Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Journalism’


[John Gruber:photo

Jim DalrympleJohn Gruber にエールを送っている。

The Loop: “Happy 10th anniversary Daring Fireball” by Jim Dalrymple: 13 August 2012

     *     *     *

Daring Fireball」の10周年おめでとう!

Happy 10th anniversary Daring Fireball

今日は John Gruber に電話して「Daring Fireball」10周年のお祝いを伝えた。John はライターとしての私にも、「The Loop」のビジネスモデルについても大きな影響を与えている。

I took a minute today to call John Gruber and congratulate him on his 10th anniversary of running Daring Fireball. John has had a tremendous influence on me as a writer and on my current business model.

昨年9月、この「The Loop」サイトを再スタートさせたとき、「Daring Fireball」ソックリではないかという点を心配した。だからまず John Gruber に電話して、彼がどう考えるか尋ねた。John は私の新しいデザインを広い心で受け入れてくれただけでなく、そうするよう勧めてくれた。「The Loop」の経営的側面についてもこうしたらいいとアドバイスをくれた。

When I first re-launched The Loop last September, I was worried that it would be too much like Daring Fireball. Obviously, the first call I made was to John to get his opinion. Not only was he open to the new design, he encouraged me to launch it. He also gave me advice on the money side of how The Loop could work.

John にも、そして「Daring Fireball」にも、心から感謝したい。

Thanks John, for everything, including Daring Fireball.

     *     *     *

広告をバッサリ切り捨てて一新した「The Loop」は大変読み易くなった。

KISS の法則そのものの「The Loop」は、筆者の大好きなブログだ。

Dalrymple が多とする「Daring Fireball」も、これまた大好きなブログだ。

アップルの情報が氾濫する中、価値ある情報のキュレーターとして、2人の役割は大変大きいものがある。

目新しい動きがあると、まず2人がどういっているか必ずチェックするようになった。

その Gruber は、10周年の当日を Retina ディスプレイに関する長文記事で飾っているが、これまた読み応えがある。

Daring Fireball」と、そして「The Loop」の今後の健闘を心から祈りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update:輪転機を止めろ!》


[アップルが支払う税金はごく僅か:image

Foxconn の搾取労働を扱った NY タイムズの「iEconomy シリーズ」は物議をかもしたが、またその続編が出た。

今度は税金の話だ。アップルがあの手この手を駆使して税金逃れをしているという強烈な内容だ。

米国内だけでなく香港、アムステルダム、ルクセンブルグ、シンガポール、バージンアイランドまでカバーした 4000 語近い長文記事だ。

NYTimes.com: “Apple’s Tax Strategy Aims at Low-Tax States and Nations” by Charles Duhigg and David Kocieniewski: 28 April 2012

全文を読通すのはなかなか困難だが、幸い市村佐登美氏が全体を訳出しておられるので、関心のある方はぜひどうぞ。[以下日本語は市村佐登美訳による。]

Long Tail World: “アップルの十億ドル単位の税逃れ術:How Apple Sidesteps Billions in Taxes @nytimes” by 市村佐登美: 30 April 2012

     *     *     *

あの手この手の税金逃れ

アップル本社はカリフォルニア州クパティーノにある。そこからわずか200マイル(322km)離れたリノ市内にオフィスを構えて企業の収益をここに集め、投資に回すことで、アップルは収益の一部にかかる州の法人税を回避しているのだ。

Apple’s headquarters are in Cupertino, Calif. By putting an office in Reno, just 200 miles away, to collect and invest the company’s profits, Apple sidesteps state income taxes on some of those gains.

カリフォルニアの法人税率は8.84%。ネバダは? ゼロ。

California’s corporate tax rate is 8.84 percent. Nevada’s? Zero.

リノに会社を置く以外にもアップルは法が許す範囲であの手この手を駆使して毎年世界中で何十億ドルという節税を行なっている。

Setting up an office in Reno is just one of many legal methods Apple uses to reduce its worldwide tax bill by billions of dollars each year.

     *     *     *

リノだけでなく、「世界を股にかけた税減らし」をやっており、事業収益をアイルランドの子会社、オランダ経由で(無税地帯の)カリブ諸国に移転させることで節税を行う「ダブルアイリッシュ&ダッチサンドイッチ(Double Irish With a Dutch Sandwich)」という会計テクニックまで開発したと微に入り細を穿っている。

前回の Foxconn をめぐる iEconomy シリーズが紙面に載ったのは、アップルが桁外れの歴史的決算発表をした直後だった。

今回もまた、純利益が 94% 増(前年同期比)という驚異的決算発表の後というタイミングだ。

頂点に立つ者は常に激しい風を受けるということか・・・

そういえば米司法省による電子書籍をめぐる独禁法訴訟も話題になっている。

絶好調の業績のせいでなにかと標的にされることが多くなったアップルだ・・・

★ →[原文を見る:New York Times
★ →[日本語訳:Long Tail World

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》輪転機を止めろ!


[Stop the presses!:image

税金逃れという NY タイムズの記事にアップルが直ちに反論した。そのほか同記事の不正確さを指摘する反論もあってに賑やかになってきた。

この記事が取り上げられるに至った背景を Joy of Tech が想像しているのがオモシロい。

New York Times editorial meeting | The Joy of Tech

     *     *     *

NY タイムズの編集会議

ねえボス、悪質な多国籍企業のスゴい話があるんだけど・・・

Hey Boss, I have this great story about evil multinational corporations.

つまらん。使い古されたネタだ。

Meh, sounds like old hat.

     *     *     *

労働者の搾取、政府の弱い者いじめ、環境汚染についても詳しく触れて・・・

It details widespread worker abuse, the bullying of governments, and environmental pollution.

つまらん、つまらん、つまらん!

Boring. Boring. Boring!

     *     *     *

それに、世界を股をかけて何十億ドルも税金逃れしていることも暴いて・・・

But it includes an exposé on how these companies move money offshore to evade paying billions in taxes!

ダメ。数えきれないほど記事にしたよ。

Forget it kid. It’s been done a billion times before.

     *     *     *

じゃあ、「多国籍企業」じゃなく「アップル」としたらどう?

How about I change the copy from “Multinational corporations” to “Apple”?

(重大ニュースだ!)輪転機を止めろ!

STOP THE PRESSES!

     *     *     *

如何にもさもありなんと思わせるところがミソ・・・

[via Daring Fireball, The Loop

★→[イラストを見る:Joy of Tech

Read Full Post »

Update:工場の仕事はろくな稼ぎにならない》


[Foxconn 工場での iPad 組立工程 | YouTube

マイク・デイジーの突撃取材のウソを暴いた Rob Schmitz が Foxconn の徹底取材をしている。

Marketplace: “VIDEO: Watch an iPad get made from the Foxconn factory floor“: 11 April 2012

     *     *     *

Foxconn の徹底取材

Marketplace の上海支局長 Rob Schmitz は、アップルの中国製造工場 Foxconn に取材で入ることが許された2番目の記者だ。彼の独占取材ビデオによって、Foxconn 工場敷地内の組立ラインや諸施設、何百何千という労働者が暮らす労働環境や生活状況を知ることができる。

Marketplace Shanghai Bureau Chief Rob Schmitz is only the second reporter ever to gain access to visit the factory floor at Apple’s Chinese producer Foxconn. In this exclusive video, see highlights from his tour of the assembly line and the Foxconn campus and facilities to see what living and working conditions are like for the hundreds of thousands of workers there.

     *     *     *

これは街だ

深圳にある Foxconn Longhua 工場のことをこれまで「工場」と呼んできたことがそもそも最初の誤解だった。確かに理論的にはそれで正しい。しかし工場の門をくぐり、敷地内を歩いてみればすぐに分かることだが、これは街なのだ。24 万人がここで働き、5万人近くが敷地内の寮で共同生活している。

The first misconception I had about Foxconn’s Longhua facility in the city of Shenzhen was that I’ve always called it a ‘factory’ — technically, it is. But after you enter the gates and walk around, you quickly realize that it’s also a city — 240,000 people work here. Nearly 50,000 of them live on campus in shared dorm rooms.

メインストリートの両側にはファーストフード、銀行、カフェ、食料品店、結婚式写真店、自動図書館が並んでいる。工場敷地のど真ん中には、バスケットボールのコート、テニスコート、ジム、巨大なプールが2つ、それに人工芝のサッカースタジアムまである。Voice of Foxconn というラジオ局、テレビニュース局もある。Longhua のメインストリートには自前の消防署まであるのだ。

There’s a main drag lined on both sides with fast-food restaurants, banks, cafes, grocery stores, a wedding photo shop, and an automated library. There are basketball courts, tennis courts, a gym, two enormous swimming pools, and a bright green astroturf soccer stadium smack-dab in the middle of campus. There’s a radio station — Voice of Foxconn — and a television news station. Longhua even has its own fire department, located right on main street.

これは「中国工場」ということばから思い浮かぶのものをはるかに超えている。

This is not what comes to mind when you think “Chinese factory.” read the full story.

     *     *     *

徹底取材の詳細

Rob Schmitz の徹底取材は Marketplace のサイトに「Apple Economy」シリーズとして掲載されている。

アップルの製造ラインを支えるひとたち(The people behind your iPad: The workers) [11 April 2012]
Foxconn 工場の iPad 組立ライン(VIDEO: Watch an iPad get made from the Foxconn factory floor)[11 April 2012]
Foxconn の門の内側(A look behind the gates of Foxconn)[09 April 2012]
Foxconn 工場の内幕(A look inside a Foxconn factory)[05 April 2012]
Foxconn 工場取材手記(Reporter’s Notebook: From both sides of the gates of Foxconn)[04 April 2012]

     *     *     *

大手メディアがさんざん搾取労働の典型として取り上げた Foxconn の実態がようやく見えてきた。

Rob Schmitz の冒頭のビデオは、iPad 製造工程の詳細だけでなく、企業城下町 Foxconn の姿をよく映し出しているように思える。

シャープが同列におかれてしまった競争相手の Foxconn とはこういうところなのだ。

アップルのサプライチェーンに伍するためには、かかる企業と競争しなければならないということだ・・・

★→[原文を見る:Original Text
★→[ビデオを見る:YouTube Video

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Rm

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》工場の仕事はろくな稼ぎにならない

Foxconn 工場に足を踏み入れた Rob Schmitz の取材のひとつに興味深いエピソードがある。

工場だけでなく、工員の故郷まで取材に行ったのだ。

Marketplace: “The people behind your iPad: The workers” by Rob Schmitz: 11 April 2012

     *     *     *

Luo Guofen の場合

Luo Guofen はスーパーバイザーが病休を認めてくれず、週末も働かされたという。

Luo Guofen says his supervisor ignored his sick-leave request and forced him to work over the weekend.

Luo Guofen:1日たりと休暇をとらせてくれないのでホントに参っちゃう。頼み込まなければ認めてくれないんだ。たくさんの仲間が去年の旧正月に正月休暇を願い出た。何日もかけて頼んだけれど認めてもらえなかった。自分はムリヤリ休んだけれど、後が大変だったよ。

Luo Guofen: They won’t even let you take a day off; it’s very annoying. You have to beg! Last year a bunch of us asked for a holiday before Chinese New Year. We pleaded for days, but it was rejected. I left anyway and got in a lot of trouble.

Luo は Foxconn に来て2年になる。iPad の Wi-Fi 部品の組み立てを毎日何百台もやって月 378 ドル稼ぐ。彼が稼ぐカネで兄弟が職業訓練学校に通える。昨年は実家に 2000 ドル送金した。両親はそのカネで家の増築をしたという。それが彼の自慢のタネだ。彼に実家を訪ねていいか聞いてみた。その翌日12時間のバスを乗り継いで農村部の江西省を訪ねた。

Luo’s been here for two years. He installs Wi-Fi components in hundreds of iPads each day, and makes $378 a month. The money he’s made help put his brother through vocational school. And last year he sent $2,000 home. He says his parents are using the money to build an addition to their home. He’s proud of that. I ask him if I can visit his family back in his village. The next day I’m on a 12-hour bus ride headed for rural Jiangxi province.


[Luo Guofen の母親:photo

Luo の実家の村は中国でも優れたみかんを産することで有名だ。実家を訪れると、彼の親戚はセメントブロックの家の外で親戚が焚き付け用にみかんの木を切っていた。家の入り口には腰の高さまでレンガが積んである。Luo の母親の Zheng Shuinu は腰に手を当ててその前で語る。

Luo’s village is famous for growing some of the best oranges in China. When I arrive, his relatives are outside their cement-block homes, chopping orange tree branches for kindling. Sitting at the entrance to Luo’s house is a waist-high pile of bricks. Luo’s mother, Zheng Shuinu stands in front of it, hands on her hips.

私は彼女に尋ねた。これが増築中の家なんだね? そう、と彼女。息子が増築費用を送金してくれて誇りでしょうね。彼女は微笑んで家へ招き入れる。彼女が語った話は息子のものとは違ってこうだった。

I ask: So these are for the addition to the house? Yup, she says. You must be proud of your son for sending the money for all this. She smiles and waves me inside the house. She offers a correction to her son’s story.

Zheng Shuinu:正直のところ、息子の送金は大したことないのです。都会に住んでいるのでほとんど生活費に使ってしまいます。家の増築のカネはほとんどを自分たちの蓄えから工面しました。息子からのものではありません。

Zheng Shuinu: To be honest, the money he sends home isn’t very much. He spends so much on living expenses in that big city he lives in. Most of the money for fixing our home came from our savings, not his.

母親の話では村の若者の3分の1は深圳のような工場町へ出稼ぎに行く。彼女も夫も息子に戻って来るようにいっている。息子が昨年蓄えたのは 2000 ドルだったが、自分たちがみかんを育て、農閑期の片手間仕事で稼いだのは1万ドルだった。息子ならもっと稼げるはずだという。しかし仕事はキツいので、そうできるか心配だと彼女はいう。

Zheng says a third of the young people from her village have left for factory towns like Shenzhen. She says it’s a waste. She and her husband have urged their son to come home. Compared to their son’s $2,000 in savings last year, they saved $10,000 farming oranges and doing odd jobs in the off-season. They’re certain he’ll be able to save more money here. But he’ll have to work hard, she says, and she wonders if he’s ready for that.

Zheng Shuinu:息子はどの仕事についても、途中でやめてしまいます。だから腕をみがけず、工場で働くハメになるのです。工場で働いたってなんの役にも立ちはしません。同じ仕事の繰り返しだから。稼ぎも大したことなく、貯金もできない。もう故郷に戻る潮時です。

Zheng: Whenever he starts a job, he gives up halfway through. That’s why he never mastered any skills and that’s why he left to work in a factory. Being a factory worker is useless. They just do the same thing over and over! They don’t make much, and they don’t save anything. It’s time he came home.

Luo Guofen は夏に戻ってくることで納得した。たった2年村を離れていただけだが、現代中国にとってはこれは長い時間だ。留守中に村は景気良くなり、この秋には都市部の富裕層がみかんを買いにやってくる。道路は舗装され、四つ星ホテルもできた。農業だけが生計の手段ではなくなった。Luo の家族にとって、もはや汗水たらさなくても中国農村部の自宅でも稼げるようになったのだ。

Luo Guofen has agreed to come home this summer. He’s only been gone for two years, but in today’s China that’s a long time. In his absence, his hometown has prospered — tour groups from wealthy urban areas now come here in the fall to buy oranges. The roads are now paved. There’s even a four-star hotel. Farming is no longer the only option. And for Luo’s family, money earned at home in China’s countryside no longer has to be earned with sweat.

     *     *     *

問題は中国の変化の速さだ

Marketplace の Rob Schmitz は先週実際に深圳市南部の Foxconn 工場に足を踏み入れた。[Mike Daisey の話と違って]仕事で中毒した者にも、13歳の労働者にも彼は会わなかった。爆発で負傷した者もいない。彼が取材した話は、アップルに関するものというより中国そのものに関するものだったと Schmitz は語る。

Last week, Marketplace’s Rob Schmitz actually got inside a Foxconn factory in the southern city of Shenzhen. He didn’t meet anybody who was poisoned on the job. He didn’t meet any 13-year-old workers. Nobody he talked to had been hurt in an explosion. He says the stories he heard were more about China than Apple.

     *     *     *

Foxconn 特有の話ではなく、中国そのものの変化の速さだという視点は重要なのではないだろうか。

Luo Guofen 以外のエピソードもなかなか興味深い。

センセーショナリズムではなく、現場から事実を伝えるという報道の基本的姿勢から浮かび上がってくる「事実」には注目したい。

昔、田舎にいた頃、若者にとって東京や大阪のような大都会に出稼ぎに出るしかなかった時代のことを思い出す・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ははぼぼ つれづれ:image

海外から里帰りした娘に教えてもらったサイト「ははぼぼ つれづれ」。

福島原発事故でカナダに避難した母子のブログ。

海外の娘家族も、日本に残った娘家族も読んでいる。

ははぼぼ つれづれ: “なにがなんだかもう (ネガティブな部分があります注意)” by ははぼぼ: 28 March 2012

     *     *     *

なにがなんだかもう

漏れてます。

汚染水として

太平洋にガンガン漏れてます。

もうね、ここまでくると

これ、アウトじゃん

日本っつーか 地球もアウトじゃん、てきな

収束どころか、ですよ

廃炉にもできない

チェルノブイリばりの石棺もつくれない

なーんの作業もできないまま

ボケーっと大量の放射能が福島どころか

首都圏はもちろんのこと

徐々に日本全土をさらには北半球を汚染していくのを

見てるだけしかできないとかなにこれまじわろす

だ・・・だれか・・・

だれか、私の頭を豆腐の角で思いっきり殴ってくれ

目を・・目をさまさせてくれ・・これは悪い夢だ・・

そして何もなかったかのように暮らしている人たち

正直、ちょっと、もう、なにがなんだか・・・

     *     *     *

軽いノリの日常描写に託してホンネが出てくるところがこのブログの持ち味。

笑いの影に、絶望的な日本への思いを見る。

こうなっちゃうと、笑っちゃうしかないよね〜的な・・・

     *     *     *

ドイツ ZDF 取材の『フクシマのうそ』は防護服に身を隠して、汚染区域への警戒ラインを突破するシーンから始まる。

これってまるでどこかの民主主義抑圧国家の取材と同じではないか・・・

毎日チェックするサイトで紹介された短信。

     *     *     *

もう怒る元気もない

福島市の実家の父母が仙台に来た。町内会で放射能の話をすると引かれるそうだ。除染は進まず、公園の木が全て切られ、表土は中央部に埋められ立入禁止。屋根の洗浄など私的な除染は、隣家に水が飛ぶなどして、いらぬ軋轢を生んだりしている。高齢化の進む実家付近ではもう怒る元気もない、とのことだ。

菊地淳
@kikutijun

     *     *     *

本当のことが分からない日本、先のことが思い描けない日本・・・考えるだけでやりきれなくなる。

いつからこんな日本になってしまったのか・・・

個人が発信することが今ほど求められているときはないのかもしれない。

★→[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1QL

Read Full Post »


[架空の動物 Macalope:image

ことアップルに関する限り、大手メディアより個人ライターの書くものがよっぽどオモシロい。

その一方で「アップルファンボーイ」(Apple fanboy)というレッテルを貼られることも多い。日本語でいえば「アップル教信者、狂信者」という感じだろうか。

架空の動物に託して毎週 IT 事象を切って捨てる皮肉屋「Macalope」がオモシロい特集をしている。アップルファンボーイをけなすアンチ「アップルファンボーイ」の紳士たちを列挙したのだ。

Macworld.com: “The Macalope Weekly Special Edition: Fools of the Year” by The Macalope: 02 April 2012

     *     *     *

10人のおバカたち

今年のトップの座を奉られたのが Mike Daisey だ。これはまあ致し方ないだろう。

1. Mike Daisey

これはカンタンだ。今年の第1位は Mike だ。理由もハッキリしている。ウソをつかなくても目的を果たすことができたハズなのに、自分の身を滅ぼしただけでなく、あまつさえ主張そのものがスッカリ色褪せてしまった。

This one is simple. You get the top spot this year, Mike, for one reason: You could have made your point without lying. But you ruined yourself and tarnished your case when it wasn’t necessary.

恥を知れ。

Shame on you.

お前が今年のおバカの王者だ。

You’re the Fool of the Year.

     *     *     *

2位以下に掲げられている名前もこれまた興味深い。

2. Henry Blodget[Silicon Alley Insider]
3. Don Reisinger
4. Dan Lyons
5. Rob Enderle
6. Forbes
7. Mike Elgan[Windows Magazine]
8. Brooke Crothers[CNET]
9. Zach Epstein
10. Rebecca Greenfield[The Atlantic Wire]

     *     *     *

アップルニュースを追いかけているひとなら思い当たることが多いのではないか。それぞれのコメントもなかなか強烈だ。

CNET から Macworld に移った後も、舌鋒鋭く毎週切って切りまくる

それにしても、この Macalope とはいったい何者だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Pp

Read Full Post »


[Foxconn 工場を訪れた Tim Cook:photo

アップルをめぐって中国事情が急展開しているように見える。

アップル叩きの原因となった Foxconn の深圳工場を Tim Cook が訪問している。

その直前に FLA[Fair Labor Association:公正労働協会]が Foxconn 工場の監査結果を発表。アップルと Foxconn の両社は賃金や労働環境の改善に取り組むことで合意した

李克強副首相が中国の「労働者に一段と配慮するよう求め」、アップルが「法を順守し誠実に事業展開する」と約束したことと軌を一にする。双方が原理原則の尊重を宣明したわけだ。

そしてその直後の深圳訪問ということになる。

一連の動きに対する現地工員の反応をロイターが伝えているのが興味深い。

Reuters: “Apple supplier Foxconn cuts working hours, workers ask why” by Chris Buckley and Don Durfee: 30 March 2012

     *     *     *

超過勤務が減ると稼ぎも減る

「実質賃金が減るのではないかと心配しています。労働時間が減れば稼ぎも減ることになる」と中国南部の海南省からで出稼ぎにきた23歳の工員 Wu は語る。

“We are worried we will have less money to spend. Of course, if we work less overtime, it would mean less money,” said Wu, a 23-year-old employee from Hunan province in south China.

また、4年前に海南省から出稼ぎにきた25歳の工員 Chen Yamei がいうには、「ここに来たのは働くためで遊びに来たワケではありません。いくら稼げるかが大変重要なのです。」

“We are here to work and not to play, so our income is very important,” said Chen Yamei, 25, a Foxconn worker from Hunan who said she had worked at the factory for four years.

「超過勤務は月 36 時間までしかできないと言われたばかり。これじゃみんなとても不満です。月 60 時間程度が妥当なのに 36 時間じゃ少なすぎます。」彼女の月収は月 4000 元ちょっと(634 ドル)だという。

“We have just been told that we can only work a maximum of 36 hours a month of overtime. I tell you, a lot of us are unhappy with this. We think that 60 hours of overtime a month would be reasonable and that 36 hours would be too little,” she added. Chen said she now earned a bit over 4,000 yuan a month ($634).

     *     *     *

欧米と中国の発想の違いが如実に出ているように思える。

副首相との会談が原理原則に関するものだとすると、こちらは個々の労働者とっても確かに実利があるかという話だ。原理原則だけでなく実利主義の観点が貫徹しているところが中国らしい。

アップル叩きに端を発した今回の騒動が中国労働者にとっても改善につながるのかどうか、成果が問われるのはこれからだろう。

あれほど Foxconn 騒ぎを煽ったメディアは今度はどう反応するのだろうか。

Mike Daisey が突撃取材のウソを白状したいま、メディアの視点は中国労働環境の改善が賃金上昇圧力として製造業全体に及ぶという視点に切り替わりつつあるように見える。

原則と実利をカバーする視点が問われるべきは果たして誰か・・・

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1OF

Read Full Post »


[ドイツZDF フクシマのうそ Part1 | YouTube

ドイツの公共放送 ZDF(第2ドイツテレビ)が制作した福島原発特集番組『フクシマのうそ』(Die Fukushima-Lüge)。

ドイツ ZDF の番組:

ZDFzoom: Die Fukushima-Lüge | ZDFzoom

日本語字幕付き:

ドイツZDF フクシマのうそ | デイリーモーション動画
ドイツZDF フクシマのうそ Part1 | YouTube

原子炉容器の亀裂の話は根も葉もないわけではなかった・・・

     *     *     *

外国の目にいま日本はどう映っているのだろうか・・・

海外のひとはこれを見ている。

少なくとも海外にいる日本人はこれを見ている。

日本にいる日本人はこういう番組があることを知らない。

いつも不思議に思うのだが、外国のメディアの前だとどうしてこうもホンネが出てくるのだろう・・・

日本人に向けて口を開くことのないリーダーがカメラの前で多弁になる。

これほど多弁なリーダーの声を伝える日本のメディアはない。

こんな「事実」を伝えるメディアも日本にはない。

日本のメディアは日本人のためにあるのではないのか。

日本のリーダーは日本人のためのリーダーではないのか。

国民 — いや、被災者である地元の人たちのことを考えてくれるのは誰なのだろう・・・

BBC のときもそうだったが、見終わったあとやりきれない気持ちが残る。

[via 下町ロンドン日記

★→[ビデオを見る:YouTube Video

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Ny
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »