cotton, who as VP of worldwide corporate communications at Apple has helped steward the announcement of some of tech’s most transformative products, is retiring. During her nearly two decades at Apple, Cotton served as gatekeeper to company co-founder Steve Jobs and current CEO Tim Cook, and guided the media narrative around pretty much everything from the iMac to the iPad. She’s long been among the company’s most powerful executives and played a key role in shaping the mystique and exclusivity surrounding the Apple brand. Her departure from Apple is a milestone. “Katie has given her all to this company for over 18 years,” Apple spokesman Steve Dowling said in a statement. “She has wanted to spend time with her children for some time now. We are really going to miss her.” Reached for comment, Cotton told Code/red her decision to leave Apple was among the most difficult of her career. “This is hard for me,” she said. “Apple is a part of my heart and soul.”

     *     *     *

アップル広報といえば無味乾燥な答えを返す秘密主義の権化のように受け取られてきた。

口を開いたら何を言い出すか分からないジョブズを支えて18年も続いたことは Katie Cotton の有能さを物語るものだろう。

ジョブズの死から議会証言に至る Tim Cook の新しい舵取りに、忠実な門番としての役割も終わったと感じたのではないか。

ひとつの時代の終わりを見る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》技術ライターたちの反応

技術ライターたちの反応が、アップルとの距離感がそれぞれ見えるようで興味深い。

Frank X. Shaw @fxshaw

偉大な人物のひとり Katie Cotton の退職おめでとう。ご健勝を祈ります。
Congrats on retirement and best of luck to Katie Cotton, one of the greats.

Tim Carmody @tcarmody

質問をしても電話に出るなとか、電話は返すなとか、広報係に Katie Cotton ほど指示したヤツはいない。
Nobody told her flacks not to answer your questions or return your calls like Katie Cotton

Larry Dignan @ldignan

アップル広報のチーフ Katie Cotton が退職する。これで 2001 年から待っている返事がもらえるだろうか・・・
Apple PR chief Katie Cotton retires. Guess I should stop waiting for her to return my call from 2001.

Kevin Roose @kevinroose

「大立て者」、「強力な」、「時代を変える」などなど、技術レポーターたちがアップル広報の門番にへつらう。
“Impresario,” “powerful,” “transformative”: words tech reporters use to flatter PR gatekeepers.

John Paczkowski @JohnPaczkowski

Kevin Roose 宛。たしかに、iMac、iPod、iPhone、iPad、そのどれもテクノロジーの世界を大きく変えたりはしなかった。それに誰がアップルの話題に興味を持ったりするだろうか?
@kevinroose yeah iMac, iPod, iPhone, and iPad didn’t change the tech landscape at all. and who pays attention to apples media story, anyway?

Zac Hall ¯\_(ツ)_/¯ @apollozac

Katie Cotton、Greg Christie、Scott Forstall、John Browett、Ron Johnson、Bertrand Serlet、 Tony Fadell,、Gray Powell — このひとたちはみな新たに会社を起こすべきだ。
Katie Cotton, Greg Christie, Scott Forstall, John Browett, Ron Johnson, Bertrand Serlet, Tony Fadell, & Gray Powell should start a company.

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》時代は変わる — John Gruber

Katie Cotton がアップルを去ることについては多くのひとが感慨を覚えるようだ。

John Gruber もそのひとりで、なかかな興味深いエピソードを紹介している。

Daring Fireball: “Katie Cotton” by John Gruber: 07 May 2014

     *     *     *

アンテナゲート事件

2010 年7月、自分はアップルを襲った真の意味での広報の危機を目撃していた。iPhone 4 の「アンテナゲート」(Antennagate)事件だ。よく知られるとおりアップルは製品発表にかんする記事を極力コントロールしようとする。そして概ねそれに成功する。しかしアンテナゲート事件はコントロールできなくなりつつあった。「ある持ち方をすると iPhone 4 はシグナル強度を失う」というものから「iPhone 4 は電話をかけられない。リコールの必要があるかもしれない」というものまで。まったくのナンセンスだったが、反論する必要があった。この問題を芽のうちに摘むことが重要で、そのためスティーブ・ジョブズはハワイでの休暇を切り上げて戻ってきた。

Back in July 2010, I was witness to one of Apple’s few true PR crises in recent history: iPhone 4 “Antennagate”. Apple, famously, works hard to control the narrative surrounding its product releases, and generally does so successfully. But the Antennagate story was spinning out of control: from “the iPhone 4 can lose signal strength if held in certain ways” to “the iPhone 4 can’t make phone calls and might need to be recalled”. It was nonsense, but needed to be refuted. Nipping this thing in the bud was important enough that Steve Jobs flew back early from a vacation in Hawaii.

     *     *     *

金曜日のプレスイベント

このプレスイベントは金曜日に行なわれたが、そのこと自体が異常だった。「月曜まではとても待てない」という状況で、燃え広がる前に火を消す必要があった。緊急事態のプレスイベントでもないかぎり金曜日には開かれない。

The event was held on a Friday, which itself is unusual. It was a “this thing can’t wait until Monday” situation — a fire that needed to be put out before it spread. Non-emergency press conferences are not held on Fridays.

     *     *     *

夏風邪をこじらしていた

その数日前にアップル広報のひとりがコンタクトしてきた。その週末にプレスイベントがあるとすれば、関心があり出席できるだろうかと。当時自分は夏風邪をこじらしていた。それだけでもいつもの大陸横断フライトは気が進まなかった。しかし自分は仮病使いではなかったで、風邪の話はしたけれど、週末には元気になって旅行できると思うと答えた。これは逃しては成らぬ大切なものに思えたからだ。(そしてそれは正しかった。)

An Apple PR rep had been in contact with me a few days prior, to ask if I’d be interested and available for a possible press event later in the week. At the time, I was suffering from a lingering summer cold, which made the prospect of a transcontinental flight even less appealing than usual. But I’m no malingerer, and so though I mentioned my cold, I said I’d almost certainly be in shape to travel by the end of the week. This seemed like something I wouldn’t want to miss (and I was right).

     *     *     *

最終返事は18時間前

最終的に「オーケーです。参加者リストはいりました。もし可能ならご招待します」という返事が来たのは東部時間の木曜午後 — イベントの18時間前だった。午後3時に Priceline[逆オークションサイトとして有名]でフライトを予約、その3時間後にはフィラデルフィアからサンフランシスコに向かう飛行機に乗っていた。

The final, “OK, it’s on, and you’re invited if you can make it” didn’t come until Thursday afternoon ET — a mere 18 hours before the event. I booked a flight on Priceline at 3p, and three hours later I was in the air, en route from Philly to SFO.1

     *     *     *

antennagate-town-hall

空いていた Town Hall 講堂

このプレスイベントに招待された人数は異常に少なかった。これまで自分が出席したかぎりでは最も少なかった。アップルキャンパスの Town Hall 講堂で開かれたこのイベントのビデオを見れは、比較的小さなこの講堂が空いているのが分かる。自分が出席したことのあるアップルのメディアイベントは立ち見席オンリーが常だった。

The press list for the event was unusually small — by far the least-attended Apple event I’ve ever witnessed. You can see in the video of the event that Apple’s on-campus Town Hall auditorium wasn’t nearly filled to capacity, and Town Hall is a relatively small venue. Every other Apple media event I’ve attended has been standing room only.

     *     *     *

3列目

自分は首に大型の一眼レフカメラを掛けていた。席を探していると、写真をとるなら後方に、そうでなければ3列目の席にご案内しますといわれた。自分のカメラはダテだったから(自分のサイトに写真を載せることはメッタにない)、3列目の席を選んだ。前2列はいつもどおりアップル幹部や従業員たちで占められていた。

I was wearing a large SLR camera on a strap around my neck. As I filed in to find a seat, I was offered a choice: if I wanted to take photos during the event, I could sit toward the back; if I were willing to forgo taking photos, I could sit up front in the third row. I only had my camera with me on a lark — the advantages of publishing a website that runs photographs only rarely — so I took the seat in the third row. The first two rows, as usual, were occupied by senior Apple executives and employees.

     *     *     *

風邪のお具合は?

席に着くと、2列目にいた Katie Cotton が微笑んで挨拶した。「ハーイ、John、出席してくださってありがとう。風邪のお具合はいかがですか?」

As I took my seat, Katie Cotton, sitting in the second row, smiled and greeted me. “Hi John, glad you could make it. How’s the cold?”

もうそのときは風邪はたいしたことなかったので良くなったと彼女に答えた。でも笑いながら尋ねた。「風邪をひいていることをどうして知ったの?」

I was feeling fine, the cold not much more than a memory at that point, and told her so. But I had to ask, laughing, “How did you even know I had a cold?”

     *     *     *

何でも知ってるんだよ

彼女が返事をする前に、真ん前の席に座っていた Greg Joswiak が振り返っていった。「John、Katie は何でも知ってるんだよ。」

Before she could answer, Greg Joswiak, sitting directly in front of me, turned around. “John, Katie knows everything.”

     *     *     *

世界的レベルの PR 会社

大企業の多くは外部の PR 会社を雇う。アップルは違う。アップル内部の PR チームはそれ自体が世界的レベルの PR 会社だ。その PR チームを完全に掌握するのが Cotton だ。

Most big corporations employ outside PR agencies. Not Apple. Apple’s internal public relations team is itself a world-class agency. That team was built entirely under Cotton’s leadership.

     *     *     *

最も影響力の大きいひとり

Cotton の写真がアップルの幹部ページに載ったことはない。しかし自分の印象では、アップルの限られた幹部の中でも最も影響力の大きいひとりが彼女という印象だった。プレスイベントに出席したスティーブ・ジョブズや Tim Cook の傍らに彼女がいない写真をみつけるのは困難だ。Paczkowski が言い得ている。Katie Cotton は「アップルブランドを取り巻く神秘性や排他性を形作る中心的な役割を果たしてきた」と。

Cotton was never pictured on Apple’s executive leadership page, but my impression has long been that she was among the very handful of most influential executives at the company. It is difficult to find a photograph of Steve Jobs or Tim Cook at a press event in which she is not at their side. Paczkowski put it well: Katie Cotton “played a key role in shaping the mystique and exclusivity surrounding the Apple brand.”

     *     *     *

時代は変わる

時代は変わる。[注]

[注]ボブ・ディランのアルバム『時代は変る』(The Times They Are a-Changin)から。

The times, they are a-changin’.

     *     *     *

プレスイベントの舞台裏とそれを操るひとたちの姿が垣間見えて興味深い。

世界的レベルの PR 会社というのももっともだ。

Read Full Post »